スザンヌ・ヴェガ Those Whole Girls

 今日の昼間の空↓
170429sora.jpg
 
 今日からゴールデンウイークとなりましたが、暖かいと思っていたら風が強かったり、天気雨が降ったりしました@東京都下小平。
 その後晴れたけれど今はまた暗い雲が出てきて、風が強まっています。
 
 今日も国分寺くらいは行こうかなと思っていたのですが、なんとなく喉が痛い感じで見送りました。夫だけお出かけ。
 こんなこと言いたかないですけど、頭が寒いんだよね。。。。髪があると、それだけで人ってあったかいんだと知りました。。。
 家の中でも柔らかいニットの帽子はかぶっているのですが、それでもなんか寒いような?
 あさってに3回目の抗がん剤投与の予定なので、風邪引きたくないです。

 ***

 家にいてヒマで、久しぶりに洋楽の歌詞の意訳をしてみました。辞書とにらめっこしながら。
 最近、10代の頃に聴いていたスザンヌ・ヴェガをちょこちょこ聴いていて。
 彼女の1990年に出たアルバムの中で、ずっと引っかかっている曲があって。
 それは、歌詞の内容について。

 わたしは英語が得意ではないけれど、その曲に対して少女心に、CDについている対訳歌詞カードの内容(ていうか、ノリ?)が、歌の本質を捉えてないんじゃないかとモヤモヤしていたんです。
 「女の子」についての歌なんですが、対訳の歌詞だと、「女の子礼賛」になっているように思えて。
 そーゆーんじゃねーんじゃねーの、と18くらいのわたしは思っていたのだった(だってサウンドはそんな明るい感じじゃないから)。
 そーゆーんじゃなくてさ、大人の女が、女の子のことを思う歌なんですよ。
 それは、礼賛ではなくて、なんていうのかな、、、憧憬ではもちろんなくて、、懐かしさはあるけどそれだけでもなくて、哀れみでもなくて、、でも、批判では絶対なくて。 
 ああ、分かった! 
 やっと、45歳(しかも乳ガン)になってやっと分かった。
 これは、女の子の歌ではなくて、女の子について思う、大人の女の歌なんだ。
 「わたしは、女の子というものを、こんな風に見るようになったのだ」という、大人の女の歌なのだね。
 「そしてわたしも女の子だった」という女の歌なのだ。
 歌われているのは女の子ではなくて、「女の子」をそんな風に感じる「大人の女」。
 すごく複雑な構造だ!
 
 この曲を創ったとき、スザンヌ・ヴェガはたぶん30代前半。成熟しているなあ。
 CDで対訳をしたのは男性なのですが、ちょっとかわいそうですね。男の人には、あまり分からない感覚なのだろうと思うし、皮肉っぽく訳したらいろいろ言われそうだし。
 でも、少し皮肉のある歌なのですよ。
 わたしもそんな女の子だった、ということも含めた、皮肉はあると思うんです。
 わたしは皮肉の面を強くし過ぎたかもしれない。でも、その目は、自分の娘時代に注がれているんです。

 この曲は、たぶんサウンド的には、海王星と水星の歌。歌詞がえぐってくるから、そこは冥王星。歌詞が時間の経過を感じさせるから、土星もあるかもしれない。

 一番えぐられるのは、もう、わたしは、優しさを必要としないほど強くはなくなったということをつきつけられるとこ。
 優しさって、本物の優しさのことだよ。交換条件みたいなのじゃなくて。


 Suzanne Vega - Those Whole Girls

  あの完全なる 女の子たち
  お構いなしに なんでも話す
  いつも つるんで
  花咲くときを 待つ

  健康については 知っている
  とてもよく 知っている
  おいしいとこ取りの 達人で
  その身は はちきれんばかり

  新たな話題に 一喜一憂
  それでも 一切損なわれない
  熱狂 と 衝撃
  それでもやはり 損なわれない
 
  楽に 呼吸し
  優しさなど 必要としない
  やすやすと 光の中へと
  優雅に 走る


 
 
 
 
 ☆タロット占いのセッションを、しばらくお休みとさせていただきます☆
  *乳ガン治療のため、ちょっと体調の様子見をさせていただきます*
   対面セッションで、場所は新宿の喫茶店です。
   30分/2000円です。
   詳しくは こちら をご参照下さい。
    kitaminori@tbt.t-com.ne.jp






 


 
 
 
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽 - ジャンル : 音楽

映画を観ました。(「素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店」「ルードヴィヒ」)

 先週撮ったお花↓ 
  170428kikumomo.jpg
 枝振りとか花つきの感じから桃かなと思ったけど、花の形が独特なので調べてみたら、「菊桃」っていう種類みたいです。なるほど、、、菊桃かあ。。。

 ***

 昨日は実家で映画を観てきました。実家はWOWOWに入っているので、たまにいいのをやると観にいきます。
 昨日観たのは、タイトルすら知らなかった映画「素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店」と、ルキノ・ヴィスコンティの「ルードヴィヒ」です。
 二本立て、6時間ぶっ通しで母と並んで映画を観てきました(笑)。

 「素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店」は、母が以前放送されたものを観ていて、とにかくおもしろいからお前も観ろと言ってきたものでしたが、これが本当におもしろかったです。
 オランダの作品で、監督はマイク・ファン・ディムという方、わたしはまったく存じ上げない方でした。他の作品でアカデミーの外国語映画賞をすでに受賞されているとか。脚本も監督が書かれています。
 いやあ、すごい。
 母は内容についての前情報をまったくわたしに与えなかったのですが(わたしも面倒で調べなかった)、そのほうが楽しめるかもしれません。
 とにかく、話がどうなっていくのかまったく予想がつかない作品なのでした。でも見事に着地させて。
 主演の俳優も女優もよかったなあ。
 この監督の作品をもっと観てみたいなと思わさせられました。でもレンタル店にはないだろうなあ。。

 観てみたいと思った方は、この予告編も観ないほうがいいかもです。WOWOWでまた放送されるかもしれません。

 
 ***
 
 ヴィスコンティの「ルードヴィヒ」は、4時間近くある「完全版」の放送でした。
 19世紀に実在した、バイエルンの王、ルードヴィヒ2世の、史実を元にした文芸作品です。精神病を患い、「狂王」と言われた人だったそうです。
 この作品、10代の頃スチール写真を観て、主演のヘルムート・バーガーの色男ぶりに惹かれて観てみたいと思いつつ機会が得られないものでした。
 その頃「ベニスに死す」は観たけれど、高尚すぎて分からなかったんだよな。。

 ドイツの歴史に全然詳しくないので、iPhoneで調べながらになったし、ヴィスコンティとバーガーの同性愛の関係についてなんかも語りながらの不真面目な鑑賞となりました。
 特に前半が、バーガーが色男過ぎて衣装もセット(いや、本当のお城を使わせてもらってるのだと思いますが)もすごくて、なんだか学芸会みたいに見えちゃって。
 でも後半、主人公の王がおかしくなっていくあたりから引き込まれていって(色男がどんどん汚れていく、、よくやった、ヘルムート、という感じ)、ラストまで観ることができました。
 ラストまで観るとやはり名作だね、という感じで、脱落しなくてよかったと母と言い合いました。

 ルキノ・ヴィスコンティは自身が貴族の末裔であり(ヴィスコンティ家って、タロットカードの誕生・成立にも関わるようなのです)、ヨーロッパの貴族文化の映画をたくさん遺していますが、現代ではそういうものも破壊されてきているのだと思うので、貴重というか、勉強になりました。

  
 どちらの作品も観てよかったなと思いますが、とにかく「素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店」は本当におもしろくて、ちょっとした驚きでした。そのうちハリウッドがリメイクするんじゃないかしらと思ってしまいます。ネタ切れ気味だって聞きますもんね。
 
 
 ☆タロット占いのセッションを、しばらくお休みとさせていただきます☆
  *乳ガン治療のため、ちょっと体調の様子見をさせていただきます*
   対面セッションで、場所は新宿の喫茶店です。
   30分/2000円です。
   詳しくは こちら をご参照下さい。
    kitaminori@tbt.t-com.ne.jp




 







つれづれ日記(おいしい常備菜が増えた)

 今日は曇っていて風が強いです@東京都下小平。
 
 でも昨日は晴れていて、空もお花も「らんらんらん♪」って言ってそうでした。

 ほら↓
170426sora.jpg

 ほら↓
  170426shakunage.jpg
 (あ、これはそうでもないか。。。?)

 ほら↓
170426pansy1.jpg

 ほら↓
  170426pansy2.jpg

 なんか最近パンジーが好きです♪

 しかし4月後半ともなると、植物から発せられる生命力がすごいですね。

 でもわたしは少し気が抜けたような感じかもしれません。
 だって、たぶん、、、初期の乳ガンの治療の、一番大変な部分を越えられるというめどが立ったような気がするから。。。
 抗がん剤って、やはり治療の中でけっこう怖いことだと思いますが、2回目の投与では副作用はそこまでひどくなかったので(骨髄抑制のための注射による背骨の痛みのほうが出てるかも。いまだロキソニンは飲んでいるのでした)、拍子抜けした部分もあるかもしれません。
 前回アレルギーが出て怖かった分も加わって、どこか気が抜けたかもしれない。 
 (今のところ、わたしにとっては)耐えられないものじゃないって分かったような気がするから。。
 10月の終わりに胸にしこりを見つけてから続いていたもののピークが、過ぎつつあるような?
 いえ、まだ抗がん剤は2回残っているし、そのあと放射線治療とホルモン剤の服用が始まるのですが。。。
 「怖いもの」のピークは過ぎつつあるような。。。
 あとは、心の面を保つことができるか、かな、とか。。。

 こんなことを言いはじめるのは、気が早いでしょうか。
 (でも冷静に考えれば、大変さのピークってここまでじゃないのかなあ。。)

 抗がん剤の副作用については、全部終わってから細かいことまでまとめた記事を書こうと思っています。箇条書きみたいにして、分かりやすくしたものを。あまりつらくないことについては書いていないこともあるので、そういう意味ではあまり正確ではないんです、わたしが今までブログに書いている副作用の話。いえ、嘘はまったく書いていませんが。
 それに、自分の記念になるかなと思って(笑)。「耐えたぞ記念」(笑)。

 そんなことも楽しみにしようと思ったり(笑)。

 ***

 話は変わりますが、わたしはお昼にインスタントラーメンを食べることがあります(毎日じゃないよ)。
 ここ数年はお腹が弱くなったこともあり、ノンフライ麺じゃないと食べられなくなりました(「サッポロ一番」は腹をくだす)。
 最近のインスタント袋麺、おいしいですよね。「ラ王」とか「マルちゃん生麺」とか。
 いろいろな味があるからそれぞれ試してみていますが、最近「ラ王」の塩味を買ってみたんです。
 あっさりしていておいしいですけど。
 そこに、先週、再び台湾の味付け煮卵である「茶葉蛋」を作ったので、それを乗っけてみたんですね。
 そしたらすごくおいしくて。
 台湾の街角の味がして。
 それで、ひらめいたんです。
 この「塩味」のインスタントノンフライ麺に、台湾式の肉そぼろをのせたら、ほぼ担子麺(タンツー麺)じゃん、と。
 拾い物写真↓
  170426tanntumenn.jpg
 この上のそぼろのこと。玉子は茶葉蛋ですかね。
 
 なんで今まで気づかなかったんだろう!
 茶葉蛋作って、どうしてあの肉そぼろを作ってこなかったんだろう!(この二つはほぼ同じような味)

 そう思いまして、ゆうべ、台湾式肉そぼろを作りました。
 作り方は簡単で、ニンニクとショウガと玉ネギのみじん切りを炒めて、合い挽き肉を加えて酒とお砂糖と醤油で煮込むだけですが、そこにしこたま中国のミックススパイスである「五香粉」や「八角」を投入するんですね。
 わたしはそこに隠し味でナンプラーを入れました。
 これだけですが、だいたい台湾で食べる味になりました。
 
 ですが、、これを、、まだラ王の塩味に入れて食べていませんっ。。。!
 なぜならニラとかもやしが今ないから。。
 保存がきくので、今週中にはちゃんと食べようと思います。できれば夫と一緒に食べたいしね。
 でも絶対おいしいと思います(なぜ塩味の「ラ王」がいいのかと言うと、醤油味では日本のラーメンの味になっているからです。台湾では肉そぼろが乗っていないものは「陽春麺」といって、とてもあっさりしているものなので、塩味のものが近いと思われます。ちなみに、この肉そぼろをごはんに乗せると「魯肉飯(ルーローハン)」になります)。

 なにが言いたいのかというと、やってみればなんてことないことで、かなりすてきなことなのに、やっていなかったことがまだたくさんあるのなあってことです。
 台湾式の肉そぼろなんてあんなに簡単なものなのに、「ラ王」の塩味を買わなかったら、いまだに気づいてなかったと思うのですが。。。

 同じような感じで、最近「鶏胸肉のハム」っていうのを手作りしてみたんですよ。
 これは、乳ガンだって分かってから、市販のパック詰めのハムを買うのをやめたのですが(添加物が怖くなった。ハムはなんかヤバい気がする。。)、やはりハムっぽいものがあると朝食のときなど便利だなと思って、そういえば鶏肉で手作りできるんだよね、と思い出してネットで作り方を検索したからなのですが。
 これも簡単でおいしくて、鶏胸肉安いし、今までやっていなかったのがもったいない感じで。。
 いろいろ使えて汎用性も高いし。。冷凍して作り置きもしておけるし。。(わたしが参考にしたクックパッドの記事は → こちら これは圧力鍋で作るやり方で、かなり簡単)
 食卓のレパートリーが増えました。
 
 それで、さらに言いたいことっていうのは、こういう発見もあるので、「闘病生活」も悪いことばかりではないのではないか、ということなのでした!

   

 
 ☆タロット占いのセッションを、しばらくお休みとさせていただきます☆
  *乳ガン治療のため、ちょっと体調の様子見をさせていただきます*
   対面セッションで、場所は新宿の喫茶店です。
   30分/2000円です。
   詳しくは こちら をご参照下さい。
    kitaminori@tbt.t-com.ne.jp




 
 
 
 
 
 
 
 
 

今週の12星座別タロット 4/24 ~ 4/30

 先ほどの空↓
170423sora.jpg
 1月に撮った「京都の大原三千院の阿弥陀如来三蔵の観音菩薩座像(超ピンポイント。。)みたいな観音様のようなもの」が写った雲みたいには、なかなか行きませんね。。
 あのときの写真をプリントしようと思っていたのですが、あんなものが写っていると気づかなくてiPhone内のデータを撮った直後に消してしまっていて、パソコンに取り込んだものをまた移したのですが、それだとデータ容量が小さいのかきれいに印刷できないんですって。
 そういうのに限って、こういうことになるんだなあ。。よこしまな心ってことかなあ。。

 ***

 これは先日撮った猫ちゃんのそばに咲いていたパンジー↓
  170423pansy.jpg

 ここのところブログの更新が空きがちですみません。いえ、謝ることじゃないのかもしれないけれど。。謝るっていうことは、楽しみにされてるって思ってるってことだもんね(笑)。図々しいよね(笑)。
 なんだか「書くぞ」ってスイッチを入れないと書けない感じで。。集中力落ちているんですかね。。抗がん剤治療やってるんだからって、自分に甘くなってしまったのかな。。。(でもやっぱり大変なときもあるし。。。)
 それでね、スイッチ入れて書きはじめると書きたいこといっぱい出てきて長くなるの(笑)。これは、すみません、ですかね(笑)。
 いやいや。。。

 ***

 ええと、、昨日は、夫と国分寺に出てみました。
 ウィッグつけて! 電車乗ったった! 人ごみの中に行った!
 うーん、、でもやはりウィッグつけてるって自分で気にしてしまうかなあ。。なるべく澄ました顔してようと思ったけれど。
 気づく人もいるかなって思います。ある程度の年齢行った人のほうが「あ、、(察し)」ってなるかも? 
 一人駅のホームで、わたしのことをわざわざ振り返って見てきて、電車乗ってからも人垣の隙間からわたしのことをしっかりと見ていた、わたしよりも歳上のお姉様がいらしたけど、ああいう方は「経験者」か、近くに経験者がいらっしゃった方かなあと思ってしまいます。
 「そうですけどなにか?」という感じですかね。
 別に腹を立てたりはしません。わたしも、そういう方がいたらつい見てしまうかなと思うし(自分がこうなるまで、そういうものはあまり気にしなかったけれど)。
 なんだか毎日大冒険って感じです。

 ***

 今日は、朝からコンビニに行きました。
 夫がずっと好きなバンド、The ピーズさんの初の武道館ライブのチケットの発券が10時からだったので。
 アリーナ席ゲットだぜえ!
 こちらのチケット、1月に抽選で当たったのですが、そのときは自分が乳ガンだとは分かっていたけれど、抗がん剤治療まで行くとは思っていなくて。。
 公演は6月9日です。
 その日までには抗がん剤治療は終わっていると思うので、行きたいなと思うのですが。。体調どうだろう? 
 2回目の投与では副作用がそこまでひどくなかったように思うので、行けるようにも思うのですが、回数を重ねるごとに蓄積されるものもあると薬剤師さんがおっしゃってたし、直前まで体調の様子見はすることになるかなあ。。
 もしわたしが行けなかったら、代わりに兄に行ってもらおうかなあと思ったり。
 兄はサラリーマンだけど10代の頃からずっとバンド活動はしているので。今でも地元のライブハウスや、生演奏ができるお店に出たりしているようです(ノーギャラっていうか、出演料払ってやってるのかもだけど)。オリジナルはやらないコピーバンドですけど。AC/DCの「Back in Black」はわりと得意みたい。
 夫と兄が二人で出かけるとかけっこうウケます(笑)。そんなのも悪くないけれど、でもやはりわたしが行きたいな。
 The ピーズについては「さるさる日記時代」から少し書いていたけれど、夫の青春時代を支えたバンドだし、わたしも共鳴する部分がたくさんある人たちです(ミュージシャンTOMOVSKYさんの双子のお兄さんがされているバンドです)。3ピースバンドで、骨太ロックって感じでしょうか。
 フロントマンのハル君(大木温人さん)は、数年前には体調がお悪い時期もあったようですが、見事に武道館まで行ったんだからなあ。。お酒やめてなあ。。。
 ハルくーん! わたしもがんばってるよー! 武道館を目指して治療がんばるよー! ヒュー!
  (The ピーズが武道館コンサートに至る日本のロックバンドシーンの経緯が分かるページ → こちら )

 ***

 前置きが長くなりましたが、今週のタロットを更新しますね。
 (占星術の用語の意味は → こちら )

 まず占星術からですが、今週は金星が星座の移動をします。魚座から牡羊座へ、28日です。
 まとめますと、太陽が牡牛座、水星が逆行しながら牡羊座、金星が牡羊座へ、火星は双子座、木星は天秤座、土星が射手座です。
 太陽は、、牡牛座になったけれど、、水星と金星が牡羊座、木星が天秤座ですから、活動宮がまだ強いですね。
 ということは、世の中の動きもそこそこあるってことかもしれません。
 今年の春の「牡羊ターム」はすごいなあとつくづく思うわけですが、自分もいろいろあるので。。とにかくすごいなあって感じで。。。
 なんだか毎日ニュースがすごいですから。。あまり細かいことが分かっていないけれど。。
 フランスは今日、大統領選なんですよね。。あまり過激な方向には行かないような気がするけれど、どうでしょう。。

 星の角度のほうは、今週はそこそこ派手でしょうか。
 25日に牡羊座の水星と射手座の土星が火の星座で吉角です。これは、建設的に発想できる星回りだと思うのですが、その建設的な発想が、「自国(自分)のこと」のみに向いた場合は、ちょっと独断的になりえるかなあ。。だとすると怖いのかなあ。。
 なんだか、25日に北朝鮮がミサイルだかなんだかだってネットで騒がれていますが、ちょっとその日の星回りを見てみましたが、この日は夜に、牡羊座の月と山羊座の冥王星が緊張の角度があるので気になるといえば気になりますがどうなるのでしょう。月と他の星の角度はしょっちゅう形成されるので、そこまで神経質にならなくても、という気もするのですが。。今は、星回り全体の背景がちょっと激しいので、怖いといえば怖いです(でもわたしはそれどころじゃないのですが。。)。
 なんだか不安を煽る書き方になってしまいすみません。つい星と関連させて考えてしまうのです。
 星の角度は、29日にもあって、水星と天王星が牡羊座で重なります。これも発想が極端になりがちだとか突発的になにか起こるイメージなので、ちょっと気になりますかね。。
 わたし個人としては、こういう影響力の強い星回りの日は、とくになにも起こらなくても、その後を左右するようななにかが決まったり、流れができたりするのかなあ、という風に考えています。
 加えてちょっとズルい言い方ですが、その星の形が完全にヒットするその瞬間だけじゃなくて、その前からそのような空気は出てくるので(西洋占星術の星の影響力はグラデーションのように作用する)、ピンポイントでこの日になにがある、というのはなかなか言いにくいものだなというのは、ずっと感じてきています。そういう「予言」のようなことをしようとすると、わりと外れるのです。
 なので、わたしは前もってその時期に起こる星の形を知ることで、その星のエネルギー的な意味を考えて、それを取り入れたり、取り込まないように注意する、という使い方がいいのではないかなあと思っていて、そのためにこの「星の角度」について書いています。

 タロットのほうは、今週もけっこうきれいにばらけました。大アルカナは3枚です。
 こちらは、あまり派手にイケイケーっていう感じのカードはなかったかなと思います。すごく怖い感じのものも、とくにはありません。今週は地味っぽいかも。
 今って、なにかやると勢いがつきすぎてしまうかもしれないので、うっかり手出しできないなみたいな感じはあるかもしれないからそれでいいのかも?
 わたしの山羊座が、久しぶりに自分個人にドンピシャっていう感じではないカードかなと思いました。でも、このカードは山羊座生まれ(山羊座の強いホロスコープの人)の悪いところが表されているものかもしれません(笑。勝手に空回りしてそうなって、人からうざがられたりするんだよね)。注意しよう。。
 
 
  スザンヌ・スターのユニコーンタロットによる
  12星座別今週の一言メッセージ

    4/24 ~ 4/30

  170423tarot.jpg
 上段左より 牡羊座・牡牛座・双子座・蟹座 / 中段左より 獅子座・乙女座・天秤座・蠍座 / 下段左より 射手座・山羊座・水瓶座・魚座 という並びです。


  ☆牡羊座(3/21-4/20)☆
    7 of Rods:スタミナアップする暗示。大変でもどうにかやり遂げられそう。

  ☆牡牛座(4/21-5/21)☆
    Knight of Pentacles:金運・仕事運吉。真面目で几帳面な男性と関わるのも◯。

  ☆双子座(5/22-6/21)☆
    Queen of Pentacles:仕事のできる女性と関わると吉。よいアイデアをもらえそう。

  ☆蟹座(6/22-7/23)☆
    King of Swords / R:知的で地位の高い男性に要注意。嘘をつかれ損をするかも。 

  ☆獅子座(7/24-8/23)☆
    The Hermit:今まで学んだことを活かせるとき。人との分かち合いがカギに。 

  ☆乙女座(8/24-9/23)☆
    Temperance:今は無理して動くよりも現状維持でOK。「果報は寝て待て」。

  ☆天秤座(9/24-10/23)☆
    4 of Pentacles:お金や仕事について過度に心配している暗示。現実的な対処を。 

  ☆蠍座(10/24-11/22)☆
    3 of Cups / R:つい現実逃避に走りそう。向き合うべきものに向き合って。

  ☆射手座(11/23-12/22)☆
    The Devil / R:トンネルは抜けています。以前のような悪癖に戻る心配はナシ。

  ☆山羊座(12/23-1/20)☆
    10 of Rods:重荷を背負い過ぎの暗示。倒れると取るべき責任も取れません。

  ☆水瓶座(1/21-2/19)☆
    9 of Swords:悲観的になり過ぎているかも。健康のためにもストレス発散を。

  ☆魚座(2/20-3/20)☆
    10 of Cups / R:家族や身近な人と衝突の暗示。意見の不一致の元を探して。


 よろしかったら一週間の参考にしてくださいね♪

 
 ☆タロット占いのセッションを、しばらくお休みとさせていただきます☆
  *乳ガン治療のため、ちょっと体調の様子見をさせていただきます*
   対面セッションで、場所は新宿の喫茶店です。
   30分/2000円です。
   詳しくは こちら をご参照下さい。
    kitaminori@tbt.t-com.ne.jp






 

 

 
 

 
 

テーマ : 占い - ジャンル : サブカル

進歩の上に乗っかる

 おとといの夕空:西南側↓
170420sora1.jpg

 東南側↓
  170420sora2.jpg
 なんつー色しとるんじゃろ。。

 これは昨日の昼の空↓
170420sora3.jpg
 この青もなんじゃろ。。。ていうか、この斜めに走っている筋はなんだ?

 今日は再び病院に行ってきました。
 今日かかったのは皮膚科で、手の湿疹の出方を診てもらってきました。
 1回目の抗がん剤投与後、だいたい10日くらいで手がひどくなって病院に駆け込んだので、今回も10日後で予約をして経過を報告をしたのでした。
 先週2回目の投与がありましたが、やはり数日前から手のかゆみが強くなったので、自分としてはやはり手の湿疹は、抗がん剤に対するアレルギー反応かなあと思っています。
 今回分かったけれど(前回はもうやみくもに手首から先がかゆかったから分からなかった)、特にかゆいのは、爪の甘皮の部分なんですね。そこがかゆみの中心点かなあ。そこから多少、手の甲に向かってかゆみが伸びてくるのか?
 抗がん剤は細胞分裂が活発な箇所を攻撃するそうなので、爪の成長点が攻撃されていて、わたしはそこにかゆみが加わるんだろうな、という感じかなあと。
 でも今回は塗り薬もあったし、抗アレルギー剤もきちんと飲んでいたし、ひどく悪化はしていません。
 これくらいなら全然耐えられるかな。。

 その他の副作用も出てることは出ていますが(味覚障害など)、前回よりはだいぶ楽に感じられます。痛みはロキソニンでコントロールできるし(おとといの外出で出た痛みは、調整を考えなかったわたしがバカだっただけだし。今日の通院は全然大丈夫でした)。
 実は今まで、抗がん剤の副作用につきもののイメージの吐き気に関しては、一回も感じたことがないんです。
 先生は「今はよい制吐剤がある」とおっしゃっていたけれど、ほんとにそうなんだな。。
 まあ脱毛は避けがたくあったけれど、だるさや痛みもあるけれど、治療前に恐れていたほどひどいことにはなっていないのではないか、という印象があります。
 もちろん、まだ治療の半分しかやっていないので先は分かりませんが。それに前回の手の湿疹のかゆみには多少参りましたが、これはわたしの元々の体質が関わることなので、仕方がないです。そしてそれでも、適切に対処すれば、ひどい悪化は防げるのですから。。
 また、今回そこまでつらくないのは、抗がん剤を混ぜる物質を変更していただいたことも関わるからかもしれません(キング。。)。
 
 なにが言いたいのかというと、医療は日々発達・進歩していて、患者の苦しみをなるべく取るための術がたくさん、たくさん、考案されて開発されている、ということであります。
 これは、義母の末期がんのときにも感じたことですが、、とにかく、苦痛はなるべく感じないようにということがすごく考えられているんだな、ということは思ったんですね。
 ありがたくて泣きそうになる。。

 もちろん、薬には副作用があるし、医療・医学は万能ではないのだとは思うけれど、、先生方や薬剤師さん、看護師さんたちの発する言葉や雰囲気から「あんた、別に無駄に苦しまなくていいから」という方向性(?)をすごく感じるんですね。
 なんか、それが新鮮だなあって思うんです(笑)。
 すごく合理的ってことかもしれないけれど。。薬で抑えられるなら抑えればいいじゃん、効くのがあるんだから、という、単にそういうことなのかもしれないけれど。
 それに、わたしが罹っているのは、乳ガンという「メジャーな病気」だから、たくさん研究されていて、治療法もいろいろあるっていうこともあるのだと思いますが。。
 研究の進んでいない難病だってたくさんありますものね。。父はその難病のピック病だったし(実質的に治療法がない)。。
 でも、なんだろう、いろいろな人の経験・知見の上に、今のこのわたしの治療があるんだなと思うんです。
 それは、たくさんの患者さんから集めたデータの上にあるものでもあって。。。たくさんの苦しみの上にあるものであって。。
 そういうことを、人間の社会は知識として積み重ねているんだなあと思って、わたしはそれに乗っかっているんですね。どーん、と。

 感謝しかないなあ、と思うんです。

 先ほど入った病院の近くのカフェにて↓
  170420cake.jpg
 付近の福祉園の方たちが運営されているカフェだそうで、ケーキやパンは入所者さんも作っているとか。
 このケーキセットで400円ですよ! 洗練されてはいないけれど、人が手で作ったものの味がします。
 
 治療の合間にこういうものも楽しむことができるんだもの、落ち込むはずもなかろうよ。

 
 ☆タロット占いのセッションを、しばらくお休みとさせていただきます☆
  *乳ガン治療のため、ちょっと体調の様子見をさせていただきます*
   対面セッションで、場所は新宿の喫茶店です。
   30分/2000円です。
   詳しくは こちら をご参照下さい。
    kitaminori@tbt.t-com.ne.jp






 


 
 
 
  

テーマ : 乳がん - ジャンル : 心と身体