FC2ブログ

ゆうべテレビで再認識した人のことなど。

 手のひらにロウバイの粒(お花)↓
  200125ume.jpg
 実家の庭に咲いているものをもらってきたのですが、運び方が悪くてお花が落ちてしまいました。
 捨てるのがもったいなくて、この前の球根のお花を思い出して(無事に育っているようです)、お水に浮かべてみましたら、ちゃんとよい香りが漂います! 
 春が近づいてきているんですねえ。。
 もうすぐ立春ですものね。
 
 その立春を前にして、春節を迎える中国からたくさんの旅行者が来ているようですが、ウイルスの問題がすごいことになっているみたいですね。
 ネットでは現地である武漢からの映像も出回っていて、病院内のものもいくつか見たけれど、ちょっとシャレにならない感じですね。だって、街を閉鎖ってすごいですよね。映画みたいですよね。。
 中国では情報の統制が厳しいと聞きますが、「人の口に戸は立てられない」ということわざ通り、世界中に「当局」が隠したいような動画が漏れてしまっていて、、、もう隠せないですよね。
 そういうことについても、同時にすごいことになっているんだなと思ってしまいます。
 日本でも感染者が確認されていて、、正直ちょっと怖いです。
 どういうウイルスか、まだよく分かっていないと聞きますし。。

 花が落ちたけれどロウバイの小枝を飾る↓
  200125butudan.jpg
 うちの「仏壇」に。
 この「仏壇」、ハチャメチャに見えると思いますが、、、家庭にある仏壇って、位牌の奥にお釈迦様の絵を飾るじゃないですか、、うちでは、それの代わりが興福寺さんの五重塔の写真ですが、五重塔って、元はお釈迦様の遺骨(仏舎利)を収めるするための「ストゥーパ」から来ているもので、それはすなわちお釈迦様の「肉体性の表現である」という話を、興福寺さんの文化講座で聞いてきたので、肖像画と意味合いは似ているから、あながち間違っていないというか、、、そう勝手に解釈し(笑)、このようにしつらえているのであります。
 南無ー!

 春に向かっている中、ウイルスのことなど続々とまだまだろいろな話が世界中でありますが、まあ、うちの近所は平和であります。
 昨日は夫とたまたまテレビをつけてやっていて見てしまった「中居正広の金曜日のスマたちへ」で、ゲストに出ていた長渕剛さんの話に夫婦で聞き入って(見入って)しまいました。
 長渕さんは過去に問題も起こされていますし、今までそんなに得意なアーティストではなかったのですが、そういえばデビューした頃の歌はよかったのかもしれない、、と思い直して、YouTubeで昔の歌を聴いてみると、歌だって上手だし、メロディーメイカーだったんだなと今更ながら再認識。

 そして芋づる式に、子供の頃長渕さんが主演されたドラマの「家族ゲーム」をおもしろく観ていたことを思い出しました(森田芳光監督・松田優作主演の映画版よりもドラマがおもしろかった)。夫もあのドラマが好きだったそうで、夫とは、子供時代と10代の頃に観て「いいな」と反応したドラマや映画がかなりかぶるので、またここでもかぶったな、ということを再確認できました(笑。それがこの人とお付き合いをしようと思った原点です。わたしたちは「イメージフォーラム付属映像研究所」で出会っているオタク的な夫婦なのです)。
 でも結婚して20年以上経って、アラフィフになってからでも新たに「昔のかぶること」を発見できるのですから、おもしろいものですね。

 ということで、長渕さんの昔の曲を貼りますね。まずは「順子」。

 これは、「ザ・ベストテン」で歌ったときのもので、昨日の番組でも使われていましたが、お客さんの手拍子が気に食わなくて歌い直しをしているものです(笑)。でもそんなやり直しをしてもちゃんと歌えているし(ギター少し間違うところあるけど!)、いい声していたんだなとも思いました。かすれ具合と伸びやかさのバランスがよい!

 あと、この曲もいい歌だったじゃんと思ったもの。「恋人時代」。

 懐かしいですね!
 それに、♪こいーびとーじーだーいい♪っていう箇所のメロディ、きれいでいいですよね。
 才人だったんだなあ。。
 でも長渕さんは、この頃ヒットを飛ばしていた裏で、お母様の介護問題があったり大変だったそうです。
 その中で問題も起こしたし、体力をつけようと細い体を改造して、今のあのキャラになっていくようですが。。。それにライブのしすぎで声も潰れてしまったのかなあ。。それは惜しいことですけれど。。
 過去には桑田佳祐にいじめられたりもしたみたいで(わたし、サザンのことは苦手なんです、ずっと。なので呼び捨て)、人から誤解もされてきたのだなと思い、自分もだいぶ偏見があったなあと思いました。
 でも昨日の番組を見て、けっこう「菩薩道」の人なんだなって思いました。
 すごいなあ。
 
 たまたまつけたテレビで、このように新鮮な気持ちになれました(「金スマ」なんて普段見ない)。
 だから、世の中まだまだ捨てたもんじゃないと、わたし自身は思っているのです。

 これは昨日の朝の通勤路にて↓
  201225sizuku.jpg
 この葉っぱは、朝の雫を溜めておける素材なんですね。ちょっと起毛しているのかな?

 これは帰りの通勤路にて↓
200125sakura.jpg
 桜の枝に、蕾がたくさん!
 もう春の準備が着々と!


  ☆占いのセッションとメール鑑定のお知らせ☆

 2月15日 土曜日(毎月第3土曜日) 15時~18時
 鷺ノ宮 和かふぇつゆくささんでタロット占いをします。
 10分1500円 30分2000円 延長10分ごとに+1000円 
 別途ワンドリンクオーダーをお願いします。 
 つゆくささんのサイト こちら 
 ご相談内容によって西洋占星術・人相を取り入れます。

  
  新宿の喫茶店でも日時のご希望があればやっております。
  30分/2000円 延長10分ごとに+1000円
  詳しくは こちら をご参照下さい。

 メール鑑定のメニュー
  ・西洋占星術の個人の総合鑑定(出生時間あり / 2500円)
  ・西洋占星術の相性占い(出生時間なくても可 / 1500円)
  ・タロットで観る現在の全体運(The Path / 9枚引き / 2000円)
   詳しい内容、サンプルは こちら をご参照ください。
  
    お気軽にお問い合わせくださいね

     rosinu-rose@tbt.t-com.ne.jp

 占い師 北白龍
  インスタグラムこちら
  アメブロこちら
  ツイッターこちら

 



 
 
スポンサーサイト



テーマ : ☆懐かしい歌、そしてその人☆ - ジャンル : 音楽

おととい観た映画 ナディーン・ラバキー監督 「存在のない子供たち」

 いつだったかの通勤路での朝の景色↓
200123ki.jpg

 今日は曇っていて、とても寒いです。
 ここ数日冬らしい気温で、「ああ、冬ってこれくらい寒いんだった」という感じがしています@東京都下多摩地区。
 これまで暖冬傾向で、本気で寒い感じがなかったので、わたしは「あれ、冬ってこんなだったっけ? もしや冷え性がちょっとよくなったのか?」と思ってしまうくらいでしたが、それはやはり気のせいでした(笑)。
 かかとが冷たく感じるんですよねえ、、すごく寒い日は。

 今日は久しぶりに「やらなくちゃいけないこと」がない日で、家でダラダラしています。
 昨日のうちに買い物も済ませたので、今日は外に出ません(昨日スーパーで菜花を見つけたので、夕ご飯はそれを使った「菜花と牡蠣のパスタ」を作るつもりです! 自分でも楽しみ!)。

 ***
 
 おととい、秋葉原で興福寺さんの文化講座に出席した後、高田馬場で映画を観てきました。
 早稲田松竹さんで今週上映している作品のうちの一本、レバノンとフランスの合作映画、「存在のない子供たち」という2018年の作品です。
 監督はレバノン人の女性監督、ナディーン・ラバキーさんで、自身も小さな役で出演されています(女優さんもされている。わたしはもちろん、今までこのかたを存じ上げませんでしたが)。
 2018年のカンヌ映画祭で、パルムドールは逃したものの審査員賞ともう一つの賞を受賞されている作品で、レバノンの最貧街で生き抜く少年の物語です。
 「こんな世界に自分を産み落とした親を告発する」という、衝撃的な内容です。

 予告編になります。


 先週、夫と新宿武蔵野館でケン・ローチ監督の最新作を観た際に、劇場で早稲田松竹さんのチラシをもらってきて、興味を引かれたので観にいきました。幸い、秋葉原まで行けたので、その足で観ることができますので。。

 この「存在のない子供たち」も、過酷な環境で生きる子供たちを描いた壮絶な映画です。
 中東は、最近では豊かになっているのかなというイメージもありますが、移民問題も多く、スラム街では悲惨な状況が続いているんだなということが分かりました。
 取材を徹底したそうで、ドキュメンタリーのように思える部分もあります。
 主人公は12歳の少年で、演じるのは実際に12歳でシリアから難民でレバノンに来た素人の男の子ですが、とても12歳には見えないんですね。発育不良で体が小さいんです。10歳以下に見えるかな。。。
 でも、その子の目は暗くて冷めていて、、目の中に怒りはあるけれど、怒ったところでどうしようもないと知っているのだなという感じで、甘い環境に生きる自分としては「申し訳ないです」と言いたくなる感じがします。
 他に出演された人も、ほとんどは素人さんで、役柄と同じような人生の背景を持つ人々が選ばれているそうです。

 出てくる子供たちにはみな「身分証」がなく(だから「存在のない子供たち」。日本にも無戸籍の子供はいるそうですが)、11歳で初潮を迎えた途端に、大人の男に「嫁」という形で売り飛ばされる女の子(代金は「ニワトリ」)、、つけぼくろをして身分を偽って生きる不法移民。。。 
 劇中では、レバノン(自国)の「最貧民」には、シリア(混乱した外国)から来た難民よりも支援の手がないということが描かれていて、わたしはそこに一番ショックを受けました。
 正直、ストリートチルドレンや、体が大人になっていないのに男に売られる女の子については、今まで予備知識があるから、ひどいな、大変だなと思いつつも、そこまで「ショック」ではなかったんです。
 でも、自国の「最下層の人々」より、他国から来た「難民」の方が、世界的・社会的に注目されやすくて支援の手もあるというのは、、これはとても現代的というか今日的で、もしかすると、これから日本でも起こりうる事態かもしれないと思えて(もしかすると、すでにそういう構造はあるのかもしれないですが)、「なるほど、そうなるのか」と思ってショックでした。
 
 かなりの力作で、観てよかったなと思いますが、わたしは、先週見たケン・ローチ監督の「家族を思うとき」のほうがズズーンと来たかなと思います。
 やはり、中東という少し遠い場所で起きていることだと思えてしまうのかもしれません。ローチ監督の作品はイギリスが舞台でイギリスも遠いけれど、「先進国」で起こっている社会の構造の変化という点では、日本に近いものがあるなと思えるからかもしれません。

 女性監督で、女性だからそこまで冷徹になれない、という部分もあるのかな、、、少し、「ご都合主義」に思える展開もあったかなと思え、そのあたりもローチ監督のほうが「芸術家(表現者)」としてリアリズムに徹しておられるなと感じました。
 このあたりは難しいことだと思いますが、わたしは「他者の表現作品」を観るのが好きなのであって、「社会への啓蒙運動」を映画館で観たいわけではないので、このようなあまりにも社会啓蒙的な映画を撮ったラバキー監督が、これからどのように映画作品を撮っていかれるのかなあと思ってしまいました。
 世間から常に「人道主義」を期待されるようになり、政治的になったらつまらないなとも、思うんです。
 中東出身でまだ若く美しくパワーある女性監督、世界的にも大注目されていて、利用したいと思う人がいないわけがないですものね。。。
 それに折れないで、一個人として作品を作り続けていられる人なのかどうなのか。

 芸術家って大変だなと思いつつ。。。。

 ということで、先週久しぶりにミニシアターで映画を観て、最新のチラシに触れたことで、映画づいてしまいました。
 やはりたまにミニシアターに行くと、最新情報が手に入ってよいですね。ネットで調べればいいんだけど、チラシをもらうほうが「観たい」という気になりますよね。
 ちなみに、先週書き忘れましたが、「新宿武蔵野館」って今年、開館100周年を迎えるんですって! 
 すごいですね、、100年ですよ! 戦前からやってたのかあ!
 新宿武蔵野館は、なかなか硬派な映画館で、今でも潰れずに踏ん張っておられますよね。
 その100周年の記念品のクリアファイルセットを購入してしまいました↓
200123file.jpg
 昔の映画のチラシがデザインに使われているようで、A4サイズ2枚、A5サイズ2枚の4枚セットで600円!
 母もよく新宿武蔵野館に映画を観にいくので、A4版を1枚プレゼントしたので残りの3枚です。
 なかなかオシャレで、買えてよかったなあと思っております♪

 
  ☆占いのセッションとメール鑑定のお知らせ☆

 2月15日 土曜日(毎月第3土曜日) 15時~18時
 鷺ノ宮 和かふぇつゆくささんでタロット占いをします。
 10分1500円 30分2000円 延長10分ごとに+1000円 
 別途ワンドリンクオーダーをお願いします。 
 つゆくささんのサイト こちら 
 ご相談内容によって西洋占星術・人相を取り入れます。

  
  新宿の喫茶店でも日時のご希望があればやっております。
  30分/2000円 延長10分ごとに+1000円
  詳しくは こちら をご参照下さい。

 メール鑑定のメニュー
  ・西洋占星術の個人の総合鑑定(出生時間あり / 2500円)
  ・西洋占星術の相性占い(出生時間なくても可 / 1500円)
  ・タロットで観る現在の全体運(The Path / 9枚引き / 2000円)
   詳しい内容、サンプルは こちら をご参照ください。
  
    お気軽にお問い合わせくださいね

     rosinu-rose@tbt.t-com.ne.jp

 占い師 北白龍
  インスタグラムこちら
  アメブロこちら
  ツイッターこちら

 

 

 

テーマ : 映画館で観た映画 - ジャンル : 映画

注射を打った日のお写真日記

 総合病院の前に咲いていたビオラ↓
  200121biola.jpg
 コンサートホールのバルコニー席から身を乗り出して舞台を見ているご婦人のようだ。

 昨日は乳がんの治療をしている病院に行き、乳腺のキング先生に注射を打っていただいてきました。
 打った箇所が痛いです。数日続くと思われます。
 去年から治療内容が変わって、乳がんのエサになる女性ホルモンを出さないために卵巣を眠らせる注射をしているのですが(去年の今頃、女性ホルモンの値がなぜかめちゃくちゃ上がってしまって、治療が変わりました)、今回、効き目が6ヶ月と長く続くものを初めて打ってもらいました。
 前回まで3ヶ月分を打ってもらっていたのですが、どういう感じか掴めてきたし、3ヶ月分を2回打つよりコスパがよいので半年分を下腹部に注入! イテテテテ!
 それに合わせて、アロマターゼ阻害薬という薬を毎日飲んでいるのですが、これの副作用で関節痛がけっこう出ていまして、、注射で卵巣を眠らせた上で、前に飲んでいた女性ホルモンとがん細胞が反応しないようにする飲み薬という組み合わせではダメなのかなと思ったけれど、ダメですよね。。。
 この副作用の関節痛、占い師仲間の笑璃先生が教えてくださった「手こすり健康法」がなかったら、本当に耐えられないかもしれないです。
 この健康法、わたしには、腰痛や肩こりにも効くように思います。人によるのかもだけど。
  

 そんなこんなで、昨日はキング先生に注射を打ってもらって、乳がんの再発・転移のCT検査の予約もして、採血もしてもらってきました。
 今回は、骨密度の検査も追加。
 先月、ちょっとよろめいて、右の脇の背中あたりを家具にググーッと押し付けてしまったことがあるんですが、そのとき体重がかかったためか、固いところが当たった肋骨のあたりに「メリっ」という感覚で激痛が走ったのですね。それでしばらくそこが痛くて、、ヒビまでは入ってないでしょうけれど、ちょっと痛みがひどく、薬の副作用で骨が弱まるらしいので、それもチェックすることにしました。
 どうなるかなあ。。
 検査の結果を聞けるのは来月で少し先になってしまって、しばらく憂鬱ですねえ。。
 でもまあしゃーないですね。
 あまり思い悩まないように明るく過ごそうと思っております。

 これは病院の前に咲いていたバラ↓
  200121rose.jpg
 赤が鮮やかすぎたので、少し色調補正しています。
 鮮やかな色といえば、先日始まった今年の大河ドラマ「麒麟がくる」ですが、4K撮影とかなんとか、、色が派手すぎて、ちょっと目が疲れるかもと思いました。内容もまだちょっと面白いかは分からないかな。。。次も観るけど。。。

 これも病院の前に咲いていた↓
  200121suisen.jpg
 よい香りがしました。

 昨日は病院からバスで国分寺に出て、お買い物などをしてきました。
 
 小腹が減ったので人気のパン屋さんのカフェで休憩↓
  200121cafe.jpg
 国分寺キイニョンさん。カレーパンをいただきました。おいしかった!

 こちらのカフェには絵本の本棚があって閲覧できます↓
  200121hondana.jpg
 
 この本棚をなんともなしに眺めていたら、気になるタイトルの本が目に入り、作者がなんと宮部みゆきさんなので読んでみることに。

 その名も「悪い本」↓
  200121ehon.jpg

 なかなか、、、、なかなか、、、、よいんじゃないのって感じで、声を出して笑ってしまいました。
 人間の心の「悪い部分」について書かれています。ネタバレになるから詳細を書けないのが残念!
 わたしが勉強している「唯識仏教」に通じるものも感じたし(ラストの言葉が)、、なかなか。。。いい本ですわ。。。(笑)
 「絵本」ではあるけれど、子供には猛毒かも? いえ、子供の持つ「純粋で無邪気な毒」に、ハッキリした意識を与えてしまうことになりそうだから、猛毒かなと思うのですが。。
 大人が読むのがよいのかなと思える本でした。おもしろかったです。
  

 昨日は新しいバッグで出かけました↓
  200121bag.jpg
 カフェの雰囲気と合うので思わず撮影してしまいました。
 このバッグ、例の実家のご近所で一人暮らしをされる90歳のおばあちゃま、Tさんが手作りされたものです。破格で売っていただけるので(タダでもいいと言ってくださるくらいなんです。マダムなんです)、母がしょっちゅうお邪魔して見繕っては買ってきて、わたしにもおすそ分けしてくれるのでした。もういいよって思うくらいなんですけど、やはり実物を見ると素敵なので嬉しくて使ってしまいます。
 こちら、ハンドルの長さを変えられるのですが、長くしてショルダーバッグにするより、短くしてハンドバッグにするのがよいみたい(ショルダーバッグは姿勢が悪くなるからよくないという話を気にしています(笑))。
 数年前に買った、小平市の障害者施設で作られた草木染めの赤いマフラーと合わせると、とてもよい感じなのでした!

 国分寺の街路樹にあった不思議な形のコブ(?)↓
  200121ki.jpg
 
 帰り際、駅ビルの花屋さん(青山フラワーマーケットさん)でとっても素敵なものを見つけました。
 小さな球根のお花。グラスに入れて水栽培できるような品種です。
 人気商品だそうですが、わたしは初めて見て魅了され、思わず二つほど購入してしまいました。
 小さなチューリップとムスカリ↓
  200121hana.jpg
 球根と根っこが見えているのもなんかオシャレに思えて。。。
 こんなお花の楽しみ方があるんですね。ちゃんと咲くかな?

 上の写真の後の夕空↓
200121sora.jpg
 この色合い、多摩湖に行ったらきれいだったろうなあ!

 
  ☆占いのセッションとメール鑑定のお知らせ☆

 2月15日 土曜日(毎月第3土曜日) 15時~18時
 鷺ノ宮 和かふぇつゆくささんでタロット占いをします。
 10分1500円 30分2000円 延長10分ごとに+1000円 
 別途ワンドリンクオーダーをお願いします。 
 つゆくささんのサイト こちら 
 ご相談内容によって西洋占星術・人相を取り入れます。

  
  新宿の喫茶店でも日時のご希望があればやっております。
  30分/2000円 延長10分ごとに+1000円
  詳しくは こちら をご参照下さい。

 メール鑑定のメニュー
  ・西洋占星術の個人の総合鑑定(出生時間あり / 2500円)
  ・西洋占星術の相性占い(出生時間なくても可 / 1500円)
  ・タロットで観る現在の全体運(The Path / 9枚引き / 2000円)
   詳しい内容、サンプルは こちら をご参照ください。
  
    お気軽にお問い合わせくださいね

     rosinu-rose@tbt.t-com.ne.jp

 占い師 北白龍
  インスタグラムこちら
  アメブロこちら
  ツイッターこちら

 



 
 

今週の12星座別タロット 1/20〜1/26

 先ほど、パートの通勤路で今年初で水仙を見つけました!↓
  200119suisen.jpg
 小さいけれど、スックと立っていて美しいこと。

 こちらも出てきたよ!(同じく通勤路にて)↓
  200119fuguri.jpg
 オオイヌノフグリ。名前がこんなだけど、好きなブルーです。
 これらの花が咲き始めると、寒くても季節は春に向かっているんだなと思いますね。
 この後、ロウバイが咲いてよい香りがして、ジンチョウゲが咲いてよい香りがして、梅が咲いて。。。。

 昨日は雪がちらつき、結局雨がずっと降っていましたが、無事に和かふぇつゆくささんでの占いの出向を終えることができました。
 ありがとうございます。
 来月は、やはり第三土曜日の2月15日の土曜日となります。また近くなったらご案内いたしますね。

 昨日はつゆくささんでの占いで、おとといはパート、その前の木曜日は夕方から奈良 興福寺さんの文化講座と、ここのところ毎日バタバタしていて、ブログの更新が少し空いてしまいました(ネタを考える余裕がない)。
 先週は風邪っぽかったりもしたのですが、ギリギリ悪化せず踏みとどまれたようです(パブロンは飲まないで、カモミールティとプロポリスキャンディでどうにか撃退)。
 が、ちょっと寝不足が続いているような気もする。。。
 明日は、地元の総合病院でキング先生から乳がん治療のための注射を打ってもらってきます! 薬効が半年続くやつだから、けっこうお高いんだぜえ!
 明後日は、久しぶりに秋葉原でされている興福寺さんの文化講座に出席させていただけるし、水曜日はパート。
 年末からバタバタ感が続いていて、なんだかんだとやっています。

 夫も変則スケジュールが多くて、ここのところだいぶイレギュラー感があるため余裕がないのか、ゆうべとうとうこんなことをわたしに聞いてきました。
 
 「あんたは、なんのために生きてるの?」

 (笑)

 あー、この人そんなことを聞きたくなるくらいなんだ、今、と少し笑いたくなってしまった。

 そして、その質問に、意外なほどわたし、すっと答えられたんです。

 そのこと、書きますね。
 書くことで、なにか自分の中が変わるような気がするから。仏教を学ぶ身としては、軽々しい言葉はいけないのですが、占ったらブログに書いていいって出たから。

 ということで、わたしはなんのために生きているかというと、「世界」をこの体とこの心で知るために生きています。

 この体でキャッチし、この心(脳?)でキャッチするためです。
 なるべく、素直に、そのままのわたしの体と心でキャッチしたいです。だから、体と心が素直になれなくなるようなことにはなるべくなりたくないです。

 そのためには、少しのお金は必要です。基本的な生活のためはもちろん、たまには夫とランチをして夫とわたしの機嫌がどうなるか知りたいし、例えば自分に似合いそうな服を見つけて、それが自分に納得できる値段であれば着てみたいと思うだろうし、それを着たら「世界」がどんな反応をするのか知りたいからです。
 だから、「お金」は世界を知るための道具です。一番基本的な道具かもしれません。
 ですが、やはりしょせんは道具です。「道具」のために生きているわけではありません。
 そして本当のことを言えば、占いもそのための「道具」です。
 18歳でホロスコープを作り始めたときから、いえ、小学生のときに「星占い」に魅せられたときから、そうだったと思います(世界や人を見る目が広がった!)。
 ここ数年は、その占いを、人様に提供してお金をいただくということをしてみたら、世界はどういう風に見えるようになるかな、ということを試しているところです。
 そしてこんなブログを書くのは(無料なのに一生懸命!)、これが「わたしは世界をこう見ています」ということを発表するための道具だからです(無料で使える道具)。
 ですが、その「世界観」を、他人様に押し付けたいとは思っていません。
 わたしはこう見ています、あなた様はどう見ていらっしゃいますか? ということをしているつもりです。
 「世界」なんて抽象的なものは、それぞれがそれぞれで見ればよいと思っていて、わたしはサンプルとしてこう思っていますー、というのをネットに載せて出しています。

 こういう感覚って偉そうでしょうか。
 でも、それをするために19年も(2001年から!)ネット上に日記を書いています。

 そして、わたしは、わたし以外の人が世界をどう見ているのかを知るのもけっこう好きです。参考にできることはしますし。

 とまあ、そんな感じなのですが、こういうことをざっくりと夫に言いましたところ、「あんたのことがよおく分かった」と言われました(笑)。分かってなかったのかよ!
 とにかくですね、言いたいことは、道具のために生きているわけではないのですね。
 それって「本末転倒」って言うんですよね。

 でも、例えば忙しすぎて余裕がなくなったりすれば、道具の方が主眼になってしまったりするのかなと思います。
 ここ数週間は、予定が毎日あって忙しくてもどうにかやっている自分が、世界をどう見るかを知ろうとしているのかなと思います。
 乳ガンになる前には、こんな風にできなかったなと思うので、それがちょっと皮肉で面白いなあと思ったりしています(笑)。

 そんなことを話して翌日、また猛禽類のような雲を見る↓
  200119sora1.jpg
 
 こんな感じに見えたんです(拾い画)↓
  200119wasi.jpg

 ビュビューンと飛んでいるようだ↓
200119sora2.jpg

 蛇足ですが、拾い画を探しているときに見つけた拾い画も。
 前のめりに歩くワシ↓
  images.jpeg
 気難しいおじいさんみたい! けっこうツボ!

 これはおととい、パート先近くの用水路にいたマガモ↓
200119kamo.jpg

 これはおとといイオンのお花屋さんにあったきれいなお花↓
200119hana.jpg
 デイジーかな?

 ***

 「今週のタロット」の更新をしますね。
 (占星術の用語の意味は → こちら  / 2020年の星座別テーマの占いは <こちら のページの後半にあります)
 
 まず占星術からですが、今週は基本の太陽が動く週になりますので、空気感がだいぶ変わるのじゃないかなと思える週になります。
 20日に、山羊座にいた太陽が水瓶座へ。これで、この年末年始の「山羊座祭り」は一旦終わりとなりますが、木星と土星と冥王星はまだ山羊座、やはりずっと山羊座的なものが底に流れていることになるのですが。。
 まとめますと、太陽が山羊座から水瓶座へ、水星が水瓶座、金星が魚座、火星が射手座、木星と土星が山羊座です。
 水瓶座タームとなりますね。水瓶座は「ものごとを定着させよう」とする固定星座なのですが、守護星が「変革をもたらす」とされる天王星なので、一筋縄では行きません。山羊座の時期に社会的に動かしたものを、もっとシステマチックに洗練させようとする星座ですし、大局的なものを「不動」とするためには細かいことは変えてもやむなし、みたいにする部分もあると思います。なので、、どうなのでしょう。
 この年末年始、アメリカとイランのことで、世界は緊張し、土星と冥王星が重なったところで一瞬「開戦か?」となったわけですが、それがあっけなく終わり(嬉しかった!)、その「開戦を選ばなかった」ということの影響が、これからきっと見えてくるのだろうなと思います。あのとき、株価も荒れましたけれど、そこで儲かった人はいるんだろうなあと思いつつ。。。
 まだまだいろいろな話題はありますよね。。イギリスのことや、オーストラリアの火事のこと。。(蛇足ですが、カナダ人シンガーソングライターでわたしも占いをさせていただいたジェーン・シベリーが、今朝、オーストラリアに向けてエネルギーを送る祈りと瞑想の会をネットでしたんですよ。わたしはパートだったからちゃんと参加できませんでしたが、気持ちは送らせてもらいました。わたしは「祈り」にはパワーがあると思っていますので、またこういう機会があればいいなあと思っています)
 山羊座祭りの後の水瓶座ターム、多分、戦争はしないから、、その中で、どういう風になっていくのか見ていきたいなあと思っています。

 個人の生活ではどうなんでしょう。。。ちょっと生活にいろいろな動きがある人もおられるんじゃないかなあって思うんですよね。。。もう本当に、その中で自分にとってベストだと思えることを、ベストを尽くしてやっていくしかないと思っているのですが。。。
 水瓶座タームのこれからの数週間、「山羊座祭り」のときより、少しは落ち着いてできるんじゃないかなあって思ったりしています。
 でも、テキトーにしていると、吹き飛ばされちゃう感じはやはりあるのかもしれないと思っています。木星と土星と冥王星は山羊座だから。。。

 ということで、今週の星の角度なのですが、今週、また山羊座の土星と冥王星が重なるんですね。20日から24日までです。前回ほどタイトにがっつりは重ならないのですが、ともに23度ですから、、プレッシャーというか息苦しさはあるのかもしれません。。特に、活動星座生まれの方、活動星座に星が多い方はそんな感じかもしれません。。耐えましょう。。。
 そして今週は、23日に二つ目立つ形があります。水瓶座の太陽と牡牛座の天王星が緊張の角度です。これ、、やることがあべこべになってしまったり、逆さまになってしまったりするのかな? 意図した通りにはいかない感じがしそうな星回りです。仕事面で出やすいかもです。ユーモアで乗り切れればよいのですが。。
 そして同じ23日、魚座の金星と山羊座の木星が穏やかな角度です。これは相手に対して優しい気持ちになったり責任を取ろうとしたりできるものなので、太陽と天王星の緊張をほぐしてくれそうです。ユーモアを忘れないでいましょう!
 そして、またもやで大変にお恥ずかしいのですが、先週またアスペクトの見落としがありまして、18日、昨日、水瓶座の水星と牡牛座の天王星が緊張の角度でした。こちらもやはり、意図したことが伝わりにくい星回りだったかもしれません。そんな日に、わたしは夫から大それた質問をされた次第でありました(笑)。

 最後に今週のタロットですが、今週、大アルカナは3枚と、いたって普通でした!
 いやー、、山羊座祭りが終わるんだなあという気がしてしまいました。
 怖いカードの出方はなかったかなと思います。
 牡牛座さん、太陽が水瓶座に来ることでなにか刺激があるのでしょうか。
 獅子座さんも、太陽が水瓶座に来る影響でしょうか。。
 出ないカードの種類はなく、ロッドが4枚と多めでした。カッカカッカしないようにしたいものですがどうなるでしょう。

 
  スザンヌ・スターのユニコーンタロットによる
  12星座別今週の一言メッセージ

    1/19 ~ 1/26

  200119tarot.jpg
 上段左より 牡羊座・牡牛座・双子座・蟹座 / 中段左より 獅子座・乙女座・天秤座・蠍座 / 下段左より 射手座・山羊座・水瓶座・魚座 という並びです。


   ☆牡羊座(3/21-4/20)☆
    Ace of Rods / R:遅れが出る暗示。焦らず計画の練り直しなどをするのがよさそう。

  ☆牡牛座(4/21-5/21)☆
    Judgment:何かがハッキリしそう。過去の選択の結果として受け止めるのが◯。

  ☆双子座(5/22-6/21)☆
    7 of Cups / R:優先順位が見えてくるとき。それによって気持ちも安定することに。

  ☆蟹座(6/22-7/23)☆
    Knight of Pentacles:仕事運吉。ルーティンをこなすとさらに◯。過労には注意が必要。

  ☆獅子座(7/24-8/23)☆
    The Hanged Man / R:運気の変わり目。前向きに考え、目標に向けて動いていくのが◯。

  ☆乙女座(8/24-9/23)☆
    The Empress:安定運。少し贅沢をしたり優雅に過ごせる時間を作るとさらに吉。

  ☆天秤座(9/24-10/23)☆
    King of Rods / R:目上の男性から八つ当たりされるかも。反論せずにやり過ごして。

  ☆蠍座(10/24-11/22)☆
    Queen of Rods:情熱的で決断力のある女性と関わると吉。勢いを分けてもらおう。

  ☆射手座(11/23-12/22)☆
    6 of Pentacles:援助運アリ。やりたいことを素直に伝えて応援してもらって◯。

  ☆山羊座(12/23-1/20)☆
    8 of Pentacles / R:仕事面がマンネリ化しているかも。新しい視点ややり方を探して。

  ☆水瓶座(1/21-2/19)☆
    3 of Swords:人や状況との別離の暗示。まずは心の痛手を乗り越えることが大事。

  ☆魚座(2/20-3/20)☆
    3 of Rods / R:周囲の状況から遅れが出そう。捨てバチにならず準備に徹して。


 よろしかったら一週間の参考にしてくださいね♪


  ☆占いのセッションとメール鑑定のお知らせ☆

 2月15日 土曜日(毎月第3土曜日)  15時~18時
 鷺ノ宮 和かふぇつゆくささんでタロット占いをします。
 10分1500円 30分2000円 延長10分ごとに+1000円 
 別途ワンドリンクオーダーをお願いします。 
 つゆくささんのサイト こちら 
 ご相談内容によって西洋占星術・人相を取り入れます。

  
  新宿の喫茶店でも日時の希望があればやっております。
  30分/2000円 延長10分ごとに+1000円 
  詳しくは こちら をご参照下さい。

 メール鑑定のメニュー
  ・西洋占星術の個人の総合鑑定(出生時間あり / 2500円)
  ・西洋占星術の相性占い(出生時間なくても可 / 1500円)
  ・タロットで観る現在の全体運(The Path / 9枚引き / 2000円)
   詳しい内容、サンプルは こちら をご参照ください。
  
    お気軽にお問い合わせくださいね

     rosinu-rose@tbt.t-com.ne.jp

 占い師 北白龍
  インスタグラムこちら
  アメブロこちら
  ツイッターこちら

 



 
 

テーマ : 占い - ジャンル : サブカル

占いの告知と、昨日見た映画(ケン・ローチ監督 「家族を想うとき」)

        190117uranai.png
 
  星占い あなたのポイント見つけます 
     星読み続けて30年 占い師の北白龍です!


 西武新宿線鷺ノ宮の「和かふぇつゆくさ」さんでの占いの出向の告知です。

 明後日 1月18日 土曜日 15時から18時
 予約不要です。
 占術は西洋占星術とタロット占いと人相です。
 10分1500円、30分2000円、以降10分延長ごとにプラス1000円です。
 ワンドリンクオーダーもお願いしております。
 「和かふぇつゆくさ」さんは 西武新宿線・鷺ノ宮駅北口から徒歩2分です。


 和かふぇつゆくささんの地図になります↓
  180922tuyukkusa.jpg

 ずっと騒いでしまった「2020年山羊座祭り」も、もう少しで終了します。
 これからは、この時期の影響が出てくるのではないかなと思いますが、気になることがある方は占ってみるのはいかがでしょうか。 
 おいしいお茶とともに、お待ちしております↓
200115gohan.jpg
 こちらは、柿の葉茶と玄米ご飯のお膳です。つゆくささんは完全ヴィーガンのお店なのでお味噌汁は昆布だしのみですが、しっかりコクがあるんです! おいしいですよ!

 お気軽にお越しくださいね。
 お待ちしております!

 ***

 昨日は、変則スケジュールで仕事が休みになった夫と、久しぶりに映画館に映画を観にいきました。

 ついでに、ランチも楽しんできました↓
  200115yasai.jpg
 伊勢丹の横にある「クルーズクルーズ」さんという、お野菜をふんだんに使った前菜がビュッフェ形式になっているレストランです。メインを選べるプリフィックスコースをいただきました。
 バーニャカウダのソースがおいしかったなあ。食べログは こちら
 
 その後新宿武蔵野館に出て、イギリスの巨匠、ケン・ローチ監督の「家族を想うとき」を鑑賞。
 
 先月、たまたまテレビをつけたら、ローチ監督と「万引き家族」の是枝裕和監督の対談をしていて、やはりローチ監督はすごい方だと思って(わたしはきちんと観たことがありませんでした。夫は観ていた)、前作の「わたしは、ダニエル・ブレイク」をレンタルして観てすごいなあと思っていました。
 グローバル経済における資本主義社会の歪み、イギリスの労働階級の人々の苦境を描いています。冷徹に描ききっています。

 新作の「家族を想うとき」は、監督が引退宣言を翻してでも、どうしても作りたかったものだとか。

 あまりにも過酷な人々の現実を描いた、ものすごい映画でした。
 でも、人ごとではない、日本も、似たような状況があるじゃないか、と思うものでした。
 
 予告編です。


 あまりにも過酷な内容なので、この映画は人気がないのだろうと思っていました。
 でも、映画館は満席になっていました。
 昨日がサービスデーだということはあるにしても、満席とは。。。
 そして、帰宅してネット上のレビューを読むと、ほとんどが好意的な内容で、観るべき映画と書く人が多かったです。
 ものすごく過酷な映画なんです。でも、それでも、「これを観てよかった、他の人にも観てもらいたい」と想う人が多い。
 わたしはそこに、希望を感じます。
 日本の映画ファンって、すごいなあとも思いました(ローチ監督は本国イギリスでは嫌われているそうです。是枝さんとのインタビューで語っておられました。リアルなものを突き付けすぎるから、ということのようです)。

 「わたしは、ダニエル・ブレイク」を「先に進めた」映画です。
 これでいいわけがないのに、もうどうすることもできなくなっている、そのことを真正面から描いています。

 ぐうの音も出ない映画でした。
 
 よいものを観られてよかったです。
 
 
  ☆占いのセッションとメール鑑定のお知らせ☆

 1月18日 土曜日(毎月第3土曜日) 15時~18時
 鷺ノ宮 和かふぇつゆくささんでタロット占いをします。
 10分1500円 30分2000円 延長10分ごとに+1000円 
 別途ワンドリンクオーダーをお願いします。 
 つゆくささんのサイト こちら 
 ご相談内容によって西洋占星術・人相を取り入れます。

  
  新宿の喫茶店でも日時のご希望があればやっております。
  30分/2000円 延長10分ごとに+1000円
  詳しくは こちら をご参照下さい。

 メール鑑定のメニュー
  ・西洋占星術の個人の総合鑑定(出生時間あり / 2500円)
  ・西洋占星術の相性占い(出生時間なくても可 / 1500円)
  ・タロットで観る現在の全体運(The Path / 9枚引き / 2000円)
   詳しい内容、サンプルは こちら をご参照ください。
  
    お気軽にお問い合わせくださいね

     rosinu-rose@tbt.t-com.ne.jp

 占い師 北白龍
  インスタグラムこちら
  アメブロこちら
  ツイッターこちら

 



 

テーマ : 映画館で観た映画 - ジャンル : 映画