月曜日の朝から地震とは。。

 先日撮ったバラの写真↓
  180618rose.jpg

 東京都下小平は今日も肌寒いです。
 
 今朝、大阪で震度6弱の地震がありましたが、関西の方々は怖い思いをなさったのでしょうか。
 昨日は群馬で震度5弱、おとといは千葉で震度4(千葉県の太平洋沖の地下ではプレートが「スロースリップ」なるものをしているとか)と関東で地震が続いていたので、こちらに来るかなあと思っていた部分もあったのですが、今回は大阪なので驚きました。
 被害に遭われた方もいらっしゃるし、火事も発生したようで(延焼しないでほしい)、お見舞い申し上げます。
 今のところ、そこまで被害が拡大していないようですし、電車の運行も再開されたとのことでよかったなと思います(通勤時間だから大変だったようですね。電車から降りて線路を歩くこともあったようですが、そういうときパンプスだと歩きにくそうですよね。。)。
 道路に亀裂が入ったり、水道管が破裂したりもあるのかな、、、復旧にどれくらいかかるのか。
 今、「北 白龍」で名刺を作ろうかなあと思っていて、ネットで大阪にある印刷屋さんの通販で好きなデザインを見つけたので頼もうと思っていたんです。
 さきほど、そちらのサイトを見たら配達に時間がかかるかもとありました。
 そういうことは他の業種でも出てきそうですよね。
 人的被害が少なくても、やはり大変な面がありますよね。
 でも、とりあえずは大きな被害がなくてよかった、、、でも、余震もあるかもしれないから、気を抜けないですよね。
 関東だって、またいつ地震があるか分からないし。

 最近「世の中いろいろあって大変だ」というような気持ちになってしまいがちでしたので、ちょっとショックを感じました。

 でも、今朝放送された青山繁晴さんのニュース解説をYouTubeの「虎ノ門ニュース」で見て、先週の米朝首脳会談についての見解を聞いて、青山さんの大きな声に触れて、元気になれました(声が大きいっていいことだ(笑))。
 前にもこの番組のリンクを置きましたが、すごくためになることが聞けるので、興味がある方は視聴するとよいかもです( こちら )。
 今回とくに「そういうことか!」と思ったのは、01:53:07から聞ける「中国が米に報復措置決定 5兆円超」のニュースの部分で、米朝首脳会談が終わった途端にまたアメリカと中国がバタバタしているのはなぜかしらと思っていた疑問が解けました。
 トランプさん、今までにいなかったタイプの大統領ということで、すごいですね。

 実はわたし、この前見たトランプさんがプロレスする動画があまりにおもしろかったので、30年前に出版されたトランプさんの自伝を、中古で買ってしまったんです(笑)。
 だって原著のタイトルがいいんですよ。
 「The Art of The Deal」
  
 原著のタイトルは日本語にすれば「取引の芸術」。
 「取引」を「芸術」と考えるという発想に驚いてしまって、読みたくなったんです。
 これがけっこうおもしろくて。。。やはりおもしろくて。。(笑)
 規格外の人の内面が少しでも伝わってこないかなと思って読んでいます。
 トランプさんのホロスコープも考えながら(笑)。
 双子座生まれのビジネスマン。情報戦に強いから、今の時代にはぴったりなのかな。
 この本の出版後、トランプさんは離婚をされたり破産をされたりといろいろあったようなので、「話半分」という気持ちも持ちつつ読んでいます。

 ***

 青山繁晴さんのお話を聞いていて、自分は自分にできることをするしかないんだな、と思いました。
 なので、今日の星回りについて少し書きます。

 地震発生時間の7:58の大阪でホロスコープを作ってみました。

 勉強不足なので、地震を示す要素となる星の配置がどういうものかわたしは知りません。
 でも今日は火星とアセンダントがほぼ対角線になるから、それは「突然の災害」っぽいイメージかなと思います。アセンダントを大阪と考えればなおさらです。
 でも、他の大きな震災があった日に同じ形ができているわけではないので、「これができたら地震がある」と言い切れないように思うのです。

 ネットで調べた限りだと、海外などでたくさん地震の日付でホロスコープを作って研究されたものもあるようですが、決定打になるようなものはないのではないかなと思います(その星回りができても地震が来ないことも多々あるので)。
 
 今の段階では科学的にも地震の予知はできないと、ほぼ結論されていると聞いたことがあります。
 占星術がそういう分野で役立てばよいけれど、「予知」となると難しいのではないかなと思います。あとからホロスコープを作って「こうだった」とは言えるのかなと思うけれど。。
 わたしそのものに、占星術と天災を絡めて読んでいくというセンスもないかもしれません(そんな気もする)。

 ということで、あまり役に立たないことを書いてしまいましたが、無力感も感じつつ、最近地震が多い日本列島に対して、なるべくおとなしくしてもらいたいと思ったりしています。
 非常食などについてもうちょっと見直そう。。。。それが実際的だね。。。
 

  ☆占いのセッションとメール鑑定のお知らせ☆

   対面セッションはタロットと西洋占星術を使います。
    場所は新宿の喫茶店です。
    30分/2000円です 
    詳しくは こちら をご参照下さい。

   メール鑑定のメニュー
    ・西洋占星術の個人の総合鑑定(出生時間あり / 2500円)
    ・西洋占星術の相性占い(出生時間なくても可 / 1500円)
    ・タロットで観る現在の全体運(The Path / 9枚引き / 2000円)
    詳しい内容、サンプルは こちら をご参照ください。
  
    お気軽にお問い合わせくださいね

     rosinu-rose@tbt.t-com.ne.jp







 
 
 
 
 
スポンサーサイト

ダラダラなくせに大きなテーマのブログ

 上野動物園のサイトからいただきました↓
180812xiangxiang.jpg
 シャンシャン、今日が一歳のお誕生日なんですよね。おめでとう! この1年、とてもなごませてもらったよ! ありがとう!!
 そういえば去年、わたしの頭のハゲ具合と産毛が頼りなかったシャンシャンで、どっちが毛が伸びるのか速いか競争を勝手にしましたが(笑)、どちらも順調に毛が伸びましたね。
 わたしはすっかりショートカットが気に入りましたが、トップの部分を切らないで伸ばしていたら、今頃肩上のおかっぱ頭ができるくらいにはなっていると思います。 
 あっという間さー。

 今日は晴れて暑くなるという予報でしたが、曇っていてそこまで気温が上がっていません。拍子抜け。
 おととい自分でタロットをしてから、身体が妙に脱力していて(ズバリと切り込まれたのさ。でもそれで納得できたことがある)、家でダラダラしています。夫も今日は休みですが昼寝中。でも明日は、夫が早退できたら(変則スケジュールの調整ができるかもしれない)、またライオンズの試合を観に行くかもしれません♪
 今日は夕飯も冷蔵庫にあるもので済ませられそう、、わたしは一歩も外に出ないかも(笑)。

 ***

 本日シンガポールで開催された米朝首脳会談はとりあえず成功なのですかね。今、Yahoo!ニュースを見たらこれから署名をするとか。
 北の金委員長、ああいう声をしていたんだ、と、、、これは新鮮な感じがどうしてもしてしまいますよね。目の前にいたらちょっとフィーバーしてしまいそうですよね(笑)。こう、御簾の奥にいた人が出てきたって感じで。。。
 お父さんも成し遂げなかったことをしようとするのだから、彼も大変かもしれませんね。
 北朝鮮の問題もあるけれど、G7がけっこう大変だったみたいで、これからもいろいろな問題があるのだなあと思ってしまいました。貿易の面で「保護主義」になっていきそうなんですよね。
 天王星が牡牛座の時代がこれから始まって、山羊座の土星と冥王星とは調和するし、土の星座なので、世界はどうにか「新しい形」を作ろうとするのではないかなと思うのですが、、、ちなみに、天王星は2026年まで牡牛座にいます。冥王星は2024年まで山羊座にいます。
 どうなるのか。

 ***

 ゆうべ、録画しておいたハリウッドのSF映画「エリジウム」を観たんです。
 設定などおもしろかったけれど、途中から子供だましみたいになってしまった(無理矢理な肉弾戦が。。)。。
 2150年代で、地球は環境が悪化していて、超富裕層は宇宙空間に「エリジウム」という人口都市を造ってそこで「平和」に暮らしていて、地上に残された人々はひどい暮らしをしている、という設定でした。AIロボットが地上の人間を管理していたり(それに向かって冗談を言っただけで逮捕される)、脳に直接電極をつけてデータの転送ができたり。このあたりの設定は、なかなか未来的に現実味がありそうで怖かった。
 その超支配・格差社会の大元に、マット・デイモン演じる主人公が乗り込むのですが。。

 個人的にグッときたのが、SF映画の傑作「コンタクト」で「善」の側にいたジョディ・フォスターとウィリアム・フィクナーが冷酷な「支配層」になっていたこと。ジョディ・フォスターはあの女傑を、きっと楽しみながら演じただろうなと思えてにんまりしてしまった。「コンタクト」の「エリー」とは真反対なキャラっぽくて。エリーも女傑だけど。
 「ディストピアムービー」で、名作とまでは言えないけれど、途中まではおもしろいかな。SF好きとしては、観てよかったと思えたので書いておきますね。

 ***

 SFといえば、ちょっとSF作品のテーマにもなりうる問題について、おもしろい記事をネットに見つけたので、そのリンクも置いておきます。
 「今の人類が大寒冷期とニアミスしていたことを知ってましたか? そして次の寒冷期の到来は?」というものです → こちら 
 この記事によると、現在の地球は、太陽に対する公転軌道などの条件を考えると「氷期」に入っていてもおかしくないそうなのですが、今大気に二酸化炭素が増えて温暖化しているため、それから免れている可能性があるということ。
 人間の活動がそのような影響をもたらしたと考えられるそうです。
 
 この記事にはとくに記述はなかったけれど、太陽の活動が弱まっているという話もここ数年で聞こえてきていますよね。(以前観てブログで紹介した映画で、寒冷化した太陽に核弾頭をぶっ込むというSF「サンシャイン2057」がありましたが、あれはけっこう名作なのかもと、昨日の「エリジウム」を観て思いました。緊張感が最後まで続いたから)
 寒冷期になると作物は育たないし、動植物の大量絶滅とか起こりますよね。。
 わたしが高校生の頃から、温暖化は言われていて怖いなあと思っていたのですが、こんなことになるんですねえ。。。なにが奏功するか分かりませんねえ。。。
 でもやはり、二酸化炭素が多すぎるのはマズいのだろうから、、それを解決させるような科学技術を発達させたり、森を再生させたりして、大気のバランスを取るべきなんだろうなと思ったり。。

 と、ちょっと今日は地球とか環境とか未来とか、大きなテーマが気になる日でした。
 ダラダラしてるくせに(笑)。


  ☆占いのセッションとメール鑑定のお知らせ☆

   対面セッションはタロットと西洋占星術を使います。
    場所は新宿の喫茶店です。
    30分/2000円です 
    詳しくは こちら をご参照下さい。

   メール鑑定のメニュー
    ・西洋占星術の個人の総合鑑定(出生時間あり / 2500円)
    ・西洋占星術の相性占い(出生時間なくても可 / 1500円)
    ・タロットで観る現在の全体運(The Path / 9枚引き / 2000円)
    詳しい内容、サンプルは こちら をご参照ください。
  
    お気軽にお問い合わせくださいね

     rosinu-rose@tbt.t-com.ne.jp







 

 

 

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

新聞に載っていたおもしろい広告と策略のこと

 今朝の朝刊に出ていたおもしろい広告(笑)↓
  180526kincho.jpg
 KINCHOの「コックローチ ゴキブリがうごかなくなるスプレー」の広告ですが、秀逸で(笑)。
 紙面に書いてあるコピーをうつしますね。

  「読者の役割とはー」(←広告の左上に小さく書いてある)
 
   買うまでが、広告です。
  企業が広告を出す。たとえばこの新聞広告。あなたは読者として見ています。それだけでは何も生まれません。
  へぇと思ったら、お店で買ってみる。そうしてはじめて、広告は広告としての使命を全うするわけです。
  経済の敵は、その無関心。わかりますよね、企業からの単なる一方通行メッセイージの虚しさたるや。
  さあ、考えてもみてください読者の役割。
  金鳥は、ゴキブリのイラストさえ不快だというお客様の声にお応えして、外装フィルムをはがせる「脱皮缶」を開発しました。
  いわば、パッケージのゴキブリをも退治したと言えましょう。
  さて、懸命な読売新聞の読者のみなさまなら、おわかりでしょう。
  自らがみな発信源となれるいま、さらに成熟した読者の役割とは何かーー。
  拡散するまでが、広告です。
  ※今回に限り、買ったように見えるサービスをご用意しました。キリトリ線に沿ってハサミでていねいに切り、スマホなどでいい角度からうまく撮影すると買ったように見えます。

 笑笑笑。

 これ、「拡散するまでが、広告です」のところまで読んで声だして笑って手を叩いて、最後の赤い字の「買ったように見えるサービス」でまた大笑いして拍手しました。ブラボー!!!
 よくこんな広告打ったなあ!
 「脱皮缶」てのも笑えるなあ!(そもそもそこですごいがんばってますよね、、アイデアとか命名とか) 
 買ってみるかー!(笑)
 まずその前に拡散してみるかー!(笑 「いい角度からうまく撮影する」もウケたー!)

 わたくしの地元小平にはチョコレート菓子「ブラックサンダー」で有名な有楽製菓があるのですが、ブラックサンダーの「一目で義理とわかるチョコ」のコピーに通じるものを感じてしまった(笑 今年のバレンタインデーのGODIVAとの広告合戦もおもしろかったですよね! 地元民ということもあるけど、あれはブラックサンダーの勝ちだと思う!)。

 なんかこういう楽しい広告がもっと増えればいいのになあと思ってしまいます。
 今って世間がマナーにうるさくてすぐに「炎上」とかするから(日大の話題にほとほと呆れる。。)、表現にはものすごく気を使わなくてはいけないし、それが過ぎると慇懃無礼になるし、でもトラブルを避けるためには丁寧にしなくちゃだし、みたいなのってありますよね。
 わたしも最近はブログを書くとき、そういうことを気にしてしまって、以前のようにアホ丸出しで文章を書けないかなと思ってしまうことも多いし(無理しちゃってと思われるだろうけど、、、炎上とか見ていると怖いなと思うし。そして以前がひどすぎたし)。
 でも、そうやって気を使うばかりだと息苦しくなって余裕がなくなりますよね。。そしてギスギスしてしまうんですよね。。(実は金沢から帰宅後、疲れから夫に八つ当たりしてしまっていて、いろいろと台無しにしてしまっていて。建て直しをしていかねば。。。)
 金鳥すごいなあ。こんな風に上手に笑いを取れるなんて、このコピーライターさんすごいなあ。

 ***

 今日は土曜日なので朝刊も全般的に気合いが入っていて(読売新聞は土曜日にまとめて分かりやすくそのときの世界情勢などを解説することが多い)、米朝首脳会談のことについて細かく解説など出ていて読みごたえたっぷりでした。
 トランプさんの書簡すげー。こえー。アメとムチがたくみに混ざり合っているー(全文が載っていた)。
 「取引」が好きなビジネスマンかー。
 戦略、計略、策略、謀略。
 世知に長けているということは、それを巧みに使いこなすということ。
 
 最近同年代の友人と「わたしたちの世代はそういう計略とか計算とかをすることをあまり教えてもらえなかった」ということをよく話すのですが(わたしの育った都下多摩地区では左翼的な平和教育がすごかったから、真逆ですよね)、大人になって今さら世の中にはそのような謀略がたくさんあると分かって圧倒されるよね、という感じになります。
 この米朝首脳会談にまつわるエトセトラを見ていると、すげーなーと震え上がってしまいます。
 
 人生の本当に大事な部分は、計略、謀略だけでどうにかできるものでもないのではないか、という抵抗感も抱きつつ。
 最後にはやはり、素直さや人間としての誠意がものをいうんじゃないかと思うのですが、こういう考えは甘いのでしょうか。あるいは、正直さとか。
 でも、頭のいい人は準備段階で謀略策略を尽くすんだろうなあ!
 すげーすげー。

 ああ、金鳥のおもしろい広告も、一種の「策略」かあ。。そもそも広告って策略ですもんねえ。。。
 そうだよねえ。。。。
 (去年の大河ドラマの直虎みたいな気持ちになっている)

 *おまけ*
 先日撮ったあじさい↓
  180526ajisai.jpg


 ☆タロット占いのセッションをいたします☆
   対面セッションで、場所は新宿の喫茶店です。
   30分/2000円です 
   詳しくは こちら をご参照下さい。

    kitaminori@tbt.t-com.ne.jp










 
 

 

 
 

新聞で見たこと

 先週撮ったバラ↓
  180515rose.jpg

 先日読売新聞に、乳ガンの新しい画像診断の技術が開発されて実用化されそうだというニュースが出ていました( こちら )。
 微弱電波を使うものでマンモグラフィーよりも痛くなくて、判別しやすいのだそうです。
 神戸大学で開発されているとか。
 ネットの掲示板などを見ていると、マンモグラフィーが痛そうで乳ガン検診が怖いという意見もときどき見るので、この技術が実用化されて普及するとよいですね。
 やはりガンになってから、新聞に載るガンに関する記事に敏感になりました。
 けっこうしょっちゅう記事が出ていますよね。新しい検査や薬などのことで。
 今は乳ガンだけじゃなくてガンが増えているようなので、よい治療法など出てきてほしいなあと思いますし、予防のために日常でできることなどの研究も進むとよいなあと思っています。
 やはりストレスを溜めないことが一番なのかな。。でも多少のストレスがないとだらけてしまうし。。。

 ***

 話が変わりますが、今日の新聞では、アメリカがイスラエル大使館をエルサレムに移したことで衝突が起こったという記事が一面に出ていました。
 わたしが驚いたのは、トランプ大統領が去年の12月に大使館の移転を発表して、昨日それを実行したということです。
 しつこいのですが、やはり「カーディナル・クライマックスのピーク」と重なるなあと思ってしまうんですね。
 つい北朝鮮のことばかり気になっていましたが、中東でも同時期に大きな話が進んでいたのだなあと思い、すごいなあと思ってしまいました。
 本気なんだなって思うっていうか。。。

 わたしが子供の頃は「ノストラダムスの大予言」というのが流行って、1999年に世界が終わるのかもしれないと思って恐怖を覚えました。
 その頃に、大きな破壊的な戦争が起こるとか、全世界にどうしようもできないほどの災害が起こるとか、宇宙人が攻めてくるとかあるのかなあと子供心に思ったりもしていました。
 でも実際はそういうことではなくて、徐々に徐々に、いろいろな要素が複雑に絡まりながら(政治経済科学技術など全部が絡まりながら)、人々の意識と暮らしがゆっくりと変わっていくものなのだなあと、今になって思います。
 
 「時代の変化の訪れ」を分かりやすく(破壊的に?)バーンってされるのと、こういう時間をかけてじわじわするの、どっちがよいのでしょう?
 じわじわのほうが、きっと「高度」なんですよね。。。
 じわじわの中で、それぞれが自分の意志(自由意志)で工夫ができる余地がまだあるとわたしは思うし、その工夫をしていきたいと思うんです。

 
 ☆タロット占いのセッションをいたします☆
   対面セッションで、場所は新宿の喫茶店です。
   30分/2000円です 
   詳しくは こちら をご参照下さい。

    kitaminori@tbt.t-com.ne.jp










 

 
 

テーマ : 政治・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

また金曜日だー

 これは先ほどの空↓
180323sora1.jpg
 晴れていて気温も上がってきています。

 これは昨日の空↓
180323sora2.jpg
 まだちょっと寒かった。

 これは先週かどこかのいつかの空↓
180323sora3.jpg
 暖かかったのかもしれない。

 先ほど、ネットで世界の株価を見て驚きました。
 日経平均、4パーセント以上落ちている。。円高も105円超えてしまった。。
 金曜日に政治的・経済的な大きなニュースが出て、株価が下がるパターンって多いですよね。。で、土日で少し調整されて、月曜日には多少戻ってその後も少しずつ上がるというのがよく見かけるものですが、今週の土日はけっこう星回りがキツいんですよね。。どうなることか。。。

 今回はトランプさんが、輸入関税の制限を日本にも適用させると決めたとか。しかも安倍首相を名指しで「あいつらはほくそ笑んでいるけど、もうそうは問屋が下ろさない」と言ったとか。
 ひゃー。。
 掲示板でざざっといろいろな意見を読んでみたけれど、FTAとかTPPとかそういうことの動きとの絡みもあるようだし、トランプさんはそもそもアメリカがした「エルサレム決議」に日本が理解を示さなかったことを逆恨みしているのではとかあって、とにかく安倍さんというか日本が信用されていないのだなということが分かりました。
 そうか。。。。
 まあ、仕方ない部分はあるのかな。。

 安倍さんとトランプさんのホロスコープは、共に蟹座に星が多いので、気が合うのではないかなと思っていたのですが、蟹座は防衛意識が強いので、いったん相手に不信感を抱くと、なかなか修復しにくい部分はあるのかもしれません。
 太陽の星座だけで見ると、安倍さんは乙女座、トランプさんは双子座で、柔軟星座同士で反発する部分はあるんだよねえ。。双子座のトランプさんはビジネスとして情報に対処していろいろと割り切ることはできそうで、安倍さんは危機に対応しようとする能力は高いと思うのですが、気を回し過ぎて裏目に出た感じですかね。。。
 でも、国のトップが自国のことを考えて守ろうとするのは当然で、、、アメリカと日本は主権の違う別の国だから(一応は)、本気で守ろうとしたら対立するのは仕方ないですよね、、埋められない溝ってありますよね。。
 安倍さんもトランプさんも、国を守ろうとする気持ちは本当にあるのだと思います。
 かち合っちゃった。。。。。
 安倍さんは今いろいろ問題が出ていて、でも外交ではやり手だと思われていましたよね。
 ちょっと旗色が悪くなってしまうかなあ。。わたしは政治家としての安倍さんは信用できると思っていたけれど、、他の国のことよりも、日本のことを考えているのかなと思えたので。。。

 今日の新聞では、自民党が憲法九条での自衛隊についての扱いを決めたとありましたし、やはりこれからの時代に大きな影響を与えるであろうニュースが出てきているようです。
 カーディナルクライマックスのピークだなあという感じです。

 星回りがすごいときにすごいニュースがあると、つい気持ちが昂ってしまいます。
 思わずブログを更新してしまいました。

 ニュースを追うのはこれくらいにして、これからまたかかりつけ医のところに行かなくては!


☆タロット占いのセッションをいたします☆
   対面セッションで、場所は新宿の喫茶店です。
   30分/2000円です 
   詳しくは こちら をご参照下さい。

    kitaminori@tbt.t-com.ne.jp








 
 
 
 

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

「いいこと」を聞いた気がする。(追記でプリンス哀悼)

 うぉっしゃーーーー!↓
160422rockyflag.jpg
 (微グロ写真かもしれず、すみません。。。もちろん、拾いものです。。)

 昨日、青山繁晴さんの動画にハマったのですが、まだ気になっていてYouTubeを見ていたら、昨日のラジオ放送のものを見つけました。
 ニッポン放送の「ザ・ボイス そこまで言うか!」というものらしいのですが、ゲストが、内閣官房参与で経済学者・本田悦朗さんという方で、青山繁晴さんと対談なさっています。
 本田さんは、いわゆる、現在の「政府の中枢」におられる方です。
 
 内容はやはり、ニュースについて語るものなので、昨日貼った動画と重なる部分もあるので、そのまま貼付けるのはやめます。
 動画のリンクは こちら です。

 そこでお話されていたことなんですけど、、、すごくいいことを聞いたような気がするんです。

 もう、何年も、何十年も聞かされていた話はなんだったんだ、ということですが。

 日本の借金は1000兆円くらいと言いますが、本当は、100兆円くらいしかないんだそうですよ!

 政府の持つ金融資産や、日銀が国債を買い入れていることなどを入れると、そうなるんだそうで、日本の財政は実はピカピカなんだそうです。
 動画では、44分くらいからその言葉を聞けます。
 
 いやあ、知らなかったよ!
 ていうか、これって、「いいこと」だと思うんですけど、違うのかしら。。。。

 思えば高校の現代社会の授業で、「国の借金が200兆円くらいあって、大変なことになっている。未来にそれが残ってしまう」と聞いて、暗澹たる気持ちになったのですが、、それから、ずっとそのことが頭の中にあって、わたしの将来は大変なんだと思っていましたが(そして、世の中どうなっちゃうのと気にすることになり、星を追い、みたいな。。。(笑))、、、そりゃ今でも個人的な将来は大変なのかもしれませんが。。。
 でも、ちょっと、思っていたのと違うのかも? 

 「国の借金が大変だ」ということを国民の頭に刷り込ませて、なにをしたかったんだろう。
 それを刷り込ませたかったのは、日本をあまり好きじゃない人たちなんだろうなと思うけれど。。。
 それか、日本人からなにかを巻き上げたい人たちなんだろうけれど。。。
 まず、気力を奪われるよね。。。そういう話ばかり聞くと。。。
 でも、そういうものに耐えて、多くの日本人は節約しながらコツコツやってきているんではないかなと思うと、涙ぐましいですね。

 こんなことを「政府の中枢の人」が、電波に乗せて言ってしまってもいいのだろうかって気もしますが、たぶん、普通のテレビなどでは言われないことだろうから、このブログにもこの話を載せておきます。
 こういう情報が、当たり前になったら、世の中の雰囲気も少しは変わりそうなのに。
 そう思います。

 
 *追記*
 寝ようと思ってたのですが、ヤフーニュースでアメリカ人ロッカーのプリンスが急死したと知りました。
 ショックです。。
 この方が、一時期、自分の名前をマークにして活動していたときのアルバムを持っています。名盤だと思います。
   
 このアルバムの歌を聴いていると、彼が、80年代に売れ過ぎて、金持ちになり過ぎて、どこかでバランスを崩したんだろうなと思えるものがありました。
 そして、人が創ったことのないような曲を創りたいと思っているというのも、伝わってきていました。
 (このアルバムの「ニュー・パワー・ジェネレーション」というコンセプトに、95年頃の自分はめちゃくちゃ共鳴していました。自分も、ニュー・パワー・ジェネレーションなのだ、と。まったく、かわいいよねえ。。。)

 この曲はパワーがすごくてかっこよくて(暴力的だけど)、ニュースに触れてまずこの曲を思い出してしまった。
 Prince Endorphine Machine

 この曲は日本では格闘技のテーマソングとして有名ですね。ロッキーの写真載せたからちょうどいいかな。 
 Rest in peace, Prince!
 

 

 

 

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

心動かすニュース

 武蔵野茶房の抹茶白玉ぜんざい↓
  160412zennzai.jpg
 昨日、久しぶりに国分寺に買い物に出て食べてしまった。おいしかった!

 昨日、広島で開かれたG7外相会議で、アメリカのケリー国務長官をはじめ、各国の外相たちが広島の原爆資料館を訪れ、献花し、予定変更で急遽原爆ドームの前まで歩いて見にいったというニュースに感動しています。
 このことに関する新聞の記事を、隅々まで読んでしまいました。

 子供たちと外相たちとの拾いもの写真↓
160412hirosima.jpg

 なんだか最近の世界のニュースは、気持ちが塞いでしまうものばかりなので、、気持ちが塞ぐというのは、未来がどうなってしまうのかなあという、心配を呼び起こすものってことだと思いますが。。。
 うがった見方をすれば、この広島訪問も、そういう世界の「市民」に対する「パフォーマンス」の一つに過ぎないのかもしれないけれど、でも、ケリーさんの言葉を読むと、それだけじゃない、一人の人間として、気持ちが動かされた部分があるのではないかと、そう思いたくなります。
 
 以下、ケリーさんの原爆資料館の芳名帳に書かれた言葉をニュースサイトから転載。
 (転載元 → こちら )

 ======================

 芳名帳には、ケリー長官の署名とともに、「世界中の人々がこの資料館を見て、その力を感じるべきだ。ありのままで、厳しく、そして人を引き付ける展示は、私たちに核兵器の脅威を終わらせる義務があるだけでなく、戦争そのものを避けるために全力を挙げなければならないことを思い起こさせる」と記されています。
さらに、「戦争は最後の手段であり、決して最初の選択肢であってはならない。この資料館は、世界中の人々が切望する平和な未来を築くため、そしてこの世界を変えるため、もっと努力するよう訴えかけている」と記され、平和な世界の実現に向けた決意を強調しています。

 ======================

 わたしも2年前ですか、初めて広島の平和記念公園に行って、すごく心を動かされました。
 それまでは、広島を見るのは少し怖かったのですが、行くとそこは、静かで祈りに満ちた場所でした。
 原爆資料館では、涙を流す白人の女の子も見て、わたしも泣いてしまいました。

 よく、「広島には行ったほうがいい」と人が言うのを聞いていましたが、自分も行ってみて、「行ったほうがいい」と思うようになりました。
 G7の外相も同じように思うのですから、広島の力って、本当にすごいですよね。

 ***

 これは私見ですが、なんらかの理由で大きく破壊されたことがある街は、どこかおおらかで、優しい波動があるような気がします。人間の弱さも包み込む街のように思えます。「清濁併せ呑む」ってやつでしょうか。
 東京も、実はそうだと思います(くだけ過ぎている気もするけど)。
 悪口を言いたいわけではないですが、事実としてそういう経験のない金沢という街は、ちょっとそういうのとは違うんだよねえ。。。(汗)
 もちろん、ずっと保たれていることから来る迫力はあると思いますが。。。矜持って大事だし、見習うべきところはもちろんすごくたくさんあるし、受け入れるけれど。。ぐずぐず過ぎてもいけないわけだから。。。(と、ごにょごにょする)

 少し滞在しただけでしたが、広島も好きだなと思う場所です。



 
 
 

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

ちょっと音楽でふざけたけれど、やっぱり大変なんじゃないかと。

 おととい食べたエスカルゴ↓
  160407escargot.jpg
 母がくれたものなのですが、おいしかった♪ 
 近所のスーパーで買った安い白ワイン(チリのもの)と、隣町の手作りパン屋さんで買ったバゲッドと一緒に(殻から溢れたパセリバターをちぎったバゲッドで回収!)。
 それで充分、大満足なディナーとなりました。家飲み最高ですね。
 このエスカルゴは冷凍で届くようです。今度まとめ買いしようかな。。
  

 今週は株価なども気になってネットでニュースを見ていますが、今、世界では「パナマ文書」というものが大きな話題になっているそうですね。
 日本では、おとといあたりからネットでよく見るようになって、昨日から大きく騒がれはじめましたが、海外では4日頃から大騒ぎになっていたそうです。
 アイスランドの首相はこの問題で辞任したとか。
 よく分からないのですが、大金持ちや大企業が「タックスヘイブン」のパナマで自国に収めるべき税金を逃れさせているとかなんとか。。。日本の企業の名前も出てきているようです。電通とか。
 「史上最大のリーク」とも言われているそうです。
 
 これも星回りのせいかしら、と思わなくもないですが、、太陽が牡羊座に入って、占星術的な「新しい年」が始まって、途端にこんな話も出てきて、「今年」も、やはり大変な年なんだなあと思う次第であります。
 でも、これはいいことですよね。うすうすそういうことなんだろうなあと思っていたことが、明るみに出てきているのですから。
 地球外文明に関する情報隠蔽もそうですが、そういう話が少しずつ表に出てきていて、それは、社会に多少は混乱も生むものかもしれないけれど、基本的によいことなのではないかと思うのです。
 でも、日本では無視されて終わりなのかな、この話題。。。
 悔しいから、これを貼ったる! ヴァン・ヘイレン 「パナマ」

 このサムネイルのバカバカしさ。。。(笑)
 ちくしょう! パナマ!

 加えて、最近の世界のニュースを見ていて思い出した曲も貼ってしまいます。
 ヨーロッパ 「ファイナル・カウントダウン」

 ああ、やり過ぎているでしょうか、、すみません(汗)。
 この曲は、実は去年、ギリシャが騒がれているときにも、ブログに載せたいなあと思っていました(笑)。
 さすがにもうちょっと我慢できなくなってしまった。。いけないいけない。。。。。
 でも、改めて聴いてみるとこの曲、まじめに作られているように思うし、いいですよ。ヴォーカルもうまいですよね。後半のギターソロの「シレ♯ファ シレ♯ファ シレ♯ファ シレ♯ファ シレ♯ファ……♪」のところ、兄が練習していたなあ。。。

 今、実際にヨーロッパ、難民などもあって大変ですよね。。。
 世界のどこを見ても、「待ったなし」の状況なのではと思えるんですが、どうなるんだろう。30年前に「ファイナル・カウントダウン」って言っているのになあ。。。。

 などと言いつつ、わたしは今夜、夜行バスで奈良に行って、明日、春日大社にお礼参りと、興福寺の法要の見学(と言ってもいいのかよく分からないのですが)に行ってこようと思います!
 明日は雨が降らないようなので、楽しみです。


 *おまけ*
 昨日の空↓
160407sora.jpg


 
 
 
 
 
 
 
 
 

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

国勢調査のインターネット回答

 昨日は久しぶりに実家で母と二人で食事をしました。
 実家は新築されて2年近く、家屋そのものへの愛着などはわたしにはまだないのですが、家の匂いは母と兄のもので、それに身体が反応するかなあと思います。
 匂いといえば、最近外を歩いていると空気の中にうっすらよい香りがしてきたので、、キンモクセイのつぼみが膨らんできているのかもしれませんね。もうすぐその季節ですよね。
 秋かなあ。

 今週は金沢に行くのでそろそろ準備も考えなくてはいけませんが(期間は1週間くらいと言われていますが、行ってみないと分からない部分もあります)、まずなんとなく家の中が荒れた感じになってしまっていたので掃除などしています。

 ***
 
 先日国税調査の調査員が来て、調査票を置いていったのですが、今回からインターネット回答ができるようになったそうなので、そちらで回答することにしました。
 期日が20日までなので、さきほど回答を済ませました。ちょっとスッキリ。
 紙のときよりやはりこちらのほうが全然楽ですね。スマホからでもできるそうです。

 回答していると「結婚してからずっと同じ住所で、子供もいないし代わり映えしないなあ。。」と思います(汗)。
 年齢だけが変わっている!(笑)

 しかしこの調査、夫の仕事先のことなども書くし、けっこう踏み込んでいますよね。
 これ、書きたくないと思う人もいるんだろうなと思ってしまいます。 
 
 2005年の調査のとき、母が調査員を引き受けて、わたしと母で地元のある一角をまわったことがあるんです。
 そのときは、訪問は二人一組でやらないといけないと指導されていて、父がもう病気を発症していたから(重度の認知症になるピック病でした)、わたしと母で組になったのですけど。 
 二人一組にならなくてはいけないのは、個人宅を訪問して、変なことに巻き込まれないためなのだと思います。
 母の知り合いでやはり調査員をされた女性は(たぶん40代の方)、、一緒にまわる人の都合がつかなくて、一人で訪ねたお宅のおじさんに「下半身」を見せられたそうです(恐&怒!)。。

 調査票を配るときにはそこまで大変じゃないのですが、回収が難しい、母とやったときにそれを思いました。
 配っても回収できなかったお宅がいくつかあったし、回収にうかがったお宅の一つで、中から錯乱状態の人が外に出てきたことがありました。中年の男性でしたが(玄関で対応されたのは別の方なので、事なきを得ました)。
 たぶん、調査の質問内容によってなにかが刺激されたのかなと思いますが。。仕事のことや家族のことを、否応無しに聞いてきますから。。
 そのとき、わたしもウツ状態だったので、そういう人の反応は怖かったし、中にはそうなる人もいるのは分かるなとも思いました。
 何度も訪ねるお宅もあったり、スムースに回答用紙を回収できたほうが少なかった印象でした。
 「今ってそういう時代なんだな」と思った記憶があります。

 今回、うちに来た調査員さんは女性一人でしたが、危ない思いをされていないといいなと思います。
 インターネット回答をできるようにしたのは、調査員さんへの配慮もあるのかなと思います。

 日本の国力の衰退が言われて久しいですが、今回の国勢調査の結果はどんなものになるのでしょう。
 
 
 *しんみりする話だったのでおまけ*
 最近見つけたGIF動画です。最後がかわいい☆
  94a017c8.gif

 

 
 

これも大きなニュースの一つだ。(探査機冥王星に最接近)/ 追記アリ。

 昨日の夕空:1↓
150714sora1.jpg
 前のiPhoneよりやはりきれいに写りますね。いつも撮っていた空の写真なので、違いが分かりやすいです。

 少し時間が経つと↓
150714sora2
 お見事としか言いようのない空。
 富士山があるの分かりますか? 

 アップにしてみると↓
  150714sora3.jpg
 一番いい場所に、でかい木があるんですよ!!! そのうち枝のほうが高くなって見えなくなるだろうと思うと。。。orz

 ***

 今日、日本時間の午後8時50分頃にNASAが打ち上げた探査機「ニューホライズンズ」が冥王星に最接近するので話題になっていますね。
 このニュースは自分の好きな分野だから元気になります(「息切れ」がどこかに行ったもよう)。
 探査機から送られてきた写真↓
   150714pluto.jpg
 (こちらはWikipediaからダウンロードしました)
 
 冥王星にもクレーターがあるんですね! 
 予想よりも大きな天体だったとか!
 これから冥王星の真の姿がどんどん明かされていくようですし、その後ニューホライズンズはさらに外側の小天体のほうに飛び出していくようです。
 しかし、冥王星の位置から地球にデータがきちんと送られてくるってすごいですよね。。。☆
 
 2006年にこの探査機が打ち上げられましたが、同時期、冥王星が惑星から「準惑星」に格下げされるというニュースもありました。
 同じ年ってのがおもしろいなと思いますが、当時この「冥王星惑星からの降格」の話題は占星術界でも大きく取り上げられました。惑星ではなくなるのなら、占星術上の存在としてはどう考えるのか? と議論されたのです。
 占星術業界では「もはや冥王星の影響を考慮しない占星術は考えられない」という意見が多く、そのまま冥王星を使った星読みを続ける人が多かったと思います。もちろんわたしもそうですし、天文暦でもきちんと冥王星の欄が残されています。 
 わたし個人のホロスコープでもけっこう冥王星の影響は強いものがあり(火星と180度、海王星と60度の三角形がある)、冥王星を無視することはできません。
 
 冥王星は1930年に発見された星で、占星術的には、発見された時代を象徴するものがその星が司る領域を表すことにする、という習わしがあります。土星以降の天体は、そのようにして「星の意味」がつけられていきました(土星までは肉眼でとらえることができたので昔から占星術で使われていた。望遠鏡が発達してから外惑星の発見がされるようになります。天王星は発見が1781年、海王星が1846年、冥王星が1930年です。以降は小惑星や衛星の発見があり、それらにも占星術的な意味がつけられていますが、わたしはそのへんにはうといです)。
 冥王星が発見されたときというのは世界大恐慌の時代で、その後各国は不景気からナショナリズムが台頭し、それが第二次世界大戦につながり、結局は核兵器の使用をもってそれが終結するという結果にいきつきました。
 その後はアメリカを中心とした世界が生まれ、世界の勢力地図が変わったということが言えると思います。
  
 このことから分かるように、冥王星というのはなにかを根底から変えるような力を持っているとされます。
 破壊と再生の星であり、核エネルギーも象徴するとされます。

 今!  
 世界のニュースは混沌とし!
 日本でも安保法案の改革がされようとしていて!(経済のニュースを見ているうちに話がどんどん進んでた。。。今週中に決まるという感じですよね。。。わたしは、、日本はカネだけ出して安全な場所にいるというのは世界的に見ると情けないことだということも分かるし、、でも戦争をしてほしくないし、犠牲が出てほしくないというのも思います。。難しいです。。。でも、ハッキリ言えば、100%の反対の立場ではないのです。。でもこれって「あんたには子供がいないからそんなこと言えるんだ」と、言われてしまうんですよね。。)
 そんなときに地上に今まで知られなかった冥王星の姿のデータが送られてくるとか! 
 全部偶然だろうけど出来過ぎ!!

 加えてしつこいですが、今の時期わたしのホロスコープにも冥王星が大きく影響を出しているので、冥王星が科学的にどう解明されていくのかにとても興味があります。
 占星術的には今冥王星は山羊座14度にいるわけで、、ニューホライズンズもその方向に進んでいるのですよね。。
 がんばれニューホライズンズ! 
 ほんとに、新しい地平を切り開いていくしかないのかもしれないよ、世界は!(と、威勢のいいことを言ってみる)

 ということで、このニュースも、これからの世界にじんわりと影響をもたらすものとなるのではないのかなと思います。

 冥王星の話題をまとめたページを見つけました。たくさんリンクもります → こちら 

 *追記*
 今ネットのニュースを見たら、「イラン核協議が合意に達した」というものがありました( こちら )。
 核エネルギーの意味を持つ冥王星があらわになるこの日に、偶然にしては出来過ぎですけど、、よいニュースですよね、一応。
 
 とりあえず今の時期、世界は世界を、分かりやすくはクラッシュさせないという方向で調整しているように思えますが、どうなんでしょう。
 人間としての意地の見せ所だと思うんだけどな。。。
 わたしはそういうことに賭けたい気がする。
 
 
 ☆タロット占いのモニターを募集しています☆
   対面セッションで、場所は新宿の喫茶店です。
   通常価格30分3000円のところ期間限定で30分1000円(8月末日まで)。
   詳しくは こちら をご参照下さい。
   rosinu-rose@tbt.t-com.ne.jp

 

 
 

 

テーマ : 占星学 - ジャンル : 学問・文化・芸術

「親分登場」でホッとする。

 東京都下、久しぶりに晴れました!↓
150710sora.jpg
 爽快〜〜〜〜!!

 ここのところ気になっていた世界の経済のニュースですが、「世界の経済=株価」ということではないのだと思いますが、ゆうべ、IMFのオリビエ・ブランシャール調査局長という方が、「(中国株式市場の)バブルは崩壊した。現段階では世界経済にとって主要な問題とはならない」と述べたことで、いったん一段落したと見てもいいのではないかなと思いました ( こちら )。
 ブランシャールさんという人は第一級のエコノミストで、政治的な思惑からそのような発言をする方ではないそうです。上のリンク先のニュースページでお写真を見ると、「白人でガチで闘って生きている人」というお顔でとってもすてきです。
 あまりにもすてきなので写真をダウンロードしてしまいました↓
150710blanchar.jpg
 にらまれたらおしっこちびっちゃう! 護符にしたくなるぜ!
 
 これは大きなことだと思いますが、テレビなどではまともに報道されていないようです。日本のマスコミにはチャイナマネーがたくさん入っていると聞きますが、まあ、だからかな、と思います。

 ここ数日、中国のほうがあまりにもおかしなことばかりするので「どうなるんだろう」とやきもきしてきたのですが、これ以上は看過できないという地点できちんとこういう人が出てきて発言されるのか、ということが分かり、わたしはずいぶん安心しました。
 拝金主義でナンデモアリ、やったもん勝ち、という側面も世界にはあるのかもしれないけれど、こういうことで「目に見えない秩序」というものが保たれるのだろうと思います。
 わたしはその秩序こそを尊重したいと思います。

 この先は、秋のIMFの会議で中国の元を国際通貨にすると認められるかどうかがポイントになるのだと思います。
 そのあたりも気にしていようと思います。

 ***

 今週こそは自分なりに踏み込んで占いの記事を書こうと思っていたのですが、ちょっとやはり無理でした(笑)。
 なんかずっとネットのニュースに張り付いていたのですが、このブランジャールさんの発言を聞いたら脱力してしまったような。。(笑)
 
 加えて、昨日貼った「さらば、わが愛 覇王別姫」の動画を見て、また20年くらい前のことや、19歳のときの台湾旅行のことなど思い出して、泣いてしまったり。。(笑)
 なにやってんですかね。。。(笑)

 最近忘れていたいろいろなことを思い出し、そこからいろいろなことに気づいているということが連鎖し、連続しているのですが、とうとう子供時代から続く自分の根底のテーマに行きつきました。
 ああ、そうなるのか、という感じです。
 ほんとに、絶対に溶けないと思っていて当たり前になりすぎていて、固まっている(=問題である)とすら思っていなかった部分が溶けつつある。。。
 そのことに自分で驚いて、感動して、泣いています。もうグダグダです(笑)。
 
 そこの部分から、再び自分を立てて(建てて)いかなくてはいけないな、と思っています。

 お堅い話と訳の分からない話になってしまったので(汗)、脱力系のgif動画を貼りますね。
 頼もしい蟹さん↓
  kani.gif

 まるでコントのよう↓
  nekopunch.gif

 
 ☆タロット占いのモニターを募集しています☆
   対面セッションで、場所は新宿の喫茶店です。
   通常価格30分3000円のところ期間限定で30分1000円(8月末日まで)。
   詳しくは こちら をご参照下さい。
   rosinu-rose@tbt.t-com.ne.jp

 

 
 
 


テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

湯たんぽ復活と経済ニュース

 わりと最近のいつだったかの夜明け間際の西の空↓
150630sora.jpg
 相変わらず不規則な生活リズムです(汗)。

 昨日は鼻水がひどく、なんだか身体もだるくてずいぶん冷えているように思っていたら腹が決壊しました(汚い話ですみません)。
 喉も痛いような気がするので夏風邪ですね。
 夜でも薄着していたのでそれがマズかったようです(こういう時期って温度調整がよく分からなくなります。猛暑続きならば単純なのですが。。)。
 あまりに寒いので、なんと湯たんぽを引っ張りだしてきてしまいました。あったけえ。。。
 レッグウォーマーと毛糸のパンツ(ではないけれどそれに準ずるようなもの)も復活。
 それでも食べたものが外に出ていくよ。。薬は飲んだのですがまだ効いてこないらしい。

 体調はそんな感じですが、株価などのニュースが気になるのでネットはこまめに見てしまいます。
 明日以降も下がっていくのならけっこうマズいんですかね。。ここ数年は、ちょっと下げるとまたすぐ戻るという感じで、全体はじわじわと上がるという感じでしたよね。。
 わたし、投資もしていないのにどうしてこんなことを書いているのでしょう。
 山羊座なのでお金の話は嫌いではないのです。
 ただ、父が投資に失敗しているので怖くて手が出ないのです(「追証」という言葉の意味も知っています♪)。

 一昨年くらいに、「2015年は人類にとってターニングポイントになる年だ」ということが、この前少し紹介した「宇宙人バシャール」のチャネリングで言われているのを知りました。
 この15年あたりで、その後の方向性みたいなものが決まってしまう、という言い方だったっけかな。。それは個人としても、文明全体の話としてもそうだ、ということだったと思います。
 バシャールについての最新情報を知らないので、また違う表現に変わっているかもしれません。気になる方は調べてみてください。来年以降にも大きなポイントはある、という話ではあったと思いますが、目安として15年は大きいということだったと思います。
 自分としても、「2015年ターニングポイント説」というのは「アリかな」という気がしています。
 なので、ギリシャや中国の経済の話が表立って出てきたことで納得してしまう部分があるのです。EUも中国も、大がかりに「経済実験」をしていたのだと思いますが(結局は世界はそれを形を変え地域を複雑に絡ませながら、ずーっとしているのではないかと思う、世界にはそういう一面もあると思う)、そのほころびみたいなものが表に出始めたということですかね。

 昨日2ちゃんねるで紹介されていた、株価や経済ニュースなどが見やすいページ → こちら
 下にある「ニュース」というところをクリックすると、経済に関するニュースへのリンクがまとめられたページに行きます。それ読んでると、なんかヨーロッパ大変じゃないのかなと思ってしまう。。イタリアとフランスの平均株価も下がったようです。ドイツもそこそこか。。

 風邪気味なのであまりこういうことに夢中になるのもマズいかもしれませんね。
 実際に投資などをしていると、こういうときは生きた心地がしないだろうと思います。。

 こういう「ゲーム」から気をそらすために(わたしはそこにがっつり参加しているわけではないのだから。でも一応日本で生きている限りはまったくの無関係とも言えないと思っています)、仏教の本もちょこちょこ読んでいこうと思います(笑)。

 *おまけ*
 上記の株価のページからリンクされたものをたどって、おもしろい記事を見つけました。
 民族、宗教、言語・・・不思議の国「日本」 → こちら
 なるほど〜という感じです。
 
 
 ☆タロット占いのモニターを募集しています☆
   対面セッションで、場所は新宿の喫茶店です。
   通常価格30分3000円のところ期間限定で30分1000円(8月末日まで)。
   詳しくは こちら をご参照下さい。
   rosinu-rose@tbt.t-com.ne.jp

 

 
 

 

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

エマニュエル・トッドさんの読売新聞のインタビュー

 昨日は上野に美術展を観にいっていたのですが(「ホドラー展」です)、その感想は後回しにして、昨日読売新聞に、フランス人歴史人口学者のエマニュエル・トッドさんのインタビューがあって感動したので、そのことを書きます。
 インタビューの内容は、パリ銃撃テロ事件とその後のパリの様子について、です。

 トッドさんの写真↓
  150113todd.jpg

 エマニュエル・トッドさんはその国(地域)を語る上で、そこにいる人々の家族構造がどうなっているか(核家族、直系家族(長兄が重視される家族形態)など)で、心的傾向が醸成され、国家の傾向もそこからパターン化される、ということを 人口データに基づいて調べている方で、1976年に「最後の転落」という著書でソ連の崩壊を予言して注目された方です。最近はアメリカの衰退も予言されているそうです。
 わたしはこの方全然知らなかったのですが、読売新聞では折にふれこの方にインタビューをしていて(「アラブの春」でもありました)、その記事で知りました。
 今までブログに少し名前を出したことがあると思います。
 とても納得・共感させられることをおっしゃる方だからです。
 まだ著作は読んだことがないのですが、いつか挑戦したいなあとずっと思っている方です。

 この方が今のパリの状態をとても冷静に分析し、日本の新聞に答えてくださっています。

 本当は、一字一句、それをコピペしたい!
 それくらい、すべての言葉に共感を覚えます。
 でもそれはしてはいけないことで。。。マナー違反で。。。

 要約しますね。

 ・テロは断じて許してはいけない。
 ・だがフランスの社会構造を理性的に直視すべきで、なぜ北アフリカからの移民の2世、3世の多くが社会に絶望しているのかを考えるべきだ。彼らが過激化している。
 ・背景は長期に及ぶ経済の低迷で、移民の子供たちに職がないことであり、日常的に差別もされていること。そして、フランスの「文化人」ですらが、移民の文化を「悪」とする空気まである。
 ・移民の若者の多くは人生に展望を描けないことから犯罪に走ることもあり、獄中で受刑者同士の接触で過激派になっていく。
 ・彼らは9.11の実行犯とは違い、フランスで生まれ育った人たちだ。
 ・フランスの外交にも問題があり、フランスは中東で空爆をしている。
 ・真の問題は、フランス人の誰もが道義的危機に陥っていることで、誰も何も信じておらず、人々は孤立している。移民の若者がイスラムに回帰するのはなにかにすがろうとするからだ。
 ・言論の自由は民主主義の根幹ではあるが、ムハンマドやイエスを愚弄し続ける「シャルリー・エブド」の在り方は、「不信の時代」においては有効でない。
 ・移民の若者がかろうじて手にしたささやかなものに唾を吐きかける行為だ。
 ・だが今フランスでは誰もが「自分はシャルリーだ」と名乗り、感情的になりすぎている。
 ・フランスで発言すれば「テロリストにくみする」と誤解され袋だたきに遭うだろうから、フランスでは取材は受けていない。独りぼっちの気分だ。
 
 ほとんどコピペと言ってもいいですね、これじゃ。。。
 でも、もう涙が出そうになってしまったのです。
 わたしがもやもや感じていたことが書いてあるなあ、と。。。

 ネットで見ましたが、その新聞のあの「風刺画」は、風刺っていうより挑発で(あまりに下品で)、、明らかに怒らせようとしているように思えます。キリスト教に対しても同じようにするようですが。。
 言論の自由といっても、何でもしてもいいのだろうか?
 こんなブログですが、わたしはここで何でもしていいなどと、思っていませんよ。

 ***
 
 これは2ちゃんねるで見たコメントでしたが、イスラム教では偶像崇拝が禁止されているそうですね。
 だから、「ムハンマド」を擬人化して愚弄するなどというのはもってのほかなのだそうですが、なぜ偶像崇拝がいけないのかというと、「神には顔がないから」なのだそうです。
 ああ、確かにそうかもしれない、と思いますよね。神には顔がない、そうですよ、きっと。わたしたちが、「神」を、心の中で擬人化させているのだろうと思います。
 (たとえばわたしはチャネリングをしますが、その「言葉の源」は、実体のある誰かではない、と考えるようにはしています。ただ、個別のエネルギーとして感じられる「個性」のようなものはあるように感じられ、その「個性」に対して擬人化させ、名前をつけているのです。でもそれらもすべて「あんたの錯覚だ」と言われても、わたしは否定をしません。「実感」からすると、肯定もできないのですが。。)
 イスラム教はそういう考え方なのか、と、わたしは不勉強なのではじめて知ったのですが、その考え方は理解できると思うのです。筋が通っているなあと思えるというか。
 それを「教え」として守ろうとすることを、あのように茶化すのが、本当に「知的な風刺」となるのでしょうか。

 なので、トッドさんの言う、
 
 ・移民の若者がかろうじて手にしたささやかなものに唾を吐きかける行為だ。

 ここに、涙が出そうになるほど共感するのです。
 (このような優しい視点こそが、人間の尊厳というものを創るのではないか?)
 
 言論の自由はあっても、信教の自由はないのでしょうか、フランス。
 現に、トッドさんは「発言をしないようにして」いて、孤独感を感じておられる。
 これは、彼の言論への、無言の弾圧ということにはならないのか?

 自由ってなんでしょうね。
 いろいろなことを考えさせられます。
 
 わたしは今回もトッドさんの「発言」に感銘を受けました。
 この方の言葉を載せて、最後の「孤独感」についても割愛しなかった読売新聞も、良心的だなと思えて嬉しくなりました(普段は自民党や経済界の広報誌のように思えることも多いのですが)。


 
 
 
 

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

ネットde真実、というつもりでもないけれど。。。ある程度はさ。。。

 わたしはよくネットを閲覧しますが、2ちゃんねるもよく見ます。
 これは、2ちゃんねるそのものを見ることもあるし、まとめサイトを見ることもあります。 
 2ちゃんねるだけじゃないけれど、こういうネットを見る時間が増えたことで、右ひじが痛くなったり視力が悪くなったり、肩こりしたりします。
 でもそれでも、見てしまうんですね。。
 それなりに情報を得られるからなのだと思います。
 ネットが出てくる前には、わたしのような一般人が知ることが難しかったようなことも、簡単に知ることができるようになりました。つまり、新聞やテレビでは報道されないようなことも見られるということです。
 個人的には、これは多少ひじが痛くなったり目が悪くなったりしても、我慢してしまえることかなと思っています(でもいつかそんなこと言えないほどに身体にガタが来るのかもしれませんが。。)。

 ゆうべもそんな感じでネットをうろうろしていましたが、なんですか、昨日、上海の株価がいきなり下がって世界同時株安の様相を呈したとか。
 これはテレビで報道されたのかもしれませんが、わたしはネット(2ちゃんねる)で知りました。
 今日、その影響か、日本の株価も下がったようですね。
 18000円行ったと思った矢先で。。「調整の範囲」という言葉も見かけましたが。

 ***

 自分は株などやらないし、経済にもうといのですが、やはり世の中の動きを見るとなると(占い師・チャネラーとなると、そういうのは気になるのです。世界がもっとよい場所になればいいのに、という想いがあるからです)、経済のことは避けて通れない道で、わたしはそういう情報を2ちゃんねるのニュース系のスレッドから得ています。
 2ちゃんのそういうスレッドをちゃんと見るようになったのはEU危機あたりからですかね。
 ずっと見ていると、世界って、いつもどこかしらで騒いでいるなあ、という印象です。それに乗じてお金が動いている。
 株価や為替のスレッドを見ると、お金の話だけではなくて、海外の政治や経済・生活事情の詳しい話も書かれていたりするのでとっても勉強になるのですね。
 それなりに詳しい人たちが書き込みをしているのかなという印象なので。。(ミスリードのような書き込みもあるけれど、そういうのは不自然で変に力んでいるからだいたい分かる)

 それで、今日も世界のお金が動いていたようで、そんな話題を見ていました。
 そこで見つけた画像が「あああ、、これはうまくできているなあ」というものだったので、貼ります。
 重要なことなので、先に言っておきますが、わたしはアベノミクスを100%否定もしていないし、安倍政権を100%否定もしていません。
 これもネットで知ったことですが、安倍首相はこの前の小笠原での中国船による珊瑚乱獲の問題で、さっそく法改正をして、取り締まりを厳しくできる方向に変えたのだとか。あれは本当に腹が立っていたので、こういう話は大歓迎です(珊瑚に関してはときすでに遅しかもしれないけれど。。)。
 そういう話もあるので、安倍自民のことをどう考えるのか、難しいなと思っています。だってやはり円安で物価高になって、お給料が上がらなければスタグフレーションですから。。
 でも、株価が安いことがいいことと言われればそうではないのだし。。少しでもうるおう人がいたほうがいいですもんね、、そしたらお金使ってもらえるのだし。一部だけでまわるのかもだけど。

 ということで長くなりましたが、見つけた画像はこれなのです↓
141210abenomics.jpg

 あああ、、、これ作った人、なんかすごいなー、と思いました(笑)。わっかりやす!!
 どうなんでしょうね。やはりこれが実像かなあ。。
 庶民はこれを「そうだろうな」と思ってしまいますよね。そうじゃないなら、そうじゃないところまでやってみてくれよー、と思うわけですが。。
 ちなみに昨日見た話で、知らなかったのですが、日銀の「年金砲」で株価が上がっているわけですが、そのおかげで年金機構に利益もたくさん出ているとのこと。年金でプールされたお金というのは、そのまま貯金しておくとかできずに、運用するしかないのだ、という話がありました。
 そう考えると、この路線は間違ってばかりではない、ということですよね。
 でも、2ちゃんねるではこういう書き込み↓もあるので、そこまで簡単じゃないのでは、とも思うのです。
 
  あー、損100万超えた
  ひと月かけて稼いだ利益が3日で消える
  これが男の世界
 
 もうすぐ選挙、どうしたらいいのかなあ、と、わたしは考えています。

 
 *おまけ*
 硬い話だったので脱力写真(ネットで拾ったもの)↓
141210tamatama.jpg
 くぷぷぷ。。。。。
 
 

 
 

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

お金の動きもなんだかすごい

 わたしは株や投資などにとんとうといのですが、今日、日経平均株価がすごく上がったそうですね。
 掲示板でその話題を見て、ああ、株をやっていた人はウハウハなのかあ、と思いました。
 民主党時代から考えると倍くらいになったのですもんね。。。
 今、ちまたではこのようなことで、ものすごく潤っている人たちもおられるようで、日本人のミリオネアの数が増えた、というニュースも最近見ました。

 うちは、夫の実家も、わたしの実家も父親が投資で失敗した過去があり、それを見てきているのでなかなか手を出そうという気になれません。
 中にはうまくいく人もおられるわけで、こういうのも運が左右するのでしょうか。

 今回の株価の「爆上げ」は、日銀が「金融緩和」をしたからだ、ということのようです(書いていててもあまり意味が分かっていません。。汗)。
 これらはネット掲示板では通称「年金砲」と言われているようで、資金は国民の収めた年金だという話があるようですが、本当なのかどうか。。
 ちなみに、ついおとといくらい、アメリカのFRBでは量的緩和を終了させたというニュースがありましたよね。
 日本は反対のことをしているけど大丈夫なのか。。。? わざとなのか。。。? 

 こういうことを不安視すると「国賊」と言われるようになってしまうのでしょうか。

 消費税が上がるのだなあ、と思ってため息が出ます。
 最近お肉の値段が高いです。


 以下、時事ドットコムの記事をコピペします。
 
===================================

 日銀、追加緩和=デフレ脱却へ「量的・質的」後初-長期国債購入80兆円に
 
 日銀は31日、金融政策決定会合を開き、追加の金融緩和を5対4の賛成多数で決めた。2013年4月の量的・質的金融緩和策の導入以来、一段の緩和に初めて踏み出した。マネタリーベース(資金供給量)の年間増加額をこれまでの60兆~70兆円から80兆円に拡大。市場に供給する資金の量を増やし、企業などの投資意欲を刺激する。

今後もちゅうちょなく調整=デフレ転換に遅延リスク-黒田日銀総裁

 黒田東彦総裁は会合後の記者会見で、消費税増税後の景気のもたつきや最近の原油市況の下落により、消費者物価の上昇の勢いが鈍っていることに懸念を表明。その上で「デフレ脱却が大幅に遅れるリスクを未然に防ぐため、必要にして十分な緩和拡大を行った」と語り、「2%物価目標」の実現で経済再生を確実にするために追加緩和を決断したことを強調した。
 マネタリーベースを増やすため、日銀は長期国債の年間買い入れ額を50兆円から80兆円に引き上げる。新規国債発行額(14年度で約41兆円)の2倍近くを購入することになり、中央銀行による政府債務の肩代わりとの批判が高まる可能性もある。
 追加緩和はこのほか、株価指数連動型投資信託(ETF)の購入ペースを現在の3倍とし、保有残高を年間3兆円増やす。上場不動産投資信託(J-REIT)は同じく900億円増えるよう買い入れる。追加緩和には黒田総裁ら5人が賛成、森本宜久審議委員ら4人が反対した。
 黒田総裁は、このまま物価上昇率の鈍化が続けば「物価上昇期待への影響が懸念される」と述べた。追加緩和で一段と円安が進み、中小企業などの収益悪化に拍車が掛かるとの懸念には「原油以外にも食料価格などが下がっており、円安の影響はかなり相殺される」と反論。マイナス効果は小さいとの見方を示した。(2014/10/31-20:03)
 引用元 → こちら




  

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済