つれづれ日記(おいしい常備菜が増えた)

 今日は曇っていて風が強いです@東京都下小平。
 
 でも昨日は晴れていて、空もお花も「らんらんらん♪」って言ってそうでした。

 ほら↓
170426sora.jpg

 ほら↓
  170426shakunage.jpg
 (あ、これはそうでもないか。。。?)

 ほら↓
170426pansy1.jpg

 ほら↓
  170426pansy2.jpg

 なんか最近パンジーが好きです♪

 しかし4月後半ともなると、植物から発せられる生命力がすごいですね。

 でもわたしは少し気が抜けたような感じかもしれません。
 だって、たぶん、、、初期の乳ガンの治療の、一番大変な部分を越えられるというめどが立ったような気がするから。。。
 抗がん剤って、やはり治療の中でけっこう怖いことだと思いますが、2回目の投与では副作用はそこまでひどくなかったので(骨髄抑制のための注射による背骨の痛みのほうが出てるかも。いまだロキソニンは飲んでいるのでした)、拍子抜けした部分もあるかもしれません。
 前回アレルギーが出て怖かった分も加わって、どこか気が抜けたかもしれない。 
 (今のところ、わたしにとっては)耐えられないものじゃないって分かったような気がするから。。
 10月の終わりに胸にしこりを見つけてから続いていたもののピークが、過ぎつつあるような?
 いえ、まだ抗がん剤は2回残っているし、そのあと放射線治療とホルモン剤の服用が始まるのですが。。。
 「怖いもの」のピークは過ぎつつあるような。。。
 あとは、心の面を保つことができるか、かな、とか。。。

 こんなことを言いはじめるのは、気が早いでしょうか。
 (でも冷静に考えれば、大変さのピークってここまでじゃないのかなあ。。)

 抗がん剤の副作用については、全部終わってから細かいことまでまとめた記事を書こうと思っています。箇条書きみたいにして、分かりやすくしたものを。あまりつらくないことについては書いていないこともあるので、そういう意味ではあまり正確ではないんです、わたしが今までブログに書いている副作用の話。いえ、嘘はまったく書いていませんが。
 それに、自分の記念になるかなと思って(笑)。「耐えたぞ記念」(笑)。

 そんなことも楽しみにしようと思ったり(笑)。

 ***

 話は変わりますが、わたしはお昼にインスタントラーメンを食べることがあります(毎日じゃないよ)。
 ここ数年はお腹が弱くなったこともあり、ノンフライ麺じゃないと食べられなくなりました(「サッポロ一番」は腹をくだす)。
 最近のインスタント袋麺、おいしいですよね。「ラ王」とか「マルちゃん生麺」とか。
 いろいろな味があるからそれぞれ試してみていますが、最近「ラ王」の塩味を買ってみたんです。
 あっさりしていておいしいですけど。
 そこに、先週、再び台湾の味付け煮卵である「茶葉蛋」を作ったので、それを乗っけてみたんですね。
 そしたらすごくおいしくて。
 台湾の街角の味がして。
 それで、ひらめいたんです。
 この「塩味」のインスタントノンフライ麺に、台湾式の肉そぼろをのせたら、ほぼ担子麺(タンツー麺)じゃん、と。
 拾い物写真↓
  170426tanntumenn.jpg
 この上のそぼろのこと。玉子は茶葉蛋ですかね。
 
 なんで今まで気づかなかったんだろう!
 茶葉蛋作って、どうしてあの肉そぼろを作ってこなかったんだろう!(この二つはほぼ同じような味)

 そう思いまして、ゆうべ、台湾式肉そぼろを作りました。
 作り方は簡単で、ニンニクとショウガと玉ネギのみじん切りを炒めて、合い挽き肉を加えて酒とお砂糖と醤油で煮込むだけですが、そこにしこたま中国のミックススパイスである「五香粉」や「八角」を投入するんですね。
 わたしはそこに隠し味でナンプラーを入れました。
 これだけですが、だいたい台湾で食べる味になりました。
 
 ですが、、これを、、まだラ王の塩味に入れて食べていませんっ。。。!
 なぜならニラとかもやしが今ないから。。
 保存がきくので、今週中にはちゃんと食べようと思います。できれば夫と一緒に食べたいしね。
 でも絶対おいしいと思います(なぜ塩味の「ラ王」がいいのかと言うと、醤油味では日本のラーメンの味になっているからです。台湾では肉そぼろが乗っていないものは「陽春麺」といって、とてもあっさりしているものなので、塩味のものが近いと思われます。ちなみに、この肉そぼろをごはんに乗せると「魯肉飯(ルーローハン)」になります)。

 なにが言いたいのかというと、やってみればなんてことないことで、かなりすてきなことなのに、やっていなかったことがまだたくさんあるのなあってことです。
 台湾式の肉そぼろなんてあんなに簡単なものなのに、「ラ王」の塩味を買わなかったら、いまだに気づいてなかったと思うのですが。。。

 同じような感じで、最近「鶏胸肉のハム」っていうのを手作りしてみたんですよ。
 これは、乳ガンだって分かってから、市販のパック詰めのハムを買うのをやめたのですが(添加物が怖くなった。ハムはなんかヤバい気がする。。)、やはりハムっぽいものがあると朝食のときなど便利だなと思って、そういえば鶏肉で手作りできるんだよね、と思い出してネットで作り方を検索したからなのですが。
 これも簡単でおいしくて、鶏胸肉安いし、今までやっていなかったのがもったいない感じで。。
 いろいろ使えて汎用性も高いし。。冷凍して作り置きもしておけるし。。(わたしが参考にしたクックパッドの記事は → こちら これは圧力鍋で作るやり方で、かなり簡単)
 食卓のレパートリーが増えました。
 
 それで、さらに言いたいことっていうのは、こういう発見もあるので、「闘病生活」も悪いことばかりではないのではないか、ということなのでした!

   

 
 ☆タロット占いのセッションを、しばらくお休みとさせていただきます☆
  *乳ガン治療のため、ちょっと体調の様子見をさせていただきます*
   対面セッションで、場所は新宿の喫茶店です。
   30分/2000円です。
   詳しくは こちら をご参照下さい。
    kitaminori@tbt.t-com.ne.jp




 
 
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト

新鮮すぎて!

 さきほど、金沢に向かう準備などもあるししばらくブログは更新できないかもと言ったのですが、夕飯に食べた初めて使った食材があまりにも新鮮で、それを書きたいのでまた更新します(けっこうこのパターンあるような気がする。。旅行などでしばらく更新開けますと言っておいて、出発までの間になにかがあって更新するっていうの。。。カッコワリー!!)。

 おととい、近所のスーパーで見慣れない野菜を買ったのですよ。
 それを今日調理したのですね。
 シカクマメというのですが、形がおもしろいんです。
 こんな感じ↓
  150917sikaku1.jpg
 長さはだいたい12cmくらいかな。
 切った断面図↓
  150917sikaku2.jpg
 四角いっていえば四角いですが、「バンザイしているみたい」という声もあるそうで、なるほど。。。
 
 こちらなんて言ったらいいんですかね、、、さやいんげんのすごく柔らかくてさわやかなバージョンという感じですかね。豆が中にあってそれを食べるものではなくて、全体を食べるものなのです。
 アクもなく、下ゆでの必要もなく、ささっと火が通れば食べられます。
 ネットでレシピを検索して、一番簡単そうなベーコンとの炒め物にしました。味付けは塩コショウのみ。
 少し焦げた。。↓
  150917sikaku3.jpg
 シカクマメはどうやら火を通して時間が経つと色が緑から茶色に変色するようです。

 それでこれが、、、味自体にクセはなく、とにかく食感が楽しいんです。
 ショリショリっていうか、、シャクシャクっていうか。。。
 あれは食べないと分からないと思います。
 おいしくて、夫と無言で食べてしまいました(笑)。

 原産は熱帯アジア地方だそうで、沖縄では「ウリズン豆」とか「シカクマーミ」などと呼ばれることもあるそうです。
 調理が楽で見た目も楽しくておいしいので、見かけたらお料理に使ってみてはいかがでしょう?
 わたしはハマってしまいそうです。また見かけたら買わなくちゃ。

 



 

 

台湾風味付け煮卵(茶葉蛋)を作っています。

 昨日近所のスーパーでMサイズの卵が10個100円だったので、久しぶりに台湾でよく食べた味付け煮卵(茶葉蛋)を作っています。

 お茶とお醤油とスパイス(八角などいろいろ。五香粉が便利)の煮汁でゆで卵を煮込んだおやつで、台湾や香港でよく食べられているものです。ピータンではありません。鶏のゆで卵でできています。
 台湾のコンビニに入るとこの玉子が必ず調理されていて(日本のコンビニのおでんのような感じ)、店内にこの香りがしているし、街中でもよくこの香りがしています。
 わたしはこの香りが好きで、このおやつも大好きです。
 
 湯気でぼやけている↓
  150513tamago1.jpg
 1パック10個全部入れてしまった。
 分かりづらい写真なので、中国語のWikipediaからダウンロードした写真を。
 あちらではよく見かけるもの↓
  150513tamago2.jpg
 殻を割るとこんな感じ↓
  150513tamago3.jpg

 以前何度か家でこの煮卵を作ったことがあったのですが、何年ぶりに作るだろう。。
 味が染み込むのに時間がかかるので(何時間も火にかけないといけない)、ちょっとおっくうな部分があったのですが、卵安かったし、ローカロリーなおやつでおいしいから作ることにしました。
 家の中が台湾風の匂いになっています。好きな匂いなのでよいです。
 茶葉は、2010年かな、台湾に行ったときに買った高山烏龍茶の茶葉が棚から出てきたので(もう普通には飲めないですよね。。)、それを使いました。普通の烏龍茶よりも香り高いのでおいしいのができるかもです。

 わたしはすごく好きな食べ物ですが、匂いがダメという方もいらっしゃるかもしれません。
 時間がかかるけれど簡単にできるので、たまに作るのはいいかなあと思います。
 茶葉蛋のレシピ → こちら
 
 ちなみに、茶葉蛋を煮たあとの煮汁は捨てずに、それで適当に切ったこんにゃくを煮込むとよいです。
 そのこんにゃくの煮物は、中野のブロードウェーにある台湾素食料理(台湾のお肉を使わない精進料理のこと)のお店で知りました。
 2段階で楽しめるのだ。

 Amazonで茶葉蛋の調味料を発見。こんなのあるんだ(笑)。
 


 
  

 

テーマ : 作ってみた - ジャンル : グルメ

最近見つけたおいしいもの

  金沢のお義母さんの術後の経過はそんなに問題なく進んでいるようで、少し気持ちが楽になりました。

 そうすると「非常事態モード」になっていた脳がこと切れるようで(汗)、今日はたくさん寝てしまいました。そしてたくさん夢を見て、、、たくさん寝言を言っているようです。。(滝汗)
 わたしは山羊座なので、けっこう「火事場の馬鹿力」が出るほうだと自負しています。平和で安穏とできる環境だと、自分がどうすればいいのか分からなくなるタイプかもしれません。逆に問題がハッキリしていると、ハチマキしてしまうタイプです(うざいよね・笑)。
 ちょっと今、一瞬気を抜いてしまっているようで、ぽかーんとしているかもしれません。。
 でも、気を抜くことも、きっと必要ですよね。。だからそれに任せているのですが。。

 ***

 少し気持ちがほどけてきたので、昨日は久しぶりに国分寺に出て買い物などしてきました。
 常備薬がキレかかっていたので、ドラッグストアに行きましたが、、広い店舗にレジの人が一人だけで(棚出しの人も一人くらいらしく、店の中がどことなく雑然としている)、、平日午後の空いてる時間だけれどレジの人が大変そうで、「ああ、これもアベノミクス!」と思ってしまいました。。
 株価はすごいことになっているんですよね。それに、AIIBのことも不参加ということで、そういうのはよかったなと思うのですが。。。(最近掲示板でAIIBの話題ばかり見ています。世界の経済が今どんななのか、けっこう専門的な意見も出ていたりするのですごく勉強になるんですもの)

 ***

 わたしはお腹が壊れやすいので、あまり冷たい飲み物はとらないようにしていますが、最近魅力的なドリンクを見つけて買っていました。
 ここのところ暖かいのでやっと飲めた。
 これです↓
  150421drink.jpg
 バジルシードドリンクといって、パスタなどでおなじみのハーブ、バジルの種が入ったものです。
 以前台湾でこういうドリンクを飲んでいたことがあって(カエルの卵みたいな見た目につられておそるおそる飲んでみた。そういうのにチャレンジするのはけっこう好きなのです)、とてもおいしかったから買ってみました。
 買ったのは、この前金沢に行った帰りのバスで休憩したサービスエリアの売店で、でした(笑)。長野の松代SA。ドリンクの向こうに雪を冠った山が見えます(笑)。
 買ったはいいけど、お腹を壊すのが怖いので持ち帰っていました。

 バジルの種は水につけておくと周囲にゼリー質の食物繊維成分が出てきます。こんにゃくと同じグルコナンマンってものだそうです。なのでローカロリーでダイエット効果もあるそうです。
 飲んでみたらやはりおいしかった。。。こういうぷつぷつぶにゅぶにゅした食感て、和スイーツにはないから楽しいですね。
 東南アジアってフルーツやそれを使ったスイーツが豊富で、見たこともないものがときどきあって、そこがほんとにいいなあと思ってしまいます。
 こちらのドリンク、うちの近所では見たことないので少し残念です。
 
 Amazonでドリンク買うのもなあ。。。

 もう一つ最近見つけたおいしいもの。
 ポンジュースのグミキャンディです。
 写真撮らなかったのでAmazonのリンクですが。。
 
 グミが好きな人、ハリボウとか好きな人は間違いなく気に入ると思います。
 思っているよりもずっと「ポンジュース」の味がします。
 これを食べると日本のスイーツもよいなと思うかも。日本のみかんっておいしいですよね。
 わたしは一気食いがしたいと思いましたし、夫は一気に5個くらい口に入れたい、と申しました。
 また見つけたら買うぞ!



 
 

テーマ : 美味しかった♪ - ジャンル : グルメ

おいしいもの日記。(金沢「芝寿し」の笹寿司)

 わたしは東京都下小平市在住ですが、最寄り駅は西武線の駅になります(徒歩5分)。
 でも、20分ほど歩くと、JR武蔵野線の「新小平」という駅も使えるのですね。その駅の隣が西国分寺という中央線の駅なので、中央線にアクセスして電車賃を安くすませたいときは新小平を使ったりもします。
 昨日は雨だったのですが、ほかの用事でその駅の近くまで行ったので、中央線沿線の立川に行くことにしました。
 立川の伊勢丹の催事場で、昨日から「金沢・能登展」というものをやっているからです。

 夫が北陸金沢出身でして、好物がそちらで売られているというチラシが入っていたので。。

 夫(とわたし)の好物とは、笹寿しで有名な「芝寿し」の笹寿司です。
 金沢に帰省すると必ず食べるものなのですが、東京では売っていないのです。
 笹の葉にくるまれたお寿司で、酢飯の上に鯛、鮭、鯖などのネタの薄切りが乗っているもので、奈良の「柿の葉寿司」にも似ています。
 
 立川の伊勢丹では年に一度は金沢・能登展をやっていて、毎回「芝寿し」が入るのも知っていたのですが、買いにいくまでには到らずにおり、昨日はついでができ、とうとう買いにいけました。
 ああ、、、あれを東京でも食べられるなんて不思議。。。。

 このようなものです(キャー!)↓
  150219sasazusi1.jpg
 左が普通の「笹寿し」で、8個入り(鯛・2/鮭・3/鯖・3)で981円。金沢ではいつもこれを買う。
 右は冬場の期間限定の「たらば棒寿し」で、思わず買ってみました。奮発です(1620円)。

 中はこんな感じです(キャー!)↓
  150219sasazusi2.jpg
 「たらば棒寿し」には保護フィルムがついています。タラバガニのお肉がしっかり乗っていました。。。ヘブンリー!! おいしい〜〜〜!!
 
 笹寿しの中身(キャー!)↓
  150219sasazusi3.jpg
 これは鯛です。おいしいよ〜〜〜!(ほんのり笹の香りがします)

 「笹寿しゲットした」と連絡したら夫は、いつもより早く帰宅しました(笑)。
 日々お疲れなこともある彼、故郷の味に満足していたもようです。よかったよかった。
 
 立川の伊勢丹では月曜日までこの金沢・能登展をやっているので、東京近郊で興味のある方はいかがでしょう! というより、全国のデパートなどで北陸金沢の催しがあった場合、「芝寿し」さんが入っている可能性は高いので、試してみてはいかがでしょう、と思います。
 そしてもうすぐ、北陸新幹線が開通するので、関東近郊の方は、ぜひ金沢で食べてみてはいかがでしょう、とも思います。もちろんあちらに行くとなんでもおいしいので、食べるのは笹寿司である必要はないのですが。。。金沢の地元の人が大好きなお寿司なんですよ。
 東京でも買えるようになるといいのですが、鮮度の面でいろいろと難しいのでしょうね。。。

 芝寿しのサイト→ こちら
 思い出しましたが以前にもブログで芝寿しさんのこと書いたことありましたね。。今、仙台でも物産店に出店されているようです! (仙台にもおいしいものはありそうですが)
 うあ〜〜〜冬場は「甘えびの棒寿し」があるんだそうです。。。知らんかった、、食べたい。。。
 というか! 楽天に出店されていて、もはや全国で食べられるのだそうな。。。そうだったのかー! 把握してませんでした!


 *おまけ*
 ミスタードーナツで一休み↓
150219misdo.jpg
 ミスドでは昨日からドーナツの一部が100円のセールをしています。 
 写真はコーヒーと揚げたてドーナツのセット350円。
 ミスドには久しぶりに入りましたが、コーヒー、おかわり自由時代のものよりおいしくなっていました。揚げたてドーナツはおいしいけれど、43歳の胃には少し油が重かったかもです。。(笑)


 ☆タロット占いのモニターを募集しています☆
  対面セッションで、場所は新宿の喫茶店です。
  通常価格30分3000円のところ期間限定で30分1000円(6月末日まで)。
  詳しくは こちら をご参照下さい。
   rosinu-rose@tbt.t-com.ne.jp

 
 
 
 

 

テーマ : 美味しかった♪ - ジャンル : グルメ

地元のベトナム料理屋さん

 今日は結婚記念日で、仕事の終わった夫と市内のベトナム料理屋さんで食事をしてきました。
 隣町の隣町の隣町、くらいの距離なので、電車を使った。
 でもそれくらいの近所で、ベトナムの方が作るベトナム料理のお店ができたので嬉しい。去年オープンのお店だとか。あまり行かないエリアなので知りませんでした。
 年末の金曜日ということで混んでいて、なかなか料理が出なかったですが、おいしくて大満足でした。
 
 おいしいのですぐに食べてしまって写真を撮るのを忘れたのですが、少しだけ。
 
 3種の春巻き↓
  141212harumaki.jpg

 写真がないのですが、フォーがおいしかったのです。スープに入るスパイスの香りがすごく立ってくるものでした。
 ベトナム風サンドイッチのバインミーというものもおいしかった。
 わたしはタイ料理よりもあっさりしていて優しい味のベトナム料理のほうが好きなので、嬉しいです。 
 また行きたいです。つぶれてしまったらショックですから、もうちょっと応援する気持ちでいようと思います(地元の個人経営のおいしいハンバーグ屋さんも最近閉店したもよう。。)。
 
 ベトナムコーヒー↓
  141212coffee.jpg
 コンデンスミルクたっぷり。
 
 ハス茶↓
  141212hasucha.jpg
 ハス茶ってはじめて飲みましたが、とてもいい香りでおいしいですね。 
 茶葉が売られていたので買ってみました。
 
 Amazonだと163円なのか。。。

 食べログでもまあまあよい評価を得ているようです → こちら
 欲を言えばもう少し料理にパクチーを使ってもらいたいような気がしますが、そして、常温か暖かくして飲めるお酒があればもっと嬉しいですが(東南アジアのお店にそれを求めたらいけないか)、それでもおいしかったのでよいです。
 小平近辺にお越しの際に、寄ってみるとよいかもしれません(笑)。





 

テーマ : おいしいお店 - ジャンル : グルメ

食べ物のはなし。

 先日、ポストに宅配寿司のチラシが入っていました。
 それ見たら、お寿司が食べたくなって食べたくなって。。。。(笑)

 うちの近所にはあまりいいお寿司やさんがなくて(知らないだけかもしれないけれど。。)、お寿司以外のものもがんがんまわっているタイプの回転寿司くらいで、噂によるとあまりおいしくないらしく。
 くだんの宅配寿司は、手頃な値段のものだと、カッパ巻きや玉子のお寿司で場所を取っている!(笑)

 ということで、こうなると、うちでは地元のお魚専門の市場のようなお店、「角上魚類」に行き、パックされたお寿司を買ってくることになるのです。
 こちら、東京ではあまり都心部に出店してないようですが、マグロの解体ショーがあったり、テレビの取材なんかもされる人気店なのですね。
 お店のサイト → こちら
 
 昨日は夫が休みだったので、てくてく散歩がてら「角上」に行って、一パック1000円弱のお寿司など購入し、お吸い物などは自分で作って家で寿司を食べました。
 北陸金沢出身の夫も「角上のネタはまあまあだね」と言います。
 1000円弱で十貫でも、カッパ巻きも玉子もなく(笑)、エビも生だしホタテも生、生ネタしかなくて中トロも入っています☆
 まあまあおいしくてこの値段ですから、せめてビールはプレモルとして、ご機嫌となりました。
 
 最近は回転寿司ではなくて、2000円くらいのセットからある、座って食べられるカジュアルなお寿司やさんが増えてきているようですね。以前、知人と吉祥寺駅ビルの地下にあるそういうお店(梅丘寿司)に入ったことがあります。なかなかおいしかった記憶ですが。。
 わたしなどはお寿司屋さんは入るのは少しためらわれるので、地元にもそういうお店ができない限り、「角上」で済ませることは続きそうです。

 ***

 ちょっと食べ物の話が続きますが、最近「成功したな」という料理(と言えるほどのものではないですが)のことを続けて書きます。

 うちではよく、人参とセロリの漬け物を作ります。
 ボールに入れた適当に食べやすく刻んだ人参とセロリに、1:1:1の割合でサラダ油とお酢とお醤油をかけて、よく混ぜて味を馴染ませるという超簡単な即席漬けです。味付けは目分量です。
 実家で母がよく作っていて、わたしも作っているんです。いくらでも食べられちゃうものです。
 セロリが苦手だった夫も、この漬け物のセロリはよく食べます。
 こんな感じです。これは混ぜた直後↓
  141201tukemono.jpg
 けっこう細かく切っています。そのほうが味の馴染みが早いです。2時間以上置くほうがおいしいけれど、馴染んだらすぐに食べられます。冷蔵庫で数日持ちます。
 これに、おつまみでよくあるイカの薫製をちぎって入れてもおいしいです。

 ということで、箸休めによくこれを作っていますが、味付けは、油とお酢と醤油だけだったのです、今まで。
 でも、ちょっとひらめきまして、ここに、ほんの少しの七味唐辛子(あれば一味のほうがいいと思う)と、ほんの少しのスパイスブレンドの「ガラムマサラ」のパウダーを入れるんです。
 ほんの少しでいいんですが。。。
 これが、エスニックな風味になって、さらにおいしくなったのです! 
 ぱくぱく食べちゃう!
 
 ガラムマサラと人参の相性はよいようですね。元は醤油味だけど違和感ないです。
 
 以前買ったガラムマサラが余っていて、ちょっと出来心で入れてみたのですが大正解でした。
 ガラムマサラが余っている方いらっしゃいましたら、これ、手軽にできておいしいですよ!(あまり量は使わないけれど。。。)
 使う油は、オリーブオイルなどより、安いサラダ油のほうが合います。これはなぜなんだろうなあ。。

 ***
 
 あともう一つ、先ほど作ってみたら「これはおいしい!」となったものについてですが、それは、煎茶の出しがらで作った佃煮です。
 これは、取っている読売新聞でもらえる小冊子に乗っていたお料理で、お茶の産地ではこういうものを作ってお茶の栄養分を余すところなく身体に取り入れるそうです。
 そういえば、台湾では凍頂烏龍茶がおいしくて有名ですが、茶葉の産地まで行くと茶葉料理を出してくれるレストランがあると聞きますね。わたしは食べたことがありませんが、よく台湾に行っていた頃は「へ〜〜」と思っていました。
 日本でも食べる地方があるようです。

 今うちでは、9月末に行った中国地方の旅行で、最後の津和野で買ったお煎茶を飲んでいますが、その茶葉の出しがらで試しに作ってみました。
 冊子のレシピはみりんとお醤油だけで茶葉を煮詰めると書いてありましたが、わたしはお砂糖とお醤油と、少しだけ麺つゆとお酒を入れて作りました。お水はひたひたに入れて、ゆっくり煮詰めます。
 おいしいかもです!↓
  141203tukudani.jpg
 作っている間、お醤油と茶葉の混ざったよい匂いがしていた。。。
 お茶だけあって、ほろ苦いです。
 ここに、普通の佃煮みたいに、ゴマを入れたり、刻んだショウガを入れたり、昆布を入れてもおいしいだろうなと思いました!
 お茶の葉っぱが口の中でごそごそするかなと思っていましたが、柔らかくなっているので大丈夫でした。
 ゴミも減るしいいかもしれませんね。

 先日書いた旅行の報告記で、萩と津和野のことはあまり詳しく書かなかったのですが、津和野のお煎茶はおいしいです。安いものだったけれど、温度を気をつけて淹れると(これが難しい)、それこそ凍頂烏龍茶みたいな華やかな香りが立つこともあります。
 安かったのでお取り寄せしようかなと思うくらいです。
 津和野には、「ざら茶(まめ茶)」という、マメ科の植物とほうじ茶をブレンドしたお茶もあり買いましたが、それもけっこうおいしいです。
 
 


 *おまけ*
 「角上」への道すがらの写真。
 小平霊園、紅葉がきれいでした↓
141203kouyou.jpg

 皇帝ダリアは散りはじめていた↓
141203daria.jpg


 


 

テーマ : +おうちでごはん+ - ジャンル : グルメ

昨日のびっくりと最近のおやつ(六花亭 お取り寄せセット)

 ゆうべ、
 大好きな、
 「蒸かし茄子」を
 作ろうと思って、
 地元栽培の茄子の袋を、
 開けてみたら。


 こ
 ん
 な
 ん
 が
 ・
 ・
 ・
 ・




 出てきました!↓
  140812nasu.jpg
 いやーーーーーん!!!!!!!

 これは夫に食べてもらった。
 こういう野菜に遭遇するのははじめてなので驚きました♪
 いやはや。。。
 農家の人もふざけていたのだろうか、袋の外からはこやつが見えないようにしておった(笑)。 
 これは「当たり」を引いたのだと思う。

 ***

 最近我が家のおやつの時間(いけないんだけど夕食後です)が充実しています。
 北海道の六花亭のお菓子の詰め合わせのセットをお取り寄せしたからです。
 有名な「マルセイバターサンド」やマドレーヌの「大平原」などけっこうたっぷり入っていて2500円。
 期間限定のキャンペーンで、二箱まで送料無料なんですね。

 簡易包装でかなりお得です↓
  140812kasi1.jpg

 バターサンドと「霜だたみ」↓
  130812kasi2.jpg

 大平原↓
  140812kasi3.jpg
 
 どれもおいしいです。
 二箱までお安く買えたので、実家に一つ買って進呈しました。 
 母との関係が今ちょっと変化しているので(精神的距離が近すぎると結局傷つけ合うのです。父の介護があってから、母と距離を作るのが難しくなっていたのですが、それまでもずっと難しかったですが、今回いい方向へ行けるかもしれません)、「わたしたちは大丈夫だよ」というサインも込めて。
 兄のいれるおいしいコーヒーで楽しんでくれるといいけれど。

 このセット、ネット通販で買えます。
 期間限定ですが、まだ大丈夫だと思うのです。
 おすすめですよ! → こちら
 
 
 *おまけ*
 昨日の買い物の道すがらの空↓
  140812sora.jpg

 
 



 

 

テーマ : 北海道スイーツ - ジャンル : グルメ

ハーゲンダッツ 桜味

 昨日は夫が午後休みで(変則スケジュールの調整のため)、散歩がてら早めの夕飯を食べにファミレスに行きました。

 途中の道すがらの写真。

 小さな神社の縁側に猫↓
  140410neko.jpg
 二匹いて、よく似ているので兄弟だと思う。

 ハナニラ↓
  140410hananira.jpg
 ハナニラの花ってやっぱり飛び出した星に見える☆

 しだれて咲いていた桜↓
  140410sakura.jpg
 でもたぶんしだれ桜ではなくて、庭職人さんがうまく仕立てたもののような気がする。

 濃い紫のスミレ↓
  140410sumire.jpg

 食事の後に西友に寄ったら、ハーゲンダッツの期間限定商品が売られていて、桜味とローズ味とありました。
 つい桜を買って、西友の前にあるベンチでその場で食べてしまいました(なので写真がないのです)。
 けっこうおいしかったです。
 桜ソースがかかって、チェリーソースが入った桜アイスでした。
 一口目は「桜だな!」という感じなのですが、3口目くらいからハーゲンダッツ特有の喉に染みる甘さが際立ってきて、結局ミルク濃いね、という印象になるのですが。。
 アマゾンのリンクができるかなと思ったけどなかったです。
 なので、ハーゲンダッツのこのフレーバーのキャンペーン動画を貼ります。お花がきれいな動画です。

 こちらのアイスは2月から販売されていたそうで、もうすぐ見られなくなるかもしれないので、気になる方は見つけたら食べてみるといいかなと思いました。
 わたしはもう一回くらい食べたいし、やはり期間限定のローズ味も食べてみたいかなあ。。

 今日は用事もなく、家で溜まったテレビ番組の録画をいくつか消化しました。
 1986年のアメリカ映画「スタンド・バイ・ミー」が放送されたので録画していたのですが、公開当時劇場で観ていましたがやはりいい映画だな、とホロリとしたりしました。
 

 
 
 

テーマ : アイスクリーム - ジャンル : グルメ

奇妙だ! 亀田柿の種 ぶどう山椒味

 先日、読売新聞の購読継続の契約をしたら、発泡酒の「金麦350ml」を2ダース分もらえたんです。
 それで、たくさんあるので、今(深夜2時半)、一人で一本空けてしまいました。
 お腹を壊さないように、グラスに注ぎながらゆっくり飲んでいます。
 ほろ酔いです。

 おつまみに、昨日買ったお菓子を食べているんですが(最近体重が増えてきているのですがつい。。こういう時間を過ごすの久しぶりで楽しい☆)、それは亀田の柿の種です。
 父は酒を飲めない人でしたが、柿の種が大好きでよく食べていて、わたしも柿の種が好きです。
 亀田のはわりとおいしいですよね。


亀田製菓 亀田の柿の種6袋詰 230g×12袋亀田製菓 亀田の柿の種6袋詰 230g×12袋
()
亀田製菓

商品詳細を見る


 亀田の柿の種は、最近いろんな味があるので、飽きることなく6個入りパックのいろんな味をローテーションしながら買っています。
 それで昨日、西友で見慣れないパッケージのものを見つけたので買ってみたのです。
 「ぶどう山椒味」。

 アマゾンにもありました!

亀田製菓 亀田の柿の種ぶどう山椒6袋詰 192g×6袋亀田製菓 亀田の柿の種ぶどう山椒6袋詰 192g×6袋
(2014/02/10)
亀田の柿の種

商品詳細を見る

 柿の種に合う味を全国の名産品の中から探して、和歌山の「ぶどう山椒」に決めて製品化したということのようですが、、なんか変な味!
 山椒の風味はすごいです。後味がガチだ!
 でも個性が強すぎるような?
 奇妙だ!
 人によってはクセになるかも? わたしはまだ判断つきかねています。

 柿の種のシリーズでは、一番そつなくおいしいのは「わさび味」かなと思うのですが、わたしは「梅しそ味」も「柚子こしょう」も好きです。まあなんでも好きですが。
 でも「ぶどう山椒」はちょっと強烈だなあ!
 でもおもしろいなあ!

 期間限定の味らしいので、見つけたら買ってみてはいかがでしょう。
 

 
 
 

テーマ : お菓子 - ジャンル : グルメ

ロイヤルホスト たまねぎとじゃがいもの洋食コース

 おとといはわたしの誕生日だったので、せめて夜に国分寺にでも出てなにか食べようかという話があったのですが、ブログを更新したら猛烈に眠くなってしまって(たぶん疲れたんです(笑))、ついふとんに入ってしまって、起きたらすでに夜になっており、地元のファミレスで済ませることにしました。

 ファミレスと言ってもいろいろありますので、最近全席禁煙にして少し高級路線を打ち出したロイヤルホストに行くことにしました。
 地元でもう30年くらいはやっているだろう店舗ですが、このたび内装も少し変わっていて、今まで入ることのなかった喫煙エリアだった席に通してもらいました。
 
 一応誕生日なので、少しだけ豪華にしました。
 洋食のコース料理にしましたが、「洋食の基本はたまねぎとジャガイモだ」ということで考えられたメニューだそうです。
 ファミレスにしてはおいしかったような気がするので(ロイホはファミレスの中では大健闘していますよね)、撮った写真を載せます。

 アミューズ↓
  140108imo.jpg
 アミューズとは前菜の前のちょっとしたものだそうですが、これは北海道産のジャガイモの「きたあかり」を使ったもので、アッシュパルマンティエといいました。マッシュポテトの下にフレーク状の牛肉があって、ガーリック風味でおいしかった(これが一番おいしかったかも)。
 
 前菜↓
  140108terinu.jpg
 3種類から選べますが、わたしは彩り野菜のテリーヌ(スモークサーモン添え)にしました。ドレッシングがオニオン味です。
 これは前にも食べたけれど見た目がきれいで好きです。店で手作りしてるとか。
 
 メイン↓
  140108niku.jpg
 牛肉の赤ワイン煮。お肉よりマッシュポテトをメインで食べる感じなのだそうです。

 ここまでのセットで2000円弱です。小さなオニオンブレッドがついています。

 プチデザート↓
  140108choko.jpg
 120円のミニサンデーを頼みました。けっこう食べた後なのでこれくらいで充分だったかな。

 実はこの玉ねぎとジャガイモのコース料理、先月テレビで紹介されていて食べてみたいなあと思っていたのでした。
 まあファミレスではあるのですが、「不満!」という感じではなかったです。
 素朴だけど洋食の基本のジャガイモをおいしく食べてもらいたい、というメニュー開発者の気持ちは伝わる気がして、お肉や魚介じゃないから地味ですが、こういうのもいいなと思います。マッシュポテトは確かにおいしかったです。
 このコースの紹介サイト→ こちら

 
 *おまけ*
 昨日のティータイム↓
  140108book.jpg
 最近チェック柄が好きで、小物で楽しんでいます。無印良品の文庫本カバーとコースター。

 昨日の夕空↓
140108sora.jpg





  

テーマ : ファミレス - ジャンル : グルメ

サン・ダルフォーのジャム (カシス)

 うちではここ数年、朝のトーストにつけるジャムは「アヲハタ55シリーズ」を使っていました。
 
アヲハタ55 ブルーベリージャム 165g×12個アヲハタ55 ブルーベリージャム 165g×12個
()
アヲハタ55

商品詳細を見る
 
 このシリーズではときどき特別バージョンのジャムが出るので、珍しいものが手に入ったらブログに書こうと思ってきました(クランベリーとオレンジのものがおいしかったです)。
 でも最近、特別バージョンのものがうちの近所のスーパーでは見当たらなくなり、定番商品ばかりです。
 加えて食料品全般ですが少しずつ値上がりもしているようで、最近は55シリーズも200円以上することが増えました。
 それでも安いのですが、ちょっと味が一巡してしまい(定番のものばかりなので)、飽きたような気がしていて、ソントンのペースト類も買ったりしています(ゴールドセレクションという種類のものはけっこうおいしい)。
 
ソントン ゴールドセレクション メープルスィート 150g×6個ソントン ゴールドセレクション メープルスィート 150g×6個
()
ソントン

商品詳細を見る

 それでもジャムが切れてしまったので買おうと思って隣町のダイエーに行ったら、ちょっとシックなラベル・ボトルデザインのジャムシリーズが並んでいたのです。
 フランスのサン・ダルフォー社のジャムでした。
 手に取って詳しくラベルを見てみると砂糖不使用と書いてあります。
 値段はそのとき298円。
 しかも珍しい「カシス味」があります。
 買ってみることにしました。
 そしてとってもおいしかったのです↓
  131216cassis.jpg
 (ちょっと食べた跡があってすみません)
 
 アヲハタと比べるとゴロッゴロフルーツが入っているし、果汁だけの甘味らしいですがしっかり甘いし、本当にカシスの味がして(ていうかクレーム・ド・カシスの味でしか知らないんですけど)、驚きました。
 ダイエーで298円というのは安かったのではないか。「今だけ価格」なのか。
 また行って、他の味も買っておこうかなと思うくらいです(きっとそうする)。
 
 サン・ダルフォーは1984年創業の会社らしく、オーガニックの紅茶も扱っているらしいです。わたしは今まで知りませんでした。
 
サン・ダルフォー オールフルーツスプレッド ブルーベリー 170g×6本サン・ダルフォー オールフルーツスプレッド ブルーベリー 170g×6本
()
St Dalfour(サン・ダルフォー)

商品詳細を見る

 お手頃な価格帯でこの味だし、ラベルなどもかわいいし、よいなと思いました。
 やっぱダイエー行かなくちゃ!

 
 *おまけ:1*
 ロッテのチョコレートの新商品オンショコラも買ってみました。
 CMで気になってた↓
  131216choco.jpg
 味はまずいというほどではないけれど、地のチョコが甘すぎておいしいと言えるほどでもなかったです。120円だからいいのか。。
  
 *おまけ:2*
 昨日作った豆腐サラダ↓
  131216salad.jpg
 ヤバい見た目となりました(笑)。
 母から紫というかマゼンタみたいな色の大根(カブ?)をもらったのでスライスしてサラダにしようと思い、いろいろやってしまった! 水菜も配置し、トッピングに桜エビと白イリゴマと炒ったパン粉を散らしたらハデハデになりました(豆腐の上にはさらしタマネギも。これが味のポイントです)。
 クリスマスリース風ということで!
 味ぽんとマヨネーズをかけて食べたらおいしかったです♪






テーマ : 美味しくて、オススメ! - ジャンル : グルメ

夢だと思うくらいの デメル スミレの砂糖漬け

 子供の頃、それを誰かからいただいたんです。
 それが誰かというのが思い出せません。小学生のときだと思いますが、その自分がいくつだったのかも思い出せません。
 いただいたのは「スミレの砂糖漬け」。
 
 いただいたのは一粒でしたが、もう夢のような味がしたのです。
 つまり、この世のものとは思えないような素晴らしい味。
 本当に。
 
 だから、いつしかわたしはそれを本当に夢の中であったことのように思うようになり、忘れていったのです。
 「スミレの砂糖漬け」という食べ物がこの世にあるのかどうかさえ、定かではないような気がしていったのです。

 それが数年前、なにかの拍子にわたしが好きなウイーンの洋菓子店の「デメル」で、「スミレの砂糖漬け」を売っているということを知りました。
 「ああ、あのお菓子って本当にこの世に実在するものだったんだ」と思いました。
 それで、いつか買って食べてみよう、と思ったのです。
 夢のように思えたあの味が、本当のことなのか。

 それで水曜日に新宿の伊勢丹に行ったので、デメルをのぞいてみたら「スミレの砂糖漬け」がありました。ディスプレイの中で、少し特別な感じで展示されていました。
 今食べてみようと思い、買ってみました。

 かわいすぎる箱に入る↓
  131214sumire1.jpg
 おしろいを入れる箱みたいです。スミレとスズランの絵が描いてあります。

 スミレの砂糖漬けはこんな感じ↓
  131214sumire2.jpg
 50g入りで、スミレの長いところで2センチ弱くらいでしょうか。
 デメルジャパンでは本国の味を日本で再現させて日本産のチョコレート菓子などを売っていますが、この「スミレの砂糖漬け」はフランス産です。日本では作れないのかな。

 しかして、一粒食べてみると。。。
 
 あの味だ〜〜〜!!!

 香料は入っていないのです。
 なのにすごい香り高さ!
 なんなの!
 ニオイスミレというものが原料らしいのですが、あまりにも、香しい!
 ヘブンリー!
 
 子供の頃に食べたのは、確かに「スミレの砂糖漬け」で、本当のことだったんだ! と思いました。
 でもそれがデメルのものだったのかは分かりません。
 当時、日本では入手できないものだったと思いますし(ヨーロッパではずっと売られていたものらしいです。デメルは数百年続く老舗だし、このお菓子はハプスブルグ家のエリザベート皇女が愛した食べ物として有名)、誰がくれたか覚えていないのですが、当時わたしの周囲にヨーロッパに行くような人がいたという記憶もないのです。 
 スミレの砂糖漬け自体は自分でも簡単に作れるものらしく、それをもらったのかもしれません(ネットでレシピが出てくるので春になったら作るのもいいかなと思いました)。

 しかし本当に素晴らしい味です。香りもですが、なんともいえない風味があるんです。
 言葉でうまく説明できません(子供が夢の中で食べたものだとその後錯覚してしまうような味です)。
 食べた後、口の中にその風味がずっと残るような気がします。それが鼻に抜けていく感じがします。
 お砂糖が固まっているのでシャリシャリした食感です。
 
 お店のディスプレイもそのようになっていましたが、このお菓子はシャンパンに入れるとよいそうです。
 おととい、うちは結婚記念日だったので、シャンパンではなく白ワインを飲みましたが、その中に一つ入れてみました。
 しばらくすると青い色素が溶け出す↓
  131214sumire3.jpg
 これは合成の着色料です。ワインの底に色が沈み、かすかな青のグラデーションに。
 香りももちろん移り、安い白ワインが、なんだか全然別ものになりました。
 
 デメルのネット通販で購入可能です( こちら )。2100円です。そんなに馬鹿高くないですよね。

 あのとき、わたしにそれを食べさせてくれた人が誰か分からないのですが、「夢のような食べ物」という感覚を自分の中に残してくれたことに感謝したいなと思いました。
 

 *おまけ*
 おとといの空↓
131214sora.jpg

 



 
 

 

テーマ : お菓子 - ジャンル : グルメ

初ミラノ風カツレツ

 昨日は映画に行ったので感想を書きたいのですが、頭がまとまっていないので、今日の夕飯に作ったもののことを書きます。

 何日か前、トマトソースのスパゲティを作りました。
 これは、以前バイトしていたKIHACHIにいたシェフのお店で作り方のコツを教えてもらっていたので(そのお店は今はもうありません)、わたしの得意料理です。
 そのときの写真↓
  131205pasta.jpg
 もちろんそのシェフの味にはかなうはずもないのですが。。まあ家庭料理としては上出来かと自画自賛しているのです。和風のおかずが一緒のところが中途半端です。

 そのときに作ったトマトソースが余っていて、スーパーで豚ロース肉が安かったので、今日初めて「ミラノ風カツレツ」を作ってみることに。
 
 わたしは普段家では全然揚げ物を作りません。油の後処理が大変だからです。
 揚げ物は買ってくるか、外食で食べるかです。
 でも、以前テレビで作り方をやっていたのを見たら、ミラノ風カツレツは少ない油で半分「焼く」ような感じでいいということが分かったので、やってもいいかなあと思っていて、今回挑戦したのです。

 おいしくできました☆↓
  131205katu.jpg
 パン粉の衣に、粉チーズと粉末のオレガノを混ぜているので、トマトソースがなくても食べられる感じです♪
 エクストラバージンオリーブオイルで揚げたのでサクサクで、胃もたれしてきません♪
 夫にも好評でした。

 ただ、お肉を包丁の背でたたいて薄くしたのですが(柔らかくなる効果がある)、レシピを改めてネットで見ていると、もっともっと薄くしてよかったようです。
 でも肉の食べ応えも楽しめたし、よかったです。
 少ない油でできるし、また作ってもいいなと思いました。
 
 ミラノ風カツレツのレシピ→ こちら

 
 
 

 

 
  
 

テーマ : +おうちでごはん+ - ジャンル : グルメ

奈良の食べ物 (柿寿賀)

 ゆうべ、テレビで初めて「城下町へ行こう!」という番組を見てみました。
 BS朝日でやっているもので、電気グルーブのピエール瀧さん(最近は俳優としての活躍のほうが顕著か?)が案内人で、日本各地の城下町を散策して街の人とのふれあいを楽しむというもののようです。
 昨日放送されたのは、奈良県の大和郡山城とその城下町だったのですね。
 9月後半の旅行でこちらのお城はバスの中から見ただけでしたので、また奈良で行ってみたい場所が増えてしまいました(笑)。お城の近くにある400年以上続く和菓子屋さんでお餅を食べたい!!

 ということで、奈良で感じた空気感が蘇ったので、奈良の食べ物のことを書こうと思います。
 これでこの前の旅行で書きたかったことがやっと終わります。
 だらだら続いていてすみません。

 ***

 まず全体の感想として、奈良で食べた奈良の食べ物はだいたいすべておいしかったということです。
 泊まったホテルはビジネスホテルでしたが、その朝食もお味噌汁の味など悪くはなかったかなあ。

 旅行後、ネットで一応、奈良の食についてざざっと調べると世間的には「奈良にはうまいものはない」という言い方をされているそうなのですが、それは京都の高級料亭とか北陸の海の幸などと比べて言っているのではないかと思ってしまう。意地が悪いわ。
 あちらは味付けのセンスそのものがいいのではないかと思いました。どれも上品なのです。
 あれをもって「うまいものはない」とは。。
 
 ええと、わたしは若い頃、初期のKIHACHIでセカンドシェフをやっていた人の店で働いていろいろ教わったし、夫は北陸金沢の料亭の息子なので(今は店はつぶれた)、こういうことに関して少しうるさいです。
 この基本情報がないと「偉そう、お前何様」と言われそうなので書いておきます(このことを何度も書くのは、わたしのブログを「初めて読む」という方が常にいるかもしれない、ということを、常に想定して書いているからです。しつこくてすみません。でも「ネットで書く」ってそういうことだと思うんです)。

 ***

 まず「おお!」と思ったのは、初日の夕食で行った、団体旅行グループ向けのお土産屋を兼ねた大きな食堂でした。初日の夕食はツアーに組み込まれています。
 こういう旅行者向けの大きな食堂というのは、だいたいマズいですよね。
 去年はJTB主催の国内旅行をしていましたが(飛騨高山・白川郷・金沢を巡るものと北海道東部のもの)、そこで案内されるこういうレストランは、ハッキリ言ってマズかったので、期待していなかったのです。
 この食堂は奈良公園の中にありました。名前失念しています。「春日なんとか」だったような。。。

 プラだろうけど器も普通にきれい↓
  131128narashokuji1.jpg
 セッティングのセンス悪くないですよね。。

 しかして開けると盛りつけもよい↓
  131128narashokuji2.jpg
 「これはもしやおいしいのか?」と思ったらおいしかったです♪
 右は大和牛が乗ったにゅうめんの碗です。左は葛切りの入ったお味噌汁。葛切りのお味噌汁は、個人的には微妙で、わたしは葛切りは黒蜜で食べたい派です。
 真ん中のおかずもおいしかったです。どれも味付けが濃すぎなくて上品なんです。
 
 最近、日本全国、とくに関西地方でホテルなどの「食品(食材」)偽装」問題が噴出したので、この碗の「大和牛肉」は、もしかするとアメリカとかの牛肉だったのかもしれません。
 でも、味付けそのものがよいので、偽装があった=味がマズい ではないと思います。
 
 期待しなかった団体客向けの店でのことなので、ここですでに「うーん、これは奈良はあなどれないな」と思っていました。
 関西の人からは「あれで『おいしい』とは、トウキョウモンの舌はほんとクソやな」と言われてしまうかもしれませんが。。夫も「おいしかった」と言っていました。
 
 全体的に味付けのセンスが上品っていうのはすごいと思うのですが、ちょっと奈良は過小評価されすぎてやいないか? いろいろな面において。
 この食堂で奈良漬けも食べましたが、やはりすごくおいしくて、お土産屋さんで購入しました。
 奈良で食べた奈良漬けはどれもパリパリしていておいしかったです。

 ***

 2日目はけっこう暑い中をたくさん歩いたので、飲み物の挑戦を楽しみました。

 憧れの冷やし飴↓
  131128narahiyasiame.jpg
 
 「冷やし飴」というのは、関西でポピュラーな飲み物らしいのですが、わたしがそれを初めて知ったのは旅行エッセイ漫画を描くグレゴリ青山さん(京都出身)の著作の中で、でした。
 ショウガと麦芽糖を煮詰めた「飴」を水で割って飲む飲み物で、夏の風物詩なんだとか。
 おいしそうだなあ、と思っていたら、唐招提寺の門の前にある喫茶店にあるようなので頼んだのです。
 夢のようにおいしかった。。。(冷え性なのでショウガ大好き)
 また飲みたい。。。
 こちら、観光地値段のようで500円くらいしたのですが、関西の生活圏ではもっと安く飲めるそうです。

 
キャプテン ひやしあめ 600mlキャプテン ひやしあめ 600ml
()
キャプテン

商品詳細を見る

 これいつか買ってみようかなあ。。。けっこう評価高いな。。。
 
 2日目の最後には法隆寺に行きましたが、そこでもたくさん歩いて喉が渇いたため、バスの出発時間まで、お土産屋さんで売っていた「鹿サイダー」を飲んでいました。
 なんという名前(笑)↓
  131128naracider.jpg

 これは、奈良の名物である「柿」で作られたお酢で味付けされているものなのでした。
 うーん!
 上品ではある。甘味とかの具合が。
 柿の酢という味も、かすかにする。
 が!
 やはり「酢」はなあ。。。
 ツーンとするんですよねえ。。。
 マズくはない! 
 けど、お土産話で飲む、ということくらいでわたしはいい!
 という感じでありました。

 どうしたって「冷やし飴」がよかったです。。。(うっとり)

 ***

 2日目の夜の食事は各自自由だったので、わたしたちは「ホテル日航奈良」の中のバイキングレストランに行きました。
 和食は前日食べたし、初めての奈良で地理もよく分からないし(泊まっているホテルと近かった)、値段も手頃に済ませたいということで冒険はしなかったのですが、これも正解だった気がします。
 「奈良らしさ」はありませんが、普通にシティホテルのクオリティのバイキングです。損したという気にはなりません。
 目玉は目の前で焼かれるフォアグラの乗った牛フィレステーキ。
 おいしくて二皿もらいました♪
 でも、これも「偽装」があったかもしれません。ホテル日航は入っていましたよね。
 フィレ風成形肉かな。じゃないとバイキングで出せませんよね。。柔らかくて普通においしかったです。
 デザートでは、クレープとワッフルも目の前で焼いてくれ、中身やトッピングを選べます。クレープは大きさも加減してもらえます。
 バニラアイスと生クリームとバナナ、いちごソースで↓
  131128narahotel.jpg
 クレープはふわふわでおいしかったです!

 旅行で興奮して疲れてしまい、もうあまり食事についてまで考えたくない、というときに、有名なホテルのバイキングにしてしまうのはいいかもと思いました。
 
 ***
 
 写真を撮っていないのですが(激しく後悔)、あとおいしかったものをいくつか。

 三日目に行った石舞台古墳の入り口の向かいにあるソフトクリーム屋さん。
 テレビ取材も受けたお店のようで、冷凍された果物とプレーンのソフトクリームをミックスして作るソフトクリームで有名だそうです。
 わたしはいちじくで作ってもらいましたが、のけぞるほどおいしかったです!
 添乗員さんは、古代米で作ったという珍しいソフトクリームを食べたらしいのですが、それはイマイチだったようです。。
 もし石舞台古墳まで行かれるなら、あの果物と作るソフトクリームはおすすめです。たくさんの果物の種類がありました。

 3日目はバスの移動が長かったので、昼食はバスの中で食べました。
 柿の葉寿司を食べましたが、これもおいしかったです。
 金沢の笹寿司に似ていました。
 酢飯に薄切りのタイやサケの切り身が乗り、葉っぱでくるんであるんですね。
 柿の葉でもおいしいですね。
 
 夕食も移動しながら食べなくてはいけなくて、新幹線の中で名古屋コーチンのお弁当を食べました。
 これもおいしかったです。
 
 この昼食と夕食のお弁当はクラブツーリズムのおすすめするものを頼んだのですが、法外な値段ということもなかったです。

 ***

 あと最後に、やはり旅行社から薦められた、奈良のお菓子を紹介します。

 「柿寿賀(かきすが)」という商品です。
 初日に添乗員さんが「関東の百貨店などではまず買えないもので、出回る数が少ないけれどとてもおいしいのでぜひ」と言うので、買ってみたのです(最終日の新幹線で商品を受け取った。冷蔵保存が基本)。
 柚子の皮を干し柿で巻いて棒状にした食べ物です。
 これがもうとってもおいしい! 
 素朴な作り方なのに上品なお味で驚きました。まさに名菓です。
 包装もきれい↓
  131128kakisuga1.jpg
 箱もきれい↓
  131128kakisuga2.jpg
 こういう食べ物です↓
  131128kakisuga3.jpg
 薄く切って食べるのがよいそうです。直径は4センチ弱くらい。
 
 ちょっと本当においしいです。
 干し柿と柚子が大丈夫な方なら気に入るのではないかと思います。
 クリームチーズと一緒に食べるとおいしいオードブルになります。
 通販できるので、そのうち頼みたいと思っています。
 1本1200円と、お値段もお手頃です。冷蔵で2か月、冷凍で6ヶ月持つというのも嬉しいです。
 柿寿賀のサイト → こちら
 
 こういうおいしいものに出会えるのは旅のよい部分だと思います。
 
 
 

 
 

テーマ : お取り寄せ - ジャンル : グルメ