がんばったちゃこさん(母)

 昨日とうとうクーラーを使ってしまった北美紀です、こんばんは。。
 ちょっとダメでした。。さすがにもうダメでした。。。
 でも設定温度は29度です!!
 
 昨日は実家に母の姉のY叔母と、いとこのNちゃん、T君が来てくれました。
 (Y叔母のご亭主のT叔父は、去年秋にガンで亡くなった)
 Nちゃんが実家に来たのは、もしかすると30年以上ぶりです。
 このNちゃんは子供の頃のわたしのアイドルだったので、今でも会うと嬉しいです。

 Y叔母と母、仲良く相次いで未亡人になりました。
 でもなんとなく、去年から「続いてしまうんじゃないか」という予感はあったんですね。。それはY叔母たちもそうだったみたいです。
 T叔父と父も、どこかで気が合っていたように思います。父にとっては、母の実家での親族づきあいの中で、ひょうひょうとしたT叔父がいてくれることで気が休まっていたのではないか、と思います。
 ほんとに仲良く、相次いで。

 母は趣味で5年以上、鎌倉彫りをしています。
 おととい、彫り上がって漆を塗ってもらっていた作品が仕上がったとのことで、見せてもらいました。
 これが最高傑作となったので、写真に撮ってきました。
 テーマ「秋」↓
  1107chakokinoko.jpg
 ちょっと黄色味が入る漆を使ったそうです。
 デザインの原案は母がやりました。きのこの写真はわたしが提供したもので、それをトレースしています。それに、先生が手を加えて下さいました。なので、いろんな人の手が加わった合作ですかね。塗り師の仕事が素晴らしすぎですが、先生曰く、母の元のがよいからがんばってくれたのではないか、とのことです。
 父との最期の日々に創ったものです。

 もう一つ、数年前に創ったものもあります。
 テーマ「春」↓
  1107chakosakura.jpg
 これも悪くないですが、きのこのほうが見応えあるような感じです。月の部分の銀色は、プラチナの粉を使っているそうです。こちらもデザインの原案は母が自分で創りました。
 この桜の作品は、嫁に出ることが決まっているので、写真に収め、こちらで出してしまいました。

 大きさはどちらも30センチ角くらいです。

 もうこれだけのものを創れることはないのかな、という感じもあります。漆はお金もかかるし。

 ということで、母の趣味におつきあいくださり、ありがとうございました。
 



 
 
スポンサーサイト

テーマ : 和風、和物、日本の伝統 - ジャンル : 趣味・実用

母の絵手紙

 昨日は実家で、父の入浴をしました。
 まあ、入浴というか、夏場なのでシャワーです。
 シャワーだと楽。

 わたしの母は絵手紙に俳句というか、川柳をつけたものを描いて友人たちに送るのが好きなんですが、
 最近けっこういいものができているので、紹介してしまいます。

 6月から入院していた母の姉のY叔母(胃がんのT叔父の細君)へ宛てて描いたものですが、母本人が内容を気に入って、うちわにも描いて家で使っているのです。
 
  1008utiwa1.jpg
  1008utiwa2.jpg

 つけたメッセージは、「蛙鳴く 無事でお帰り 雨の日は」(裏面に書いてあります。カエルの絵の足が変ということは、母も自覚しています(笑))。

 それは梅雨時の入院で、この頃母もわたしも、このY叔母の一家のことについて、ちょっと気になる夢を見ていたので、そんなこともあって、母はこの作品(と言わせてもらいます)を作りました。
 T叔父のことを思うと、その夢はなんだか当たってしまったなあと思うんです。
 今、叔母たちは、最期の家族の日々を送っています。

 もう一つ、シチュエーションが傑作のうちわがあります。

  1008utiwa3.jpg

 「恋ごころ いつの間にやら 色褪せて」(表の絵柄は千代紙を貼っただけなので割愛します)。

 ときどきこのうちわで、眠りについた父をあおぐのだそうです。。。(笑)
 超ウケる。。。

 結婚生活45年の両親ですから、まあ、二人の間に恋心なんてものはもうないでしょうが、
 なんだかすごく大きなものはあるなあ、と思います。
 それがなにかは、まだわたしも、当てはまる言葉が分かりません。
 分からないままで、いいのかもしれないとも思います。
 



 

テーマ : 心と幸せ - ジャンル : 心と身体

地元人

 今日は実家で少し用事をしてきました。
 昨日買った850円のジーンズを兄のみーくんに見せました。
 850円はすごいけど、こういう(デフレの)世の中はやばいと言うと、そうだと言われました。
 「850円で安くていいわ???♪ なんて言ってる主婦はダメだ」と言われました。
 わたしは危機感はあるので、まあ、とりあえず許されるのだそうです。
 
 今年の福寿草→1002hukuju.jpg

 母が色を塗っただるまが窓辺にありました。
 だるまというよりふくろう→1002daruma1.jpg
 どう塗ってももちろん自由なんですが、こういう色にしようと思うでしょうか。。。「肌色がなかったから」ショッキングピンクの顔なんだそうです。
 ラメ入りです☆
 
 そんで背中は。。。
 四葉ちゃん☆→1002daruma2.jpg


 
 
 

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記