小林麻央さん

 昨日撮った近所のあじさい↓
170624ajisai1.jpg
 色とりどり。

 今週も無事に週5日、通院して放射線治療をすることができました。
 今週は雨の強い日もあったけど、35度超えの真夏の日々に通院がかからなくてよかったかなと思っていたり。あじさいもきれいだし。
 
 これは病院の入り口付近のあじさい↓
  170624ajisai2.jpg
 一つ一つのあじさいのガクの真ん中が、ぽちっと青くて丸いところ(つまりここが「花」らしいけれど)が、わたしがあじさいを好きだと思うゆえん。これが青じゃなかったらだいぶ違うのではないか。
 青という色は好きだ。

 これも病院のあじさい↓
  170624ajisai3.jpg

 昨日は身体に少し疲れがあるように思ったし、帰りに銀行などに寄りたかったのでバスを使おうと思ってたのだけど、治療がさくさく終わってバスの時間までけっこうあったので、病院の待ち合いスペースのところでヨーグリーナを飲みながらぼーっとしていました。
 すると夫からメッセージが入って。
 小林麻央さんが亡くなったと知りました。
 「やだっ」と声をあげて、どうしても、泣いてしまいました。

 今の時期、初発の乳ガンの初期治療を受けている方、治療を終わらせて間もない方で、この方の影響がある人はどれくらいいるんだろう。
 わたしは、まさにそれで、乳ガン患者としては、「麻央チルドレン」と言えるのではないか。
 たぶん、、「晶チルドレン」とか、古いところだと「邦子チルドレン」とか「千代子チルドレン」とか、いろいろな時期の方が、乳ガン患者全体の中でいらっしゃると思いますが(もちろんそんなこと関係なく、検診などで見つかった方のほうが多いかもしれないけれど)、もしかすると「麻央チルドレン」は、数としてはすごく多いのではないかと思ったりします。
 それくらい、インパクトのある、病気の発覚・発表、そして、その後の発信だったと思います。

 わたし、一応もうひとつブログを持っているんですね。以前、FC2ブログでトラブルがあって更新ができなくなたっときに、避難場所として作ったものです。以前やっていた「さるさる日記」と同じ会社がされている「ヤプログ」で、そちらに以前書いていた日記も移しましたが、今はもうほとんど更新していなくて、でも維持するために、数ヶ月に一度更新している感じなのですが( こちら )。
 そこでは少しだけ書いたけれど、わたしは麻央さんのブログは、9月にできたときから読んでいたんです。
 読みはじめたときは、自分にも「しこり」があるって、全然思ってなかったけれど。。。
 
 去年の6月に旦那さんである市川海老蔵さんが麻央さんの乳ガンについての会見をされて、やはり衝撃を受けました。
 わたしは衝撃を受けると、その話題についてネット上の掲示板を読んだりします。
 このご夫婦にはいろいろな話題が多かったので、やはりそういう意味でも気になるもので、掲示板を見にいって、世の中の人々がどんな意見を持っているか確認していました(わたしは以前は2ちゃんねるをよく見ていましたが、今はガールズちゃんねるを見ています。あまり書き込みはしないけれど。2ちゃんよりもガルちゃんのほうが意見にプラスマイナスがつくから、世間の意見が分かりますよね。でも2ちゃんもガルちゃんも、前よりおもしろくなくなったなと思います。組織的にも思える意見介入が感じられることも増えたからかな。。)。
 当初は手厳しい意見もたくさんあって、わたしもいろいろ思っていました。 
 自分の胸にしこりがあるとは露にも思わず。。「歌舞伎界スゲーナー」みたいな感じで。。。
 思えばその頃、義母が亡くなってまだ3ヶ月、義姉の新生活が大きなテーマでやっと引越しができた頃で、まだまだ、わたしは「渦中」にいたんです。
 なんの「渦中」かと言うと、、、冥王星がホロスコープ上のわたしの「結婚(人間関係)の部屋」の太陽に重なっていて、人間関係について一から学び直すという「渦中」ですが。。これもまた長い話になるので、これ以上は書きませんが。。。

 その後、9月から麻央さんがブログを始められました。
 それをネットのニュースで見て、自分も読みに行き、病の影に隠れたくないという言葉などに共感するものを感じていました。応援する気持ちでいました。
 それでも、、9月には金沢に行ったし、母の左膝蓋骨骨折と精神的なリハビリがまだ完了していない感じもあったし、まだまだ、わたしは「渦中」にいて、、自分のしこりには気づかず。
 そして、10月に奈良の春日大社さんに行って、おみくじで「病気 重し」と言われ蒼白になって、その少しあとに、とうとう、自分の胸にしこりを見つけるわけですが、見つけるその直前まで、麻央さんのブログを読んで、ガルちゃんの麻央さんの話題を見ていたのですね。
 なにかの話題で叩かれていたんだよな、麻央さん(ほんとに末期になるまで、叩きはなくならなかったけれど、、怖いねえ。世間)。
 でもそういう話題を見ていると、叩きだけではなくて、乳ガン経験者や医療関係者と思われる方の書き込みがあったりして、勉強になることもあるんですよね。
 そういうものがあるから、わたしは匿名掲示板を読んでしまうのだけど。侮れないなって思うことも多いから。
 たぶん、そのとき、そういう「ちゃんとした意見」の中に、乳ガンの症状に関するものがあったのかな、それで怖いなあって思って、それはもう夜中の2時くらいをまわっていて(たぶん話題が盛り上がっていて読むのを止められなかった)、もう読むのをやめようと思って、床について仰向けになって、そのとき、ふと自分の右胸を触ったら、あれっという感じで、しこりを見つけた。
 そういう顛末だったんです。
 だから、ものすごく直接的に、麻央さんが、わたしの乳ガン発見に関わっているんです。

 何度触ってもしこりはあって、蒼白になって飛び起きて、再びネットを開いて、胸のしこりについて検索して、「これはヤバい」って思って、ハタと気づいて春日大社さんでいただいたおみくじを見て「シャレにならん」て思って、もう明け方3時は過ぎていたけれど夫を叩き起こして、正座して、ごめんね、と謝って、「胸になにかある」と。
 あの夜、そういう風に、わたしの闘病が始まったんです。
 そのまま一睡もしないで、ネットでその3年前に市の乳ガン検診を受けた病院のことを調べて、朝一でその病院に行って、受付に並んで「さっき胸にしこりを見つけたんです」って受付のお姉さんに言って、「予約がないから診られない、しかも今日は乳腺の先生はいない。あとで予約センターに電話してくれ」って言われて(しかも予約したら診てもらえるのは1ヶ月後、その1ヶ月のつらかったこと!)、、フラフラして地元に戻って、団地に戻れず実家に行って、母に「胸になにかある」って言ってしこりを触らせて、、って、そんな感じです。

 でもね、その病院からの帰りね、それは10月の後半だったけれど、道ばたに「むかご」がなっているのを見つけたんです。
 細いつるの中に点在するむかご。おいしそう。朝の光を受けていて。
 それを見たら、猛烈にこの地球やこの自然が愛おしいものに思えて、もっとここにいたい、と、猛烈に思ったのでした。
 30代の頃はウツにもなって、自分の人生を「死ぬまでの生き延ばし」と思ったこともあったのだけれど。
 そんな風に思っていた自分がいけなかったのかな、とも、思ったけれど。
 その反省は、今もあるけれど。
 情けないよね、ガンにならないと、分からなかったことなのかもしれないんだから。
 それに、、治療が進んできた今、ちょっと、あの日の「猛烈にすべてが愛おしい」という感覚が薄れているかもしれないんです、、これも情けないよ。
 
 そこに、昨日の訃報が入ってきたわけですが。。。
 そして、いろいろと思い出しているのですが。。。

 麻央さんの病気の話題を6月から見ていて、やはり怖いなと思って、自分の胸を触ることはあったと思うんです。
 でも、いつも脇のほうばかり念入りに触っていて(乳ガンは外側にできやすいとネットで情報を見ているから)、わたしのしこりは右側の乳頭から見て、内側の少し上のあたりにあったんだけど、そのエリアって、座ったりして胸が重力で下に向かっているとき(貧乳だけど多少は下に向かうんだぜ)、しこりが分かりにくかったと思います。そのエリアだって、触らないことなかったと思うけど、気づかなかった。
 あの日、寝る直前まで麻央さんの話題を見ていて、布団に入って、胸が重力で水平に広がったときだったから、しこりを見つけられたのかなって思わなくもないんです。
 今診てくださっている乳腺の先生(キング)にも、見つけにくい場所だって言われたし。

 だからほんとに、、見つけられたのは麻央さんのおかげだし、、感謝しかないんです。
 
 自分の胸にしこりを見つけてから、わたしは麻央さんのブログを読めなくなりました。怖くて。
 ネットのニュースサイトで話題に上っていても、見ないようにしていました。ガルちゃんでももちろん見なかった(ひどい叩きがありすぎるんだもん)。
 でも、自分も抗がん剤をやると決めて、実際にやって、髪が抜けたあたりかな。
 そこまで来たら開き直れて、ふたたび彼女の話題を見られるようになりました。
 ですが、その頃には、麻央さんの病状はかなり進んでいたように思います。
 「困ったなあ」と思いながら、それらの話題を見ていました。
 夫とも、困ったね、という感じで話しながら。

 そして昨日、ほんとにその日が来てしまったのですが。。
 
 小林麻央さん。
 勇気ある発信をありがとうございました。
 あなたのおかげで、まあまあ早期と言えるのではないかという段階で乳ガンを発見できた患者が、ここに一人おります。
 この先、再発や転移の恐怖はつきまとうけれど、あなたのように、人生をいろどり豊かなものにするために、自分にできることをしていこうと思います。
 ほんとにありがとう。
 おつかれさまでした。
 どうぞ、お安らかに、自由に、ご家族のことを、見守ってさしあげてください。

 
 昨日の夕空↓
170624sora.jpg

  
 ☆タロット占いのセッションを、しばらくお休みとさせていただきます☆
  *乳ガン治療のため、ちょっと体調の様子見をさせていただきます*
   対面セッションで、場所は新宿の喫茶店です。
   30分/2000円です。
   詳しくは こちら をご参照下さい。
    kitaminori@tbt.t-com.ne.jp







 
 
 
 

 
スポンサーサイト

テーマ : 乳がん - ジャンル : 心と身体

36Gy

 病院への道すがらに咲いていたユリ↓
170621yuri.jpg
 きれーねー。(このユリに言っている)

 同じくのあじさい↓
  170621ajisai.jpg
 きれーねー。(このあじさいに言っている)

 今日は東京都下小平は朝から雨が降っていて、午後になっても強いままです。
 風もあるし、肌寒いです。
 今週も、順調に治療に通えています。着々とグレイを重ねています。今、36グレイだ!

 昨日は一ヶ月ぶりに乳腺の先生に診察していただきました。
 いつも混んでいるので(続々と新患さんが増えているのか。。。)、あまり長くならないように、一応前もって質問することを考えておきます。その質問も、ネットで調べればすぐに分かるようなことならやめるし。
 そうやっているうちに、乳ガンのいろいろなことに詳しくなりました。。
 でも、そうやって調べるほうが、精神衛生的にはよかったかなと思います。
 病気について分からないでいるほうが、きっと不安が大きくなると思うので。。。
 
 それでも、どんなに調べても分からないことは分からないし、そういうことは、先生に訊いても分からないだろうし(たとえばわたしは必ず転移するのか、とか)、だから、そういうことは、あまり考えないようにして、神仏(大いなるもの)にお任せするんだ、という気持ちでいるしかないのだろうと思います。

 来月のはじめには放射線治療も終わるし、それが終われば今の病院に頻繁に通うこともなくなっていくようです(あとは薬の処方のみになるので、かかりつけ医と連携していくことになります)。抗がん剤の副作用のじんましんの影響はちょっと残っているから、皮膚科の通院がまだあるかもしれませんが。。
 初期の乳ガンの治療のゴールは見えてきました。 
 ちょっとさびしい。キングー!(笑)

 今日は最近できた「ガン友」さんと治療の後ランチをしてきました。
 すっごいご近所さんで、同じ乳ガンの方と、偶然知り合えたんです。会計のロビーのところで。
 なんと、同じスーパーに通っているという(笑)。
 わたしの乳ガンのタイプと大きく分けたら同じだけど、細かく見ると違うという方で、ほんとに乳ガンは人それぞれなんだなという感じです。
 乳ガンについての情報交換や、先生の悪口を言ったり(笑、だってすっごいバッサリなんだもん)、地元の情報をお渡ししたり(わたしのほうが地元歴長いので。あそこの歯医者はやめたほうがいいとか、いろいろ)。
 以前お会いした大腸がんのガン友さんは、その後電話をしたり、バスの中でお会いしたりしたけれど、抗がん剤の副作用がやはり大変とのことで、、あまり騒ぎ立てしたらいけないな、という感じがしたり。
 そういうやり取りの中で学ぶこともあるなと思っていたり。

 ほんとに濃い日々を送ってきたので、治療のゴールが見えていることがちょっと信じられない感じです。
 まあ、まだ放射線はあるのですが。
 毎日の通院も思っていたよりも苦にならないので(むしろなんか自分が治療という「流れ作業」の対象になっている感じが楽しいような。。この感じを、うまく説明できないんだけど)、よかったなと思っています。

 最近思い出していた人の曲を貼ります。
 シネイド・オコナー「NOTHING COMPARES 2 U 」

 わたしがどうしてこの方のことを思い出していたのか、お分かりになります?(笑)
 この曲がヒットしていた当時、きれいな人だなあと思ってこのPVをテレビで観ていました。25年以上前か。
 未来の自分が、こんな気持ち(状況? 見た目?)でこの曲を見返すことになろうとは。。。(笑)
 そして改めて調べたら、このオコナーさん、けっこう経歴というか、激しい方のようで。
 この曲しか知らなかったので驚きです。
 スキンヘッド女性は激しいのか。。。なるほど。。。。
 なかなか考えさせられる人だった。

 
 ☆タロット占いのセッションを、しばらくお休みとさせていただきます☆
  *乳ガン治療のため、ちょっと体調の様子見をさせていただきます*
   対面セッションで、場所は新宿の喫茶店です。
   30分/2000円です。
   詳しくは こちら をご参照下さい。
    kitaminori@tbt.t-com.ne.jp





 
 
  
 
 
 

テーマ : 乳がん - ジャンル : 心と身体

放射線治療1回目受けてきました。

 今日の病院入り口のあじさい↓
  170529ajisai.jpg
 木曜日から4日で色が濃くなったけれど、この前みたいな感動がない。。。(笑)
 でも定点観測で、このあじさいの成長ぶりを見ていこうと思います(写真は気が向いたときに撮ります)。
 これから毎日病院行くんだもん。。なんかないとね。

 今日ははじめての放射線照射を受けてきました!
 おっぱいにたくさん印がついています!
 照射自体はすぐに終わります! 
 その間、ほとんどなにも感じないです。
 とにかく、機械がなんかスゲーです。スタートレックやったわ。。。(最新鋭のメカっぽいものを見ると全部「スタートレックみたい」と思うのです。でも、最近はもっとすごい放射線の機器があるそうで、そんなの見たら、、やっぱり「スタートレックみたい」って思うんだろうなあ。。。)
 そこまで緊張はしなくて、すごすぎる機械を見てやはりちょっと笑ってしまいました(笑)。だってほんとすごいんだもん。。
 放射線治療の部屋の天井には、星の柄の壁紙(?)が貼られていました。控え目な色合いと柄だけど。
 なんかそこに、感じるものがありました。
 そういう場所に、そういう柄のものを使おうとする、人の心のことを感じました。
 治療がんばろう。。。

 治療はあっという間に終わります。あっけない感じです。
 悔しいので(?)、病院の中にあるアイスクリームの自動販売機でアイスクリームを買いました。
 グリコのです↓
  170529ice.jpg
 今日買ったのはチョコレート味のでしたがおいしかった。。。結局あまり冒険しないで、チョコ味とかが無難なんだよな。。。でもそのうち他の味も食べてみよう。。

 行きは電車とバスを使ったのですが、帰りは最寄り駅まで歩けそうなので歩いてみました。
 病院の近くの農家で(あひるがいたところ)、カンパニュラの花束を買いました。200円。
 日傘は持っていましたが、炎天下なので途中で疲れてしまいました。まだ体力が戻りきってないようです(以前は病院から自宅までだって歩けたのだよ! 健脚だもん!)。
 木陰でちょっと休憩↓
  170529kampa1.jpg
 「木陰で休憩」なんて、すごく久しぶりで気持ちよかったです! 
 ペットボトルのお茶飲んでさ。。風がさわやかで、木漏れ日が揺れていて。
 「ああ、世界は素晴らしい」と、こういうときに思います。
 でも、昨日みたいに「G7」とかのことが対象になる「世界」は、どうしようもないなと思います。
 この2つの「世界」は、同じもののことなのかしら? と思ってしまう。
 たぶん、もしかしたら、違うものなのかもしれない。わたしの頭の中では。
 どう思われますか?
 難しいですね。

 カンパニュラがきれいに咲いているおうち発見↓
170529kampa2.jpg
 すてきだなあ。。

 調べてみたら、カンパニュラとホタルブクロは、やはり同じ種類(属)のお花なのですね。
 ホタルブクロのほうがそそっとしたたたずまいで好きだなあ。お花が下を向いているんですよね。
 
 先々週の読売新聞に、ホタルブクロを題材にした短歌が載っていて、よかったので切り抜いていたんです(いいなと思うと切り抜いて手帳に貼っておくんです)。
 転載しますね。

  手折りこしほたるぶくろの一つはな割れて谷間の闇すこし吐く 大原葉子
 
 なんかミステリアスでいいですよね。

 ホタルブクロより明るいカンパニュラを飾る↓
  170529kampa3.jpg
 闇は吐かなさそうです。

 新しい治療、皮膚の赤みなどのトラブルは、しばらくすると出てくるようです。
 まだまだよく分かっていませんが、これからあと29回、この治療を受けます。
 効果がありますように!

 
 ☆タロット占いのセッションを、しばらくお休みとさせていただきます☆
  *乳ガン治療のため、ちょっと体調の様子見をさせていただきます*
   対面セッションで、場所は新宿の喫茶店です。
   30分/2000円です。
   詳しくは こちら をご参照下さい。
    kitaminori@tbt.t-com.ne.jp





 

 
 
 

テーマ : 乳がん - ジャンル : 心と身体

笑いの閾値が下がる

 今年初のあじさい写真↓  
  170526ajisai.jpg
 昨日病院の入り口の植え込みで撮りました。
 このあじさい、火曜日午後にはもっと全体のつぼみ(?)が小さくて、色も白かったのに、たった2日でここまで行くのかと。
 きっと今日はもっと色づいているのだろう。
 来週にはもっとだろう。
 決めた、この花がどうなるかフォローしていくぞ。
 
 これはつい買ってしまった芍薬↓
  170526shakuyaku.jpg
 ふわふわしゃかしゃか。。。なんてきれいなのかしら。重なる花びらから「シャクヤク」っていう音がしそう。

 最近、笑いの閾値が下がっています。
 自分が乳ガンだと分かってからだな。
 笑いは免疫力を上げるっていうことだから、とにかくなんでもおもしろがろう、おもしろいものを見つけようって、本気になったような気がします(だってまだ死にたくないんだもん)。
 母から落語のCDを借りてるのですが、いまだに聞いていなくて、そんなものなくてもけっこういつもおもしろいものを見つけては、毎日笑っています。
 そんで、そのおもしろいものを思い出しては笑っていたり。一人で部屋で。
 声を出して大笑いしているの。
 ヤバい人って思われるかもしれないけど、もうそんなの関係ないです。遠慮もしません。
 わたくし、「がん患者様」なので。

 最近すごくおもしろいのは、この前1回書いたけれど、テレビ朝日のシルバータイムドラマ、「やすらぎの郷」です。
 もうすぐ放送40回になるのかな、ほんとにすごくおもしろい。今のところクオリティは落ちていないように思える。
 録画しておいて、まとめて夫と観ていますが、あまりのおもしろさに毎回手を取り合ってしまうし(「マジか」と思うとお互いそう思ってるかを確認するために手を取ってしまう、そしてだいたい同じ箇所で「マジか」と思っている)、予想を上回るご老人たちの疾走ぶりに、腹を抱えて笑ってしまいます。
 ヤバいです。
 とにかくすごいのは浅丘ルリ子(笑、ダメだ、この字を見るだけで笑える)。
 昨日、とうとう出てしまいました、わたしの口から。
 「ルリ子は日本の宝よ!」と。
 「日本の宝」発言があるのは、相当です。ヤバいです。
 いやいや冗談でなく、浅丘ルリ子さん、すごいです。女優魂見せつけられています。尊敬します。
 「おんな城主 直虎」の寿桂尼役もすごいですしね。
 宝だよ、宝。
 1回目から観ていてよかったと、心の底から思うのでありました(わたしがこんなときにこんなドラマを作ってくださって、倉本先生ありがとうございます。。)。
 
 そんな感じで笑いの閾値が下がっているわたしですが、昨日は病院で放射線治療のための診察、検査、放射位置の印付けをしてきました。
 来週月曜日から毎日、週5日、全部で30回の通院となりました。
 ふだん家でダラダラしているし、抗がん剤治療の間はほとんど外にも出ていなかったわたしですが大丈夫でしょうか。
 でも昨日は病院のあと、わりと動けたし、身体の調子は戻ってきていると思うので大丈夫かなと思います。
 とにかくがんばらないと。
 
 昨日は照射の位置決めのためにCTも撮ったのですが、これがなんだかすごくて、スキャンのための大きな精密機器の台の上で笑い出してしまいました。
 なんだろね、、技師さんたちが、「はいここ上って」「はい脚こっち」「はいここつかまって」って、ものすごい勢いでわたしの身体をセッティングさせていくのが(そして、それに「はい」「はい」と応えるわたしが)、なんかコントみたいに思えて、、声だして笑っちゃった。
 緊張もあったんだと思いますが。。なんかおかしくておかしくて。。
 そしたら技師さんたちも笑ってくださったので、まあ、よかったかなと思うのですが。。
 
 なんだか、その気になると、世の中にはおもしろいものがたくさんあるっていうか、生活の中におもしろいものっていうのは、いくらでも見つけられるんだな、ということを、遅ればせながら(がんになってようやく)知ることになっているなと思います。
 
 ちなみに、毛髪の抜けた自分の頭を合わせ鏡で後ろから見ているときにも、ときどき声を出して笑ってしまうことがあります。 
 ちょっと毛が残っているところもあって、なんとも中途半端なんです。
 まあちょっとおもしろいです。
 でもね、、、
 これね、、、、
 自分では笑いますけど、、、
 他人がこれを見て笑ったら、、、、
 たぶん、、、

 殺意が沸くし、たぶん一生許さない(笑)。

 人間の心理なんて、そんなものです(笑)。

 自分がそうなることが分かるので、夫以外の誰にも見せないつもりでいます。母にも兄にも見せていません。
 はじめは夫にも見せないつもりだったんだけど、そう言ったら夫がさびしそうな顔をしたので、夫には解禁しました。
 やはり一緒に暮らしているから、見せないでずっと行くのはきつかったかもしれません。
 夫は、わたしと同じくらいか、わたし以上にわたしの病気によって苦しんでいるので、夫がわたしの頭髪を笑っても、許そうと思います☆

 なんかすごい話になっちゃった。

 笑うことですら、本気でやってるよ、というお話でした!

 
 ☆タロット占いのセッションを、しばらくお休みとさせていただきます☆
  *乳ガン治療のため、ちょっと体調の様子見をさせていただきます*
   対面セッションで、場所は新宿の喫茶店です。
   30分/2000円です。
   詳しくは こちら をご参照下さい。
    kitaminori@tbt.t-com.ne.jp






 
 

 

 

 

テーマ : 乳がん - ジャンル : 心と身体

ホルモン療法始まる(ぽっかり期強制終了)

 病院の入り口付近の植え込みに咲いていたミニバラ↓
  170524rose.jpg
 きれいですね。

 少し昔話をします。

 今から16年前のちょうど今頃、5月か6月の頃、バラの季節の頃、わたしは漠然とネット上に自分の考えなどを書くことをしてみたいと思っていました。
 占い関係の友人たちがホームページを持っていて、自分もやってみたいなと思ったのです。
 その頃はブログやTwitterという便利なものはありません。2001年です。
 使っていたパソコンは初期のiMac(おにぎりみたいな形のやつ、色はライムグリーン)で、アドビのページミルというホームページ作成ソフトが入っていたので、これを使えないかなと思いました。
 マニュアル本を買って使い方を調べはじめた頃でしょうか、夢を見ました。だから、それは、ちょうど今頃。初夏の頃。

 夢の中で、自分のホームページの表紙を見ているのです。
 タイトルがあって、イラストがあって、そこに書かれているサイトのコンセプトの言葉がいいなと思いました。
 
 それを、転載しますね。


  Rose Garden……この美しい言葉には、もう一つの意味があります。

  それは、「安楽な人生」という意味。

  芳しいバラの咲くような人生。
  それは「夢物語」ではなく、
  ほんとうにこの手でつくれる
  ものだと思います。

  そこに美しさを見ることができれば、

  人生はきっとRose Garden。


 サイトのタイトルは「ロシーヌのローズガーデン」でした。
 「ロシーヌ」というのは、わたしが以前使っていた占い師ネームです。自分がチャネリングするときにつながる「ハイアーセルフ」の名前だと、その当時は考えていました(今ではあまりそのことについて深く考えないようにしている)。
 
 夢から覚めて、「これだ!」と思いました。
 そのまま夢をパクってホームページを作りました( こちら 文字化けしているかもです。うちのMacではテキストエンコーディングを「日本語EUC」にすると、読めるようになります。イラストは、わたしがiMacのイラストソフトでマウスで描いたものです(笑))。
 けっこう楽しかったな。

 ライムグリーンiMacが壊れて買い替えたらページミルを使えなくなったし、以前使っていたネットの日記帳「さるさる日記」が廃止されたため、このブログに引越ししてきたし、今はもう、ブログの更新しかしていませんが(あの頃の手間を思うと、ブログってなんて便利なものだろうと思う。Twitterはあまり合わなかった、わたしは長文を書きたい人間なので)。
 この16年、上のコンセプトのままに来ているなと思います。

 英語圏では、「安楽な人生」という意味の「ローズガーデン」は、あまりよい意味では使われないようです。
 歌の歌詞なんかでは、「あなたはローズガーデンを期待しているかもしれないけど、本当の人生ってそんなもんじゃないのよ」という感じに、皮肉のように使われるとか。
 でもさ、思うんですよ。
 バラの庭って、手入れ大変ですよね。バラって、手、かかりますよね。
 人生を「安楽に」しようと思ったら、手入れしなくてはいけないんですよ。
 手間、かかりますよ。
 なめんじゃねえよ。
 
 あら、最後の一行、失礼いたしました(笑)。

 16年もの間、ネット上に日記を書いていると、やはり書く上で波があるのを感じます。
 ぽんぽこすらすら書けるときと、そうでないときとある。
 いわゆる、波が引いた感じの「ぽっかり期」が来るんですね。そうなると、なにを書いていいのか分からなくなるんです。
 ここのところ、ちょっとそういう感じです(でした?)。
 
 「ぽっかり期」のことも、今まで何度も何度も書いていますが、それはだいたい年に2回くらいあるように思います。
 経験上、それは長くて2週間、早くて4日くらいで抜けます。
 16年やってると、それくらいのデータ取れるんです(笑)。
 だから、ぽっかり期が来ても、「ああそうか、そうだよな」と思うだけで、落ち込みはしません(昔は「もう書けないのでは」と思って怖くなって自己否定が入ってきて、結果落ち込んだものでした)。
 歳を取るってすごいことだよ(笑)。

 今回、ぽっかり期になるきっかけになったのは、やはり、抗がん剤治療が中止になったことだったと思います。
 ちょうど2週間前です(笑)。
 張っていた気が、ゆるんでしまったかもしれません。
 そして、その後、ハウイー・デイの音楽を聴きまくったからだと思います(彼の音楽で広がる=拡散する=ゆるむ)。
 去年の10月の後半に胸にしこりを見つけて以来保っていたものが、ちょっと崩れたかなと思います。
 調子に乗っていたと反省もしたし。
 反省すると、文章書くのもちょっと怖くなるし。自分が、自分の文章によって調子に乗るっていうのも分かっているから(これは16年続けていることの弊害かも)。

 なにが言いたいのかと言いますと、わたしのこのブログが、今でも「ローズガーデン」のコンセプトであるのならば、ガーデンであるための手入れというのは、この「ぽっかり期」のコントロールに他ならないであろう、ということであります。
 このぽっかり期が来たときに、捨て鉢にならない、ということです。耐えるということです。来たときと抜けたときを見極めるということです。
 これは、けっこう重要な「手入れ」だと思います。
 わたし、それはしているという自負があります。
 (だからといって、「我慢」になったらいけないのです、、ヒヤヒヤ)

 ***

 めっちゃ長くなっちゃった。

 そんな感じで、ここのところちょっとぽっかりとしていたのですが、現実がそれを許してくれなくなりました。
 大変です、昨日から、乳ガン治療のためのホルモン剤服用が始まっているのです。
 そして、明日には放射線治療のための診察や検査が始まるのです!

 ぽっかりしていたのに、、、それどころじゃなくなった!
 
 ええとええと、、月曜日にね、病院に行って、乳腺の先生(わたしにとっては剣のキング)に診てもらいました。
 診察の前に採血もして、値が正常値だったので、抗がん剤の4回目を、やりたいと言えばやらせてもらえる余地はあったように思いましたが、どうしても「やりたい」とは言えませんでした。そこまで勇気ありませんでした。アレルギーがあまりに怖くて。
 あらためて抗がん剤治療中止決定ということになり、次の治療として、内分泌治療開始となりました。
 わたしの乳ガンのタイプは、ホルモン剤が効くということなので、処方していただき昨日から飲みはじめています。
 このお薬にも若干の副作用はあるらしいです。
 またそういうことは、おいおい書いていくことになるかと思いますが。。
 そして、放射線治療のための予約などをしたのが月曜日。
 
 火曜日、昨日は皮膚科の受診がありました。
 実は数日前から、手足にかゆみが復活していたので、それも診てもらいました。
 じんましんであろうとのことで、じんましんは内服薬をきちんと飲まないといけないそうです。
 わたし、湿疹(じんましん)がよくなったから、飲む薬、勝手に少し減らしてしまっていたんですね。。それがいけなかったのかもしれません。
 塗り薬と飲み薬をちゃんと服用すれば、かゆみは長引きませんし、悪化もしません。
 でもぶりかえすと思ってなかったので、、ちょっとショックだったし、これに抗がん剤4回目を足していたらどうなっていたかと思うと、やはりやらなくてよかったなと思うのでありました。
 怖い怖い(怖い=落ち込む、ではないので、そこは大丈夫です。つまり、怖くても自己否定にはなっていない)。

 そして、明日、放射線治療のいろいろなことが決まる、という、そういう流れになっています。

 ぽっかり期強制終了!

 ***

 抗がん剤治療、ちゃんと4回最後までやって、「終わりました!」と報告したかったです。
 でもちょっと、、あまりにも怖くなってしまいました。
 タロットも警告していてくれたし、これでよかったと自分では思っています。
 
 「ぽっかり期」になってしまって、ろくに書けなかったけれど、、いずれ、やはり、自分が経験した「抗がん剤治療」について、記事を書けたらいいなと思っています。
 完遂できなかったけれど、心の整理にもつながると思うので(まだ整理しきれていない感じです)。
 すごい経験だったな、と思っています。

 
 ☆タロット占いのセッションを、しばらくお休みとさせていただきます☆
  *乳ガン治療のため、ちょっと体調の様子見をさせていただきます*
   対面セッションで、場所は新宿の喫茶店です。
   30分/2000円です。
   詳しくは こちら をご参照下さい。
    kitaminori@tbt.t-com.ne.jp





 
 
 
 
 
 
 

テーマ : 乳がん - ジャンル : 心と身体

「今週のタロット」の山羊座が当たる

 拾いもの写真↓
  170513rose.jpg

 ブログの更新が空いてしまいました。
 理由は、「今週のタロット」のわたしの山羊座が当たったからです。
 
 あまり文章を丁寧に書く気力・体力がまだありません。
 ブツ切れかもです、ごめんなさい、ご了承ください。

 ええと、、月曜日の夜から身体全体に激しいかゆみと湿疹が出現して(文字通り頭からつま先まで、湿疹は腫れ・むくみとして身体に残る)、その後熱も出て、2回ほど予約外で病院で診ていただきましたが(ご迷惑をおかけしました)、抗がん剤によるアレルギー反応とのことで、治療中止が決定しました。全四回のコースでしたが。
 先生曰く、3回はやったし(効果が全然ないわけじゃないだろう)、とのこと。
 
 アレルギー反応はすさまじく、口もひどく腫れあがったのですが(今は引きました、ホッとした)、それはイコール身体の内側にも腫れが出てくるということで、喉や胸の苦しさは今も少し続いています。食べ物はおかゆと水気のあるものしか食べられませんし、息も深く吸うことができません(咳が出ます。ため息くらいつきたいのに!)。
 アレルギーでこんなひどい状態になったのは生まれてはじめてです。
 
 月曜日の夜、すごいスピードで発疹が広がっていく腕を見ていて、「これアカンやつや。。」と思っていました。
 ほんとにアカンやつでした。

 先生曰く、抗がん剤によるアレルギーは回を追うごとに強く反応が出るようになる、とのことなので、これで4回目をやったら、たぶん、気道が腫れて詰まって気を失うところまで行くんじゃないか。。。
 「ヘタしたら死ぬよ」が、冗談じゃなくなるのだと思います。
 なので、治療中止も受け入れるしかないのだろうと思いました。

 湿疹はまだ残っていて、かゆみもありますが、落ち着いてはきたと思います。
 昼間一人でいるときに呼吸困難になったりしたら怖いので、しばらく実家で世話になっていて、さきほど帰宅しました。
 だるくてなにもできなかったし、家にいると、片付けとかしたくなるし、実家が近くてよかったです。
 
 ショックは、、、やはりなくはないですよね。
 怖さは、、、めちゃくちゃありました。
 でも、それで落ち込んでいるのかと言われれば、やはり、それはそうでもないかなと思います。
 だって、結局またもやタロットで警告していただいていたから、落ち込むのは、「教えてくださるなにか」に対して失礼になるからです。

 この前の「今週のタロット」で、わたしの山羊座は「Strength」の逆位置で、これは、健康運悪化を現すものでした。
 
 わたしはいつも日曜日にタロットをするとき、12星座に入る前に、腕慣らしで自分のことを占うんです。
 そのときには、自分のことでは、「3 of Swords」の逆位置が出ていました。 
 これは、ユニコーンタロットでは、つらい状況が終わるから気持ちを切り替えて、という意味もあるんですね。
 それを見たとき、「抗がん剤まだ残ってるから、今回やはり副作用が楽なのかなあ」と思ったりして、その後12星座の山羊座で「Strength」の逆位置が出たので「ハテ?」と思っていたのです。
 実際に起こったことは、アレルギーが悪化して抗がん剤の治療が中止になった、ということでした。
 これは、当たったと思っていいんだと思うんです。。。
 (わたし以外で山羊座の方がいらっしゃいましたら、いつも自分のことばかり出てしまっていてすみません。。でも今、五月病の季節だし、健康に気をつけるのはやはりいいと思うので。。)

 こんなにも教えていただいているんだなあ、と思って、ありがたいです。
 ありがたいのですが、わたしはバカなので、すぐに調子に乗ってしまうのです。

 2回目の投与のときの副作用が楽だったから、4回できると思ってしまっていました。 
 楽勝じゃん、みたいに思っていたと思います。。
 恥ずかしい。
 自分はうまくやれている、と思っていたんです。
 それが恥ずかしい。

 こういうのを、「我慢」といいます。
 仏教用語です。
 「ダイエットしてるから食べたいものを我慢する」の「我慢」じゃなくて、おのれに慢心することを言います。発音は普通の「我慢」とは違うもので、「自慢」の発音で「我慢」と言います。
 まさに、我慢のカタマリでした。
 恥ずかしい。
 
 そんなわたしにも教えてくださるんだよねえ。。なにかが。
 なんということだ。
 でもこうやって、要所要所で「ありがたい」って気持ちになるのに、すぐに調子に乗って「我慢女」になっちゃうんだよな。。
 それが情けない。。。。
 ほんと、すぐに汚れるよね。

 でも、だからといって激しく自分を責めていたら、落ち込んで免疫力が下がってしまうので、とにかく、教えてくださるなにかがある、ということをくり返し思い出して(そしてそれを目の当たりにして)、我慢を砕いていくしかないのかなと思います(すぐ再生するけど)。
 ああ、、ほんとに人生っていろいろありますね。

 実家にいる間、母からいい話を聞いたので、それをシェアして終わりにします。

 母の友人に、母がわたしの「春日大社さんでいただいたおみくじの話」をしたのだそうです(去年10月に春日大社さんで引いたおみくじの「病気」のところに「重し、医師をえらべ」とあって、そのすぐあとに胸にしこりを見つけた話。付け加えると、おととしの年末のおみくじでは、大吉でいいことだらけだったのに、「病気」のところだけ「軽からず 念を入れよ」と書いてあったというおまけつき)。
 すると、その友人も、ご自分の話をし始めたそうです。
 その方、あるときから何度もおみくじで「下半身が悪い」と出ていて、婦人科系かと思っていたら大腸がんが発覚したそうな。
 無事手術をして抗がん剤もして、今は元気に太ってお酒も飲んでいるそうです。
 
 ああ、ほんとに、「教えてくださるなにか」があるんだなあと思って、泣けました。
 
 占い師(チャネラー)であるわたしがすごいって話じゃなくていいんです。
 ていうか、それじゃダメなんです。
 母の友人は隣町の普通のおばちゃまですもの。
 そういう人にも、ちゃんと、教えてくださるなにかが、教えておられるんです。
 
 すごいですね。

 
 ☆タロット占いのセッションを、しばらくお休みとさせていただきます☆
  *乳ガン治療のため、ちょっと体調の様子見をさせていただきます*
   対面セッションで、場所は新宿の喫茶店です。
   30分/2000円です。
   詳しくは こちら をご参照下さい。
    kitaminori@tbt.t-com.ne.jp




 
 
 
 
 
 

 
 

テーマ : 乳がん - ジャンル : 心と身体

「正直」なブログ(プロフィール写真を変更しました)

 ブログを書こうと思って引いた小さなカード↓
  170503card.jpg
 そうですか。。。「正直」に。。。
 はい。。。

 昨日は病院に行って、抗がん剤治療による白血球の数値の低下を抑えるための注射を打ってきました。
 これが皮下注射でけっこう痛い(耐えられないことないけど)。お値段1回3万円以上(三割負担で。だから「定価」は約10万円。。ちなみに、前日の抗がん剤はもちろん別料金。。。。わたしアレルギーで特別にしてもらったから、けっこうかかる。。。)。
 でもこの注射は優秀(便利?)で、1回打てば、効果が10日くらい続くらしいのです。それまでの注射はもっとこまめに打ちにいかなくてはいけなかったらしく、それに比べたら通院の負担が減るとのことです。
 わたしが行っている病院では去年(か、おととし?)から使いはじめたとか。
 日々、いろいろなお薬が開発されているんですね。ありがたいですね。

 昨日の通院ではウイッグで行ってみました。 
 少しずつ慣れていかないとと思いまして。。夫も付き添ってくれてるし。 
 先生も看護師さんもスルーだったけど、、いえ別に、なにかコメントもらいたいわけじゃないけど。。。あちらはウイッグ女性は見慣れているもんね。。
 自分では見慣れておらず、どうも心地悪いです。でもまだまだ髪がない生活は続くし、お世話にならなくちゃいけないし、開き直らなくちゃいけないし。。
 もっと自然なものを探すとなるとお金もかかるし。。治療費そこそこかかってるし、、もったいないから使おうと思うし。。。
 ウイッグに帽子を重ねると、全然問題ないんだけど。。。
 
 ということで、勇気の一歩で、プロフィール写真をウイッグ+帽子バージョンに変更しました。
 スマホの方は見られないと思うので、貼りますね。
 (何度か書いていますが、わたしは世間的には誤解もされやすい「占い」や「チャネリング」などについて書いているので、せめて顔を出さないと信用されないと思っており、名前も顔も出してブログをしています。ドヤ顔したいからではないんですよー)

 しばらくわたしはこんな感じです↓
  170503mino3.jpg
 これだと普通だよね。むしろオシャレさんだよね。
 これならわたしも堂々としていられるんだけど、夏には暑いんだろうと思うのですよ。。
 なのでそれまでに、もっと開き直らないととは思うんです。

 ここまで書くと、帽子していないところも見たいと思うのが人情ですよね。
 勇気ですよ、冒険ですよ。
 載せますよ↓
  170503mino4.jpg
 ほらなんか。。。不自然ですよね。。
 それに、わたし「男顔」だから、オカマっぽいっていうか。。。(わたし、厚化粧してもオカマっぽくなるんです。。。あの、「オカマ」って書き方、差別的でしたらすみません。。。でも、、「女装癖のある方」って書くのもなんですよね。。。)
 ていうか、、前髪キモいですよね。。
 ずっとデコ全開で来ているので(わたし、デコの形? 骨格? が独特で、前髪作ってもきれいにセットできないんです)、これこそすごく心地悪いんです。。
 でも髪の生え際が「ない」んですから(でも実はまだヒヨヒヨと髪が残っている箇所もあるんです。。)、ウイッグは前髪ないとヤバいんですよ。。医療用のウイッグ、カタログなど見ていても、前髪ないパターンのものってほとんどないですからね。。。
 
 まあしゃーない!!!
 
 ああ、、正直だ。。。 
 
 正直ついでに、今日はコーヒーを飲んでいます。しかもインスタントコーヒー。
 なぜなら抗がん剤の副作用で、便秘気味になってるからです。
 いつものわたしの身体だと、お腹が弱くて、ジャンクなコーヒーを飲むとお腹をくだしますが(インスタントとか、ファミレスのドリンクバーとか)、今はもうガードが固いので、飲んでしまおうと。
 便秘対策のお薬も出してもらっているのですが、、抗がん剤2回目のタームでは「便器内鮮血事件」があったので(これ以上書かないよ。。これでもずいぶん正直だよね)、それをできれば避けたく。
 元々、コーヒーは好きなので、今のうちに楽しもう。。インスタントだけど。
 普段の体調でも、調子がいいと飲めるコーヒーはあって、それはオーガニックのコーヒーです。
 これだとお腹壊れない↓
  
 オーガニック食品店で買っています。オーガニックでも、キーコーヒーとかブルックスのじゃなんか不安です。
 まろやかで優しいコーヒーでおいしいです。
 
 昨日は、病院のあと国分寺に出たので、駅ビルの屋上庭園のお花の写真も貼ります。

 これはデイジー? シオンかな?↓
170503daisy.jpg

 イングリッシュローズ↓
  170503rose.jpg
 ピエール・ド・ロンサールだよね?

 シャクナゲ↓
170503shakunage.jpg
 明るい色合い。

 ウツギ↓
  170503utugi.jpg
 ウツギの白さも好き。

 
 ☆タロット占いのセッションを、しばらくお休みとさせていただきます☆
  *乳ガン治療のため、ちょっと体調の様子見をさせていただきます*
   対面セッションで、場所は新宿の喫茶店です。
   30分/2000円です。
   詳しくは こちら をご参照下さい。
    kitaminori@tbt.t-com.ne.jp






 
 
 
 

 

 

テーマ : 乳がん - ジャンル : 心と身体

進歩の上に乗っかる

 おとといの夕空:西南側↓
170420sora1.jpg

 東南側↓
  170420sora2.jpg
 なんつー色しとるんじゃろ。。

 これは昨日の昼の空↓
170420sora3.jpg
 この青もなんじゃろ。。。ていうか、この斜めに走っている筋はなんだ?

 今日は再び病院に行ってきました。
 今日かかったのは皮膚科で、手の湿疹の出方を診てもらってきました。
 1回目の抗がん剤投与後、だいたい10日くらいで手がひどくなって病院に駆け込んだので、今回も10日後で予約をして経過を報告をしたのでした。
 先週2回目の投与がありましたが、やはり数日前から手のかゆみが強くなったので、自分としてはやはり手の湿疹は、抗がん剤に対するアレルギー反応かなあと思っています。
 今回分かったけれど(前回はもうやみくもに手首から先がかゆかったから分からなかった)、特にかゆいのは、爪の甘皮の部分なんですね。そこがかゆみの中心点かなあ。そこから多少、手の甲に向かってかゆみが伸びてくるのか?
 抗がん剤は細胞分裂が活発な箇所を攻撃するそうなので、爪の成長点が攻撃されていて、わたしはそこにかゆみが加わるんだろうな、という感じかなあと。
 でも今回は塗り薬もあったし、抗アレルギー剤もきちんと飲んでいたし、ひどく悪化はしていません。
 これくらいなら全然耐えられるかな。。

 その他の副作用も出てることは出ていますが(味覚障害など)、前回よりはだいぶ楽に感じられます。痛みはロキソニンでコントロールできるし(おとといの外出で出た痛みは、調整を考えなかったわたしがバカだっただけだし。今日の通院は全然大丈夫でした)。
 実は今まで、抗がん剤の副作用につきもののイメージの吐き気に関しては、一回も感じたことがないんです。
 先生は「今はよい制吐剤がある」とおっしゃっていたけれど、ほんとにそうなんだな。。
 まあ脱毛は避けがたくあったけれど、だるさや痛みもあるけれど、治療前に恐れていたほどひどいことにはなっていないのではないか、という印象があります。
 もちろん、まだ治療の半分しかやっていないので先は分かりませんが。それに前回の手の湿疹のかゆみには多少参りましたが、これはわたしの元々の体質が関わることなので、仕方がないです。そしてそれでも、適切に対処すれば、ひどい悪化は防げるのですから。。
 また、今回そこまでつらくないのは、抗がん剤を混ぜる物質を変更していただいたことも関わるからかもしれません(キング。。)。
 
 なにが言いたいのかというと、医療は日々発達・進歩していて、患者の苦しみをなるべく取るための術がたくさん、たくさん、考案されて開発されている、ということであります。
 これは、義母の末期がんのときにも感じたことですが、、とにかく、苦痛はなるべく感じないようにということがすごく考えられているんだな、ということは思ったんですね。
 ありがたくて泣きそうになる。。

 もちろん、薬には副作用があるし、医療・医学は万能ではないのだとは思うけれど、、先生方や薬剤師さん、看護師さんたちの発する言葉や雰囲気から「あんた、別に無駄に苦しまなくていいから」という方向性(?)をすごく感じるんですね。
 なんか、それが新鮮だなあって思うんです(笑)。
 すごく合理的ってことかもしれないけれど。。薬で抑えられるなら抑えればいいじゃん、効くのがあるんだから、という、単にそういうことなのかもしれないけれど。
 それに、わたしが罹っているのは、乳ガンという「メジャーな病気」だから、たくさん研究されていて、治療法もいろいろあるっていうこともあるのだと思いますが。。
 研究の進んでいない難病だってたくさんありますものね。。父はその難病のピック病だったし(実質的に治療法がない)。。
 でも、なんだろう、いろいろな人の経験・知見の上に、今のこのわたしの治療があるんだなと思うんです。
 それは、たくさんの患者さんから集めたデータの上にあるものでもあって。。。たくさんの苦しみの上にあるものであって。。
 そういうことを、人間の社会は知識として積み重ねているんだなあと思って、わたしはそれに乗っかっているんですね。どーん、と。

 感謝しかないなあ、と思うんです。

 先ほど入った病院の近くのカフェにて↓
  170420cake.jpg
 付近の福祉園の方たちが運営されているカフェだそうで、ケーキやパンは入所者さんも作っているとか。
 このケーキセットで400円ですよ! 洗練されてはいないけれど、人が手で作ったものの味がします。
 
 治療の合間にこういうものも楽しむことができるんだもの、落ち込むはずもなかろうよ。

 
 ☆タロット占いのセッションを、しばらくお休みとさせていただきます☆
  *乳ガン治療のため、ちょっと体調の様子見をさせていただきます*
   対面セッションで、場所は新宿の喫茶店です。
   30分/2000円です。
   詳しくは こちら をご参照下さい。
    kitaminori@tbt.t-com.ne.jp






 


 
 
 
  

テーマ : 乳がん - ジャンル : 心と身体

2度目の抗がん剤投与、無事終了

 昨日の病院への道すがら↓
  170413sakura.jpg
 桜のトンネル。
 桜の甘いいい匂いを嗅ぐと、井の頭公園の入り口にあった「ドナテローズ」の桜味のジェラートを思い出す。。何度も書いていますね、これ。だってほんとにおいしかったんだもの。。。
 写真の下のほうにわたしの指が入ってしまった(汗)。治療のため日焼けをしちゃいけなくなったので(手にアレルギー湿疹も出たし)、UVカット手袋をしてみました。
 20代の頃からずっと紫外線アレルギーもあったし(日焼け止め塗っても湿疹が出る)、これからこういう手袋手放せなくなるな。。。でも日焼け止めよりこっちのがいいのかも。

 おととい、2回目の抗がん剤投与を受けて、昨日、白血球の数値を下げないための注射をしてもらってきました。
 無事に。
 できた。

 ***

 「アレルギーアレルギーうるせーよ」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、アレルギー体質ってけっこう大変です。ただかゆいとか鼻水出るだけのものじゃないですから。最近は、アレルギーに対して「単に花粉症でしょ」なんて認識の人も減ってきているとは思いますが。
 ヘタしたら死ぬからね。アナフィラキシーショックとかでさ。
 わたしは子供の頃からアトピーがあって、大人になってからアレルギーマーチも起こったし、そういうことはずっと考えてきています。
 大人になったらりんごも食べられなくなったし。バラ科の果物とかパイナップルとかキウイとか。たぶんリンゴ一個食べたら呼吸困難になります(32分の1かけらでも喉が腫れるから)。ヘタしたら死ぬよ。
 建材に使われる化学物質のなにかもダメで(もはや特定していません、接着剤のなにかかなあ)、新しいパソコンデスク用の椅子に座ったら湿疹できたとかもありました。
 そんなわたしが抗がん剤治療で!

 先月末には、手にできた湿疹がひどくなり、どうにもならなくなって病院に逃げ込みました。先生は診察日じゃないのに、手術の合間に診てくださいました。。(キング。。)
 でもそのとき出た言葉が「このままよくならないなら治療中止」。(キング。。)
 なぜなら、これは抗がん剤に対するアレルギー反応だろうから。
 アレルギーの怖さについては分かっているつもりなので、イヤだとか言えませんよね。
 すごくショックでした。
 それから、皮膚科で出していただいた軟膏を、祈りながら塗る日々でした(かかりつけ医で出してもらっている抗アレルギー剤もちゃんと飲みつつ)。
 幸い、それ以上の悪化はなくよくなってきたので、おととい、無事に2度目の治療を受けることができました。

 昨日注射のために病院に行き、投与直後の段階でひどいアレルギー反応も出ていないと報告したら、「じゃあ次回も(やりましょう)」という感じだったので、、これからまた手に湿疹はできるかもしれませんが、やり過ごしてどうにか治療を続けられるのではないかなと。。
 今回の抗がん剤投与では、抗がん剤を混ぜる(?)ためのアルコールを他の物質に変えてくださったそうです。効果は同じでなにか他の方法があるのですって(薬剤師さんにはお手間を取らせたようですが。。)。
 アルコールでアレルギーが起こるわけではないと思いますが、それで反応がソフトになるか、経過観察という感じでしょうか。。先生もいろいろ考えてくださったんだなと思って、やはり湿疹の悪化を我慢せずに病院に行ってよかったなと思いました。。お騒がせしてしまったけれど。。
 
 調べてみると、わたしがしている治療(TC治療というものです)でアレルギーが出る人はいないわけではないようで、途中から違う治療法にしたという闘病ブログも見つけました。
 でも、、一度でもやったのに、また振り出しからなんてきついものがありますよね。副作用の種類も変わるようですし。。
 それに、こんなこと恐ろしくて言いたくないけれど、いつか(遠い遠い先であってほしい)ガンの再発とか転移とかあったときに、使える抗がん剤の選択肢が減るっていうのが一番イヤだったのですね。
 だから本当にホッとした。。継続できそうで。。。

 湿疹のあと、脱毛も始まりました。
 それは、やはりショックです。それも、やはりショックです。
 でも、「治療中止」などという恐ろしいことになるくらいなら、脱毛だって耐えようという気になります。
 そういう意味では、脱毛のショックへの緩衝剤になったかもしれません、アレルギー騒動。
 ん? 無理のある理論でしょうか?
 でも、無理矢理だろうとなんだろうと、いい風に考えたいのです。
 
 抗がん剤の点滴中、看護師さんや薬剤師さんが来てくれ、いろいろとこちらの状態について訊いてくださいます。 
 その中に、精神的なつらさはどれくらいか? という質問があります。
 わたしは、今回はアレルギーも出たし、脱毛もあったので少しつらかったですが、ひどい精神状態にはならなかったと思います。
 がんばって音楽聴いたし(笑)。
 音楽って、やはりセラピー効果はあるよね。もはや、セラピーっていうより、ブースターなんだけど(笑)。
 いや、あらゆる使い方ができますよね、音楽。逆に音楽でダウンすることも可能だと思うし。
 そういうものの力も借りたし、、アレルギーや脱毛のショックはありますが、、ショックがあるってことと、精神的に落ち込むってことは、ちょっと違いますよね?
 そのへんのことも考えています。
 ショック受けたからって、落ち込まないといけないのかって。
 そんなこたーねーだろっていう。

 なんのために今まで音楽聴いてきたの? 映画観てきたの?
 なんのために今まで占い(チャネリング)してきたの?
 なんのために今までニューエイジとか精神世界のことかじってきたの? 
 なんのために、難しい本読んだり仏教の勉強してきたの?
 こういうときのためじゃないの?

 ああ、「なんのために、今までこんなブログ書いてきたの?」もあるか(笑、始めてからもうすぐ16年だよ!)。
 
 「落ち込む」ってなんなんだろうってことを夫とも話しました。
 わたしはそれは、「もうダメだ」とか「もうイヤだ」とか思って、自分(人生)を見放そうとしてしまうことだと思います。
 わたし、今回の乳ガンのことで(ていうか、胸にしこりを見つけてから)、そういう風にはなっていません。
 むしろ、自分をもっと愛そうとしています。大事にしようとしています。
 そのきっかけになっています。
 そして、あの、10月に春日大社さんでいただいたおみくじのことを思い出すんです。

 教えてくださるなにかがある。

 だから、ショックを受けたあとは、神仏(大いなる力)へおまかせするばかりです。
 ショックを受ける事態に遭遇すること自体は、生きている限り避けられないと思いますが、そのあとは全部おまかせするんです。
 そして、自分でできることはしていく、ただそれだけです。
 音楽を聴いて、軟膏を塗るんです(笑)。

 ということで(どういうことだ)、おととい病院の帰りに寄った100円ショップでかかっていたホール&オーツの音楽を貼りますね!(笑)
 そのときかかっていたのは誰か最近の人のカバーだったし、違う曲だけど、わたしの一番好きな曲。
 Daryl Hall & John Oates - Private Eyes

 この曲もリズムしっかりしていますよね。わたしそういうの好きなんだな。。そういう意味では土星が好きってことじゃん、よかった(土星嫌ってたら大人になれないもん)。
 この曲は、ピアノの音は金星、ダリルの声は木星、ドラムは土星、ギターは火星、途中入るハンドクラップ(これもポイントだよね)は天王星、って感じでしょうか(笑)。海王星や冥王星などの深刻さ、強烈さはあまり感じなくて、華やかで明るくて大好きな曲です(このビデオはひどいけど)。
 あと、この曲も2番が終わってギターの間奏があったあと、「ブリッジ」が入って最後のサビに行きますね(ジョージ・マイケルの「ケアレス・ウィスパー」のように)。80年代前半まではそういう形式を重視した音楽が多かったのかもしれません。そういう部分も土星や木星を感じさせるのかな。心地よいです。

 ***

 あと、すごく長くなってしまっていて恐縮なのですが、昨日、「今週のタロット」の山羊座のところが当たったっていうか、当てることにしたのでそのことを少し。

 病院から帰ろうとトイレに寄って、手を洗おうとしたら、あとから出てきたおばさまに話しかけられて、初の「ガン友」と出会ってしまったかも(笑)。
 その方は大腸がんだそうですが、、義母もそうだったので、お話を聞くことはできて、自分のことも話してしまって。
 その方も抗がん剤を受けてきたあとだったそうです。
 わたしがその方よりは若いから(なのに脱毛してるから)、いたく同情してくださって、地元の有名和菓子店の菓子折りをいただいてしまった。。誰か他の人にあげるものだったんじゃないのだろうか。。あと、キャシー中島さんのブランドのタオルも「これも新しいものだから」ってくださった。。
 「素直に受け取れ」ってタロットの山羊座に書いたから、受け取ってしまいました(笑)。
 住所を教えていただいたので、お礼を贈ろうと思っています。
 その方、ご苦労もなさっているようなのですが、目がとても暖かい方だったのですね。すてきなグッチのバッグも持っていらして(40年前のものですって。でもちゃんときれいに使ってらしてすてきだった)。
 だから、ちょっと、この流れに乗ってみよう、と思ってみました。
 タロットがなかったら、適当にスルーしてたかもなあ。
 たまにはこういうのもいいですよね。

 ***
 
 さらにおまけっていうか、小自慢。
 近所用の小さなポーチを新調しました↓
  170413pouchi.jpg
 100均の中国製のポーチに、100均の手芸用具の金属ボタンをつけました。そこに加えて、2月に春日大社さんで参加した「節分万燈籠」のおしるしのストラップをファスナーの引き手につけてみました。
 なかなかかわいくないですか!
 これから手の保湿がすごく大切で、病院でいただいた軟膏とハンドクリームを二つ持ち歩かなくてはいけなくて、今までの小さな近所用ポーチじゃ入りきらなくなったので新調です! らんらんらん!

 そして文明堂の「三笠山」の春の新商品↓
  170413dora.jpg
 夏みかんの入った白あんのどらやきです。
 三笠山(御蓋山)って、奈良の春日の神様が降りた山だよ!
 抗がん剤治療、無事に二度目ができたから、お祝いでいただきました! おいしかった!
 
 どらやきと一緒にいただいたお茶は、オーガニックフード店で龍の絵が描かれていてパケ買いした、「白茶」です。
  
 わたしが買ったのは、ノンフレーバーのものでしたが、このパッケージかわいいですよね。
 白茶というのは中国茶でしょうか。以前台湾に行っていた頃、中国茶も少しかじりましたが、ハマる根性まではありませんでした。
 スッキリしていて飲みやすいお茶かなと思いました。甘酸っぱいどら焼きと合っていました。

 
 ☆タロット占いのセッションを、しばらくお休みとさせていただきます☆
  *乳ガン治療のため、ちょっと体調の様子見をさせていただきます*
   対面セッションで、場所は新宿の喫茶店です。
   30分/2000円です。
   詳しくは こちら をご参照下さい。
    kitaminori@tbt.t-com.ne.jp


 
  
 

 

  
 

 
 
 

テーマ : 乳がん - ジャンル : 心と身体

機関室の損傷

170328ep.jpg

 あたいの名前はUSSエンタープライズD。。。
 やっと少し光が見えるところに出てきたわ。。。
 でもここ数日はひどいことばかりだった。。。
 どこにも光なんてなかった、、その中をふらふらと進んでいたのよ。。。
 機関室、、機関室がね、、やられてしまったのよ。。。
 ロミュランの凄まじい攻撃(抗がん剤・ドタキセルとシクロフォスファミド)でね、、、あの攻撃にはフェレンギがロミュランに売った新しい光子魚雷(骨髄抑制による白血球減少を抑える薬・ジーラスタ)が加わっていたわね、、あの武器商人たちめ。。あの魚雷はハンパないわ、、値段も高いことでしょう、、ロミュラン、、それでも払ったのね。。。
 おかげで機関室の損傷は激しく、、出力は一時期20%くらいまで落ちてしまったわ。。それは昨日の朝よ。。。
 でもジョーディ・ラ・フォージュとデータ少佐が今必死に修復を試みているところで(骨の痛みにはロキソニン様、セデスはうんこ)、、少しずつだけど出力も回復しているところよ、、今60%くらいまでは来たかしら。。70%も近い気がする、、気のせいじゃなければ。。。
 艦長のジャン=リュック?
 あの子はこういうときは冷静なもんよ、じたばたしても始まらないとあきらめ3杯目のアール・グレイと飲んでいるところよ、ドクター・クラッシャーと一緒にね。。
 わたしがこれではなにもできないもの、、ディープスペース5(次の診察か?)まで少し遠いけれどこのまま行くしかない、、早くドックに入って船体の損傷をチェックしてもらわないといけないけれど、ワープは今は無理。。。
 そして、修復が終わればすぐ次の航海が始まるのよ。。。

 あああ!
 全部スタートレックで説明できるよ!!!!
 すごいよ!!!!

 あああ!!!
 ディープスペース5に入る前に、、ボーグからの攻撃(脱毛)があるんだった!
 くっそー!!!

 でもそもそも、誰も分からないかもしれない、こんな文章!
 それでもいいんだ!
 あたいは耐えたんだ!!

 ええと、ええと、、
 ちょっとそんなんで、昨日は大変でした。
 骨髄抑制のための薬が強烈で、、骨の中の骨髄に効くから、腰や首の裏の骨が痛くて、、人生で初めての種類の痛みだったな。ちょっとどう表現していいのか分からない痛み。ほんとに、身体の根幹の部分に関わるなっていう感じ。まさに「機関室への攻撃」ですよ。
 鎮痛剤が「セデス」しかなくて、2時間くらいしか効かないでやんの(でも飲むには時間をあけなくちゃいけないから大変。朝、泣きながら般若心経と唯識三十頌を唱えたのです)。このくされ外道が!
 夫が昼休みにドラッグストアでロキソニンを買ってきてくれて(夫の職場が近くてよかったと昨日ほど思ったことはない)、ロキソニンすげえ。ほんとに長く効くんだな(セデスよりはマシとして、3〜4時間だったらどうしようと怖かった)。ロキソニン様様やね。ロキソニン様のおなーりーやね。
 それでだいぶ落ち着いたかな。。
 今は痛みは大丈夫です。

 抗がん剤治療による副作用というのは、人によって出方が本当に違うらしく、投与一回目のあとはその人の出方を見るため、前もってあまり薬を出してもらえないのですね。でも、骨が痛くなった場合には、市販薬を飲んでしのいでくださいとの指示もありましたので、夫に急ぎロキソニンを買ってきてもらいました。まさに救世主でした。
 わたしはどうやら、吐き気とかは大丈夫で、発熱も今のところ平気で、関節痛や筋肉痛、そして骨の痛みが出るタイプのようです。
 あとは、味覚異常はあるかな、、これは甘さがすごく際立つタイプみたい。苦みもあるけれど。味噌さえ甘く感じられる。。
 あとは手などに湿疹が出てきています。これは今やっている抗がん剤の副作用で特徴的なものらしいです。すごくかゆい。子供の頃からアトピー性皮膚炎だったので、かゆみには慣れているけれど、このかゆみもえげつない感じです。しもやけみたいな感じだということなので、勝手にオロナインを塗っていますが、それでもときどき発作的にかゆくなります。

 でもまあ、生理でちょっと大変でしたが、起き上がれないほどのなにかはない感じです。 
 しかしながら、抗がん剤治療もそのときによってまた副作用の出方が違うということもあるらしいし、蓄積・累積されたものから出てくるものも後半にはあるかもしれないということでした。
 でも1回目の投与のひどいピークは、過ぎつつあるのではないかという感じは、しています。まあ、分かりませんけど。

 とにかく暗中模索でした。真っ暗な中をよれよれと進んでいました。

 昨日までのわたしの状態を表す音楽を貼ります。
 スザンヌ・ヴェガの「99.9F」。微熱があってちょっと感覚が普段と違っている女性の歌。

 じっとしていても、どこかが過剰に反応している感じがする音楽です。でもはっきりしたものが出てこなくて、なにも意味も形も言葉にもならない感じ。
 よくこんな感覚を音楽にしたもんだ。

 その「分からない感覚」がもっとハッキリした歌が「 Blood Makes Noise」

 じっとしていても耳鳴りがして、自分が分からない自分の中が騒いでいる、という感じです。
 昨日までの数日間、この2曲が頭の中を流れていました。
 
 今はちゃんと意味のある歌に共鳴します。
 先ほどはトモフスキーさんのアルバム「終わらない映画」を聴きました。

 
 ☆タロット占いのセッションを、しばらくお休みとさせていただきます☆
  *乳ガン治療のため、ちょっと体調の様子見をさせていただきます*
   対面セッションで、場所は新宿の喫茶店です。
   30分/2000円です。
   詳しくは こちら をご参照下さい。
    kitaminori@tbt.t-com.ne.jp






 
 
 
 
 
 
 
 

 

テーマ : 乳がん - ジャンル : 心と身体

(閲覧注意?)ぶっちゃけ女子トーク

 火曜日に初めての抗がん剤投与後、骨髄抑制のための注射を打ってから3日目の北美紀です、こんにちは。

 あのう、、、
 そのう、、、
 おととい注射を打ったわけですが(痛かった上に、小さい注射なのに3万円以上かかった。。でもこの薬、去年から使えるようになったものらしく、骨髄抑制への効果が長く続くんですって、、だから仕方ない。。。のか。。。?)、この日から「ツキノモノ(まあ端的に言えば生理)」の影がちらつき、、昨日からそうなっているのですが、、なんかいつもと違う。。。
 いつもよりキツい、、いろいろと。。。
 がっつり時期が重なってしまった。。。(周期を考えると自然なことでしたが)
 
 だるさとかがあるのですが、それが生理由来のものなのか、薬の副作用なのかよく分かりません(汗)。
 下腹部痛も若干続いているなあ、、いつもは2日目過ぎたら治まるのにな。
 立てないとか歩けないとかではないのですが。。
 家でおとなしくしております。。
 髪があるうちに出歩きたい気持ちもあったが。。。ちょっと難しいかな、こりゃ。
 あとで近所のスーパーだけは行ってみるか。。。気が重いけれど。。。

 わたしがやっている抗がん剤治療は、卵巣にも影響を与えるそうで、生理が止まることもあるという説明を受けました。
 その後やる予定のホルモン剤の治療では、人工的に更年期障害を作るそうなので(まあ数年前から、もう少しずつ始まっていたと思うけれど)、年齢的にそのまま閉経の可能性が高いかなと思っています。
 だからもしかすると、今のこの生理は人生最後の生理かもしれない。まあ、まだ分からないけれど。
 
 わたしは初潮が始まってから、周期はほとんど乱れることがなかったです。毎月きちんと来てたな。。
 ありがとう。。。いいこたんね。。。
 子供作らんかったから、ちゃんと使ってやれなかったね。。それで乳ガンにもなったのかもしれんね。。。
 ごめんね。。。
 
 ちょっと体調きついけど、いたわってやろうと思います。

 この前国分寺で見つけたヒナギク↓
  170324hinagiku.jpg

 
 ☆タロット占いのセッションを、しばらくお休みとさせていただきます☆
  *乳ガン治療のため、ちょっと体調の様子見をさせていただきます*
   対面セッションで、場所は新宿の喫茶店です。
   30分/2000円です。
   詳しくは こちら をご参照下さい。
    kitaminori@tbt.t-com.ne.jp





 

 
 
 
 

テーマ : 乳がん - ジャンル : 心と身体

旅が始まっています!

 先ほど引いた小さな天使のカード↓
  170322card.jpg 
 「誕生」だって。
 当たってるぅ。

 昨日から抗がん剤治療がスタートしました。
 新たな旅が始まりました。
 まだまだ離陸直後、、でも行き先は宇宙の彼方だぜ!(それってかえってヤバい?)
 ええと、、イメージ的にはスタートレックのエンタープライズなんですね、、、だいたいこれなんです(笑)。
 旅というより冒険だな。
 始まったばかりでまだ全然よく分かっていません。

 ***

 おとといは春分の日、西洋占星術での新しい始まりの日、夫が休みでかつ治療前日ということで、武蔵国分寺の薬師堂にお参りをしてきました。うちからわりと近所です(JR武蔵野線使うと)。
 武蔵国分寺は8世紀に聖武天皇の勅令によって全国に建立された国分寺の一つです。当時の規模は相当大きなものだったようで、境内に七重塔があったそうです。
 鎌倉時代の末期に鎌倉幕府を倒した新田義貞の戦乱によって武蔵国分寺は焼失したのですが、その後義貞公によって金堂や薬師堂寄進されて、その後継が今でも残っています。
 薬師堂の中におられる薬師如来様は平安時代後期から鎌倉時代初期に創られたもので、国の重要文化財に指定されています。年に一度のご開帳で対面することができます。
 こちらのお薬師様にはときどきお参りしています。義母がガンになったとき、母が骨折で入院したときなど。
 自分にガンが見つかり、行ったほうがいいかなとずっと気になっていたけれど、お正月は山口観音に行ったし、ばたばたしていて後回しにしていました。
 でも、日曜日に「明日行ってみようかな」と思って、帰りに寄るカフェなど調べてから眠りについたら、夢の中で誰かが新田義貞がどうこう言っているのを聞いたので、ああ、行かなくてはいけないんだなと思いました(もっと言うと「呼ばれている」と思いました)。
 武蔵国分寺は都内でも有名な湧き水が出る国分寺崖線のすぐ近くにあり、緑も豊富なので森林浴にもなったかもしれません。
 それに、武蔵国分寺に行くと、少しだけ「奈良の波動」を感じられるような気がするんです。暗示かもだけど。
 でもね、1200年前の本堂の礎石が残っていたり、お寺の跡をちゃんと残そうとする国分寺や東京都の人たちの「気概」は、「奈良」に通じるものだと思うんですよね。。
 そういうものに、たまに触れたくなります。

 湧き水が出る「真姿の池」にて↓
  170322mino.jpg
 ダブルピースでアホ顔なので小さな写真です。。。
 湧き水が出るところには、龍がいますよね。この地を守ってくださっているエネルギーかなと思います。
 この武蔵国分寺の周辺には縄文時代から人が住んでいたんですよ(石器が多数見つかっています)。水と人の生活って切り離せないですよね。今でもここのお水を使ってお茶を出すカフェなどあります。何千年(何万年?)も同じように水が湧くってすごいですよね。。

 湧き水の小川のほとりにシャガが咲いていました↓
  170321shaga.jpg

 武蔵野の竹林↓
  170321take.jpg
 枝の上のほうにドバトが留まっていた。

 現在の武蔵国分寺の本堂にある龍の彫り物↓
  170321ryuu.jpg
 がおー!

 写真は撮りませんでしたが、薬師堂の前で般若心経を唱えていたら、薬師如来様がじっと聞いてくださっていたのが分かりました(そういうのは分かります)。
 このお堂、崖の上の林の中にひっそりとあって、ちょっとさびしい感じなんです。
 だから、お薬師様、たまにこういう声がすると聞いてくださるんだなあと思います。
 今回もよろしくお願いします。。。

 帰りに寄ったカフェ↓
  170322cafe.jpg
 久しぶりにカフェオレを飲みました。
 それが悪かったのか(コーヒーを飲むと身体が冷えがちになる、でも飲みたかったのだよ。。)、、昼間が暖かかったため薄着だったのがマズかったのか、ちょっと風邪っぽくなってしまい、夜にはお腹を下してしまったのでした。。
 それによって抗がん剤治療がまた延期になったらどうしようと思ったけれど、先生からは問題なしとのことで、治療に入ることができました。
 お参りが嬉しくて調子に乗ってしまって、体調管理ができなく情けないです(恥)。

 でもまあ、今のわたしの身体にはしっかりと抗がん剤が入っているんだぜ!
 ゆうべはちょっと顔(主に頬)や手(上腕部?)がしびれる感覚がありましたが、今朝には治まっていました。 
 吐き気などはまだ出てきていません。
 今日も午後病院に行って、白血球を減らすのを抑える(というより、骨髄の働きを助けるという感じらしい)お薬を注射してもらってきます。
 昨日は点滴が2時間半ほどかかりましたが、その間に薬剤師さんに副作用の説明などをたっぷりしていただけました。
 抜け毛は避けられないにしても、他の副作用の出方は本当に人によるらしいです。
 でもそれを抑える薬はいろいろとあるそうです。

 とにかく行くしかないのだ。
 発進!
170322ep.jpg
 

 ☆タロット占いのセッションを、しばらくお休みとさせていただきます☆
  *乳ガン治療のため、ちょっと体調の様子見をさせていただきます*
   対面セッションで、場所は新宿の喫茶店です。
   30分/2000円です。
   詳しくは こちら をご参照下さい。
    kitaminori@tbt.t-com.ne.jp






 
 
 
 

 
 
 

女子力とかオンナゴコロとか。

 マリちゃんとモコちゃん光合成中↓
170308marimoko.jpg
 阿寒湖のほとりで買ってきて5年ちょっとか、、まだ生きてるよ。。嬉しいよ。。
  
 先ほど引いた小さな天使のカード↓
  170308card.jpg
 このカードは、「faith」という言葉よりも、描かれた天使の絵に感じるものがある。「勇気」にも関わる絵だよな。
 
 今、家の中に茶葉蛋の匂いがしています。ゆうべから作っているのです。
 茶葉蛋(ちゃばたん)とは、台湾とか香港でおなじみのおやつです(香港行ったことないけど)。
 ゆで卵の殻にヒビを入れて、それを中国茶とお醤油と五香粉の煮液(?)でひたすら煮込む味付けゆで卵です。
 このおやつの一番の調味料は「煮込み時間」です。少なくとも一昼夜は煮込みたい。するとしっかり味が中に入る。
 わたしは30代の一時期、年に一度は台湾に行っていて、ホテルに着くと近くのコンビニに行ってまずこれと台湾ビールを買って「来たぞ」と思っていた、そういう馴染みのあるものです。
 なんておいしいんだろうと思っていたけれど、あるとき、どうやって作ればいいのかが分かったんです。ああ、お茶と醤油と五香粉か、と。コンビニのケース見ていて気づいたんです。自分で。えらいでしょ。
 そんで、日本に帰ってきて作ってみて、できたってことでした。
 自分で茶葉蛋が作れると分かってから、台湾に行かなくなったような気がする(笑、その後奈良に行って日本の伝統と歴史に目覚めたし。。)。
 でもうちで茶葉蛋作るたびにブログに書いてる気がします(笑)。なんだか嬉しくなるからです。
 そろそろ食べごろになってきたかな。。。じゅるり。

 ***

 昨日は病院に行ってきました。
 先週、脇の手術の傷跡の周りに赤みが出て痛くなり、抗生物質を出してもらっていたのですが、それのチェック。
 それが治らないと抗がん剤治療に入れないとのことでしたが、色味はまだ少し残っていますが治ったとのことで(痛みもなくなりました)、治療の日程が決まりました。
 再来週からです。
 来週でもよいそうなのですが、ちょっと猶予をいただいてしまった(笑)。
 だっていろいろ準備するものがあるのですもの。。
 ウイッグとか、帽子とか、つけ毛とか、つけまとか、アイブロウ製品とか、ネイルケア製品とか。。
 ほとんどネットで買いますが、いろいろ調べて吟味しているのもわりと楽しいのです。
 わたし、このことでちょっと「女子力」が上がりそうな気がする(笑)。今、けっこう女子女子している。。
 今までがずぼらすぎたんだけど。。
 こんなことでもないと、髪型を変えようという気にもならなかっただろうし。。
 人生初のショートボブ、慣れてきて気に入ってきています♪
 まあ、きっと一ヶ月後には「つるっぱげ」なのですが。。。

 この「女子女子している」ということで言えば、入院中、わたしは自分の手術痕をずっと見ることができなかったんです。怖くて(子供の頃から傷を作ったりすると、見たり触ったりするのがイヤだった。親とかから見られたり触られたりするのも怖くてイヤだった)。
 でもいよいよ退院が近づいて、リンパ液を抜くためのドレーンという管を抜くとき、久しぶりにシャワーに入れて、そのときとうとう見ました。ガーゼの下にあった手術痕。
 すると、胸の形はそこまで変わってなかったんですね。。(キングありがとー!)
 それが分かったとき、すごく嬉しくて嬉しくて、、ああ、わたしも女子だったんだな、って思ったんです。
 別に、自分を「サバサバ系」とか思っていないのですが、どちらかというと男っぽい部分もあると思っていたんです。理屈っぽいの嫌いじゃないしね。ホロスコープでも女性星座少ないし(水の星座にいたってはASCとMCしかない)。
 でも、 ああそうか、、こんなに嬉しくなっちゃうものなのか、と思いました。
 オンナゴコロですね。
 だからやはり、髪が抜けるのも、そこそこつらいのかなと思ったりもします。
 でもそこは、男性的な「理屈脳」を起動させて、自分の怖がりな性格と自分のガンのタイプなどを思い出し、やるしかない、やるしかなかったと結論し続けるしかないのだろうと思っています。
 し続けるんです。くり返し。
 揺らぐこともあるだろうから。

 ***

 昨日、診察を待っている間、小さな女の子を見ました。
 乳腺外科の診察室の近くに、小児科もあるんですね。今まで気持ちがいっぱいいっぱいで気づかなかったけれど。
 そこに来ている子のようでした。小学校上がる前くらいの歳かなあ。。
 横顔だけ見えたけれどとてもかわいらしい子で、不安そうな顔つきで。。
 そのうち、彼女から「ヤダヤダ」という声が聞こえはじめ、それがだんだん大きくなってきました。 
 ヤダヤダヤダー! 
 たぶん、どこかの別室に行って、検査を受けなくてはいけない状況みたいなんです。採血とか注射とかあるのかなあ。
 たまりかねて、お母さんが「でも頑張らなくちゃしょうがないでしょ」と言うと「ヤダー!」。
 涙の絶叫です。

 それを聞いていて、はじめはかわいいなと思って微笑んでいたのだけど、だんだん涙が出そうになりました。
 ヤだよね。。。
 そりゃヤだよね、、怖いよね。。。
 あんな小さくてさ。。。
 
 看護師さんも出てきて、「ほら、頑張らないと」。「ヤダー!」。
 「頑張らないとおうち帰れないよ」「ヤダ帰るー!」「ヤダヤダヤダー!」
 
 「おばちゃんもすんごーく怖いのやるんだけど、頑張るよ」と言ってあげたい気持ちになったけれど、、彼女にとってはなんの励ましにもならないですよね。
 わたしはいい大人でおばちゃんで、耐えるのが当然ですけど、あんな生まれてきて数年しか経ってない子が、そういう恐怖に耐えるのはさ、全然違いますよね。
 
 その後、わたしも採血をしなくてはならなくなってその場を離れ、いろいろ済ませたあと、抗がん剤治療の説明を看護師さんから受けるために、再び乳腺外科の受付に戻ると、先ほどの子のお母さんが同じ場所で、じっと目を閉じて身じろぎもせずに座っておられました。
 あの子行ったんだな。。
 ああいうときのお母さんのつらさは、わたしには想像もできません。
 
 ***

 抗がん剤治療は、一回目は入院をするのかと思っていたらそうではなくて、通院で受けられるそうです。
 この前の入院が思いのほか楽しかったから(語弊があるかもだけど)、ちょっと残念(笑)。
 抗がん剤をやる人のためのエリアがあって、そこで受けることになるそう。
 看護師さんからいろいろと説明をしていただいて、どういう感じかのイメージはつかめたかなと思います。
 あとはやってみないと分からないってことかと。。
 
 点滴で二時間半くらいかかるらしく、部屋の中にトイレもあってそこまでは移動できるから、スリッパがあるといいと言われました。
 2月の入院時は、100均のスリッパでいて、退院時に捨ててしまったのだけど、きっとそのときよりもつらい時間が始まるような気がするので、、100均よりはよいものを用意しようと思いました。
 で買ったのがコレ↓
  170308kutu1.jpg
 西友のウォルマートの商品で750円だけどね!(笑) 軽いバレエシューズです。
 いろんな素材と色があったけれど、春になるのでデニム系で。
 でも、これだけだとちょっとさびしいですよね。。
 なので女子力発揮↓
  170308kutu2.jpg
 麻ひもでリボン作って縫い付けました! なんかこのリボン、アニヤ・ハインドマーチのリボンみたくない?(←アホ)
 やはりバレエシューズにはリボンついてないとな!
 Sサイズだけどちょっと大きいので、100均でかわいい中敷き買おうと思います。
 気分が上がりそうです。

 
 ☆タロット占いのセッションを、しばらくお休みとさせていただきます☆
  *乳ガン治療のため、ちょっと体調の様子見をさせていただきます*
   対面セッションで、場所は新宿の喫茶店です。
   30分/2000円です。
   詳しくは こちら をご参照下さい。
    kitaminori@tbt.t-com.ne.jp





 
 
 
 
 
 
 
 

テーマ : 乳がん闘病記 - ジャンル : 心と身体

傷口にちょっと問題発生。

 拾いもののお気に入りの黄色いバラの写真↓
170301rose.jpg
 暖かい色合いですよね。こっくりイエロー。

 昨日、再び病院に行ってきました。
 化学治療の同意書を、よろしくお願いします、と提出。
 ですが、、ここにきてちょっと手術の傷口に問題が出てきまして。。

 手術痕は、二つあります。
 胸のしこりを取った右胸のものと、リンパ節を廓清した右脇のもの。 
 胸のほうの傷はすごくよくなっているのですが、リンパのほうの傷は少し治りが悪かったのです。範囲も広いし。
 それでも、先週にはだいぶよくなって「お風呂入って(湯船に浸かって)ヨシ」とのお声がかかりました(お風呂のお湯には雑菌がたくさんあるから、傷口が治らないうちに入るとそこからバイキンが入って炎症する可能性があるため、許可が出るまでしばらく時間がかかります)。
 それでも少し不安だから、数日してからお風呂に久しぶりに入ったんです。
 そしたら、翌日から、脇の傷の周囲が赤くなりはじめて、痛くなってきたんです。。炎症(かぶれ?)を起こしているんですね。
 右腕を動かすと痛かったり、服がその炎症のあたりにこすれても痛いような感じで。。
 それで右側をかばうようになるから、動きにくくてものを落としたり。。(ものを落とすことは以前からよくあるけど。。砂糖のつぼをぶちまけちまった。。)
 
 昨日先生に診てもらったところ、傷口の中に膿がたまっていることもなくて、傷口からバイキンが入ったわけではないかもという感じでした。
 どちらかというと、皮膚の表面に出ているものかなあ、とのこと。
 こすれると痛い感じもあるので、確かにそうかも? 赤くて痛くて熱を持っていて、少しかゆい感じもするんです。
 それで、抗生物質と痛み止めを出してもらいました。
 ゆうべから飲んでいて、痛みは軽くなりました。赤みの範囲も少〜し狭くなったような? でもまだ全然赤いですが。。
 先生は、体温を測ったかとわたしに訊いたのですが、昨日まで測っていませんでした。
 もし熱発していたら、細菌による感染症、と一発で分かるらしい。。そんなすてきな情報、早く言ってくれよ。。。(笑。いや、毎日測ってないあんたが悪いと母に怒られました、これから毎日体温も測ります。。)
 帰宅して体温を測ると平熱だったので、やはり感染症ではなさそうです。今日も平熱です。
 
 だとしたらアレルギーかなあ。。わたしアレルギーあるからなあ。。
 ここのところ、冷えの解消と免疫力向上を目指して、めちゃくちゃショウガを摂っていたんですよ。1日に2回はショウガドリンクを作って飲んでいました。それ以外にも料理にショウガを使ったり。
 これ、冷えにはすごく効いていて、足下からポカポカしていたのですが、、ショウガにもアレルギーが出る人がいるらしく。。そして、お風呂に入ったとき、ショウガ成分入りの入浴剤も使ったし。。(しかも熱めのお湯で長湯をしてしまった。。ぬるめのお湯で短い時間のほうがよかったみたいなのに。。)
 でも、胸の傷の周囲は炎症していないんですが。。弱いところに出るってことかなあ。
 ちょっとショウガの摂取もやめてみようと思います。
 
 この炎症が治らないと、治療に入れないそうなんですね。
 抗がん剤では身体の抵抗力が落ちるから。。(風邪も引いたらいけないんだろうなあ。。少し前から、夫が職場から風邪をもらってきやがって!!(怒)今のところうつっていませんが!)
 そう先生がおっしゃったとき、ちょっと焦ったので、すぐに治療しなくていいのかと訊いたら、再発予防のためのものだからまだ大丈夫、とのこと。
 それを聞いてホッとしたので、わたしはやはり抗がん剤をやる気でいるんだなと思いました。
 でも1日経ってみると、少し先延ばしにできたことを嬉しくも感じていたり。。
 複雑ですね。

 でも、化学治療をしないでいたら、わたしは再発の恐怖に過度にとらわれるようになるとも思うし(正直、それを避けたいという理由も大きい。心理的な面のことです。一応、いろいろ調べて、抗がん剤治療をしたほうがいいタイプだということも自分で思うし。でも、実際治療が始まってつらかったら、多少後悔もするかもしれません。。(笑&汗))。
 今のこの炎症が収まるように薬を飲んで、ショウガもやめます。。ポカポカするんだけどね。。

 一つ一つつぶしていくしかないのだ。ワン・ツー・パンチなのだ。

 
 ☆タロット占いのセッションを、しばらくお休みとさせていただきます☆
  *乳ガン治療のため、ちょっと体調の様子見をさせていただきます*
   対面セッションで、場所は新宿の喫茶店です。
   30分/2000円です。
   詳しくは こちら をご参照下さい。
    kitaminori@tbt.t-com.ne.jp





 
 
 
 
 
 
 

テーマ : 乳がん闘病記 - ジャンル : 心と身体

占い師の乳ガン

 おととい引いた小さな天使のカード↓
  170224card.jpg
 「勇気」。
 おととい、病院で傷口のチェックと病理検査の結果・先生の勧める治療方針の話をしてきたんです。
 その直前に引いたカードです。

 わたしの占いって当たるなあ。。。(汗&笑)

 結果から言いますと、病理検査の結果、わたしの乳ガンの再発リスクのレベルは、中等度となりました。
 そのため、医師からは放射線治療に加えて、抗がん剤治療、ホルモン治療をしたらいいと思うとご提案いただきました。
 ね、わたしの占いは当たるんだよ。。。(滝汗)
 日曜日、今週のタロットの山羊座で出たカードもそんな暗示だったし、12星座をする前に自分のためにやったものでも、そんな感じだったのだもの。。。
 「抗がん剤って言われるんだろうな」って。
 でも、手術時にリンパ節への転移が見つかった時点で、その可能性はあるなと思ったので、、驚くようなことではないのですが。

 ステージとしては2aです。 
 ただ、いろいろな要素を調べると、わたしのガンは「おとなしいタイプのガン」ではないらしいです。
 母から「あんたはガンまでせっかちなのね」と言われました(笑)。
 ほんとそう。。ガンまでわたしはわたしだった。。。。orz 
 じゃじゃ馬ってことですかね。。。(汗)
 もっと言うと、ガンとわたしのホロスコープはなんか似ている。。。(笑)
 不動宮の星は一個しかないからなあ(とは言えそれは金星で水瓶座だからそこまで落ち着きはない感じ)。それに火星と冥王星が活動宮で向かい合ってるし。。ちょっとやめてよもうバカー。
 でもまあ、しゃーない。
 
 本音で言えば、抗がん剤はイヤだなというのがありました。副作用が怖いからです。
 でも、先週の土曜日くらいから乳ガンの細かなタイプ(検討要素のための専門用語がたくさんあって大変)と治療について猛勉強をはじめて(ネットでですが)、これは必要なのかなあと思っていました。
 そんで日曜日のタロットでもそんな感じで。
 だから覚悟はしていたのですが、いろいろなデータを具体的に見ていると、正直怖いなと思います。
 怖いから、抗がん剤治療を受けようと思います(先生の言い方だと、絶対イヤだとごねれば、受け入れてもらえる余地はあるような感じではありました。来週までに考えておいて、とのことだったので。。)。
 先生からは吐き気などには薬があるけれど、脱毛だけは防げない、だからウイッグ買うとよいと思う、と提案していただいています。
 医療用ウイッグのカタログも、看護師さんからいただいてきました。
 そこまで高額じゃなくても、いろいろあるみたい。
 夫も母も、治療でやれることは全部やってほしい、とのことでした。
 自分もそうしよう、と思いました。
 「抗がん剤しなかったから、再発するかも」という恐怖を、これから先ずっと抱いて生きていくのは負担だと思ったのです。だったら、一時期の「つるっぱげ生活」も、耐える価値があるように思えました。
 もちろん、抗がん剤をしても、再発する可能性はあるのですが、、まだあきらめがつきそうじゃないですか。

 でもね、ここですっぱりといかないのがわたしなんです。
 わたしは占い師ですから。。。無名だろうとなんだろうと、占い師ですから。。。
 心では「抗がん剤やろう」と決めたけれど、、タロットに抗がん剤をやるべきかやらぬべきか、ということを、、怖いけれど、、訊いてみたんです。
 それは、昨日の昼にです。

 心で決めたんだからそれでいいじゃない、自分を信じなよ、とおっしゃる方もいらっしゃるかもしれません。
 でも、、わたしが尊敬する占いの先生ならば、こういうとき、自分で占いをするのではないかな、と思ったのです。
 こんなに、占いの検証をするチャンスはないですから。。
 そして、しこりが見つかってからこちら、その件に関してタロットは外すことがなかったように思うので(ちなみに今回の病理検査の結果についてペンジュラムで再び訊いていましたが、今回はペンジュラムも当たりました)、、訊くのが、わたしにとっての道理だなと思ったのでした。
 
 しかして結果は、抗がん剤はやったほうがよい、というものでした。 
 でも、そんなに輝かしい分かりやすいカードの出方ではないんです。
 やらないことも可。でもそれは厳しい道となるであろう。
 やることで、失うこともあるけれど得られるものもある。
 そんな感じで、「絶対やれ、絶対やるな」というようなハッキリした感じではなかったです。
 でも、やったほうがいいと言っていると、カードを見て即座に思いました。
 そして、とてもホッとしました。
 やはりこれも当たったなと思いました。

 これ、、全然自慢じゃないんです。
 おととい、先生の話を聞きながらぼんやりと「タロット当たったわ」と思っていて、帰り道、ハッキリと「わたしの占い当たるわ」と思っていました。
 それに対して、どうだわたしってすごいだろう、という気持ちが全然ありません。
 むしろ、これは、占いってなんなんだろう、ってことというか。。
 教えてくれるなにかがある、ということなんだろう、ということを思ったんです。
 神仏、守護霊、ご先祖というような「外のもの」なのか、自分の「潜在意識的ななにか」なのか、、とにかく、なにかが、わたしに教えてくれているんだなということを思ったんです。
 もちろん、基本に、10月の春日大社さんでいただいたおみくじの中の「病気 重し 医師を選べ」のことがあります。そういう背景がずっとある中で、わたしの乳ガン発覚・治療の話が続いているんです、自分のタロットの結果などを加えながら。

 教えてくださるなにかがある。
 それは、「存在」なのか、宇宙的ななにかの「システム」なのか、なにかしらの「意志」なのか、わたしにはよく分かりませんが。。。それらすべてのなにかなのか。。。
 もうちょっと、「偶然」とは、考えられないなと思っているのです。

 昨日、その抗がん剤に関するタロットを見ながら、確実に、わたしに「教えよう」としているなにかを感じました(わたしは霊能者ではないので、見えないから、「感じる」だけなのですが)。
 わたしが「当てている」んじゃないんです。
 だから自慢にはならないし、、とにかく、畏れ多いという気持ちです。

 ありがとう、ごめんなさい、、なんだかごめんなさい。。わたしなんかに。。。

 そんな気持ちになります。
 嘘じゃないよ。

 そして、晴れてわたしはタロットからもお墨付きをもらって、抗がん剤をやることに決めました。
 もうこれで迷いはナシです。
 
 決めたら早いよ!

 昨日さっそく髪切ったった!↓
  170224mino.jpg
 (昨日はさすがに寝不足で顔がげっそりした感はありますが。。やはりここ数日は精神的にキツかったです)
 人生ではじめての髪型かも、、段のほとんどないショートボブです。
 横にあるのは実家のピアノです。

 髪を切ったわたしを見て、美容室の先生も母も「学生みたい」と言いました。
 でも写メを送った友人からは「洗練されてレディライク」と言ってもらいました。
 でも、、帰宅した夫に「学生とレディどっち?」と訊いたら「学生」と言いました。。
 なのでこの写真は「奇跡の一枚」ということで。。。(汗)

 でも新鮮だわ。
 頭が軽くなったわ。

 これから、したことのない経験を本当にたくさんしていくことになります。
 頑張ろう。人生はワン・ツー・パンチだ。

 病院への道すがら咲いていたクリスマスローズ↓
  170224crose.jpg

 母が作ったフラワーアレンジメント↓
  170224hana.jpg
 互助会のイベントで作ったそうですが、はじめてなのにうまくできていて、やるじゃん、と思いました。
 
 実家からの帰り道の空↓
  170224sora.jpg

 
 ☆タロット占いのセッションを、しばらくお休みとさせていただきます☆
  *乳ガン治療のため、ちょっと体調の様子見をさせていただきます*
   対面セッションで、場所は新宿の喫茶店です。
   30分/2000円です。
   詳しくは こちら をご参照下さい。
    kitaminori@tbt.t-com.ne.jp


 
 
 
 
 

 
 

 
 
 
 

テーマ : 乳がん闘病記 - ジャンル : 心と身体