占星術で分かること(分かるとされていること)の例

 2月中だかに撮った写真↓
  150316larkspar.jpg
 近所のスーパーで買ってきたラークスパーです。
 基本的に青い色のお花は好きです。

 腫瘍が新たに見つかった金沢のお義母さんのことですが、昨日は検査もあまり進まず、手術の日程などまだ未定とのことで、今週中にわたしたちが金沢に行くことはないのではないか、という感じとなりました。
 モヤモヤした感じが続きますが、仕方ないですね。

 ***

 最近書いていましたが、ここのところの星の動きとわたしのホロスコープの関係がちょっとヤバいなという感じなので(冥王星が!)、つい占星術について考えてしまっています。
 松村潔先生の「最新占星術入門」を読み返しています。
  
 占星術の基礎が分かるので、おススメの本であります。わたしは何度も読み返してきています。
 世の中にはこのような本があるので、わたしがブログで説明的なことを書けるわけもない、とずっと思ってきたのですが、占星術愛好家として、占星術とどうつきあっていけばいいのか、どういう「利用の仕方」がいいのかというのは考えてきたので、自分はまずはそういうことをブログで書いていけたらいいかなあと思っています。
 でも、そのことを書くには占星術の基礎の基礎のような部分の説明は必要だと思うので、そこもがんばって書いていけたらいいと思いますが。。。難しいことではあるなあと思います(汗)。
 
 お義母さんの体調のことが分かる前に、これからはそういう内容の記事も書いていきたいということをこちらに書いておいて、よかったなと思っています。登録ジャンルも変更させておいてよかった。
 そうじゃないと、いろいろな現実に飲み込まれて、忘れていってしまうかもしれないので。。。あきらめるとかね。
 今回、そういう「タイミングの妙」も感じています。

 ***

 今回の「移動中の冥王星の太陽との合」のことをいろいろ書いていて、読んでくださる方の中には「占星術って怖い」と思われる方もいらっしゃるかなあと思います。
 ほんと、怖いですよね(笑)。自分でもシャレにならんよ、と思いました。
 でもまあ、連動してしまったものはしょうがないよねえ、と思うしかないのですが。。
 「結婚の部屋で自分の太陽と移動中の冥王星が重なるんだから、金沢でなにかあるかも」ということが、ある程度「あたった」と言えるのかなと思いますが、「そんなことまで星で出るのかよ」と思われる方もいらっしゃるのかなと思います。
 わたしの場合は出ちゃいました。もちろん、単なる偶然かもしれません。ていうか、完全に偶然なんですけど、見てみると連動しているんです。そこに驚くのですよね。
 怖いけれど、そのことに「おもしろさ」も感じてしまうのです。
 それを「おもしろい」と思ってしまうのが、占い師なのでしょうね(「怖いからやめよう」ではなくて。。)。
 不謹慎で冷たい、とも言えるのかもしれません。
 でも、大きなことが起こったときに、星を読んで検討し納得することで、感情の乱れを整えられるのだとしたら、無意味ではないのではないかと思うのですね。
 感情って、うまく働けば素晴らしいけれど、けっこう扱いが難しいものだと思うので。

 ***

 お義母さんの話が出て、思い出した話があります。
 占いライター時代に、出入りしていた占いライティング事務所で占いムック本のリライトなどの仕事を受け持ったことがあるのですが、そのとき、事務所の編集さんと主著者の占い師の先生の事務所に打ち合わせに行ったことがあります。
 T先生とします。
 そのT先生は、1970年代から雑誌のいわゆる「占いコーナー(12星座別の今月の運勢のページ)」などをたくさん手がけ、マスコミ業界と占い業界が絡んでいった黎明期に活躍された銭天牛(せん てんぎゅう)先生のお弟子さんだったそうです。
 それを聞いて、わたしはつい「銭天牛先生は最近お亡くなりになりませんでしたか」と言ってしまいました(あまり「立場をわきまえる」ということができない性格なんですね、元が。。。滝汗)。
 銭天牛先生は2000年にお亡くなりになったのですが、その話題をどこかで見ていて、打ち合わせに行ったのは2002年はじめだったと思います。
 そうするとT先生は「先生は本当にすごかった、自分の死期も、死因についても分かっていた。心臓発作だったんだけど」とおっしゃいました。

 占星術では、各星座と人間の身体の部位が対応すると考えられています。牡羊座は頭部、牡牛座は首、というように。
 心臓に対応する星座は獅子座なので、わたしは「心臓は獅子座ですよね」と言うと、T先生はうなずかれました。
 たぶん、銭天牛先生のホロスコープの獅子座に関わる箇所に、火星や冥王星が関わったのかなと思います(そこまでの話は出なかったので、詳細は不明です。「死因が心臓発作」ということは、銭天牛先生のサイトに出ていることなので書いてもいいと判断しました)。

 わたしはそれを聞いて「ああ、やっぱりすごい先生はそこまで分かるものなのか」と驚いていました。
 
 そういうことを先回りして知るというのが、よいことなのか悪いことなのかは分かりません。
 「外れる」こともあるのだと思います。銭天牛先生のお話は、奇跡的なケースかもしれません。
 でも、占い師というのは、そういうことまで観えてしまった場合には、たぶん、怖いから忘れて考えないようにしよう、とするよりは、じゃあ実際にどうなるか観てみよう、と思うのではないかと思うのです。
 
 わたしも自分が少しずつ、そういう風になってきていると感じています。
  
 Wikipediaで見つけた画像↓
  150331body.png
 身体と星座の対応です。
 牡羊座から魚座に向かうごとに、頭から足に向かうという対応の仕方です。
 部位の細かい区分けに関しては、諸説あるようで、、上の図版とは別の説明のものもあるようです。統一して欲しいものですが。。。
 身体の星座別区分の分かりやすいサイトを見つけました → こちら
 昔は医術と占星術がいっしょくたになっていたため、このような対応を創りだしたようです。
 わたしはアセンダントが蟹座なので、伝統的な見方だと胃がウィークポイントとなりまして、確かに若い頃から胃が弱いし、月が乙女なので腸も弱いかなと思います。子供の頃からアトピー性皮膚炎なのは太陽が山羊座だからかな?
 偶然と言えば偶然ですし、こじつけと言えばこじつけです。
 
 
 
 
 
 

スポンサーサイト

テーマ : 占い - ジャンル : サブカル

今週の12星座別タロット 3/30 ~ 4/5

 この前撮った桃の写真↓
  150329momo.jpg
 この色、気分が明るくなりますね。桃色!
 東京都下小平は桜がだいぶ咲き始めています(おとといから部屋の中に蚊もいる。。)。この桃はもう散ってしまったかな。

 明るい写真を貼ったところで、ちょっとお知らせです。

 昨日少し思わせぶりな書き方をしてしまったのですが(すみません)、おとといの夜に金沢のお義母さんから電話があり、、ちょっと体調が思わしくないのです。
 十二指腸にゲンコツ大の腫瘍が見つかったそうです。
 加えて、その前に転んでいてお尻の骨にヒビが入っているそうで(これ自体はそうたいしたことじゃないらしいので連絡はなかった。そういう部分、気高く割り切ってらっしゃる方なのです。。東京は遠いから、気を使ってくだってるのですね、かたじけないですが。。)、そのリハビリ中にどうしても腰の上部に痛い場所があって、レントゲンを撮ってもらったら腫瘍が見つかったということらしいです。それが木曜日だそうです。
 それで、明日、もっと詳しい検査をして、手術やいろいろなことを検討するのだそうです。
 金沢にいるお義姉さんと相談した結果、わたしたちは手術当日に行けばいいとなり、今は東京で明日の結果の報告を待つという状態です。
 すぐにでも行ったほうがいいのかということもあったのですが、夫の仕事もあり(突然休むのはちょっと難しい)、お義姉さんは性格的にこういうことであまり大騒ぎされたくないという人なので、わたしはそれに従うことにしています。

 ということで、わたしはこれから金沢に行くことが増えると思うし、経過がどうなるのか分からないので、タロット占いの対面モニターセッションの募集を、いったん停止いたします。 
 ちょっと先の予定を立てるのが難しい状況が続くのではないかと思うので。。。

 今までモニターに来ていただいた方、このブログを読んでくださっていらっしゃいましたら、ありがとうございました。
 本当に勉強になったし、自分もやっていてとても楽しかったです。
 みなさんすてきな方で、ありがたかったです。

 ***
 
 また状況が落ち着いたらもちろんセッションも再開させたいのですが、正直ちょっと見えないかな、という気もしています。
 (調整しつつ、もしできそうならば都度ご報告していきます)

 つまり、ここのところ書いている「わたしの太陽に移動中の冥王星が結婚の部屋で重なる」ということがあるためです。
 ミソは「結婚の部屋で」ということなのですが、、これは、人間関係を表す面もあるのですが、伝統的なまっとうな見方をすれば、結婚相手や結婚した相手の家のことと考えるのですね。。。

 わたしのホロスコープで見ると、ここに移動している冥王星が入ってきて、3月から、そこにいる自分の太陽に重なったということなのですが(こういうことについても、もっと基本的なことから説明していきたいという気持ちがありますが、今はご了承ください。。。なんかつくづく長い旅だよう。。。)、だから3月以降、金沢のほうで、なにか大きなインパクトのあることが起こるかもなあ、とは、思っていたんです。
 2月に観ていただいた天城映先生のセッションでも、そこの話はだいぶしたのです。
 だから、覚悟はしていたんですね。
 でも、、ほんとにそういうことがあるのかあ、と、自分でも驚いているわけでございます。
 (ちなみにこの星の形は来年の暮れまで、何度か繰り返されることになっています)

 ***
 
 おととい、電話を取って聞いたお義母さんの声で、深刻なことが起こったと分かりました。
 来たか、と思いました。
 お義母さん、2001年の暮れに、胃がんの手術をしているので、再発ということになるのです。
 けっこう進行してしまっているのではないかとも思います。

 「何かあるかも、いや、あるだろう」と覚悟はしていたのですが、やはりショックです。
 あるだろう、とまで思うのは、2011年にも自分のホロスコープ上で、インパクトの大きさでは今回と同等の冥王星の星の形があり、そのときに、父を亡くしているからです。
 だから、それに匹敵するボリュームのことが起こるかもしれない、と思っていたのです。
 もちろん、うまく切り抜けられればいいのですが、、少なくとも、わたしは金沢にある程度通うことにはなるのではないかと思うし(お義姉さんには仕事があります)、少し変則的な生活が続くかもしれないと思います。
 わたしは父の介護も経験したし、そういうことへの抵抗はないのですが、この「警戒していたらその通りに来た」ということはすごいですね。
 
 舅を亡くしたのは2006年、その後父も認知症(ピック病というものでした)になり母と介護して、それなりにいろいろな経験をしました。
 なので、こういうことに対する受け止め方、対処の仕方は少し慣れてきている部分があるのですが、あのお義母さんの声を聞いたときにみぞおちに「グボッ」と穴が空いた感覚、それはなくならないし、あの感覚に「慣れる」ということは、ないんだろうなあと思います。

 それでもこういうときは、きちんと食べ、眠るようにするのが本当に大事なんです。
 これが、わたしが学んだことかな。

 ということで、しばらくセッションの募集は閉じさせていただきますね。

 どうぞよろしくお願いいたします。

 ***

 で、今週のタロットを更新します。
 これも、、もしわたしが金沢に詰めることになったらあちらではパソコンないので、どうなるかなあ、などと、ちょっと頭がぐるぐるしてしまっています(汗)。
 セッションはできなくても、この更新は続けたいなと思うんですよね。
 iPhoneからテキストだけの更新ならできるので、いろいろ検討していこうと思いますが。。
 
 ちょっと縁起の悪い話が続いてしまいました、すみません。

 で、今週の占星術ですが、けっこう大きく動きはあります。
 ここのところ魚座にいた水星が牡羊座に入ります。これが31日。
 そして、牡羊座にいた火星が牡牛座に入ります、これが1日。
 ということで、木星より前の動きの速い星に関してでは、魚座から久しぶりに星がいなくなります(海王星はいます)。魚座は12星座の一番後ろの星座ですが、ここから速い星がいなくなり、牡羊座以降に引き継がれるので、新しいサイクルが本当に始まったな、ということになるのではないかなと思います。
 
 今、太陽は牡羊座、水星が牡羊座に入るので牡羊はやはり今週も強いですね。
 で、金星が牡牛座、火星も1日に牡牛座に来るので、12星座の初期の星座が賑わってくるということです。牡牛座は土の星座なので、「新しいサイクル」を根付かせる動きが加わってくるのかもしれません。アイデアとしてあったものが形になっていくきっかけを掴めるとか、そんな感じかも。
 新年度が本当に始まるなあ、ということでしょうか。
 
 星の動きだけを見ていればそういうことは言えますが、そこは人間。
 そんなに簡単に気持ちが切り替わることはない、という意見もあるかなと思います。 
 でも毎年、春分の日に太陽が牡羊座に入ることで、占星術的には否応無しに「新しいサイクル」に入ると言えると思います。
 太陽は、どうしたって大きな星ですから。
 そして日本では年度が変わるという徹底ぶり。偶然でしょうけれど。
 そういうことに気持ち的についていけなくなる部分が、5月病とか、春のウツとかにつながるのかな、と、わたしはずっとそう思っています。
 春になると不安定になる方もいると聞くので。。わたしもちょっとついていけないという気分になるときはあります。花が一気に咲きすぎますからね。毎年その爆発力に驚くもの。
 それでも、星のことは人間がコントロールできないので(冥王星どかしてえけど!)、どうにか「情報」として相対化して、利用できればいいのかなあと、そう思っているのです。
 占いなんて信じないという人にはナンセンスかな。

 タロットはペンタクルスが多いなという印象でした。この種類は金運や仕事運と関わり、土の星座に対応します。今週、土の星座の牡牛座が強くなってくるので納得かなとも思いました。

 
  スザンヌ・スターのユニコーンタロットによる
  12星座別今週の一言メッセージ

    3/30 ~ 4/5

  150329tarot.jpg
 上段左より 牡羊座・牡牛座・双子座・蟹座 / 中段左より 獅子座・乙女座・天秤座・蠍座 / 下段左より 射手座・山羊座・水瓶座・魚座 という並びです。


  ☆牡羊座(3/21-4/20)☆
    Justice / R:あえて何もしないのが正解かも。忍耐力が大事なとき。

  ☆牡牛座(4/21-5/21)☆
    9 of Rods:動くよりも少し止まって微調整が吉。観察眼がカギに。

  ☆双子座(5/22-6/21)☆
    9 of Pentacles:家でリラックスする時間を。上等なお茶など楽しんで。

  ☆蟹座(6/22-7/23)☆
    5 of Rods:周囲と険悪なムードになりがち。過度なユーモアは火種にも。 

  ☆獅子座(7/24-8/23)☆
    9 of Swords / R:問題に突破口が見えるかも。体調も上向きに。 

  ☆乙女座(8/24-9/23)☆
    King of Pentacles / R:波乱の金運。投資話や欲望に任せた散財は我慢を。

  ☆天秤座(9/24-10/23)☆
    8 of Pentacles:仕事運吉。淡々とこなせそう。職務上の希望を出すのもアリ。 

  ☆蠍座(10/24-11/22)☆
    Ace of Pentacles:金運・財運吉。仕事の上でのよい変化も期待できるとき。

  ☆射手座(11/23-12/22)☆
    5 of Swords / R:よくない人間関係が整理される暗示。気持ちが軽くなりそう。

  ☆山羊座(12/23-1/20)☆
    4 of Swords /R:調整が終わり動いていけるタイミング。健康運もUP。

  ☆水瓶座(1/21-2/19)☆
    Page of Pentacles:金運面でよいニュースが届くかも。目標を見据えると◯。

  ☆魚座(2/20-3/20)☆
    5 of Cups / R:感情的な困難さが一段落。成長した自分を感じられそう。


 よろしかったら一週間の参考にしてくださいね♪




 
 

テーマ : 占い - ジャンル : サブカル

前嶋信次 玄奘三蔵ー史実西遊記ー

 少し前から読んでいた本、前嶋信次著「玄奘三蔵ー史実西遊記」を、たった今読み終わりました。
 泣いたっ・・!
  
 出版が古く、中古市場にしか出回っていないようで、使われているのも旧漢字(「礼」の字は「禮」というような)ですが、内容がおもしろいのでよどみなく読めました。

 こちらの本は、毎月通っている奈良の興福寺の新宿での文化講座で、1月と2月に講義してくださった駒沢大学の吉村誠先生が紹介してくださったものです。
 7世紀に唐から天竺(インド)へ、仏教を修めるために旅した玄奘三蔵法師様のその旅や生涯についてまとめられています。 
 玄奘さんの「大冒険」のことだけではなく(マジすごい冒険潭、そこだけで見てもすごくおもしろい)、釈迦その人のエピソードなども、簡単に描かれる部分もあります。
 これ一冊で、玄奘さんのお人柄と初期の唐のこと、旅のこと、当時の仏教が唐から天竺へのエリアでどのように扱われていたか、いろいろな国の王や人々の風俗などを窺い知ることができます。
 おもしろすぎました。。。

 子供の頃楽しみにして見ていたテレビドラマ「西遊記」(マチャアキと夏目雅子のもの)。
 その後も大人になってから、友人に教えられ、中国で放送されていた西遊記のドラマも少し見ましたが、あの三蔵法師様が、本当はどういう人だったのかがよく分かりました。

 なんてすごくて、すてきな人なのか。

 興福寺の講座や、去年世界文化遺産コンソーシアムのシンポジウムで聞いていた玄奘様のお話が、より強く心に刻まれたように思います。
 
 すっかり心の中で親しみが湧いてしまい、「おっしょさーーーーん」と呼びかけたくなってしまいます。
 たぶん、子供時代にドラマを見ていたのも大きいのかもしれません。

 話が変わりますが、ちょっとゆうべ、個人的な事柄がありました。
 これからちょっと、先の読めない事態が続きそうです。
 それはまた明日にでも占いの記事に絡めて書きますが、今、いろいろなことで自分の内面や外の生活で変化を感じている時期なので、そういうときに、このようなよい本を読み、この光り輝くような素晴らしい偉大な人の生涯について知ることができてよかったと思います。

 紹介してくださった吉村誠先生と、興福寺の文化講座に感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 
 
 
 

テーマ : 仏教・佛教 - ジャンル : 学問・文化・芸術

掃除モードに突入!

 今年初の桜写真↓
  150327sakura.jpg
 おととい休みだった夫との散歩の道すがら。
 花にうまくピントが合っていないですが、初物ということで。。。

 先日宣言したように、自分のこととか占星術のことを書こうかなという気持ちはあるのですが、ちょっと今お掃除モードが始まってしまい(あとドイツの飛行機事故のことも気になってネットで追ってしまっています)、この数日で「ヤバいと思いつつ手をつけてこなかったところ」の掃除をしています。
 加えて今日は朝から水道屋さんが来て、キッチンの水道の蛇口の取り替えをしてもらいました(うちは古いUR団地なので備品の老朽化が激しく、ここ数年でお風呂の取り替えとかレンジフードの取り替えなどを頼んでいます。自己負担はナシです。建物自体は昭和40年代の「がっつり団地」なので丈夫そうだし、外装工事をしたり周辺の公園などの環境整備も新しくされているので、古さも「味」として、あまり不便なく暮らせています。駅から近いので結婚以来ずっといつづけていますが、URは更新料もないし住むにはけっこういいですよ)。

 ブログに対して「コレジャナイ」という感じがしてきて、太陽と冥王星のこともあり「ぐわー」と考えていましたが、そういう間は汚い場所を分かっていても「あえて見ない」という感じでした。
 目に見えるところは掃除しますけど、、それ以上できない感覚で、部屋の空気(オーラというか)が荒れているのは自覚できていたのですが、どーしても、手を出すことができなかったのです。
 でも先日ブログの登録ジャンルの変更をして、そのこともご報告したら気持ちがどこかでスッキリしたようで、大掃除しようという気持ちになりました。
 掃除をすることと、気持ちのクリアさかげんというのは、けっこう連動しているように思います。わたしの場合ですが。。

 キッチンの蛇口が新しくなったのは新鮮です。18年弱住んでいて、はじめて手をつけられたエリアです(蛇口の土台を外したらものすごい汚れと対面しました。。自分の力ではどうしても落としきれない汚れもあります。。)。
 こういうことからも少しずつ「刷新」という気分になっていけるかな、と思います。

 おとといの空↓
150327sora.jpg
 雲が映画の中のUFOみたい(本物のUFOがこういう形かは、近くで見たことがないので知りません)。

 *おまけ*
 昨日姫路城の修復が完成したということで祝賀会があったようですが、自衛隊のブルーインパルスの展示飛行もあり、その動画を見つけたので貼ります。
 青い空と「白鷺城」、ブルーインパルスの描く飛行機雲! かっこい〜〜〜!

 10分頃から始まる桜の花の模様の飛行が素晴らしいです!
 この場にいたら絶対感動して泣いてしまうと思う!


  ☆タロット占いのモニターを募集しています☆
   対面セッションで、場所は新宿の喫茶店です。
   通常価格30分3000円のところ期間限定で30分1000円(6月末日まで)。
   詳しくは こちら をご参照下さい。
   rosinu-rose@tbt.t-com.ne.jp

 
 
 
 

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

3月下旬のホットワイン

 少し前に撮った写真↓
150316tulip.jpg
 パソコンデスクの横にあるクリスタルなどを置いてる棚です。うちにはそういう棚がたくさんあります。
 真ん中にあるのは、花瓶を倒して折れてしまった開いたチューリップです。

 昨日書いたように占星術や自分のことを書こうかなと思ったのですが、いろいろと考えすぎていて疲れがたまったのか、目の下のクマが濃くなっていたので今日はやめます(まあ、やめたところでクマがなくなることはないのですが。。。)。

 昨日は用事があり都内に行っていました。
 スプリングコートで出かけましたが思っていた以上に寒かった。。ダウン着ている人もまだいたので、そうすればよかった。。。
 身体を温めたくなったので、帰宅後ホットワインを作りました。
 ホットワインを飲むのは久しぶりでした。
 おいしかった。
 身体も温まった。

 「ホットワイン」って和製英語だとか↓
  150325wine.jpg
 正確にはドイツ風にグリューワイン、フランス語ではヴァンショーって言うんですって(この写真はWikipediaから拝借です)。

 いろんなレシピがあるようですが、わたしはスパイスのクローブとシナモンパウダー、スライスしたショウガとローリエの葉とお砂糖を入れます。
 スパイスのクローブ↓
  150315Cloves.jpg
 この香り好きです(この写真もWikipediaより)。
 材料をミルクパンに入れて火にかけて、わたしはそこそこ沸騰させてアルコール分は飛ばしてしまいます。
 最近、どっしりとお酒に酔うのも、醒めてきたときにけっこう身体に負担になるよなあ、と思っていて(歳ですね。。。)、このホットワインみたいに香りを楽しめて、少しふわっとした気分になるくらいでちょうどいいかもなあと思ったりもします。
 元のワインは、日本のメーカーの一瓶400円くらいで売っている安いものを使いました。手を加えるのでこれで充分です。
 
 こんなもの送料払ってまでAmazonで買う人いるんだろうか。。

 ホットワインを作りながら、外でお酒を飲むことが本当に減ったなあと思いましたが(元から多くはないですが)、自分でホットワイン作るっていうのも悪くないと思うのでいいやと思いました。
 ネットでレシピを見ていたら、ブラックペパーを入れてもいいとあるので、次は入れてみようと思います。

 
  ☆タロット占いのモニターを募集しています☆
   対面セッションで、場所は新宿の喫茶店です。
   通常価格30分3000円のところ期間限定で30分1000円(6月末日まで)。
   詳しくは こちら をご参照下さい。
   rosinu-rose@tbt.t-com.ne.jp

 
 
 
 


 
 

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

ブログの登録ジャンルの変更をしました

 近所で咲き始めたユキヤナギ↓
  150324yukiyanagi.jpg
 桜も咲きそうなつぼみがいくつかあるようです。

 少し前から書いている「わたしの太陽と移動中の冥王星の重なり」で受けている影響なのだと思うのですが、このブログを少し変えたい気持ちが出てきていて、ずっと考えていました(たぶんこの数週間でまた白髪増えてる(笑))。
 
 それで、結論として、自分が考えてきたことについて、もう少し踏み込んだ記事を増やしていくことにしました。
 占星術を本格的にやりはじめて25年(18のときからホロスコープを作って人を占っていました。占星術そのものに興味を持ったのは10歳くらいなので30年選手です)、チャネリングが始まって22年、ず〜〜〜〜〜〜っと考えてきていること、自分なりに感じてきていることがあるのですね。
 占い師だから、チャネラーだからこそ、感じることがある、ということです。
 それを、改めてまとめて書いていこうかな、という気になりました。

 今まで、本を読んだり、誰かの話を聞いたりしたことを手がかりに、個々の記事の中に占いや「スピリチュアル」なことに対する「自分の意見・経験」を差し挟んできたことはありました。
 でもいろいろな記事に分散されていて統一されていないし、自分のプロフィールという意味も兼ねて、まとまった見解や、自分の経験などを集中して書くほうが機能的? 効果的? なような気がするんです。

 なんだか、そういう「バラバラ感」が嫌になったし、仕事として占いをすることにしたので、自分にはなにがしかの「説明責任」もあるのだと思うようになりました。

 ***
 
 例えば、直前の記事に書いた「太陽と冥王星の合」の話も、あれじゃ占星術に詳しくない人には全然分かりませんよね。。。それはいかんなあ、と思って、ならば、自分の言葉で、自分なりに占星術について、もう少し「説明」をしたほうがよいのではないか、と、これはおとといヒシヒシと思いました。

 あとは、自分はチャネラーですが、だからこその視点もあると思っています。
 チャネリングについては今までもそこそこ書いてきたとは思いますが、なんだかバラバラな印象なんです。
 嫌がられるネタかなあ、と思って、内容的に加減してきたのも事実ですし、自分自身がそういうことについてきちんと「勉強」してこなかったので、客観的に書く自信もなかったんですね。
 でも、やはり去年「神々の沈黙」を読破できたのは大きく、もう少し踏み込んで、自分の経験から得たものなどを書いていくことはできるかなと思います。
 

 なんにしても、なるべく客観的に書いていきたいですが。。

 ということで、これから、西洋占星術について、わたしなりの付き合い方・使い方など考えてきたこと、そして占星術の基本的な説明の記事を、「占星術の基礎 / わたしなりの考え方・使い方」というカテゴリーにまとめていこうかなと思います。
 それと、自分が一番悩んできた、「チャネリング現象」や「霊的な感覚」についての、自分の経験や感覚についての記事を増やしていこうと思いますが、それは「わたしについて」というカテゴリーの中に入れようと思います。これは、自分自身の感覚や経験について書く部分が増えると思うので、今までの「チャネリングについて」というカテゴリーではなくて「わたしについて」とすることで書けることがあると思うからです。
 それ以外にも、「わたしについて」というカテゴリーにすることではじめて書けることが、いくつかあるのではないかと思っています。
 
 それらを読んで、わたしのタロットのセッションを受けてみようと思ってもらえれば光栄です。でも、「こいつ、、やっぱいいや」と思われることのほうが多いかもしれません(汗&笑)。
 でも、今、こういうことをしておくほうが、先のためによいのではないかとも思います。
 「仕事としての占い」は、5年、10年、20年というスパンで考えていることなので。

 ***

 今までこのブログは、「日記・主婦」というジャンルに登録して書いてきたのですが、今日から「心と身体・スピリチュアル」というジャンルに移動しました。「スピリチュアル」という言い方は好きではないし、占いのことも大きいのですが、それらしいジャンルが見つかりませんでした。

 今まで、たくさん記事を書いてきたけれど、自分にとって本当に重要なことについてはあまり書けないでいたのですが、たぶん、ずっと、こういうことをわたしはしたかったのかなと思います。
 (やはり去年「占い師としてやっていこう」と思えたのが大きかったと思います。それで心が決まってきたのかなと)

 ***

 以前、ある方が「あなたは自分を『人類の代表』だとでも思っているのか」とわたしにおっしゃいました。

 なるほど、わたしがしようとしているのは、そう思われても仕方がないことなのかもしれませんね。
 
 でも、「代表」なんて気持ちがあるわけはないです。
 ただ、「サンプル」の一つではあるのかな、と思います。
 あるいは、「サンプル」として、自分を差し出すことをそこまでイヤだと思わない性質が、自分にはあるのだと思います。
 このあたり、「偉そう」に見えてしまうのでしょうか。あるいは目立とうとしてるとか、犠牲精神が強すぎるとか?
 いろいろな見え方がするのだろうと思いますが、自分としては単に、一つのサンプルとして読んだ方に参考にしてもらえれば、と思っているということなのです。

 今までのように感動したことについてですとか、よいものを観たらそれを紹介するとか、どこかに行ったそのレポであるとか、写真を撮ったらそれを貼るとか、そういうことももちろん続けていきます。


  ☆タロット占いのモニターを募集しています☆
   対面セッションで、場所は新宿の喫茶店です。
   通常価格30分3000円のところ期間限定で30分1000円(6月末日まで)。
   詳しくは こちら をご参照下さい。
   rosinu-rose@tbt.t-com.ne.jp

 
 
 
 

今週の12星座別タロット 3/23 ~ 3/29

 最近お気に入りの布袋↓
  150322fukuro.jpg
 先日上野に行ったとき、駅の中にあるKINOKUNIYAで買いました。上野エキュートKINOKUNIYAと手ぬぐいショップの濱文様との限定コラボ商品で、中にチョコレートが入っていました。
 かわいすぎますよね。。。ぽってりした感じのパンダが。。。
 タロットを入れてみたけれど入りきらない。上部にスナップボタンでもつけて、ミニポーチにしようかと思案中です。

 ***

 今週のタロットを更新しますね。

 今週は星の配置的には星座移動などはないので、先週末の太陽の牡羊座への移動などのインパクトがそのまま続くのかなと思います。
 新しいサイクルが始まって、それが静かに続行します、という感じでしょうか。
 太陽が牡羊座、水星が魚座、金星が牡牛座、火星が牡羊座、木星が獅子座、土星が射手座。
 外惑星(肉眼で見えない遠い動きの遅い星)は、天王星が牡羊座、海王星が魚座、冥王星が山羊座。

 ***

 先週のものが続行ということで目新しくはないので、個人的な星の話をします。 
 この前「わたしのホロスコープの太陽に移動してきた冥王星が重なりやがっている」ということを書きましたが、それは山羊座の15度で絶賛スパーク中なのであります。
 スパークっていうかなんていうか。。。
 これ、個人的にはまだ始まったばかりで、その同じ形が来年の12月頭までたびたびあるので、もう自分でも自分がどうなるか分からないという感じです。
 太陽というのは、個人の人生の大きなテーマが宿る場所で、社会性に関わります。社会の中で自分はどう生きたいのか、という部分だろうか。
 そこに「冥王」という名の星が破壊と再生をもたらすのであります。。。くわばらくわばら。。。
 それが、わたしの場合は結婚や人間関係の部屋(7室)で起こっているのですね。
 どうなることやらで、ほんとにビクビクヒヤヒヤしているのでした。
 (ちなみに、すべての年齢において、1月6日生まれの人は、今この形にやられています。12歳だろうと68歳だろうと。それが起こる部屋はそれぞれ違いますが)

 これがどういう影響を自分の人生にもたらすのか、皆目見当がつかないのですが、数年前に、同じくらいインパクトのある星回りを経験しているのですね、やはり冥王星がらみで。
 ホロスコープをきちんと創らないと分からない「アセンダント」という、生まれたときに東の地平線にいる星座の場所があります。
 これは星とは違うポイントで、生まれた時間と出生地の情報で割り出すものです(同じ生年月日・出生時間でも、東京で生まれた人と北海道で生まれた人はこのポイントが変わるので、ホロスコープは違うものになります。このへん突き詰めていくと「双子はどうなる問題」になっていきます)。
 それも人生に大きな影響をもたらすと考えられるものなのですが、それがわたしは山羊座の真正面の蟹座にありまして(7度)、2011年早春から2012年暮れまで、この「蟹座のアセンダント」に山羊座で移動中の冥王星が真正面から刺激を与えていたのでした。
 その形が続く頃、、、東日本大震災があり、父が亡くなりました。これはもうばかでかいことでした。その後実家の取り壊しと建て替えが決まり(二世帯住宅の話も出たのですが金沢から反対をくらうとかいろいろありました。。)、それまでの個人的な人間関係もそのまま続けることが困難となったり、自分が大きく変わることになったように思います。
 その間、かなり重いプレッシャーを受け続けていたように思います。
 重いんです。圧迫感のボリューム感がハンパない。
 今までのようにはいかなくなる、そういうことが続きました。否応無しに。

 それが冥王星の力かなと思います。
 (その頃がそうだったということに気づいたのは、去年になってからで、占いの仕事を再開しようと思って暦をよく見るようになってからです。当時これが分かっていたら少し違ったのでしょうか。。)

 わたしのホロスコープ自体もそもそも、冥王星の影響は大きいと思われます(目立つアスペクトがあります。タイトな角度で火星と180度、そこに60度-120度で海王星が助け舟を出してくれている。これは芸術や宗教に触れることでわたしのマグマ(火星ー冥王星ライン)が救われることを意味するのだろう)。
 個人的にはノーアスペクトの土星よりも、冥王星のほうがリアルに影響を感じられるのです。冥王星というのがどういう星が、身体が知っているような気がします。常に火星と連動しているから。海王星にも。
 (人間は遠い星である冥王星や海王星などの力は感じにくいということが言われますが、目立つアスペクトがある場合は本人が感じることはあると思います。単体での働きは感じられないかもだけど。。。)

 しかも今回はの形は太陽絡みですから。。。

 ああ、、、またもや分かりづらい話が続いてしまいすみません。。。。 orz

 そういう中にいますものですから、最近は星の動きにも敏感であります。
 まあ、占星術の勉強にはなるでしょうから(身をもっての体験ですから。ちなみに「(ネイタル)太陽と(トランジット)冥王星の合」というのは、一生のうちで経験しない人も多いです。冥王星はとても動きの遅い星なので。なのでこの経験は貴重かもしれません)、どうにか耐えていきたいと思います。

 ***

 と、自分の話ばかり書きましたが、タロットのほうは、うーん、わたしのそういう状態が反映されてしまうのでしょうか、あまり「お祭り騒ぎ」な感じではないのでした。
 今確実に「主役」であろう牡羊座さんなのですが、ここ数週間、分かりやすいお祭りカードではないですかね。。火星と天王星もいることを考えればそうかなあ、とは思うのですが、なんだかすみません。
 獅子座さんは穏やかかな。射手座さんはちょっと思わせぶりなカードでしょうか。
 金星の影響のある土の星座の牡牛座さんと乙女座さんはよいですかね。山羊座は、、冥王星いますから簡単じゃないのかなあ。。
 牡羊と対角線の天秤座さんは要注意カードかもです。

 
  スザンヌ・スターのユニコーンタロットによる
  12星座別今週の一言メッセージ

    3/23 ~ 3/29

 150322tarot.jpg
 上段左より 牡羊座・牡牛座・双子座・蟹座 / 中段左より 獅子座・乙女座・天秤座・蠍座 / 下段左より 射手座・山羊座・水瓶座・魚座 という並びです。


  ☆牡羊座(3/21-4/20)☆
    8 of Pentacles / R:仕事の環境に退屈する暗示。興味を持てることを見つけて。

  ☆牡牛座(4/21-5/21)☆
    The Hermit:学んできたことに納得ができるとき。瞑想などをするのも吉。

  ☆双子座(5/22-6/21)☆
    6 of Swords / R:同じ過ちを繰り返すかも。お祭り騒ぎからは距離を取って。

  ☆蟹座(6/22-7/23)☆
    Page of Swords / R:言葉がきつくなりがちに。短絡的に決めつけないこと。 

  ☆獅子座(7/24-8/23)☆
    2 of Cups:対人運良好。大切な人からのアドバイスが大きな助けに。 

  ☆乙女座(8/24-9/23)☆
    Page of Cups:若く感受性の強い人と交流すると吉。嬉しいニュースの暗示も。

  ☆天秤座(9/24-10/23)☆
    5 of Rods:誤解からケンカ発生の可能性。少し環境を変える必要アリかも。

  ☆蠍座(10/24-11/22)☆
    The Star:心に希望を抱くことが大事。棚ぼた的ラッキー事案もありそう。

  ☆射手座(11/23-12/22)☆
    2 of Swords:視野が曇りがちに。大きな決断は少し待ってからにして。

  ☆山羊座(12/23-1/20)☆
    6 of Rods / R:過去の失敗にとらわれがちに。気持ちを前向きにすべき。

  ☆水瓶座(1/21-2/19)☆
    Temperance:今無理に動くのはNG。自然なタイミングを待って。

  ☆魚座(2/20-3/20)☆
    3 of Rods / R:周囲の事情からの遅れが出る暗示。そのまま受け入れよう。


 よろしかったら一週間の参考にしてくださいね♪


 ☆タロット占いのモニターを募集しています☆
  対面セッションで、場所は新宿の喫茶店です。
  通常価格30分3000円のところ期間限定で30分1000円(6月末日まで)。
  詳しくは こちら をご参照下さい。
   rosinu-rose@tbt.t-com.ne.jp

 
 
 
 
 
 

写真日記。

 心臓の音の中に雑音が混じっている北美紀(きたみのり)43歳です、こんばんは。
 そうか。。。

 昨日、夫の扶養で受けられる無料の健康診断に行ってきたのです。
 そこで聴診器を充てられ、雑音があると教えられました。2年前くらいに人間ドックに入って心電図を取ったときには異常なしと言われていたのですが、そんなことになっていました。
 病的なレベルではないそうで、帰宅後ネットで少し調べましたが、そういう方はけっこういるそうで、治療の対象ではないのかなと思います。
 でもやはり年齢ですかね、いろいろと不調も出てくるんだなあと思いました。
 これも冥王星効果なのでしょうか。。くわばらくわばら。。。。。。。

 検診会場のクリニックに行く道すがらに撮った写真を貼ります。

 アセビが見頃となりました↓
150321asebi.jpg

 トサミズキも開きましたね↓
150321tosa1.jpg
 ここのところ暖かいので一気に来ているという感じでしょうか。
 近所ではユキヤナギも咲き始めました。ジンチョウゲはとっくに咲いていて、とてもよい香りがしますね。

 トサミズキアップ↓
  150321tosa2.jpg

 ボケの花も元気です↓
  150321boke.jpg
 この色好きです。もう少し薄いピンクのボケも好きです。

 開くのを待つハクモクレン↓
150321hakumokuren.jpg
 この開きかけで、わたしの顔の半分くらいの大きさでしょうか。
 今か今かと待っているよう。

 ぐうの音も出ない標語(?)↓
  150321hyougo.jpg
 近所のお寺の掲示板に掲げてありました☆
 

  ☆タロット占いのモニターを募集しています☆
   対面セッションで、場所は新宿の喫茶店です。
   通常価格30分3000円のところ期間限定で30分1000円(6月末日まで)。
   詳しくは こちら をご参照下さい。
   rosinu-rose@tbt.t-com.ne.jp

 
 
 
 

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

冥王星が太陽と重なるので

 突然ですが、20代、結婚前実家にいた頃よく聴いていたバンドの曲です。
 Shelleyan Orphan の「Century Flower」。

 あまり日本では知られていないバンド(男女一人ずつのユニットと言ったほうがいいかも)で、一般的な感覚からしたら耽美的(? ゴシック的っていうのか?)すぎてイヤラシい音楽なのかもしれないけれど、、、ほんとによく聴いていました。この曲が一番好きかなあ、、、歌詞はよく聞き取れないんですが、秋の終わりにそれを嘆いている歌のような気がします。なので春に聴く曲じゃないのですが、編曲がよくて、チェロとクラリネットが効果的に使われていて心に入ってくるのです。
 先日「思い出のマーニー」のプリシラ・アーンさんの主題歌を聴いていたらなぜか思い出して、無性に聴きたくなってYouTubeで探して、やはりこの曲は好きだなと思ったので貼ってしまいました。

 ***

 この前「エアポケット」に落ちて、ブログになにを書いていいのか分からなくなったのですが、今もその感覚は続いていています。
 昔はちょっと「あ!」と思えば、なんも考えず書いていたのですが(ネットに日記を書くようになって今年で14年です。なんも考えず書いていたのは、このブログに来る前に書いていた「さるさる日記」時代かなと思います)、そういう風にできなくなってもうしばらく経っています。
 もちろん、昔のようにしたいとは思っておらず。恥ずかしいもん。

 かといって、取り繕うべきなにがお前にあるのか、と言われれば、なにもなし、と答えるしかなく。

 少し、なにかを変えていきたい感覚はあるのです。
 少しじゃないか。

 ***

 今、わたしのホロスコープの太陽の位置に、破壊と再生の星の冥王星が移動してきて重なっています。
 それが、結婚や人間関係の部屋で起こっているのですが、ブログを書くことは自分以外の人に向かって言葉を選ぶということなので、どこかで人間関係という意味もあると思います。
 今までけっこう頑張って書いてきたので、ブログというものは自分の中での比重が大きいです。
 破壊と再生!

 この星回りは大変なインパクトのある星回りで、来年の暮れまでの間に何回か同じ形でヒットがあるのですが、今最初のヒットが始まった、というところにいます。
 それにどうも引きずられているようで、、自分を一から創り直したいような感じがしているのです。 
 破壊と再生!

 折しもというか、タロットのセッションも始めたところですし、自分の中で宗教観の変化なども体験しているので、そういうものが全部「破壊と再生!(しつこい?)」というところに集約されていそうで、けっこうビビっておるのです。
 あと、普通に夫との関係もよく見ておかないといけないらしい、結婚の部屋だけに。さっきケンカしたけど(久しぶりに大声出しちゃった☆)。

 まあ、なにか「一からやり直し」という感覚はすごくあるのです。
 といっても、厳密に一からということはたぶんなく、、、今まで学んだことを元にして再構築、のようなことかなと思います。なので気分一新、という言い方でもいいのかもしれませんが、それよりももう少し強くて、もう少し「否応無しにそうするしかない」という感覚がついています。冥王星だけに。
 おめでたいお祭り気分ではないということです。
 でも、なにか自分の奥深いところからの衝動のようなものが感じられるのです。冥王星だけに。

 それに従うことで、たとえばブログを読んでくださる方が減ったとしても、仕方ないという気持ちでいます。
 「計算」のような部分では語れないなにかが動く、冥王星はそういう力のある星なので。。。

 ***

 突然ですが小平は赤丸ポストの街と言われています↓
  150316post.jpg

 分かりづらい話が続いてしまいすみません。

 最近買ってよかったものを紹介しますね。

  
 わたしは足の形が扁平足で、パンプスを履くと「前滑り」をするのかいつもひどく疲れて、足指の下のあたりが痛くなりますが、こういうものを買って敷いたら緩和されました。もっと早く使えばよかったと思いました。

 土踏まず用のもあるので使ってみたい気がします。
  

 
  ☆タロット占いのモニターを募集しています☆
   対面セッションで、場所は新宿の喫茶店です。
   通常価格30分3000円のところ期間限定で30分1000円(6月末日まで)。
   詳しくは こちら をご参照下さい。
   rosinu-rose@tbt.t-com.ne.jp

 
 
 
 


 

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

映画「思い出のマーニー」と高橋大輔さんのコラボ動画

 ネットをうろうろしていてすてきな動画を見つけました。

 去年公開されたスタジオジブリの映画「思い出のマーニー」のDVD・ブルーレイが今日発売されるのですね。
 そろそろかなあと思っていたのですが、、、少し欲しいような気もする。。

 おととしから公開されたジブリに関連する映画は全部見ましたが(砂田麻美監督のドキュメンタリーも)、一番最後に見たこの米林監督の「思い出のマーニー」が、もしかするとジブリ作品の中で一番好きかもしれないと思います。
 それまでは「崖の上のポニョ」だったのですが、、、どちらもわたしにとってはいいのですが。。。 
 米林監督は同世代で、これからのことを考えて、「マーニー」を一番にしようかな。。。
 米林監督、ジブリをもうお辞めになったそうですね。
 どうなるんだろう、と、思っています。才能あるから、また撮ってもらいたいけれど、、あれだけきれいなものを創るにはお金もかかるし(背景の美しさが異常)、、、いろいろ考えると切なくなります。

 動画は、DVD発売のCMのものなのですが、フィギュアスケーターの高橋大輔さんとのコラボなんです。 
 あの主題歌もいいし、高橋さんも優しくて柔らかな滑りです。
 観ていたら泣いてしまいました。


 
 これは米林監督と高橋さんの対談。


 この映画の冒頭に、「輪の内側と外側」の例えが出てきますが、わたしはずっと外側だったなあ、と思います。もう物心ついた頃から、ずっと「外側」ですね。
 今はもうそれでいいと思っているし(本当にそう思えるようになったのは、30代後半になってからかもしれません)、自分のことを嫌いではないけれど、この映画はけっこう胸に迫るものがありました。
 また観たいと思っています。

  



  ☆タロット占いのモニターを募集しています☆
   対面セッションで、場所は新宿の喫茶店です。
   通常価格30分3000円のところ期間限定で30分1000円(6月末日まで)。
   詳しくは こちら をご参照下さい。
   rosinu-rose@tbt.t-com.ne.jp

 
 
 
 

テーマ : アニメ - ジャンル : 映画

春のお散歩ランチ

 今日は夫が休みでしたが、晴れて暖かかったので、市内のベトナム料理屋さんで散歩がてらランチをしてきました。
 
 西武新宿線花小金井駅近くチャオエムカフェ↓
  150317noodle.jpg
 こちらは日替わりランチでおかずがグリルドチキンでした(おいしい☆)。
 ランチメニューはほかのものもミニフォーや生春巻き、ミニデザートがセットになって1000円。
 平日なのにお客さんがひっきりなしに来ていて、人気店になっているようです。食べログページ → こちら

 帰りに撮った写真を貼ります。

 桃が桃色でかわいすぎた↓
150317momo.jpg

 葉がないうちに見られる影の模様↓
  150317kage.jpg

 冬の間がんばっていたパンジーの植え込み↓
  150317pansy.jpg

 春からのお散歩用に靴を新調しました↓
  150317kutu.jpg
 アメリカの「KEEN」というブランドのもので、軽くてとても歩きやすい! わたしは足がバンビロなのですが、痛くならないので気に入っています。  
 
 ヒヤシンスも咲き始める↓
  150317hyacinthu.jpg
 父が好きだった花です。特に青いものが好きでした。

 遊歩道の沿道にはラッパ水仙もたくさん咲いていました↓
150317suisen.jpg
 左のお花に虫がいます♪

 今日はほんとに暖かく、スプリングコートを着ていましたが途中から脱いでも平気でした。
 先週の火曜日は雪がちらついたほど寒かったのに、一週間でこの気温の変化はなんだろうと思います。
 こういうときは体調を崩しやすいので注意したいです。

 飛行機雲があります↓
150317sora.jpg

 
  ☆タロット占いのモニターを募集しています☆
   対面セッションで、場所は新宿の喫茶店です。
   通常価格30分3000円のところ期間限定で30分1000円(6月末日まで)。
   詳しくは こちら をご参照下さい。
   rosinu-rose@tbt.t-com.ne.jp

 
 
 
 





 

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

今週の12星座別タロット 3/16 ~ 3/22

 先週のいつかの空↓
150315sora.jpg
 あれ、先々週だったかもしれません。。。
 
 今日は曇っているのですが、花粉がすごそうです。
 でも今日は外に出ていないので、花粉症はそこまでひどく出ていません。
 夕ご飯は冷蔵庫にあるものでどうにか済ませるつもりなので、連日の目のかゆみも治まりそうです(一応薬は飲んでいるのですが、どうも目がかゆいです。今年は鼻よりもそちらに出ています)。

 ***

 「今週のタロット」を更新します。
 
 今週は、占星術的にはけっこう動きの大きい週となります。
 17日に牡羊座にいた金星が牡牛座に入り、21日に魚座にいた太陽が牡羊座に入ります。
 ここのところ星の多かった牡羊座から金星が抜けるのですが、すぐに太陽が入ってくるということですね。
 ということで、今、星の分布としては、火の星座にやはり多い状態が続いて目立つなあと思います。加えて牡牛に金星が移動することで、地の星座が少し前に出てくるかな。でもやはり火が強いですかねえ。。火星も牡羊座ですもんね。。
 ですが、春分の日に基本の基本である太陽が牡羊座に入るということで、新しい年、サイクルが始まります。
 日本では4月から新年度となりますが、それってけっこう、占星術の太陽の動きと連動しているなと思います。太陽が牡羊に入って間もなく、ということになるので。
 環境が変わる人もいらっしゃると思うので、いやが上にもそういう空気は出ますよね。

 今年は太陽が牡羊に入る前、2月後半から火星や金星が牡羊にいたので、「新しいサイクルの空気」は前倒しに感じられていたかもしれませんね。わたし自身のことではそうかなあと思います。
 今週、太陽が牡羊座に入ることで、その前倒しの感覚や、予感のようなものがだんだん形になってくるのかなと思います。
 今、幸運の星・木星が同じ火の星座の獅子座、制限を与える星・土星が火の星座の射手座におり、太陽と木星、土星が火の星座ということなので、人生の目標などに対する情熱や勢いが増してくるかなと思います。社会生活の部分で、理想に向かって動いていくための推進力が与えられているイメージかなあ。
 この星回り、うまく利用したいものですが、気持ちだけが空回りするという危険もなくはないかもです。

 そんな大きな動きのある週なのですが、タロットはそこまで派手じゃなかったです(先週のほうが華やかでした)。
 火の星座に対応する「ロッド(こん棒)」が出なかったのも印象に残ります。
 気持ちの上で燃え上がりすぎているものを野方図にせず、多少抑えめでいけ、ということなのかもしれません。火がけっこう強いので、それも考え方としてはアリかなと思います。
 (ちなみに12星座のタロットを引く前、腕ならしで自分のためのカードを引きますが、それと、今週のわたしの山羊座のカードがともに「ちょっと休め、ムキになるな」的なものでした。。)

 陽気も暖かくなるのでそわそわもしますし、星回り的にもそわそわする部分はありますが、地に足つける感覚もあってもいいかもしれないなと思います(金星は牡牛座ですし!)。


  スザンヌ・スターのユニコーンタロットによる
  12星座別今週の一言メッセージ

    3/16 ~ 3/22

  150315tarot.jpg
 上段左より 牡羊座・牡牛座・双子座・蟹座 / 中段左より 獅子座・乙女座・天秤座・蠍座 / 下段左より 射手座・山羊座・水瓶座・魚座 という並びです。

  ☆牡羊座(3/21-4/20)☆
    10 of Pentacles / R:財産・家財を守ることがテーマ。法的なことなど調べると◯。

  ☆牡牛座(4/21-5/21)☆
    King of Cups:精神的に安定しそう。優しい年配の男性と交流するのも吉。

  ☆双子座(5/22-6/21)☆
    5 of Cups:何かに失望するかも。そこから学ぶべきことを見つけて。

  ☆蟹座(6/22-7/23)☆
    King of Pentacles:仕事運順調。発想がカタくなる暗示も。気晴らしは必要。 

  ☆獅子座(7/24-8/23)☆
    Page of Cups:嬉しいニュースが舞い込む暗示。素直に受け取ろう。

  ☆乙女座(8/24-9/23)☆
    Judgement:周囲に助けられるとき。感謝の気持ちを忘れずに。

  ☆天秤座(9/24-10/23)☆
    Page of Swords / R:早合点による失言に要注意。話を聞くことに重点を置いて。 

  ☆蠍座(10/24-11/22)☆
    The Chariot / R:一気に進めるよりゆっくり対策を練るのが◯。焦らないで。

  ☆射手座(11/23-12/22)☆
    Queen of Cups / R:人からの意見に神経質になりそう。一人の時間を作ると吉。

  ☆山羊座(12/23-1/20)☆
    4 of Swords:強く休息を促されています。まずは身心を整えること。

  ☆水瓶座(1/21-2/19)☆
    Knight of Pentacles:仕事運UP。有能なビジネスパーソンとの出会いの暗示も。

  ☆魚座(2/20-3/20)☆
    6 of Cups / R:過去へのとらわれが心に浮かびそう。振り切って前を向いて。


 よろしかったら一週間の参考にしてくださいね♪


 ☆タロット占いのモニターを募集しています☆
  対面セッションで、場所は新宿の喫茶店です。
  通常価格30分3000円のところ期間限定で30分1000円(6月末日まで)。
  詳しくは こちら をご参照下さい。
   rosinu-rose@tbt.t-com.ne.jp

 
 
 

 

テーマ : 占い - ジャンル : サブカル

奈良興福寺 文化講座 第203回 玄奘三蔵と日本美術

 西新宿方面の空↓
150314sinjuku.jpg
 階段状に見える連なるビルは、映画「ロスト・イン・トランスレーション」のロケにも使われたホテル。パークハイアットです。ラウンジで友人とアフタヌーンティーをしたことがあります。お高いけれどおいしかった。

 おととい、昨日と2日連続で新宿に行っていました。
 おととい行ったのは文化学園にて毎月行われている、奈良・興福寺の文化講座です(昨日はタロットのセッション)。
 奈良・興福寺は、近鉄奈良駅からほど近く国宝の「阿修羅像」などが有名な大寺院で、中国から伝わった法相(ほっそう)宗のお寺です。法相宗は「唯識三十頌(ゆいしきさんじゅうじゅ)」というお経を大事にされている宗派で、わたしはその「唯識仏教」という考え方に共鳴しています。
 わたしのこちらの文化講座への参加は16回目となります。
 16回参加させていただいている間に、たくさんのことを学ばせていただきました。
 それは、仏教の経典のことだけじゃなくて、、人としての在り方のような部分を含めるなにかです。
 でも、人としての在り方をとことん考えるのが仏教のような気がするので、、わたしは今、とても当たり前でつまらないことを書いたのかもしれない(汗&笑)。

 **告知**
 そんな講座をしてくださる奈良・興福寺ですが、現在2018年の落慶を目指し、失われた中金堂の再建をされています。
 それがなんと、4月6日から19日まで、その中金堂の再建現場の一般公開をされるそうであります!!
 大規模なお堂の修復は500年に1度くらいのこと、これを逃したらもう観られません、とのことでした!
 わたしたちは、そのお話を知る前から、来月奈良に行こうと思っていましたので、ぜひ見学してこようと思っております!
 
 ***

 おとといの第一講は、興福寺国宝館・金子啓明館長の「玄奘三蔵と日本美術ー日本古代美術への影響ー」でした。

 興福寺の文化講座では、今年度の下半期は玄奘三蔵様のお話が特集されていたのですが、おとといのお話はその「総まとめ」のようにも思えました。
 ここのところ勉強していた玄奘三蔵様が、日本(の仏教界と仏教美術)にどれだけ影響を与えたのか、ということが最後に見えた、という感じです。
 
 7世紀に唐(中国)から天竺(インド)へ、仏教を修めるための旅をした玄奘三蔵様ですが、唐に帰国してからはインドから持ち帰ったお経の翻訳の仕事をされました。
 そのお話をずっと聞いてきていたのですが、わたしはそれがどうやって日本に伝わってきたのかがよく分かっていなかったのですが、おとといの金子館長のお話でやっと見えました。
 すでにその当時、日本からは遣唐使が中国に入っていて、選りすぐりの留学生が玄奘さんの元でしっかりと勉強してくださっていたのですね。
 道昭(どうしょう)という大阪河内地方生まれの人などは、玄奘さんに気に入られ、同じ部屋に住んでいたのだそうです! すごーい!
 そういう方がいらっしゃるので、玄奘さんの体験や教えは、あまり損なわれることなく日本に入ってきたのではないかと思われ、それで唯識仏教もきちんと伝わったのだなと思いました。
 よかったよ。。。。
 (子供の頃、遣隋使や遣唐使のことを社会の授業でもちろん習いますが、具体的にそういうことか! と思って、日本人は昔っから海外のよいものをいろいろ吸収しようと頑張ってきたのだな、とも思いました)

 仏教の教えだけではなく、仏像の作り方なども日本に入ってきました。
 仏像を造るにしても、やはりその「マニュアル」とも言えるようなものがあり(「十一面観音神呪心経」というものには、十一面観音像の作り方が書かれているそうです)、それに乗っ取って作ることが求められていて、日本にはその当時にそうやって作られたものがきちんと残っているのだそうです(中国では失われてしまったもののほうが多いとか)。
 おとといは特に木彫についてのお話があり、仏像を造る材料は香木の一種の「白檀(びゃくだん)」でなくてはいけない、ということがあったそうです。
 白檀は大きくならない木で、小さな仏像しか作れなかったのですが、中国や日本には自生する白檀はないので、代替の材質が必要となり、それは公式に「柏木(はくぼく)」であるべきだとされ、それは、香木の一種であるカヤの木とされたのだそうです。
 わたしはカヤの木の実を拾ったことがありますが、青くてさわやかないい匂いがします。
 その木は大木になるので、カヤを使うことが許されたことによって、大型の仏像の木彫の制作も可能になったそうです。
 8~9世紀頃に作られた日本国内の木彫は、ほとんどカヤの木が原材料であるということが、この10年くらいの調査で分かってきたそうです(それまではヒノキだと思われていた)。
 おもしろいですねえ、、こういう話。。
 そしていくつか仏像の写真も観させていただきましたが、、火曜日に東京国立博物館で観たものがあったような気がする。。。正式に白檀で作られたもので、奈良の談山神社・妙楽寺の元の多武峯伝来の「十一面観音菩薩立像」を観たような気がするんですが。。もっとちゃんと観ておくべきでしたー!

 火曜日に東京国立博物館で観た中国に伝わる仏像や、この「「十一面観音菩薩立像」など、お顔がかなりインドっぽいなあと思っていたのですが、玄奘三蔵様がインドから帰国されてから、唐では一大インドブームが巻き起こり、仏像を造るにしてもお顔などインド風にしていたそうです。日本にもそのブームは伝わり、昔の仏像はインド風のお顔をされていることもあるそうです。
 奈良の薬師寺にある薬師如来像や、その脇におられる日光・月光菩薩像などもかなりインド的な表現、あるいはペルシャ的な表現もあり、日本がシルクロードの終着点なのだということを思わせるものなのだ、というお話がありました。これは、おととし奈良へのツアー旅行に行ったときにもバスガイドさんからお聞きしました。
 
 おとといの金子館長のお話で、いろいろと漠然としていたものが頭の中でつながりました。
 この「バラバラなものがつながる」っていう感覚が、わたしにとってはとても「おもしろい」のです。
 勉強をする楽しみの一つかな、と思います。
 (結局、古代の文化の基本的なものにあたっていかないと分からないことが、実は世の中にはたくさんあるのだろうと思います)

 ***

 第二講に入る前に瑜伽(瞑想)の時間となりました。
 家にいるとあまり瞑想も集中できません。ばらつきがあるというか。。結局、家の中の生活のいろいろなことが気になるのですね。
 文化講座の会場にいると、いつもより集中できるように思います。
 場が作る雰囲気というものはあるのだろうと思います。

 ***
 
 第二講は多川俊映興福寺貫首の「春日権現験記絵の世界・二」でした。
 明治の廃仏毀釈までは興福寺と一体だった、奈良の春日大社に伝わる絵巻物を読んでいこう、という講義です。
 「春日権現験記絵」の原本は今は宮内庁にあり、他には写本が数種あるそうです。
 成立は14世紀初頭だそうですが、その内容は承平7年(937年)にあったことから始まります。

 「春日社興福寺」は、大化の改新を押し進めた中臣鎌足・後の藤原鎌足を出した藤原家の氏神・氏寺として建立されました。東大寺よりも古いし、規模も大きかったそうです。
 わたしはこういうことを考えるとき、少し怖い気持ちになります。 
 「一族」というものが、そこまでの権力を持つということ。
 今では、宗教には絡まないで企業という形でそういう「一族」はいるのか。そして政治に対して影響力を持つ。それは少し怖いように思えることなのです、わたしには。
 それがどういうものなのか、ということが、これからのこの「春日権現験記絵の世界」という講義で見えてくるのだろうなとは思うのですが。。

 そういうことと同時に、この「春日権現験記絵」は、春日社にまつわる「不思議」について記録されたものであるようなのです。
 そこも個人的には大きな興味を引かれるとともに、少し怖いような気がします。
 
 こちらは絵巻物なので、多川貫首は読む箇所にまつわる絵のコピーも資料につけてくださっています。
 本来この絵巻物は特別な人しか観られないものだそうで(興福寺の僧侶でもなかなか機会はなかったそう)、その絵の写真を撮ってブログに載せてもいいのかという問題があります。
 たぶん、わたしのような者がそういうことをしては、いけないと思います。
 ですが、先月の第一回目の講義で、貫首は大きくカラーコピーしたものを資料につけてくださったので、そこから一部だけ、一回だけ、写真に撮って載せてしまいます。
 第一巻の第一話の絵の一部↓
  150314kasuga.jpg
 春日社の神官たち、興福寺の僧侶たちなどが集まり、左手奥にいる女性のお話を聞いている絵です。
 この女性は、春日社の巫女とも言える人なのです(春日社は伝統として、女性に神を降ろすのだそうです)。
 そして御託宣をのべています。
 それはつまり、わたしが今まで使ってきた言葉で言えば、チャネリングをしている、ということになるのです。
 この絵の場面では、この女性に春日の神様が降りて、「自分を菩薩と認めろ」と言っているのだそうです(春日の神様は、奈良の土地の神様の中では「新入り」の部類なのだそうで、この時点ではまだそこまで「権威」がなかったということなのかもしれません)。

 名前を「慈悲万行(まんぎょう)菩薩」と名乗り、以降、春日社のお地蔵さんは「慈悲万行菩薩」と呼ばれ、今にも続いているのだそうです(しかも、春日大社(春日社)の代表の神様なのだそうです)。
 そして、このときの「チャネリング」で、この春日社を守る「慈悲万行菩薩」は、天皇を補佐する大臣などの人事は自分が決める、と宣言するのだそうです。
 藤原氏の権力が示されている場面なのだそうです。

 ***

 古代においては、チャネリング(神懸かり)とチャネラーと権力者は結びついていたようです。
 ジュリアン・ジェインズの「神々の沈黙」にもそのことは書かれていました。地中海付近の古代文明の栄えた地域にもその記録はあり、チャネラーが国家の命運に関わることもあっただろうと思われます。
 洋の東西を問わず、そういう構造があったのだと思います。権力の中枢エリアに。
 「世界宗教」が勃興し、人間の「正しい生き方」を説く「教典」「教義」がはっきりと示されるまでは、そういう時代が続いたのだと思われます。
 そしてそれこそが、「チャネラー」が社会から疎ましがられていく理由となったものであろうと思われますが。。
 そして、日本においては、仏教が根付いた後でも、神仏習合のもと、こういうことが続いていたのですね。
 
 このような具体的な例として、そのことを学べる機会をいただけるとは、思っていませんでした。
 ほんとに、この身が震えるような想いがいたします。
 自分は、そういうことについて知りたいと、ずっと、チャネリングが始まった21歳の頃からずっと、思ってきたものですから。。。
 でも、どこでそういう情報にあたればいいのか、分からないでいたのです。

 ***
 
 加えて、こちらの講義では、日本の神様と仏教の仏や菩薩が、どうやって習合していったのかも学べるのではないかなと思います。
 日本人にとっての「神」についても、今まで自分にはよく分からなかった部分が見えてくるかもしれません。

 それにしても、仏教はあまり他者排除をしない宗教なのですかね、ヨーロッパではキリスト教が広がる際、土着の女神信仰などは否定されて「マリア信仰」に置換されたようですが、日本では神道をつぶさなかったわけですから。。。おおらかですよね。
 だからチャネラーも根絶やしにはされなかった? 魔女狩りは起こらなかった。
 そしてわたしのような人間がこんなブログを書いていられる。

 思うことがありすぎて、記事がまとまらずすみません。

 自分にとって大変な学びが始まったな、そう思っています。

 
  ☆タロット占いのモニターを募集しています☆
   対面セッションで、場所は新宿の喫茶店です。
   通常価格30分3000円のところ期間限定で30分1000円(6月末日まで)。
   詳しくは こちら をご参照下さい。
   rosinu-rose@tbt.t-com.ne.jp

 
 
 
 

テーマ : 仏教・佛教 - ジャンル : 学問・文化・芸術

東京国立博物館 みちのくの仏像展 と 東洋館

 昨日は仕事が休みの夫と、上野の東京国立博物館・本館で開催されている「みちのくの仏像展」に行ってきました。
 平日の休みのほうが混んでいないだろうということで昨日にしたのですが、昨日は3月10日で、東日本大震災の4年目の日の前日でした。
 その前に映画「ゴジラ」を観ていたので、そこばかり気持ちの上でクローズアップさせていました。
 でも、昨日は3月10日で、東京大空襲から70年目の日でもありました。
 昨日、上野を歩いていて「ここも焦土と化したのに、よくここまできれいにして、こんなにいろいろな文化に触れられる場所にして、すごいことだよなあ」と思っていたのに、「今日は『3・11』の前日」という想いが強すぎて、「そちらでもその日」だということ、帰宅するまで忘れていました。
 記憶を保持するのって大変だ。。わたしがバカなだけなのですが。

 ***

 昨日は「みちのくの仏像展」のほかに、本館1階の常設展と東洋館の見学もし、同じ記事にしてしまいますが、自分にとってはテーマがつながっているようで、すごくおもしろくて勉強になりました。

 ***

 まず「みちのくの仏像展」に入ろうとすると、玄関に船の展示がありました。
 岩手の水産高校の実習船↓
  150311fune.jpg
 4年前の大津波で流され2年かけてカリフォルニアにたどり着き発見され、日本に戻ってきたものだそうです。
 よく戻ってきたね。。。。

 「みちのくの仏像展」は東北のお寺にある仏像などを集めた展覧会で、木彫が多かったです。

 以下、展覧会のサイトからのコピペです↓
 ============================
みちのくの仏像といえば、一木造(いちぼくづくり)、素地(きじ)仕上げ、力強い表現などが思い浮かびます。その顔は悟りを開いた超越者ではなく、人間味があります。厳しい自然に生きた人々の強さと優しさが表れているようです。この展覧会には、東北の三大薬師と称される、黒石寺こくせきじ(岩手県)、勝常寺しょうじょうじ(福島県)、双林寺そうりんじ(宮城県)の薬師如来像をはじめ、東北6県を代表する仏像が出品されます。会期中には東日本大震災から4年を迎えますが、仏像をとおして東北の魅力にふれていただくことで復興の一助になればと祈っています。
 (引用元→ こちら )
 ============================
 
 チラシから↓
  150311mitinoku1.jpg
 こちらは岩手県の黒石寺の薬師如来坐像(862年)のもの。

 チラシから:2↓
150311mitinoku2.jpg
 左が福島県の常勝寺の薬師如来坐像(9世紀)と、右が宮城県の双林寺の薬師如来坐像(9世紀)。

 この3つは1000年以上東北の地にあるものですね。
 チラシの表紙に使われた黒石寺の薬師如来様については、読売新聞にご住職のお話が載っていて、それを読んで「観にいかなくては」と思ったのでした。
 東北の地から動くことについて、ご本尊である薬師如来様に尋ねたら『働きたい。ここで働かねばいつ働くのか』とおっしゃったのだそうです。
 泣けてしまいますね。
 そちらの元記事→ こちら

 会期は4月5日までとなり、その間には「3.11」まであるのですから、仏像を出品されたお寺は寂しくなられるだろうなと思うのですが、東京モンに見せてやれ!ってことで貸し出してくださったのかなあ、と思って、ありがたいなあ、と思いました。
 それぞれの仏様には、「よくぞはるばるおいでくださいました」と心の中で言いました。
 今日、あちらにいられないのはおつらいでしょうか。
 たくさんの人が観て、なにか感じてもらえたらきっとそれが嬉しいのかもしれませんね。

 会場はあまり広くなく、出展数もそこまで多いわけではありませんでした。 
 でも都から離れた東北に伝わっていった仏教のことなど思い(やはり土地の神様などとどうにか習合していった経緯はあるようです)、勉強になったといいますか、深く感じるものはあったように思います。
 円空仏や、運慶などを排出した慶派作と思われる鎌倉時代の十二神将のいくつかなどもありました。

 展覧会のサイト→ こちら

 ***

 会場を出るとまだ時間があったので、常設展を観て、それでも時間があったのではじめて「東洋館」にも入ってみました。 
 入場無料なんですね。すごいですね。
 これが、今読んでいる、7世紀に唐からインドへ旅した玄奘三蔵様の本と内容がかぶる部分があって、観てよかったのでした。
 こちらの東洋館には、朝鮮半島や中国、インドなどに伝わる文物が展示されていて、仏像もあったし、なんとエジプトのミイラまであったのでした。
 こちらでは警告がない限り、展示の写真を撮るのは許されていたので、いくつか撮ってきました。

 エジプトのイニ像浮き彫り↓
  150311egypt.jpg

 インドの釈迦如来像↓
  150311shaka.jpg

 中国に伝わる菩薩像の頭部↓
  150311bosatu.jpg
 ちょっと角度とか怖いですかね。。。大きなもので下から撮りました。

 古代中国では王の未来を占うために、亀の甲羅や牛の肩の骨を燃やして入った亀裂から吉凶を読む占いをしていたそうで(太兆・ふとまに)、その甲羅や骨に占いの結果を刻んだ文字が、漢字の祖先なのだということでした。
 こういうものだそうです↓
  150311kame.jpg
 これは亀のお腹のほうの甲羅みたいです。
 占いと文字がそうやってつながるのか、ということは、占いをする身としては嬉しかったです。
 確かに、占いの結果って忘れたくないからメモしますよね、、、昔の人も同じなのか、と思いました。

 そして、こちらの東洋館では、モンゴルの占い、「シャガイ占い」の体験コーナーがありました。

 モンゴルでは、牧羊していて羊の骨などがたくさん出るので、その関節の骨を使って占うことがあるそうです。ボランティアの方によると、今の若い人はあまりやらないそうですが、年配の女性などはやるのではないか、ということでした。
 袋に入った四つの骨を放って、縦横の違いと、どの面が表になったかの組み合わせで吉凶を観るそうです。
 わたしはこう出ました↓
  150311mongol.jpg
 横のものが2つずつで、運勢は悪くないそうです♪
 こちらも無料で体験できます。正直楽しかった。。。

 東洋館、1階から5階までは観たのですが、地階は時間がなくなり観られませんでした。
 東京国立博物館の展覧会に行くなら、時間に余裕を持って、いろいろな場所を見学するのがいいなと思いました。法隆寺の宝物を展示する場所もあるのですね、そこにも行ってみたいと思いました。

 
 *おまけ*
 建物とお庭の写真です。

 国立科学博物館の前にあるクジラ(とわたし)↓
150311kujira.jpg
 このクジラのこと、昨日はじめて気づきました。。実物大ですよね、、ほんとに大きいんですね。

 本館と表慶館↓
150311ike.jpg

 お庭↓
150311niwa.jpg

 紅白の梅↓
150311ume.jpg

 昨日午後から急に気温が下がり、東洋館を出るとみぞれが降っていて驚きました。
 今日・明日も寒いようなので、体調気をつけたいなと思いました。

 
  ☆タロット占いのモニターを募集しています☆
   対面セッションで、場所は新宿の喫茶店です。
   通常価格30分3000円のところ期間限定で30分1000円(6月末日まで)。
   詳しくは こちら をご参照下さい。
   rosinu-rose@tbt.t-com.ne.jp

 
 
 
 

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

ギャレス・エドワーズ監督 ゴジラ

 去年夫と映画館で観たいと言いつつ観られなかったハリウッド版「ゴジラ」(ギャレス・エドワーズ監督・2014年)を、レンタルしてきて観ました。
 
 ・・・思いのほか、よかった!!!

 わたしは「ゴジラ映画」は、初代のものしか観ていないのですが、それでも少し思い入れができました。
 あの音楽が好きなんですよ。
 (以前ブログにも感想を書いています → こちら )
 
 今回のハリウッド版にあたって、出演された渡辺謙さんがインタビューで「監督たちは、日本の『ゴジラ』に対して最大限の敬意を払ってくれた」という意味のことをおっしゃっているのを読んでいました。
 そこらへん、どうなのかなあと思って見始めましたが、ゴジラの姿が出てくる前、開始20分くらいで、すでにそれをひしひしと感じ、わたしはそこに感動して泣いてしまいました。
 なんだか、嬉しくて嬉しくて。。。。
 ゴジラにも、伊福部さんの音楽にもきちんとした敬意が払われています(劇中音楽に♪ドシラ・ドシラ♪という例のくり返しが印象的に使われます)。

 そして、被爆国である日本にも、4年前に原発事故や津波の被害に遭って、その問題がまだ現在進行形にある日本にも、敬意というか、配慮がされているのではないかと感じられました。
 原発事故と津波のシーンについて、監督は描くことに躊躇があったそうですが、手加減はしていなかったと思います。手加減はしなくていいんです。敬意を払って、最低限の配慮をしてくれているのが分かれば(たとえば「死体の描写」がありますが、そういうものは現実としてあるものですから、ぼかさずきちんと描いてくれたほうがいいです)。
 そういうせめぎ合いの真剣さは伝わってくる作品だったと思います。

 驚きました。「ゴジラ」という題材は、本当に世界の人から愛されているのだなと思いました。

 ネタバレをしたくないので、内容については書かないでおきますね。
 ゴジラの背景など、日本版と少し設定が変わっているようですが、よく練られていて、違和感がありませんでした。リアルに描かれる部分はリアルです。
 俳優さんたちもよいんじゃないかなと思いました。
 海外や日本の映画関係者からの評価もおおむねよいようです。

 明日は東日本大震災から4年となります。
 情けないことですが、日々いろいろなことに追われていて、あの恐ろしさを忘れてしまうことも多いです。
 直前に偶然ですが、この映画を観られてよかったです。
 この前、ほんとに、ああいうことが起こったんですものね。。。。
 東京なんて近いのに、忘れてしまうのが怖いです。
 
 予告編です。

 ほかにも日本版の予告編があるのですが、少しネタバレ気味になってしまっています。
 前情報がないほうが感心するような気がするので貼らないでおきますね♪

 続編も決まっているようなので、観てみたいなと思いました。
 去年、映画館で3Dで観なかったのが悔やまれます!

 *追記*
 宮崎駿監督の「崖の上のポニョ」へのオマージュも感じられました! そういうことに気づくのも楽しいものです!


  ☆タロット占いのモニターを募集しています☆
   対面セッションで、場所は新宿の喫茶店です。
   通常価格30分3000円のところ期間限定で30分1000円(6月末日まで)。
   詳しくは こちら をご参照下さい。
   rosinu-rose@tbt.t-com.ne.jp

 
 
 
 

テーマ : 洋画 - ジャンル : 映画

今週の12星座別タロット 3/9 ~ 3/15

 シャッフル中のユニコーンタロット↓
  150308tarot2.jpg
 わしゃわしゃとやっております。

 先ほどから東京都下小平北部では、青梅街道あたりから聴こえるのか、消防車のサイレンとスピーカーからの「〜〜してくださーい」という声がすごいです。
 ここまでのレベルだと、けっこうがっつり火事になっているところがあるのだろうな。。
 大事になっていないとよいけれど。。。

 今日もすごく寒いですがもう3月で年度末です。
 夫の職場は4月から人事などの変更があるので、いろいろとばたついているもようです。
 そのことでも少しナーバスになっているようなので、先日夫のタロットをやりました(笑)。そこまでやるのは半年ぶりくらいかな(毎週夫もこの「今週のタロット」は見てくれていて、多少参考にしてくれているようです)。
 
 まあ、出たカードを見ると「やっぱそうだよねえ。。。。だからそうするしかないんだよねえ。。。」という感じになるのですが、そこでこう、「止まる」んですね。
 頭の中の堂々巡りがいったん「止まる」んです。
 それが大事なのかなあと思っています。
 止まって、腹が決まる、みたいなところがあるような気がします。
 タロットを使うと。
 出るカードは、すごく意外性に満ち満ちている、という感じではないことが多いです。都度カードをシャッフルして切って引くのですからすべて偶然なのですが、「そうだよねえ」というものが出るので不思議です。
 その「そうだよねえ」に妙に「やられてしまう」んですね。
 そこで、もうやるしかないんだなあ、そうでしかないんだなあ、となって、頭がいったん止まるんです。止まって落ち着くんです。
 それがいいんだよねえ、と、いつも思っています。

 ***

 ということで、「今週のタロット」に入りますね。

 今週は先週に引き続き、牡羊座などの火の星座の印象が強いです。
 加えて、週の後半にここのところ2ヶ月くらい水瓶座にいた水星が魚座に移行するので、そうすると風の星座に星がなくなることになります(月はのぞく)。しばらく、4月中旬までそうなるようですね。
 理論を重視する風の星座に星がなくなるので、あと一ヶ月くらいはけっこうものごとが進むペースは速くなるのかもしれません(検討してあれこれ、という感じが薄くなる)。
 水瓶座を抜けた水星は魚座に入るので、今週末からは太陽と水星が魚座にいることになり、魚座の影響力も出ますかね。自我を越えた部分でものごとをやっていこうとする星座です。
 魚座の強さは来週までのものですが、太陽が魚座を抜けると(つまり春分の日から)占星術的には新しいサイクルがはっきりと始まることになるので、この2週間くらいで、この1年の総括を心の中でしておくと、損はないような気がします。年度末ですしね。そういうタイミングとしてはいいのではないでしょうか。

 タロットは、今週は大アルカナも多かったし、エースや人物カードも多くて華やかな印象でした。
 火の星座はやはり強いかなというイメージ。牡羊さんはやはり少しプレッシャーもあるかもしれず、単純に「行けー!」という感じではないかもです。
 魚座さんも勢いある感じですかね。蠍座さんはタロット78枚中、一番扱いの難しいイメージのカードが出ました・・(汗)。パワーはすごく強いカードです。強すぎてどうしよう、という感じでしょうか。
 
 それぞれの星座、それぞれの状況で、年度末のいろいろにあたっていきたいですね。

 
  スザンヌ・スターのユニコーンタロットによる
  12星座別今週の一言メッセージ

    3/9 ~ 3/15

 150308tarot.jpg
 上段左より 牡羊座・牡牛座・双子座・蟹座 / 中段左より 獅子座・乙女座・天秤座・蠍座 / 下段左より 射手座・山羊座・水瓶座・魚座 という並びです。


  ☆牡羊座(3/21-4/20)☆
    Ace of Pentacles / R:変化が定着するには時間が必要。状況をよく見極めよう。

  ☆牡牛座(4/21-5/21)☆
    King of Pentacles:仕事運吉、堂々としていて。専門家の意見を聞くのも◯。

  ☆双子座(5/22-6/21)☆
    2 of Cups:対人運注目。特別な影響を与え合える関係を作れそう。

  ☆蟹座(6/22-7/23)☆
    The Magician:周囲に対する影響力が増しそう。不思議な偶然の暗示も。

  ☆獅子座(7/24-8/23)☆
    The Star:希望を捨てる必要ナシ。よいサインを見逃さないで。 

  ☆乙女座(8/24-9/23)☆
    9 of Cups / R:焦りは禁物。目標達成には時間がかかると肝に銘じて。

  ☆天秤座(9/24-10/23)☆
    Judgement:問題は周囲の手助けによって乗り越えられそう。謙虚な態度が◯。 

  ☆蠍座(10/24-11/22)☆
    The Fool:熱中しすぎ、興奮しすぎに注意。生活や足下のことも忘れないで。

  ☆射手座(11/23-12/22)☆
    Ace of Swords:決断力UP。悪癖や悪縁を断ち切るのにいいタイミング。

  ☆山羊座(12/23-1/20)☆
    The Hanged Man / R:回復の暗示。動かせなかった部分が変わっていくとき。

  ☆水瓶座(1/21-2/19)☆
    Queen of Cups / R :感情が先走りトラブルになるかも。常識に立ち返ること。

  ☆魚座(2/20-3/20)☆
    Knight of Rods:行動力UP。勢いのあるうちにできることをやると吉。


 よろしかったら一週間の参考にしてくださいね♪


 ☆タロット占いのモニターを募集しています☆
  対面セッションで、場所は新宿の喫茶店です。
  通常価格30分3000円のところ期間限定で30分1000円(6月末日まで)。
  詳しくは こちら をご参照下さい。
   rosinu-rose@tbt.t-com.ne.jp

 
 
 
 
 

テーマ : 占い - ジャンル : サブカル

国分寺での休日

 先日ネットで拾った画像↓
150307inu.jpg
 ちょっとかわいそうな気もするけど、、、笑ってしまいました。

 もう3月も中旬にもなろうというのに、まだまだ寒いですね。今日は真冬と同じ寒さに感じました。
 でも花粉は飛んでるようで、、3月はなかなか手強いですね。服装の調整も難しいです。

 今日は夫と国分寺に行き、甘味処で季節の企画もののあんみつを食べました。
 「さくらあんみつ」↓
  150307amami.jpg
 桜アイスの乗ったあんみつに、奥にあるピンク色の「さくらシロップ」をかけていただくのですが、、いろいろと工夫をしすぎていてどんな味なのかよく分からない食べ物でした(汗)。
 まずくはないんですが、、、ちょっとやりすぎている。。。
 まあ、季節ものだし、見た目がかわいかったのでよかったです。

 本屋で立ち読みなどもしてきましたが、読みたい本がありすぎて困っています。
 それらを全部定価で買うとけっこうな出費になるので、Amazonで古書で探したり、図書館も使えるならそうしたほうがいいかなあ、などと考えてしまいます。
 今日本屋で立ち読みしたのは、仏教学者の中村元さんの共著の仏教の解説の文庫本。
 ささっと読んだだけですが、先日書いた「『なぜ自分に宗教が必要だと思うようになったのか』ということを書こう」なんてのは、あまりにも大それているなと思え、本当に汗が出ました。
 勉強不足で、自分がなにかそれについて説明的なことを書けるようなことは全然ないのですが、自分にとって、ここのところ学んでいることがどういう意味を持ってきたのか、ということは書けるかなと思うので、勉強しながら考えをまとめていけたらとは思っています。
 でも、少しずつです。

 国分寺では、普段に履くとよさそうなフレアスカートを買いました。
 セールで2000円♪ 棚の奥にかかっていた「ラスワン」の掘り出し物でした♪
 ユニクロも見ましたが、最近のユニクロってオシャレですね。フランス人女性デザイナーとのコラボの服がどれもお安くてすてきでした。でも「かぶり」が怖いんですよね、、ユニクロ。


  ☆タロット占いのモニターを募集しています☆
   対面セッションで、場所は新宿の喫茶店です。
   通常価格30分3000円のところ期間限定で30分1000円(6月末日まで)。
   詳しくは こちら をご参照下さい。
   rosinu-rose@tbt.t-com.ne.jp

 
 
 
 

 
 
 

写経の練習を始めました(奈良・興福寺の散華写経)

 先日買ったチューリップが開きました↓
  150305tulip.jpg
 一重のチューリップはつぼみのほうがキュッとしててかわいいかなと思いますが、八重咲きのチューリップは開くとまた違ったよさがありますね。華やかです。

 ***

 今朝の読売新聞に、「基礎からわかる イスラム教」という特集があり、イスラム教の成立とその教義の要点などのまとめと、キリスト教世界との対立の歴史についての説明がありました。
 長年漠然とイスラム教の過激派や戦争について「なぜそこまで・・」と思っていたものが少し解けた気がします。
 大きな問題は、コーランの独自解釈が成り立ってしまうことだ、ということだそうです。キリスト教では、多義的な解釈が成立しそうなことに関しては、ローマ法王の元で「正式な見解」を出すための議論をするそうなのですが、イスラム教にはそういった代表としての「評議会」がないのだそうです。それが「聖戦」という名目で、誰の目から見てもおかしい、あのようなことが横行するようになる素地だという理解でよいのかな、と思いました。
 なかなか考えさせられますね。「公式見解の重要性」なんて、自由な世の中では関係ないぜ。とか思っちゃいそうですが、そうなるとああいうことが起こるんですね。それで川崎の子供たちまで影響されるんだから。。。

 読売新聞は1月のパリの事件以降、イスラム教の問題に関して、とてもよい記事をたくさん載せてくれていると思います(フランス人社会学者のエマニュエル・トッドさんにいち早くインタビューするとかやってくれたな、という感じです)。
 ということで、先日読売の販売店の方が購読の継続契約のためにいらっしゃいましたが、4月以降また半年間、読売を読むことにしました。発泡酒一ケース(350ml・24缶! わーい!)ももらえます♪

 ***

 1月からショッキングなニュースが続き、世界の中にある宗教問題もクローズアップされているなと思います。わたしはニュース関連の掲示板をよく見ますが、そういうところに書き込む人の中には宗教問題に詳しい人もいたり、逆に宗教を嫌悪している人もいるようで、読んでいると考えさせられることが多かったです。
 
 わたし自身は2013年の秋に奈良へ旅行に行き、それをきっかけに日本の古来の文化に興味を抱くようになり、なぜかご縁をいただいて、今は奈良興福寺の文化講座に通わせていただきながら、中国から伝わった法相宗(ほっそうしゅう)の唯識(ゆいしき)という仏教の勉強をさせていただいています(唯識理論の元を作ったのはインドの世親(せしん)と無著(むじゃく)という兄弟の高僧です)。
 この「唯識」というものが、それまで自分が20年に渡って「精神世界(スピリチュアルムーブメント。主に60年代以降アメリカで発生・発達したものです)」などで学んできたことに矛盾しない理論で、しかも「スピリチュアル」の世界では分からなかったことに関しても説明してくださっている理論で、見事にハマってしまったということがあります。

 ***

 わたしのブログを最近から読んでくださった方は、わたしのことを「そういう人か」と思ってくださるのかもしれませんが、2013年秋の前からわたしのブログを読んでくださっている方からすると、わたしがなぜそんなに仏教にハマったのか、不思議に思っていらっしゃる方もいるのではないかと思います。

 だってわたし自身が21歳のときからチャネラーであり、10代の頃から占いも充分にするわけで、自分である程度のことは「できる」わけですから、「そんなもの必要ない」と思われる方もいらっしゃると思うのです。
 わたしもずっとそう思ってきました。
 「宗教なんて必要ない」。
 でもわたしは、今、わたし個人にとっては、それは必要なものである、と感じています。
 とくに1月の「イスラム国」の問題以降、強くそう思うようになった気もします。

 それについて、なぜそう感じるのか、ということを、説明しようと少し書いてみました。
 でも言葉がすべっていってしまいます。
 またそのこともおいおい、きちんと説明していきたいと思います。でも「説得する気」はないので、安心してください。わたしと同じように感じなさい、と説得する気はありません。ただ、自分に関してはこうである、という事実を書いていこう、という気持ちがあります。
 そうしないといけないと思うから。
 
 でもそれが、どんな表現になっていくのか、いくべきなのか、よく分かりません。

 ***

 先週の月曜日、わたしは突然エアポケットに入りましたが、そのときほんとにやるせない気分になったので、とうとう「写経」のようなものをはじめました。
 「お経」といっても、たった16文字の漢字の言葉なのですが。

 今講座に通わせていただいている奈良・興福寺さんが、失われた中金堂というお堂を再建する事業をされていて、その16文字を専用の蓮の花びらの形の紙に書いて同時に2000円をお堂再建のために勧進(寄進)する、ということもされているのです。散華(さんげ)写経といいます(2枚の花びらの形のお経で、一枚は法事で使ってくださり、もう一枚は興福寺に永年保管・供養してくださるそうです。子供のいないわたしたち夫婦にとってほんとにありがたい機会です)。

 去年の秋にそのセットを取り寄せたのですが、どうしても取りかかる気持ちになれませんでした。
 わたしは字がヘタですし(考える速度で字を書きたいから雑なのです)、習字のセットもないからです。
 でも、エアポケットに落ちて自分が心底情けなくなったとき、「あ、今だ」と思って、とにかく筆ペンで、コピー用紙で始めようと思えたのです。
 少しやってみています↓
150305shakyou.jpg

 書いているのは
 
 諸悪莫作(しょあくまくさ・どんな悪も、行ってはならない。)
 衆善奉行(しゅぜんぶぎょう・善いことはどんな小さなことでもしよう。)
 自浄其意(じじょうごい・そして、自らその意(こころ)を浄めよう。)
 是諸仏教(ぜしょぶっきょう・これが、諸仏の教えである。)

 という16文字です。

 裏にお手本を敷いて書いているのでどうにかやれていますが、お手本なしだと難しいだろうなと思います。16文字でも。
 でも、ゆっくりと、丁寧に字を書いているだけで、とても気持ちがスッとするのだな、と思いました。
 それでもひどい字なのですが。。。書いていてなにか開放感も感じるのです。
 写経って、いいかもしれない。
 だから、この文化自体、残っているのですよね。
 
 さきほど、奈良の筆屋さん「あかしや」さんで、お習字セットのネット通販を申し込みました。
 このような機会をいただいたこと、ほんとにありがたいことだと思っています。

 
 *おまけ*
 昨日の夕空:1↓
150305sora1.jpg

 昨日の夕空:2↓
  150305sora2.jpg

 今日の夕空は、もう少し雲が低くて重くて多いです。

 
  ☆タロット占いのモニターを募集しています☆
   対面セッションで、場所は新宿の喫茶店です。
   通常価格30分3000円のところ期間限定で30分1000円(6月末日まで)。
   詳しくは こちら をご参照下さい。
   rosinu-rose@tbt.t-com.ne.jp

 
 
 
 
 

バンドトモフスキーワンマンライブ 渋谷 TSUTAYA O-WEST

 昨日は夫が休みで、ちょうど渋谷のTSUTAYA O-WEST (旧オンエアWEST)でシンガーソングライターのTOMOVSKYさんのバンドプロジェクト、バンドTOMOVSKYのライブがあったので、行ってきました。
 こちら、夫婦で好きなアーティストですが、夫婦でこの方のライブに行くのは少し久しぶりでしょうか。

 わたしにとっては久しぶりのエレクトリックなライブです(笑)。
 つまりコードを通してアンプにつながった楽器の音の世界。電気と楽器が作る音。
 これもクラシックの演奏会とはまた違った魅力があって、たまにはいいんですよね。

 ライブハウスですから入場時にドリンクも頼まなくてはいけなくて、わたしはハイネケンをいただきました。
 その缶を持ちながらトモフスキーさんの音楽を聴きますが、、、缶に音がビシビシ伝わって共鳴していて、振動が指先に伝わってすごい!
 大音量の醍醐味ですね〜。だからそれは、聴覚の体験だけではなくて、触覚的体験でもあるのですね。
 お腹に響く音。迫力ありました!

 ***

 バンドトモフスキーさんのメンバーは、ボーカルがトモフスキーさんで、ギターがはかまだ卓さん、キーボードが大塚ヤヨイさん、ドラムがクメムラヒトミさんで、ギターとキーボード、ドラムのお3人は「サードクラス」というバンドもなさっている方々です。しっかりした演奏をなさる方々かなあと思います。コーラスワークも上手にされます(素晴らしいメンバーに囲まれてるなあ!)。そしてベースはトモフスキーさんの双子のお兄さんで、Theピーズの大木温之(おおきはるゆき)さんです。トモフスキーさんは大木知之(おおきともゆき)さんで、こちらの双子のご兄弟のお名前は「温故知新」から来ているそうです(トモフスキーさんのBBSより情報をもらいました)。

 ***

 昨日はキーボードの大塚ヤヨイさんのお誕生日だったそうで、彼女のためのお祝いの歌から始まり、3時間ほどの盛りだくさんライブでありました。
 聴きながら、ボーカルのメロディにギターの音が同等な感じで絡んでいると、「うーん、これも対位法なんだよな」と思ったり、歌詞を噛み締めながら聴いたり、ベースやキーボード、ドラムの音を独立させて耳で捕らえようとしたりなどなど(サビなどですべての音の圧力(出力?)がマックスのようになると、それはいっしょくたになって分けて聴くことができなくなる、わたしの耳はその程度)、久しぶりのエレクトリックサウンドを堪能しました。
 つまり、ゆうべは「歌そのものの世界」に入っていくというよりは、サウンド全体を聴いていた、という感じでしょうか(トモフスキーさんのソロのライブだと、世界に入る感じかもしれません)。
 今まであまりこういう聴き方をしていなかったので、ちょっと新鮮でした。
 楽しかったです☆

 昨日演奏された曲から、「過去のドレイだ、生きた化石だ」を貼ります。

 こちらは、過去の記憶と今を較べてしまうわたしたちの悲しいサガの歌、ですかね。
 わたしの話をしてしまうと、、今まで、いつでも今が一番よいというか、つらいことはあっても、今の自分が一番いろんなことを知っていて、いろんなことを乗り越えてきた(自分なりに苦闘の歴史に自負がある、たいしたことないと言われればそうだけど)、と思うので、過去のほうがいいと思うことはほとんどないので(ウツのときですらそうでした)、あまりこの歌はリアルには分からないのかもしれません。
 きっとわたしは単純なんだろうなあ、と思います(笑)。
 でも、はじめて聴いたとき「おもしろいこと歌っているなあ」と思いました。
 トモフスキーさんの歌は、みな「へえ、なるほどなあ、そう考えるのもアリかあ」と思うような歌で、おもしろいです。自分では思いつかない着眼点といいますか。
 サウンドも凝っていたりするから、とても工夫される方なのだと思います。
 これは、ビートルズの「HELLO GOODBYE」の「コピー」ですが、なんと三拍子になっているのだ。


 そんなトモフスキーさんはCMのお仕事もちょこちょこされるんですね。
 モスバーガーのCM。

 やばい、モスバーガー食べたくなってきた。。(笑)

 
 ☆タロット占いのモニターを募集しています☆
   対面セッションで、場所は新宿の喫茶店です。
   通常価格30分3000円のところ期間限定で30分1000円(6月末日まで)。
   詳しくは こちら をご参照下さい。
   rosinu-rose@tbt.t-com.ne.jp


 
 
 
 

テーマ : 男性アーティスト - ジャンル : 音楽

テレビ録画をしていたもの

 今夜も日記を書こうとパソコンに向かいましたが、うーん、、、なにを書いていいのか分からない(笑)。
 「今週のタロット」など、内容的に決まったことがあればよいのですが、、なかなか。
 
 とりあえず昨日撮った写真を。

 窓辺のサンキャッチャーと光↓
150303suncatcher.jpg
 プリズム効果で虹が出るのです。
 
 サンキャッチャーに光の反射をもたらす元のものなど↓
150303sora.jpg
 太陽のマジックなのだ〜〜!

 あ……、なんだかすみません。。。。

 ほんとになにを書いていいのか分かりません。
 書こうと思えば書けることはそれなりにあるのですが、書こうという気にならないです。

 あ、少し書こうと思っていたことを思い出しました。

 ゆうべ、テレビのハードディスクに溜まっていた録画した番組をいくつか消化しました。
 映画2本と、放送大学でたまたま見ておもしろかった授業を撮りためているのですが、その授業を2本。

 映画の一つはアラン・パイロン監督の「マーガレット・サッチャー 鉄の女の素顔(2011年)」というドキュメンタリー映画です。メリル・ストリープ主演の映画とは別のもので、純粋なドキュメンタリーです。

 女性が男性社会の中で生きることの覚悟、性別を越えた「『民主主義』という大義への義務をまっとうする」ということへのサッチャー首相の執念、そのあたりが描かれていてものすごく勉強になりました。
 よく掲示板で安倍首相の目指すものはサッチャー首相がしたものに似ている、という言葉を見ていましたが、なるほどな、と思いました。保守的で、労働階級に寄り添うということではないのかもしれません。その反動で後に労働党出身のブレア首相が出現したんですよね。確か。そういうイギリスの現代史が少し見えておもしろかったです。
 わたしはサッチャーさん個人のことは、嫌いじゃないかもなあ、とも思いました。すごい人ですね。

 もう一つの映画は別にここに書かなくてもいいかな、というもので(笑)、放送大学で録画している授業は、「心理臨床とイメージ」というもので、精神科医でもある先生たちの絵画療法や箱庭療法についての講義でした。これも勉強になるのでおもしろいなと思って見ています。
 もう一つ継続して録画している授業がありますが、一気に見るところまでいたらないのでたまったままになっています。
 
 ゆうべ見たものは削除して、ハードディスクがいっぱいにならないようにしています。
 
 
 *おまけ*
 昨日スーパーで買ったチューリップ↓
  150303tulip.jpg
 八重咲きのチューリップってすごく華やかですね。2本で200円でした♪
 
 
  ☆タロット占いのモニターを募集しています☆
   対面セッションで、場所は新宿の喫茶店です。
   通常価格30分3000円のところ期間限定で30分1000円(6月末日まで)。
   詳しくは こちら をご参照下さい。
   rosinu-rose@tbt.t-com.ne.jp

 
 
 
 

 

 

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

今週の12星座別タロット 3/2 ~ 3/8

 今日はあいにくの雨となりました。
 この冬は関東は去年みたいな大雪が今のところないですね、、少し期待していたので(笑)、拍子抜けです。
 
 昨日の夕空:1↓
150301sora1.jpg
 
 昨日の夕空:2↓
150301sora2.jpg
 
 空ってきれいですよね。。

 ***

 空と言えば、なのですが、先日、わたしのカウンセリング技術の先生であるアメリカ人チャネラーのリチャード・ラビンさんが、氏のホームページのリンクのコーナーに、このブログのリンクを貼ってくださいました。
 そのために「バナー」なるものを用意しなくてはいけなく、そういう知識がなかったので手間取りましたが、ネット上にある画像加工ページを見つけ、それでどうにか用意することができました。

 こんな感じです♪↓
  minoribanner2.jpg
 
 なんとなくそれらしいですよね!(笑)
 ベランダで撮った空の写真を加工して、その上に文字を載せました。
 手作り感満載(笑。でも、こういうことなどに、昨日書いた若い頃働いたデザイン事務所で学んだことが活かされているのですね)。
 
 画像加工のサイト、慣れるとバナーを作る以外でもいろいろと楽しめそうな気がします。画像の大きさを決めてから文字を載せていくという手順です。
 無料で自宅でいろいろできて、便利な世の中でありがたいです。
 (無料バナー作成サイト「バナー工房」→ こちら )

 リンクしていただいた、リチャード・ラビンさんのサイトは → こちら です。
 「宇宙存在(肉体をもたずに多次元に存在しているとされます)」のエクトンのチャネリングの音声ブログも、こちらから無料で聴くことができます!(オーディオブログというところをクリックしてください!)
 リチャードさんはこのオーディオブログで取り上げる「エクトン」に対する質問を、メールで募集されているそうです。日本語でも大丈夫だそうです(分かりやすい短い文章にしたほうがよいかとは思いますが。。わたしのいつものノリの文章じゃダメだろう。。)。
 ご興味のある方はぜひ「エクトン」に質問もなさってみてはいかがでしょう!(すべての質問が採用されるかは分からないそうなので、そこはご了承ください)

 ***

 ということで、雨で少しダラダラとしてしまって夜になってしまいましたが、「今週のタロット」を更新します。

 今週は占星術的には先週と大きな変化はなく、惑星の星座移動はありません。
 太陽が魚座、水星が水瓶座、金星と火星が牡羊座、木星が獅子座、土星が射手座、天王星が牡羊座、海王星が魚座、冥王星が山羊座です(月は動きが速いので割愛します)。
 火の星座が強い星回りですね。
 
 先々週あたりから「牡羊座」の匂いがし始めて、空気が変わるのではないかなと思っていましたが、わたし個人はやはりそういうものは感じるかなと思います。
 昨日書きましたように、エアポケットに入ってしまって(汗)、そこから新たな課題も見えてきたかな、という感じです。
 その「新しい課題」も、自分の現実として板についてくるまでは多少時間がかかると思われ、今はコンセプトが先走りしている状態です。よく分からないまま、ただそう言っている、という状態。
 あまり焦っておかしなことにならないようにしなくては、と思っていますが、火の星座に星が多い時期だと、どうしてもばーっとやりたくなってしまうかもしれません。
 そういうことを律するのも一つのテーマかもしれません。わたしにとっては、ですが。
 まあ、堅苦しいことばかり言っていてもいけないのですが、バランスが難しいですね。

 今週のタロットとしては、逆位置が牡羊さんだけ(でも悪い意味ではない)、大アルカナは水瓶さんだけ(でも静的なカード)でありました。
 牡羊座に星が三つあるので、火の星座は勢いがあると思われ、獅子座さん、射手座さんはそんな感じですかね。牡羊座さん本人には今の星回りは少しプレッシャーもあるのでは、とも思います。
 牡羊座には、今いる金星や火星が抜けたあとには太陽が入るので、しばらく「新しいサイクル」というキーワードを感じる星回りが続くと思われます。

 それぞれの星座で、それぞれの新しいなにかがあるのだろうと思います(当たり前か。。。)。
 


  スザンヌ・スターのユニコーンタロットによる
  12星座別今週の一言メッセージ

    3/2 ~ 3/8

 150301tarot.jpg
 上段左より 牡羊座・牡牛座・双子座・蟹座 / 中段左より 獅子座・乙女座・天秤座・蠍座 / 下段左より 射手座・山羊座・水瓶座・魚座 という並びです。


  ☆牡羊座(3/21-4/20)☆
    2 of Pentacles / R:仕事の方向転換を試みるときかも。責任の取り方などよく考えて。

  ☆牡牛座(4/21-5/21)☆
    Ace of Pentacles:キャリアの面で新しい機会に恵まれそう。リスクに挑むのも◯。

  ☆双子座(5/22-6/21)☆
    6 of Pentacles:仕事や経済面で支援が得られる暗示。その分真摯に取り組むもう。

  ☆蟹座(6/22-7/23)☆
    Knight of Cups:感情表現を豊かにすると吉。あるいは感情表現が豊かな男性と過ごすと吉。 

  ☆獅子座(7/24-8/23)☆
    Page of Cups:嬉しいニュースが舞い込むかも。友人との会合には参加して。 

  ☆乙女座(8/24-9/23)☆
    3 of Swords:変化と別れはある意味セット。心が傷んでも進むべし。

  ☆天秤座(9/24-10/23)☆
    10 of Cups:心安らぐ暖かい時間に恵まれそう。周囲の人への感謝を忘れずに。 

  ☆蠍座(10/24-11/22)☆
    8 of Pentacles:仕事のスキルUPをはかれるとき。なにか講座などを探すのも◯。

  ☆射手座(11/23-12/22)☆
    Knight of Swords:判断力が冴えます。譲れないことは譲らずに主張すること。

  ☆山羊座(12/23-1/20)☆
    2 of Rods:アイデアや学んできたことを試す時期。人とのやりとりがカギに。

  ☆水瓶座(1/21-2/19)☆
    The Hermit:心静かに過ごすと吉。瞑想や読書で気持ちが刷新されそう。

  ☆魚座(2/20-3/20)☆
    4 of Pentacles:行き過ぎた節約で気持ちが疲弊するかも。息抜きは必要。


 よろしかったら一週間の参考にしてくださいね♪


 ☆タロット占いのモニターを募集しています☆
  対面セッションで、場所は新宿の喫茶店です。
  通常価格30分3000円のところ期間限定で30分1000円(6月末日まで)。
  詳しくは こちら をご参照下さい。
   rosinu-rose@tbt.t-com.ne.jp

 
 
 
 

 
 

テーマ : 占い - ジャンル : サブカル