今週の12星座別タロット 8/31 ~ 9/6

 おととい・昨日と吉祥寺で行われる、チャンパックさんのワークショップに行っていました。
 チャンパックさんはインドの和尚・ラジニーシからお名前をもらっている方で、生粋の日本人でいらっしゃり、日本のニューエイジムーブメントの黎明期(80年代)からその分野に興味を持って探求・活動をしていらした方です。

 わたしは1991年の19歳の夏に台湾に旅行に行って、突然「宇宙とわたしは一つ、宇宙はすべて一つ」という感覚になったのですが、その後そのことについて考えていたときに出会った本に、このチャンパックさんが出ていらして、わたしが感じたことと同じようなことをおっしゃっているのを見て、「そういうことを感じているのはわたしだけじゃないんだ!」と気づかせていただいたという経緯のある方です。
 その後、吉祥寺などでワークショップをされているということで、初めて行ったのが92年頃だったと思います。
 そこで、エネルギーワークというものを教えていただきました(目を閉じ呼吸を整えリラックス状態になったところで、積極的にイメージを持ってエネルギーを活性化させ、目に見えない領域に「働きかけ」をするという感じのものです)。
 チャンパックさんはリチャード・ラビンさんとエクトンの通訳もされていますが、わたしはエクトンを知る前にこの本とワークショップでチャンパックさんを知っていました。

 チャンパックさんの「エネルギーワーク」は、催眠などを使った「イメージトレーニング」と俗に言われるものに近いのかもしれませんが、単に願望達成や苦手克服などが目的ではなく、自分の意識をより広いものにするために使えるもののように思います。
 副産物として、いろいろな「効果」があるかもしれません。
 「エネルギーワーク」だけではなく、アメリカなどの最新のイメージを使ったメソッドなどを教えていただけます(「ワン・コマンド」など)。
 スピリチュアル分野に関する最新情報もいただけます。最近は権威のある医者や科学者が、「目に見えない領域は本当にある、そしてそれは人類にとって極めて重要なものだ」と、その存在を認める発言をし始めていて、アメリカで著書がベストセラーになっているようです。
 いくつかそういうことも紹介していただいたので、読書の宿題が増えました(笑)。
 ときどきブログに書いている、スティーブン・グリア博士のディスクロージャー(情報開示)プロジェクトについて教えてくださったのもチャンパックさんです。
 
 わたしは友人が久しぶりにワークショップに参加するとのことになり、自分もここ数ヶ月で気づいたことなどを「エネルギー的に」調整したいなと思ったので一緒に参加することにしました。
 2日間、たっぷりと「ワーク」をしてきました。
 副産物でしょうか、ここのところ急に気温が低くなり、冷え性がひどくなっていたのですが、それが今、ぽかぽか暖かい身体になっているんです。。。(個人的テーマとして、冷え性の改善を意図した「ワーク」をしたのですが、ほんとに効いたのでした)
 自分のことでも改めて気づくことがたくさんありました(ここのところのテーマの総まとめのような感じになりました)。
 おススメのワークショップです。
 チャンパックさんのサイト → こちら

 1日目のお昼の写真↓
  150831soba1.jpg
 すんごい立派なかき揚げと天ぷらがついたおそば。最後ちょっと食べきれなかった。。。orz

 2日目のお昼の写真↓
  150831soba2.jpg
 トマトつけそば。美味でした。新しい味との出会い。。。

 このおいしそうなおそばを食べられるお店は → 吉祥寺 バルサミコ 
   
 ***

 今週のタロットに入ります。

 今週、占星術的にはそこまで「祭り」ということはないですかね。
 太陽と木星が乙女座で、金星と火星が獅子座、水星が天秤座、土星は蠍座。
 この中で、一ヶ月以上逆行していた金星が順行に戻ります。
 獅子座のほぼ真ん中の14度で動きが転じるのです。
 金星が順行に戻るということで、愛情表現がしにくい気分だったり、趣味を楽しめない気分だったりした方は、素直な感覚を取り戻せるチャンスかもです。
 
 個人的には、29日に天秤座に水星が入ったことで、空気の中に「バランスを取ろう」とする気分が出てくるといいかなあと思います。 
 ここのところ数ヶ月、一つの星座に星が3つあることもよくあったので、そういう極端な感じが少し中和されてくるかなという気がするんです。
 水星の天秤座なので、コミュニケーションの部分でのバランスを調整しようという感じでしょうか。多少公平に考えるようになれるかも?
 獅子座的な情熱や、乙女座的な根詰め感がちょっと水星でほどけるといいなという気がします。
 
 タロットのほうは、今週も大アルカナ5枚でした。 
 やはり今は運気の変わり目って感じなのですかね。。。
 双子座さんと魚座さんという乙女座と同じ柔軟星座に大アルカナでした。射手座は小アルカナ。
 獅子座さんは強烈なカードの逆位置です。星がまだ残っているから賑やかな面はあるかもしれませんが、落ち着いていくほうがよさそう。
 乙女座さんは木星パワー染みているところでしょうか。
 カップが少ないので感情を無視しがちにならないように注意するとよいのかな。。(山羊座だけカップです)
 

  スザンヌ・スターのユニコーンタロットによる
  12星座別今週の一言メッセージ

    8/31 ~ 9/6

  150831tarot.jpg
 上段左より 牡羊座・牡牛座・双子座・蟹座 / 中段左より 獅子座・乙女座・天秤座・蠍座 / 下段左より 射手座・山羊座・水瓶座・魚座 という並びです。


  ☆牡羊座(3/21-4/20)☆
    3 of Rods:岐路に立っています。自分にとってよいもの・よくないものを見極めて。

  ☆牡牛座(4/21-5/21)☆
    6 of Pentacles / R:人の前にまず自分。今は体力・気力・財力など温存モードが◯。

  ☆双子座(5/22-6/21)☆
    The Lover / R:恋愛運波乱含み。性的魅力のみで反応してしまうのは危険かも。

  ☆蟹座(6/22-7/23)☆
    The Moon / R:現実逃避への欲求が出そう。暴飲暴食・ギャンブルなどに要注意。 

  ☆獅子座(7/24-8/23)☆
    The Wheel of Fortune / R:焦って決めるのは厳禁。判断材料が出るのを待つこと。

  ☆乙女座(8/24-9/23)☆
    The Star:希望を実感できそう。小さなサインの中に大きなヒントがあります。

  ☆天秤座(9/24-10/23)☆
    5 of Swords:周囲から嫉妬や誤解を受けてしまうかも。穏やかな態度を心がけて。 

  ☆蠍座(10/24-11/22)☆
    Knight of Rods:困ったら、情熱的・気が強くて向こう見ずな人に意見を聞くと吉。

  ☆射手座(11/23-12/22)☆
    8 of Pentacles:仕事運吉。着実に実力を蓄えられるとき。淡々とした態度が◯。

  ☆山羊座(12/23-1/20)☆
    Queen of Cups:情の厚いお母さんのような女性と関わると吉。感情を大切にして。

  ☆水瓶座(1/21-2/19)☆
    6 of Swords / R:ワンパターンに反応しがちに。視点を少し変えるほうがよさそう。

  ☆魚座(2/20-3/20)☆
    The Chariot:意外なほど進むのが早い時期。たずなのコントロールを忘れずに。


 よろしかったら一週間の参考にしてくださいね♪





 
 
 
 
スポンサーサイト

テーマ : 占い - ジャンル : サブカル

叔父の見舞い

 いつだったかの空↓
150829sora.jpg
 わりと最近なはずですが。。

 昨日は、母と一緒に、父方の叔父の見舞いに行ってきました。
 父方の長兄ですね。杉並にいます。
 5月に肺ガンと診断され、余命4ヶ月と言われたそうです。
 
 おばさんによるとずいぶん痩せたとのことでしたが、、父の旅立つ直前の様子などと較べるとまだ色つやはそこそこあって、気力もあるようで、いつものようにたくさんお話をしてくれました。
 
 在宅医療の専門家を見つけたそうで、入院などはせず(手遅れで手術などは不可能と言われたため)、自宅で過ごすそうです。
 鼻にチューブを入れて酸素を送る機械が導入されていて、楽になったと言っていました。

 父に顔がそっくりなこの叔父、会いにいけてよかったです。

 しかし、、周りにガンの話が多いです。
 そしてここ数年のいくつかの話を思い返しても、見つかったときにはけっこう進んでいるパターンが多いです。
 みな70代以上でしたので、若いから進行が速いということではないんですよね。。。
 そして、夫の職場でも、40代でガンを発症されている方が何人かいらっしゃいます。
 
 昔ってこんなにガンの人多かったっけ、と、よく夫とも話します。
 環境破壊とか増えた化学物質とか、そういう要素が加わって患者が増えているのかしら、などとも話していますが、相関関係は認められないってことで終わってしまうんだろうな。。
 なんだかやるせない気持ちになります。

 ***

 今日・明日と友人と、チャンパックさんのワークショップに参加することにしています。
 チャンパックさんは日本人で(笑)、イメージワークというか、エネルギーワークというものを教えてくださっています。瞑想とは少し違いますかね、誘導催眠のような感じのものと思います。リチャード・ラビンさんとエクトンの通訳もなさっていて、20年以上前にもワークに通っていたことがあり、おととしの夏にも参加したワークショップです。
 
 最近あったいろいろなことを、エネルギー的に整理できたらいいかなと思ったり。頭が少し飽和状態にもなっているかもしれないので。。
 イメージの力って強いですから、そういう方向でなにか調整できるかなと思います。

 日曜日の夜までの予定なので、タロットのブログ更新は月曜日の朝までにしたいと思います。
 






 

テーマ : 心と身体のケアを大切に! - ジャンル : 心と身体

拾い物画像日記。

 なんとなく、ブログになにを書いていいのか分からなくなってしまいました。
 ときどきそんな風になります。
 
 ネットで拾った画像が溜まっているので、いくつか貼ります。

 あどけない。。。↓ 
150828inu.jpg

 CGかと思ってしまう。。。↓
150828wani.jpg

 寝違えたりしないんだろうか。。。↓
150828kirin.jpg
 
 おまんじゅうが並んでいるみたいだ。。。↓
150828kotori.jpg

  すんごく前向きな感じだ。。。↓
150828neko.jpg
 見習いたいね。。。

 しかし、「。。。」ばっかりだ。。。







 

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

茶葉蛋の夜

 いつだったか撮った空↓
150826sora.jpg
 場所はたぶん小平霊園です。

 今夜は肌寒いです(今って8月ですよね。。。)。
 火を使っていても暑くないので、久しぶりに茶葉蛋(台湾の国民的おやつである、味付け煮卵)を作っています。
 中国茶の茶葉と五香粉(中国のスパイス)とお醤油でゆで卵をひたすら長時間煮込むものです。
 部屋の中が煮汁のいい匂いがします(台湾のコンビニエンスストアの匂い)。
 こういうことをしていると心が落ち着きます(笑)。

 昨日は夫が休みだったのですが、ケンケンガクガクな感じとなってしまいました(愚痴りブログを失礼いたしました。。)。
 でもいろいろと話して、お互いに「ああ、この人は今、こういう感じなのか」ということは少し見えてきたと思います。

 でもなんだか精神力を使ったので(多少深刻な話もしなくてはいけないから)、ここのところ外食はファミレスばかりだったのを変更して、少しまともな地元の中華料理屋さんに行きました。
 そこのクラゲの前菜が好物なのです。
 見た目アレですがおいしいんです↓
  150826kurage.jpg
 10年ものの瓶出し紹興酒も飲んでおいしかった〜。

 酔っぱらって帰宅して、変な時間(21時前くらい)に寝てしまい、夢の中ですんごくおいしいアイスクリームを食べてて目が覚め(22時過ぎ)、どうしてもアイスクリームが食べたくなってコンビニに行きました。
 夢の中ではチェリー味を食べたのですが、ないからいちご味です。
 それでもおいしかった↓
  150826ice.jpg
 でも、食べている最中は最高においしくて幸せだったのですが、その後1時間くらいして腹を壊しました。。orz
 その危険性があるのは分かっているから、あまりアイスクリームは食べないようにしているんです。でも夢でおいしかったから、どーしても、どーしても、食べたかったんです。
 バカなんですかね、こんな肌寒くなった日に。。。
 でも食べてたときのあのおいしさはなにものにも代え難かったです。

 そして、変な時間に寝てしまって眠れないので茶葉蛋を煮ています。
 煮込み料理を作っているときに得られる心の平和さって、これも代え難いものがあるなと思います。
 早く寒くなって煮込み料理をたくさん作れたらいいのにと思います。
 
 
 
 
 

 

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

5 of Rods の週

 いつだったか拾った写真↓
  150825ei.jpg
 エイの赤ちゃんだそうです。。足がある。。。?

 手前味噌になってしまいますが、わたしのタロット当たるわ。。。(笑)
 「今週のタロット」のわたしの山羊座は「5 of Rods」で、このカードはケンカとか小競り合いの意味がありますが、なんだかイライラしてしまって、夫ともケンケンガクガクとしております。
 ケンカというよりは、相手から求められていると思うことに確証が持てないから、ある程度予想して反応をするわけですが、その予想がどうやらずれているらしく、「なんでそうなるの?」というような感じになって、議論というか、、議論ではないんだな、けっこうイライラしながらの「擦り合わせ」をしている、という感じです。
 これは、二人、同規模で起こっているように思います。どちらかが偏ってそうなっているのではなく(それは幸いなことなのだろう)。
 
 まあ、この春から金沢の義母のことがずっとあるわけで、、やはりそれぞれの立場で、それぞれ考えてきています、いろいろなことを。息子として、夫として。嫁として、妻として。
 加えてわたしたちは立場を超えた個人でもあるわけで、個人としても、日々の中でいろいろなことを考え、学んでいます。
 そうすることで、少しずつ気持ちの上での変化が起こっています。
 気持ちの変化が起こると、いろいろなことへの「反応の仕方」が変わります。
 「反応の仕方」が変わると、人との関係が変わります。
 人との関係が変わると、、、本当にいろいろなことが、目に見えるレベルで変わるのでしょうけれど。

 わたしたちは今、気持ちの上での変化はすでに起こっていて、それが反応の仕方の変化になってきた、という段階のような気がする。
 抑えようがなく、今までとは違う反応が内面から出てくるのです。
 でも、それは自分の中では自覚しはじめていても、相手にとってはまだ定着していないものなのです。
 「この人はこういうとき、こういう風に感じるんだろうから、こういう風に反応しているんだろう。だから自分はこういう風に接するといいのかな」という、それまでの従来のパターンがあるわけですが、いろいろなことで相手も自分も変化しはじめると、従来パターンで接したとき「あれ、なんかヒットしない?」という風になるわけです。
 だから、イライラします。
 見えないからです、新しいパターンが。
 だからイライラしつつも擦り合わせをします。
 骨が折れます。

 でも、今わたしたちが経過しようとしていることって、けっこう大きなことなので(ちなみに金沢から聞こえてくる話は、今のところあまりいいものではないように思います。夫は来週帰省するかもしれません。わたしは待機が続きます)、無理もないなと思います。
 それに、こういう大きなことがあっても変化しないような、そんな完成された人間たちではありません、わたしたちは。。まだまだ40代ですから。(でもたぶん死ぬまで、そういう意味での変化はし続けるのかなと思います。だって最後に一人で死に向かうという一番大きな仕事が待っているんだもの、、それって、どんだけの「変化」なんだろう。。)

 だから、こういう部分も耐えていくしかないのだと思います。
 たぶん、こういうプロセスこそが、けっこう大変なのだと思います。
 自分も相手も周囲もなにごとかによって変化していて、それぞれの変化した反応の仕方に対応する自分を、新たに造っていくということ。
 今までにも何度もこういうプロセスを経ています(それを「あきらめる(放り出す)」とき、人は別れていくのかな、と思います。そして「別れ」が、一番変化に則した選択だということはあるのだと思います)。
 そのたびに、分かっているけど、やっぱりイライラはしてしまいます(汗)。

 はあ、なんだかしちめんどくさい書き方をしてしまっていますが、これは簡単に言えば愚痴なのでありました。
 どうもすみません。。。(汗)

 こちらも拾い物画像↓
  150825risu.jpg
 あ〜〜〜かわええ〜〜〜。。。きゅぴ〜〜〜〜。

 

 

 

 

 

テーマ : モノの見方、考え方。 - ジャンル : 心と身体

今週の12星座別タロット 8/24 ~ 8/30

 いつだったかひろった写真↓
150823aka.jpg
 もうすぐ夏も終わるということで。。。かわいいですよね(笑)

 今日は特に書くことが思い浮かばないので(汗)、タロットの更新に入っていこうと思います。
 あ、一つ思い浮かんだ。

 亀田の柿の種のゆず明太子味はけっこうおいしいです。
 スパイシーカレー味はイマイチです。
    
 でもAmazonではカレーのほうが評価が高い。。おかしいな。。夫も明太子のほうがいいと言ってます。。

 ***

 タロットのほうに入りますね!

 まず占星術ですが、今週はさすがに乙女座祭りです(先週、「これからはあまり『祭り』はない」と書きましたが)。
 23日に太陽が乙女に入り、水星は28日までは乙女、木星も乙女なので。星3つはやはり多いですよね。
 ですが獅子座もまだ強く、金星と火星が獅子座です。
 土星が蠍座。
 
 この配置を考えると、、社会的な部分(太陽・水星・木星)では乙女座が強く、個人的な恋愛や遊び(金星・火星)などは獅子座っぽさが残るという感じでしょうか。まだ夏なので、情熱が残っているというか。。?
 
 うーん、金曜日に世界同時株安のようなことになったようですが、、わたしはこれは空気の中に乙女座が強くなったからなんだろうなあと思っています。
 乙女座は分析能力が高いので、いろいろ現実が見えてきて悲観的になるとか、警戒心が出てきたという感じでしょうか。獅子座が強い間はわりと楽観的だったと思うのですが。。
 世界の経済の動きと星の動きの連動をはっきり意識して見るようになったのは、6月頃にギリシャなどが騒がれはじめてからなのですが、関連しているように見えなくないかなあという印象です。
 今週は警戒心の強さが続くのかなあ、、水星が28日に天秤座に入るので、そこでバランス感覚が出てくるのだろうと思いますが。。
 星の動きと経済のことを関連づけて見るとなかなかおもしろいので、つい注目してしまいます。
 
 個人レベルでも、乙女座の空気が強くなっているので、「このままじゃマズいかな」という気分が出てくると思います。乙女座は現実重視の土の星座なので、問題に対しては実際的に動けるかなという気がします。
 ですが細かいことが気になりすぎて疲れやすい面もありますから、息抜きを上手にすることも大事かと。

 木星が乙女座に入ってこれから1年ほどは、現実的に考えて動いていくことがテーマかなと思います。なにか簡単なルーティンワークがあると心が安定するかもしれません。乙女座に星がある人はとくにそうかも。

 タロットのほうは、今週も大アルカナが5枚と多かったです。今の時期、全体的に運気の変わり目という感じはあるのですかね。でも、大アルカナが出た星座は先週・先々週のように柔軟星座に偏るということはなかったです。
 印象的だったのは、乙女座で、先々週に出たカードが正位置になったので、なにか取り返せるかもしれません(笑)。
 あとは蠍座で、先週出たカードの逆位置となりまして、これは意味が反転してよい方向に行くということなのですが、ストーリーが連続しているのかなという印象でした。おもしろい。
 水瓶座さんはものすごく強烈なカードです。これは、どう転ぶか分からないという強烈さですかね。
 出なかったカードの種類はありませんでした。ソードが少ないかな。なので、理論的に考える視点を忘れないでおきたいです。

 
  スザンヌ・スターのユニコーンタロットによる
  12星座別今週の一言メッセージ

    8/24 ~ 8/30

  150823tarot.jpg
 上段左より 牡羊座・牡牛座・双子座・蟹座 / 中段左より 獅子座・乙女座・天秤座・蠍座 / 下段左より 射手座・山羊座・水瓶座・魚座 という並びです。


  ☆牡羊座(3/21-4/20)☆
    The Hermit:周囲のことは気にせず信じる道を歩むべし。静かに前を見て。

  ☆牡牛座(4/21-5/21)☆
    Queen of Pentacles:仕事のできる女性と交流すると吉。現実的な意見を聞けそう。

  ☆双子座(5/22-6/21)☆
    Strength / R:体力低下の暗示。イライラから周囲にあたることも。深呼吸して。

  ☆蟹座(6/22-7/23)☆
    8 of Cups / R:心の深い部分で尻込みがありそう。特に人間関係。勇気がカギに。 

  ☆獅子座(7/24-8/23)☆
    9 of Rods:無理は禁物。自信がないことはしないのが得策。忍耐と静観を。 

  ☆乙女座(8/24-9/23)☆
    The Lovers:恋愛運あるいはパートナー運上昇。小細工ナシの率直な態度が◯。

  ☆天秤座(9/24-10/23)☆
    The High Priestess / R:周囲に対して支配的になりがちに。まずは冷静に考えて。 

  ☆蠍座(10/24-11/22)☆
    2 of Swords / R:学びが完了しトラブルが解消される暗示。スッキリできそう。

  ☆射手座(11/23-12/22)☆
    Page of Pentacles / R:なにかのアテが外れるかも。じっくり練り直しを。

  ☆山羊座(12/23-1/20)☆
    5 of Rods:意見の違いが鮮明になるとき。ユーモアで切り返すしかないかも。

  ☆水瓶座(1/21-2/19)☆
    The Fool:感情が先走り、興奮しがちに。なるべく地に足をつけていて。

  ☆魚座(2/20-3/20)☆
    Knight of Pentacles:仕事運吉。信頼できる人とよい関係を築けそう。


 よろしかったら一週間の参考にしてくださいね♪



 

 
 
 
 

 

テーマ : 占い - ジャンル : サブカル

奈良興福寺 文化講座 第208回 興福寺と光明皇后

 少しブログの更新が空いてしまいました。
 昨日は夕方から、「急遽」という感じでタロットのセッションをしていました。
 今週中は金沢に呼ばれることはないだろうとの判断で、予約をお受けしました。リピーターさんで、多摩地区に用事があるとのことで、地元エリアの喫茶店に来ていただいてのセッションとなりました。
 久しぶりにセッションができてよかったです。

 そしておとといは、新宿エリア(住所は代々木)の文化学園で行われている奈良興福寺の文化講座に行っていました。
 わたしは21回目の参加となります。
 こちらの感想も昨日書きかけていたのですが、、なかなかまとまらないままでした。

 ***

 おとといの講座の第一講は、夛川良俊興福寺執事長による「興福寺と光明皇后」でした。
 光明皇后とは、大化の改新を果たした中臣鎌足(藤原鎌足)の孫娘で701年に生まれ、後の聖武天皇の夫人となった方で、興福寺のみならず東大寺の大仏殿や法隆寺の夢殿など、いろいろなお寺の建設(発願? 専門用語の使い方がまだよく分かりません。。)にも携わったとされるそうです。
 仏教に深く帰依されている方だったそうです。
 わたしが火曜日に夫と参った武蔵国分寺も、聖武天皇の詔で建てられたもので、そこには光明皇后の意志も入っていたと考えられるそうなので、自分の中では話がつながっているな、という感じがしました。
 日本に仏教を根付かせるためにいろいろなことをされた方なのだそうです。

 わたしは暗記が昔から苦手で、人の名前や年号をなかなか覚えられません(笑)。
 なので、歴史は得意ではありませんでした。
 昨日配っていただいたプリントに、人物相関図と年表が書かれてあるのですが、頭には入らないだろうな、という気がします。。。
 それに、わたしはこういうお話を聞くとき、「古代社会」というもののすごさというか、そこにまず圧倒されてしまうのです。
 権力の規模が、、今と桁違いなので。。
 そこで圧倒されて、個人のお話が頭に入ってこなくなってしまう部分があります。 
 藤原氏の娘であり、天皇の妻であった光明皇后様の足跡はあまりに大きく、現代の東京郊外に生きる庶民からは想像しにくいといいますか。。
 でもそこを、「仏教」というものを通して見ようとすれば、少し見えてくるのかもしれません。
 その人を、ただの「権力のある人」と思うのではなく、仏教を広め、守ろうとした人だと考えることで、そのキャラクターを想像できるかもしれません。
 (わたしは左翼教育を受けているので「権力」に対してアレルギー反応があるのだと思います。それがわたしの弱さだということは分かっていて、けっこうこのテーマはわたしにとって大きいものです)

 その方がいてくださったおかげで、日本には仏教に関するいろいろなもの(お寺自体や仏像、法要の形態など?)が今も残り、わたしのようなものがそのことを見聞きすることができるのだろうなあと思います。
 武蔵国分寺のわりと近くにも住んでいるのだし。

 光明皇后様は、施薬院や悲田院という、病気の人を集めて薬草などを処方する(?)、今でいう病院のようなものも興福寺の中に置いたそうです。癩病(ハンセン病)の人なども差別されなかったとか。「福祉」ということを考える方だったのですね。
 遣唐使を送り出したり、新しいお寺を建てたり情熱的に活動されたそうです。
 法華寺にある十一面観音像が、光明皇后様をモデルに作られたものとされているそうです。
 奈良に行ったら見てみたいなと思うものがまた増えました。 

 ***

 この前見つけたユリ↓
  150821yuri.jpg

 ***

 おトイレ休憩の後、瑜伽(瞑想)の時間となりました。
 ご指導のおかげで無理のない姿勢を見つけることができ、少しは集中することができたように思います。

 ***

 第二講は多川俊映興福寺貫首の「『春日権現験記絵』の世界」でした。
 おとといでこの内容は5回目となりますが、だんだん「春日權現験記絵」の世界というか、、「ノリ」が見えてきました。
 はじめは、どういう内容なのか全然分からなかったのですが。
 ひたすらに「春日の神様」に関する不思議な話が出てくるようで、そこに教訓めいた説教めいたことは書かれておらず(書き手の視点は消されている)、淡々と「誰それが(春日の神様にまつわる)こういう経験をした」ということが並んでいるのではないか、という印象です。
 おもしろい。。。
 説教めいた、結論めいたことはいちいち書かれない、いろいろな「体験談」が続くことで、かえって「春日の神様」がいかにすごいのか、怖いのか、ということが立ち現れてくるということでしょうか。
 言い方が悪いのですが、それは「効果的」な書き方なんだろうなと思います。
 すごい書物だなあ。

 おとといは二つほどお話を紹介していただいたのですが、同じテーマのものでありました。
 二つの話の主人公は、わけあって、興福寺を後にした僧侶です。
 二人はそれぞれ、出た先で春日明神様から「あなたはわたしを捨てたけれど、わたしはあなたを見捨てはしない」というメッセージをいただくのです。
 そこに、春日の神様の慈悲が現れているそうで、1度結ばれた縁は消えないということも表現されるそうです。

 このお話には少し思い当たるものがあります。
 わたしは一応チャネラーですが(今は昔ほど頻繁にチャネリングをしなくなったので「一応」です)、20代終わりから30代中盤にかけて、チャネリングや、そこで交流していた「存在(守護霊? 指導霊? ガイド? わたし個人と波長が合うなにか、とても賢く優しく感じられるもの? 意識体? どう言っていいのか分かりません)」のことを考えないようにしていた時期があります。
 チャネラーとして仕事をしてもうまくいかなかったし、なかったことのようにしていたのですね。
 でもそのうち、そうやってなかったことにしていることが自分を苦しめているのかなと思い当たり、再びチャネリングをしようとしてみたところ、やはり同じように言われたのです。
 「わたしたちはずっと見守っていましたよ」的なことを。
 あんたは無視していたけどね、というニュアンスです。
 申し訳なくて嬉しくて泣きました。
 それからは忘れないようにしていると思います。「彼ら」に対して、誠実であろうとするというか(だから名前も顔も出して自分はチャネラーだということを隠さず、ブログを書いています)。

 わたしのチャネリングと、春日の神様にまつわる話を一緒くたにしてはいけないのだと思います。
 ですが、、このあくまでも「見捨てない」とするのは、なんなんだろうと思います。
 慈悲なのか、、切ろうとしても消えないものがあるということの、一つの表現なのか。
 そのような「慈悲」を受け取るということには、責任が伴うような気もします。
 それは確かに、怖いことかもしれません。
 嘘はつけないということだから。 


  
 
 

 

武蔵国分寺 と クルミドコーヒー

 昨日、10連勤中の夫が半ドンになったので、うちからわりと近い、武蔵国分寺の薬師堂にお参りに行ってきました。
 去年の秋にお参りしていたお寺で、奈良時代に聖武天皇がお建てになった武蔵国国分寺の後継寺です。戦火による焼失などで当時の伽藍は残っていませんが、病苦を救ってくださるという薬師如来様を祀ったお堂があります。
 
 今日、金沢の義母に抗がん剤投与や放射線治療がされるので、、、近所で、時間もできたのでお参りです。
 それが、今できることで最上のことかなあとわたしは思ったんですね。。(ほんとは金沢に行きたいけれど、今は来なくていいと言われているし。。無理矢理なにかをすれば嫌がられるので。。。難しいねいろいろ)
 
 お堂の前で般若心経唱えてみました〜。
 途中で「あれ、なんだっけ」とか「あ、違った」とか挟まっているけど。。。(笑&汗)
 まあ、、気持ちの問題ということで。。。

 写真を撮ったので貼ります。

 かわいい狛犬↓
  150819inu.jpg
 小さいけれど動き出しそうな表情でした! 

 阿修羅さん↓
  150819ashura.jpg
 お顔がなくなっとる。。。なぜそんなことをするんだー。

 お堂は林の中にある↓
  150819odou.jpg
 お経唱えている間に蚊に食われました!

 この国分寺の近くには湧き水が出ているので、縄文時代から人が住んでおり、その住居跡などもあるんですよー。
 今でも変わらず水が湧いていて、、地球ってすごいなあと思ってしまいます。

 帰りには、最寄りのJR西国分寺駅の近くにある有名なカフェでお茶しました。
 「クルミドコーヒー」さんと言います。
 食べログでも3.8点くらいの高得点のお店で、ずっと行ってみたいと思っていたんですよ。

 童話の中に入り込んだような雰囲気を味わえるお店でした。

 店内こんな感じ↓
  140819mado.jpg

 テーブルにくるみとクルミ割りが置いてある↓
  150819kurumi.jpg
 自由に食べてよいそうです。が、一人一個にしました。長野県産の貴重なクルミだそうです。おいしかった。
 このクルミ割りもかわいいですよね。。

 コーヒーと紅茶↓
  150819coffee.jpg
 コーヒーはブレンドでしたが、わたしには少し苦みが強かったかも。。
 紅茶はナッツの風味がするもので、わたしは紅茶のほうが好きだったかもです。

 アイスサンドケーキ↓
  150819ice.jpg
 サンドするアイスを二種類選べます。おいしかったです。
 
 とてもかわいいお店で人気なのも納得でした。(もっとゆっくりしたかったのですが、冷房とアイスで腹が冷えてしまい、すんごくゆっくりはできませんでした。。なんかもう、夏でもレッグウォーマーとか持ち歩けばいいのかなあ。。)
 西国分寺にいらしたら、ぜひ行ってみるといいのではないかなと思います。
 お店のサイト → こちら
 

 地元に戻ると空がとってもきれいでした↓
150819sora1.jpg

 陽が暮れると気温も下がり、空も秋っぽくなってきたかなという気がします↓
150819sora2.jpg
 昼間は暑いけどね。。。

 これくらいの細い月が一番好き↓
  1499819sora3.jpg

 久々にこういう色の雲を見たような↓
  150819sora4.jpg
 
 

 

 
 
 

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

心のうねりに対処する

 ゆうべ、友人から「今テレビでUFOやってるよ!」というメールをもらい、急いでつけてみると、テレビ朝日のビートたけしさんの番組でUFOなどの不思議現象の特集がされていました。
 途中から見たのですが、、そこそこ核心をつきつつ、番組としては断言はせず、おもしろおかしくもしてまとめる、という感じですかね。
 今の公共放送では、こういう伝え方が精一杯ということかな。
 でもやらないよりはマシだろう。
 テレビ朝日は「反日放送局」とも言われますが、反権威としてこういう分野ではがんばってもらいたい!
 (宇宙人を「侵略者」に仕立て上げるのはナシにしてもらって!)

 個人的に「おお!」と思ったのは、飛行機の中から撮られたUFO映像で、わたしがジャカルタからの帰りの便で見たものとたぶん同じタイプのものが映っていたこと。
 番組のYouTube動画から↓
  150818ufo.jpg
 これこれ、これですよ。。。今まで書いてきたものが、やっとビジュアルとして伝えられる〜〜! 
 これなんだよ〜〜! 
 やはりこういう形で遭遇している人がいるんだなあ。。

 もしかすると消されてしまうけれど、番組のYouTube動画

 ビートたけしさんは「ゆんゆん」の武良ラムゥさんも番組に呼んだし、いろいろとUFO事情は知っているのでしょうか。
 次の映画はUFOネタにしてくれたらいいのに! 世界のキタノ、初のSF映画!
 北野武監督の「ソナチネ」は傑作だと思いますが、UFOネタなら、ヤクザなんてものじゃない、地球で一番凶暴な人々を描けるじゃないですか!(笑)

 ***
 
 と、ちょっとハイテンションになってしまいました。
 
 でも、ここのところ終戦と戦後70年の特集でいろいろ見聞きしたり、中国の天津での爆発事故のニュース動画などを見ていたので、ちょっと感情的に刺激され、気持ちがブルーになりかけたりもしました。
 以前ほどニュースに気持ちが引きずられなくはなったのですが、、30代の頃はひどかったんですよ。。。
 加えて、もちろん、金沢の義母のこともありますので、ときに感情的に乱されて、嵐のようになりそうになることもあります。
  
 そういうときに、すっと「般若心経」を唱えるようになりました。
 そうすると心の嵐が鎮まります。
 すごい効果です。
 (他に「ユーフィーリング」というメソッドも加わっていますが。。いろいろ試しているのです)
 
 嵐のように心をかき乱されることで、状況がよくなるのなら(たとえば義母のガンが消えるのなら)、嵐もよいでしょうが、、たぶん、、そういうことはあまりないのです。
 それとも、嵐のようにならないと「冷たい」と言われてしまうでしょうか。
 東アジアの人って、そういう発想をするような気もするけれど。
 でも、それって、違うと思うんです。。
 冷静さを欠くことのほうが、けっこう怖いような気がします。

 心の嵐に飲み込まれず(うねりを必要以上に大きくせず)、自分がそのときできることを自分なりに判断できるようにしておく、それも、この春から続いているテーマのように思います。
 
  
 *おまけ*
 今日の夜明けの空↓
  150818sora2.jpg

 



 
 

テーマ : モノの見方、考え方。 - ジャンル : 心と身体

今週の12星座別タロット 8/17 ~ 8/23

 ゆうべ拾った猫ちゃん写真↓
150816neko.jpg
 なんてかわいいんだ。。。。(o´д`o)、

 今日は一般ではお盆休み最後ですかね。
 すんごく静かです、街中が(ゆうべ近所のファミレスに行きましたが土曜日なのにすごく空いてた)。
 お正月の3日頃も同じくらい静かになります。
 日曜日の午後はこんな風にぽっかりと静かになることはあるけれど。 
 電車が走る音が聞こえる。。あと蝉の声(声じゃないけど)。
 でもそれは「環境音」という感じで、人がせわしなく活動している音とは違うかな。。
 人の声が聞こえないのか。。。異空間にさまよい込んだような錯覚を覚えます(笑)。
 普段の平日とは大違いです。

 ***

 タロットの更新をしますね。

 まず占星術の話題ですが、今週は、最終日の23日夜に太陽が乙女座入りをします。なので、今週は太陽獅子座の最終週となります。金星と火星は獅子座なので、まだ獅子座の気分は残ると思います。水星が乙女座、木星が乙女座で、乙女座の気分もしています。乙女座への移行期のような感じですかね。。
 夏の間の「オレが主役さ!」という熱が少しずつ溶けて、「あ、やべ、宿題あったんだった」とか気づく感じでしょうか(笑)。
 乙女座は几帳面でものごとをきっちりこなしたいという星座です。事務処理も得意。なにかを下準備するとか(それがその後の「太陽天秤座ターム」の準備になります)。
 獅子座的に少し羽を伸ばしすぎていた部分があれば、多少調整されていくことになるかなと思います。
 そうやって、そのときどきでテーマが少しずつ展開していって12星座のサイクルを巡るようになっています。
 それでも、乙女座は11日に木星がやってきたので、これから約1年(来年の9月前半まで)、楽しみになりますね。
 
 ここのところ数ヶ月(印象としては水瓶座のあたりからですかね。。)、太陽と水星と火星が同じ星座にいる期間が重なり「祭り状態」の時期もありましたが、これからはそれぞれの進行速度の関係からわりとばらけはじめ、あまり目立って「一極集中」のようにはならくなります。
 だから、、やはり今年の活動星座・蟹座タームはすごかったな、と。
 改めてそう思うのでした。
 
 タロットのほうは、今週も大アルカナが多かったです。5枚です。
 乙女座木星入座のインパクトの影響が続いているのかなという印象ですかね。
 乙女座と同じ土の星座はわりと穏やか目なカードです。
 (ちなみに、わたしの山羊座は、今週はわたしにとって当たるのか外れるのか解釈が難しいカードでした。自分の個人的問題から少し離れて引けたのならいいのですが、、まだよく分かりません(汗)。でもまあ、当たっているような気もする)
 乙女座と同じ柔軟星座の双子座・射手座・魚座が先週に続きやはり大アルカナで、イケイケドンドンというよりは「気を引き締めて系」のカードでした。
 そして獅子座さんが要注意カードです。。勢いはまだまだありますから、、かえって誘惑があるのかな、とか。
 わりと星の動きには連動していたかなと思いました。
 出ないカードの種類はなかったですが、ロッドが少ないですかね。ならばかえって情熱を忘れないようにしたいですね。

 
 
  スザンヌ・スターのユニコーンタロットによる
  12星座別今週の一言メッセージ

    8/17 ~ 8/23

  150816tarot.jpg
 上段左より 牡羊座・牡牛座・双子座・蟹座 / 中段左より 獅子座・乙女座・天秤座・蠍座 / 下段左より 射手座・山羊座・水瓶座・魚座 という並びです。


  ☆牡羊座(3/21-4/20)☆
    4 of Pentacles:必要以上に倹約モードになっていそう。もう少しゆるくても平気。

  ☆牡牛座(4/21-5/21)☆
    10 of Swords:最悪の状況は終わりました。気持ちを切り替え未来を見て。

  ☆双子座(5/22-6/21)☆
    The Fool / R:楽観的すぎるのも考えもの。足下の現実を忘れないようにしよう。

  ☆蟹座(6/22-7/23)☆
    The Hermit:人生を振り返るのによいとき。新しい視点を得られそう。瞑想も◯。 

  ☆獅子座(7/24-8/23)☆
    THe Devil:よくない道に誘うものがありそう。口がうまい人には要注意。 

  ☆乙女座(8/24-9/23)☆
    10 of Pentacles:安定運。家族との時間を大事にすると吉。食事など誘ってみては?

  ☆天秤座(9/24-10/23)☆
    10 of Rods / R:忙しさや責任から解放される暗示。自分の時間を味わうと◯。 

  ☆蠍座(10/24-11/22)☆
    2 of Swords:心に迷いが浮かびやすい時期。でも近いうちに答えは見えてきそう。

  ☆射手座(11/23-12/22)☆
    The Hanged Man:無理は禁物。衝動を抑えて調整する時間を持ったほうが得策。

  ☆山羊座(12/23-1/20)☆
    4 of Cups / R:すべきことは見えているし、それをするだけ。今度は大丈夫。

  ☆水瓶座(1/21-2/19)☆
    Ace of Cups:出会い運吉。運命を感じるようなこともあるかも。照れずにいて。

  ☆魚座(2/20-3/20)☆
    The Magician / R:頭のいい口のうまい人に要注意。支配されてしまうことも。


 よろしかったら一週間の参考にしてくださいね♪



 
 
 
 

 
 

テーマ : 占い - ジャンル : サブカル

終戦の日のつれづれ日記

 今しがたの空↓
150815sora.jpg
 毎日同じような写真ですみません(笑)。でも、ちょっとずつ雲の形とか違うんですよ。それでも同じような写真だけど。。。(汗)

 今日はお盆でもあり、終戦記念日の土曜日なので、ほとんどの方はお仕事がお休みかもしれませんが、夫はお盆休みの人の代わりで出勤しています(人員0にできない職場です)。毎年夫はお盆には休みを取らず、ずらして9月頃に夏休みを取ります。
 レジャーなどに出かける人も多いかと思いますが、わたしは家でダラダラしています。 
 なんとなく、義母のガンが発覚した春からずっと、心の底で「待機モード」に入っていて、賑やかな場所などに出かける気持ちにならないのです(ちゃんと用事があれば別です)。5月にいったん退院してからも、気持ちがくっきりと切り替わるということはありませんでした(それでも、奈良なら、行ってもいいかな、行きたいなと思えました)。
 その間姑の身体の中でガンは進行していたので、、なにか伝わってきていたのかなと思ったりもします。
 今も待機中です。
 
 そういえば、昨日母から聞いたのですが、、父の実家の長兄の叔父が、末期の肺がんだったそうです。
 気がついたときにはもう手遅れで、、、たぶん秋までくらいとのこと。
 この叔父は父と顔がそっっくりで(笑)、でも性格は全然違っており、話していると変な気分になる人です(笑)。
 父の分まで長生きしてもらいたかったのですが。。。
 ガンの人多いですね。わたしたちもいずれガンになるのかな、そんなことも思います。
 
 ***

 今日は終戦の日で、70年となる節目の年なので、新聞でも特集がされています。
 ゆうべ、夫が寝た後、終戦の日だから、アンジェイ・ワイダの映画でも見ようかなと思ったのですが(初期3部作のDVDBOXと、「カティンの森」の録画を持っています)、ちょっと重いかなと思い、録画してあるテレビ番組を観ました。
 テレビ番組といっても、放送大学でたまたま見つけて「これは」と思った授業の録画です。
 京都大学大学院教授の鈴木晶子さんという方の、「教育文化持論」という授業で、全15回録画してあります。
 毎回あまりにも素晴らしい内容なので、ときどき、ご褒美のような気分でそれを見ます。
 ゆうべ見たのは7回目の授業だったのですが、テーマが、「歴史の展覧(歴史的事実や記録を伝えること)」をどうするのか、というものでした。

 1980年代に人文の分野で、「歴史というのは立場によって見え方が違うもので、一方的なことは言えない」ということが言われはじめたそうです。
 例えば戦争で言えば、被害者と加害者では見え方が違うから、「事実」が異なる。
 その視点に立って歴史を考えなければいけない、という考え方だそうです。

 鈴木先生はドイツの例をたくさん出してくださり、ドイツ人はユダヤ人にしたことを反省しているということを、内外にくり返し示していることを話されました。 
 日本はその分野でまだまだ遅れている、広島の被害については残そうとしているけれど、加害側としてアジアの国々にしたことを、国として展覧として残すことには消極的だ、とのことでした。
 
 わたしが子供の頃は、教育の場で左翼の力が強くて、アジア諸国への罪の意識を教えられました。
 今世間は、その反動のようになっているなと思います。ネット上の言論を見ているとほんとにそう思う。
 わたしもそれに影響されています。
 そのきっかけは非常にハッキリしていて、2002年に北朝鮮の拉致問題が本当にあったことだということを知って、「左翼」に対して怒りと嫌悪感を覚えるようになりました。
 あれが決め手になりました。

 でも、、70年前までは、アジア諸国を日本が植民地としていたことは事実で、その中ではひどいことも行われていたことも事実だろうと思います。戦争中は特に。。
 いろいろな報道などで怒りを煽られて、そのことを忘れてしまいそうになるときがあります。
 
 ドイツでは、それを忘れさせないためのモニュメントがたくさんあるそうです。「加害者」であったことを忘れないためのモニュメント。
 それが社会の「成熟」ということだ、という意味のことを鈴木晶子先生はおっしゃっていました。
 うならされてしまいました。
 
 たまたま見た録画の授業ですが、とても「終戦の日」にふさわしいものでした(笑)。

 鈴木晶子先生のこちらの授業、ほんとに素晴らしいです。こちらもたまたまテレビをつけていて見つけたのですが、とてもよい出会いでした。無料で見ていて申し訳ないです。
 
 世界が平和な場所でありますように。
 今そうでない場所に、少しでも早く平和が訪れますように。
 すべての人々の心の中に、平和がありますように、それを見つけられますように。
 わたし自身がそうなれますように。。。(ときどき難しくなるけど)


 *おまけ*
 最近ネットで見つけた画像↓
150815kanga.jpg
 孤児になったカンガルーの子供。ふわふわしたぬいぐるみを与えて安心感を覚えさせ、エサなどを与えられるようにしたそうです。
 こういう画像を、世界中で見て「ほっこり」するのは、70年前にはできなかったことですよね。。。 
 こういうことに「カギ」がありそうな気がする。。。


 

 
 

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

エクトン オーディオブログ#5 犠牲と実現化

 昨日の空↓
150814sora.jpg

 わたしのチャネリングとカウンセリング技術の先生であるリチャード・ラビンさんが、エクトン(リチャードさんがチャネリングする存在)の新しいオーディオブログを更新されました。
 オーディオブログというのは、MP3の録音のもので、ストリーミングかダウンロードをして聞くことができるものです。
 
 今回のタイトルは「犠牲と実現化」というものです。
 一つ目のテーマの「犠牲」に関しては、わたしが送った質問を採用していただきました。
 先月、世界情勢がいろいろ大変で、、、思わず「(戦争などの)大きな犠牲を払わないと、わたしたちは新しく成長することはできないのですか」などという抽象的な質問をしてしまったのです。。。
 しかも、つたない英語だったので、リチャードさんを戸惑わせてしまったようにも思います。。(汗)
 それでもわたしの真意を汲んで、リチャードさんとエクトンが「犠牲」や「苦しみの体験」に関する見解を述べてくださっています。 
 もうひとつのテーマの「(ものごとの)実現化」についても、「犠牲」というアイデアと内容的にリンクする部分があり、今回のチャネリングも納得できるものでありました。
 起こってしまったことを、どう受け取るか、ということ。。。
 
 先月は占星術的にも気になる部分があり、ちょっと世界情勢に気持ちが行き過ぎていたかもしれません。
 それで、太陽が獅子座に入ったら金沢の義母のことが発覚したという。。

 いろいろなことは起こりますが、起こったことは受け止めつつ、やっていくしかないよなと思えました。

 エクトンのオーディオブログでは、質問も受け付けていらっしゃいます。

  リチャード・ラビンとエクトンのホームページ

 こちらの「オーディオブログ#5」というところをクリックすると、オーディオブログのページに行きます。






 

UFOのお話

 最近のいつだったかの空↓
150812sora.jpg

 少し更新が空いてしまいました。
 手前味噌ですが、、やはりユニコーンタロットは当たるんですね。
 やはりジャッジメント!っていう感じはあるのでした。。金沢のことですが。
 
 そんなときになんですが、そんなときだからこそ!
 ちょっと自分にとっては気になるテーマのお話です。
 UFO!!(←もちろんピンクレディのあの名曲のあの歌い出しの音で読んでください! なんなら振り付けも一緒に)

 今までもときどきUFOのネタで日記を書いているのですが(「さるさる日記」時代からたまに書いていました、だってときどき見ることがあったから)、おととしにわたしの瞑想(イメージワーク)の先生のチャンパックさんから、かなり具体的な地球外文明と「宇宙人」と地球との関わりのお話を聞いて、その情報源の本などを読んでから、もっとまじめに、切実な問題としてこのことを考えるようになりました。
 そのことも、多少ブログに書いてきたと思います。

 そしてここにきて、友人からまた新たなアプローチのUFOの情報を提供してもらったので、ブログに書こうと思います。

 ***

 まず、今までも書いてきた「情報公開(ディスクロージャー)プロジェクト」のスティーヴン・グリア博士のほうですが、わたしはまだ見ていないのですが「シリウス」という映画を制作されて、DVDになっています。
    

 これはいずれ購入して見るつもりでいます(いろいろ勉強したいことがあって、なかなかそこまで手が回りません)。そしたらまたブログを書くと思います(笑)。
 まだ見ていないので今は内容のことをどうこう言えませんが、少しずつそういう情報を一般の人に向けて広めておられるようですし、日本でも各地で上映会があるようです。
 そちらの上映会などを主催される方の本も最近読みました。
 グレゴリー・サリバンさんの「あなたもETとコンタクトができる!」という本です。
  

 わたしはそこまでUFOオタクということもないので、UFOに関する本を片っ端から読むということもしていません(いろいろ情報がありすぎると思うので、基本的にグリア博士が関わるものを追っていればいいと思っています)。
 ただ、20代の頃から星でもないし飛行機でもないし、人工衛星でもなさそうなふわふわ動くものを夜空に見ることがよくあり、30代の頃インドネシアへスピリチュアル系のツアーに行ったうちの2回ほど、帰りのジャカルタからの飛行機から、何機ものUFOに遭遇し、コミュニケーションを取りました(窓から見ていたのですが、こちらが手を振ると光を点滅させたり、しばらくして呼ばれたと思って外を見ると、「ウエーーーイ、見てる?www」という感じで瞬間移動を繰り返されたりしました。あとなにか「都市」にも見えるような変なものも見た。。。それらは、わたしだけでなく、隣に座っていた友人も見ています)。
 なので、「やっぱUFOってあるんだなあ」とは思っていたのですが、そういうことの裏になにがあるのかを知ったのが、上に紹介していますグリア博士の著作や活動による情報からだったのです。

 そちらからの情報で、背景などを理解するために重要だと思えることをお伝えします。

 *「宇宙人」たちが本気で地球の支配層たちにコンタクトを取りはじめたのは、1940年代中盤から(それまでにもずっとコンタクトはあり、世界の神話などにその影響も見られるという話もあります)。
 *有名な「ロズウェル事件」も実際にあったそうで(1947年)、そのときに回収されたものからアメリカ軍はUFOの技術を研究してきた(それ以外にも類似事件はあるそう)。
 *今の地球上にはすでに、人間が開発したもので、UFOに匹敵するものがある(民衆を騙すためにそれらを使うこともあり得るそうだ)。
 *「宇宙人」が本気で1940年代にコンタクトをしてきた理由は、核兵器の使用があったから(広島・長崎)。地球の科学技術力がそこまで進んだから。
 *彼らは人間の核開発を非常に危惧していて、過去の核ミサイル実験ではミサイルボタンを宇宙船が無効にするということもあった(1960年代、軍人の証言アリ)。
 *同じく原発のことなども心配している。
 *地球上にはもうすでに「フリーエネルギー」(なにもない空間からエネルギーを取り出す技術)があるのに、石油や原発の利権のために実用・一般化されていない。
 *支配層は地球を文字通りコントロールしていて、最終的には宇宙空間(UFO)にミサイル攻撃を加えようという計画もある。
 *最近は「宇宙人」は民間・一般人とコンタクトする機会を増やすことで、啓蒙をしようとしている。
 

 これが、大まかな流れなのだと思います。

 ちなみに、わたしは2011年の3月13日、福島第一原発の1号機が爆発した翌日に、夕空に浮かぶ月の下にニュルッとおかしな動きをしていてすぐに消えた強い光を見ています(下から上に向かっていたので流れ星ではないし軌道はぐにゃりとしていた)。当時、福島でもたくさんUFOらしきものが見られたそうですが、彼らは原発に関心があるとのことなので、見張って(見守って)いたのかなと思います。
 
 そのような個人的な体験があるので、グリア博士の言うことなどに納得をしています。

 たぶん、21世紀にもなって、石油や原発に頼らなくてはいけないというのは、おかしいことなのです。
 産業革命から核兵器の開発まで一気に進んだのに、、、70年経ってこれだけっておかしいですよね(笑)。

 ***

 そういうことを知ってしまうと、どうしても政治とか権力に対する怒りなどが強くなり、純粋な心がなくなるかもしれません。
 最近わたしはあまりUFOを見なくなってしまいました。
 自分の言葉で説明しようという気持ちが大きくなったからかもしれません。なにかムキになっている部分があるのだろうと思います。
 でも、過去には何度か見たことがあるし、、、今自分は、こういう情報について、少しでも発信することのほうにエネルギーを使おうという気持ちがあるのかなと思います。
 
 そんな中、最近友人がよくUFOを見るようになったという話をしてくれました。
 その友人は、先月の7日、七夕の日に代々木公園であった「ゆんゆん大作戦」というUFOを呼ぶ集会に参加して、それからよく見えるようになったそうなのです。
 わたしは全然知らなかったのですが、「ゆんゆん」と言いながらUFOを呼ぶおじさんがいて、テレビにも出てUFOを呼ぶことに成功して、有名になられたそうですね。
 武良信行(むらのぶゆき)さんと言う方で、宇宙ネームが「武良 ラムゥ」さんというそうです。見た目はごくごく普通のおじちゃんです(笑)。
 ビートたけしさんのテレビ朝日の番組に出演して、カメラにUFOの姿を収めることを成功させたそうです。
 その番組のYou Tube。

 番組内でUFOを思いの他集められたことに感動した武良さんが、感極まって泣いておられます。
 きっと今まで、理解されずにバカにされ悔しい思いをされてきたのだと思います。
 その姿に胸を打たれました。
 テレビモニターの中のUFOを神妙な顔でのぞくビートたけしさんの表情も印象的です。

 その方をゲストに呼んで、先月、代々木でUFOを呼ぶイベントが行われたそうです。
 イベントを主催されたのは、人気のスピリチュアル系ブログ「笑えるスピリチュアル』を書かれて、「神さまとのおしゃべり」という本を出版させてベストセラーになっている、ミュージシャンのさとうみつろうさん。この方もわたしはよく知りませんでした。
 友人はそこに参加して、、はじめは見えなかったのが、最後にはたくさんUFOが見えるようになったそうです。
 友人のご友人は、はじめからUFOを見ていて、写真撮影にも成功されているそうです。
 そのイベントのYouTubeです。
 
 このイベントでは、肉眼とカメラ越しにUFOを見た人、肉眼で見えたけれど写真には撮れなかった人(友人がこのタイプ)、写真には撮れたけど肉眼では見えなかった人、全然見れなかった人と、いろいろなタイプがいたそうです(でもだからこそ、UFOはほんとにいて、地上に見える人と見えない人がいるということが分かります。全員が見えるとか写真を撮れたと言っていたら、、「仕込み」かなとか思っちゃいますよね)。
 そのような個人間の差があるのは「周波数が違うから」なのだそうです。
 ですが、友人はそれから、一人でいるときにもUFOが見られるようになったと言います。
 きっと扉が開いたんだな。。。

 こういう楽しいイベントのほうが、扉が開きやすいのかもしれないな、と思いました。
 つい、わたしは深刻な方向からアプローチしているのかもしれません。石油とか支配層とか、聞きたくもない単語かもしれません(笑)。
 こうやって、あくまでも楽しんでやる、というのは、「新しい」のかもしれませんね。
 このイベントを企画されたさとうみつろうさんという方はとても頭がいいなあと思いました。そしてきっと、この方もUFOと支配層のことなどは知っているのだと思います。
 でもあえて、こういう風に伝えていくのか、、、すごいなあ、と思ったりもしました(友人曰く、芸人さんみたいにおもしろい人だそう)。
 そして実際に見る人が続出したのですから、それが一番ですよね。。

 見えていないだけで、思っているよりもずっとたくさん、上空には「それ」がいるそうです。

 ***

 友人の同僚さんは、上に上げた代々木公園での動画をお子さんと見ていらっしゃるとか。
 子供の頃にこういうのを見ていたら、宇宙に対してどういう感覚が育つだろう?
 考えるとわくわくして、希望が持てますね。

 わたしには子供はいませんから、、せめて、こういうことがあったみたいですよーと、ブログに書くくらいはしようと思います。
 地球の未来に向けて、できること!(笑・小さいけど!)

 友人から教えてもらって、わたしも先日、夜空に不思議な閃光くらいは見れました。その先に行けるかは分かりませんが、、、「いる」ということは知っているつもりなので、これでもヨシとします。
 友人によると、一つの星を見ているとそのあたりから流れるように出てくるとのことです。
 そして、やはり澄んだ空のほうが見やすいということです。
 あるいは、武良さんのような強いコンタクティと一緒に呼ぶこと、思いを同じくする多くの人と一緒にいることなどで、見やすくなるのではないか、とのこと。
 あとは、「いる」ということを信じること。。。
 彼女はそれらを見ると、ポジティブな感覚になるそうです。
 わたしもそうです。過去に「それらしいもの」を見たとき、敵対心みたいなものを感じたことはないです。飛行機の中から見たときはUFOと遊んでるみたいでした。おちょくられているというか。。

 地球の新しい未来を切り開くのは、この分野に違いないですよ。。。。。。

 
 

 
  
 

テーマ : UFO - ジャンル :

今週の12星座別タロット 8/10 ~ 8/16

 昨日行ったファミレスへの道すがらの空↓
150809sora1.jpg
 小平霊園にて。

 空を撮るわたし↓
  150809mino.jpg
 ふざけて撮った写真ですが、ペンジュラムが「載せろ」と言うので。。小平霊園の芝生の緑が好きな緑色です。

 もいっちょ空↓
150809sora2.jpg

 東京都下は昨日から少し暑さが和らぎました。一息つけています。
 西日本は38度超えのところもあるようですね。。こういうのは「熱波」ではないのでしょうか。
 インドなども大変なことになっていると聞きます。

 今日はタロットの更新ですが、ちょっとまた先にネタ的に山羊座のことを。。。
 今週も山羊座がちょっと「うわ。。」という感じで。。

 先週まで二週間続けて「5 of Pentacles」という有名な低調運カードが出たのですが、今週は大アルカナの「Judgement」でありまして。。「審判が下る!」というものですが。。。
 まあ、明日義母がガン治療のために入院するので(今のところお手伝いの声はかかっていません)、いろいろ話が出てくることになると思います。なので今からもう「当たる」ということが分かる。。
 読んでくださる方で山羊座の方いらっしゃいましたら、毎週自分のことが反映されてしまい、失礼しています。。

 ***
 
 「今週のタロット」のほうに入りますが、まずは占星術のことを。

 今週は大きく空気が変わります。
 去年7月から獅子座にいた「幸運の星」木星が、乙女座に入ります。11日です。
 木星は約1年かけて一つの星座を進みますので、同じ星座に入るのは12年に1度です。
 よく雑誌などの占星術の特集で「12年に1度の大幸運期」というフレーズがあると思いますが、それは木星がその星座に入ってきたときに使われる言い方です。

 わたしは木星を「幸運の星」というよりは「拡大の星」と考えているので、木星が入ってきたときや、木星が絡む星の形(アスペクト)ができたときには、その星座やその星に関連した部分が「拡大される」と考えます。
 仕事の幅や人間関係や持っているお金の量や時間のゆとりなど、いろいろなものが「拡大する」と、それを人は「幸運」だと感じられるのかもしれません。
 わたしは個人的には、なにかが拡大することによって自分の「視野」そのものが広がることが、やはり人にとって一番大事なことなのかなと思います。(でも苦労の中にいるときにも視野は広がるか。。。だから、、拡大(木星)も制限(土星)もどちらも大事かなと。。。あら、木星の話じゃなくなってしまった)

 乙女座の人は「12年に1度の大幸運期」ですが、だからと言って自分から動かないでいると「なんとなく楽かな」くらいで終わることも考えられます(96年の山羊木星期のときの自分を思い出して書いています)。
 はっきりとした目標を持つほうがいいかもしれません。
 乙女座と同じ土の星座の牡牛座・山羊座も幸運というか、拡大というか、穏やかななにかを感じられる時期となるかもしれません。
 個人的に120度は、あまり激しさのない穏やかで平穏な感覚をもたらすと感じています。運気・運命を意識して活性化させられるのは90度かもしれない。0度・180度は自分ではコントロールできないレベルかなあ。
 ということで、乙女座の対岸にいる魚座にとっても特徴的な1年となる可能性があります。乙女と90度の双子座さんと射手座さんは、太陽・木星の90度なので「油断しがちになる」という意味になるような気がします。
 
 年単位で移動する星が星座を変わるときは、大きく空気が変わると言われるし、分かりやすい1年周期の木星なので、ぜひともその星回りを利用したいものです。

 他の星については、先週に続いて太陽と金星と火星は獅子座、水星が乙女座、土星が蠍座となります。
 相変わらず獅子座は強いですが、先週ほどではないですね(笑)。多少乙女に分散されますかね。
 それでもやっぱりちょっと強烈なイメージが今週もあります。
 獅子座太陽パワーがすごいので、夏バテにも気をつけたいです。

 タロットのほうは、今週は大アルカナが多かったんです。。5枚。
 しかも乙女と同じ柔軟宮(双子座・乙女座・射手座・魚座)のすべての星座に大アルカナです。
 加えてすみません、山羊座に。。
 乙女座さんは木星がやってきて愛情面が活気づきすぎてしまうのかもしれません。
 魚座さんは「出たな」というカードでした。
 出なかったカードの種類はありませんでしたが、大アルカナが多いというのは、やはり全体的に運気の変わり目というイメージがあります。

 わたしの書いた言葉も参考にしていただければと思いますが(なるべく「一般論」に拡大して書いていますので)、一緒に貼った写真の絵柄を見て感じるものを優先していただければと思います。
 これは、いつの週でもそうです。

 
  スザンヌ・スターのユニコーンタロットによる
  12星座別今週の一言メッセージ

    8/10 ~ 8/16

  150809tarot.jpg
 上段左より 牡羊座・牡牛座・双子座・蟹座 / 中段左より 獅子座・乙女座・天秤座・蠍座 / 下段左より 射手座・山羊座・水瓶座・魚座 という並びです。


  ☆牡羊座(3/21-4/20)☆
    5 of Rods:周囲との意見の違いが目立つとき。些細なことは目をつぶって。

  ☆牡牛座(4/21-5/21)☆
    3 of Pentacles:仕事運吉。3日、3週間、3ヶ月という単位で目標を立てると◯。

  ☆双子座(5/22-6/21)☆
    Justice:なにかで結論を出す必要性。偏らない視点を持つことがカギに。

  ☆蟹座(6/22-7/23)☆
    7 of Cups:気持ちが不安定になりがちに。急いで答えを出さないほうが◯。 

  ☆獅子座(7/24-8/23)☆
    8 of Swords:健康運低下気味。無理のし過ぎは禁物。適度に休憩を取ること。 

  ☆乙女座(8/24-9/23)☆
    The Lovers / R:波乱含みの恋愛運。相手の性的な魅力に騙される可能性もアリ。

  ☆天秤座(9/24-10/23)☆
    Ace of Swords:運気切り替えのタイミング。難しい局面が一段落しそう。 

  ☆蠍座(10/24-11/22)☆
    9 of Pentacles / R:金運要注意。今は衝動よりも計画性を重んじるのが◯。

  ☆射手座(11/23-12/22)☆
    The Tower / R:無理が利きません。限界を認めてしまうほうが早く抜けられます。

  ☆山羊座(12/23-1/20)☆
    Judgement:人の意見は聞いておくのが吉。そこから新たな発見がありそう。

  ☆水瓶座(1/21-2/19)☆
    2 of Rods / R:意見の対立が起こりやすいとき。相手に合わせるほうが得策。

  ☆魚座(2/20-3/20)☆
    The Wheel of Fortune:意外で特別なことが起こる暗示。固定観念を外して対応を。


 よろしかったら一週間の参考にしてくださいね♪



 

 
 
 

テーマ : 占い - ジャンル : サブカル

バウッダ[佛教] 中村元・三枝充悳 講談社学術文庫

 昨日の夕暮れ前の空↓
150807sora.jpg
 横に水平に影のようなものができているのですが、たぶん太陽と雲の位置の関係でこうなると思うのですが、これの現象のことをなんと言うのか知りません。

 今日はちょっとヤバい暑さです。気象庁のデータを見ると府中や所沢で37度越えらしいので、小平もそれくらいだろう。
 先ほどベランダに出たら風呂に入ったような感じで、、体温よりも高いのは確実です。
 わたしは冷え性なので扇風機で過ごせることも多いのですが(ひんやりスカーフを首に巻いたりしているとけっこう紛れる)、さすがに今日は無理ですね。。命の危険を感じる。。。

 ***

 夫が金沢に行っている間に書こうと思っていたブログを書きます。

 春から読んでいた中村元さんと三枝充悳(さえぐさみつよし)さんの共著の仏教の解説本、「バウッダ[佛教]」をけっこう前に読み終わっていたので、その感想です。

 こちらの本は、仏教の教義について細かい説明をするものではなくて、主に、2500年前のお釈迦様が説かれたお話が初期仏教となり(それが後に「小乗仏教」などと呼ばれ、東南アジアなどに伝わる仏教になっていく)、その後大乗仏教(中国を経由して日本に伝わった仏教)に分かれていく歴史を解説した本です。
 やっといろいろな疑問が氷解しました!

 以前日蓮宗のお寺の勉強会に少し通ったことがあるのですが、そこで仏教が「小乗仏教」と「大乗仏教」というもので分かれているということを知り(それすら知らなかったのです、30代になっていたけれど)、そこのご住職が小乗仏教のことを「自分だけが悟ればいいと思っているから『小』なのだ」という言い方をされていて(もっと丁寧な言い方ですが、意味としてはそういう感じです)、「どうして同じ仏教でそういうことになるのかなあ」と思っていたんです。
 ちょっと対立しているようなイメージに思えたんですね。
 
 それから時間が経ち、一昨年の秋から奈良興福寺さんの文化講座に通うようになり、中期大乗仏教で大きな影響力を持っていた「唯識」という考え方を学び、「これすごくいいじゃん」と思い(軽い言い方ですみません。。。)、なおさら「小乗」と「大乗」の分類というか、対立のようなものに疑問をもってしまって。

 夫が受講していた放送大学の仏教の教科書、木村清孝さんが書いたものですが、それを読んで大枠は掴んだのですが、それでもなんとなくモヤモヤしていたものが、ここでさらにスッキリしました。

 ***

 初期の仏教が部派仏教などと言われるものになっていって、僧侶が寺にこもって自らの修行と教義の解釈などの学問的探究にいそしむ傍ら(そこで数百年経っている)、各地に建てられたストゥーパ(釈迦の遺骨を納めた塔、それが日本では五重塔のようなものに転換されていくようです)などでは、塔を守る僧侶ではない在家の仏教信者たちがいて、大乗仏教というのは、そこらへんの人たちから自然に起こってきたムーブメントで、お釈迦様が亡くなって500年後くらいに出てきたものだそうです。
 在家信者たちの切実な想いが、「他者に利する」ということを重視する「大乗」という考え方を広めていくようになったようです。

 本の最後にある「解説」は丘山新さんという方で、「隣人愛」を説くキリスト教が2000年前に生まれたのと同じ時期、インドでも仏教は「他者」という存在を発見して、同じ時期にそうやって東西の二つの宗教(キリスト教は元はユダヤ教、仏教の元にはインドの古代哲学のヴェーダなどの影響があるそうです)が「自分以外の人」を発見したのは偶然とは思えない、というような意味のことをおっしゃっています。
 
 そこから自分の「悟り」よりも「他者の救済」を優先する視点につながり、「菩薩」という考え方になっていくそうです。

 ***

 初期の仏典を「阿含経典(有名な「スッタニパータ」もこれに入る)」と言うそうですが、それがお釈迦様のお話をまとめたものにほぼ近いのであろうと言われているもので、それ以降出てくるものは、後の人が解釈を加えて行ったものと言えるそうです。
 それが「大乗仏教」となっていくようなのですが、基本にはもちろんお釈迦様の教えがあります。

 大乗仏教に顕著な「空」という理論を完成させたのは、2世紀にいた龍樹(ナーガールジュナ)という僧なのだそうです。その方がお釈迦様が説く「すべては縁によって起こる」という理論を発展させ、「すべては縁によって変化するのであるから、ものごとに真の自性というものはなく、故にすべては『空』である」と論破したのだそうです。
 そしてその方が般若心経の元にもなる「大智度論」というものを書いて、それを鳩摩羅什さんが漢語に訳して、それが日本にも伝わって、般若心経が尊ばれてきた、ということになるそうです(今でも日本人は「諸行無常」という感覚を持っていますよね、それってすごいと思います)。

 龍樹さんの後、5世紀頃には北部インドで世親菩薩様と無著菩薩様が現れ、中期大乗仏教で大きな影響力を持った「唯識」という考え方を弥勒菩薩様からいただいたとのことで、こちらの本でも唯識についてはたくさんのページが割かれて説明されていました。

 ***

 つまり、わたしが言いたいことは、宗教は時代によって新しい解釈が加わっていき、発展するものなのかな、ということが、さらによく分かった、ということであります。
 初期のものにこそ真実があるというのは言えると思いますが、内容が納得できるのではれば、新しい考え方を受け入れていくのは普通のことなのだろうなと思います。

 正統性の主張というものにこだわれば、初期の原理的なもののほうが優勢なのだと思いますが、、、正統性の主張にばかりこだわると、大事なものを見失うという気もします。
 わたしは「自己の悟りのみを求める世界」から「他者の発見」へ、という、人の心の流れが、素晴らしいのではないかなと思います。 
 それが起こったのは、人類の心の歩みの上での必然だったのではないかな、とか。。。

 蛇足ですが、占星術でも似たようなことが言われています。
 牡羊座から乙女座までの6星座は「自己の世界の完成」がテーマで、後半の天秤座から魚座までの6星座は「他者との関わり」がテーマになる、という考え方です。
 最後の魚座では自己と他者の境界線がなくなると言われます。

 ***
 
 仏教もいろいろな宗派があって混乱する部分がありましたが、この本を読んでかなりスッキリしました。
 出会えてよかったです。
  

 この本、国分寺の本屋さんの文庫本のある棚に入っていて(仏教以外の本もたくさんある)、背表紙が見えていただけなのですが、なぜかバシっとそこに目が行ってしまい(=わたしには光って見えた)、立ち読みしたらすごくよさそうだから買ったのでした(後にAmazonで中古で、ですが。。)。
 わたしにはときどき、こういうことがあります。
 本屋さんで「光る」本を見つけること(この前ご紹介したまついなつきさんの「しあわせ占星術」も、地元の本屋さんで突然見つけました)。
 それは、そのときのわたしに必要な内容が書かれた本です。必ずそうです。
 普通のやり方で情報を探しても、わたしの経験と頭ではこの本には行き着けなかったと思います。

 様々に分かれた仏教の成り立ちそのものに興味がある方は、この本をお読みになるとかなり理解が進むと思います。
 それぞれの宗派などの立場を超えた部分で、客観的に考えることができるのだと思います。
 すごくおすすめだと思います。
 
 後半に読誦のためのお経の解説も少しあり、わたしも「般若心経」を暗誦できるようになりました!(まだ途中でつまってばかりですが、最後までだいたい頭に入りました!ヾ(o゚Д゚)ノィャッホィ♪)

 「バウッダ」は、サンスクリット語で「ブッダを信奉する人たち(Bauddha)」という意味だそうです。
 
 

 
 



 

テーマ : 仏教・佛教 - ジャンル : 学問・文化・芸術

つれづれ日記。(週刊文春 夏の特大号)

 昨日の青空↓
150806sora.jpg
 雲一つない。
 星空も好きですがこういう空も好きです。夕空も朝焼けも好きだし曇り空だってときにはいいです。

 先ほど夫が帰宅しました。
 また部屋の中に大きなくしゃみの音が響くようになったな、、数日、ほんとに静かだったと思います。

 義母の入院の日程が早まり、来週の頭になったのですが、手伝いに行くかどうかなどはまだ未定です。
 なんと、脇の下や脇腹に、外から見てもはっきり分かるおにぎりくらいの腫瘍ができていたそうで、、、お義母さん、ギリギリまで音を上げなかったんだなと思いました。。。(たぶん再びの入院がイヤだから?)
 5月の退院時にはそんなものなかったのに、、ものの2~3ヶ月でそこまで育つってすごいですよね。。
 年齢の高い人はガンが進むのは遅いと聞きますが、個人差があるのですね。。
 治療が効けばいいです。やれるだけやろうという感じでいます。

 ***

 夫がいない間、一人で気楽にしていました。食事はスーパーのお惣菜を買ったり普通に一人分自炊したり。そんな気になれないので外食とかはしませんでした。

 さっき、夫を隣の駅まで迎えに行くことにして、支度のために鏡を見たら、、、なんか眉毛がモサモサしてる(笑)。そういやこの3日間あまり真剣に鏡を見ていなかった(笑)。
 だらしねーなー(笑)。
 慌ててカットしました。

 ***
 
 駅で夫の到着を待っているとき、コンビニで買った「週刊文春」の今店頭に出ている「夏の特大号」を読んでいました。

 1月にフランスでシャルリー・エブド紙が襲撃されたすぐ後に、読売新聞のインタビューでとても参考になるコメントをいち早く出してくださった、フランス人歴史人口学者のエマニュエル・トッドさんとジャーナリストの池上彰さんの対談を読みたくて、久しぶりに買いました。
 
 トッドさんは最近「『ドイツ帝国』が世界を破滅させる」という本を出版されて日本でも売れているようですが、興味はあるけれどきっとそれを買って読むところまではいかないかなと思ったので、、文春でざざっと最近の見解を読ませていただこうと思いました。
 (池上彰さんは聞き役に徹しておられ、要所要所で分かりやすい質問をしてくださって、、こういうの、たぶんトッドさんからすると新鮮なんじゃないか。。。自分のインテリらしさを押し出さない聞き手って、フランスにいるのかしらとか思ってしまった。わたし池上さん嫌いじゃないんです。。)

 「日本の問題は孤立にあるが、それが日本のユニークさになっている」という話は、少し希望を持てることかなと思いました。他国と地続きじゃない島国ですから、どうしても特殊なんですよね。。
 「東洋にありながら文明的には西洋的な日本は、西洋の中で各国の文化の相違や多様性を認めるように働きかけていくことができる」とのことでした。
 そういうことを言ってもらえると、なんかその気になりそうな。。? 
 「一肌脱ぐかー」みたいな気になっちゃうとか? 
 日本が世界(西洋?)の中でそんな風に立ち回れたらすてきだと思いますが、、そういうことって、少し勇気のいることですね。
  
 でも希望は捨てずにいたい。。
 わたしの最近のテーマなんです。最近ていうか、ここ数日で始まったテーマ(笑)。
 「希望」を心に持つ。

 「週刊文春」、まだ全部読んでませんが、阿川佐和子さんと、女性漫才師の今くるよさんの対談が泣けました。。。
 どやさぁ!!

 ***

 夫のいない数日、いろいろ考えたり思い出したり、泣いたりとか(いい歳してすみません)していたので、心が飽和状態のように、少しなっているかもしれません(夢も印象的なものをたくさん見ました)。
 
 ブログに書きたいことは少し溜まっているのですが(UFOのことや、読んだ仏教の本の感想など)、今夜はつれづれ日記でいいやと思いました(笑)。
 

 

 
 

 

ベランダで滂沱

 今夫が金沢に行っています。義母のガンに転移があったためです。
 主にリンパのほうに転移があるようです。
 昨日医師の説明を聞き、お盆明けから抗がん剤治療をすることになりました。でも、どれだけ効果があるかは人によるから分からないとのことです。 
 入院の必要はあるようで、期間は分からないですが、わたしもまた行くことになるかもしれません。まだ分かりません。

 ***

 いきなりこんな話で、読んでくださる方に失礼となるのでしょうか。盛り下がるっていうか? それとか、内容的に「直接的」すぎるでしょうか。
 これでも一応、どうやったら読者の方が喜んでくださるのか(また読みたいと思ってくださるのか)、という視点は持っているのですが(汗)、、あまり頭がよくないので、よく分からんのです。書いてる自分も納得できないとしょうがないってのもあるし(そういうことを書くからいけないのか?)。
 分からん分からんとばかり書いておるな。。。

 ***

 やはりいろいろ考えてしまう部分はありますし、義母のことだけじゃなくて、自分のことでも最近思うことがいろいろとあるので頭は忙しいです。相変わらず思い出していることもたくさんあります。
 これは前にも少し書きましたが、この春から、ものすごくたくさんのことを思い出していて、バラバラだったピースが集まってきて自分の中で統合されてくる感覚があるのです(たぶんウツも経験した30代の頃に、いろいろと自分でバラバラにしてしまったものがあるんです)。

 少し感情的になったりする面もありますが、友人たちから強力なサポートを得ていて、そのことにも少し驚いています(バラバラにしたが故に、自分にそういう機会があると思っていなかったから。でも、たぶん友人たちはそんな大げさに考えてそうしているのではなくて、タイミングが妙に重なっているということなのだと思います。そういう部分も含めて、そういうことってあるんだと思うとほんとに不思議になる)。

 ***

 ゆうべは先月末に会った友人が、「UFO見たからみのちゃんも空を見てみて」と連絡をくれて(笑、まじめな話ですよ)、ベランダに出てみました。
 でも見えなくて、でも友人が見てくれただけでも嬉しかったのですが、「一つの星を見ているとそこから流れるように出てくる」というアドバイスをもらい、再度挑戦。
 すると、、、流れてくるほどではなかったけれど、同じ場所で光の閃光が間を空けて3回あって(大きさはすごく大きな宵の明星くらいの大きさ)、、それは移動するものではなくて、、飛行機や人工衛星じゃないと思う!
 今まで見たことないタイプの現象でしたが、なにかきっかけを掴んだように思えて(友人によると、それはUFOからのお知らせだそうです)。
 ベランダで滂沱ですよ。。。。
 いえ、7月に世界の情勢がいろいろとすごくて日本も大きく動いて、ちょっと憂鬱になるくらいだったのです。
 でも、まだ希望を捨てなくていいんだなと思えるんです、こういうことに遭遇すると。
 こんなことを書くと「頭大丈夫?」と言われるかもしれないのですが、、まじめな話なんです、本当に。

 (世界の「支配層」は、宇宙空間での「戦争」も視野に入れています。ここ数年で急に宇宙空間での多国間ミサイル攻撃に備えるという話題が表に出てきています。自民党のマニフェスト案の中にも宇宙空間の防衛と情報分野の技術開発についての計画があります( そのPDFファイル )。「情報公開プロジェクト」のグリア博士によると、「支配層」は多国間の戦争ではなく、最終的に地球外文明に対する攻撃をしようとしているとのことです。これは、「陰謀論」ではなくて、悲しいかな、現実です。そのことの、元軍人などからの証言がたくさんあるのです。YouTubeで見ることができます ( こちら ) )

 最近読んだ本によると、宇宙人(地球外文明から来た「人(知的生命体)」たち)は、凶暴で欲深い支配層へのコンタクトでは問題が解決されないと悟り、平和主義の一般民衆との地道なコンタクトを重ねる方向に行っているとのことです。
 ちょっとこの本のタイトルは軽いけれど。。内容はなかなか濃かったです。
  

 また深刻な(盛り下がる?)ことを書いてしまいましたね、、でもすごく大きな問題なので、微力ながら情報を広める手伝いをしようと思っておるのですよ。。。

 ***

 まあ、地球外文明のことも大きなことですが、わたしはそもそも「星空を見る」ということが好きです。 
 だからチャネラーになったと思うし。星占いも好きです♪
 これは大好きな曲。シンガーズ・アンリミテッドの「So Many Stars」


  夜明けには夢が満ちている
  どれがわたしにぴったりの夢かしら
  人は星に自分の夢を重ねる
  ああ、ほんとにたくさんの星たち
  風の中には歌が満ちている
  どれがわたしにぴったりの歌かしら
  人は星に自分の歌を重ねる
  ああ、ほんとにたくさんの星たち

 と歌う歌です。心が柔らかくなる音楽です。もう一回聴こう。。。。。

 あとは、拾い物の星空の画像をいくつか。

 わたしは満月より三日月が好きかも。。。↓
150804moon.jpg
 
 こんな場所に行きたい↓
150804woods.jpg

 ここは新婚旅行で行きました!↓
150804tekapo.jpg
 昼間に一瞬散策しただけだけど。。。ニュージーランドの南島、テカポ湖のほとりの「善き羊飼いの教会」です。

 この絵は都内の美術館で実物を見ました!↓
150804gogh.jpg
 ゴッホの「ローヌ河畔の星空, 1888」です。この絵のクリアファイルを、タロット占いの資料入れにしています☆



 
 
 
 
  

テーマ : 人生を豊かに生きる - ジャンル : 心と身体

今週の12星座別タロット 8/3 ~ 8/9

 先日夫が買ってきてくれたミニブーケ↓
  150802rose.jpg
 暑いからすぐにへたってしまいます。写真撮っておいてよかった。

 昨日の日記はほんとになんでしょう、、すみません。
 軽く現実逃避かなあ、と。。
 満月はパワー強すぎるからちょっと苦手なのは本当です。
 でも、、地球の人類の文明とその未来が「待ったなし状態」であることは事実であり、、
 そんな中でも、個人レベルでいろいろなことは起こります。

 昨日は夫と義母と義姉が好きな浅草今半の佃煮を買いに行ったりしていました(義母は食欲は多少あるようなので)。
 その帰りに氏神さんにもお参りしました。 
 最近氏神さん行ってなかったから少し反省しました。ごめんなさい。。

 今朝はわたしの携帯が夫の携帯に電話発信の誤作動を起こしました(夫はもう職場に行っていた)。
 まあちょっと、夫もわたしもナーバスになってきているかなと思うので、影響してしまったのかなと思ったり。

 ちょっとネタとして先に書いてしまいますが、今日のタロットのわたしの星座である山羊座が、先週と同じカードで「5 of Pentacles」なんです。
 これ、タロット78枚の中でもわりとシビアで有名なカードでありまして。。(汗)
 先週、これ引いたとき「えー、週末奈良に行くのにヤだなあこのカード」と思っていたら、まあ、ちょっとそんなことも言っていられないということになりまして。。しかも今週も続いてしまいました。
 これ、わたしの個人的なことが反映されてしまっている可能性が高いので、、読んでくださっている方の中で山羊座さんいらっしゃいましたら、、ほんとすみません。あまり気にせず、ご自分の人生に集中されてくださいね。。
 たぶん、引き直しても同じような結果になるのではと思えたので、そのままにしています。
 義母のことは、あまりいい話にはならないと思うので、個人的にはこのカードは当たってるのではと思っています。
 なんかため息出ちゃいますね。。いや、すみません。。

 ***

 今週のタロットに入りますね。

 今週、占星術的には絶賛獅子座祭り!
 太陽が獅子座、水星も獅子座(8日に乙女座に入りますが、週末ですので)、金星も獅子座(逆行中)、火星は蟹座から獅子座にめがけて進行中(9日に獅子座入座)、木星獅子座(今週で木星獅子座がラストとなります)。土星は蠍座。
 なんというのか、、、すごいですね。
 獅子座は去年の夏から木星が入座していて、12年に一度の幸運期とされていましたが、ラストにここまでってすごいですね。
 
 もうとにかく、これは、自分の人生一度きり、自分が主役だ、ということで、ドラマチックに自分を奮い立たせる気概を持つ、、すべての星座の人が、そういう心持ちを持つことは悪いことではないのではないか。。獅子座が強い時期ですので、獅子座的なエッセンスを自分に取り入れるということです(もちろん個々の星座、個人個人で星回りがありますから、それぞれの運気や課題は別ものとしてありますが、全体的なエネルギーを取り入れるのは悪くないと思うんです)。
 獅子座の守護星は太陽なのですが、真夏の8月が獅子座の季節って、ほんとによくできてるなあと思ってしまいます(南半球は季節が逆になるのですが、、寒いから太陽を恋しがるということも言えるかも?)。

 しかし、先週・今週あたりに新たに地球に生まれる子はすごいですね。。この人が「他者感覚」を育てることは大変かもしれない。。少しバランスを欠いてしまう部分はあるのだろうなと思います(夫の友人で蠍座に星が5つある人がいますが、やはり少し特殊な性格をしていらっしゃいます。星占いと照らし合わせると「なるほど」となるんだけど、そうじゃないと「??」ということも多いかも。。)。
 そういう、いろんなタイプの人が世の中にいて、みなで社会を作っているというのは、なかなか大変なことですね。

 タロットのほうは、火の星座になかなかパワフルなカードが出ました。獅子座は逆位置ですが、インパクトはけっこうありそうです。
 7月にはずっと星がいて変化を味わったかもしれない蟹座さんは、今週最後の火星が抜けて気楽な状態に戻れるかな。「完成」を意味するこれもパワフルなカードでした。
 今週は星の配置とそんなに矛盾しない内容に思いました。山羊さんはほんとすみません。。
 出なかったカードの種類はなかったです。ソードが少ないかな。暑さ(情熱)に疲れたら理論的に考えるようにしてもいいかも?

 
  
  スザンヌ・スターのユニコーンタロットによる
  12星座別今週の一言メッセージ

    8/3 ~ 8/9

  150802tarot.jpg
 上段左より 牡羊座・牡牛座・双子座・蟹座 / 中段左より 獅子座・乙女座・天秤座・蠍座 / 下段左より 射手座・山羊座・水瓶座・魚座 という並びです。


  ☆牡羊座(3/21-4/20)☆
    Knight of Rods:ダイナミックでエネルギッシュになれるとき。旅行運も◯。

  ☆牡牛座(4/21-5/21)☆
    6 of Pentacles / R:気前よくなりすぎるのも考えもの。まず自分の財を守って。

  ☆双子座(5/22-6/21)☆
    4 of Cups:過去の失望感に縛られている暗示。大切なものは足下にあります。

  ☆蟹座(6/22-7/23)☆
    The World:なにかが達成、成就します。旅行運もよいのでお出かけすると◯。 

  ☆獅子座(7/24-8/23)☆
    2 of Pentacles / R:方向転換するなら今。心に決めていたことを実行できそう。 

  ☆乙女座(8/24-9/23)☆
    7 of Cups:気持ちが混乱しやすいとき。大きな決断は判断材料が揃ってからに。

  ☆天秤座(9/24-10/23)☆
    Temperance / R:強く忍耐が求められています。何もしないのが得策という場合も。 

  ☆蠍座(10/24-11/22)☆
    5 of Rods / R:傷が癒えつつあります。ケンカや競争も一段落。深呼吸を。

  ☆射手座(11/23-12/22)☆
    The Magician:判断力上昇。なにかで障害があっても意外な形で解決されそう。

  ☆山羊座(12/23-1/20)☆
    5 of Pentacles:低調運。あがかず耐えるしかないかも。時間が過ぎるのを待って。

  ☆水瓶座(1/21-2/19)☆
    Ace of Pentacles:仕事運吉。なにか新しいプロジェクトなど始めるのによいとき。

  ☆魚座(2/20-3/20)☆
    Knight of Swords:頭が冴えるとき。説得力が増すので主張はしておくのが吉。


 よろしかったら一週間の参考にしてくださいね♪



 
 
 
  
 

テーマ : 占い - ジャンル : サブカル

(たぶんブルームーンによる)はいてんしょん日記。

 今午前1時過ぎですが、今夜は「ブルームーン」という特別な満月なのだそうです。

 ベランダから撮ってみた↓
  150801moon1.jpg
 
 この「ブルームーン」というのは、一ヶ月の間に満月が2回ある月の後の満月のことを言うそうです。日付変わりましたが、満月きっかりはゆうべの19時半過ぎなので、7月に満月が2回ってことですね。
 でも、、、盛り下げること言いますけどぉ、、占星術的には、同じ星座で満月2回のほうが「おお!」という気がするような気がする。今暦見てみたら数年に一度ずつそういう時期もあるようです。2008年の牡牛座太陽ー蠍座月の時期はわたし自身もいろいろあったような気がする。。うーん。

 満月はハイテンションになるので、ほんとはあまり得意ではないです。

 そういえば、昨日すごく奇妙なことがあったのです。
 最近ある友人に連絡しなくては、、、と強く思いながら、見送ってきたということがあったのですが、そういうときはその友人もわたしに連絡を、と思ってくれていることが多いようなんです。
 それで、今朝夫の朝ご飯を作るためにいったん起きたら(その後二度寝します。。)、その友人から携帯に5時44分に電話があり、留守電に無言のメッセージが5分ほど入っているのに気づきました。
 その友人とはいつもメールでやり取りをしているので、電話は使わないんですけど。
 確認のメールをしたら、やはりその時間は友人も寝狂っていて、しかも携帯はカバンの中に入れていて絶対にいじってないそうで、まあ、誤作動なんですね。彼女の携帯にも発信の履歴は残っていたそうです。
 そういうことが、この友人との間に何回かあります。
 なんていうのでしょう、、テレパシーってあるんだなと思います。それで、波長が合うと、携帯を誤作動させるくらいには影響が出てしまう(? 推論ですが)。
 だから、、そういうことって気をつけないといけないんです。
 人と心を通わせるということ。
 心してやらないといけない。

 あらま、わたしったら何言ってるんでしょうね!

 でも全部ほんとのことなんですよ。。。科学的な原理は説明できないけれど、ほんとにあったことなのさ。。。

 ブルームーンという特別な満月の日だから起こったのでしょうか!

 ***
 
 テンションがおかしいので、先ほどベランダからお空に向かって
 「地球人バカでごめんね〜〜! バカなのに核兵器とか作ってごめんね〜〜! すぐ戦争したがってごめんね〜〜! 『カネカネカネ〜〜』でごめんね〜〜! すぐ人と比較するからいけないの〜〜! でも見守ってくれていてありがと〜〜〜」と心の中で思いっきり叫んでおきました(こんなこと書いてると「人類の代表のつもりか」って疑問を持たれてしまうかな。。でもそんなんじゃなくて、みんなこう思わないのかなって思うくらいですわ)。 
 UFOは現れず。
 うざがられているのかもしれない。でもめげないぞ!

 あらまあ、またもやおかしなことを書いてしまいましたね!
 でも半分は、まじめなんです。 
 だってもう、こういうこと、冗談でもオカルトでもトンデモでもなく、ほんとに「真実」となってきているんですよ。
 社会的地位の高い人々が情報を出してはじめているんですから。。
  

 ***

 昨日はかかりつけ医に行って、アレルギーの常備薬を多めにもらっておきました。
 またいつ金沢に行くか分からないかなとも思い、、ないと困るので、行けるときに行こうと思ったり。
 
 てくてく歩いて行ったのですが、暑いので、布の内側に高分子吸水ポリマーシートを入れたスカーフを首に巻いて出かけました。冷たさが持続するんです。
 奈良に行ったら使おうと思ってたやつ、、地元歩きで使ったぜぃ!
 「しろくまのきもち」というものです。
   
 わたしのは赤の中にペイズリー模様のものです。

 ほぼ35度くらいの中を歩きましたが、これがあるだけで楽に感じられるかも。
 くり返し使えるそうですが、汗も含んでいくから一夏限りの商品かもしれませんね。
 安いからそれでもいいかも。
 おすすめです。
 
 *おまけ*
 おとといの夕暮れの中の月↓
  150801moon2.jpg

  
 
 

 

 

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記