よい映画を観ました。

 母のいる病院に咲くバラ↓
  151231rose.jpg
 
 病院近くの線路↓
151231sennro.jpg
 この景色が好きになってしまった。
 
 昨日の空:1↓
151231sora1.jpg

 昨日の空:2↓
151231sora2.jpg

 夫からうつされた風邪が少し残っています。風邪薬が効いている間は症状が抑えられるので、薬ってすごいなと思います。その間は寒気が緩和されるのが大きいなと思います。
 
 やはりブログになにを書いていいのか分かりません。
 だったら書くなよとも思うけれど、書かないでいるのも違うのかなと思っています。
 
 さきほど、録画しておいた映画、小津安二郎監督の「秋日和」を観ました。
 よい映画でした。おもしろかった。
 小津映画はテンポがよいですね。

 
 よい映画を観ると心が潤うなと思いました。


 

 





  
 
 
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

今年はあと3日らしい。

 昨日の買い物の道すがらの空↓
151229sora.jpg
 
 道すがらのサザンカ↓
  151229sazannka.jpg
 盛りが過ぎて、そろそろ花の数が減ってきているようです。
 木の下に落ちている花びらがたくさんで、色鮮やか。

 気がついたら今年も今日を入れて3日しかなくて、信じられません。
 お正月らしい準備は全然していません。
 各所を掃除をするとき、いつもより念入りにして、少しだけ模様替えもして、多少スッキリしたくらいです。
 おせちも今年はやりませんでした。去年がんばったけれど、もうメニューを考えることもできないし、お正月用のかまぼこなどを買ったりするつもりもありません(それを買おうかどうしようか考えることも面倒なのです!)。
 母が入院してから、実家で料理して兄と食事をする機会も増えて変則的になっているので(実家といえども、自分のキッチンではないキッチンて使いにくい)、おせちまで気がまわりませんでした。
 もうこのまま、正月に突入だと思います。
 年明けてしばらくすると、わたしか夫が数日金沢入りすることになると思いますので(日程がまだハッキリしない)、少しバタつくのかなと思われます。
 もちろん母の見舞いもあるので、普段のお正月とは違う気持ちなのですが、これも貴重な経験と思って切り抜けようと思います。
 
 夫が風邪を引いて、それがうつったようです。
 悪化させないように気をつけなくては。
 このブログを読んで下さる方、みなさまにおかれましても、忙しい時期ですからくれぐれも体調気をつけて下さいね。


 
 
 
 

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

今週の12星座別タロット 12/28 ~ 1/3

 母のいる病院近くの小川↓
  151227ogawa.jpg
 わたしが子供の頃は、都下多摩地区のこういう小川はどぶのようだったけれど、今は水がきれいになっています。
 昔より悪くなっているように思えることはあるけれど、よくなっていることもあるんだなと今、思いました。

 小平の駅前の花壇の葉牡丹↓
  151227habotan.jpg
 去年もここの葉牡丹、写真に撮ったような。。。(笑)
 好きな色合いです。
 わたしにとって、この色合いの音楽はこれです、頭の中を流れています↓

 ショパン プレリュード13番。

 昨日の夕空↓
151227sora.jpg
 太陽が富士山の横に沈んでいます。たぶん、頂上に沈む日もあるんだと思うけれど、いつだか把握していません。
 今日の太陽は雲に隠れています。

 先週、とうとうブログになにを書いていいのか分からないと書き、直後に自分のホロスコープまで変わってしまい、奈良にも行きまして、今は少し気持ちが落ち着いて、いろいろなことを見直したり考え直したりできるようになってきています。
 身体(心)に溜まっていた「毒」のようなものも、少しは溶けてきているかなという気がします。
 わたしの「新しいホロスコープ」は、それまでのものよりも「当たっている」という風に思えます(それにしても驚きましたが。。)。

 ***

 今週のタロットに入りますね。
 
 まずは占星術からなのですが、、今週、すっごいですねえ。。
 世間的に正月で「年が変わる」だけでも慌ただしさなどありますが、星の星座移動がたくさんあるんです。
 日が早い順から書くと、30日に金星が蠍座から射手座へ、2日に水星が山羊座から水瓶座へ、3日に火星が天秤座から蠍座へ、ということになっています。
 水星は山羊座から水瓶座に入りますが、次の週の5日には逆行になり9日に山羊座に戻るという忙しさで、週末頃にはその雰囲気もしてくると思います。
 太陽は山羊座、木星は乙女座、土星は射手座です。
 先週は太陽移動があり山羊座が強かったと思いますが、今週はこれだけ移動があるので、どの星座が目立つ、という感じではなく(金星が来て土星のある射手座は強まるとは思いますが)、とにかく全体的にわちゃわちゃするという感じなのではないかなと思います。
 来週に控えている水星の逆行も、星座をまたぐエリアであるので、ごちゃごちゃする感じだと思います。
 こうなると、運気というか、全体の気の流れみたいなものが、とにかくたくさん変化するという感じで、個別に星のエネルギーの質の変化を感じられるということはあまりないのかもしれないと思います。すんごく敏感な人なら感じるかもしれませんが、ただただ「うわー」っという渦のように感じられるんじゃないかなあ。。
 こんなもん、どうしたってコントロールできない気がします。
 星一つくらいの移行であれば、その波をキャッチして乗ってしまえと思えるかもしれませんが、わたしはもう、粛々と流されようかなという感じです。戦意喪失といいますか(笑)。
 ピンポイントで乗っかろうというのはアリかもしれませんね。火の星座の強い人が金星射手座移行に焦点を合わせて乗ってみよう、とかはアリかもしれない。
 でも個人的にわたしは、もう「まな板の上の鯉」のような気分です。

 個人的な話を加えさせていただくと、この元日から冥王星が再び山羊座の15度に来て、わたしのネイタル(出生図)の太陽と重なるので、もう、覚悟して待つしかないって感じなのです。
 この「移動中の冥王星とわたしのネイタル太陽(7室)が重なる」というのは今年の春からしばらくあった形ですが、この間にしっかり占い通りにお姑さんがガン発覚して、それからずっとその中にいるので、なにかもうあきらめの境地のような部分があります。
 この「来年早々、再び山羊座15度に冥王星がやってくる」ということにはビクビクしていたのですが、先週いろいろあったためかかえってスッキリし、受け止める気になれたかもしれません。

 わたしはこのように、ちょっと特殊な星の配置を感じながら新年を迎えることになるのですが、多くの人にとっても、この年末年始を挟んだ一週間というのは、運気の変化を感じるものとなるかもしれません。
 ただでさえお正月なのに、すごいですよね。
 星の分布としては、移動などたくさんありますが、バランスはそんなに偏らないので、そういう点でも「目立つ分かりやすさ」はあまりなく、とにかくなんか空気がごちゃっとかき回された、という印象の週になるのかなと思います。
 こういうときは、あまり変に動かずにいるのがいいのかなとも思ってしまいますが、お正月という状況が重なるので難しい部分もあるのでしょうか。
 
 タロットのほうは、うーん、大アルカナ祭りとなりました。6枚って半分ですから多いですよね。
 星のことを考えると、すべての星座が移動の影響を受けると思いますので、だからかなあ。
 今週は、正位置で出ると厳しい意味のカードが逆位置で出て、かえって復調するという意味になるカードがいくつかあったのも印象的です。
 絵面を見るとドキッとするカードが並びますが、内容はそうでもないですよー。
 気になるのは乙女座さんかなあ、、このカードが逆って、ちょっと珍しいように思います。気をつけるとよいかもです。
 「復調だよ」という意味のカードと「慎重にね」という意味のカードが多かった印象、これもおもしろいなと思いました。
 今回はソード(剣)も多く、カップが出ませんでした。
 全体的に気持ちにゆとりがなくなる傾向が強まるのかもしれません。注意したいです。
 
 
  スザンヌ・スターのユニコーンタロットによる
  12星座別今週の一言メッセージ

    12/28 ~ 1/3

  151227tarot.jpg
 上段左より 牡羊座・牡牛座・双子座・蟹座 / 中段左より 獅子座・乙女座・天秤座・蠍座 / 下段左より 射手座・山羊座・水瓶座・魚座 という並びです。


  ☆牡羊座(3/21-4/20)☆
    Death:好む好まないに関わらず重要な変化のとき。前を見て進むしかなさそう。

  ☆牡牛座(4/21-5/21)☆
    7 of Rods:今は踏ん張りどきかも。無駄はナシ、あきらめずに勝利を掴んで。

  ☆双子座(5/22-6/21)☆
    Queen of Swords / R:辛辣で激しい女性に要注意。または柔らかい心を忘れずにいて。

  ☆蟹座(6/22-7/23)☆
    9 of Swords / R:運気回復の兆し。体調もよくなっていきそう。マメに深呼吸を。 

  ☆獅子座(7/24-8/23)☆
    7 of Swords / R:失われていたものが戻ってくる暗示。名誉の回復も可能に。 

  ☆乙女座(8/24-9/23)☆
    The Wheel of Fortune / R:波乱運。ムキになるのは厳禁。急ぐよりも見送るのが◯。

  ☆天秤座(9/24-10/23)☆
    The Chariot:勢いよく進める時期だけど、進む方向を間違えないように。旅行運吉。 

  ☆蠍座(10/24-11/22)☆
    The Fool:感情に支配されがちに。少し考えてから行動・発言するほうがよさそう。

  ☆射手座(11/23-12/22)☆
    Page of Swords / R:社会や権威への反発心が強くなるとき。結論を急ぎすぎないで。

  ☆山羊座(12/23-1/20)☆
    THe Hanged Man:変化のとき。過去の基準を手放し、新しいものが来ると信じよう。

  ☆水瓶座(1/21-2/19)☆
    The Devil / R:運気復調。暴飲暴食やギャンブルなどの悪習慣を手放すことも可能かも。

  ☆魚座(2/20-3/20)☆
    6 of Pentacles:金運安定。経済的援助を得られやすそう。感謝して受け取って。


 よろしかったら一週間の参考にしてくださいね♪



 
 
 
 
 

奈良に行ってきました。

 昨日、日帰りで奈良に行ってきました。
 思うところがあって、年内に行きたかったのです。
 来週だと新幹線など混むと思われたので昨日にしました。クリスマスは関係ありません。ですが、イブの日だったためか日本人観光客は少なかったように思います。
 
 朝6時前に家を出て、11時頃には春日大社参道に着きました。

 飛火野↓
151225tobihi.jpg

 春日の神様へは、お礼参りのつもりで行きました。
 11月の初め、義母の大腿骨骨折の手術のため金沢入りした際に、10月の金沢滞在が大変だったことを思い、ご加護がありますようにと、春日の神様に呼びかけをしてみたところ、瞬時にとても身体と心が軽くなったということがありました。
 その軽さが、11月の金沢滞在中も続いていたように思うので、そのお礼参りです。
 でもお礼だけのつもりが、結局はいろいろとお願いしてしまったようにも思います。
 おみくじは大吉をいただいてしまいました。すごく久しぶりに大吉をいただきました(去年は「凶」が出たこともあったのに)。

 冬毛のしかしゃん↓
  151225sika.jpg

 春日大社は原生林の中にあり、2013年にツアーで訪問したときには時間がなかったエリアまで、ゆっくり歩くことができました。
 小さなお社がたくさんあるエリアがあって、そこにもお参りしてきました。
151225oku1.jpg 151225oku2.jpg
 ですが、こちらのエリア、「奥の院」というエリアなのですが、春日大社のサイトで確認したら、きちんと受付をしてお参りするべき場所だったようです。
 そうとは知らず、勝手に気のおもむくままに進んでしまいました。
 きちんと調べておかないとダメですね。またやってしまった、という感じです(いつも勢いあまってしまう)。
 
 人がいない林の中を歩くのは気持ちがよかったです↓
  151225kasugamiti.jpg
 この上の写真の道を進むと普通の道に出たのですが、自分がどこにいるのか分からなくなっていました。
 幸い看板などで場所が把握できましたが(新薬師寺の近くらしかった)、奈良公園エリアからはずいぶん離れてしまったようで焦りました。
 途中、人に道を聞き、バスが走る道に出られたのでホッとしました。

 奈良公園エリアに戻り、興福寺にお参りしました。
 こちらは、お詫び行脚という気分でしょうか。いただいたご縁に対して、今まで(いつの間にか)非礼を働いてきたと思うので、そのためです。
 今までいろいろなお話を聞いてきて、改めてこの場にくると圧倒されます。

 北円堂の前に行くと、本当に「ごめんなさい」としか言えなくなりました。
 
 境内には「利益(りやく)を得る手段と、永遠なる平安におもむく手段は別である」という法句経からの言葉の看板がありましたが、この言葉も刺さるものがありました。

 南円堂前では、他の参拝者さんの邪魔にならぬよう、少し脇にそれて、声には出さないで(勇気がなかった)般若心経を唱えました。
 お腹が暖かくなりました↓
  151225nannenn.jpg

 その後、東金堂と国宝館で諸仏(仏像)にお参りして、五重塔を目に焼き付けました。
 とにかく初めて観たときから、この塔にずっと、引きつけられているのだなと思います。
 生きてるんだと思います↓
  151225gojuu2.jpg
 
 30代の頃、インドネシアのジャワ島中部の昔の因習の残る地域へのスピリチュアル・ツアーに何度か参加したことがあります。
 そのツアーで、ジャワ島の奥地にある、「生きている(「神」が本当に宿っている)遺跡」に案内していただいたことがあります。
 数百年前の仏教か、ヒンズー教の遺跡です。石でできています。
 ボロブドゥール遺跡やプランバナン寺院群などより、もっと奥地の、地元の人しか知らないような場所です。
 そこで、各自がお願いごとをする、小さな儀式のようなことをさせていただきました。
 その遺跡の中に入って、ぐるぐる周りながら歩くというものでしたが。
 そのツアーでは、現地のチャネラーさんも同行してくださいましたが、その方もその「生きている遺跡」には感銘を受けていらしたようだし、わたしもなんだか、すごく安心できる「おじいちゃんち(おばあちゃんち)」にいるような気持ちになって、子供のように嬉しくなりました。
 「おじいちゃんちにいる」んじゃないんだな、おじいちゃんに抱きしめてもらってる感じです。

 興福寺の五重塔が、それとまったく同じかどうかは分かりませんが、そことなにかが似ています。 
 もこもこしているんです。オーラのようなものが。目に見えないものが。
 もこもこもくもくして、うごめいているなにかが感じられるのです。
 
 こんなことを書いてしまうのはいけないのかもしれません。
 でも、自分がこの五重塔に引きつけられるのは、そのためだというのは、ずっと思っています。
151225gojuu1.jpg

 猿沢池と五重塔↓
151225sarusawa.jpg

 ここまででけっこう歩いたし、家からずっと何も食べていなかったので、遅いランチをしました。
 知らない街で、一人で飲食店に入るのって、少し勇気がいりますね。
 ならまちで、「ピアノ」という名前のイタリアンがあったので、そこに入りました。
 おいしいお店でした↓
  151225piano.jpg
 ピザのお店でしたが、リゾットを頼んでしまいました。
 久しぶりに、とってもおいしいリゾットでした。家であれは作れん。。
 ちなみに、よさそうなお店だったので、お酒(アマレットソーダ)を頼んでしまいました。

 少しほろ酔いになって、最後に開化天皇陵にご挨拶をして、奈良をあとにしました。
 ここも好き、なぜか↓
151225kaika.jpg

 8時頃には帰宅できました。
 充分一人で日帰りできると分かりました。 
 今年中に行くことができてよかったです。


 

 
 
 

25年信じていたものが変わる

 いつだったかの空↓
  151223sora.jpg
 今日はとっても寒いです@東京都下小平。

 ゆうべは夫が忘年会で、わたしは実家で夕飯を作って兄と食べました。
 それで、母の入院に関して調べることもあったりしたので、実家の重要書類などを見直していたんです。
 それらの重要書類が入る箱の中に、兄とわたしの生まれたときの母子手帳が入っていました。
 「まだ取っておいてたんだ〜」と言いながら、お互い自分のものを見直していたのですが。

 西洋占星術では、「出生図」と言われるものを作るのに、出生時間が必要になります。
 わたしは1972年の1月6日の16時生まれでした。
 だと思っていました。
 が、母子手帳を見直したら、16時30分が出生時間になっていたのです。
 
 占星術では、時間が30分ずれると、けっこういろいろなことが変わります。
 天体が入る部屋、ハウスと言いますが、その区分けが変わるのです。
 わたしは、その区分けの線に近い場所に、重要な星があるホロスコープ(出生図)でした。
 それで焦って、すぐにネットで天体位置などの計算をしたのですが、、18才で初めて自分のホロスコープを作ってから、ずっと「こうだ」と思っていたものが、けっこうずれていることが判明。
 ネガティブな部分というか、人生の大きな課題だと思って悪戦苦闘していた部分が、ずれていたんです。
 具体的に言うと、4室のカスプに近い乙女座の月と、MCが真正面である部分。わたしはアセンダントが蟹座なので、月の影響は大きい。その月が、3室にずれました。
 今までの、母との格闘。。その根拠だと思っていた部分です。
 でも、10月の金沢以降、母との関係もなんだか変わったように思っていたのですが。
 そこまで深刻なものではなかったとは!

 ほかにも、6室にいると思っていた海王星が5室に入ってきて、それによるとわたしは芸術的な人間なのですって。
 そういう部分はもう半ばあきらめてたのですが。。
 その他、細かくずれる部分があります(各天体がどこの星座にいるのか、その天体同士でどういう角度を形成しているのかという部分では変化はありません。天体がいるハウスの部分が変わりました)。

 兄に話していたら兄にもあきれられましたが、「占いに振り回されてるな」と。

 でも、、25年以上、そういう自分なんだなと思っていたのですよ。
 でも、ここにきてそれが少しずれて、あれれ、という感じです。
 でも10月以降、自分に対する「あれれ」という感覚は、けっこう出てきていたのですが、、自分のホロスコープまで変わるなんて、想像もしていませんでした。

 それまで人生の課題だと思っていた部分は、違う形でやはり新しいホロスコープに表されました。
 4室と10室が「インターセプト」のサインとなるので、社会に適応したり自立するのに時間がかかるのです。
 その根拠を母親との関係と考えていたのですが、もっと違う意味がありそうです。
 今、教科書とにらめっこしています。

 わたしが元に採用していた出生時間の16時ちょうどというのは、わたしのへその緒が入っていた桐の小箱に書かれていた時間なのです。
 それで確認したのだから、正確なものだと思ってしまいますよね。。。
 でも、母子手帳をよく見ると、生まれたのは16時30分、「破水」したのが16時ちょうどということのようです。
 もしかすると、出生時間も破水の時間も、数分レベルでは誤差があるのだろうとは思いますが、破水の時間が16時ということなので、16時30分のほうが、実際に生まれた時間に近いのだろうと思います。
 たぶん、月が3室に入るのは確実だし、そうなるとMCとの180度もたぶん無効になります。
 
 今さらこんなことになるなんて、驚きです。驚きすぎていて、呆然とします。
 25年越しですから。。。
 人生って、本当になにがあるか分かりませんね。。


 
 

 
 
 
 

テーマ : 占い - ジャンル : サブカル

「転換期」かなと思う。

 今しがたの空↓
151222sora.jpg
 太陽に向かってiPhoneで写真を撮るとき、まぶしすぎてどう映っているのか全然分かりません。
 そんなものを載せてしまっているのですが、、画面を見ると、まあ載せてもいいのかなあと思ってしまいます。

 ここのところ、ブログになにを書いていいのか分からなくなっています。
 先週まで、それでも書こうと頑張っていたのですが、、ここ最近は自分で書いていて、ちょっとなあと思うようになっていました。
 ブログを書けることが、自分の「喜び」にはなっていなかったのです。
 自己満足のために書いているのかという批判があるのかもしれませんが、、やはり、そういうものがまったくないと、続けることはできないというのが、正直な気持ちです。
 今まで14年以上ネット上に日記を書いてきているのですが、定期的にそのような感じにはなっていました(年に小さく2~3回ある気がする)。
 でも今感じているものはけっこう大きな規模なような気がします。
 2~3年に一度来るような大きさです。

 本当はたぶん、10月の金沢滞在で、一つなにか区切りがついたというか、そこで一つの「切り替わり」があったのだと思います。
 でも、自分にとってはあまりに大きな経験だったので、気持ちの整理がつかないまま日々が進んで義母が怪我をし再入院、そして母まで怪我をして入院となり慌ただしく、その「区切り」に向き合う気持ちになりませんでした。
 でもちょっと、、今の自分の状況というのは、大きな一つの変化を感じるものなのではないかなと思います。
 よい方向へ変わるのか、ダメになってしまうのかは分かりませんが。

 「原動力」の問題なのかな、と今思いました。
 ここ2~3年あった、目標というか、原動力に、今、自分が突き動かされなくなっているのを感じているのかもしれません。
 3年前くらいに自覚していた目標とか、原動力が、今もう「有効」ではなくなった、という感じでしょうか。
 それはとっくにそうだったのかもしれないのですが。。。
 
 新しい原動力がなんなのかは分からないのですが、なにかその「しっぽ」のようなものは見えているかもしれません。
 でも、自分の行動や言葉が、まだそれに追いついていないのかなという感じがします。
 でも、、その「しっぽ」は、この夏くらいから見えていたものかもしれません。
 時間がかかるなあ。。。。
 習慣化しちゃったなにかがあるんだよねえ。。。

 わけの分からないことばかり書いていてすみません。
 
 ちょっと、そういうことに向き合いながら、年末年始を過ごしたいかなあという気がしています。
 

 
 
 
 
 

今週の12星座別タロット 12/21 ~ 12/27

 おととい撮った空というか富士山↓
151220fujisan.jpg
 冬は木立の葉も落ちて、シルエットがきれいに見えます。
 うちの窓から見える木々は、葉がきれいに落ちています。すっかり冬の景色です。

 昨日、近所の緑の多い人気のない小道を進むとき、少し小走りをしてみました。200mくらい(笑)。
 走れることって素晴らしいな、などと思いながら。
 当たり前のことすぎて、そういうことがよく分からなかったかなあと思ったりもします。
 でも、普段走っていないし、転ぶとイヤなので200mくらいでやめました。ははは。
 
 「一寸先は闇」という言葉も最近身に染みています。

 ***

 今週のタロットを更新しますね。

 今週は動きのあるときです。
 射手座にいた太陽が山羊座に移行。22日です。22日は冬至でもあります(山羊座は冬至の日から始まります、同じように蟹座は夏至から。春分の日は牡羊座が始まり、秋分の日は天秤座が始まり、この4つの星座は「活動星座」と言われます)。
 山羊座には今、水星がいます。
 なので山羊座がけっこう表に出てきますね。。。そして、一番遠い冥王星も山羊座なんです。
 わたしは山羊座なので、くわばらくわばら、という感じなのですが。。
 クリスマス前は華やかな感じですが、山羊座に太陽が入ってくると「年始年末」モードとなり、空気もピリッとしてくる感じかなと思います。帰省する人も多いのでしょうか、けっこう「表の顔」で頑張る時期かもしれません、太陽山羊座の時期というのは。
 個人的なことより、社会的なことが気になる時期というか。。
 これは毎年同じです。
 お正月と「山羊座」が重なるってなんだかすごいなと思ってしまいます。いえ、これも当たり前のことなのですが。。改めて考えると。。。
 金星は蠍座なので、一途な感じ。
 火星は天秤座ですから、バランス取ることにムキになる?(ゆえに中心が見えない?)
 木星は乙女座、きちんと分析して備えたいし、土星の射手座は、視野を広く取ることで困難に対処しようとする?
 なんだか、今年の年末年始はまじめな感じかなあ、やはり。
 「ウェーーイw感」は少ないように思うのは、わたしが今こういう状況にいるからなのでしょうか。
 ぎちぎちになりすぎてもマズいんですけどね、、そのあたりは射手座土星に頼りたいかなあ。。
 なんつっても山羊の冥王星がなあ、、土星押しのけるよねえ。。。。。(滝汗、これは個人的なことです)

 タロットのほうは、今週もカップが多めでした。4枚です。次に大アルカナ3枚。
 木星がいる乙女座さんいいですね。太陽が山羊に行きますからね。牡牛座もラッキーカードなので、山羊座以外の土の星座がよい感じ。でも山羊にはプレッシャーがかかるんですかね。。。そして山羊の対岸の蟹座と山羊座が似たカードです。ふぬ。
 射手座の対岸の双子座さんが大アルカナで、なにかが「抜ける」というイメージです。太陽抜けるし? 射手座さんも「抜けた」っぽいカードです。ふむふむ。
 出なかった種類のカードはないのですが、ソード(剣・風の星座に対応)とロッド(こん棒・火の星座に対応)が1枚ずつなので、理性とか情熱とか、「男性性」の部分が薄まるのかもしれません。気をつけないとですかね。。。

 
  スザンヌ・スターのユニコーンタロットによる
  12星座別今週の一言メッセージ

    12/21 ~ 12/27

  151220tarot.jpg
 上段左より 牡羊座・牡牛座・双子座・蟹座 / 中段左より 獅子座・乙女座・天秤座・蠍座 / 下段左より 射手座・山羊座・水瓶座・魚座 という並びです。


  ☆牡羊座(3/21-4/20)☆
    3 of Cups:交際運吉。年末の会合などには積極的に参加して。楽しい時間に。

  ☆牡牛座(4/21-5/21)☆
    10 of Cups:好調運。家族愛、恋愛において打算のない真実の想いに触れられそう。

  ☆双子座(5/22-6/21)☆
    Justice:問題がよい方向へ向かう暗示。公平な態度を心がけることがカギ。

  ☆蟹座(6/22-7/23)☆
    King of Swords / R:理詰めで容赦のない男性に要注意。自分もそうならずにいて。 

  ☆獅子座(7/24-8/23)☆
    7 of Rods / R:踏ん張りどき。あきらめずに耐えてトンネルを抜けましょう。 

  ☆乙女座(8/24-9/23)☆
    Strength:体調良好。少しの運動や活動的にすることでさらに運気がアップしそう。

  ☆天秤座(9/24-10/23)☆
    The Emperor:堂々とした態度でいることが求めらています。慌てず騒がずが◯。 

  ☆蠍座(10/24-11/22)☆
    2 of Pentacles:2つの責任の中でバランスを取る必要性。しぼるのはもう少し先に。

  ☆射手座(11/23-12/22)☆
    5 of Rods / R:難しい局面は終わっています。少し静かな時間を取ると◯。

  ☆山羊座(12/23-1/20)☆
    King of Cups / R:嫉妬深い男性に要注意、または疑い深くなりすぎないよう要注意。

  ☆水瓶座(1/21-2/19)☆
    9 of Cups:満足はしていてもどこか物足りないというとき。新しい目標を探して。

  ☆魚座(2/20-3/20)☆
    3 of Pentacles / R:仕事の内容に熟達しすぎている暗示。新たな挑戦が必要かも。


 よろしかったら一週間の参考にしてくださいね♪




 

 

 
 
 

 

テーマ : 占い - ジャンル : サブカル

甘かった。

 近所のスーパーの前の広場にて↓
  151218sora.jpg
 月が出ています。

 今日は母の病院に行きました。
 介護認定の申請などもあり、市役所にも行きました。
 母の左ひざのお皿(正しくは左膝蓋骨(しつがいこつ)というそうです)の骨折は、思っていたよりも大変なことだったようで、今年中に退院できるかなと思っていたのも怪しくなりました。
 1ヶ月くらいの入院と言われていたのですが(先月の18日に手術でした)。
 
 1ヶ月と言われていたので、1ヶ月くらいである程度歩けるようになるのかと思っていました。
 甘かったようです。
 元に戻れるとしても、完全に戻るには1年くらいはかかるものであるようです。
 若い男性でもそれくらいなので、70才の母は、もっとかかるのでしょうから。。
 そうだったのか、という感じです。

 遅ればせながら、ネットで膝蓋骨骨折の体験記のブログなど読んでいます。
 青くなります。
 そうだったのか。。。。

 金沢のことが大変ではあるので、あまり深刻に考えないようにしていたのですが(それも問題ですね)、思っていたより時間のかかることであるようです。 
 甘かったです。


 
 
 

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

会話の8割が!

 母の病院の近くに咲いていたバラ↓
  151216rose1.jpg
 
 病院の敷地内のバラ↓
  151216rose2.jpg


 昨日の空:1↓
151216sora1.jpg
 雲間から晴れ間が出始めている。

 昨日の空:2↓
151216sora2.jpg
 帰りには晴れていた。
 実は月が出ているのですが、分かりませんよね。。きれいな三日月でした。

 夫との会話の8割くらいが、病院のこととお互いの家族のことです(ここには書いていないこともたくさんあります。全部なんて書けないよう!)。
 この一ヶ月で割合が増えました(わたしの母の入院が加わったから)。
 その話題が落ち着いたら、それまで(今年の春まで)の自分たちが普通に話していたような話をする感じです。映画のこととか音楽のこととか。
 そこまで行けずに、1日が終わることもけっこうあります。
 
 「枯れ」の原因の大きな部分だろうと思います。

 こういう時期ってそういうものなんでしょうけれど、けっこうつらいです。
 甘えでしょうか。
 でも1日って24時間なんです。そして1週間は7日。
 
 そういえば、ブログのPC用テンプレートを元に戻しました。。新しいものは目がチカチカしてきてしまって。
 老眼もここ数ヶ月でけっこう進んでいます! イエイ!!
 
 *おまけ*
 所沢駅のイベントスペースにて↓
  151216music.jpg
 「大人のためのヤマハ音楽教室」のイベントで、講師のお姉さんたちの生演奏がありました。知らずに行って、15分くらい聴くことができました。
 生演奏に触れることに飢えていたので、嬉しかった!
 ああ、コンサートホールでクラシック聴きたい。。。。。。
 






テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

「復活」に必要なもの

 Wikipediaからの椿の画像↓
  151215tubaki.jpg

 昨日は夜から友人たちと食事をして、楽しい時間を過ごしてきました。 
 年末なので少しよいレストランに行こうかという案もあったのですが、日曜の夜の時点でわたしはなにかが枯れ果てていて気力が出ず、行き慣れている和定食のお店にしてもらったのですが、気楽に過ごすことができてありがたかったです。

 なんでしょう、なんだか「チャージをしてはすぐに枯れてしまう」を繰り返しています。
 ゆうべ会った友人たちはインドの「アーユルヴェーダ」を勉強されているのですが、わたしは「ヴァータ」というタイプで、身体に冷えがあったり疲れやすかったりするそうです。
 帰宅後その「ヴァータ」を調べてみると、そこにはわたしがいた、という感じです(笑)。
 アーユルヴェーダでは人を3つのタイプに分けて健康などを考えるそうでが、少し西洋占星術のエレメンツ分けや3要素分けと似ている考え方もあるように思いました。そういう昔からの「知識」というのは、どこかでつながっているのかなあと思います。
 そのタイプが食べるとよいとされているものが、ことごとく、わたしが食べてもお腹を壊さないものばかりなので(果物アレルギーの対象はのぞく)、、やはりお腹を壊さない食事が自分には大事だよなと思いました。
 世間で言われている「バランスのよい食事」や、「高価なごちそうを食べるほうがかっこいい」というような価値観に、振り回されたくないなと思いました。
 そんなのは当たり前なのだろうけれど、、そういう「世間で言われている」ということを気にする部分もあります。

 *** 
 
 おととい、なにか深いところから疲れていたので、友人たちに会う前に、どうにか少し「復活」をしていなくてはと思いました。
 なにをしていいのかよく分からなかったのですが、昨日は、食事や身体を動かすことよりも、心を潤わせることを優先させました。
 先日、フィギュアの羽生結弦選手の演技で触発されたので、ショパンの音楽を全編使ったバレエ作品「椿姫」の全幕を、YouTubeで見直しました。
 去年の春、上野で実際に観た作品です。パリ・オペラ座の来日公演でした。
 振り付けはジョン・ノイマイヤー。主演はアニエス・ルテステュとステファン・ビュヨン。 
 その全幕ものをこちらに貼ってもいいのですが、やはり著作権などの問題があるかもしれないし。。
 羽生君が踊ったのと同じ、「バラード 第1番」の「黒のパ・ド・ドゥ」をもう一度貼ります。何度も貼ってるけど。

 とにかく素晴らしい舞台なのですが(自分が実際にこの舞台を観たということが誇らしい、一生の思い出になるものでした)、これをまた観たら、少しなにかが「復活」しました。
 YouTubeで観ているのも申し訳ないので、今回とうとう、DVDを購入しました。
 
 また「枯れて」きたときに観ようと思います。

 そしてネットをうろうろしていたら、もう一つよい動画を見つけました。
 宇宙の大きさが分かるという動画です。

 なんだか観ていたら泣けてしまった。(太陽が遠ざかっていくとき寂しくなった!)
 もう一つ、宇宙の大きさと、DNAの大きさの対比が分かる動画もありました(内容が少しスピリチュアルなので苦手な人もおられるかもしれません)。


 これらを観ていたら、疲れていた身体が軽くなりました。
 食事でも、マッサージなどでもなく、映像でそうなるというのも不思議です。
 気力の「気」の部分の話なのだろうなあと思います。

 

 
 
 
 
 

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

今週の12星座別タロット 12/14 ~ 12/20

 昨日夫がくれたミニブーケ↓
  151213hana.jpg
 (結婚記念日なのに、ちっさ!!)
 とか、言いませんよ。お花は嬉しいね。

 ゆうべ、なんだかトチ狂ったようにブログのテンプレート(デザイン)を変更しました(携帯のものはそのままです)。PC用ではプロフィール写真も変えました。
 使用写真↓
  151213mino.jpg 
 ちょっと気分を変えたかったんです。
 でもこれでいいのかは分からず、また変えるかもしれません。
 わたしは気を抜くと暗い深刻な顔になってしまう人間なので(けっこう気にしていて、最近は電車に乗っているときとかにも口角を上げようとか、いろいろと気をつけています)、プロフィール写真、撮るのも選ぶのもいつも難しいです。
 でも一応、名前も顔も出してブログをしていくというのが信条なので(占いをしているのだし、それはしないといけないと思っています)、それは続けたいと思っています。

 ***

 話は変わりますが、フィギュアスケートの羽生結弦君がすごすぎてすごいですね(←ひどい日本語)。
 朝起きてネットのニュースを見てびっくりしました。
 こんな人が日本で出てくるなんてなあ。。。
 テレビ放送はこのあとになるので、おとといのショートプログラムの演技の動画を、、貼ってしまいます!
 なんというのか、少しあやかりたいという(笑)。この祭りには参加したいというか。。(笑)

 使われている音楽、ショパンの「バラード 第1番」も大好きな曲なので、これはヤバいです。
 さっきYouTubeで見たフリーの演技より、こっちのほうが好きかなあ。。。フリーもすごいんですけど。。

 今発売中の女性紙「anan」が、羽生君の特集だそうで、欲しいなと思ったのですが、昨日見た本屋とコンビニでは全滅でした。
 Amazonでも中古しかないようです。そうまでして買おうとは思わないけど。。
 

 おばちゃん、すっかりやられました。

 ***

 今週のタロットに入ります。
 
 今週の占星術は、星の星座移動はなく、先週と同じです。
 太陽と土星が射手座、水星山羊座、金星蠍座、火星天秤座、木星乙女座です。
 バランスいいですよね〜。
 どの星座にもどこかしらで優しい角度が取られていて、なにかあっても「プラマイゼロ」的なイメージ。
 ある部分ではきつくても、この部分でフォローされる、というような?
 でもそういうのって、、ハッキリしない感じでもあって、どこか停滞したような感じに思えるのかもしれません。
 一つの星座、一つのエレメンツに星が集中していたほうが「ガッ」としているから分かりやすいのかも。
 人によっては、そういう「ガッ」としているときのほうが「得意」ということも、あるかもしれません。
 火星とか天王星とか冥王星がホロスコープの中で目立つ人はそうかもしれないな。
 わたしはそういうタイプかも(苦笑)。それも問題アリで、もっと穏やかになれたらとは思うのですが。。
 
 射手座太陽は今週までなので、射手座の方は楽しんでおいてくださいね!

 タロットのほうは、、なぜか「カップ祭り」です。6枚って多いですよね。。
 確か先週も4枚でカップが多めでしたね。
 これは新たな祭りなのか。。?
 カップは「感情」や「人間関係」を表す種類です。
 この一週間タロットの場合、わたし個人の運気が反映されるのだとは思うのですが(セッションのときは、無関係ではないとは思いますが、お客様にカードを切っていただきますので、わたしの「気」だけでやっているのではないと思います)、ちょっとここのところ疲れが溜まっている感じはします。
 癒しを求めているのかなあ。。(一瞬癒されても、2日くらいでまた疲れてくる。歳ですかね。。)
 そのカップの出方も、途中で続いたりしていますので、ちょっと奇妙です。
 カップと対応する水の星座の蟹座さんと魚座さんにカップ、蠍座さんに感情の問題も大きく関わる大アルカナが出ました。
 なんだろう、水がテーマっぽいです。これはわたしの個人的なことかもしれませんが。
 今金星は蠍座ですね。あまり感情的になりすぎないようにしたほうがよいのかな。
 6枚取られているのに、出ないカードの種類はなかったです。水瓶さんのロッドが独特に思える、さすがだ(笑)。
 

  スザンヌ・スターのユニコーンタロットによる
  12星座別今週の一言メッセージ

    12/14 ~ 12/20

  151213tarot.jpg
 上段左より 牡羊座・牡牛座・双子座・蟹座 / 中段左より 獅子座・乙女座・天秤座・蠍座 / 下段左より 射手座・山羊座・水瓶座・魚座 という並びです。


  ☆牡羊座(3/21-4/20)☆
    The Hanged Man:周囲が荒れるかも。闇雲に動かず静観し、できることだけして。

  ☆牡牛座(4/21-5/21)☆
    3 of Cups:楽しい会合の暗示。年末のお誘いには気軽に応じるのが吉。

  ☆双子座(5/22-6/21)☆
    5 of Cups:過ぎたことにくよくよせず、前を向いて。幸運の種は足下に。

  ☆蟹座(6/22-7/23)☆
    Queen of Cups / R:意地悪な人には近づかないのが◯。あるいは繊細な女性をいじめないで。 

  ☆獅子座(7/24-8/23)☆
    Knight of Cups:優しくて気遣いのできる30代の男性と関わると吉。よい時間に。 

  ☆乙女座(8/24-9/23)☆
    2 of Cups / R:パートナーやごく親しい人とのケンカの暗示。先に謝るのが◯。

  ☆天秤座(9/24-10/23)☆
    3 of Pentacles / R:仕事に慣れ過ぎて退屈しているかも。新しい刺激を探して。 

  ☆蠍座(10/24-11/22)☆
    The Empress / R:金運波乱。勢いに任せないのが◯。身体の疲れが出やすい暗示も。

  ☆射手座(11/23-12/22)☆
    Ace of Swords:白黒つけやすいとき。人間関係の整理や新しいことを始めてみては。

  ☆山羊座(12/23-1/20)☆
    Death / R:思う通りに進まないとき。自分に必要なものの見極めが鍵に。

  ☆水瓶座(1/21-2/19)☆
    King of Rods:少し大げさで情熱的な男性と関わると吉。パワーをもらえそう。

  ☆魚座(2/20-3/20)☆
    10 of Cups / R:大切な人と意見が食い違うかも。対立は避けるのが◯。


 よろしかったら一週間の参考にしてくださいね♪



 
 
 

 

テーマ : 占い - ジャンル : サブカル

(忘れていたけど)今日は結婚記念日。

 昨日の空↓
151212sora1.jpg
 おとといの夜から昨日の朝までの雨で、うちの前にある木々の葉っぱがかなり落ちました。 
 1日で景色が変わった。

 先ほどの空↓
151212sora2.jpg
 
 先ほど空の写真を撮ってたら部屋に入ってきた↓
  151212tento.jpg
 てんとう虫のナミテントウ。黒の中に赤の星です。
 ああ、、わたしがてんとう虫が好きなのは、質感が漆器みたいだからかも(笑)。
 あれ、今カーテン見たらいなくなっとる。。。
 一瞬の使者か?

 今日は、わたしたち夫婦の結婚記念日なんです。 
 でもいろいろあって忘れていて、準備も用意もなにもしておらず。
 夫は今日は本社の会議で夜まで戻らないはずだし、わたしはこれから、作るのを頼んでいた実家の合鍵の受け取りにいかなくてはいけません。
 色気まったくナシ。
 あとで地元のどこかで落ち合って、、ロイホでも行きますかね。。。(どこかよい食事どころを探す気にもならず)

 夫の金沢滞在では、来月の義母の転院先のめどがついたそうで、よかったです。
 なるべく自宅から通いやすいところに決まりそうです。少し設備面などで劣るらしいのですが、義姉と夫で話してそうすることにしたようです。

 わたしは昨日は母の見舞いに行きました。
 久しぶりに(入院後初かも)、母と1時間くらい二人きりで話ができた。いつも同室の人がいたり、ほかの見舞客がいたりしていたんです。
 母も少し痩せたかなあ。ほほがこけてしまった。
 でも怪我した左のひざを、ベッドの上で90度近くまで曲げられるようになっていました。
 兄もいるから毎日は見舞いに行かないのですが、行くたびにリハビリは進んでいるなと思えます。
 それは希望のあることです。

 この前所沢駅のカフェで食べたカヌレがおいしかったので、また行って持ち帰りしました。
 夫も食べておいしいと驚いていました。シェ・ルイのものより甘さ控え目で香ばしくてラムが効いてる!
 この前カフェの名前を間違えて書いてしまいました。
 「ドミニック・ジュラン」です。
 DONQの系列のカフェですが、フランス人パティシエの指導が入ったお店だそうです(お店のサイト こちら )。
 全国に4店舗しかない、、、でもDONQの系列店はたくさんあるから、どこでもこんなにおいしいのかな。
 クリスマス用のお菓子も買いました↓
  151212shuto.jpg
 ドイツのシュトーレンです。パン生地にドライフルーツなどがぎっしり入っていて、ずっしり重みがあります。
 今は食べるのを我慢して熟成させたほうがおいしいらしく、クリスマスの時期になったら少しずついただくお菓子だそうです。
 食べるのが楽しみです。
 
 今しがたの空↓
  151212sora3.jpg


 

 

 

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

ららぽーと立川立飛、オープン初日に行く。

 今日は夫の帰省の最終日で、少し気晴らしをしてきました。
 向かったのは立川です。
 立川に「ららぽーと」という商業施設ができて、それがオープンするのが今日だったんです。
 多摩モノレールの駅に直結しているということで、うちからもそこそこアクセスしやすいので行ってみようかな、と。
 わたしはあまり人気のスポットとか、新しいスポットの宣伝に乗って出かける人間ではないのですが、たまにはいいかなあと思い。夫もいないし。

 一応写真を貼りますね。

 モノレールの線路って不思議↓
 151210mono.jpg
 車体が落ちないか怖くなる(笑)。

 ららぽーと立川立飛の入り口前広場↓
  151210rara.jpg
 夜から混んできていました。

 吹き抜けの休憩スペースエリアから見えるもの↓
  151210garasu.jpg

 いやあ、、、全っ然、楽しくなかったです!
 ははは。
 巨大ショッピングモールって見てるだけでお腹いっぱいになります。苦手というか、なにがいいのか分からない。。。

 ですが、こちらのららぽーと立川立飛、今だけ、モノレールやバスで行くと期限付きの500円の商品券がもらえるんですよ(ICカードを読み取る機械がある)。
 それをもらったというのもあるし、ずっと探していた必要な食器で、気に入る形で値段も納得できるものがあったので買ってしまいました。
 こんなところで買うと思わなかった。。。
 漆器のどんぶり(奥にあるのはおまけの小皿)↓
  151210don1.jpg
 10年以上使っていたやつ(金沢で買った山中塗、木くりぬきのもので確か驚きの1000円だった)が、漆がはがれてきていて、買い替えなくちゃと思って2年くらい経っていたのです。
 ネットでも探していたし、金沢でも機会があれば探していたのですが、今って金沢で漆器は、前ほど安くは買えなくなっている印象です。
 さすがにずっと金沢に行っていると漆器とか焼物の数は見てるから、目が肥えてきますよね。輪島にも行ったことあるし(朝市で輪島塗の小さなコースター1つ買った。それで8000円くらい。でも撫でているだけでうっとりするから満足だった)。
 わたしは山中塗よりも輪島塗の質感が好きなんです。
 そんなわたしの目を引いた、和雑貨のお店があったので、つい見たらよいものを見つけたのでした。
 これは越前塗で、地が木をくりぬいたものではなくて木粉と樹脂のものですが(その分手頃)、塗りの質感は山中塗よりは輪島塗に似ていて、いいなと思いました。
 形も現代的↓
  151210don2.jpg
 たぶん、インスタントラーメンもこれで行けるんじゃないかな、と。。。
 
 まさか、今日こういうものを買うとは思っていませんでした。あまり色気がないですね。「ららぽーと祭り」っぽくないっていうか。
 でもずっと探していたものなのでよかったです。
 気が済んだので、ららぽーと立川立飛、たぶんもうしばらく(ずーーーーっと?)行かないと思います(笑)。
 
 
 
 
 

 


 
 
 
 

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

ピロリ菌と久しぶりのカヌレ

 昨日、胃カメラの検査の結果を聞きましたが、心配するようなことはない、とのことでした。
 お騒がせしてしまい、すみません。
 以前やったときに同じように言われていたので自分もそこまで心配していなかったのですが、今回、気になる場所にポリープができていたということで、組織を病理検査に出されていたのです。
 なので自分でも気になってしまいました。
 そちらも放っておいてもよいポリープで、再びの検査でもピロリ菌はなかったそうです。

 気になりすぎるとイヤなのでネット検索もしていなかったのですが、さすがに今回、「ピロリ菌」についても調べてしまいました。
 1度検査で「ない」と言われても、採取場所によっては潜んでいることもあるから、その後に発見されることもあるそうです。
 でも2回の検査でなければ「ない」と思ってもよいようです。
 よかった!
 最近の研究だと、胃がんの主な原因はピロリ菌とされているそうで、ストレスから単純に胃がんになるということはあまりないそうですね。昔はそう思われていたのだと思いますが。。
 ピロリ菌自体、社会の衛生概念が未発達な場所で感染しやすいとのことで、日本では若い人は持っていないことが多いので、これから胃がんになる人が減っていくという予想もあるそうです。
 わたしは中学生の頃から胃カタルをやっているのですが、それが深刻な病気に発展する可能性はほぼないとのこと。
 あとは消化によいものを食べ、くよくよしすぎない日常を過ごすことが大事になってくるんですね。
 わたしの場合、この「くよくよしない」というのがなかなか難しいのですが、、もう少し図太くならねばいけないのでしょう。

 結果を聞いたあと、母の病院にも行きました。
 せっかく電車とバスを乗り着いで行くのに、用事を言いつけると「もう帰っていいわよ」と言われます(笑)。
 まあ、元気な証拠なのでしょう。

 先週撮った、母の病院の廊下からの景色↓
151209byouinn.jpg
 東村山市北部の、丘陵の麓のエリアなので、景色がよいです。どこかのホテルみたいに思えるときもある。
 朝日がきれいに見えて、霧が出るときもあって、ときどきとってもすてきなのよ、というのは母の談。

 敷地内に咲くバラ↓
151209rose.jpg
 すごく好きな色だ。

 病院近くには単線路線が走る↓
151209senro.jpg
 右手に見えるのは「八国山」という丘陵。

 帰り、西武線の所沢駅まで下って、駅中のカフェでお茶しました。
 一人でカフェとか久しぶり↓
  151209canele.jpg
 奥に見える筒型の茶色い焼き菓子は「カヌレ・ド・ボルドー」で、これもすごい久しぶりに食べました。
 若い頃、西武新宿駅の駅ビル地下に代官山のシェ・ルイの支店があって、いつもそこでカヌレを買っていました。大好きなんです、カヌレ。
 でも、この世にこのお菓子があるってこと、ずっと忘れていました。。
 こちらのカフェのもの、すごくおいしかった。。。シェ・ルイのよりもおいしいかも。。。驚きだ。。。
 焼きたてパンや、お菓子のお持ち帰りもできるイートインのある「ドミニック・ジュラン」というカフェで、「ドンク」の系列だそうです。 
 次の見舞いのときもまた行ってカヌレ買おう。。。これを買うためだけに所沢駅に通ってもいいかもしれない。。。
  

 

 
 
 

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

タロットがあるということ

 昨日の空:1↓
151208sora1.jpg
 
 今日は曇っていて寒いですね。
 あとでクリニックに胃カメラ検査の結果を聞きにいって、その足で母の病院も行ってきます。
 なんかマズいこと言われるのかなあ。。。
 そこまでではないと思うんだけど。。。

 昨日の空:2↓
151208sora2.jpg

 昨日の空:3↓
151208sora3.jpg

 昨日撮った紅葉↓
151208kouyou.jpg
 黄色、赤茶、緑と3色並んでいたから撮ってみました。

 夫はゆうべの夜行バスで金沢に行っています。11日の朝に帰ってくるのかな。
 金沢もいろいろとあり、、義母の大腿骨の骨折後のリハビリは進んでおらず、来月中旬以降に転院することになりました。今の病院では放射線治療も少ししていて、それが来月までとなるそうです。
 夫は今回、義母の見舞いの他、転院先の候補になっている病院を見てきたり、事務的なことをしてきたりします。
 ガンの治療もあるため(医療用麻薬が入った痛み止め必須)、特養ではなく、病院に転院です。
 義母はこの1ヶ月で認知症も進んでいるそうです。
 この数週間は、夫と義姉がかなり激しくぶつかったりもあり、なかなか大変でした。。。
 夫婦間にもその影響が残りますから。。
 しかも、うちの実家があれだしさ。。。あたいの胃もこれだしさ。。。。。

 おとといの日曜日、タロットを更新するのもけっこう大変で(疲れすぎていた)、もうなにかが臨界点に達していました。
 体中がギシギシしていて(心ももちろん)。
 でも、、そこを踏みとどまり、、、ブログ更新後、タロットをすぐにしまわず、今度はほんとに、ブログもなにも関係なく、純粋にそのときの自分のために、タロットを手に取り、いろいろなこと、今気になっていること全部、タロットで聞いてみたんです。自分のことだけじゃなく、夫のことや、家族のこと。

 そしたらもう、ほんとにとにかく見事で。。。
 最後の質問のカードを見て大号泣しました。
 それは、「ユニコーンが今、わたしに求めるものはなに?」という質問でした。
 「そう来るのか」というものでした↓
  1512084ofrods.jpg
 自分の人生に、このカードが表すものを呼び込むことができるのだということを、忘れていました(このカード自体、自分の占いで引いたことがあまりない。「ハッピーカード」と呼ばれるものです。笑)。 
 ユニコーンが思い出させてくれました。
 そしてやっぱり、ユニコーンタロットは、わたしにとっての「パートナー」です。単なる「仕事道具」じゃないんだな。。。(最近ちょっとそんな風にも思っていたかも。。。だからこのカードは、わたしとユニコーンのことも表しているかもしれません)

 夫のことで引いたカードの結果は、すぐに夫の携帯にメールで伝えました。夫ものけぞったに違いない内容でした。

 帰宅した夫と、それを迎えたわたし、たぶん、ここ数週間の「憑き物」が、落ちていたと思います(嘘みたいに身体のギシギシもなくなっていました)。
 そういう状態になって、今回夫を金沢に送り出すことができてよかったです。
 
 ゆうべ夫の見送りに一緒に行った↓
  151208otan.jpg
 しばらくおーたんと(ほかにもたくさんいるけど)お留守番です。
 
 

 
 

テーマ : 占い - ジャンル : サブカル

今週の12星座別タロット 12/7 ~ 12/13

 おとといの空↓
151206sora1.jpg

 昨日の空↓
  151206sora2.jpg

 昨日は兄と夫と母の見舞いに行ったのですが、帰りにファミレスに行くことにしました。
 そのファミレスは母の実家(母方の祖父の家)の近くにあるので、思い立って、母方の墓参りもしてきました。すぐ近くに集落の墓地があるのです(東京ですが昔の農地なので、そういうものが残っている)。
 もう、祖母も祖父も、長兄の叔父も亡くなっているので、もうあまり母の実家に行くこともなくなっているのですが、久しぶりの「おじいちゃんち」のエリアで、、泣いてしまったー。
 おじいちゃーん、なんだかいろいろあって、、大変だよーーーー!
 と言いながら、墓に手を合わせ、般若心経を唱えました。
 先週のタロットで、わたしの山羊座は「6 of Cups」でしたが、子供時代のものに触れるといいということで、「おじいちゃんち」はわたしの子供時代の象徴の一つです。
 泣いて少しスッキリしたので、当たったのかなあ(笑)。
 来週夫が金沢に行くのですが、またここでもいろいろなことが出てきているため、さすがに疲れてきているように思います。
 だから、泣いて一瞬スッキリしても、またいろいろな現実が出てきます。
 でもその「一瞬」さえなかったら、、けっこうつらいですよね。

 ***

 今週のタロットを更新します。
 
 まず占星術からですが、ここのところ数週間「射手座祭り」と言ってきましたが、今週それが終わるかなという感じです。
 水星が山羊座に移動するからです。10日です。
 あと射手座にいるのは太陽と土星で、土星は動きの遅い星なので、これからは「射手感」の強さは薄まるかなあ。
 金星は蠍座、火星は天秤座、木星は乙女座ということで、バランスのよい(4大エレメンツがそろった)星回りですね。山羊が入ってくるので、かっちり決めたいというような欲求が出てくるのかなあ。。
 基本太陽射手座で師走の忙しい、華やかなシーズンだと思いますが、乙女の木星もありますし、どこかで現実感を見失わないようにする空気があるのではないかなと思います。
 浮かれすぎないといいますか。。。
 そういえば、夫の元に喪中ハガキがけっこう届いていて、わたしの実家も父方の長兄叔父が亡くなったから喪中にしたそうなのですが、今年、やっぱりちょっとこういう人が多いのかね、と夫と話しているのです。
 うちはもちろんいろいろありますし。。。
 祭り気分にはなれない年末年始となりそうですが、多少は気張らしもしないとマズいとも思います。
 どうなることやら。。。

 あまり「占い」になっていなくてすみません。
 
 今週のタロットのほうは、「大アルカナ祭り」の終焉を確実に感じるものとなりました。2枚なので。
 そうか。。。やはりあれは一過性のものなのか。。。
 8月の初旬から11月の初めくらいまででした。
 これはわたしがやっている占いなので、わたしの運気が反映されてしまったのだと思いますが、、自分としてはおもしろいなと思いますが、読んでくださる方には迷惑なのかもしれませんね(汗)。
 ちょっとこういう「占いの出方」と、どう向き合っていいのか分からない部分があります。
 これからも考え続ける課題となりそうです。
 
 それでも更新は続けるのですが、今週はあまり激しいカードはなかったように思います。
 厳しめも嬉しい系も、「すっごいの来た!」みたいなものはないかな。穏やかなイメージです。カップが多いのかな。4枚。
 カードも全種類出ているのでバランスは悪いというほとではないかな。
 そんな中、獅子座さんは華やかカードですかね。太陽射手座タームだし、納得でしょうか。
 魚座さんも楽しいカードです。

 
  スザンヌ・スターのユニコーンタロットによる
  12星座別今週の一言メッセージ

    12/7 ~ 12/13

  151206tarot.jpg
 上段左より 牡羊座・牡牛座・双子座・蟹座 / 中段左より 獅子座・乙女座・天秤座・蠍座 / 下段左より 射手座・山羊座・水瓶座・魚座 という並びです。


  ☆牡羊座(3/21-4/20)☆
    6 of Swords:難しい状況があるかも。同じ間違いを繰り返さないように動いて。

  ☆牡牛座(4/21-5/21)☆
    Page of Pentacles:若くて情熱的な人と接すると吉。嬉しいニュースの暗示も。

  ☆双子座(5/22-6/21)☆
    8 of Cups:新しい段階に入るとき。しばらく孤独を感じても前に進むのが◯。

  ☆蟹座(6/22-7/23)☆
    10 of Rods:荷が重くなりすぎている暗示。下ろす工夫をするのも責任の一つ。 

  ☆獅子座(7/24-8/23)☆
    9 of Pentacles:安定運。少しの贅沢をすると吉。長年の憧れを叶えてみては?

  ☆乙女座(8/24-9/23)☆
    The Hanged Man:自己主張せず、少し距離と時間を取るのが◯。無理はしないで。

  ☆天秤座(9/24-10/23)☆
    2 of Cups / R:カップルでのケンカの暗示。深刻になると長引いてしまうかも。 

  ☆蠍座(10/24-11/22)☆
    10 of Swords / R:最悪な状況が終わりそう。英気を養って前を向くべし。

  ☆射手座(11/23-12/22)☆
    3 of Rods:変化のとき。なにかを一掃する必要があるかも。よく見極めて。

  ☆山羊座(12/23-1/20)☆
    9 of Cups:ある程度達成されたあとの気落ちに要注意。次の目標はなに?

  ☆水瓶座(1/21-2/19)☆
    Temperance:忍耐がカギ。「何もしない」ことから得られるものがありそう。

  ☆魚座(2/20-3/20)☆
    Ace of Cups:新しく楽しい可能性。嬉しくなるような出会いがある暗示も。


 よろしかったら一週間の参考にしてくださいね♪



 
 
 
 
 

 

テーマ : 占い - ジャンル : サブカル

奈良興福寺 文化講座 第211回 古建築の復元(中金堂の復元工事によせて)

  先ほど引いたエンジェルカード↓
  151204card.jpg
 「Synthesis」というのは「統合」という意味なのだそうです。 
 頑張らないと。。。。。。。。。。

 ***

 先月の19日に参加した、奈良 興福寺の文化講座(211回、わたしは23回目の参加)の感想(?)を書きます。
 「感想」といっても、いつも内容が自分勝手な方向に行ってしまうのですが。。。

 11月の文化講座の第一講は、㈱瀧川寺社建築の建築技術顧問、國樹 彰さんの「古建築の復元(中金堂の復元工事によせて)」でした。
 國樹さんは、2014年の6月(194回)に「工事の進む中金堂再建」で一度お話を聞いていましたが、今回も楽しく聞くことができました。
 職人さんの、現場や、お使いになる道具などのお話を聞くの、わたしは好きなのです。
 
 現在、奈良の興福寺さんでは、失われていた中金堂を再建されていますが(2018年に落慶だそうです)、その工事をしているのが㈱瀧川寺社建築さんなのです。
 こちらの会社では、2013年にわたしが感動した、奈良の平城京跡の朱雀門や第一大極殿の再建もされています。
 そのときのノウハウが、興福寺さんの中金堂再建でも活かされているそうです。
 再建される建築のことを「復元(復原)」建築ともいうそうです。

 先月の講座では、現在の建築法と古建築の再建などの法的な擦り合わせ(認可など)の問題については、重要な部分と思われるので、前回のお話とかぶる部分がありました(防火や耐震性についてなど)。「復元」のために、いろいろな工夫をされているんだなあと思います。
 
 なるほどなあ、と思ったのは、史跡などの復元工事をするとき、当初の形を復元したくても資料があまりないということがあったり(興福寺さんには資料がたくさん残っているそうです)、創建当時とは違う形で復元されていた「途中期」のものがある場合、その形を無視してもいいのかという問題があったりするそうです。
 とにかく資料を集めるのが大変で、それに基づいて復元案を作るのは並大抵のことではないそうです。

 それと、建物の資材・素材を集めるのも大変だそうで、「そうなのか、ちょっと怖いな」と思ったのは、古来から日本の建築で使われていたいろいろな材料が足りなくなったり、生産されなくなっているというお話です。
 日本の神社仏閣は木造建築ですが、柱になるような木材(ひのきが基本)も外国から調達するようになっているし(興福寺さんもそうなった)、塗装剤の「ニカワ」は、ほとんど作られなくなっていて、昔の技術を継承する人たちが無理して作っていて、値段もすごく高くなっているそうです。
 100年後にはなくなっているものもあるのでは、とのことでした。

 蛇足ですが、今朝の読売新聞に、フランスのワイン産地のボルドー地方では、温暖化の影響でぶどうの収穫時期が早まっていて、醸造過程でのカビの被害も出てくるようになっていて、2050年には今のぶどう栽培地の多くがそれに適さなくなるという予測もあるという記事がありました。 
 ボルドーではワイン醸造の技術が途絶えないように策を練る話も出ているそうですが、、それと、こちらで聞いたニカワの話はどこかでつながるような気がします。

 古いものや伝統を残していくのは難しいことなのだと思いますが、これからの時代はもっと難しくなっていくのでしょうか。
 そういえば、中東での世界遺産の遺跡破壊のニュースもたくさん入ってきますよね。。。 
 奈良には奈良でいてほしい。
 わたしが死んだあとも。
 それは、わたしにとっては、小さな(小さくない?)希望なのですが。。。

 ***

 文化講座の会場近くのデパートのクリスマスディスプレイ↓
  151204keiou.jpg  
 新宿の京王百貨店です。

 おトイレ休憩のあと、瑜伽(瞑想)の時間となりました。
 この日は、まったく集中できませんでした。。
 いや、30秒くらいは、できたかもしれません。。(20分の間に)

 ***
 
 第二講は、多川俊映 興福寺貫首の「『春日權現験記絵』の世界」でした。
 こちらは、14世紀に制作された、奈良の春日大社と春日の神様にまつわる不思議な話をまとめた絵巻です。
 12世紀から明治の廃仏毀釈まで、興福寺と春日社は藤原氏の氏寺・氏神として一体のものであり、この絵巻の成立には興福寺にいらした解脱上人貞慶の関わりもあるそうです。
 毎回、多川貫首が絵巻からいくつかのお話を抜粋してくださり、内容を読んでいき、その絵も見ていくという講座です。

 今回していただいたお話は、なかなか考えさせられるというか、耳が痛い内容のものでありました。

 *興福寺に伝わる「維摩会(ゆいまえ)」という、高僧になるための大きな法会(学僧としての試験も兼ねる?)の途中休憩のとき、勅使(今でいう官僚みたいな人?)の藤原資仲(すけなか)という人が不思議な夢を見て、仏法の勉強に熱心な永超(ようちょう・興福寺に実在の人)が優秀だということで、その次の年にその永超が「維摩会」の講師を務めることとなった。

 *あるときその永超が、春日明神様の「後ろ姿」を見るのだけれど、顔を見たいと願っても「あなたは勉強の面は優秀だけれど、それが本当の宗教心(菩提心)か疑わしいから顔は見せないよ」という意味のことを言われてしまい、気持ちを入れ替える。

 という二つのお話でした。

 「春日權現験記絵」では、いつも春日明神様は顔を描かれていません。
 「神」に顔はない、あるいは顔を表現しきれないからだ、とのことです。
 逆に言えばそれだけ、「相手の顔を見る」ということが、人にとって大事なことで、仏像も「顔」があり、そこに向き合えるからこそ祈りを込めることもできると、多川貫首は語っておられました。

 この永超さんは、勉学が優秀であるが故に、名声を欲している面もあったのではないか、そういう面がわたしたち人間にはあり、この話は現代にも通じるものだ、とのことでした。
 名声のことを、仏教では「名聞利養」といい、約して「名利」というそうです。

 わたしは若い頃学校の勉強は全然しないでいたので、コンスタントにまんべんなく勉強する「技術」がありません。
 でも、自分の好きなことには没頭するタイプではあります。占星術の基礎は10代後半で独学で学びました。
 そういうことで名声を求めるつもりはあまりないつもりなのですが(でも無意識にそちらに流れることはあると思う)、、興味のあることに向かって「勉強」していると、イヤなことを忘れられる面があるように思います。現実逃避というか。
 それで、分からなかったことが分かったり、知らなかったことを知れると嬉しくなります。 
 そういうことで、「気」を逃している部分が、今まですごくあったと思います。
 でもそれが、本当にいいことなのかは、分からないですよね。。
 「勉強」を、人をはじくことに使っている面もあると思います(でも人間関係でぐちゃぐちゃしすぎるのも、いいことではないようにも思うんですが)。 
 わたしにとっては仏教の勉強はすごくおもしろくて、、目からウロコのようなことがたくさんあったと思います。
 でも「仏教」は「勉強」ではなくて「生き方」の話なので、本を読んでいればいいということではないのかなと思います。
 それと、仏教を勉強してみたが故に、自分の情けなさがよく分かるようになって、つらいなあという気持ちになったりもします。

 ***
 
 10月の金沢での2週間弱の滞在では、自分が仏教を勉強する資格はないと感じられることが多かったです。
 ガンの治療のために入院していた義母が退院し、お世話に行ったときです。
 すごく大変でした。
  
 多川貫首は、よく仏教の「捨(しゃ)」ということについてお話をしてくださいます。
 「捨」とは、究極的には、あらゆるこだわりを捨てることのように思います。
 わたしは、自分が相手にしたことにこだわらず、さりげなくしていることもそれに入ると思います(ていうかそれは大きな部分のようです)。
 それはあたかも、キリの尖端についた芥子(けし)の粒が、するりと落ちていくような状態で、それが理想の態度とされるそうです。

 義母のために料理を作り、それが受け入れられず捨てなくてはいけないとき、わたしの心は「捨」ではなかった。
 いろいろなことが重なり自分のエネルギーが枯渇していくのが感じられたとき、わたしの心は「捨」ではなかった。
 それにいちいち気づいてしまう自分がつらかった。情けなかった。
 ガンでひどく痩せている義母を前にして、わたしは「無私の奉仕」ができなかった。
 そんなわたしが仏教の勉強をするなんて、図々しいのかな、と思いながら、毎朝、義父の仏壇に向かって般若心経を唱えていました(東京でも毎朝、義父の写真に向かって般若心経を唱えています。覚えてからそうするようになりましたが、その前から毎朝義父に手を合わせています。これは、去年の春に観ていただいた顔相の天道春樹先生のご指導からそうしています)。

 ですが、金沢での日が進むにつれ、そんなわたしだからこそ、仏教に触れ続けていくしかないのかなと思いはじめました。

 今、「維摩会」の元になっている「維摩経」に関する本も読んでいますが(橋本芳契「維摩経による仏教」)、あと1章を残すのみとなったところで母の怪我があり止まってしまっています。でももう終わりに近くなっているので、少し「維摩経」のことが見えたように思えます。
 その維摩経に、煩悩にまみれた「ひどい世界」を知っている人こそが発心(仏心)を起こすという意味の言葉があります。
 よく、泥の中から蓮が咲くという例えが仏教の中でされると思いますが(日蓮宗のお寺でも聞いたことがあります)、そのことです。
 元からきれいな世界にいたら、きれいであるというのがどういうことなのか分からない。
 汚い自分を知っているからこそ、きれいを目指そうと思える。
 そういうことでしょうか。

 これからも機会が許される限り、文化講座に参加したいと思っています。
 

 
 
 
 
 

テーマ : 仏教・佛教 - ジャンル : 学問・文化・芸術

(後回しにしていた)現実的なおはなし

 拾い物写真↓
151202key.jpg
 どなたかのアート作品なのかもしれないけれど、きれいな画像をまとめてあるページで見つけてダウンロードしただけで、詳細が分かりません。著作権侵害だったらごめんなさい。。。(そういう場合はどうすればいいのだろう)

 今日はなんだか寒く、母の見舞いに行くのを見送ってしまいました。明日は晴れるみたいだし行きます。。。
 夕飯は実家で作って、兄と夫と3人での予定です。

 実家の出入りには、母が使っていたカギを借りて使っています。
 わたし用の実家のカギがあったのですが、、実は、なくしてしまっていまして。。(汗)
 いろいろな必要性もあるので、母が入院している間に合鍵を作ることにしましたが、複雑な形のものらしく、カギメーカーの工場で純正品を作り直ししなくてはいけないと分かりました。
 出来上がるまでに2週間くらいかかるとのことで、、母の退院に間に合わない可能性も出てきてしまいました。
 年内には大丈夫とのことですが。。。少し不便な期間ができるかもしれません。
 「合鍵を作らなくては」というのはずっと思っていたのですが、「ま、いっか」と放置していたらこういうことになりました。

 ***
 
 加えて今日は、ネットで「保険」のことについて調べていました。
 実はわたしたち夫婦、まだ医療保険や生命保険に加入していないんですね。。(滝汗)
 今年の2月に、あまき堂の天城映先生にいろいろな相談をしたときに、医療保険に入ることも今年のテーマですねという話をしていたのですが、「都民共済とかでいいかなあ」とか思っていて、よくポストに広告が入るのでそれを取っておいて「ま、これでいっか」と思って「いずれね」と思っていたら、春に義母のガン発覚で、なんとなくそれも後回しにしてしまっていて。。
 でも今回母も入院し、わたしも胃が痛くなったりしたので、やはり入らないと、と改めて都民共済のチラシを見たら、、なんと、アレルギー疾患や消化器の病気の人は加入できないと分かりました!
 わたしは都民共済に入れないのかあ!
 夫はなにもないので入れると思います。
 それで、いろいろと思い出して、そういえば使っているクレジットカードで医療保険に入れるサービスがあったなあと調べたら、どうやらそこは、ガンなどでなければ入れるのか。。。? ネットで確認する限りは入れそうだけれど。。。
 よく分からないから、またさらにネットで保険について調べていたら、医療保険はどうしても必要なものではないというページにまでたどり着きました(すごく参考になるページでした。 こちら と こちら )。
 でも、なにも入らないのもどうなんだろう? 
 40代のうちに、長期の入院をすることってあまりないと思いますが、、事故による怪我などが怖いのですよね。でもうちクルマなしの電車族だし。。。夫の今の職場、うちから徒歩10分ちょっとだし(これはいずれ変わる可能性はある)。。。子供いないし。。。
 よく分からない。。。

 医療などの保険のことも、30代の頃からずっと頭の片隅にあって、でも「ま、いっか、いずれね」と後回しにしてきたものです。
 でも、さすがにいろいろなことがあって、ちゃんと調べようというところまでは来ました。
 義母の春からの入退院のことで、高額医療費制度のことなども知ったので、入院費って思っていたほどにはかからないのだなということが分かったのは大きいです(どれだけホッとしたか。。義母はガン保険にも入っていてくれたので、医療費はだいぶ楽です)。
 それまでは、そういうこともなにも分からないでいて漠然と面倒がって、医療費などについて知ることをどこか怖がっていたのですが。。
 今、まとめていろいろなことがあるので、まじめに調べて考えるときかなあと思っています。

 色気のない現実的な話ですね(笑)。
 でも実はこれ、春からずっと続いている話題なのです(ブログのネタにはしませんでしたが。笑)。
 すごく大事なことですよね。。。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

胃カメラしてきたことなど。

 昨日撮った写真↓
  151201pirakannsa.jpg
 ピラカンサかな?

 香りが好きなサザンカ↓
151201sazanka.jpg

 葉か落ちた桜とまだがんばる銀杏↓
151201ichou.jpg

 かわいいパンジー↓
151201pansy.jpg

 昨日はかかりつけ医の系列病院で、胃カメラの検査をしてきました。
 3年前に人間ドックをやり、バリウムを飲んだらポリープが発見されたので胃カメラをやりました。それ以来です。
 ポリープは放っておいてもよいものだったのですが、ここのところ胃の調子がよくないし、かかりつけ医に胃カメラしたほうがいいと言われたので、やってきました。
 鼻から入れるタイプのものでしたが、今回は鼻血まみれにならなかったもよう。
 ついでにエコー検査もしてもらいました。
 エコーが終わったあとに看護師さんに「仕事してるんだっけ?」と言われたのですが、、少し胃が荒れているのが分かってストレスの有無を聞かれたんですかね。
 「フリーでやってるようなもんで、たいしたもんじゃないです」と答えてしまったのですが(笑)、家族が入院続きだと言えばよかったんだと、あとから気づきました(笑)。

 胃カメラが終わったあと、先生は「心配はないでしょう」とおっしゃったのですが、今までよりも下のエリアにポリープがあるらしく、その組織を病理検査に出してもらっています。それとピロリ菌の有無の検査をもう一度してもらっています。また来週結果を聞きにいくことになります。
 前回ピロリ菌はないと言われたのですが、覆ったりするのでしょうか。
 少し気になりますが、、気にしすぎないようにしなくては。。。(汗)

 なんだかほんとに日々いろいろあって、よく分からないままに進んでいます。

 最近、夢を見ているけれど覚えていないというのが続いています。
 爽快感のある夢を見たいなあ。。
 ここのところ、なぜか朝目を覚ますとき、ジョーン・オズボーンというアメリカ人女性歌手の「Spiderweb」という歌が頭の中に流れています。
 「レイ・チャールズの目が見えるようになっていて、彼はもう歌は歌わないと言っていて、彼の頭の中を見たら光り輝く雲の巣がある夢を見たの」というシュールな内容の歌です。
 嫌いな歌ではないけれど、すごく好きってこともないのです。なのにどうして流れているんだろう。リズムに惹かれてるのかな。。前に進む感じはするリズムだもんな。。。
 貼っておきますね。曲としてはかっこよくていい曲だと思っています。


 
 
 
 
 

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記