今週の12星座別タロット 2/1 ~ 2/7

 所沢駅前のイルミネーション↓
160131heart.jpg
 西武線所沢駅では、毎冬この飾りがありますが、けっこう好きで見ると嬉しい気分になります。
 あのハートの赤が好きなのかな。。

 先ほどの空↓
160131sora.jpg
 
 先日星回りがすごすぎて、数日ブログ更新を控えることにしましたが、その間に世間のニュースはすごいことになりましたね。
 28日に甘利大臣の辞任と、29日に日銀のマイナス金利導入って、けっこう大きなことですよね。。「マイナス金利」ってよく分からないですが。。
 
 先日書きましたように、そのニュースが出たあたりは、移動中の水星と冥王星が山羊座の15度で重なっていたので、影響があるのかなあと思ってしまいました。
 冥王星が関わると、やることが「徹底的」という感じがします。

 甘利明元大臣のニュースに驚いて、つい氏の簡単なホロスコープを作って見てしまいました。
 甘利元大臣は乙女座が強いです(太陽と水星と土星、しかも太陽と土星が合)。木星も山羊座で乙女座の水星とよい角度なので、まじめな方で、政治家向きな人だなと思いました(私利私欲より全体のことを思って動けて、実務的)。
 お昼後の数時間の間に生まれているとすると、天秤座の15度付近に月があるので、今の水星と冥王星の合の星回りが関係するかもしれません(だとしたら今こういうニュースが出たのも納得なのですが)。
 天秤座の月も全体のバランスを考えるということを表すし、お辞めになったのはもったいないという気がしました。
 乙女座で蟹座の強い安倍首相とも相性はよいので、辞職は痛手だろうなあと思いました。
 そういう方でもこういうことになってしまうんですね。。でもまた一から頑張っていただけたらと思いました。

 わたしは単に頭が沸騰していたのですが、少しは落ち着いてきたように思います。
 この数日で、ああそういことか、と思うようなこともいくつかありました。
 とにかく、強烈な星回りの日々をどうにかやり過ごせたので、よかったです(1月はずっと冥王星が山羊座の15度だったのでビクビクしていました(笑))。

 ***

 タロットの更新をしますね。

 まず今週の占星術のほうですが、今週も星の星座移動はないんです。
 でも先週水星が順行に戻った前後で冥王星と重なって、大きなニュースがありましたので、星の星座移動だけを見ていてもダメかもしれませんね。星同士が角度を作ったときに、なにかやはり動きがあるように思います。
 ということで、今週は、終わりの日曜日にですが、金星が冥王星と重なるのです。山羊座の16度。
 これ、、どういうことになるのかよく分かりません。。 
 恋愛スキャンダルが起こりやすいのかな。。あとは経済面で大きなニュースもあり得るのかな?
 太陽は水瓶座、水星と金星が山羊座、火星が蠍座、土星が射手座です。
 全体的に、のんびりしているような星回りではないのかなという気がします。
 どこか張りつめているような。。
 前に書きましたように、今の時代は「カーディナル・クライマックス」というものの中にいるし、変動が多くてあまり落ち着かない時期なのかもしれませんね。
 そんな中でも心の平静さは守りたいのですが。

 タロットのほうも、今週は細かいところで厳しいというか、口うるさいというか(汗)、そんなイメージのカードが多かったように思います。
 大アルカナが4枚と、人物カード(ページ、ナイト、クイーン、キングのカード)も多くて5枚でした。「人物カード」は、そのカードの絵のような人との縁に注目という意味もあります。
 獅子座さんと水瓶座さん、対岸同士ですが、二つとも「出たな」系の大アルカナでした。
 今太陽が水瓶にいるからでしょうか。
 出なかったカードの種類はなかったですが、カップが少ないですかね。
 感情の扱いに要注意でしょうか。

 
  スザンヌ・スターのユニコーンタロットによる
  12星座別今週の一言メッセージ

    2/1 ~ 2/7

  160131tarot.jpg
 上段左より 牡羊座・牡牛座・双子座・蟹座 / 中段左より 獅子座・乙女座・天秤座・蠍座 / 下段左より 射手座・山羊座・水瓶座・魚座 という並びです。


  ☆牡羊座(3/21-4/20)☆
    King of Rods:やる気と勢いに恵まれるとき。情熱的な男性と接するのも◯。

  ☆牡牛座(4/21-5/21)☆
    Page of Pentacles / R:仕事運低下気味。まずはできることからコツコツと。

  ☆双子座(5/22-6/21)☆
    Knight of Swords:判断力UP。頑固になりがちなので言い方には気をつけて。

  ☆蟹座(6/22-7/23)☆
    8 of Swords:自分に対して厳しくし過ぎている暗示。気をゆるめるのも大切。 

  ☆獅子座(7/24-8/23)☆
    The Fool / R:アイデアにとらわれ過ぎて冷静さが欠けるかも。たまに深呼吸を。  

  ☆乙女座(8/24-9/23)☆
    6 of Rods:厳しい状況は乗り越えられそう。よい方向へ行くと信じて◯。

  ☆天秤座(9/24-10/23)☆
    Queen of Cups:歳上の女性との縁に注目。母親との関係を見直すのも吉。 

  ☆蠍座(10/24-11/22)☆
    Queen of Pentacles / R:物欲が高まりそう。人との比較が原因かも。要注意。

  ☆射手座(11/23-12/22)☆
    9 of Rods:気ばかり焦りがちに。確証がないことには手出ししないのが◯。

  ☆山羊座(12/23-1/20)☆
    The Hermit / R:あがくほど抵抗を生みそう。静かに内面を見つめること。

  ☆水瓶座(1/21-2/19)☆
    The World:なにかが完成される暗示。それによって新たな視点も生まれることに。

  ☆魚座(2/20-3/20)☆
    Strength:気力・体力が充実。冷静に対処できるので仕事もはかどりそう。


 よろしかったら一週間の参考にしてくださいね♪



 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト

テーマ : 占い - ジャンル : サブカル

大事を取るほどの星回り。

 近所の林にて↓
160128hayasi.jpg

 昨日空に見つけた魚の骨のような雲↓
160128sora.jpg

 今、深夜というか明け方の3時です。
 こんな時間になってしまった。。。

 昨日映画を観にいったのですが、それが素晴らしい映画で、そのブログを書きたいと思っていたのですが、頭が沸騰しているような感じになっていて、冷静になれないようなので見送ることにしました。
 でも落ち着いたら書きます。とても素晴らしかったから。
 
 なぜ頭が沸騰しているのかなということですが、ズバリ星回りです。
 わたしの山羊座15度の出生図の太陽に、逆行から順行に転じたばかりの水星と、冥王星が重なっているからです。
 これ、ちょっと大変です。
 わたしはこれからどれくらいこの先生きていくか分かりませんが、もう二度とこの星回りは来ません。
 死んだ後に来世があるとして、転生して、その人生が80年あるとして、その80年の間にもこの「出生図の太陽に移動中の水星と冥王星が重なる」という星回りが来るかは分かりません。
 それくらいのインパクトです。
 
 とにかく簡単に言えば、失言しかしなさそうな星回りです。
 この強烈な星回りをうまく使いこなすような「人間力」が、わたしにはありません。
 (水星はコミュニケーションや知性を司る星で、冥王星は「破壊と再生の星」と言われますが、わたしの印象では「徹底的に手加減なしにやる星」という感じです)

 頭が沸騰しはじめたのは(おとといの夜くらいからです)、水星が順行したからかなと単純に考えていたのですが(わたしはけっこう水星の逆行は嫌いじゃなくて、順行に転じたときの「勢い」のほうが扱いにくいと思っています)、ああそうだった、順行になってしかも位置が冥王星と重なる山羊15度だったと思い至りました。
 これは、やたらに言葉を発しないほうがよさそうな気がします(夫とはすでにミスコミュニケーションが発生しました。べつにお互い悪気はないのに)。

 この説明のブログすらも書かないほうがよいのかなと思いましたが、タロットに訊いたところ、説明くらいはしたほうがよいという感じでした。

 わたしにとって、この星回りの影響が弱まるのが週末になるので、もう、日曜日のタロットの記事まで、更新をおやすみしようと思います。たぶんあと2〜3日はこんな感じだろうと思うので。
 やることが極端ですけど、、、なんてったって、人間の一生のうちなかなかないような星回りですから、大事を取ることにいたしました。
 わたし以外の1月6日生まれの人も、今頭の中は沸騰中かもしれません。
 太陽が牡羊座15度の4月5日生まれ、蟹座15度の7月7日生まれ、天秤座15度の10月9日生まれの人も、とにかくこの週末まで耐えてくれればいいなあと思います。
 (水星と冥王星は週末以降、山羊座の16度に行くので、1日あとの、1月7日生まれの人と、4月6日、7月8日、10月10日の人は、30日〜2月1日くらいまでは頭沸騰に要注意かもです)。
 
 

 
 
 
 
 
 
 

テーマ : 占い - ジャンル : サブカル

冬っぽいテーマの拾いもの写真

 今日は夫が休みで、ブランチにエッグスラットを作って食べました。
 拾いもの写真↓
  160126egg.jpg
 休日にときどき作ります。
 40分以上かけて作って(ジャガイモの皮をむくところからするから)、食べるの15分かからないくらいで、少し空しくなります。。
 でもおいしかったです♪

 夫が休みで家にいると気が散るし(笑)、ちょっとまたブログに書くことが思い浮かばないので、ネット上の拾いもの写真の中で、冬っぽいというか雪っぽい写真をまとめて貼ります。
 といっても、都度拾って集めてきた写真なので、数は少ないですが。
 
 きれいな結晶↓
  160126yuki1.jpg
 消えちゃうなんてもったいない。。でもそれがいいのか。

 エナガ↓
160126enaga.jpg

 シロクマ↓
  160126sirokuma.jpg

 シロクマと足跡↓
  160126walk.jpg

 雪も大局的に見れば「流れて」いる?↓
  160126yuki2.jpg

 東京都下はこの前降った雪がまだ残っています。
 このたびの九州のほうの雪もすごかったようですね。停電とか断水とか困りますよね。。(つい、卓上カセットコンロ用ガスボンベを買い足してしまった。。)
 東京はこれから数日、少し気温が上がるようです。

 *おまけ*
 昨日の夕空↓
160126sora.jpg

 
 


テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

今週の12星座別タロット 1/25 ~ 1/31

 先日拾った画像↓
  160124snoopy.jpg
 超かわいくないですか(笑。でもよく見ると足の向きがめちゃくちゃと貼ってから気づいた。 *後に追記* 時間が経ってから再びよく見ると、足の向きはこれでいいようにも見えてきて、またよく見ると変に見えて、、、スヌーピーの足の「ゲシュタルト崩壊」が起こりました!!)。
 今、西日本は記録的な寒波が来ていて、奄美大島では115年ぶりに雪が降ったとか! 
 東京都下は寒いですが晴れていて陽射しが強く、陽射しの中にいると暖かいです。日が落ちたら一気に冷えそう。

 昨日夫がくれたミニブーケ↓
  160124hana.jpg
 部屋の中に花があると、気持ちに少しゆとりができますね(だからくれるのかな?)。
 今朝、夫が結婚指輪をなくしたと騒いでいましたが、洗濯したパンツ(ズボン)のポケットから出てきました。
 最近夫婦ともに物忘れや置き忘れ、持ち忘れが増えているように感じます。前からあったけど、ひどくなっている印象です。

 ***

 今週のタロットを更新しますね。

 まず占星術からですが、今週、星の星座移動はなく、山羊座で逆行していた水星が順行に戻ります。
 26日なので、もうすでに順行の空気は出てきていると思います。
 今回5日から3週間の逆行でしたが、なにかいろいろニュースの激しい時期でしたね。
 わたしは金沢に行ったり、母の退院があったりしました。最後の一週間はいろいろなことを思い出すことが多く(ブログの記事に昔聴いていた音楽のことや、89年のことなど書いたからですかね)、水星逆行らしさを感じていました。
 今週は大きな動きもないのでどうなるでしょう。
 太陽は水瓶座、水星が山羊座、金星も山羊座、火星は蠍座、木星は乙女座、土星は射手座です。
 水星と金星が山羊なので、コミュニケーションにおいては生真面目な感じになりがちかもしれません。山羊座はユーモアのセンスはあるとされますが、それでもどこか生真面目らしいので(わたし山羊座ですが)。
 今太陽が水瓶座なので、ちょっとエキセントリックに振る舞いたい部分もあるかな。生真面目さを壊したいかもしれない。
 それも大事かなと思います。四角四面をたまには壊すこと。そうしないと膠着しちゃいますもんね。
 占星術、うまく説明していますよね。
 山羊座でいったん完成させたかに見えるものを、水瓶座で壊して、魚座でその崩れたものの境界線をぼかしてならして、また牡羊座で1から始まる、というサイクル。
 まったく誰が考えたんでしょう。。
 わたしも、この正月からだだーっと来ていたものが先週から少し崩れていて(母が退院して病院通いがなくなったし)、ちょっと気が抜けた部分もあります。
 ダラダラしないようにしなくては。。。

 タロットのほうは、なぜか大アルカナ祭りとなりました。6枚、6星座なんです。多いですね。
 そのうち、乙女座と射手座と山羊座と水瓶座は今星がいますので納得ですが、双子座と獅子座がなあ。まあ、射手と水瓶の対岸か。。
 山羊座は体力低下の暗示です。正月から忙しかった人も多いでしょうか。まだ水星と金星がいるのでプレッシャーはあるかもしれませんね。蠍座も体調低下のカードですが、火星がプレッシャーなのかしら。。
 そんなに激しく恐ろしい感じのカードはなかったですが、イケイケドンドンな感じもないように思いました。
 ペンタクルス(コイン、土の星座に対応)が出なかったです。山羊と乙女に星があるからもういいやって感じでしょうか。。でも、「無駄遣い注意」な時期なのかもしれません。
 
 

  スザンヌ・スターのユニコーンタロットによる
  12星座別今週の一言メッセージ

    1/25 ~ 1/31

  160124tarot.jpg
 上段左より 牡羊座・牡牛座・双子座・蟹座 / 中段左より 獅子座・乙女座・天秤座・蠍座 / 下段左より 射手座・山羊座・水瓶座・魚座 という並びです。


  ☆牡羊座(3/21-4/20)☆
    8 of Cups / R:人を遠ざけることで何かを避けている暗示。踏み込む勇気を。

  ☆牡牛座(4/21-5/21)☆
    Queen of Cups:感情が安定しそう。気持ちが安らぐものや音楽に触れると吉。

  ☆双子座(5/22-6/21)☆
    The Emperor:今求められていることは堂々としていること。慌てず騒がずで。

  ☆蟹座(6/22-7/23)☆
    6 of Rods:葛藤が一段落の暗示。よい方向へ行くのも気持ち次第と心得て。 

  ☆獅子座(7/24-8/23)☆
    Judgement / R:決断力低下中。急いで答えを出さず信頼できる人に相談すること。 

  ☆乙女座(8/24-9/23)☆
    The Hierophant:変化のとき。視野を広くするため、勉強や出会いを大切にして。

  ☆天秤座(9/24-10/23)☆
    8 of Rods:何かニュースが入る暗示。自分ができることをハッキリさせると◯。 

  ☆蠍座(10/24-11/22)☆
    8 of Swords:健康運低下気味。身体が冷えないようにし栄養のあるものを摂って。

  ☆射手座(11/23-12/22)☆
    Temperance:待ちの姿勢が必要なとき。今はやたらに動かずなにもしないのが吉。

  ☆山羊座(12/23-1/20)☆
    Strength / R:体力低下中で気持ちも荒れがち。予定のキャンセルも視野に入れて。

  ☆水瓶座(1/21-2/19)☆
    The Moon:人の意見に振り回されがちに。自分の本音を知るには情報遮断も必要。

  ☆魚座(2/20-3/20)☆
    2 of Cups:影響力のある人と豊かな心の交流がある暗示。相談事をしても◯。


 よろしかったら一週間の参考にしてくださいね♪



 

 
 

 

 

一番気になる人の話 山岸凉子/レベレーション(啓示)

 去年の暮れ、ネットをうろうろしていたとき、「日出処の天子」や「テレプシコーラ」を描いた漫画家の山岸凉子さんの新作の新刊が出ていると知りました。
 「レベレーション(啓示)」といって、歴史上の実在の人物を描く作品です。
 描かれているのは、ジャンヌ・ダルク、神の啓示に従い、イギリスとの戦争でフランスを勝利に導いたというあの少女です。

 ああ、とうとう山岸先生はそこに行ったのか、と思いました。
 (2015年の今、これを描くのかと舌も巻きました)

 この情報に触れて真っ先に思い浮かんだのは、「日出処の天子」のラストあたりで出てくる厩戸王子(後の聖徳太子)が仏の存在に触れるシーンです。2回ほどあります。
 彼は、「仏は具体的に人を救わないけれど、その存在を感じることそのものが人にとっての救いということなのか?」と語ります。
 山岸先生は、このテーマに再び向かい合ったのかな、とわたしは思いました。
 歴史上の事実として、聖徳太子は死後に子孫を殺されているし、ジャンヌ・ダルクは19歳で異端審問にかけられ火あぶりになります。
 「それ」をかいま見た者に大きな悲劇がもたらされたという意味で、この二人は似ています。

 年末年始はこの作品を入手できず、やっと読めたのは、この前の金沢滞在の帰りの高速バスの中でした(笑)。
 出発前に金沢駅構内の本屋で買って、バスの中で読みました。
 すごい内容で、、一気に読めず、休み休み、でも長いバスの移動中に、読み終えることができました。
 (15世紀のフランスの歴史背景が少し難しいです。同じ名前の人がけっこう出てきます)

 

 ***

 この新刊が出ていると知って夫にその話をしたとき、わたしはわたしにとってあまりにも当たり前のことを言いました。
 わたしが歴史上の人物で一番気になるというかシンパシーを抱くのは、ジャンヌ・ダルクだ、と。
 すると、夫は「知らなかった!」と言いました。
 あれ、、そうだっけ?(笑)
 いやあ、出会って25年でも、お互いに伝わっていないことってあるんですねえ。。。
 どうやら、今までいろいろな話はしつつ、ジャンヌ・ダルクという具体名を使って「その話」をしたことはあまりなかったようなんです(自分で気づいてなかった)。
 「それだけ大きな存在なんだね」と夫は言いましたが。
 ジャンヌ・ダルクのことは、基本的なことしか知りません。詳しくありません。
 詳しくなるのが怖いくらいの人ですから。。
 (でも誕生日が1月6日とされていて、わたしと一緒ということは知っていました。それと、リュック・ベッソンの映画くらいなら見ています、それと、ジャック・ドワイヨンがジェーン・バーキンをジャンヌにして撮った短編作品も見ている。それで充分くらいだった)
 でも常に、なんとなく、頭のどこかで「気になる人」として、その人がいます。
 チャネリングをするようになってからは、なおさらでありました。
 ちなみに、この作品中に描かれるような劇的なチャネリングでは、わたしのものは、ありません。
 けれど、「風」と表されるところとか、描写の温度のような部分で、ああ、山岸先生もチャネラーなのかしら、じゃなくちゃこんなこと描けないなと思わされました。それは、わたしがチャネラーだからだと思います。

 ***
 
 高校の世界史でですかね、初めて意識したのは、ジャンヌ・ダルクのことを。
 この人の話と、「魔女狩り」のことは、わたしの中でセットになっています。
 その頃もうすでに、わたしは占い好きでいたし、とにかく人間の世界にはそういうことがあるということが、ショックだったのです。
 「魔女狩り」については、今までブログに何度か書いてきました。「魔女とキリスト教」という本も読んでいます。
 でも、そういう「魔女狩り」という、わたしにとって恐ろしい「社会的ムーブメント(あるいは「社会における『必要悪』」)」の象徴は、ジャンヌ・ダルクです(ジャンヌ・ダルクは魔女とされたわけではないようですが)。
 
 その人のことを、あの山岸凉子が描いてくれるという。
 こんなに嬉しくありがたいことはないです。
 
 今、男性漫画誌で連載されているようですが、、先を読むのが怖いような気もします。ていうか怖いです(この記事を書くためにジャンヌ・ダルクのWikipediaを読んでても、気が重くなったくらいなので)。
 連載が終わったあと、まとめて一気に読みたいような気もします。
 でもやはり気になるから、新刊が出るたび購入するのだと思います。

 このような、自らの信念に従うことで処刑された人への自分の中にある反応については、まだ書きたいことがあるので、そのうち書けたらと思います。
 すごく気が重いけれど、書かないといけないような気がするから。
 自分の前世(と思われるもの・そう考えると納得ができるもの)に関わることです。


 *おまけ*
 昨日買い物の道すがらで見つけました↓
  160122neko1.jpg
 長毛種の野良ちゃん。

 女性漫画家で猫を飼う人って多いイメージ↓
  160122neko2.jpg
 近所の人気猫、又三郎。





 
 
 

占星術に見る時代の変化

 先ほどの空↓
160120sora.jpg
 
 今、ネットでニュースを見て驚きました。日経平均が600円以上下げたとか。。。
 それで、ついブログを更新しようと思ってしまいました。
 今年に入ってから、なにかすごいことになっているなという感じがあります。
 でも、それは去年にも言っていたことのような気がしますが。。

 ***

 最近のいつだったか、夫が新聞を見て「1989年って星回りどうだった?」と訊いてきました。
 毎週土曜日、読売新聞に、昭和を振り返るという特集があり、89年がすごい年だったと思ったようなのです。
 この年、新年早々日本では昭和天皇が亡くなり、世界では東欧諸国の共産主義が崩壊していき、11月のベルリンの壁崩壊につながりました。
 この年、西洋占星術の星回りは、、、すごかったです。

 西洋占星術では、土星から「向こう」の遠い星は、時代の空気を創ると言われています。
 太陽から離れているため、公転速度が遅く、一つの星座を抜けるのに時間がかかるので、じっくりと影響が出てくるためです。 
 それらの星、天王星、海王星、冥王星を「トランスサタニアン」と呼びます。
 これらの星が、活動宮と言われる、ものごとを動かしていく力が強い星座(牡羊座・蟹座・天秤座・山羊座)に多くいるとき、時代が動くような出来事が起こると言われています。
 そこに、公転周期が早すぎず、年単位で動き、社会的なことに影響を及ぼすとされる土星や木星の動きが加われば、なおさらそうなります。
 そしてそこに、動きがある程度早い星が加わるとき、具体的ななにかが起こるのだろうと思います。

 しかして、89年は、年初から、土星、天王星、海王星が山羊座にある年でした。活動宮の最後の星座で、社会全体に対する意識が強いのが山羊座です。
 冥王星がいるのは「固定宮」である蠍座ですが、蠍座の守護星は冥王星であるため、冥王星の特徴である「破壊と再生を促す」という力が純化されるときであったと思います。
 そして、東欧諸国の共産主義が崩壊していった89年の後半に木星が蟹座(活動宮)に入り、9月には火星まで天秤座(活動宮)に入り、水星も9月に逆行しつつ天秤座にいたため(そして太陽も9月後半に天秤座に入る)、たぶん89年の9月に、怒濤の変化に向けてのトリガーが、どこかで引かれたのではないかなと思います。
 この星回りを見て、わたしは本当に驚きました。

 ***
 
 ひるがえって今の時代、この星回りとまったく同じではないのですが、やはりトランスサタニアンが、活動宮に多い星回りとなっています。
 その状態を、「カーディナル・クライマックス」といいます。
 この形は、冥王星が山羊座に入った2008年頃から始まっているのですが、天王星が牡羊座(活動宮)に入った2011年から加速しているのです。
 なので今、いろいろな場所で変化の時代と言われていますが、占星術でもそれが現れています。
 今年の後半には木星が天秤座に来て、さらに活動宮の要素が加わるし、2018年には土星が山羊座に、そして2020年には木星も山羊座に来るので(この年は天王星は牡牛座に抜けていますが)、、89年に匹敵するような変化があるのかもしれません(オリンピックどうなるんだろう、、開催される夏は、水星・金星が蟹座付近、火星が牡羊座なんですが。。(汗))。
 そのための準備というか、種まきが、今、されているのかなあという印象を持ってしまいます。

 こういうとき、どうしたらいいのでしょう。
 パニックにならないようにするのが一番なのかな。
 
 わたしは、こういう変化のときには、自分もなるべく変化しようと、その強烈な星の力を借りるしかないのかなと思っています。
 変化というのは、自分の心の中のことです。
 自分の中の、基準を変えていくことに使うしかないのかなということです。
 ものごとの選択の基準ということでしょうか。
 選択の基準が変われば、外の世界のこともおのずから変わっていくように思います。
 それでも、否応無しの変化、(一見)望まぬ変化というものにさらされることも、あるのだろうと思います。

 でも、飲み込まれすぎないようにするには、自主的に時代の変化について考えていくしかないのかなと思うのです。
 いろいろなニュースを見て驚きますが、みながその波の中にいるのだなとも思います。


 

 

 
 

テーマ : 占い - ジャンル : サブカル

怒りと愛 (大島渚さんのドキュメンタリー)

 昨日、雪と雨ののち、午後晴れた空↓
160119sora.jpg
 今日もよいお天気です。

 ゆうべ、15日にBS朝日で放送されていた、故大島渚監督のドキュメンタリー番組の録画を観ていました。
 大島渚さんが亡くなって3年ということの特集だったようで、田原総一郎さんも出て語っていらっしゃいました。
 
 わたしも夫も映画が好きで(イメージフォーラム付属映像研究所という自主実験映画作りを教える学校のようなところで出会っています)、それなりに映画を観ていると思っていましたが、大島さんの作品は後期のものばかりを観ていたため、初期のものは亡くなってからまとめて観ました。
 そこでかなり度肝を抜かれていて、こんなすごい映画を創る人だったのかと、生前それを知らなかったことが悔やまれるほどになりました。
 自分たちを映画好きと自負していたけど甘かった、という感じです(でも、それまでそこそこ映画を観てきていたから、初期の映画についていけたのかなと思います。それくらい過激で破天荒な内容が多かった)。
 それから、大島渚という人のこと自体も、尊敬の気持ちを持って見るようになりました。
 亡くなってからなんだけど。。

 ゆうべ観たドキュメンタリーも素晴らしかったです。
 本気で怒ってくれる人でした。
 若い頃は、その意味が分かりませんでした。
 本気で怒るということは大変な勇気と愛情がいることです(「文句を言う」は「怒る」ではない。「ケンカ腰になる」ということも「怒る」とイコールではない。つまり、「勝ちたい」と思うことは、「怒る」ではない。「得をするために計算をして怒りを利用する」というのも「怒る」ではない)。
 大島渚さんは日本という国と、人間存在そのものへの愛情が深くあった人なのだなと思います。
 だからこそいろいろなことに本気で怒っておられたのだと思います。
 そういう人が亡くなってしまったことは大きなことで、田原総一郎さんも、大島さんほど怒る人ではないのかなと思えるし、ご自分でもそのことを自覚されていて、大島さんという存在を胸に生きていくしかないということをおっしゃっておられました。
 
 昨日観たドキュメンタリーでは出てこなかったけれど、以前観た大島さんのドキュメンタリーで、大島さんが今の若い人たち(たぶんわたしの世代もそれにまだ入る)に「君達はもっと怒っていいんだ(国家やシステムに対して)」とおっしゃっているものがありました。
 とっても難しい。
 正しく怒ること。
 今のわたしたちは、いろいろなことを知り過ぎてあきらめモードで、怒る気力すらなくなっている。
 そこそこ平和にやっていけていればそれでいいじゃない、というのも、、なくはない。
 抵抗のための暴力は否定したいし、暴力に訴えないから、現状維持が続いてしまうのかもしれない。
 暴力に訴えた上の世代が失敗しているのも見ているわけだし。。
 「怒る」ってどういうことだろう。

 きっと、大島さんのように芸術や表現でそれを示すのが一番正しくて、、でも今、そういう表現をさせてもらえる場があまりないようにも思えます。
 
 大島さんの奥様で女優の小山明子さんが、最後のほうで、「ものを言えない時代になったと思います」とおっしゃいました。
 
 表できちんとものを言う人は、あまりいなくなったかもしれませんね。
 代わりにインターネットの匿名掲示板でいろいろな意見が見られるけれど、、最近はそれもコントロールされているようにも思えて、おもしろくなくなりましたね。

 時代がそうやって変わっていくことは受け入れつつ、
 白い目で見られる可能性に耐えつつ、
 わたしはこういうものを見たとき、せめてそれをブログに書こうかなと思うのです。

 大島さんの映画の中で、個人的に一番すごいと思うのは「少年(1969)年)」です。

 本当に、ものすごい映画。観られたことを誇りに思える少ない映画の一つ。


 *おまけ* 
 わたしとほぼ同世代、1974年生まれのアラニス・モリセットがデビューアルバムの一曲目で「わたしが欲しいのはなにがしかの正義だ!」と宣言する歌、All I Really Want。

 アラニスの曲の中で一番好きなのはこれかもしれないなあ。。
 この曲を聴いて、ものすごくものすごく鼓舞されていた20年前。。。
 そのアラニスも今では「丸く」なっているもよう。
 やはり怒りを維持するなんて至難の業で、大島さんは本当にすごい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

今週の12星座別タロット 1/18 ~ 1/24

 昨日の空↓
160117sora.jpg
 
 今日は寒くなっていて、東京は夜には雪が降るという話も出ていますがどうなるでしょう。

 今日は午後、新宿でタロットのセッションをしてきました。
 初めてのお客様で、セッションも少し久しぶりでしたが、カードはよく反応してくれたようです。
 初対面の方でもそうやって反応が出るということ、本当におもしろいなと思います(わたしはその方のことを何も知らないのですから)。
 その「おもしろさ」に、わたし自身が救われているような気もします。
 タロットやってよかったなあ。

 家族のことなどいろいろとありますが、時間が合えばセッションはできますので、ご興味のある方はご連絡いただければと思います。まだまだモニター価格で、30分1000円でやっています。
  kitaminori@tbt.t-com.ne.jp

 ***

 母はおととい無事に退院できました。
 自宅での生活に戻れてよかったです。
 家の中を、怪我したほうの膝をかばいながら動いていますが、かばう姿勢が固定されてしまうのがマズいらしいので、自宅でもリハビリで教えてもらったことを続けてもらわねばなりません。歩くときなど、怪我したほうの膝を意識して曲げるようにしないといけないんです(でも伸ばしながらでも日常のことができてしまうので、面倒がるとそちらに傾いてしまう)。

 まだ買い物などには出られないので、わたしはそちらのほうでヘルプに入る感じです。

 ***

 今週のタロットに入りますね。

 まずは占星術からですが、今週、基本の星である太陽が山羊座から水瓶座に移行します。21日です。
 風の要素が入ってくるから少し空気が軽くなりますかね。しかも太陽ですからね。
 ですが、金星が射手座から山羊座に入ってもくるので(24日)、山羊座の強さはまだ続きます。水星も山羊座で逆行中です。
 でもやっぱり、太陽が水瓶に行くのですから、空気が変わると思います。
 山羊でまじめに煮詰めた部分を崩して(破壊するというところまでではない)、自分の納得できる自分なりの形に適応させようとする意志が出てくるという感じでしょうか。水瓶座は個性を尊重して変革を好む星座です。
 まだ山羊の要素は強いので、まじめに煮詰める感じは続きます。そこで生真面目に煮詰めるからこそ、たぶん、自分なりの形にしようと思えるのだと思います。山羊から水瓶への動きというのはそういうことです。
 (わたしは太陽山羊で金星が水瓶なので、このあたりの星座はけっこう掴みやすいのでした。。)
 火星は蠍座です。これは、怒りを感じたりすると長引く可能性のある星回り。さらっと受け流すのが苦手な感じでしょうか。木星は乙女座で、こちらもまじめに分析して効率を上げようと奮闘中、土星は射手座で、宇宙的な視点から問題をとらえられそうです。
 
 年明け4日から風の要素のない星回りで、ちょっとぎゅっとした息の詰まる感じがあったかもしれませんが、風が入ってくるのでまた楽しみですね。 
 こうやって、星は常に動いていて、同じ形でずっといるわけではないので、、運気(強い弱いではなくて、善し悪しでもなくて、運の気がどちらに向かっていきやすいのかということだと思います)は都度変化していて、それもわたしたちにとって救いなのだろうと思います。
 どこか、「天気」と似ているような気もします。違うか。

 タロットのほうは、今週はカップ祭りでありました。6枚って多いですよね。
 煮詰まった空気がほどけてくるから、感情を感じやすくなるということでしょうか。
 次に多いのが大アルカナ3枚ですが、ちょっと強烈カードばかりなのでした。。
 獅子座、蠍座という、太陽が来る水瓶座と同じ「固定宮」の星座が大アルカナ強烈系、水瓶座さんも小アルカナですが、「出たな」とわたしが思うカードでした。
 出なかった種類のカードはないのですが、どれも1枚ずつです。
 やはりカップの多さが気になります。ちょっと気が緩むのかなあ。それも行き過ぎはマズいのかもしれませんね。

 
 
  スザンヌ・スターのユニコーンタロットによる
  12星座別今週の一言メッセージ

    1/18 ~ 1/24

  160117tarot.jpg
 上段左より 牡羊座・牡牛座・双子座・蟹座 / 中段左より 獅子座・乙女座・天秤座・蠍座 / 下段左より 射手座・山羊座・水瓶座・魚座 という並びです。


  ☆牡羊座(3/21-4/20)☆
    Ace of Cups / R:感情に支配されやすいとき。焦らず距離を取ることがカギに。

  ☆牡牛座(4/21-5/21)☆
    Page of Cups:嬉しくなるニュースの暗示。若い男性と交流すると運気UPも。

  ☆双子座(5/22-6/21)☆
    3 of Cups / R:身にならないものに時間とお金を取られそう。暴飲暴食も要注意。

  ☆蟹座(6/22-7/23)☆
    10 of Pentacles:愛情運吉。とくに家族と過ごす時間を大切にすると◯。 

  ☆獅子座(7/24-8/23)☆
    Death:運気の変わり目。終わらせたほうがよいものがありそう。勇気を持って。 

  ☆乙女座(8/24-9/23)☆
    2 of Swords / R:少しずつ答えが見えてきそう。意見の擦り合わせも進むかも。

  ☆天秤座(9/24-10/23)☆
    8 of Cups:人生の新しい局面を自覚するかも。慣れていなくても進むべき。 

  ☆蠍座(10/24-11/22)☆
    The Devil:他者の言動に惑わされやすいとき。関係ないことに対しては線引きを。

  ☆射手座(11/23-12/22)☆
    5 of Cups / R:動揺が落ち着いていく暗示。学んだことを活かして冷静に判断を。

  ☆山羊座(12/23-1/20)☆
    7 of Rods:運気安定。今まで蓄えてきた力を感じられそう。あきらめないで。

  ☆水瓶座(1/21-2/19)☆
    7 of Cups:判断力低下気味。未来に望むことを一つに絞って考えてみると◯。

  ☆魚座(2/20-3/20)☆
    The Hanged Man / R:状況がよい方向へ転じそう。手出しせず自然に任せると吉。


 よろしかったら一週間の参考にしてくださいね♪



 
 
 
 

 
 
 

 

 

 

テーマ : 占い - ジャンル : サブカル

守った人と、守ってほしい人のこと(Howie Day / Ghost)

 先ほど、ネットで、スタジオ・ジブリのアニメ映画「思い出のマーニー」が、今年の米アカデミー賞のアニメ部門にノミネートされたというニュースを見ました。
 わたしはこの映画を劇場で観て心打たれていたので、嬉しくなりました。
 監督の米林宏昌さんは、この映画のあとスタジオ・ジブリを退社されていて、今どうしてるのかなと思って調べたところ、最近はテレビアニメの原画の仕事をされていたようです。
 3話分。
 
 わたしはアニメ業界に詳しくないのでよく分からないのですが、これくらいのキャリアのある人が、テレビアニメ3話分の原画の仕事って、、正直驚きました。
 もちろん、どんな仕事にも意味があって、与えられた仕事はきちんとやるということは大前提で、、でも、そういうことはあるにしても、、そんな仕事しかないのか、というのが、正直な気持ちだったのです。 
 そして、なんだか悲しくて悔しくて泣いてしまいました。
 米林さんも、荒野を歩いているのだな。
 才能がある人だと思うのに。(才能というよりは、この人は誠実さかもしれないけれど、それも才能だと思うし)

 この話を風呂から上がった夫にしたら、夫の職場で夫が聞いてきた荒野の話がいくつか続きました。
 
 荒野っていうのは、、今のこの世知辛い世の中のことを言っています。
 比喩です。

 今年に入ってから、いろいろなニュースがすごいですね。
 いろいろな人が荒野を歩いているんだなと思います。
 荒野の中にいつつも、自分の中の大切なものを守るというのは、一つの大きなテーマだと思います。

 ***

 最近少しブログに書きたかったことがあります。
 30代の頃好きだったアメリカ人シンガーソングライターのことです。
 男性で、Howie Day といいます。今年35歳くらいの人です。
 30代前半の頃、海外旅行によく行っていた頃に聴いていたシンガーです。
 聴いていると広い景色、たいてい砂漠のような景色が見える歌を歌う人です。
 砂漠だけど、殺伐とはしていなくて、乾いているけれど人の心はあって、荒野という感じではない音楽です(ハイウェイが走る砂漠? 人の生活はそこにある砂漠)。
 この人の音楽をMDウォークマンに入れて、旅に出ることがありました。

 といっても、その人のデビューアルバムしか持っていません。
 メジャーデビューしたら、音楽が変わってしまったのです。
 ほぼギター1本で紡がれる世界に、いろいろな音が足されていくことで、美しい砂漠の景色から、平凡なソツのない景色に変わってしまったように思えました。
 メジャーになって、少しは売れていたようです。
 加えて、女性と浮き名を流したり、暴力事件を起こしたなどの「やんちゃな話題」も聞こえてくるようになりました。
 わたしはいつしか、その人の音楽を聴かなくなっていきました。

 ですが、先週金沢に行く前に、急に彼の音楽を思い出し、そのデビューアルバムをiPhoneの中に入れました。
 バスの中で聴いていました。
 今聴いても、やはり好きな世界でした。

 帰宅した後、少し彼のことを調べました。
 暴力事件を起こして逮捕されたあと、しばらく音楽活動を休止して、今はまた細々とライブをしているようです。
 最近のものと思われるライブ映像を見て、ここでもわたしは涙を流しました。
 彼の音楽が、彼の中で失われていなかったのだなと思えたからです。
 
 売れて注目されてモテて周りがうるさくて、イラついて、きっと彼は自分の中の音楽を見失いかけたのでしょう。
 でも、そのまま突っ走らず、音楽を守ることを選んだのかなと思いました。
 そういう選択ができる人だったことが、とても嬉しいと思いました。
 あるいは、音楽を選ぶしか残らないところまで行ったということか。
 それでも全然よいです。わたしにとっては、同じことです。

 興味のない方には申し訳ないですが、彼の音楽を貼りますね。

 Howie Day / Ghost デビューアルバムのCD音源

 
 同じ曲のスタジオライブ映像。売れ初めの頃か?


 最近のものと思われる同じ曲のライブ映像。大人になっていて、音楽も洗練されているように思えた。いや、実験的になっているという感じか。これが彼がしたかったことなのか、という感じ。

 ここまでできるようになれば、もう怖いものナシのように思えるけど、そうでもないかしら。

 売れて「セレブ」となることよりも、自分の音楽(が出てくる場所)を守ったであろう彼を、わたしは賞賛したいと思いました。暴力事件がそのために必要だったのかと思うと、もう少しうまくできればよかっただろうにと思うけれど、アメリカという場所も、才能のある人を食い尽くそうとする場所なのかもしれませんね。
 それに抵抗することも、また大変な精神力の要ることなのだろうと思います。

  

 ***

 話がそれましたが、「思い出のマーニー」の米林宏昌監督のことも、応援しています。
 アカデミー賞取って、新しい創作のチャンスに恵まれるとよいなと、心の底から思います。
 
 「思い出のマーニー」と高橋大輔さんのコラボ動画。
 





 


テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

日々が進む中で考えること

 夕陽に照らされたローズクオーツ↓
  160114rose.jpg

 上の写真の後の夕空↓
160114sora.jpg
 
 昨日は「晴れても寒い関東の冬」がやってきた、という感じでしたね。
 わたしは少し久しぶりに母の病院に行き、母の要介護認定の調査の立ち会いをしてきました。
 母が悪いのは膝だけなので、取れても「要支援1」だと思うのですが、自宅の風呂場に手すりを増設することを検討しているので、取れるなら取りたいということで面談となりました。
 その後地域の包括支援センターに連絡して、家庭訪問を依頼したり。それは来週です。
 いろいろと話が進んできています。 
 父のときもそうでしたが、なにかあれば行政と連携するほうが話が早いし、外部が関わると家族間でエネルギーが煮詰まらないですむので、こういうことは早め早めで対応するのがカギかなと思います。

 ***

 ブログのことを考えています。
 先週、チャネリングを載せたのですが、それを読んだ夫が、もっとこういうことをすればいいのにと言います。
 自分でも、自分が若い頃に自分のチャネリングで「彼ら」から言われてきたことについて、もっと書かないと、なにか根本的な部分で誠実ではないのかもしれないと思うようになってきています。
 だってそれが、わたしの基本にあることの大きなものの一つなのですから。
 「彼ら」から口を酸っぱくするように言われ続けていて、自分の中で当たり前になっていることがあります。
 考えてみると、そのことを、今まで14年以上ネット上でブログを書いてきていますが、あまりまともに(読んで下さる方が注目してくださるための意図を持って)書いていなかったなあと気づきました(←遅い)。

 でも、どうなんでしょう。
 そういう話題ばかりだと、自分(のエネルギー)が浮き上がってしまうかなという懸念があり、たぶんそういうことを後回しにしてきたのです。
 生活者としての視点を失いたくないというのが、わたしの中に強くあるからであったり、勇気の問題だったりいろいろあるのですが。
 そういうことをどうするのがいいのかを、考えはじめています。
 たぶん、書いていく方向です。

 でも今、やはり家族のことがいろいろあるので、なかなかそういう方向に自分を調整しにくいかもしれないのですが、逆に今は一つのチャンスでもあるかなとも思います。
 いろいろあるがゆえに、それをバネにして自分をそこまで持っていくということでしょうか。

 少し精神力が必要とされることかなと思います。
 注意深くあらねばいけないこととも思います。

 ***

 近所のスーパーできれいなストックを売っていました↓
  160114stock.jpg
 目を引くレモンイエロー。
 3本で200円♪ 
 
 カヌレとミルクティー↓
  160114tea.jpg
 母の病院に通う生活で得た、個人的大ヒットは、西武線の所沢駅のエキナカにすごくおいしいカヌレを売るカフェ(ドミニック・ジュラン)を見つけたことです。
 母が退院しても、カヌレを買うために所沢駅に行くことになると思います。

 こういうのは、「生活者」のわたしの視点です(笑)。
 そういう自分も大事です。


 



テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

冬の楽しみ

 最近どこかで拾った画像↓
  160113neko.jpg
 バカだなあ。。。(笑)

 東京都下小平は昨日はとても寒かったですが、金沢も寒くなり雪が降ったそうです。
 昨日、義母が無事に転院できました。とりあえずホッとしました。
 加えてわたしの母も昨日、病院から少しだけ自宅に戻り、家の中でどれくらい動けるか、気をつける箇所はどこかなどのチェックを済ませました。階段もどうにか使えたし、問題なさそうです。これには看護師さんもついてこられて、家の中の写真を撮ったり階段の段差の高さを測っていました。退院までの数日間、リハビリにそういうデータを組み込むそうです。
 
 状況が進んだ一日だったと言えるでしょうか。
 
 わたしは空いた時間はブログも書かず(書こうと思えば書けることはたくさんあるのですが、それが本当に自分の書きたいことなのか分からないというか、、そういう感じです)、ネットでニュースを見たり、「毛玉取り」にいそしんだりしています。
 セーターの毛玉取りと、この前買ったAVOCAの膝掛けの毛玉取りです(AVOCA、けっこう毛玉ができやすかったです)。
 お茶を飲みながら毛玉取りをすると心が落ち着きます。
 冬の楽しみの一つです。
 ですがやり過ぎると首が痛くなるので(ずっと下を向いているから)、そろそろやめて寝る準備をしようと思います。



 

 

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

今週の12星座別タロット 1/11 ~ 1/17

 いつだったか撮ったストック↓
  160110hana.jpg

 ゆうべ兄と話しましたら、わたしが金沢に行っている間に母の退院が決まっていました。
 15日だそうです。 
 それまで、母の怪我と入院関係の用事が目白押しです。
 今日・明日で、わたしは気持ちを切り替えなくてはという感じです(汗)。

 昨日の「いっこく堂」さんのライブは、気晴らしにはなりました。
 でも、、腹話術でライブって難しいだろうなと思っていたら、1時間ちょっとで終わってしまいました。ステージではスクリーンがあり映像も使うので、いっこく堂さんが舞台に立っている時間自体は45分あったかどうか?
 でもそれも、「飽きさせないための工夫」だったのかもしれません。
 まあ、芸はすごいと思えたし、笑えたのでよかったです。腹話術に使うマペットのクオリティが高くて、それも見物だったかなあ。。
 
 こう言ってはなんですが、ちゃんとしたクラシックのコンサート(値段が高いとか有名な人ということでなくて、誠実な演奏を聴かせてもらえる演奏会)に行きたいなと、切実に思ってしまいました。

 ***

 タロットの更新をしますね。

 まず占星術ですが、今週は星の星座移動や逆行開始などはありません。
 なので、年末年始と先週までのばたばたっとした感じは落ち着くのかもしれません。
 ちょうど、世間的にもこの3連休が終われば、やっと「今年が始まる」という感じになりますね。
 この2週間の撹拌のような動きが落ち着いて、「ああ、そういうことか」ということが見えてくる時期になるのかもしれません。
 (それはそれでちょっと怖い?)

 太陽と水星(逆行中)は山羊座、金星と土星が射手座、火星が蠍座、木星(逆行中)が乙女座です。
 山羊座も乙女座も蠍座も根を詰める感じの星座ではあるので、やはり金星と土星の射手座で息抜きのイメージですかね。。
 厳しい状況でも宇宙や壮大な哲学的なことに想いを馳せて、好きな人とそういう大きな視点の話をするのもよいかもしれません。
 
 タロットのほうは、プチ大アルカナ祭りでしょうか、4枚でした。火の星座(牡羊・獅子・射手座)がすべて大アルカナ、そして水瓶座。これは、射手座に金星と土星がいるからでしょうか?
 次に多いのがペンタクルス(コイン)で3枚、牡牛座と山羊座と双子座でした(乙女座でなかったのが少し残念?(笑))。
 厳しい恐ろしげなカードはなかったように思うのですが、天秤座さんがハートブレイクを意味するカードだったのが気がかりです。ハートを守ってください。
 ソード(剣)とカップが少なかったので、理論と感情が対立したりするのでしょうか。

 
  スザンヌ・スターのユニコーンタロットによる
  12星座別今週の一言メッセージ

    1/11 ~ 1/17

  160110tarot.jpg
 上段左より 牡羊座・牡牛座・双子座・蟹座 / 中段左より 獅子座・乙女座・天秤座・蠍座 / 下段左より 射手座・山羊座・水瓶座・魚座 という並びです。


  ☆牡羊座(3/21-4/20)☆
    The Wheel of Fortune:大きな転換期。抵抗せず変化の流れに身を任せるのが◯。

  ☆牡牛座(4/21-5/21)☆
    6 of Pentacles:金運安定。予期せぬ経済的援助や仕事の評価UPがあるかも。

  ☆双子座(5/22-6/21)☆
    King of Pentacles:ビジネス・経済の達人との縁の暗示。よい刺激をもらって。

  ☆蟹座(6/22-7/23)☆
    5 of Cups:消極的になりがちに。過去のことより未来を見つめ考えること。 

  ☆獅子座(7/24-8/23)☆
    The High Priestess:直感力UP。夢の内容に気をつけているとヒントがあるかも。 

  ☆乙女座(8/24-9/23)☆
    9 of Cups:物足りなさを感じやすいとき。新しい目標を見つけるとよさそう。

  ☆天秤座(9/24-10/23)☆
    3 of Swords:傷心の暗示。自分のつらい気持ちは否定せず、受け入れたほうが◯。 

  ☆蠍座(10/24-11/22)☆
    Queen of Rods:行動力のある情熱的な女性と関わると吉。勢いを分けてもらって。

  ☆射手座(11/23-12/22)☆
   The Moon:自分の本心を掴みにくいとき。一人で静かな時間を過ごすことがカギに。

  ☆山羊座(12/23-1/20)☆
    9 of Pentacles / R:金運波乱気味。家財など大事なものを守るよう注意して。

  ☆水瓶座(1/21-2/19)☆
    The Emperor / R:野心がかえって足を引っ張る暗示。周囲から不評を買うかも。

  ☆魚座(2/20-3/20)☆
    4 of Cups:失望を味わいやすいとき。正しい答えは足下にあるはず。


 よろしかったら一週間の参考にしてくださいね♪







 
 

帰宅しています。

 ゆうべ金沢から帰宅しました。
 ブログの更新が空いてしまってすみません。

 義母の右手首の骨折はほぼ完治しているのですが、大腿骨のほうはまだ不安定で、支えがなく自力で立ち上がるところまでまだ行っていません(正面から人が両手を取って立ち上がらせ、手を取ったまま数メートル歩くことはできます)。
 大腸がんがその大腿骨の近くにあり、治療のための放射線があたっていたため、治りが悪い(骨折しやすくなっていた)可能性があると言われました。
 でも、普通でもきちんと骨がつくには1年はかかるそうで、それは母の膝の骨折と同じなのだなと思いました。

 義母は食欲はありますが、認知症が進んでいるのかなという印象でした。

 転院先の病院への挨拶や、現病院の担当の整形外科医への挨拶もできたのでよかったかなと思います。
 転院は来週になりますが、義姉が一人でできるというので任せさせてもらうことにしています。

 金沢で誕生日を迎えましたが、それもまたよかったかなと思っています。

 転院先の病院は、金沢城跡の近くにあります。

 石垣が力強い印象↓
  160109isigaki.jpg

 石川門↓
  160109mon1.jpg

 石川門の周囲もすごくきれいに整備されている↓
160109mon2.jpg
 
 今回、初めて「金沢黒カレー」を食べました↓
  160109curry.jpg
 キャベツの千切りと福神漬けをカレーとごはんにまぜで食べるというもので、おいしかったです。

 金沢は、わたしがいる間はそんなに寒くなかったです。
 ずっと雨の天気でしたが湿気があるし、夜や朝は関東地方のほうが放射冷却で寒く感じられるかもしれません。
 防寒対策していったのですが拍子抜けでした。

 今日はこれから、母が行く予定でチケットを購入していた、腹話術の「いっこく堂」さんのライブ(コンサート)に行ってきます(このライブのためにゆうべ帰宅したのではないですよ!)。
 気晴らしになりそうです。


 

 

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

北美紀筆談チャネリング・14 欲望と意志について(わたしは経験することを選んだ)

 数日前、今年に入ってから撮った空↓
  160105sora.jpg
 3日かな?

 先に書いてしまいますが、わたしは今日はこれから準備をして、金沢に行ってきます。バスです♪
 帰りは8日の夜になるかな。。義姉の仕事が忙しいため、ちょっとだけヘルプに入ってきます。

 ***

 お正月、1日から2日にかけての深夜に、チャネリングをしました。
 去年もお正月にチャネリングをしてそれをブログにしましたが、それを再びしようかどうしようかということも念頭にあったのは事実です。
 でもまずは、最近いろいろとある自分のためにやってみたいという感じでした。

 これをブログに載せるべきか数日考えていましたが、やはり載せることにしました。
 わたしはチャネラーですから、、そこで語られたことが、自分以外の人にもなにか参考になるのでは、と思うと、シェアしたいと思ってしまうのが性のように思います。
 それも行き過ぎるといけないのだろうと思うのですが。
 押し付けるつもりはありません。興味のある方のみ読んでいただければと思っています。

 自分のためのチャネリングは、自分がどん詰まった感じになるとときどきやります。だいたい年に2〜3回ですかね。
 今回の内容は、去年の夏にやったときの内容と少しつながっているように思いました。
 そのとき、結論として、

 人は最終的には正しいと分かっていることしかできない。それに従えるということが自信があるということでもある。そしてその「正しいと分かっていること」というのは実はそんなには多くなく、自分が「欲しい」と思うこと、すべてがその「正しいこと」ではないようだ。

 ということに行き着いていました(でもわたしはこの内容もすぐに忘れるのですが)。
 
 今回のチャネリングも少しそれに似たテーマです。
 わたしの中でそういうテーマが続いているからだと思います。

 
 * * * * * * * *

 美紀:(出てきてもらうとしたら)アリシアですかねえ……。
    こちらの世界では年が明けて、おめでとうと言うタームです。

 アリシア:それはそれは(笑)。おめでとうございます。
      ですがいつかも言いましたように、いつでもおめでとうなのですよ(笑)。

 み:(笑) うん、ありがとう。
   なんかねえ……、おめでたいんだけど、いろいろあるかなー……、わたしにしてはいろいろあるほうかなー、最近。
 
 ア:あなたは、それなりに、人からは分りにくい形で、ずっと「いろいろあった人」なのではないですか?(笑)

 み:ははは。まあ、あまり表に出やすい「いろいろある」ではないのかもしれないから、分かりにくいよね。(笑)

 ア:あなたの心の中のことは、分かっているつもりです。

 み:……。ありがとう。
   まあ……、でも……、学んだことはたくさんあって……、とにかく心の世界が(現実に)呼応するということをずっと学んだ23年だった。(北註:チャネリングが起こってから23年なので)

 ア:それは、ずっと私たちが言ってきたことです。それこそ、あなたに対しては、23年前から。
   (北註:これは、この「アリシア」とわたしが呼ぶエネルギーは、わたし以外の人にも、その人に合わせた形で、こういう働きかけをしているようなので、こういう言い方をしています。つまり、この「アリシア」というエネルギーは、わたしだけに与えられているものではないということです。ですが、この「アリシア」と呼ぶものは、わたしの脳などのシステムを通して表現されたキャラクターではありますので、他の人とまったく同じものとは言えないのです)

 み:なのに、心なんか置き去りにせよ、という世界にどんどんなっていくように見えるよ。

 ア:そうですね、そうであって欲しいという勢力があるんですね。あなたたちに本当のことを知られたくないという人たちです。

 み:うん……、あるいは、心(北註:この場合、情や感情的な面のことを言っている)を重視し過ぎてバランスを崩す人もいる。わたしにもそういう面はある。

 ア:好悪の感情や、快・不快を感じることというのは、「心」を構成するものの一つの側面でしかないんですね。  
   心の本質はもっと深いところにあります。

 み:(その本質とは)「動機」みたいなもの?

 ア:それでもいいですし、意志や欲望と言ってもいいですが。

 み:意志や欲望も間違って使ってしまうことがある。

 ア:でも、欲望があり意志があって、そこから好悪の感情が出てきますね。

 み:うん……。

 ア:意志や欲望のみが、ものごとを作っていくんです。あるいは作らないでいくのです。
   すべては欲望と意志から始まります。

 み:そうなんだよね……。ずっとそういう話は聞いてきた気がするけど、改めて言われると……、自分の欲望の持ち方が間違っていたのかなと、そういう気になってショボーンとするわ(笑)。
 
 ア:(笑)よくあることです。

 み:うん……正しい欲望を持つのって難しい。

 ア:一番深いところまで降りてみて下さい。
   自分で行けると思える、一番深いところまで。
   深呼吸しましょうか……。

 み:(深呼吸)
 
 ア:言ってみて下さい、「わたしの欲望」と。

 み:わたしの欲望。

 ア:そう言ったとき、どう感じますか?

 み:胸が広がる感じ。

 ア:そうですね。他には?

 み:帰りたいって感じ。泣きたい。

 ア:言ってみて、「わたしの欲望」。

 み:(声に出して)「わたしの欲望」。
   なにかなー。……分からなくなってるみたい。

 ア:それは実は、ストレスを生むことなのです。

 み:自分の欲望が分からなくなること?

 ア:そうです。多くの人は分かっていません。

 み:有名になりたいとか金持ちになりたいとか、そんなの全然欲してない。なのにそれに流されそうになるときがある。

 ア:それは「ゲーム」で、刺激的で、人を呼び込む誘惑なのです。それを分かっていてゲームを仕掛ける人たちもいます。

 み:うん……。
   でも例えば、人の助けになりたいとか、よい人になりたいとかも少し違うような気がする、わたしの場合は。
 
 ア:もう一度言ってみて、「わたしの欲望」。

 み:「わたしの欲望」。
   なんか……、なんかイメージだけど、甘くもないし、興奮するものでもないな……。

 ア:そうですね。

 み:もっとこう、スッキリしている感じのものだ……。

 ア:そうですね。

 み:でもそれが具体的になんなのかよく分からない。言葉が出てこない。

 ア:でも、そのスッキリしてどこか強く感じられる「それ」と、共にありたいと思いませんか?

 み:そりゃ思うけど……。
   あー分かった! このスッキリした通りのいい感じに呼応するものを、見てみたいというのはあるかもしれない!

 ア:それはいいですね(笑)。

 み:スッキリした感じを維持したいというのとも少し違って、このスッキリした感じに呼応した世界というか、現実を見たいっていうか……、それが今のわたしの「欲望」かも。

 ア:(笑)いいんじゃないですか。
 
 み:今ピンとするのはそんな感じ……、でもこういうのは詭弁だったり大それていたりするのかな。

 ア:今はそういうことを考えず、自分がスッキリし、しっくりする方向に調整して下さい。

 み:うん……。

   わたしはつまり、この星に生まれるのを欲したんだよね?

 ア:そうです。でなければそこにはいません。
   あなたが望まないこと、欲しないことをさせるという機能が、この宇宙にはありません。

 み:罰とかカルマっていう考え方は?

 ア:それは「そう見えるもの」ではあるかもしれません。ですが、あなたたちはそれを勇敢に望んだからこそ、そこに行くことを選んだのです。

 み:そんな風な考えを受け入れられるのは、わたしに余裕があるからなのかも……。罰としか見えないような生の人もいると思うよ。

 ア:それでも常に、本人の欲望に連動した「同意」がないと、あなたはそれを選びません。受け取りません。そこ(北註:不自由な地上)には行かないのです。

 み:イヤだとは言わないの? 言えないの? わたしたちは。

 ア:言わないのです。それ(北註:言わないこと)を良しよする、そういう機能が、あなた達の中にあるのです。
   (北註:肉体を持って生まれること自体に、そういう問答無用のシステムが組み込まれているいるというイメージの話でした。輪廻転生もあるという前提です。一つの魂・エネルギーが肉体を持つというサイクルに入ることを選択するということは、そういう宇宙の生命のシステムに「No」と言わないということが前提だ、という感じのようです。そして、自ら望んで、そのシステムの中に入るという感じのようです)

 み:ものすごく(世間の)抵抗を生みそうな話ね。

 ア:欲望というのは、好き勝手気ままにすることではないのです。
   もっともっと、高いところから出るものなのですよ。真の欲望というのは。

 み:「よく生きたい」ってこと?

 ア:それも違います。

 み:「経験をする」ってことか!

 ア:それは近いですね。
   そのようなことです。

 み:進化するとか、成長するとか?

 ア:そのようなことでもあります。

 み:ふーん……。
   なんか欲望ってさ、すごく汚いものみたいに言われることもあるじゃん。

 ア:私達が言っている「欲望」とそれは違うものです。本来の欲望は、あなたを汚しません。

 み:去年聞いた話と同じか……。( こちら )

 ア:私達は同じことしか言いませんよ(笑)。

 み:(笑)
   そうだったね。
   問題は、わたしがすぐにずれることよね。

 ア:それも含め、あなたは経験をしていくのです。その場所で。

 み:うん……。しばらく頑張ってみる。
 
 ア:いいですね(笑)。

 み:うん、ありがとう。

 ア:どういたしまして。







 
 

テーマ : 人生を豊かに生きる - ジャンル : 心と身体

今週の12星座別タロット 1/4 ~ 1/10

 近所で梅が咲き始めました↓
  160103ume.jpg
 よい香りでした。「梅ミンツ」食べたくなります。

 八重咲きの椿↓
  160103tubaki.jpg

 白いバラ↓
  160103rose.jpg
 なんて美しいのでしょう。。

 このお正月は暖かいですね。
 昨日は初詣に行って、列で待っている間、陽射しが強くて暑いくらいで驚きました。
 ニューヨークはこの前のクリスマス、20度越えだったとか、、どうしたんでしょう。
 今調べたら、この冬は史上最大級(「ゴジラ級」と言う専門家もいるとか)のエルニーニョ現象が起きているそうです。知らなかった。。
 
 ***

 タロットの更新をしますね。

 まず占星術ですが、先週は星の星座移動が3つもありました。これを書いている今日も、火星が蠍座に入っていくところです。
 今週もちょっとばたつくイメージで、2日に水瓶座に入ったばかりの水星が5日から逆行を始め、9日に再び山羊座に戻り、そこからしばらく山羊座を逆行しながら運行することになります(逆行が終わるのは26日)。 
 水星の逆行はちょこちょこ起こりますが、星座をまたぐエリアなので、前のめりからつんのめる感じが、いつもより強いかもしれません。一瞬かいま見た水瓶座の世界が再び山羊座に引き戻されるので、あれはなんだったんだ、という感じかなあ。水瓶座にいるのは2日から8日までなので、今週は水瓶座の水星が若干感じられるかも。
 水星は12月の中旬から山羊座にいたので、その頃のテーマが戻ってくる感じと言えると思うのですが、今星がいろいろと動いているときなので、落ち着いてそれを感じることはなかなか難しいのかなとも思います。

 水星が逆行するときというのは、ものごとがスムースに前に進みにくくなるということなので、交通の乱れがあったり情報の行き来に乱れがあったりすると言われています。
 いろいろなことを慎重に確認しながらするのがいいそうです。
 わたし自身は、水星の逆行中は、過去(数ヶ月単位のレベル)のことについて気持ちを巡らせて頭を整理できる時期かなと思っているので、そう使えたらいいなあと思います。

 加えて、乙女座にいる木星も8日から逆行するんです。23度付近で逆行なので、乙女座の空気は変わりません。木星は動きがゆっくり目なので、けっこう長い時間逆行します。なんと5月の初旬まで。
 期間の長い逆行なので、即効性のある影響はないのかなと思いますが、逆行が始まるときは少し「引き戻し感」はあるのかもしれません。
 その翌日に水星の逆行が始まりますので、なにか感じられるかなあ。
 水星は山羊座に戻り、木星も乙女座なので、土の星座のまじめで几帳面な空気かなと思います。ゆるみはあまりないかなあ。。「ちゃちゃっとやっちゃえる雰囲気」ではないのかも。
 太陽も山羊座、金星は射手座、火星が蠍座、土星は射手座なので、金星と土星の射手座が息抜きの要素となるかもしれません。ゆるみのなさを、宇宙的な大きな視点を持つことで緩和できたらよいのかも。

 タロットのほうは、今週はソード(剣)が多め(4枚)、大アルカナは3枚でした。
 ソードは理論や知性を司りますが(風の星座に対応)、星の動きもごちゃごちゃするので頭を使うのかもしれませんね。水星の逆行だから確認も怠ったらいけないらしいし。獅子座がちょうど、そんな水星逆行っぽい内容のカードでしたかね。
 あまり激しい厳しいカードはなかったです。水瓶座さんはビシっとしています。
 カップが少なかったので、感情を置き去りにしすぎるのもマズいのかもしれません。

 
 
  スザンヌ・スターのユニコーンタロットによる
  12星座別今週の一言メッセージ

    1/4 ~ 1/10

  160103tarot.jpg
 上段左より 牡羊座・牡牛座・双子座・蟹座 / 中段左より 獅子座・乙女座・天秤座・蠍座 / 下段左より 射手座・山羊座・水瓶座・魚座 という並びです。


  ☆牡羊座(3/21-4/20)☆
    6 of Pentacles:金運吉。経済的な援助やローンに関するよい情報が得られるかも。

  ☆牡牛座(4/21-5/21)☆
    The Hanged Man:いったん手放すことで新しいものが入ってくる運気。休息も大事。

  ☆双子座(5/22-6/21)☆
    2 of Swords:決断力低下気味。視界の曇りが原因かも。ほんとに大事なことはなに?

  ☆蟹座(6/22-7/23)☆
    The Hierophant:新しい発想が得られるとき。他者を観察することがカギになりそう。 

  ☆獅子座(7/24-8/23)☆
    8 of Rods / R:勘違いからトラブルがあるかも。約束事の確認はしっかりすること。

  ☆乙女座(8/24-9/23)☆
    The High Priestess:直感力UP。自然の中でゆったり過ごす時間を持つとさらに◯。

  ☆天秤座(9/24-10/23)☆
    4 of Rods:愛情運吉。大切な人と暖かな時間を過ごせそう。赤がラッキーカラー。 

  ☆蠍座(10/24-11/22)☆
    King of Swords / R:頭脳明晰なデキる男性に要注意。利用されて振り回されそう。

  ☆射手座(11/23-12/22)☆
    5 of Swords / R:誰かとの感情的葛藤が一段落の暗示。しばしリラックスして◯。

  ☆山羊座(12/23-1/20)☆
    Page of Pentacles / R:金運低下気味。不安から行動するのは厳禁、冷静でいて。

  ☆水瓶座(1/21-2/19)☆
    Ace of Swords:運勢強力。白黒ハッキリさせられるとき。悪縁は切って吉。

  ☆魚座(2/20-3/20)☆
    7 of Cups:迷いが出やすいとき。絵や文章を書くことで気持ちの整理ができるかも。


 よろしかったら一週間の参考にしてくださいね♪



 
 
 

 
 
 

テーマ : 占い - ジャンル : サブカル

2016年の元日

 昨日見つけたまだ葉が残るもみじ↓
160102momiji.jpg

 今朝、うちから見えた富士山↓
  160102fuji.jpg
 今日は暖かくなるようです@東京都下小平。
 初夢は見ていたようには思うのですが、覚えていません。

 昨日は兄と母の病院に行きましたが、正月なので院内が静かで独特な空気を感じました。
 いつもは賑やかな街中も、人出がなくて不思議な感じでした。
 それを味わえたのは、ある意味で正月らしい感じのすることだったかもしれません。
 それ以外ではとくにはないのですが(笑)。

 母の膝の骨折のほうは、先日レントゲンを撮ったら順調に経過しているとのことで、リハビリの内容が加速してきているようです。
 夜間のトイレ以外は車いす使用禁止令が出て、病院の中を杖を使いながら歩くようになりました。
 いろいろと調べると、膝が自分の意志で120度まで曲がるようになると、だいぶ日常のことができるようになるみたいなのですが、母は療法士さんの介助つきで120度までは行くようになったそうです。
 120度というと、直角よりも太もも側にけっこう曲げられる感じです。
 このまま行けば、今月中には退院できると思います。
 順調と聞いてホッとしています。

 今日はこれから、夫と氏神さんに初詣に行きます。
 



 


 
 
 

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

明けましておめでとうございます

160101nennga.jpg

 明けましておめでとうございます。

 と、言いつつも、年が明けたという実感がありません。
 夫は昨日も今日も仕事で、これは毎年のことですが、今年はとくに正月気分がまったくない年明けとなりました。

 ゆうべはわたしの実家で兄と3人で一応ですが、年越しそばなどを食べました。
 今日はこれから兄と母の見舞いに行きます(年末年始の一時帰宅はしないことで調整しました)。
 
 去年は、家族との関係などを通して、自分の情けなさを含めいろいろなことに気づかされた1年でしたが、今年もそれが続くのだろうと思っています。
 占いは細々とでも続けたいなと思っています。
 ブログは、今、なにをどう書いていいのか分からない状態ですが、続けていけたらと思っています。

 今年もどうぞよろしくお願いいたします。
 
 
 北美紀
 
 
 
 

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記