地元写真日記

 買い物などで地元を歩いてきたので、道すがらで撮った写真を貼ります。
 いつもそんなことをしていますが、、地元を歩くのが本当に好きです。飽きないです。

 一重の野ばら↓
  160630nobara.jpg
 可憐だ。。。

 ムクゲ↓
  160630mukuge.jpg
 上の野ばらに似ているような。5弁で中心の色が違って。
 一つ前の日記に芙蓉のことを書きましたが、あの写真の花は芙蓉ではなくてムクゲだったもよう。。長々といろいろ書いたのに、失礼いたしました(汗)。
 ムクゲは「木槿」と書くようですが、これはわたしには簡単には読めないです。。。

 クチナシも満開の季節のようです↓
  160630kutinasi.jpg
 本当にいい匂いですよね。子供の頃実家の庭にあったのですが、虫がつきやすくてダメになってしまいました。
 初夏の香りとしてどこか脳内にインプットされているように思います。
 クチナシは「山梔子」。これも絶対読めん。。。

 木々がもこもこ↓
160630kigi.jpg
 夏に向かうなあという感じでしょうか。

 シロツメクサに留まるシジミチョウ↓
  160630sijimi.jpg
 白詰草は読めますかね(笑)。
 シジミチョウ(小灰蝶と書くらしい、、これも難しいけれど、見た目で考えてなるほどという感じ)の、右下の翅の先が傷ついていました。なにがあったのかなあ。

 野ばらの写真を見ていたら聴きたくなった曲、奥田民生さんの「野ばら」を貼ります。

 この曲の歌詞の

  天気予報の確率が高まれば
  君の機嫌がある程度わかるのだ
  と そういうわけには いかないかなあ


 というところがとても好きです。
 夫もそんな風に思うこともあるのかなと思うと、日々を大事にしようという気持ちになります。


 *おまけ*
 昨日電車に乗っていて、ものすごく個性的なバックパックをしょっている若い男性がいました。
 全体が大きなミミズクの形をしていて、とてもよくできています。
 驚いてしげしげ眺め、、電車を降りるとき、その子の後ろにまわって、タグのブランド名をチェック(笑)。
 検索したら出てきました。
 動物の形のバッグを作る「morn creations」という会社みたいです。
  
 20代前半のわたしだったら、買っていたかもしれない。。。
 こういう楽しいものを作る会社があるとは。






スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

昔の日記帳から出てきたもの

 先日撮った芙蓉(フヨウ)の花↓
  160628fuyou.jpg
 夏の花というイメージですが、芙蓉ももう満開のようです。
 アジサイと芙蓉が同時に咲いているのを見ると、芙蓉がなにか「先取り」しているように思えます。
 「芙蓉」という字面はなんとなく好きです。昔からあるお花の名前についている漢字って、どことなくきれいですよね。アジサイも紫陽花と書くほうがきれいに思えます。今、今の時期のお花の名前を打ち込んで変換してみて驚きました。忍冬。こう書いて「スイカズラ」ですよ? これにはびっくり。だって初夏のお花だしきれいなオレンジだし。「冬」という字が出てくるなんて、、、これはこれで、あまりにも風情があります(冬でも枯れずに残っているからこう書くのだそうです。ニンドウって読んでもいいそうです))。

 なんの話が続いているんでしょう。

 ええと、昨日なんですが、義姉の引越しが無事済んだようで、ちょっとここでも大きく一段落という感じなんです。
 遺品整理も含め、一人でやりきった義姉はほんとにすごいです(言い訳というかしますが、何度も手伝いにいくと言ったのですが、業者にも頼むからいいということでした)。
 わたしの母の膝のリハビリも続いていますが、まあ悪いことにはなっていないので、偶然重なりましたがここにきて、本当にいろいろと一段落かなという感じです。
 嬉しいです。
 
 例によって、一段落後の「ぽかーん」が来るかなという思いもありますが、本気の「ぽかーん」はちょっと前にあったと思うし、ひどい風邪で数週間身体も調整させられたし、ひどい「ぽかーん」にはならないかなとは思います。
 個人的には、先週は星回りと世界の動向を気にし過ぎていて、そこで若干疲れたかなあという感じがあります(汗、バカじゃねーの、と言われますよね。。。でも星回りはやはり世界に対して、ある程度の影響があるんだとの想いが強まりました)。

 あんまりセンチメンタルになってはいけないとは思うのですが、義母のガンが発覚してからのことを思い返したり、その間学んだというか、体得(?)したことについて頭を整理しようとしています。
 その中で、ちょっと混乱したので、年表にして自分の身の上にあったことなどを、時系列順で書き出したり。
 けっこう長いスパンですよ。2008年から、一応書き起してみました。この年が、わたしにとって一つのターニングポイント(なにかが終わって始まったとき)であったと思うからです(その後は2013年も大きなポイントです)。
 大きな節目を感じるとき、そういうことをしたくなってしまうんです。
 それで、以前にもこういうことをやったことを思い出し、昔の日記帳(というかチャネリング帳、チャネリングを筆記するために使っているノート、日記のように使うときもある)を引っぱりだして、2001年からの「年表」も見返したりしました。
 改めて見てみると、なにやらいろいろあったなあと思いました(誰でもそうだろうと思いますが。。。)。

 その昔の日記帳から、読売新聞にある、俳句などを載せるコーナーの切り抜きが出てきました。
 それを読んだら、なにかすっと気持ちが落ち着いた部分がありました。
 頭が少し興奮状態になっていたと思うのですが、そういうとき、「よい芸術(他者が心を込めて創ったもの?)」に触れると、なにか頭に「隙間」ができて、ふっと気持ちが軽くなったりするのかもしれません。
 だから、わたしはいろいろなものを見聞きするのが好きです。

 その後気持ちが落ち着いたので、少しだけチャネリングをしました。
 個人的な内容で、あまり他の人に参考になるような内容ではないと思うので、今回はブログにはしないでおきます。
 そのかわり、日記帳から出てきたその俳句を、転載します。
 読売新聞に、2012年の元日から11日まで載っていたもの10首で、台湾の人たちが詠んだものです。
 終戦まで台湾では日本語が使われていて、その間に短歌や俳句を知った人たちが、今でも詠んでいるのだそうです。
 弧蓬万里(こほうばんり)さんが編集された「台湾万葉集」からのものだそうです。

 
  日本語のすでに滅びし国に住み短歌(うた)詠み継げる人や幾人(いくたり) 
   弧蓬万里(こほうばんり) 2012.1.1

  指を折り短歌(うた)詠み居れば忘れ居し大和言葉が次々と湧く 
   高秀(こうしゅう) 2012.1.3

  束(つか)の間の人生なれば白きもの黒と言ひはるを強いて咎(とが)めず
   呉玉梅(ごぎょくばい) 2012.1.4

  現実を貪(むさぼ)る人の口達者「すたれゆく世を憂ふ」とぬかす 
   李嘉欽(りかきん) 2012.1.5

  子や孫の優しさ遂(つい)に寡婦我の虚(むな)しさ埋(うず)む事の叶(かな)わず 
   高淑英(こうしゅくえい) 2012.1.6

  すめらぎと曾(かつ)て崇(あが)めし老人の葬儀のテレビにまぶたしめらす
   弧蓬万里(こほうばんり) 2012.1.7

  古希(こき)の山超え去り逝きて寂しさの果てなむ国に親を訪ぬる 
   洪長庚(こうちょうこう) 2012.1.8

  先生は十九歳と聞きて童(こ)ら舌をば巻きぬ父の初教壇に 
   江苑蓮(こうえんれん) 2012.1.9

  「間違ひぢやなかつたよ 君との結婚は……」斯(か)くしみじみと夫(つま)言ひ呉(く)れぬ
   江惠蓮(こうけいれん) 2012.1.10

  プロ野球のテレビに見入り五分間を待たせし患者半額にする 
   荘啓東(そうけいとう) 2012.1.11

  
 
 
 
 
 

 

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

今週の12星座別タロット 6/27 ~ 7/3

 昨日見つけた花↓
  160626acanthus.jpg
 アカンサスという名前らしい。

 昨日は久しぶりのエリアまで散歩して食事してきました。
 地元でも久しぶりに行くエリアは、お店がなくなっていたり、知らない建物ができていたりします。
 ずっと同じってないんだなあと思います。

 写真を貼ります。

 あじさいの公園にある池↓
160626ike.jpg
 
 蓮がつぼみをつけていました↓
  160626hasu.jpg
 小さめのお花ですが、咲いているものもありました。きれいでした。

 アジサイの季節も中盤を過ぎたところでしょうか↓
  160626ajisai1.jpg

 ピンクのところがきれい↓
160626ajisai2.jpg

 カシワバアジサイ↓
  160626ajisai3.jpg

 ***

 今週のタロットに入ります。

 まず占星術からなのですが、今週から本格的に「蟹座祭り」となります。
 太陽と金星が蟹座にいますが、ここに水星が双子座から移動してきて加わります。30日です。
 火星は蠍座にいますが、同じく30日に順行に転じます。
 蟹座も蠍座も水の星座でそこに星が多いです。水の星座は感情や人間関係と関わるので、なにか対人面で濃密な感じがするかもしれません。
 木星は乙女座で、土星は射手座です。女性星座(水の星座と土の星座)が多い星回りですね。風の星座がなくなります(双子座さんは星の集中から解放されてスッキリするかもです)。

 先週は活動星座の蟹座タームらしく、世界が驚くようなことがありましたが、今週は、そのことで起こった衝撃をどうしていくか、いろいろと人間同士、感情を闘わせながら、調整しなくてはいけないんだろうなあと思います。
 けっこう濃くて大変なやり取りをしなくてはいけないんだろうなと思います。
 ケンカっぽくなることもあるかもしれません(汗)。

 わたしの個人的なことでは今週は、義姉の引越しがあるし、母方の叔父の一人が今日亡くなったようなので、そのことで少しばたばたするかもしれませんし、他にもいくつか調整することがありそうな感じです。
 わたし自身は男性星座(風の星座と火の星座)が多いホロスコープなので、感情が濃密な感じは得意ではないんです(汗)。
 でも、星回りは変えられませんから、気をつけながらやっていけたらと思います。

 星の角度のほうでは、明日の27日に、双子座後半の水星と牡羊座天王星が吉角、水星と蠍座火星が影響が分かりにくい凶角、蟹座金星と射手座土星も分かりにくい凶角があります。ちょっとケンカっぽい角度かなあ。
 28日には金星と魚座海王星が吉角なので、ここでホッと一息つけるかも? デートではロマンチックな空気を楽しめそうです。
 今週は背景として、乙女座木星と山羊座冥王星の吉角がずっとあります。これはよい星回りなんですが、根底からの変化も促されそうなもので、じわじわと後ろから効いてる感じかなと思います。よい星回りなので、よい影響があると信じて進むしかないのかなと思います。

 タロットのほうはまあまあ種類がばらけた感じになりました。大アルカナは3枚です。
 あまり怖い感じのカードは出なかったです。
 獅子座さんは好調な感じですかね。
 星の集中する蟹座さんは、感情が刺激されそうなので、理論派な人と関わるとよいかもです。ソードは理論を表すので。
 魚座さんは「出たなカード」です。
 全体的にソードが先週と同じく少ないので、もし感情的になりすぎたら理論や理屈に立ち返るのが、やはりよいのかもしれません。感情のリセットにはなるのかも。


 
  スザンヌ・スターのユニコーンタロットによる
  12星座別今週の一言メッセージ

    6/27 ~ 7/3

  160626tarot.jpg
 上段左より 牡羊座・牡牛座・双子座・蟹座 / 中段左より 獅子座・乙女座・天秤座・蠍座 / 下段左より 射手座・山羊座・水瓶座・魚座 という並びです。


  ☆牡羊座(3/21-4/20)☆
    9 of Rods:リスクは犯さないが吉。確信が持てないのなら何もしないのもアリ。

  ☆牡牛座(4/21-5/21)☆
    2 of Pentacles:二つの責任の暗示。エネルギーと時間をやりくりして維持して。

  ☆双子座(5/22-6/21)☆
    6 of Pentacles:仕事・お金の面で援助運あり。期待に応えられるよう努力を。

  ☆蟹座(6/22-7/23)☆
    Queen of Swords:キツい性格で仕事のできる女性と関わると◯。よい視点をもらえそう。 

  ☆獅子座(7/24-8/23)☆
    The Sun:吉運。なにかが達成されたりそのめどがつきそう。感謝の心を忘れずに。 

  ☆乙女座(8/24-9/23)☆
    7 of Rods / R:自分の弱点を自覚する機会があるかも。めげずに進むのが◯。

  ☆天秤座(9/24-10/23)☆
    Queen of Pentacles / R:キャリアある野心家の女性に振り回されそう。うまくかわして。 

  ☆蠍座(10/24-11/22)☆
    4 of Cups:失望感を感じやすいとき。理想の中より目立たない足下に答えはありそう。

  ☆射手座(11/23-12/22)☆
    The Emperor / R:周囲を支配したくなりがちに。反感を持たれないよう要注意。

  ☆山羊座(12/23-1/20)☆
    5 of Cups:過去の失敗に目が行きがちに。反省はして、未来を見据えるのが◯。

  ☆水瓶座(1/21-2/19)☆
    Page of Pentacles / R:仕事面で残念な知らせがあるかも。自信のなさの克服がカギ。

  ☆魚座(2/20-3/20)☆
    The Wheel of Fortune:運気の大きな転換期。コントロールせず流れに任せるのが吉。


 よろしかったら一週間の参考にしてくださいね♪




 
 

 

テーマ : 占い - ジャンル : サブカル

ブレクジットと昨日見た夢

 昨日の空↓
160624sora.jpg
 昨日は晴れていたけど、今雨が降っています@東京都下小平。
 銀行に行こうと思っていたけど、、家から出られない。。。

 今朝、夫を仕事に送り出したときは「イギリスEU残留だって」「そりゃそうだよね、まあね」という感じだったのですが、、その後ニュースも見ないでダラダラし、二度寝して(ずぼらですみません)、昼頃起きてiPhoneでまず日経平均株価をチェックしたら、−1000円とかで、いや桁違うだろと思ったけど、二度見してもそうで、慌ててニュースサイトを見たのでした。
 いやいや。。。。言葉もないって感じですよね。

 先ほどイギリスのキャメロン首相が辞任するというニュースも入ってきましたが、NHKの国際部の女性記者さんの顔色がお悪くなっていらして、、、やはり大変なことが起こっているんだな、と。
 ヨーロッパの株価も大変なことになっていますね。。

 思ったのは、世論のコントロールがもう、「支配者」側の思惑通りには、できない世界になっているんだな、ということでした。
 ネットの力も大きいのでしょうか。
 それくらい、ヨーロッパは移民の問題が大変ということでしょうか。
 先日読んだネットの記事では、イギリスの田舎の街に東欧からの移民が増えて(でも英語もできないし馴染もうとしないとか)、医者の予約が取れなくなっていたり、地元の子供が定員オーバーで地元の学校に通えなくなってきている事態が起こっているそうです。
 移民に仕事を奪われているだけではなくて、そういうこともあると話を聞くと、それでも寛大でいろとは言えないかもしれないと思ったりもします。
 医者の話は痛いですよね、、ヘタすりゃ命に関わることですから。。。
 ヨーロッパの他の国でもEU脱退の動きが出てくるだろうとのことです。

 ***
 
 イギリスは西洋占星術の本場と言われているのですが(「英国占星術協会」というのが有名で、日本の有名な占星術の先生もそちらに入っていたりする)、今しかなかったのかなあ、投票日。。。と思ってしまいます。
 でも去年はギリシャは持ちこたえたし、まさか本当に「離脱」になると思わなかったのかな。。。
 蟹座の時期にこういうことをすると、本当に「動いてしまう」と思うのですが、だからなのかな。。
 とにかく大変なことになったのだなと思います。

 ***

 昨日、見た夢があるんです。
 
 わたしはどこか都会の高層ビルにいて、窓から遠くが見えて、竜巻が発生しているのに気がつくんです。
 巨大な竜巻でした。
 あの下にいたら、大変なことになるだろうと思いました。
 とにかく頑丈なビルの中に入らないと逃げられないと思い、自分のいるビルなら大丈夫だろうと思います。
 しばらくすると竜巻が近づいてきていて、その大きさにビビります。
 大きなビルにいるけれど、ガラス張りなので、窓際などは割れたりしたら危ないと思い、ビルの中心部分に自分はいようと思っています。
 建物の中では背広姿の男性などが竜巻に対処しようと、右往左往していますが、わたしは「窓には近づかないで中心にいなよ」と思っています。
 そんな夢でした。

 竜巻の夢を見るのは初めてで、夢判断のサイトで調べてみたら、大きなトラブルの暗示があるそうです。
 でもわたしは冷静に見ていたし、対処法について自信もあるので、「トラブル」はわたしには実害はなく、周囲で起こることだと言えそうです。
 わたしの周囲でのことを言えば、今は義姉の引越し問題ですが、もう日程も決まっているし、あとは新しい家電の調達をどこでするかが問題で、そんなことを話している状態です。
 家電、うまく見つからないのかな、と思ったり、、、でも量販店に行けば買えるものだし。。。
 あとは、トラブルになりそうなものは特には思い当たりません。

 でも、今日のこのニュースを見て、竜巻はこのことだったのかも、と思いました。
 世界は今、竜巻が発生していると言えなくもないのかも。

 わたしは夢の中で、建物の中心部にいれば大丈夫と思っていて、それを他の人にも言いたいと思っていました。
 だから書きます。

 建物の中心っていうのは、たぶん、「自分自身」の中心ということだと思います。
 窓には近づかないということは、表面的な外の出来事に振り回されないということだと思います。
 自分自身の中心というのも抽象的な言い方ですが、、たぶん、普通のことなんだと思います。
 家族とか、健康とか、まずはそういうこと。日々の基本的な地道な暮らし。
 そして自分がずっと温めている大事な思いなどを、見失わないようにすることかなあ。
 
 否応なく、その「竜巻」に巻き込まれる方もいらっしゃるかもしれないけれど(株やっている人とか?)、そういう人も、「建物の中心」にいることを心がけたらいいのかもしれない。
 いや、窓からの眺めもきれいだったりするし、わたしは窓際にいるのが本来好きなのですが。。。

 頑丈な建物の中心にいたい、という感覚も、すごく蟹座的だなあと思いました。
 わたし自身は、しばらくそういう感じでいたいと思います。

 
 
 
 
 
 
 
 
 

テーマ : 心の持ち方 - ジャンル : 心と身体

浮つき系つれづれ日記梅雨版

 先ほど月が少し出ていましたが、まだまだ梅雨明けにはいたらないようですし、九州では大雨で大変な被害が出ているようです(被害に遭われた方にはお見舞い申し上げます。。泣きっ面に蜂ですよね。。)。 

 先週出かけたときに、8年くらい使ってきた折りたたみ傘が壊れてきているのに気づきました(たたむときに骨がすぐに縮まらなくてかなり苦戦する)。
 夫の折り畳み傘も布が骨から外れてきている箇所があるとのことで、夫婦で折りたたみ傘を新調することに。
 折よくいつも覗いているネットショップのタイムセールで、ドイツの折りたたみ傘専門ブランド「Knirps(クニルプス)」が安くなっているのを見つけたので購入。
 定価だと安くないのですが、たぶん型が古いものなので無印良品で売っている折りたたみ傘と変わらない値段(3000円くらい)で買えました!

 昨日届いた、左が夫の、右がわたしの↓
  160622kasa2.jpg
 夫のものはとてもコンパクト!

 開くとこんな感じ↓
  160622kasa1.jpg
 ピンぼけすみませんが、、骨の広がり方とか素材が「工学的」って感じがして、ドイツっぽい感じがする!
 それにすっごく軽い!
 よい買い物をして気分が上がりました!

 ***

 と、浮ついた感満載のブログですが、今って水星が厳し目の星回りなので、たまにはいいやと思いまして(「たまに」じゃないかな?)。
 シリアスで込み入ったことを書くよりは。。。
 ていうか、昨日、iMacが突然インターネットにつながらなくなって(なにもしていないのに)、再起動してもシステム終了しても変わらなくて四苦八苦しました。
 結局パソコンとルーターのコンセントを抜いたら復活しましたが、これって、水星のアスペクトの影響かなあと思ってしまいました(水星はインターネットの分野にも関わると思うので)。

 パソコンのトラブルがあるとどっと疲れてしまう人間なので、その後しばらくふて寝でゴロゴロしてから、新しい折りたたみ傘を持って、仕事が休みだった夫と、近所の氏神さんにお参りに行きました。 
 このたび無事に義姉の引越しが決まったので、、とりあえず、これも大きな区切りになることなので(ここのところ毎週わたしは義姉と電話でいろいろ話していて、無事決まるかどきどきしていました)、氏神さんにお礼とご報告です。
 本当は奈良の春日大社さんにもお礼に行きたいくらいですが、ちょっとやはり遠いので、また機会を見てということで。。。でも毎朝欠かさず、お札などに向かってお参りしています(先月からこのときに「般若心経」に加えて、「唯識三十頌」(春日の神様がお護りされている法相宗のお経)も読誦しています! 今、三頌目まで覚えた! 道は長そうだ!)。

 天気予報では今夜雨になるという情報もありましたが、結局氏神さんとファミレスからの帰りにも雨には降られませんでした。
 新しい折りたたみ傘を使うのはいつになるでしょう。

 ***

 先ほどテレビでかかっていて、つくづく今の時期にいい歌だなと思ったものを貼ります。
 すべてのバージョンがよいですよ! ぜひ!

「雨にぬれても/ Raindrops Keep Falling On My Head」

 オリジナル、B.J.トーマス版 明るい中に切なさもあってやはり素晴らしい!

 涙が出そうな優しい音楽。バート・バカラックって詳しくないけどやはりすごいんだなあ。。。
 歌が終わったあとのトランペットのパートもすっごく好き!

 わたしはこれが一番好きかも。。。ディオンヌ・ワーウィック版
 メロウでエレガントでロマンチック、三連符の使い方がクール!

 ピアノの音が入ってるんだもの。。。でも歌が終わったあとがオリジナルに較べてあっさりかなあ、、そこはオリジナルが好きだなあ。。

 なんと、マイケル・ジャクソン版もあった。これも泣きたくなる。。。

 マイケル、この曲好きだったんだろうな。。。

 
 *おまけ*
  毎度のアジサイ↓
  160622ajisai2.jpg
 アジサイの写真の「在庫」の処分が進んでまいりました(笑)。



 
 
 
 
 

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

満月の日のつれづれ

 つい先ほどの空、昇りはじめの満月アリ↓
  160620moon.jpg
 これはほんの数分前ですが、今はバケツをひっくり返したような雨です@東京都下小平。
 この少し前に大きな雷の音がしていました。
 今夜は満月(射手座満月)ですが、今は厚い雲の向こうに隠れました。

 今日は満月だったのかあ、と月を見て思いましたが、わたしは満月はけっこう苦手です。
 感情過多になる感じがします。
 実は昨日の朝、亡くなった父が出てくる夢を見て、それからなんとなくおセンチな気分が続いています。
 
 夢の中でわたしったら、父の手を握って、「死なないで、わたしを置いて死なないで」と言ってしまっていました。
 父の困ったような顔ったら。。。ごめんごめん(汗)
 そういう「本心」も、自分の中にあったんですかねえ。
 恥ずかしいもんだなあ。
 そんなこと、言ったことなかったし、思ってるつもりもなかったんですけどね。 
 そしてとっくに父は亡くなっていますが。
 ていうかこれって、子が親に言うことじゃないっすよね(汗)。
 ダメだなあ。

 なんだか感情がおかしい感じで、昨日からテレビドラマを見ては泣けています。
 「真田丸」に、録画しておいた「トットてれび」の最終回(満島ひかりはすごいなあ)。
 そして先ほど録画しておいたのを見ていたのは、テレビ放送されていた是枝裕和監督の映画「海街 diary」(4姉妹の家族の物語でした。長女役が綾瀬はるかさん)。
 どれにも反応して少し泣けてしまいました。
 でも、満月だからと考えれば納得です。

 ***

 最近、ここ数ヶ月で、思うことがあります。
 長子という立場の人たちの、なんというのか、すごさ。

 夫は姉のいる長男(弟、末子)、わたしは兄のいる長女(妹、末子)ですが、先に生まれた上の人の、「家族」に対する思いと、わたしたちのようなあとで生まれたものの家族に対する思いって、少し違うのかもしれないということに、遅ればせながら、この歳になって気づきはじめました。
 いろいろなことがあったので、見えてきたものがあるのです。
 若い頃には見えなかったことが。
 
 「責任感」という言葉で言ってしまうと簡単だし、わたしたちにだって「責任感」がまったくないわけではないと思うのですが、なにかたぶん、ちょっと違うんです、長子の持つものとは。。。
 そこには、少しだけ「支配欲」はあるのかもしれないけれど、義姉も兄も「暴君」ではないし、なんなんだろう、あれ。
 なにか違うんですよね。
 それを具体的にこれこれこういうものだ、と言えないのです。それはわたしも夫も末子だから分からないからかもしれません。
 
 そんなことは当たり前のことなのかもしれませんが、今までその「違い」にあまり気づいていなかったので、新鮮な感じはあります。
 今でも、そういう新しい発見のようなものがあるって、おもしろいなと思っています。
 よく知っているつもりの「家族」でも、まだまだいろいろありますね。
 そういうことなのかあ、という感じがしています。

 と、ここまで書いたら雨が弱まったようで、音がしなくなりました。
 もっと降っていてもよかったのにな。

 アジサイ↓
  160620ajisai.jpg

 
 
 
 
 
 

 

 
 
 

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

今週の12星座別タロット 6/20 ~ 6/26

 いつかのどこかの空↓
160619sora.jpg
 今日は曇って蒸し暑いです@東京都下。

 昨日、初めてサントリーの「贅沢ヨーグリーナ」を飲みました。
 話題の商品らしいですが、おいしいですね。
  

 ***

 今週のタロットに入ろうと思います。

 まず占星術からなのですが、先週、またアスペクト(星同士が作る角度)の見落としがありまして。。。(汗)
 射手座土星と魚座海王星が、昨日18日から今日まで凶角を形成しています。星の運行の関係で、来週また同じ角度が戻ってきます。
 これは現実を冷徹に見極め制限を加える土星と、「無意識」の力を受けて夢を追い求めがちな海王星が柔軟星座で作る凶角であり、ちょっと気になるものです。
 うーん。

 とりあえず、星の位置の話に入りますが、今週は「双子座祭り」が解消され、「蟹座ターム」となります。
 太陽が21日に双子座から蟹座へ移行、金星も蟹座にすでに入っています。水星は双子座、火星は蠍座、木星は乙女座、土星は射手座です。
 占星術には「5度前ルール」というものがあって、星が境界線の近くに来ると、その5度前くらいから次の場所の空気がしてくると言わるものです。
 だから、今はもうすでに蟹座の空気がけっこうしてきていると思います。

 先週も書きましたが、蟹座は身内意識が高い星座で、自分の所属するコミュニティを守りたい星座なのです。水の星座ですから他者への気遣いはあるし、活動星座なので積極的に自分から動く性質もあります。
 これらの性質が悪く働くと、意見が異なる他者に対しては排他的になったり、攻撃的になるとされています。それは、防衛意識からそうなるのですが。
 蟹座が強くなってくると、そういう防衛本能が強く働く感じになると思います。
 そういう部分で、蟹座は少し気になる星座なのです。

 去年も、太陽が蟹座に入った頃、世界の情勢が荒れ気味となりました。
 中国の株価が暴落し(その後夏には取引中止企業が出てくることにもなった)、EUではギリシャ問題が大変で、緊縮財政を受け入れるかどうかの国民投票が行われたのも、蟹座太陽タームでした。
 今年もなんだか大変そうで。。。 
 イギリスのことです。EUから離脱するかどうかの国民投票が23日にありますね。
 蟹座が強い時期だし、土星と海王星の凶角の影響もあるだろうし、気になるところです。
 これ、「離脱」になったら、世界全体への影響がものすごそうですから。。。
 
 星の角度の話をしますと、21日に、双子座水星と魚座海王星が凶角。その後22日に水星と乙女座木星も凶角。22日には、影響が見えにくい角度でありますが、凶角が、同じく双子座水星と山羊座冥王星で形成されます。
 水星は、情報やコミュニケーションを司る星で、それが凶角を形成しているので、このイギリスの投票を前に、世界中が「混乱しがち、頭を悩ませる」ということになるのではないかと。
 星回りだけを見ると、あまりよい判断ができる状態ではないのではないかなと思います。深刻になるというよりは、楽観的になりがちな星回りかなあ。。
 先日、イギリスで女性議員が殺害されましたが、この事件がなければ、離脱の方向に行くのだろうなとわたしは思っていたのですが、このことで、残留となる可能性が高まったとされているようですね(死亡したというニュースが流れた途端に、ヨーロッパの株価が上昇して、円が売られたようなので、「世界(人間)」って本当に怖いなあと思った次第でした)。
 
 偶然だとは思いますが、去年も今年も、蟹座タームに世界的に大きな動きがありそうなので、わたしはハラハラしながらニュースを見ていくことになると思います。
 ついそういうことに夢中になってしまいますが、個人の人生にも、今のこの星回りは影響を及ぼすので、防衛意識が高くなって人と衝突したりしないよう、気をつけているのがよいのだろうなと思います。
 少し落ち着くまで重大な決断は待ってみるとか。今週は、水星が難しいので、週の後半までは様子見でいるのがよいかもしれません。
 26日に、乙女座木星と山羊座冥王星が吉角を形成するので、そのときにはよい流れができるかなという気もします。

 タロットのほうは、今週はペンタクルスが4枚と多かったです(大アルカナは2枚)。後半の星座に続きました。
 そんなに怖い感じのカードはなかったと思います。
 ソードが出ないなと思っていたら、最後の魚座でビシっと出てきて、なんだかかっこよかった(笑)。
 ソードが少ないということは、やはり冷静な判断がしにくいときなのかもしれません。
 星回りも気になりますし、気をつけていたいなと思います。

 
  スザンヌ・スターのユニコーンタロットによる
  12星座別今週の一言メッセージ

    6/20 ~ 6/26

  160619tarot.jpg
 上段左より 牡羊座・牡牛座・双子座・蟹座 / 中段左より 獅子座・乙女座・天秤座・蠍座 / 下段左より 射手座・山羊座・水瓶座・魚座 という並びです。


  ☆牡羊座(3/21-4/20)☆
    3 of Rods:運気の変わり目。発見や新しい関係を始めるチャンスもあるかも。

  ☆牡牛座(4/21-5/21)☆
    Knight of Cups:気が利く優しい男性と縁がありそう。相談事をしてみると◯。

  ☆双子座(5/22-6/21)☆
    Page of Cups / R:人間関係で疲れがちに。一人の時間を持つのがよさそう。

  ☆蟹座(6/22-7/23)☆
    7 of Rods:思いのほか踏ん張りの利くとき。あきらめないで進めて吉。 

  ☆獅子座(7/24-8/23)☆
    Strength:健康運良好。心も落ち着き、頭が冴えてよい判断ができるとき。 

  ☆乙女座(8/24-9/23)☆
    Justice / R:周囲にトラブルの暗示。口出しせず、どうしてもなら専門家に相談を。

  ☆天秤座(9/24-10/23)☆
    Knight of Rods:押しが強い男性と関わると◯。旅行や引越の話は進めてよさそう。

  ☆蠍座(10/24-11/22)☆
    8 of Pentacles:仕事運吉。日々の積み重ねから新たに見えてくるものもありそう。

  ☆射手座(11/23-12/22)☆
    7 of Pentacles:短気は損気。今までやってきたことを信じて続けることが大事。

  ☆山羊座(12/23-1/20)☆
    King of Pentacles / R:地位とお金のある男性に要注意。無謀な冒険も避けること。

  ☆水瓶座(1/21-2/19)☆
    Knight of Pentacles / R:働き過ぎの暗示。体調に影響が出る前に休みを取る方向で。

  ☆魚座(2/20-3/20)☆
    Ace of Swords:最近のテーマに決着がつきそう。こだわりを断ち切るチャンスも。


 よろしかったら一週間の参考にしてくださいね♪



 
 
 

 
 
 

テーマ : 占い - ジャンル : サブカル

母の退院

 昨日作ったフレンチトースト↓
  160618bread.jpg
 変則スケジュールの夫が休みだったので、ブランチに作ってみました♪
 見た目はイマイチきれいじゃないですが、今までで一番おいしくできたんですよ〜♪
 いつも思い立って作るから、バゲットの中まで卵液が染みてなくてがっかりしてたので、今回は寝る前に卵液を作って漬けておいて焼いてみたのです。
 また作ろう♪

 今日は母が退院してきました。
 午前中に兄と病院へ。
 これからリハビリで通院がしばらく続きます。
 母が左の膝蓋骨を割って手術・入院したのが11月の中旬で、8ヶ月ですか。
 ずっとワイヤーが入っていたから違和感があって、どうしても膝を深く曲げるところまでは行かなかったんです。
 今回の入院でそれを抜いて、ワイヤーの違和感は消えて、傷口の痛みもだいたい取れましたが(おかげさまで120度までは曲がるようになりました)、まだまだリハビリが必要なようです。
 左が悪いから右脚でかばいながら生活していて、すっかり左脚の筋肉が落ちています。
 その生活の仕方で固定されてしまうと、今度は右脚や腰に負担がかかり、痛みなどが出るそうなので、兄と口うるさく左の膝を曲げろと言っていくことにしています。
 人間て、どこかが悪ければそこをかばいながら生活して事足らせる術を身につけてしまうようで、それは素晴らしいことでもあるけれど、固定されてしまうと今度は違う問題も出てくるわけで。。。
 ちょっと考えさせられるし、ちゃこさん(母)の正念場となっております。

 母の入院していた病院の近くに、都内で唯一の国宝のお堂があるお寺があるんですよ。
 東村山くんだりに、「国宝」ですよ?(笑。いえ、わたしは東村山市出身ですが)。
 もっと入院が長引くかもと思っていたので、今日なんか夫と見舞いがてらそちらに見学に行こうかと思っていたのですが、ダメでした。
 先ほど母と兄と近くまで行ったのですが、駐車場が混んでいるらしく、あきらめた次第。
 写真を撮ってきてブログに貼りたかったけれど、またいつかリベンジしたいです。

 ということで、飽きられているかもしれませんが、アジサイの写真を。。。溜まっているものを消化していきたいので。。。
 最近、街中でアジサイを見ても、あまり興奮しなくなりました。。。(汗)

 でもきれいはきれいですよね↓
  160618ajisai2.jpg

 もいっちょ↓
160618ajisai1.jpg

 


 

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

ちゃこさん吠える

 昨日は母の病院に行ったのですが、母はわたしの顔を見るなり舛添さんの話をガーっと(笑)。
 まあ、気持ちは分からなくもなく、わたしもそこそこガーっと。
 なんだかすごかったですね。
 テレビでこの話題についての街灯インタビューでは、若い人もハッキリ意見を言っているので、本当にみなが関心を持ってまじめに考えているんだなと思い、よい影響もあったのかなと思ってしまいました。

 昨日は双子座にいる太陽と牡羊座の天王星が吉角だったので、事態が動いたのかなと思ったり。
 天王星は突破力がやはり強いなとか、牡羊座(活動星座)だからな、とか。
 手堅い感じの吉角だから、これでよかったのだと思います。
 でもこの星回り、日本にだけ影響があるわけではないので(地球全体が同じ星回りの中にいる)、他の国でもなにか驚くことがあったでしょうか。
 日本の建国記念日は2月11日だから、水瓶座さんということになりますが、、、おお、双子座とは同じ風のグループだし、太陽の位置が昨日の太陽と天王星の位置と角度を作るので(22~23度)、特に影響があったと思ってもいいかも!
 (*追記* 昨日の月の位置も詳しく見ましたところ、舛添さん辞職のニュースが流れたお昼、月が天秤座の24度にいるので、話が決まったであろう10時頃には23度、これが牡羊座の天王星と凶角、双子座の太陽と吉角となっていて、なかなかすごいです。天秤座は「活動星座」です)
 と、星回りと現実がうまくリンクすると、すごく興奮してしまうのでした。。。(笑)

 ***

 昨日母は、「昔はこういう言い方があったのよ、今はあんまり使わないだろうけど」と、ある言い方で舛添さんのことを評したのですが、それをブログに書いておけとうるさかったので、書いておこうと思います。

 あいつはケツの穴のちっせえ男だ!

 いえ、ちゃこさん(母)の談なんですよ、これは。。。
 
 わたしは、人が見る間に形勢不利になって窮地に陥る様をこんなに見せてもらえたので、勉強になったなあと思っています。
 「おごれる者久しからず」ってありますけど、、本当にそうなんだなあ。。。。怖いですよね。

 
 *おまけ*
 昨日はユリを見つけました↓
  160615yuri1.jpg
 すごいガーっとしていて、昨日のちゃこさん(母)のようです。

 ユリはやっぱり白がいい↓
  160616yuri2
 できればこんな風になりたい、、けど難しいのだろう。。

 
 
 
 

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

テロリスト?

 今しがたの空↓
160614sora.jpg
 梅雨の晴れ間。でもあまり長続きしなさそうですかね。。
 今年は空梅雨気味で、ダムの水位が下がっているという話を少し前に聞きました。今調べてみたら、やはり少ないみたいですね。。。取水制限となるのでしょうか。

 昨日、日経平均株価がだいぶ下がったようで、ちょっと驚いたのですが、昨日は金星と天王星がアスペクトを作ったので、ちょっと納得したり、、、でも、吉角だからそんなヒドいことになると思っていなかったのですが。。
 ヨーロッパの情勢が不安で円高になっているから、株価が下がってしまうんですよね。。
 
 わたしはずっと、世界で危機的ななにかがあると円が買われるのがなぜか分からなかったのですが、日本の財政状況は世界の中ではずいぶんマトモだからなんだとやっと納得しました。
 青山繁晴さんのおかげです(笑)。
 呪文のように聞かされてきた「日本の借金は世界でも屈指のレベルで、この国の未来はひたすら大変」という話は、財務省が作り上げた、それこそ「呪文」なんだろうな、と(消費税を上げるため?)。
 でも、最近財務省は、実は日本の財政は世界レベルで見たら「よい」ということを、隠さない方向に行っているということがあるようです(それもネットでは数年前から言われていたけれど、政府の関係者が表でそういう発言をするようになってきているそうな)。
 なにかが起こっていて、変わってきているなにかがあるんですよね。。

 それでもわたしには、消費税が上がるから無駄遣いを控えようという気持ちが刷り込まれているので、増税が延期になったところで、財布の紐が緩むということはないのですが。。。
 こういうの、「サイレントテロ」っていうんですよね(笑)。
 テロリストだぞー!(笑)
 財務省は、結局そういう「テロリスト」を量産したのだー!(笑)

 それでも本当に欲しいものがあれば買うし、本当に必要なものにはお金を使いますが。
 全然買い物をしていないということではないですが。
 
 最近、たぶん義母のことがあったから、そういう「お金を使う」ということの「基準」のようなものも、自分の中で変わってきているような気もします。
 本当に大事なこと、本当に大事なもの、そういうものが、自分の中で少しずつ変わってきているような。。

 4月、5月あたりはそれを感じつつも、自分でも具体的にそれがなんなのか分からなかったのですが、ここのところ少しずつ「こういうことかな」というのが見えてきました。
 具体的な例で言うと、前ほど「旅行したい」とは思わなくなってきているような。。(でも、長距離の移動はしたい感じはあるんですけど。。)
 30代の頃の自分は旅行が好きだったのですが、、「どうしても」なことではなくなってきているような気がします。
 特に、海外に行きたいというのがあまりなくて、、最近、日本の歴史がおもしろいし。
 奈良とか金沢とか、定期的に足を運ぶ場所はあるし(笑)。
 上野では世界レベルの素晴らしい絵画が定期的に見られるし。
 素晴らしいピアニストも来日してくださる日本だし。
 考えてみると、東京にいるっていうのは恵まれていることだなあとは思ってしまいます。

 と、こんなことを言っていても、突然、「どこそこへ行きます〜」と言うのかもしれませんが。
 でも、もっと大事なことがあるような気もします。
 その感覚を、もうちょっと煮詰めたい感じがあります。

 
 *おまけ*
 溜まっているのでアジサイの写真を。。
 カシワバアジサイ↓
  160614ajisai1.jpg

 これもカシワバアジサイかな↓
  160614ajisai2.jpg

 
 
 
 
  

 
 

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

今週の12星座別タロット 6/13 ~ 6/19

 ショウブ↓
  160612shoubu4.jpg

 昨日は夫と入院している母の見舞いに行ったのですが、病院の近くにショウブで有名な公園があるので、帰りに寄ってみました(おかげさまで母の術後の経過は順調です。でもリハビリを相当がんばらないとマズいらしい。わたしの咳も収まっています。風邪→感染症→ぜんそくというものだったようです)。
 
 ショウブ祭りをやっていて人がたくさん↓
  160612shoubu1.jpg

 柵があってあまりお花に近づけない↓
  160612shoubu3.jpg

 それでもアップにしてみた↓
  160612shoubu2.jpg

 ショウブというのは、茎や葉に香りがあって、お風呂に入れたりするようですが、その香りがどんな香りなのか知りません。
 根は健胃のための漢方薬になるそうです。
 もっと近くで見たり嗅いだりしてみたかったです。。

 ***

 今週のタロットを更新しますね。

 まず占星術からなのですが、今週は星の星座移動があるので、空気が変わってくる感じがしそうです。
 水星が13日に牡牛座から双子座へ。金星が19日に双子座から蟹座へ。
 太陽も双子座にいるので、13日から19日までは、双子座に星が多いということになります。祭りですね。
 情報収集がはかどる時期ということかと思います。
 そして金星が一足先に蟹座へ向かうので、その情報を、家族や仲間内でシェアしたい気分が出てくる感じもありそうです。
 自分が属するコミュニティを守りたいのが蟹座の特徴とされるので。
 それは、真に「外向き」の感覚とは少し違うもので、自分の居場所をまず確保しようという衝動と関係しているように思います。その居場所を強化するために、双子座で集めた情報を使う、というイメージでよいのかもしれません。
 そうやって、生きるためのサイクルが徐々に進んでいくのが、占星術の基本の考え方と言えるのだと思います。それが毎年(太陽を基本に考えた場合。月を基本に考えると「毎月」となる)、動きの遅い星の位置とも複雑に絡み合いながらサイクルが進んでいきます。
 今、火星は逆行中で蠍座、木星は乙女座、土星は射手座です(外惑星は、天王星が牡羊座、海王星が魚座、冥王星が山羊座です)。
 今週までは、全体的に「柔軟星座」に星が多い状態です。
 牡牛座から星がいなくなるので、牡牛座の方はプレッシャーから解放されるし、不動星座に星が少なくなるので(火星のみ)、落ち着かない感じがしてくるかもしれません。

 そういえば、イギリスがEU離脱という話が出ていますが、、その投票をする来週は、太陽は蟹座に入っていて、「活動宮」のタームが始まっていますから、、活動宮のときには変化が起こりやすいとされているので、、ちょっとどうなるのかなという感じでしょうか(汗)。
 世界の株価なんかは、もう反応しはじめているようで、ここのところ新聞でもそれに関する記事が目立つように思います。
 ドキドキするなあ。

 星の角度形成に関しては、今週は天王星が絡むものが多いです。
 13日に双子座金星と牡羊座天王星が吉角、15日に双子座太陽と牡羊座天王星が吉角。
 天王星は突然の変化や、革新的なことと関わる星なので、ちょっとびっくりするようなことがあってもおかしくないのかも。牡羊座だし。60度という穏やかな角度なので、ひどいことではないように思いますが。。

 タロットのほうは、今週はロッドが多かったんです。5枚(大アルカナは3枚)。
 なので、全体的にちょっと派手で激しい印象です。ロッドは火の星座の性質を持ちます。直観的で情熱的なのです。しかも出たのが前半の星座ばかりで、カードを引いていてちょっと焦りました。ロッドしか出ないとかだったらどうしよう、とか(笑)。
 そこまでではありませんでしたが、やはりちょっと出方が変わってるな、と思います。
 出た大アルカナはすべて「出たなカード」です。。双子座さん、獅子座さん、山羊座さん。が……がんばりましょう(わたしは山羊座)。
 やはり、、金星が蟹座に入っていって、活動宮がまた出てくることと関わるのでしょうか。 
 カップが出なかったので、勢いに任せ過ぎて感情が置き去りにならないように注意するとよいかもしれません。

 
 
  スザンヌ・スターのユニコーンタロットによる
  12星座別今週の一言メッセージ

    6/13 ~ 6/19

  160612tarot.jpg
 上段左より 牡羊座・牡牛座・双子座・蟹座 / 中段左より 獅子座・乙女座・天秤座・蠍座 / 下段左より 射手座・山羊座・水瓶座・魚座 という並びです。


  ☆牡羊座(3/21-4/20)☆
    Queen of Rods / R:イライラして興奮している女性に要注意。挑発するのは厳禁。

  ☆牡牛座(4/21-5/21)☆
    7 of Rods:内側の強さを信じて吉。最終的に目的を達成させられそう。

  ☆双子座(5/22-6/21)☆
    The Fool / R:判断力低下気味。考え過ぎ、計算のし過ぎは逆効果。まず深呼吸を。

  ☆蟹座(6/22-7/23)☆
    Ace of Rods / R:急がば回れ。焦らずもう一度気持ちや計画の見直しをするのが◯。 

  ☆獅子座(7/24-8/23)☆
    The Devil:波乱運。誘惑の暗示があるので、一見いい話には気をつけること。 

  ☆乙女座(8/24-9/23)☆
    6 of Rods:個人的な問題を乗り越えられそう。新しいよい選択の機会もあるかも。

  ☆天秤座(9/24-10/23)☆
    3 of Rods:変化のとき。自分にとってよいものがなにか見極めることがカギに。 

  ☆蠍座(10/24-11/22)☆
    King of Swords / R:地位がある頭の切れる男性に要注意。ズルく利用されるかも。

  ☆射手座(11/23-12/22)☆
    3 of Swords:人やものとの別れの暗示。心の痛手を和らげるものを探すのが◯。

  ☆山羊座(12/23-1/20)☆
    The Tower:突然の変化があるかも。逃げたりせずに受け止めるしかなさそう。

  ☆水瓶座(1/21-2/19)☆
    3 of Pentacles:仕事運吉。スキルアップの機会がありそう。3ヶ月単位の計画が◯。

  ☆魚座(2/20-3/20)☆
    King of Pentacles / R:地位があり所有欲の強い男性に要注意。仕事運も波乱気味。


 よろしかったら一週間の参考にしてくださいね♪



 
 

 
 

 

 
 
 

テーマ : 占い - ジャンル : サブカル

すごい日本映画を観ました。

 近所のアジサイ↓
  160611ajisai.jpg
 これはいつ撮ったやつだっけ、、アジサイの写真がどんどん溜まっていっています。。

 最近ちょくちょく、夫とレンタルなどの映画を家で観ています。
 義母のことが大変だったときは映画を観る気にもならなかったのですが、先月くらいから取り戻してきていて、最近少し加速気味です(北家映画祭がまた始まっているかも。。)。

 夫もわたしも10代の頃から映画好きで、ケンケンガクガクとしながら映画を観ますが(実験映画を作る「イメージフォーラム」で出会っているし、二人とも課題作品全部提出して卒業したし)、二人で「これは。。」と唸ってしまう作品を観たので、紹介したいと思います。
 鬼才と言われる、柳町光男監督の2作品、「19歳の地図(1979年)」と「さらば愛しき大地(1982年)」です。

 柳町光男さんの名前をわたしが知ったのは、数年前に観た「サウダーヂ(2011年)」という映画の上映会で、上映後のトークショーでその映画の監督の富田克也さんが、好きな監督として名前をあげていらっしゃったときです。それまで全然知りませんでした。
 「サウダーヂ」がよかったので、帰宅後そのことを夫に話したら、夫は柳町監督の名前を知ってはいたけれど、作品を観たことはなかったそうです(夫のほうが日本の映画をわたしより勉強しているけれど)。
 柳町光男監督は寡作な方なので、一般的にもあまり有名じゃないと思います。

 その柳町監督の作品が、最近いくつかDVD化されており、近所のレンタル店に入っていたので、観てみたのでした。

 まず観たのは「さらば愛しき大地」です。
 根津甚八さん、秋吉久美子さん主演。

 観たあと、ずっしりと来る、すごい映画。「サウダーヂ」の富田監督が柳町監督をお好きということも、とっても納得しました。
 日本版「木靴の樹」とも言えるかも?
 
 先ほど観たのは、「19歳の地図』。

 原作は中上健次、尾崎豊の「17歳の地図」のタイトルはこちらから取られたそうです。

 ネタバレになるので、内容については書かないでおきます。

 とにかく、、どちらもすごい映画です。
 暴力的であったり、性的なシーンもありますが、それを観て観客が興奮することはないと思います。
 冷徹に、人間存在を見据えている映画です。
 すごい、こんな人が日本にいたんだ、という感じです。
 夫曰く、「胆力がハンパない」だそうです。
 本当に、腹の底から人間を捉えている、という感じで、決して明るい映画ではないのですが、観たあと満足感がありました。小手先じゃないし、人間の闇から逃げずに撮っているからかな(でもその闇に飲まれず、あくまでも映画を通して観察している感じ)。。
 柳町監督はドキュメンタリー作品から出てきた方だそうで、そういう面からも、普通の商業映画とは違うものを追いかけておられるのだろうなと思いました。
 
 重い内容なので気軽におすすめできる映画ではないのですが、名作だと思うので、ご紹介だけでもしておきます。
 
 
 

 

 

テーマ : 日本映画 - ジャンル : 映画

初夏の八国山(母の再手術)

 昨日は、東京都東村山市と埼玉県所沢市の県境にある「八国山丘陵」に行きました。
 
 なぜ行ったのかというと、母が左ひざのお皿の骨折の再手術をしたんです。
 入っていたワイヤーを抜くためのものです。
 その病院の近くに、八国山があるんですね。
 手術後(無事済みました)、仕事帰りの兄が来るのを待っていて時間が余っていたので、散歩をしてきたということでした。

 病院裏手の入り口から入る山道↓
  160609miti.jpg
 天気がよくてよかった!!

 八国山というのは、小さな丘陵地帯なのですが、昔は上野、下野、常陸、安房、相模、駿河、信濃、甲斐の八カ国の山々が眺望できたそうで、そこからつけられた名前だそうです(最近大河ドラマの「真田丸」にハマっているのでこういう地名にグッと来る)。
 鎌倉時代に、武将新田義貞が鎌倉責めの際にこちらに来て旗を立てたことがあるそうで、そこが「将軍塚」と呼ばれて中腹に記念碑があります。昨日はそこまで歩きました。
 その近くの野生のアジサイ↓
  160609ajisai.jpg
 
 付近のベンチから見上げた木々↓
  160609woods.jpg 
 
 このベンチでボーッとしながらジェーン・シベリーのニューアルバムを聴きました♪
 夢の中にいるのじゃないかと思う時間でした。
 (歌の聴かせどころで蝶が視界を横切ったりしたんですよ〜〜♪)

 母は10日くらい入院してリハビリを頑張るそうです。
 母の膝から出てきた「ワイヤー」は、思っていたよりずっと太くてがっしりしたものでした(怖)。
 写真に撮ろうかと思ったけど、嫌がる方もいらっしゃるかもしれないのでやめました。
 母は記念に持ち帰るそうです(笑)。

 母の病室から見える景色↓
160609mado.jpg
 ちょっとしたホテルみたい。

 病院の敷地に咲いていたバラ↓
  160609rose.jpg





 

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

あじさい写真館

 昨日はかかりつけ医に行って、アレルギーの薬を出してもらって、長引く「風邪」のことも診てもらいました。
 先生曰く、もうすでにこれは風邪ではなくて、感染症? バイキンに感染しているのですって。。。(汗)
 加えて、アレルギーもあるのでぜんそくが出ているのかもしれないのですが、一番ひどい一週間前頃は、緑色のタンもたくさん出ていたし、そうなると感染症だろうとのことでした。
 抗生物質をもらいました。
 それを飲んでよくならないようなら、もっと詳しく診なくてはいけないそうです。
 いやあ、、、風邪からこんなにひどいことになったのは本当に久しぶりで、、少なくとも、この5年はなかったんじゃないかと思います。。。いや、もっとかなあ。。。
 怖いですね。

 なんというのか、春に「新しい感じがしている」と言っていたわけですが(義母のこともあったので当然ですが)、身体にもいろいろ影響があったのだなあと思っています。
 
 かかりつけ医は子供の頃から通う町医者さんですが(でも大きな病院では脳神経の専門医だそうです、)、アレルギーでずっと通っているのでわたしのことは覚えてくださっていて、あまり多く話さなくても分かっていただける感じがあります。
 不調を感じたとき、いきなり大きな総合病院に行くのもいいのだと思いますが、かかりつけ医を持っているのはよいことだと思います。
 生活上の安心材料になるっていうか。心強いっていうか。
 もっと早くに行くべきでした。

 かかりつけ医に行き、隣町の西友などにも行って、道すがらでたくさんアジサイが咲いていたので写真を撮りました。
 貼っていきます。

 まるっとしている↓
  160607ajisai1.jpg
 こういうのを見ると、どうしてもこういうのを連想してしまう。

 拾いものです↓
  160607bousi.jpg
 かわいいなあ。。。こういうのは、おばあちゃんがかぶってるといいんだよな。。。

 まるまるがたくさん↓
160607ajisai2.jpg

 これもいかにも「帽子」っぽい↓
  160607ajisai3.jpg

 これはまるというよりはもこもこ↓
  160607ajisai5.jpg

 これは、、なんとなくぷつぷつ↓
160607ajisai6.jpg

 ガクアジサイはそういうんじゃなくて凛としている↓
160607ajisai4.jpg

 そんなガクアジサイも好き↓
  160607ajisai7.jpg

 じめじめした季節の中で、アジサイは一服の清涼剤のようですね。




 
 

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

今週の12星座別タロット 6/6 ~ 6/12

 近所で咲いたアジサイ↓
  160605ajisai.jpg
 咲き始めの、まだ白い部分が中心に残っているときのアジサイが好きです。

 先ほどタロットをやったのですが、手始めに自分のことを引いたら、健康に注意せよというカードで。。
 まだ風邪が残っているんですね。風邪っていうか、もはや気管支炎なのだと思うのですが。寝しなにひどくなるのが続いています。
 もうすぐアレルギーの薬がなくなるので、それをもらうついでに、明日にでもかかりつけ医に行こうかと思っています。。気管支炎を治す薬ってあるのだろうか。。。ときすでに遅しだろうけれど。。。風邪なので放っとけば治ると思ってたんですよ。。。orz

 ということで、タロットの更新をします。

 まず占星術からなのですが、、、先週、また星の角度(アスペクト)の見落としがあり、、太陽のがたくさん。。。
 今日、金星が厳しい角度を造っているのですが、同じ双子座にいる太陽も乙女座にいる木星と凶角でした。。昨日は太陽と射手座土星も凶角だったし。。。
 だから、昨日・今日とけっこう激しい星回りなんです。
 先週ちゃんと書けずに不覚です、、見落とし多くて情けないです。。。バカなんですよ。。。

 で、今週のことですが、星の星座移動は今週もなくて、先週までの空気感が続くと思います。
 太陽と金星が双子座、水星が牡牛座、火星が射手座、木星が乙女座、土星が射手座です。
 柔軟星座(双子・乙女・射手・魚)に星が多い状態なので、厳しいアスペクトがいくつか作られました(今まさに渦中ですが)。
 それは、様子見するしかない、なにかをごり押ししたり、無理強いしたりできない空気かなと思います。
 せっかちな人には厳しい角度と言えるのかもしれません。
 (わたしは早く風邪が抜けてほしいのですが。。。)
 
 今週の星の角度としては、太陽と金星が双子座で重なるのが数日続きますので、やはりそこそこ派手かなと思います。
 6日から10日まで仲良く重なりますが、やはり柔軟星座なので、ごり押しモードではないかなと思います。
 双子座だから、情報収集にはとてもよい時期で、それをすぐに利用して、ばんばん物ごとを動かしていくわけにはいかないのですが、引き出しに入れておく内容はたくさん出てきそうな感じです。よい情報が集まって、それでとりあえず満足できそうです。
 金星が双子座で太陽と重なるとなると、ベタっとしない、さわやかなデートも似合いそうです。 
 梅雨に入っている地域もありますが、人が多いところや屋外で過ごすのがよさそうです。
 それが週の前半で、10日には牡牛座の水星と蠍座の火星が凶角になります。
 これはもう、ケンカに要注意です。牡牛座も蠍座も頑固ですから、なかなか譲らないだろうけれど。。。口は災いの元、と思っておくとよいかもしれません。

 タロットのほうは、まあまあばらけた感じで出ました。大アルカナは3枚です。
 気になったのは獅子座さんで、態度が硬直しやすい時期かもです。牡牛と蠍の角度がある10日には要注意ということで。。。ああ、水瓶座さんも、そうかもしれない。。10日気をつけてください。。。うわあ、蠍座さんもだ。。。じゃったら牡牛座さんもですね。。。(10日は「不動星座」が関わる日なので)
 ロッドが1枚で少なかったので、なにか根源的な生きるための情熱を思い出せるかどうかが、抜けるためのカギになるかもです。

 
  スザンヌ・スターのユニコーンタロットによる
  12星座別今週の一言メッセージ

    6/6 ~ 6/12

  160605tarot.jpg
 上段左より 牡羊座・牡牛座・双子座・蟹座 / 中段左より 獅子座・乙女座・天秤座・蠍座 / 下段左より 射手座・山羊座・水瓶座・魚座 という並びです。


  ☆牡羊座(3/21-4/20)☆
    The Star:なにかよいことが起こる暗示。偶然の力を実感できるかも。

  ☆牡牛座(4/21-5/21)☆
    6 of Cups / R:過去へのこだわりはアダに。未来を見て気持ちを落ち着けて。

  ☆双子座(5/22-6/21)☆
    Knight of Swords:企画力と発信力のある男性に注目。意見の交換をすると◯。

  ☆蟹座(6/22-7/23)☆
    9 of Pentacles:金運◯。家の中を整えることにお金を使うとさらに◯。 

  ☆獅子座(7/24-8/23)☆
    The Emperor / R:行き過ぎた野心に注意。高圧的になり周囲から反感を持たれそう。 

  ☆乙女座(8/24-9/23)☆
    6 of Swords:難しい局面があっても乗り越えられそう。レッスンと考えるのが吉。

  ☆天秤座(9/24-10/23)☆
    5 of Pentacles:仕事運波乱気味。無理に食い込もうとしないほうがよさそう。 

  ☆蠍座(10/24-11/22)☆
    Ace of Cups / R:感情的になりすぎる暗示。遅れが出ても少し距離を取るのが◯。

  ☆射手座(11/23-12/22)☆
    2 of Swords / R:対立が解消されてきそう。ギブ&テイクを心がけるのがカギに。

  ☆山羊座(12/23-1/20)☆
    4 of Cups / R:人間関係で再発見がありそう。そこから新しい活力を得てみては。

  ☆水瓶座(1/21-2/19)☆
    The Moon:気持ちが混乱しやすいとき。周囲の思惑に巻き込まれ過ぎているかも。

  ☆魚座(2/20-3/20)☆
    2 of Rods / R:誰かとの意見の違いが表面化しそう。ここは合わせておくのが吉。


 よろしかったら一週間の参考にしてくださいね♪



 
 

 

 
 

テーマ : 占い - ジャンル : サブカル

国立西洋美術館 日伊国交樹立150周年記念 カラヴァッジョ展

 昨日は変則スケジュールで仕事が休みになった夫と、上野の国立西洋美術館でやっている「カラヴァッジョ展」に行ってきました。
 風邪は少し残っていますが、もうすぐ会期終了(〜6月12日)なので、その前の平日に行きたかったのでした。
 やっと行けた。。風邪のやろう。。。

 展覧会のサイト → こちら

 国立西洋美術館はル・コルビュジェの建築で、このたび世界文化遺産の登録が通りそうだということで、建物そのものを見に来ている人も見受けられたような?
 あの建物を見て、お庭のロダンを見るだけでもけっこう見応えありますよね。

 直線がかっこいい↓
  160604cor.jpg

 常設展示のエリアのホールのここも好き↓
160604corbusier2.jpg
 教会みたい?

 いつも撮るロダンの「カレーの市民」のかっこいい人↓
  160604rodin1.jpg
 昨日もかっこよかった。

 日暮れの「考える人」↓
  160604rodin2.jpg

 いつも国立西洋美術館に行くと、企画展だけじゃなくて見どころがたくさんあって、ブログをまとめるのが難しいです。
 でも別の記事にするのも大変なので、一つの中に入れてしまいます。

 ***

 カラヴァッジョ展ですが、平日ですがそこそこ混んでいました。
 会期終了まで、日曜日以外は夜8時まで開館することになったそうです。
 わたしたちが帰る頃、仕事帰りっぽい人たちも来はじめたかな、という感じでした。

 カラヴァッジョについては、作品を見るのは初めてでしたが、少し思い入れがありました。
 高校生の頃に見た、デレク・ジャーマン監督の「カラヴァッジョ」という映画が、印象に残っていたからです。
 わたしは若い頃から、実在した歴史上の人物が題材になった映画をちょこちょこ見ていましたが、中でも芸術家を描いたヨーロッパの映画は分からないなりに、わりと頑張って見ていました。
 その中でも、一番心に残って、自分に馴染んだ映画が、このデレク・ジャーマンの「カラヴァッジョ」でした。
 何度か見ました。

 ショーン・ビーンやティルダ・スウィントンが出ていて、見所はある映画だと思います。監督のデレク・ジャーマンはゲイでいらっしゃり、エイズで亡くなられています。この方の他の映画はアーティスティックすぎて、わたしにはあまり分かりませんでした(汗)。でも、この映画はすごく好きでした。
 この映画から、カラヴァッジョには同性愛の傾向があったけれど、女性の恋人もいたことであるとか、暴力事件をたびたび起こしていたことなどは知っていました。
 そして、今回の展覧会のためのテレビ番組でも予備知識を仕入れて見にいったのでした。

 会場には、そこまでたくさんのカラヴァッジョ作品があったわけではないのですが(もうちょっとあるかと思っていた、、絵のテーマごとに、類似した他の作家の作品の展示も多かったです)、「これがあの『ミケーレ』の作品か」という感じでありました。
 蛇足ですが、わたしは映画「カラヴァッジョ」で、カラヴァッジョが「ミケランジェロ」という名前(ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジオ)であったのを見ていたので、彫刻家のミケランジェロのことも、カラヴァッジョなのかと思っていたという恥ずかしい過去があります(汗)。
 
 この前見たテレビ番組で、カラヴァッジョは、イタリアで最も愛される芸術家と言われていたことに驚いていました。
 なんとなく、ラファエロとかダ・ヴィンチのほうが人気があるのかと思っていたのです。
 でも、イタリアの人は、とても親しみを込めてカラヴァッジョのことを愛しているようでした。
 絵を見て、その理由は、、、分かったような?
 なんとなく、静かなんだけれど、暖かみもあるような気がしました。包容力があるっていうか?
 わたしには好きな絵でした。

 買ってきた絵はがきの写真を貼ります。

 まず会場一発目がこれなんだもの(笑)↓
  160604uranai.jpg
 『女占い師』1957年
 手相を見ながら男の人の指輪を盗もうとしている絵だそうです。わたしはそういうことしませんよ。。。(笑)

 『果物を持つ少年』1593年↓
  160604carabaccus.jpg
 ぶどうが食べられるんじゃないかってくらいぶどうに見えました。

 衝撃はこれ↓
  160604naru.jpg
 『ナルキッソス』1599年
 この絵を、わたしは印刷で何度も見ていたのですが、カラヴァッジョだったんですね。。。
 それは、高校生のときに読んだ、ナルシズムに関する心理学の新書でした。
 
 なぜこんな本を読んだのかというと、その頃、単館ロードショー映画を見始めていて、「モーリス」というジェームス・アイヴォリーのゲイの映画がきれいでハマってしまって、男性同士の同性愛についてちょっと幻想を持ってしまって、興味を持ってしまったからでした。いわゆる、「腐女子」の走りだったのかも(黒歴史?)。映画「カラヴァッジョ」を見たのもその流れです。でも、自分はディープな「腐女子」とまではいかなかったように思います。。
 この本は、そういうわたしを知った友人が「おもしろいよ」と教えてくれて、図書館で借りたのでした。
 その中にこの絵があって、何度もこの絵を見て、なんとなく恐ろしい気分になっていました。
 ナルキッソスはギリシャ神話で有名なお話で、美少年が他人を愛さず、泉に映る自分の姿に恋をして、泉で溺れ死んで、水仙の花になってしまうというお話です。
 この絵は、その狂気のようなものを、すごくよく表しているように思えて、新書の中の白黒写真を「うわー」と思って何度も見ていました。
 自分にも、他人を愛さず自分を優先する面はあり、その本でわたしはそのことを自覚して、自分のこと(人のこと、人間存在のこと)が怖くなったのでした。読んだあとちょっとウツになってしまったくらい、その本に書かれた「ナルシスト、ナルシズム」というものに反応してしまったのでした。
 それから、自分と他者について、過剰に考えるようになってしまって、、、それが占いに引きつけられたり、チャネリングが起こる素地になったのかもしれません。でも、そもそも、そんな本に縁を持つ素地も、元からあったのだと思います。
 その本で見た絵が、突然壁にかけられてあったので、わたしは驚いたのでした。
 なにか「再会」したような気分でありました。
 この絵のことも忘れていました。カラヴァッジョだったんですね。。(本には誰が描いたか書かれてあったと思いますが)
 やはりすごい絵で、わたしの好きな絵でした。

 そして展覧会の目玉↓
  160604maria.jpg
 『法悦のマグダラのマリア」1606年
 2014年に、カラヴァッジョの真筆と結論づけられた絵で、本邦初公開なのだそうでした。
 何百年も経ってから鑑定されるなんて、そんな話ってある? と思ったし、ちょっと官能的なんじゃないのかなと思っていたのですが、、、本物を目の前にしたら、ぞわわわあっと鳥肌が立ちました。
 すごい絵だと思いました。
 官能性なんてありませんでした。
 これは、人にとって、他人に見られたくない瞬間の一つのシーンだと思います。宗教的法悦に入ってしまうこと。それは、あまりにも個人的な、個人の内側の大きなものを動かす体験なのだと思うからです。芯のところで他人とは共有できないことだと思うんです(「神」とは共有できるのかも?)。
 だから、見てはいけないものを見てしまったような、、こんなの描くなんてちょっとすごい。。カラヴァッジョ。

 絵を観るという「体験」の素晴らしさを、味わったように思います。
 大満足でした。

 これはお約束か?↓
  160604mino.jpg
 夫の携帯で撮ったので画質が悪いですが。。。

 ***

 その後、新館の素描展示室でやっている「描かれた夢解釈――醒めて見るゆめ/眠って見るうつつ」がおもしろそうなので、常設展もちょろちょろ見ながら、そちらも見てきました。
 わたし、けっこうこちらの「素描展示室」を見るのが好きなんです。
 小さいエッチングやペン画がかけられています。
 昨日見たものは、夢の世界をどうにか絵にしようとしたものたちで、とても興味深かったです。
 写真を撮ってもいいとのことだったので、ちょっとだけ。
 
 ゴヤの作品↓
  160604goya.jpg
 『「ロス・カプリーチョス」:理性の眠りは怪物を生む』1799年 
 右側の怪物たちが妙にかわいかった。 
 ゴヤの展覧会も見たことがありますが、わたしはこの方のエッチングも好きです。

 レンブラントの作品も↓
  160604rem.jpg
 『書斎の学者(またはファウスト)』1652年頃
 窓と光と人の配置がやはりレンブラントっぽいですかね。エッチングなのに、ちゃんと(笑)。
 「ファウスト」ってよく聞く言葉だけどどういうものか知らなくて、解説を読んで、なんとなく「そうか」と思いました。勉強になったなあ。
 他にもドラクロワや、イギリス人詩人のウィリアム・ブレイク(夫が少し好きらしい)の作品などもあって、見応えありました。

 時間があるなら、やはり常設展やこういうものも見たほうがよいよなと思いました。
 たっぷり楽しめました。
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 

  

星と星回りが目立つ日の首相

 噂のスーパーマーズ↓
160602mars.jpg
 真ん中らへんにポチッとある点が、今10年ぶりに地球に接近しているという火星です。
 最接近はおとといの夜らしいですが(ファミレスの帰りには見えなかった)、しばらく大きく見えるみたいですね。
 この前の土曜日に出かけたときに初めて気づいて、火星なのに木星くらいの大きさで驚いていました。
 写真はiPhoneで写せると思わなかったけど、写りました、よい記念という感じでしょうか。
 ここではつぶれてしまったけれど、元の画像では、火星の左横にちょこっとある、蠍座の赤い星「アンタレス」もうっすら写っていました。
 今火星は、逆行で戻ってきて蠍座の後半にいますもんね、、、天動説を取る星占いは「科学」ではないのですが、、でも、やはり見た目そのままに、蠍座のすぐそばにいる火星というのは、ちょっと感動します。
 マニアックな話をすると、冥王星が発見されるまでは、蠍座の守護星は火星だったんですよ。
 冥王星が発見されたのは20世紀中盤なので、何千年も、蠍座と火星はセットだったんです(だから蠍座の人には激しい面があるとされる)。
 なかなか興奮する天体ショーかなと思います。

 そんな火星が接近している中、昨日、安倍首相が消費税増税の延期と参議院選挙の会見をしました。
 中継を少し見ていましたが、安倍首相のことは、心底嫌いになれないなと思ったりもします。
 この前のタロットの記事のときにも書きましたが、昨日は牡牛座水星と山羊座冥王星が吉角を作ったし、安倍首相は同じ土の星座の乙女座だし、「打ち出す」なら昨日しかないよなあという感じです。
 占星術を参考にしているわけではないのだろうけれど、うまいことやるなあと思ってしまう(笑)。
 今まで何度か書いていますが、安倍首相の簡易ホロスコープを見ると、国のことは真剣に考える人なんだろうと思えます。マッチョじゃないし。
  
 わたしは国政選挙だけは行こうと思っている人間なので(都政も行くかな、、市政はわりとサボる)、よく考えて投票に行こうと思っています。
 有名な人ならいいや、ってのはナシにしようと思います(わたしは舛添さんには入れませんでしたよ!)。
 

 
 
 

 

アジサイの季節が始まる

 今深夜二時過ぎなのですが、さきほど、1時半過ぎに、夫と近所のコンビニに行きました。
 のど飴を買いに。。。
 だいぶ軽くはなってきたのですが、まだ咳とハナが出て、それが夜になって眠くなってくるとひどくなるので(床に着くとさらに激化して起き上がり、結局咳で数時間取られ、へとへとになるまで眠れないというくり返し)、、のど飴があったほうが楽なので、、あと3つしかなくなってたので、、どうしても欲しかったので。。。
 買ったのは龍角散ののどすっきり飴
  
 これ、ちょっと苦くていいんですよね。。大人の味。。。
 
 深夜の地元の街は静かで、一人で行ってもよかったのですが、夫がついてきてくれて、ちょっと非日常っぽくて楽しかったです。
 24時間営業してくれているコンビ二はとてもありがたい存在で、思い立ったときに買いにいけるなんて、なんて贅沢なことなんだろうと思います。

 昨日は夫が休みで、風邪も楽になってきたので、近所の小平霊園を抜けてファミレスに行きました。
 道すがらの写真を貼ります。

 ハナミズキ↓
  160601mizuki.jpg

 鮮やかなツツジ↓
160601tutuji.jpg

 空↓
160601sora.jpg

 アジサイ↓
  160601ajisai.jpg
 七星てんとう虫になって、このアジサイの中を歩きたい。
 
 風邪でゲホゲホしている間に、アジサイの季節になっていたのですね。
 しばらく目を楽しませてもらえそうです。

 
 *おまけ*
 ジェーン・シベリーのニューアルバムのディスクが届きました↓
160601jane.jpg
 どうせiMacがiPhoneで聴くし、ダウンロードしたデータで持っていれば聴けるんだけど、やはり大好きな人が丹誠込めて創ったものだから、買わなければいけないし、「データ」ではなくて「モノ」として手に取れる喜びというのは大きいです。





 

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記