2013金沢滞在記:2

 今回の金沢では写真もたくさん撮りました。
 3泊4日で行ったので時間があるため、一日はプチ観光をして、金沢市周辺の山や海に出ました。

 卯辰山(うたつやま)は、金沢の東に位置し、今調べて知ったけれど「日本歴史公園100選」に選ばれている山だとか。
 標高141メートル。小さな山、というか、丘陵のようなもので、以前は動物園などもあり栄えていたのですが、閉園されてしまって今ではあまり訪ねる人もいなくなってしまったようです。
 21年前、初めて夫と金沢に行ったとき、夫が連れて行ってくれたところでした。
 今回、菖蒲祭りをしているとのことなので行ったのですが、バスの路線を間違えてしまい、全然離れたところで下ろされてしまい、そこは見学できませんでした。
 山頂(?)に点在する公園を散策して、バスがなかなか来ないのでベンチに寝そべって空を見て時間を過ごしました。
 アホな時間の過ごし方ですが、とても心が休まりました。
 屋外で寝転ぶって、魂が喜ぶことのような気がする。
 
 山頂から観る景色↓
1307utatumiti.jpg

 きれいなあじさい↓
  1307utatuajisai.jpg

 寝そべりながら見た空↓
1307utatusora.jpg
 この空を見ながらショパンのプレリュードを聴いていました。iPhoneのスピーカーから音を出して(イヤフォンでなく)。
 それは贅沢な時間でした。

 山頂にある公園では、植栽の職人さんが入って枝下ろしなどの作業をしていました。
 もうあまり人が来ないのに、きちんと管理しているのだなと思いました。
 ベンチの近くにあったもみじ↓
  1307utatuki.jpg

 動物園は閉鎖されたけれど、山頂にある相撲場はまだ使われているらしい。
 土俵が整備されていた↓
  1307sumou.jpg
 廃墟のコロッセウムのように見えて、少しギクリとしてしまいました。

 ***

 卯辰山の後は、内灘(うちなだ)の海に出ました。
 金沢駅の地下から出ている北陸鉄道浅野川線で金沢駅から20分くらいで内灘駅につきます。
 下校時刻に重なって、電車には地元の高校生がたくさん乗っていました。
 高校生も、どこかきちんとしているんですよ。
 かわいい子が多いです。イケメンもそこそこいたな。

 内灘駅から1キロくらいで内灘の海岸に出られます↓
1307utinada.jpg
 
 少し北上すると、「千里浜渚ドライブウェー」というところになるのですが、ここらの海岸の砂は大きさがそろっていて固く踏みしめることができるため、海岸を車で走れるんです。
 この海岸にも渚近くまで車が入っていました。
 金沢市民の憩いの海だそうで、舅と姑の初デートもこの海だったそうです。 
 
 久しぶりの海辺の散策ですが、それはわたしにとっては宝探しの時間です。
 以下、人によってはグロ画像に見えるかもです。閲覧注意です。
 
 クラゲ発見↓
  1307kurage1.jpg

 アカクラゲらしい↓
  1307kurage2.jpg
 「ジェリーフィッシュ」とはよく言ったものだ。

 ふぐ発見!↓
  1307fugu.jpg
 ふぐも打ち上げられるんだ〜〜と感動! 

 お目当てはこれ↓
  1307kasipan.jpg
 棘皮動物(ヒトデの仲間)の「カシパン」です。これはまだ「毛(棘)」が残っていました。
 これか「タコノマクラ」を拾いたかったのです。海岸で。
 内灘にはカシパンが多いようです。
 大きいものはだいたいつぶれていて、見つけたのは500円玉より小さいものばかりでした。
 でもけっこう落ちていて嬉しかったなあ。

 お宝拾ってご満悦↓
  1307utinadamino.jpg
 笑いたいんだけどまぶしくてまぶしくて。。。

 しかして今回の戦利品♪↓
  1307utinadakai.jpg
 超ご満悦〜〜!!
 もちろんわたくしも女性ですから、宝飾品だのブランド品だのだって好きですけれど、こういうものも大好きなのでありました。自分で拾うのが嬉しいのですね。「わ〜〜〜〜い!」という気分になります。
 裏面の紫の模様がきれいなカシパンは夫が拾いました。夫グッジョブ!
 きれいに洗って、大切に東京に持ち帰ってきました。
 
 内灘の海は波などなかなか迫力もあって気に入りました。
 また行きたいなと思います。
 
 


 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)