丹心窯 ハートインクローバー

 今日は夫の43歳の誕生日です。
 43。。。
 出会った頃は、28とかでもすごく遠いものだと思っていたのに。。。(遠い目)

 プレゼントはネクタイ↓
  1309neck.jpg
 アクアスキュータムです。これはわたし個人のトラノコから買ったのですが、ネットで安くなるお店を見つけて間に合わせました(笑)。
 スーツは数ヶ月に一度しか着ない夫の職場なのですが、数ヶ月に一度ならあるわけで。
 なかなかさわやかで正解だったかも。

 それで夫は今日から遅い夏休みを取って、明日からわたしたちは奈良へ旅行に行きます。2泊3日で、世界遺産や国宝を観てまわるツアーです(なので、明日から少しブログの更新はお休みになります)。
 なんとホテルの部屋が別々なんですよ。人気コースらしいし予約がわりとギリギリになったので、一人一部屋しか残っていなかった(値段は二人一部屋と変わらない)。
 それはそれでよい経験になるかもしれません。

 それで準備などもあるし、旅先で多少はお金も使うだろうから(そして今月叔父たちの葬儀などでちょっと出費は重なったので)、今日は質素に過ごそうということになったのですが、さすがに夫の誕生日で休みなので、地元小平で有名な「永田珈琲」の系列店の「珈琲の香」に行ってきました。
 バームクーヘンを二人で分ける↓
  1309coffee.jpg
 クッキーは夫に譲った。
 
 それで、このお店いつもすてきなカップでコーヒーを飲ませてくれるのですが、今日は夫のカップがウェッジウッドで(これもすてきなシリーズ。調べたら「ピオニー」というものみたいです)、わたしのが真っ白なものでした。
 でもコーヒーが花のような形になっているし、カップの側面もなんとなく不思議な形をしているのですね。
 これはなんだろう、と思いながら飲み進めていきました。
 すると……↓
  1309cup1.jpg
 コーヒーがハート形に!
 確かにカップの側面が、四つ弁の形のまま下まで行っていないので変だなと思っていたのです!
 さらに飲み進めると……↓
  1309cup2.jpg
 小さなハートが浮かんできた!
 さらに行くと……↓
  1309cup3.jpg
 四つ葉のクローバーが浮かんできました。四つ弁は花ではなくてクローバーだったのか!
 最後まで行くとこうなります↓
  1309cup4.jpg 
 底にあるハートは透明のガラス質なので、底にハート形の穴を開けて、透明の釉薬でそこを覆って焼いたものなのだと思います(わたしは以前、少しだけ陶芸を習っていました)。
 昔実家に磁器の「ほたる焼き」のお茶セットがありましたが、それをもっと大胆にした感じだなと思いました。
  
ほたる(ドット) 明かりカップ M10-52352ほたる(ドット) 明かりカップ M10-52352
()
西海陶器

商品詳細を見る


 なんと遊び心のあるカップでしょう。
 ソーサーの底をチェックすると「丹心」という文字が押されていたので、帰宅して調べました。
 「丹心窯」という日本のメーカーで、水晶彫という焼き方を登録商標にしているようです。 
 このクローバーと四つ葉のカップは目玉商品のようでした。
 ハートインクローバー という名前だそうです。
 贈り物にしたら喜ばれそうだし、お客様にこれで飲み物出したらやはりウケると思います。サプライズですね。
 
 しかし、日本人てこういうの作るのほんとに上手ですよね。からくり人形とかそういう系統でしょうか。
 四つ葉からハートにきれいに形を出すのは大変だろうと思うのですが。。
 こんなカップでいちいち驚きながらコーヒーを飲めて(しかもすごくおいしい)、楽しかったです(夫の誕生日なのに(笑))。


 *おまけ*
 今日見つけたミニヒマワリ↓
  1309hima.jpg
 この写真は友人のH嬢に捧げます!

 
 
 

 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 雑貨・インテリアおススメ! - ジャンル : ファッション・ブランド

コメント

おめでとうございます

美紀さんおはようございます。
旦那様のお誕生日おめでとうございます。

素敵なお誕生日を過ごされましたね。ハートインクローバー、とても素敵!

涼しくなってきたので、旅行にも良い季節ですね。
楽しんで下さいね。

Re: おめでとうございます

あきさんこんにちは、コメントありがとうございます!

43歳になりたての夫と旅行を楽しんできました。
タイミングよく休みが取れてよかったです。

ハートインクローバー、いいですよね!
自分で使うより、お客様に出すのが楽しいカップかなと思いました。
しかし世の中いろんなものがありますね〜。感心しちゃいます。

朝晩はけっこう冷えるようになりましたね。
体調気をつけましょうね!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)