クラブツーリズム いにしえの奈良・大和路めぐり3日間

 ゆうべ、23時頃に奈良旅行から帰宅し、今、片付けや洗濯などを一段落させたところです。
 
 ああ!
 とっても素晴らしかったです、奈良。
 奈良やばい!

 今回、初めてクラブツーリズムのツアーを利用しましたがよかったですよ。
 ていうかこのツアーがすごくよかった。

 ええとですね、毎日すごく歩いたのです。
 平均4kmは歩いたと思う。
 昨日はラストで山の上のお寺に行き、合計1000段以上の階段を上り下りしました(高さや幅がまちまちで、けっこう急な階段)。
 まだ筋肉痛にはなっていないのですが、普段運動不足のわたしにはなかなかな運動量で、頭もまだうわーっとしているし、文章がうまく(いや、落ち着いて)書けません。
 とにかく奈良すげえ。
 
 今回のツアーで巡った名所は次のようになります。

  *興福寺国宝館…国宝の阿修羅像で有名 
  *東大寺・大仏殿…勇壮な大仏殿を拝観
  *東大寺・戒壇堂(院)…国宝『増長天』立像などを見学
  *春日大社…世界遺産・本殿特別拝観
  *東大寺ミュージアム…2011年10月にオープン。国宝級の仏像・宝物を陳列
  *平城京跡・朱雀門…世界遺産の歴史建造物
  *唐招提寺…世界遺産・南都六宗のひとつ
  *薬師寺…世界遺産・国宝『薬師三尊像』は白鳳時代を代表する仏像です。
  *法隆寺…世界遺産・世界最古の木造建築 
  *吉野山・金峯山寺…世界遺産・個人ではなかなか行けない修験道の名刹
  *石舞台古墳…飛鳥時代の歴史を伝える代表的な古墳を見学。 
  *長谷寺…回廊が美しい古刹。
  *室生寺…古くから女人高野として親しまれた古刹。


 すごいでしょ!
 ちょっとすごいでしょ!
  (このツアーの申し込みページは→ こちら )

 とりあえず、まだまだ復習しなくてはいけないので(すごい宿題量です、、最近ブログの内容のハードルが高くなっていて(高卒なのに)、アップアップしています)、行った場所のことを書く前にツアーそのものについて書きます。

 こちらのツアー、国内旅行しかも東京から近畿にしてはちょっと強気な値段なんです。一番安くて49800円です(もちろんわたしたちはその値段の日を狙った)。これだと、台湾旅行3泊で中級ホテル以上のに行けます。
 去年の北海道旅行は2泊で3万円しなかったのに。白川郷と金沢のなんて2泊で2万ちょっとだった。。
 だがしかし、、もう、移動距離の長さで旅行の損得を考えるのはナシにしよう。
 とにかく上記のように内容が充実していました。

 ツアー参加者の年齢層は高く、平均は60代だと思います。わたしたち二人が少しだけ下げている。
 80代で一人で参加されているおばあちゃまもいらしました。たぶん60代後半から70代前半くらいの人が一番多かった。その方たちがみなさん元気に毎日たくさん歩かれていて頭が下がりました。
 そして、こういう高度に文化的な場所を巡るツアーなので、みなさん品がよろしいというか、レベルが高い人たちが集まっているという印象でした。
 というのは、バスガイドさんが地域の歴史について専門的なことを話し始めると、バスの中で私語がやむのです(笑)。
 神社参拝などの礼儀作法もみなさんきちんとされていて、御朱印帳など持ってきている方もたくさんおられ、男女ともに一人で参加されている人が多い中で集合なども協力的で秩序があります。参加者同士の交流の距離の取り方も適切で、自分ももっと年齢を重ねたらあのようであれたら、と思えるような人たちが多かったです。
 日本の「大人」たちも、捨てたもんではないというか。。そういうことが分かり、そういう意味でも勉強ができて大正解でした。

 ホテルはシングルルームが多いビジネスホテルで、だからわたしたちも別々の部屋になりましたが、それがかえってよかったように思います。
 一緒にずっといると、イライラすることもあるので。。(あれを片づけろとか早くしろとか)
 夜一人で部屋でくつろげて、違う意味でものすごくリフレッシュになりました。
 今回は旅行中のケンカはなかったです(笑)。
 
 ホテルはそんなによいものではなかったですが、移動手段がなかなかよくて、往復の新幹線はグリーン車でした。
 人生初グリーン車↓ 
1309greensha.jpg
 でも各停の「こだま」なんです。停車駅で「のぞみ」や「ひかり」が追い抜いていくのを待ちながら(通り過ぎるとき風圧で車体が揺れた(笑))、ゆっくりの東京ー名古屋間の往復でした。
 それと、最終日に名張から名古屋まで近鉄鉄道を使ったのですが、それがクラブツーリズムの購入した特別列車で、「かぎろひ号」というものでした。
 古い2両編成で車体の横に「クラブツーリズム」の文字。内装はリフォームされていてシートも豪華で、ほとんど揺れを感じない走りで、バーカウンターまであってビール(プレミアムモルツのサーバー)やソフトドリンクが飲めました。
 車内ゆったり↓
  1309ctkintetu.jpg
 夫とも「これはすごい」と感動していて、他の参加者のみなさまから比べると若いわたしたちがこんなものを知ってしまって、やばいなあと思っています。

 去年からJTBの国内ツアーに参加することが多かったのですが、クラブツーリズムいいかもです。
 そういえば、出発前日夜に添乗員さんから電話での挨拶と注意点の確認などの連絡をもらいました。これはJTBにはなかったです。
 やはり少し値段が高いだけあってちゃんとしているなと思いました。
 以前は安いツアー会社や小さな会社のものの利用が多く、ツアーというのはそういうものだと思っていたのですが、去年のJTBでも「やはり日本の昔からある大きな会社は安心できるなあ」と思っていました。最近はそういうことのほうに重要性を感じるようになっています。
 
 そういえば、初日の東大寺の石畳の下り坂で、転んでしまわれた女性がいました。
 わたしのすぐ後ろで大きな「べちゃっ」という音がして振り向いたら倒れているおばさまが。。
 ひざ下を5針縫う怪我をされてしまいました。
 そのときの添乗員さんやガイドさんたちの連係プレーも(近くにいたわたしと夫も介助し、他の参加者もいろいろしてくれたので客も連携しました)、決して悪いものではなかったと思います。
 でもそういう場面に遭遇するのが初めてだったのでショックのほうが多かったのですが。。(「べちゃっ」という音が耳にこびりついており、直後の見学はあまり頭と心に入らなかった。でも大仏殿で吹き飛んだのですが。。人の体って水分が多いのだな、ということが分かる音でした)
 そのおばさまは二日目を休んで最終日にはツアーに戻り、皆の前で挨拶され「みなさん必ず旅行保険には入りましょう、けっこうかかりましたんで」とおっしゃっていました。わたしたちは入っていませんでしたが、考えさせられました。

 ということで、見学内容もさることながら、いろんな意味で勉強になった旅行体験となりました。
 ちょっと不思議体験というか、奇妙な現象にも見舞われました。
 また少しずつでも書いていけたらと思います。

 長くなりましたが結論として、とにかくこのツアーはおすすめだったということです。

 
 

 

 
 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

コメント

お帰りなさい

美紀さんこんばんは。
お帰りなさい。

たくさん得るところがあるご旅行ができて、良かったですね。
見どころ満載で、心身共にお疲れになったでしょう。

ゆっくりとお体を休めて下さいね。体調を崩しませんように。

Re: お帰りなさい

あきさんこんばんは、コメントありがとうございます。

朝晩冷えてくるようになりましたね〜。今年の冬は寒くなるとか。。

わたしは油断すると風邪を引きそうな気配があります。
お互い気をつけましょうね!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)