パリ・オペラ座バレエ団の来日公演

 いきなり生々しい話で大変恐縮いたしますが(苦手な方は注意!)、わたくし昨日はツキノモノの痛みで丸一日唸っておりました。
 その痛みは毎月必ずではないのですが(わりと平気な月もある)、今月はけっこうきつかった。。
 こうなるともういろいろとお手上げで、夕飯は夫に牛丼を買ってきてもらったし(かろうじてブロッコリーをゆでるくらいはした)、夜までは大変でした。
 でもゆうべ遅い時間にはどうにか治まったので、急いでセブンイレブンに行きました。
 なぜなら、今日はパリ・オペラ座バレエ団の来年3月の来日公演のチケットの一般発売日で、それまでに「ぴあリザーブ(先行抽選)」で取ったチケットを発券したかったからです。

 ***

 取ったのはハンブルグバレエ団のジョン・ノイマイヤー振り付けの「椿姫」で、全編ショパンの音楽で物語が進みます。
 といってもわたしはネットで視聴したことがあるだけなのですが。。
 「いつか見てみたい!」と思っていた人の、「いつか見てみたい!」と思っていた演目がこのたび来日ということを新聞で知り、ぴあで先行抽選に応募したのでした。
 お財布と相談して、C席15000円にしました。
 安い席は競争率が高いだろうし、どうせなら少しいい場所で見たいし、かといってS席は25000円で、、まあ、バレエはあまり分からないわたしは、間を取ってC席かな、という判断でした。
 でもたぶん、パリオペラ座バレエ団の「椿姫」、マルグリットはアニエス・ルテステュ、アルマンはステファン・ビュリョンを東京で見られるなら、S席25000円は決して高い値段ではないのだろうとは思います(音楽は一応生演奏だし。。でもそのオケの評判はイマイチなのですが)。でもまあ、わたしはバレエ詳しくないし、S席で見る自信もないというか。。(専業主婦ですし、一人で行くし)
 ちなみに、この「先行抽選」では席を確保するというだけで、指定はできず、発券までどの席になるか分かりません。
 ゆうべ発券したところ、わたしはRAエリアでした。。。できれば後ろでも正面の席がよかったけれど、まあ、見切り席ではないようですし、しょうがないです。
 日本舞台芸術振興会の会員だったらもっと早くチケットを取れていたそうですが、来日の情報を知ったのが遅かったので本当に仕方ないです(情弱)。
 音楽会などのチケットを取るのは、こういうことが少しストレスで、ちょっとおっくうだなあと思います。

 ***

 このバレエについては、以前「すごいの見つけた!」という感じでブログに書いたことがあったと思います。
 その公演だし、主役の二人が同じ組み合わせなので、そして、女性エトワールのアニエス・ルテステュはこの10月でオペラ座からは退団したそうなので(71年生まれで同世代でした)、この来日を逃すともう見られないだろうし、C席でもうちからすれば奮発なのですが、取ってよかったです。
 
 もう一度この演目の目玉の一つの「黒のパ・ド・ドゥ」を貼ります。
 わたしが見るのはこの二人なんです☆ 

 こんなことができるなんて本当に信じられない。。(かなり官能的な表現なので初めて観た時はそのことにも驚きました。バレエでここまでやるのか? と。でも振り付け師は現代の人ですので、コンテンポラリーの要素もあるのだろうなと思いました)
 これは2008年のパフォーマンスでDVD化されており、この動画は二人でやる初めての舞台で(男性ダンサーがケガで代役になった)、その初日に入った撮影のものを使っているそうです。だからぎこちないけれど緊張感がすごいです。
 この二人はそれからずっと組んでやっているようで、来日公演ではもっと板についているだろうと思うし、アニエスさんもオペラ座自体は退団しているということで、日本ではもう観られないだろうから気合いを入れてくださるのではないかな、と思います。 
 こんなものを生で観たら泣いてしまうだろうし、感動でヘロヘロになりそうです。 
 ピアノが大変だろうと思いますが、ぜひこのバラード一番、がんばって弾いてもらいたいです(ピアニストは誰なんだろう。。)
 下に貼るのはシルヴィ・ギエムのこのパ・ド・ドゥ。ピアノのミスがひどくていたたまれなくてわたしは最後まで観られない。。。こういうの本当に困る。。

 
 こちらはこの演目を通しで観られます。画質もよいです。

 全部あがってるなんて、、このYouTubeマズいんでしょうけれど。。
 これはいずれDVDを買ってもいいよな、と思っています。礼儀として。。。
 
パリ・オペラ座バレエ 「椿姫」 [DVD]パリ・オペラ座バレエ 「椿姫」 [DVD]
(2010/06/23)
パリ・オペラ座バレエ団

商品詳細を見る


 と、長々と書いてしまっていますが、なにが言いたいかといいますと、この公演のチケットはまだあるようなので、興味を持った方は行かれてみてはいかがでしょう、と思ったためです。
 自分がまだ観ていないものをおすすめするのはなんだとも思うし、もしかしたらなにかトラブルがあって出演者の変更などあるかもしれないので、無責任なことはしてはいけないかなとも思うのですが。。
 人間てここまでできるんだ、みたいなものを目の当たりにするのは悪いことではないのではないかと思うのです。

 チケットぴあの公演のページ。「ドン・キホーテ」もあるそうです。→ こちら
 
 
 

 
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

バレエ♪

美紀さんこんばんは。
私はバレエは見たことはありませんが、素敵でしょうね。楽しみですね。

今日はコバケンさんのコンサート、聞いてきました。

ですが…。
実に9年ぶりにサントリーホールに行ったのですが、地下鉄の改札(国会議事堂前で降りました)をでてから出口まで延々と歩いて、開演前にサンドイッチのsubwayに行きたいと思ったのですが、さすがに昔の所とは場所が移転していました。
慣れない所に行って疲れたのか、久しぶりのsubwayのコーヒーのせいか(私には苦かった)、困ったことにお腹が痛くなってしまい、音楽にあまり集中できませんでした(-.-;)

先ほど帰宅しましたが、なんだかまだイマイチで、布団にくるまっております。
でもコンサートは素晴らしかったです。ブラームス1番、スカッとしました。
お互い体調に気をつけましょうね。

Re: バレエ♪

あきさんこんばんは、コメントありがとうございます♪

はい、バレエチケット取りました! が、チケット購入時のあの焦る感覚、どうも苦手です。。。
演奏会など、一回限りのものはどうしても早い者勝ちの部分がありますね。。

コバケン様、スカっとする演奏でしたか! くぅーーー!!! いいなあ!

subwayはサントリーの前、アークヒルズのですね。前は違う場所にあったのかあ。。
確かに国会議事堂前から行くとすごく歩きますよね。
わたしはたいてい南北線の六本木一丁目駅から行くことが多いですが、出口を間違えてやはり大変だったことがあります。

しかしコーヒー怖いですねえ。。もう、客も体調管理を万全にしないといけないっていう。。
4月の失敗があるので(泣)とってもよく分かります!
バレエのチケット、うちからするとお高いものだったので(汗)、3月後半は気をつけないといけません。なんか今から緊張してしまう。。

もう朝晩はけっこう冷えます。お腹お大事になさってください(わたしも今ちょっとそっちも調子悪しです)。


サントリーホール

美紀さんおはようございます。
度々コメント失礼します。
そうです。アークヒルズの中のsubwayです。昔はサントリーホールのすぐ隣にあったと思うのです。
うろうろと探してしまって、それだけで疲れてしまった感じです(-.-;)
昔はsubwayのサンドイッチをぺろっと食べられたけど、今ではボリュームあるなぁと思うようになりました。歳ですねぇ。
コーヒーは、私はドトールが好きです。砂糖なし、ミルクだけで飲めます。

コバケンさんのブラームス1番を聞くのは2度目だったのですが、さすがに今回はプロで会場も大きなサントリーホールだったし、ラスト直前のファンファーレのようなところが圧巻でした!

最後のコバケンさんのごあいさつも、私がいた2階席(奮発してS席6000円!)までしっかり聞こえました。良い声だわぁ。

もう11月ですね。早いですね。
私はお腹治りました。
お互い気をつけましょうね。

Re: サントリーホール

あきさんこんにちは、コメントありがとうございます!

9年前にはsubwayは隣にあったんですね、、その頃、知人からチケットをいただいて一度だけサントリーに行ったことはありますが、周囲のことなんて全然目に入らなかったなあと思い出しました。
その頃もクラシック音楽などには興味がありましたが、勇気がなくてあまり入り込むことができていなかったんですよ。今でもたいしたことないけど。
ちょっとやはり敷居が高いと思ってしまうんですよね。
でもやはり入っていくと素晴らしい世界が開けるものですよね。

ブラームスの交響曲は聴いたことがありません。1番ということは若い頃の曲ですよね。勢いあるんだろうな。

わたしはお腹はまだ薬で抑えているような状態です(汗)。
それでもインスタントコーヒーを飲んでしまっていますが。。(ブラックです♪)
外で飲むコーヒーは確かに少し難しいですね。なんでだろうなあ。苦すぎるのは特にお腹にはマズいです。
いろいろと、気をつけましょう!


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)