一人の忘年会♪ ラファウ・ブレハッチピアノリサイタル 彩の国さいたま芸術劇場 音楽ホール

 昨日は夫が職場の忘年会だったのですが、今来日しているピアニスト、ラファウ・ブレハッチのリサイタルが同じ日にあることを知り、先週急遽チケットを予約しました。
 夫も夜に用事がある日に出かけるほうがやはり気が楽というのはあります。
 ということで、気分的にはわたしも「忘年会」でした(ピアノは自分も習っていたのであまり深刻に「勉強モード」にならなくても聴くことができます)。ブレハッチのピアノとはなんと贅沢な!
 わたしは一人で出かけてそんな風に過ごすことがすごく好きです。
 気張ってオシャレしましたよ〜(笑)。
 久しぶりのホールコンサートですので、普段に使えないものを使うんです。やはりそれも楽しみなんですね。
 バッグとスカーフ♪↓ 
  131218bag2.jpg

 ***

 ラファウ・ブレハッチさんは2005年のショパンコンクールの覇者(しかも全会一致、二位なし)で、ショパンの祖国ポーランド出身で日本でもとても人気があるようです。
 わたしがリサイタルに行くのは2010年に次いで二度目です。 
 前回はオールショパンプログラムでしたが、今回はモーツァルトとベートーヴェンも聴けます。

 昨日の曲目です。


 ☆モーツァルト:ピアノ・ソナタ第8(9)番 ニ長調 KV 311(284c)
 ☆ベートーヴェン:ソナタ第7番 ニ長調 作品10-3
 (休憩)
 ☆ショパン:夜想曲第10番 変イ長調 作品32-2
 ☆ショパン:ポロネーズ第3番 イ長調 作品40-1 「軍隊」
 ☆ショパン:ポロネーズ第4番 ハ短調 作品40-2
 ☆ショパン:3つのマズルカ 作品63
 ☆ショパン:スケルツォ第3番 嬰ハ短調 作品39
 (アンコール曲)
 ☆ショパン:ワルツ イ短調 作品34-2
 ☆ショパン:《24の前奏曲》作品28より第20番 ハ短調
 ☆ショパン:《24の前奏曲》作品28より第7番 イ長調



 前半の前半のモーツァルトは可憐でよかったですが、後半のベートーヴェンはそこまで「ものにしている」という感じではなかったかな? もちろん上手な人なので、きれいな音だしよく弾いているのですが、曲と一体化しているというところまでではないような?
 第二楽章の途中あたりから客席の集中力が落ちたような気がしたし。
 あの細い繊細そうな青年とベートーヴェンの相性はどうなんだろうなあ。
 でも避けて通れない道だろうし、応援しますが。。

 そんな風に少し前半は疑問があったのですが(プログラム上、余力を残していたのかもしれない)、後半のショパンはやっぱり素晴らしい!
 水を得た魚ですね。
 圧巻だったのはポロネーズの4番。客席から「ブラボー!」もかかりました。本当にそう。
 個人的にはマズルカ63の3のラストのまとめ方に感服。
 さすがポーランドの子、ブレハッチ!
 アンコールではわたしが今練習している(と言えるほどのものではないけれど)プレリュードの20番を弾いてくれて、もう息をしたらいけないかなと思うくらいのピアニッシモに驚いていました。
 その20番のブレハッチさんの動画です。

 うわーーー!!

 何度もアンコールに応えてくれるブレハッチ君、最後はスタンディングオベーションになっていました(わたしも立ち上がった)。
 誠実な人柄が感じられて、拍手するしかなくなるんですよね。

 ***

 昨日の会場は、さいたま市の与野にある「彩の国さいたま芸術劇場」の音楽ホールでした。
 こちらの劇場、初めて行きましたが、うちからだと JR武蔵野線を使えばそこそこ楽にアクセスできます。
 これからはこのホールも視野に入れていいんだなと思ったり。

 会場の「音楽ホール」は座席数600くらいで中規模です。
 最後部からの舞台↓
  131218sainokuni1.jpg

 直前にチケットを取ったので右端の席でしたが遠くに感じられなくてよかったです。
 内装は壁は木が多いけれどところどころ大理石も使ってあって、反響なども悪くはないのかな。
 ブレハッチさんは規模に合わせて演奏したのかもしれないけれど、もっとギャーン! と響いてもいいかな、とも思えました。天井が高いからかなあ、、あの近さならもうちょっとギャーン! と聴こえてもいいよな。。
 そんな感想は残ってしまいました。

 でも建物としてきれいなホールだなと思いました。
 開館は1994年だそうで、企画段階から考えたらバブル期に建てられたものだと思います。
 バブルの時期について、わたしは当時「なんだか浮かれてバカみたい」と否定的な気持ちでいたのですが(わたしは高校生でした)、こういうホールがあちこちにできて、今でもブレハッチさんのような海外の第一線のアーティストを呼んで演奏会がたくさん開けているのはよいことで、あのバブル期も「完全否定」はしたらいけないのかなと思いました。日本人の文化的な生活の底上げにはなったはずですもんね。。
 オベリスクまである中庭↓ 
 131218sainokuni2.jpg
 まあ、これはなくてもよいような気もするんですが、、、電車からも見えるからランドマークなのかも。

  
 
 
 

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

コメント

コンサート

美紀さんこんばんは。
素敵な時間を過ごされましたね。
バッグとスカーフも素敵です!
オシャレも楽しみのうちですよね。

私は22日にコンサートを聞きに行くので楽しみです。昔、第九を歌ったことがある指揮者の、大学オーケストラの演奏会です。
先月コバケンさんの演奏会のときには、お腹が痛くなってしまい失敗したので、今度は気をつけて体調万全に整えます。
今日は寒いですね。雪になったらイヤだなぁ。
風邪ひきませんよう、お互い気をつけましょうね。

Re: コンサート

あきさんこんばんは、コメントありがとうございます!

はい、久しぶりのホールコンサートでしたが、やはりいいですよね!
普段家でフリースばっかりで過ごしているわたしはどこに行った? という感じですよ(笑)
たまにはこういうのがないとダメです。

あきさんも年末の演奏会があるのですね。22日っていったらもうクリスマス前夜という感じですね。
オケもずっと聴いてないや。。。
わたしはチューニングの音がやんで指揮者が出てくるときのあの静けさが好きです! ああ!
体調万全にされて、楽しんできて下さいね!

小平は雨ですがこれから雪になるのかな。。
寒いのでほんと気をつけましょう!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)