今日見つけた言葉

 先日実家にあった花↓
  140403yuri.jpg

 うかうかするとブログの更新が空いてしまいそうなのでパソコンに向かっています。
 とりあえず「定期的に文章を書く」というのも、続けたいと思っているので。。せっかく13年もの間ネット上に日記を書き続けているので。。。こういうものって「もういいや」と思った時点で終わってしまいますから(「仕事」でやっているものではないから)、「もういいや」と思わせないように自分の心を奮い立たせるということが必要だったりします。
 なぜそこまでするのかと言われると分からないけれど。
 「13年」ってけっこう長いですよね。自分でも笑えます。
 きっと意地になっている部分はあり、でも、生きる上で「意地」(「維持」もか?)って、大事だと思います。
 
 そういえば、今日の朝刊に「成功」について語ってそれが本になっているという「中村天風」さんという人の書籍の広告が載っていて、少し気になって(だって一冊1万円以上するんだもの)ググってしまいました。 
 戦前の方のようで、ヨーガの修行をして開眼したということで、松下幸之助とかロックフェラー三世(!)などもその方の話を聞いていたとかなんとか。
 検索をたどっていくとその方の語録を軽くまとめたページがあって、その中に「おお」と思える言葉がありました。
 
  人生は生かされてるんじゃない。
  生きる人生でなきゃいけない。


 よく「人は生かされている(だから傲慢になってはいけない)」という言い方がありますが、それも分かるのですが、「生きる人生でなきゃいけない」というのはいいなと思いました。
 「生きる人生」に、していかなくちゃいけない、ということかな。
 それは、自動的にはそうはならないのだろうと思います。
 どこかで自分にそういう自覚を持たせて、自ら働きかけることでそうしていくということですね。

 そういうことがずっとよく分からなくて、「生かされているんだから」の方向でおとなしく待っていればいいのかなと思っていた時期がありました。20代後半から30代中盤くらいまでかなあ。
 でもそれだと「どうにもならない」ということに気づきはじめて、本当の意味での模索が始まった、という感じかもしれません。
 もちろんそれはまだまだ途中で、きっとずっと(死ぬまで?)続くことなのですが。
 
 さくっと調べただけだけど、そこそこ心に響いた言葉があったのでよかったなあと思ったのでした。


 実家の庭の椿↓
  140403tubaki.jpg
 亡くなった母方の祖母が育てた枝を挿し木したものです。今年も咲きました。おばあちゃんの形見♪
 
 

 


 
 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

生きる人生

美紀さんこんにちは。
お花きれいですね。
うちの近所の桜は散り始めています。桜って儚いですね。

13年もの間、ブログを書いていらっしゃるのですね。すごいです。
私は若い頃、10年くらい日記を書いていました。もう処分してしまいましたが、今読んだらきっと恥ずかしいだろうな。

「生きる人生」にする。なるほど。素晴らしいですね。

私事なのですが、私は1994年に合唱を始めました。
2004年に大きな曲を歌ってとても感動しました。そのときの指揮者先生は今でもファンで、時々フェイスブックでメッセージを書いています。
それと、職場で夫と出会いました。

2014年。明日は合唱の本番です。この合唱団ではロ短調ミサを含めて3回目のステージですが、明日で最後にします。

今まで10年ごとに大きな出会いがあったのですが、今年は合唱団との別れの年です。
もうこんなに大きな出会いはないだろうと思うと、歳をとるってなんだか寂しいなと思っています。
長くなってしまい、失礼しました。
お互い体調に気をつけましょうね。

Re: 生きる人生

あきさんこんばんは、コメントありがとうございます。

今日は夜になったら少し寒くなりました。小平も早かった桜は散りつつあります。まだ満開っぽいのもありますが。

10年日記を書いていらしたんですね。取っておいて、おばあちゃんになった頃読み返したらきっと楽しいかもですね。
わたしも今は10年前頃に書いていたネットの日記は怖くて読めませんが(汗)、時間が経ったら変わるかも。
そんな気持ちもあって昔のものも別の場所に消さずに残しています。

「生きる人生」という言葉、なかなかいいですよね。

あきさんは4の年にそれぞれ大きな出会いがあったのですね。
今回はそちらの合唱団最後になるのですか。。
おつかれさまでした。
思い切り歌ってきてくださいね!

年齢を重ねると、若い頃のように出会うものすべてが新鮮ということはなくなってくるかもしれませんが、
それでもはじめての経験や場所というのはあったりして、今までの経験とすりあわせながら自分を調整することはできると思うんです。工夫するっていうか。加減するっていうか。深い傷を負わないためにすべきことが、ある程度予測できたりしますよね。
そういうことをできるようになるということは、年齢を重ねることの利点というか、いい部分かなと思ったりします。

アラフォーがなんだ! がんばろう!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)