よいテレビ番組はまだあるようだ

 今日はずっと雨が降っていて、現在東京の広い範囲で雷注意報が出ているようです。
 外はけっこう風が強く、買い物に出るタイミングを測らねば、という感じです。
 昨日実家でタケノコとコゴミをもらったので、今日は夕飯はタケノコご飯とタケノコの炒め物とコゴミのごま和えなどにしようと思っています。それでもタケノコは残るだろう。。。
 
 ここのところ録画しておいたテレビのドキュメンタリー番組を見ると、ことごとくよいもので、とってもお得な気分になります。
 内容的にめちゃくちゃ勉強になるし、画面がきれいだったり音楽もよかったり、番組の構成もよかったりするんです。
 でもテレビのドキュメンタリー番組って再放送があるか分かりませんよね。。
 内容も専門的なものなので、わたしがあれこれ書けるような感じではないんです。
 でもすごくよかったので、もしなにかの機会があって観ることができるのなら、よいのではないかなということで、番組名だけでも書いておこうと思います。

 ***

 一つは、2月に放送されたBS朝日でやっていた
 「東京駅100年の謎 近代建築の父・辰野金吾の暗号」
 という番組です。

 番組のサイト → こちら

 1914年に開業して、最近リニューアルを終えた東京駅の設計者、辰野金吾さん。彼が手がけた東京駅に残されたレリーフの謎を追う、という番組だったのですが、建築を映す画面がすっごくきれいで、使われている音楽がピアノ曲が多いんだけれど誰のなんだろう、、、ロマン派っぽい感じがしたかなあ。ラストの曲はロマン派でドイツって感じだったなあ。ベートーベンというよりはブラームスっぽく感じだけれど誰のだろう。。すごくよくて。
 以前読売新聞で特集を読んでいた建築史家で建築家の藤森照信さんが出てきたり、辰野金吾さんのひ孫さんで女性建築家の辰野智子さんがお話されたりと、かなり本格的な作りでした。
 東京駅、ちゃんと見なくてはいけないなあ、と思いました。そのうち行こう!

 ***

 もう一つよい番組だったのが、NHKのEテレで放送された
 「ETV特集 ストラディバリウス〜魔性の楽器 300年の物語〜」
 です。

 番組のサイト → こちら

 ああっ、これは再放送がこの前の土曜日だったのかー。もっと前に書いていればよかった。。。
 わたしは弦楽器に詳しくないし、生でストラディバリウスを聴いたこともないのですが(今までの最高が、ベルリンフィルのコンマスの樫本大進さんのガルネリだと思います。素晴らしかった!)、放送の中で鳴っているだけでも音がいいのが分かるような創りの番組でした。
 これは、グレン・グールドのCDを聴いたときに思ったことなのですが、わたしたちは意識していなくてもクラシック音楽をテレビや映画の中のBGMとしてたくさん聴いており、そういうもので使われる演奏(音源)というのは有名演奏者の名演であることが多いのだと思うのですが、そうすると、ピアノの音=スタインウェイクラス、バイオリンの音=ストラディバリウスクラス、という形で無意識にインプットされるんじゃないかと思うんです。
 これって、若手の演奏家にとったら恐ろしくイヤなことですよね。。。
 そんなことも思いながら見たのですが、300年前のストラディバリウスの音に近づこうと、今のバイオリン職人やバイオリン愛好者が一同に集まり、自分の持つ知識や情報を出し合って、ストラディバリウスのコピーを創った、という話が感動的でした。
 そのコピー、それぞれの職人が得意なところを受け持って創ったものなのですが、すっばらしい音がするんです!
 本物とは違うけれど、ひけをとっていない!
 まだ創られて2年とかそれくらいなのにですよ!
 とにかく「ストラド」という怪物を越える(or 近づく)には、もう職人が自分の知識を溜め込んで人に教えないでいるということでは無理なんですって。
 これって、新しい感じだなと思ったのです。
 これからの時代は、知識や情報を自分の中だけで保とうとしても、前に進まないのではないか。
 「シェアの精神」ですかね。。。
 職人同士が自分の知識・技術を皆の前で披露するなどということは、昔では考えられないことなのだそうです。
 わたしはこういう部分にとても共鳴したのですが、世の中にはまだ、情報のシェアがうまくいかない分野も多いのだろうから(日本のメーカーと韓国メーカーのスパイ問題などありましたね)、十把一絡げにはできないのだと思いますが。。
 
 このように、いろいろ考えさせられるよいテレビ番組が、まだまだあるんだなあということに、少し嬉しい気分になります。
 またいいものを見つけられたらいいなと思います。

 
 *おまけ*
 雨に濡れた藤の花↓
  140430fuji.jpg

 

 
 
 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ドキュメンタリー - ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)