いろいろなこと日記。(大島渚監督 「少年」)

 昨日は父の命日で、丸3年となりました。
 母と墓参りに行ったのですが、妙に気違いじみた1日となってしまいました。
 最近こんなのばっかだ。。。 

*墓参りで見つけた花*
 
 父の墓はあきる野市にあり、お昼に母と待ち合わせて墓参です。
 法要がないので楽ですね。母は毎月月命日に墓参しています。
 あきる野市はまだ田んぼや畑などが残っていてのどかなエリアで、寺までは駅からけっこう歩くのですが、いろいろな花が咲いているのを見ておしゃべりしながら行くので苦になりません。

 昨日は母もわたしも今まで認識していなかった新しい花を見つけ、興奮しました。
 とってもおもしろいんです↓
  140529nigera1.jpg
 ぱっと見、矢車草やトケイソウの花にも似てるような気がしますが、フェンネルのような葉なので違う。
 おもしろいのは花の後の種の様子↓ 
  140529nigera2.jpg
 フウセンカズラのように膨らんだ袋が花の後にできていています(この袋の中に種がある)。
 この白い花と緑の丸い袋が草の中に点在していて、全体の見た目がとてもおもしろいのです。
 調べてみるとこの花は「ニゲラ」というキンポウゲ科のお花だそうです。1年草で種は秋蒔きだそうです。
 種の袋はドライフラワーにできるらしい。
 実家の庭にあったら楽しそうなんだけどな。。。

 墓参りの後は近くのファミレスでワインと食事をおごってもらいました。
 パパちゃん、わたしたちは仲良くやっているので安心しておくれ。

*see designのバッグ*

 昨日朝届いたバッグです↓
  140529bag1.jpg
 衝動買いっていうほど衝動でもなかったけれど、いつも見ているネットショップでセールになっていました。
 フィンランドのマリメッコにいたドナ・ゴーマンが独立して作った see design という新しい会社のバッグです。マリメッコのものは持っていないのですが、縫製などマリメッコよりもがっしりしていて、細かいディテールが凝っています。
 まだ日本ではそんなに有名ではないみたいで、ショップによっては同じものが5000円だったりします(その半額以下で買えた!)。
 サイズはランチトートくらいで、底が丸いバケツ型なのですが、その丸も真円ではなくていびつな丸で、それはこのブランドのロゴにもなっているモチーフのようです(はじめ不良品かと思った)。
 夏の近所用です。
 すっごい色合いなのですが、いろいろあったのでちょっとパキっとしたくて買ってしまった。わたしは黒や紺、グレー系の服が多いので差し色にいいかなと思ったり。
 気分が上がる!↓
  140529bag2.jpg
 これからこのブランドは人気が出るでしょうか。わたしは悪くないと思ったけれど。。

 この夏はこのバッグで近所を闊歩しようと思います♪ 

 *大島渚 少年*

 ということで、昨日は朝からばたついていたのですが(どピンクってテンション上がりますよね)、トドメは深夜にやってきました。
 夫が新聞のテレビ欄で見つけてしまったのです。
 今日の3時30分からWOWOWで大島渚の「少年」という映画をやるということを。。。
 
 去年夏頃、我が家ではニワカに「北家映画祭」が連日開催され、映画ファンとしては観ておかなくてはいけないような旧作の名作、世界的に評価が高いとされる作家の問題作などを観まくっていました。
 その中で去年亡くなった大島渚さんの映画もたっくさん観たのですが、この「少年」だけは近所のレンタル店を総当たりしても見つけられなかったのです。
 けれど、この映画は欧米では「儀式」「絞死刑」などと並ぶ大島作品の傑作とされているそうで、観たかったのです。
 
 題材は1966年に日本を騒がせた実在する「当り屋家族」で、傷痍軍人の父親と継母に連れられた「少年」が車に体当たりして示談金を稼ぐという「仕事」をさせられて、日本を横断するという物語です。
 大島渚 少年 1968年


 そういう「家族」が実在したというのもすごいし、大島作品には珍しくストレートなストーリーで、ロケーションなどの映像もきれいです。
 大島のデビュー作「愛と希望の街」を彷彿とさせます(わたしは「愛と希望の街」がやはり一番だと思うけれど)。
 この映画はATG(アートシアターギルト)という低予算映画会社と大島さんの「創造社」で、1000万円の予算で作られました。
 それでも見応え充分、ものすごい映画でした。
 子役がすごいです。主人公は養護施設にいた孤児阿部哲夫で、この映画のあと再び養護施設に戻って芸能界には復帰しなかったそうです。

 この映画を見るために、仮眠を取って3時に起きて実家に行ったわたしたちなのでした。。。実家はWOWOWに加入しているんです。
 母に話をつけておいて、家に入れてもらって観たんですよ。。。
 5時過ぎに映画は終わって、その内容のすごさと寝不足でふらふらしながら団地に戻って夫は再び仮眠を取って出勤しました。。ここのところ職場が大変でずっと休めていないのですが。。でもこれくらいの気違いじみたことをしないと帳消しにならないくらいちょっと状況が大変らしいので。。。(わたしも今日は時差ボケみたいになっています)
 
 そうまでして観る価値のある映画だったかなと思いました。
 大島渚はやはりすごいし、愛の人だったのだと思う。

 しかし、実家まで徒歩5分の立地というのはやはり便利でありがたいです。
 今までも、深夜にWOWOWで観たかった映画を見つけることがあったのですが、仕事が、とか、常識が、とか考えて実家に観にいくということを実行したことはなかったんです(兄も母もせっかくなんだから来ればいいのに、という態度ではあった)。
 でも母も笑いながらつきあってくれたし、これからはこういう「逃してはいけないもの」があれば、それに素直に向かっていこうと思いました。
 わたしたちはもう、そういう感じで行けばいいのだと、思えるようになったのです。
 
 
少年 / ユンボギの日記 [DVD]少年 / ユンボギの日記 [DVD]
(2011/07/30)
渡辺文雄、小山明子 他

商品詳細を見る


 

 
 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画 - ジャンル : 映画

コメント

お花 など

美紀さんこんばんは。
不思議な形のお花ですね。雪の結晶みたいで、きれい。
バッグも、夏らしくて素敵ですね。
気分も明るくなりそう。

3時にテレビを見に行かれたのですか!
美紀さんご夫妻の仲の良さ、懐の深いお母様、素敵ですね。そこまでして見たいものがあるというエネルギーといいますか、知的好奇心。すごいです!
うちではあり得ません。うん、絶対に。

今朝、テレビの天気予報の中継で、地元の公園が映ったんです。ちょっとしたバラの名所と言われるところです。
小さな動物園もあって、モルモットとウサギも映っていました(≧∇≦)
夫と朝からテンション上がりました。

日中は暑くなってきましたね。
お互い体調に気をつけましょうね。

Re: お花 など

あきさんこんばんは、コメントありがとうございます。

3時に実家に映画観にいくとかちょっとマズいですかね(笑)。
昔はそこまでしようと思わなかったんですよ、、、なにかが加速しているようで困ったものです。
仲が良いというか、、そうやってバカバカしいことをして保てるなにかがあるような気がします。リフレッシュかなあ。
夫はとくに今職場のストレスもあるので、、普通にしていると飲み込まれそうでイヤみたいです。
母もつきあいいいですよね、、あの人も少し変わった人かなあと思います。

動物園がある公園があるのですか! いいですね!
ウサギとかモルモットとか鼻のあたりかわいいですよね! モクモクって動かしていて。
うちの近所にはそういうスポットはないなあ。

だいぶ暑くなってきましたね。でもわたしはまだ長袖着用です。
体調など気をつけましょう!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)