ルネ小平1hourコンサート 横山幸雄 ショパンを弾く 第二夜

 おとといの夜は、地元のホール、ルネ小平であった横山幸雄さんのピアノリサイタルを聴きに行きました。
 先月から始まった「1Hourコンサート」で、一時間で気軽にクラシックに触れられる演奏会の企画です(ルネ小平はおととしからそのシリーズをやっています)。
 今年の横山幸雄さんは大ホールで、オールショパンプログラムです。
 難曲目白押しです。

 おとといの曲目です。


  ☆ショパン:スケルツォ第一番 ロ短調 OP.20
  ☆ショパン:スケルツォ第二番 変ロ短調 OP.31
  ☆ショパン:スケルツォ第三番 嬰ハ短調 OP.39
  ☆ショパン:スケルツォ第四番 ホ長調 OP.54
  ☆ショパン:子守唄 変ニ長調 Op.57
  ☆ショパン:幻想曲 ヘ短調 Op.49
  (アンコール)
  ☆ショパン:練習曲 エオリアン・ハープ 変イ長調 Op.25-1
  ☆ショパン:華麗なるワルツ ヘ長調 Op.34-3



 先月に続いて行ったわけですが、素晴らしかった!

 昨日ブログを書こうと思ったのですが、その素晴らしさをどう書いていいのか分からず、結局ネットで横山幸雄さんについて調べて時間がかかってしまったので今日に持ち越されたのでした。
 そして、今でもその「素晴らしさ」をどう書いていいのか分からないのですが。。。

 素晴らしいし、おもしろい。
 横山幸雄さんのピアノはおもしろい。
 今まで聴いてきた誰とも違うかなあ。もちろん、とても少ない鑑賞体験しかないのですが。
 
 わたしは、ショパンのスケルツォは2番以外よく知らないので(バラードは一応全曲鍵盤で弾いたことがある、すんごくゆっくりだけど)、この演奏会のためにルビンシュタインのバラードとスケルツォが入ったCDを聴いて少し予習をしていたのです。
 横山さんはそのCDのルビンシュタインよりよっぽどいいなと思いました。これは上手という意味です。
 そういうことを言うとクラシックファンから怒られるのかなあ。。。
 あと、おもしろさで言うと、ブレハッチ君よりもおもしろい。
 この「おもしろさ」をうまく言葉にできない。

 やはり、ショパン全曲演奏会を一日中会場を借りてやってしまうとか、そういうところから来るおもしろさなのだと思います。
 自分の肉体との関係の作り方が尋常じゃない、とか、そういうところから来るのかなあ。
 そこにきっと、パリのエスプリが加わってくるんだよなあ(横山さんは10代の頃からパリにも拠点を置いている)。
 誰もあんな風に舞台に立てないと思う。
 超ド級の演奏をして(おとといはミスタッチほとんどナシ! 難曲ばかりなのにお見事!! 音の粒立ちもハンパない!)、疲れた様子などまったく見せずしれっとひょうひょうとしている。そこにイヤミはない(ルビンシュタインの演奏って知的かもしれないけどイヤミったらしい)。

 そのたたずまいに、なにか自分にとってのヒントがあるかなと思わず探ってしまいます。

 自己の表現の中に「社会を変える(音楽で人々の疲れを癒したい)」とか「他者を強制する(音楽でみんな一つになろう!)」という要素を盛り込むことなく、淡々とすごいことをやってのけているのだもの。
 それって、ものすごく自制心を必要とすることで、ものすごく精神力がいることだ。
 エネルギーって、他者に向けてしまうほうが、全然楽ですから。
 でも、ちゃんとした演奏家は、みなあまり「音楽で人を癒そう」とは思っていないと思う。それは一種の「逃げ」ですもんね。演奏そのものからの。
 だから、当たり前と言えば当たり前なのかもしれないけれど。。
 単に「ピアノを最高のレベルで弾く」ということに集中しているというだけなのかもしれません。
 でも、自分にはとても新鮮に思えるのです。

 来月も楽しみです。

 
 *参考資料*
 横山幸雄さんや現在活躍される日本人ピアニストを多く輩出した、1990年第12回のショパンコンクールを取材した日本のドキュメンタリーです。
 
 すっごいおもしろかった! YouTube万歳!!

 横山幸雄さんが指導されるショパンバラード第一番の動画です。

 こんなものを公開してくれているとは! 上野学園と横山幸雄さんありがとう!  
 ほかにもこのような動画がたくさんあります → こちら
 
 
 
 
 

 
 

 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

コメント

ピアノ

美紀さんこんばんは。
コンサート、楽しめて良かったですね。
ピアノは、自分1人で、自分の指だけで音楽を作るという、大変なことだと思います。

美紀さんのように、きちんと深く感じとって聞いてくれて、横山さんも嬉しいと思います。

youtube見ました。
指の動きがとても鮮やかですね。

他にも、面白いものが沢山ありますね。
9歳と11歳の兄弟が弾く幻想即興曲とか、8歳の女の子が弾く幻想即興曲とか!すごいなぁ。
トルコ行進曲の転調とか。
見ているだけで、何時間も過ぎてしまいそうでした。


数日前の暑さから一変して、雨が降り続いていますね。
少し涼しいので、お互い体調に気をつけましょうね。

Re: ピアノ

あきさんこんばんは、コメントありがとうございます。

はい、地元でこのようなコンサートがあってほんとにラッキーでした。
(でも演奏中のマナーの悪い人が多くて、横山さんになんだか申し訳なくて情けなくて。。)
ピアノは一人で弾けるからある種の気楽さはあるのだろうなと思います。
合奏や合唱は人と合わせる難しさと、喜びもまた大きくあるのだろうと思います。

YouTube見て下さったのですね!
すごいですよね、、生で見ていると指の動きは速すぎてまとまって見えるくらいですが、動画だとしっかり見られますね。
でもとてもとてもあんな風にはできない。。。すごいなあ。

横山さんのピアノ指導の動画、見ているだけでため息が出て(というより悲鳴かな、、あそこまで細かく考えて弾いているのか、と。。。素晴らしいですよ)、落ち込みそうになったときに見るとよいかなと思いました(笑)。

トルコ行進曲の転調ですか。音楽は数学的に分解して遊べるから、数学脳の人も楽しめますよね。
そういうのができる人もすごいなあと思います。

こちらは雨、ずっと強いです。
体調管理気をつけましょう!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)