仏教のことと掃除のこと

 今日は東京は午後雨になる予想なのですが、洗濯物が溜まってきていたので洗濯してしまいました。
 小平は先ほど少し陽が差していたのですが、、また厚く曇ってきてしまった。
 雨までに少しでも乾けばよいのですが。
 
 少し前から読んでいる、夫が通っていた放送大学の仏教の教科書「仏教の思想(木村清孝)」が、おもしろくてやばいです。
 目が開かれる〜〜〜。
 疑問だったことが氷解していく〜〜〜。

 (この教科書、アマゾンで買えるようです↓)
 
仏教の思想 (放送大学教材)仏教の思想 (放送大学教材)
(2005/03)
木村 清孝

商品詳細を見る


 だって「葬式仏教」ってちょっと変だと思うし。。。
 本来そんなものじゃないですよね、、、でも現代に生きる日本人が一番直接に触れるのって「葬式仏教」なんだもの。。。
 でもなんかあれって。。。(汗)

 まず去年の奈良旅行で「奈良のお寺には檀家がないんですよ」という話をバスガイドさんから聞いて、まずそこで「へ? じゃあどうやって運営しているの?」と疑問に思い。
 その後、興福寺の文化講座に行くようになって、「唯識」などのインドの初期の仏教を踏襲したものと(最初期のものではないにせよ、かなりインド的なようです)、自分がそれまで見聞きしてきた「仏教」とのあまりにの違いに戸惑っていたのですが。
 やはり「宗教」は広がっていく際に、それぞれの地域の土着の考え方と習合することで都合良く作り替えられてしまうのですね。。キリスト教だってそうですよね。それでたくさん矛盾を抱え込んでしまう。
 そしてその矛盾を追求させないために、強硬な態度に出る。。。?
 (そしてそれを感じて若い頃のわたしは「宗教」に多少のアレルギーを持っていた。その後オウム事件などもあったし、いいイメージはなかったのです)

 ええとつまり、今、中国に仏教がどうやって定着していったか、の箇所を読んでいるのです。
 儒教や道教、現世利益を素直に追求する中国の思想と、出家や清貧をよしとする仏教、初めは相容れなかったらしい。。
 そういう経緯が分かっていくのがすごくおもしろいです。

 ***

 このようにいろいろなことが見えてきて興奮しているのですが、それも行き過ぎるのはいけないので今日は掃除などいつもより念入りにしています。
 心を落ち着かせようと思って。。。(笑)
 
 掃除や家事というのは、興奮していたりイライラしていたりするときにやるとスッキリすると思うので、自分にとってとても大切な「活動」の一つです。
 家事労働、なくなったら困る。

 でも、今、政府が女性の社会進出を促して、家事をする移民を入れようとしていますが、「家事」をそのようにある意味での「低いレベルの活動」と見なすことには抵抗があります。
 移民もある程度は仕方ないのかなと思いますし、女性の社会での活躍も素晴らしいことだとは思うのですが。。
 人それぞれの価値観があるのであまり声高にしてはいけないと思いますが、わたしは掃除をして自分のバランスを取る部分は大きいので、家事を大事にしていきたいと思っています。
 もちろん、家政婦さんを雇わなくてはいけないような身分になることもないでしょう(笑)。

 小平では雷の音が聞こえはじめました。。
 洗濯物部屋干しコースかあ。。

 
 *おまけ*
 先日撮った多摩湖の写真↓
140624tamako.jpg



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 仏教・佛教 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

家事

美紀さんこんばんは。

家事は、きちんとやろうとすると大変ですよね!(しかも無償だし)
私は手抜きばかりなので、ダメです。料理も下手だし…。

しっかり主婦業なさっている美紀さんは、すごいです。


こちらも、日中は晴れていましたが、午後雨が降りました。
東京では雹が降ったようですが、小平は大丈夫でしたか?
怖いですね。当たったら大怪我してしまう…。


お互い体調に気をつけましょうね。

Re: 家事

あきさんこんばんは、コメントありがとうございます。

て、ちょっっ!
わたしの家事なんてひどいもんで全然すごくないですよっ!
狭い団地で手なんて全然かかりません! 手抜きまくりですっ!
家事やってると自分の気持ちが落ち着くというだけで、全然たいしたことないっす!
単に気持ちの問題っす!

お仕事しながら家事される方々のほうがよっっっっっっぽどすごいですから!

小平は雷と雨は激しかったけれど雹はなかったです。
調布あたりはすごかったみたいですね。テレビ見て驚きました。怖すぎます。

ゲリラなのでヘタするとどこででも遭遇するかもしれないし、雨具など注意していましょうね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)