いろんなこと日記。

 うちのベランダの下には山桜の木があって、その木は花はあまり咲かないけれど毎年とてもきれいに紅葉します。
 その枝に今日はたくさんの小鳥がいてとってもかまびすしい。 
 けっこう鋭い声で「ティティティティ!」って鳴く鳥や「ピュピュピュ」というのや「ヒィッヒィッヒイッ」って鳴くのがいます。
 ときどき葉の陰から姿が見えるのはとても小さな小鳥で、野鳥図鑑でどれかなと調べているんだけれど動きが速くて分かりません。大きさ的にはシジュウカラなどのカラの仲間のようにも見えるけれど、色が違うんだよな。。
 鳥がそうやって元気な日と、そうでもない日の違いってどこにあるのだろう。
 うちの目の前にいるかどうかの違いなのかな。。
 この木の枝にたくさんいます↓
140627sakura.jpg
 あーかわいい。

 ***

 昨日は母からのお誘いがあり、実家でWOWOWで放送される映画を見てきました。
 ロドリゴ・ガルシア監督、グレン・クローズ製作・脚本・主演の「アルバート氏の人生」です。
 母が前にWOWOWで観ていて、またやるから観に来いと言われました。
 なんかすごい映画だった。。。

 ジェンダー論を闘わせたくなる映画です。みぞおちに来る感じです、、、すべての人におすすめできる映画ではないかなあ。。。女性が働くことの大変さが描かれている、ということだろうか。 
 丁寧に作られているし、熱意の伝わる映画で、それだけでも良品なのかなあと思いました。ただちょっとどぎついような気もする。。
 女性の生き方について考えることが好きな人にはおすすめの映画かと思います。

 ***

 映画の後は、久しぶりに実家の生ピアノを弾きました。
 最近ピアノ全然弾いていないですが(去年の冬に右ひじを痛めてからめっきり弾かなくなりました)、気分が乗る予感があったので楽譜を持っていき、このたびはじめてショパンのプレリュード(作品28)の17番を最後まで鍵盤で「弾く」ことができました☆ 
 この場合の「弾く」はほんとにカギ括弧が必要なもので、とりあえず最初から最後まであきらめずに指で鍵盤を押せた、というレベルであって、強弱やペダルなどいろんなことを考えて音楽として弾く、というところまでは全然行っていません。でもまず最後まで行くことが大事ですよね♪

 この曲とても好きですが、この「可視化」された動画は前にも貼りました。この動画も好きです。西洋音楽は数学的に分解できるということが分かる動画(あ、でもこのやり方だと拍子のことは無視されているかも! 音の高低と長さは表現されている)。ラストあたり、低音の♭ラの連打が来るぞ〜ってのが分かるところがすごく好き。


 「五線譜になっている」ということが、そもそも音楽が可視化されているということなんだとも思う。五線譜最強(当たり前)。

 ああ、この曲やっぱり好きだ。
 この曲はコンスタンチン・リフシッツさんの演奏がすごいです(YouTubeでいろんな人の演奏を聴いたけれど)。  
 
ショパン:前奏曲集ショパン:前奏曲集
(2006/12/20)
リフシッツ(コンスタンチン)

商品詳細を見る


 ***

 今朝はサッカーのワールドカップでアジア勢が全敗のニュースを聞いて、「ぐぬぬ。。」となってまたその後寝てしまいました。
 けっこう印象的な夢を見たので、スケジュール帳に記録しておいて、夢判断のサイトでいろいろ検討しようと思っています。

 先ほどまで山桜にいた小鳥はもういなくなり、今は鳩が鳴いています。
 


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

ピアノ

美紀さんこんばんは。
近所に鳥がたくさん集まるなんて、可愛らしくて素敵ですね。
私は今日、買い物に行く途中、名前は分かりませんが小さくて綺麗な花に、蝶がとまっているのを見ました。蝶なんて久しぶりに見た気がして、なんだか嬉しかったです。


独学でピアノを練習するのは大変ですよね。
私は昔、弾きたいと思って、ベートーベンの月光とか悲愴の楽譜を買って練習しようとしましたが、一人ではできませんでした。

ショパンは、習っていたとき、雨だれと別れの曲を弾きました。素敵な曲ですが、私は手が小さいので大変でした。オクターブと1度とか…(-.-;)


今日は曇り空でしたが、今も風がなく蒸し暑いです。
お互い体調に気をつけましょうね。

Re: ピアノ

あきさんこんばんは、コメントありがとうございます。

蝶とお花もいいですね〜。
実家の庭ではときどきクロアゲハを見ます。
最近てんとう虫を見ていないなあ。。

ピアノ、わたしも手があまり開きません。子どもの頃ちゃんと練習しなかったから。。
左はどうにか9度いけるけど右はオクターブ止まりで、「雨だれ」の中間部ラストあたりの♯ソ♯ドミ♯ラは、ばらけてしまいます(汗)。今回のプレリュードにも右で♭ラ♭レ♭シがあって、それもアルペジオになってしまう(滝汗。ん、この和音って「ミ」以外は一緒ですね(笑))。

でも趣味で弾いているんだし、わたしのピアノを聴いてしまうのも夫や母やご近所さんのその時在宅している運が悪い人くらいなので(笑)、弾きたい気持ちが勝って押し通してしまっています。
舞台で弾くことを意識したら弾けないかもです。。
ちゃんとやるなら、左は最低10度行けないとダメだろうし、右もできれば10度行けるべきですよね。。9度は絶対だろうな。。
だから女性のピアニストは不利だなあとも思ってしまいます。

小平は先ほどまでざっと雨が降りました。
蒸し暑いですね、、体調気をつけましょう!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)