試みる自由はある。

 わたしがネット上に個人のホームページを持ち、日記を書くようになったのは2001年でありまして(HPはジオシティーズ、日記は「さるさる日記」でやっており、今も過去ログは残しています)、今年で13年とか続けているわけです。地味に。
 確か2001年の7月からだったので、ちょうど今月で13周年ですね。
 なのに、定期的になにを書いていいのか分からなくなるんですね。 
 でも、そういう時間を経るからこそ、13年も書いているのかな、とも思うのですが。。
 
 先日も書いたように、自分で木星の占いをしたことから、過去のことをたくさん思い出しています。それで感情的に圧倒されたりしています。
 これは心の動きにとっては、善し悪しになることですが、やってしまったものは仕方がない。
 ものすごく現実的なことで言うと、時期的にPMSでもあるので、気分が乱れやすいようです。
 困ったものです。
 (これって「だから女はダメなんだ」と言われてしまうゆえんだと思っています。。)

 最近あった、個人的に大きなこと(家族とのことです、もっと言ってしまえば、母とのこと)について、具体的に書いていったほうがいいのかなあ、とも思ったのですが、ユニコーンペンジュラムは「しないでいい」と言います。
 愚痴の垂れ流しになる可能性もありますから、お目汚しになりますし、そんなもの読みたくないと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

 簡単に書くと、母との間に精神的な距離を取る、ということで双方の意見が一致した、ということなのですが(母子密着が強い親子でありました。それでお互いに息苦しくなってきていたので、そう試みることにしましたが、うまくいくかはまだ分かりません)、この問題についても、ずっと悩んできていて、以前書いていた「さるさる日記」にはその苦闘の歴史が生々しくつづられております。今さら自分で読む気にもなれません。。(きっと吐きます)
 まあ、42歳の女が書くことじゃないですよね。お恥ずかしい限りです。
 その意見の一致を見るまでに、ものすごい舌戦が繰り広げられており(苦笑)、消耗しきっておりました。
 今、少しずつ調整しようとしているところです。

 舌禍親子に舌禍夫婦(わたしだけじゃなく、相手も相当なものなのです)。
 でもそれも、少しずつでもどうにかしていきたいと思っているところなのです。
 「どうせなにをやっても無駄だ」と、惰性的に飲み込まれてしまうことには抵抗したい。

 やってみる価値はあることなのだろうと思っています。
 少しずつでもよい方向に行けばよいです。

 
 *おまけ*
 最近空がきれいなことが多いようです。
 日曜日の夕空@ベランダ:西側↓
140715sora1.jpg

 日曜日の夕空@ベランダ:東側↓
140715sora2.jpg

 日曜日の夕空@夕飯の道すがら↓
  140715sora3.jpg

 月曜日の夜明けの空↓
140715sora4.jpg
 ドイツ優勝おめでとうございました。いいなあ、強いサッカー。

 

 
 

 
 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)