帰宅しました。

 先ほど、午後11時前に中国地方への旅行から帰宅しました。
 夕ご飯を食べられなかったのでコンビニ弁当を食べ、旅のものの片付けを済ませ、顔を洗って一段落ついたところです。

 たくさん歩いたので疲れています。
 目を開けているのがつらい。。。

 ご報告しますと、ケンカしないで過ごせました!!!(パチパチパチ!!)
 ずっと一緒だったのに!(去年の奈良旅行では一人一部屋だったのでひどいケンカはなかった)。
 すごいなー。

 「今週のタロット」と、個人的に引いた旅行のための占いがよくないカードだったのでビビり、いろいろ気をつけていたのがよかったのかもしれません。
 それに、今までどうしてあんなに旅行をしていてもイライラしてしまったのかも考えました。
 それは家でやっているようにホテルでも過ごしたいと思ってしまうからだったり、たった2〜3日で終わることなのに、大げさに捕らえすぎてしまうからなのかもしれません(今回、風呂上がりに使う保湿のためのオイルを持っていき忘れたのですが、二泊で終わることなので、たいしたことじゃないのですよね。今までなら「もう最低!」とかって思ってしまって、イライラしたのだと思います)。
 あとは、「楽しもう」としすぎると、楽しくない場面になると「損した」気分になる、というのもあるかもしれません。
 それより、とにかくていねいに、よい時間にしよう、と思えばよいのかもしれません。

 そういうことも、たとえば「絶好調!」っていうカードが出たら、考えて気づくこともなかったと思うので、やはり占いは使いようなのだと思いました!
 
 思うに、わたしは、あまりテンションを上げすぎないほうがよいのかもしれません(もちろん、ローテンションで仏頂面がいいわけではなくて。。「ウエーイwwww」っていう自分にならないようにするほうがよいっていうか。。)。
 気づくの遅すぎですかね(笑)。

 そういえば3日目、つまり昨日(ていうか「さっき」という気分)、萩で吉田松陰と松下村塾の松陰神社に行き、おみくじを引いたら「凶」だったんです!
 生まれてはじめての「凶」ゲット! 
 でも、内容を読むと悪いことばかりが書いてあるわけじゃないし、凶の人には「おしるし」を差し上げます、とのことだったので、受付で「凶は悪くないんですよ、あまり気にしないように」とのお言葉とともに、御守りのお箸をいただいたのです。
 これにも笑ってしまいました。
 おみくじの「松陰先生の訓戒」はよい言葉だと思ったし、内容も悪いことばかりじゃないので持ち帰りました。
 また詳しくレポしますね。
 
 ということで、今回、図らずも「悪い結果の占い」に対して、どう反応すべきか、ということを身を以て試す、そんな旅にもなったように思います。
 占い師としてやっていくなら、自分がまずそういうことを試さないといけないですよね。
 よい機会だったかな。
 
 でも山羊座としての一週間の占いの期間はまだ続くので、これからも気をつけようと思います。
 
 眠いので乱文失礼いたしました。
  

 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)