昨日の空

 昨日は夫も休みで、晴れていて気持ちよかったです。
 たくさん空の写真を撮りました。

 まずはベランダで↓
141105sora1.jpg

 ファミレスへの道すがら↓
  141105sora2.jpg
 月が白くてきれい。

 小平霊園の中を通りました。 
 小平霊園はそこそこ広いので空が大きく見えます。

 おもしろい雲の形↓
141105sora3.jpg

 東よりの雲、月とともに↓
141105sora4.jpg

 西側もきれいに色づく↓
141105sora5.jpg

 少し歩いただけで雲の色が変わっていました↓
141105sora6.jpg

 このあとどんどん暗くなり、「逢う魔が時」になりました。 
 この言い方、なんて詩的なんだろう、といつも思います。

 ファミレスではお腹に優しいものを選びました。
 夫はスパイシーな肉っぽいものを頼んでいました。
 わたしも早くスパイシーなものも食べられるようになりたいものです。
 
 
 *おまけ*
 「逢う魔が時」という言葉を思い出すとき、フランス人歌手のイザベル・アンテナも必ずセットで思い出します。10代後半の頃聴いていた歌手ですが、彼女は「クレプスキュール」というフランスのレーベルにいて、クレプスキュール(crepuscule)というフランス語は日本語の「逢う魔が時」を表す言葉ということを知ったからです。
 久しぶりに聴いてみたら懐かしくなりました。Le poisson des mers du sud


 


 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記