平和な休日(加藤大樹 ルネ小平ランチタイムコンサート)

 昨日は仕事が休みだった夫と地元のホール「ルネ小平」で行われた、ランチタイムコンサートという昼間の1時間のコンサートに行ってきました。
 若手の音楽家の演奏会を定期的にやっているようで、昨日はピアノのソロコンサートで、出演は小平市出身の加藤大樹(かとうだいき)さんでした。
 加藤大樹さんは今年25歳の若手で、国際音楽コンクールでの入賞歴もあるそうです。

 こちらは平日の昼間、1時間のコンサートを入場料500円で! という企画で、はじめて行きましたが大ホールはほぼ満席でした。


 昨日の曲目です。

  ☆ベートーヴェン:ピアノソナタ第30番 ホ長調 Op.109
  ☆ショパン:3つのワルツ Op.64
  ☆ショパン:練習曲 Op.10 より
         第5番 変ト長調「黒鍵」
         第8番 ヘ長調 
         第10番 変イ長調
         第1番 ハ長調
         第2番 イ短調
         第6番 変ホ短調
         第7番 ハ長調
         第11番 変ホ長調
         第4番 嬰ハ短調
  ☆ショパン:ポロネーズ第6番 変イ長調 Op.53「英雄」
   (アンコール)
  ☆ショパン:練習曲 Op.10 第12番 ハ短調 「革命」

 

 ショパンの練習曲は、指の動きや運動をその曲の中でするものだから難しいもものが多いのですが(わたしは全然弾けないし、曲も知らないものばかりです)、それを1時間のコンサートでこんなに取り入れるなんて野心的だなあと思いました。

 まだ昭和音大の学生さんでもある加藤さんの演奏は、なかなかよかったです。
 音楽をちゃんと終わらせる人だとお見受けしました。曲の最後のフレーズ、音をとても丁寧に弾かれる方で、とても好印象です。
 弱音で速い動きの箇所では、、、少し音が飛んでしまうように思えたかな。軽いタッチで小さな音を速く弾くのって、大きな音を出すより難しいですよね。。
 強音はよく出ていたように思いますが、ちょっとキーンと耳が痛くなるような感じもあるかなあ。。
 そのあたり調整できると、プロとして飛び抜けることができるのだろうなと思います。横山幸雄さんなどは、こういう部分が本当に上手だよなあと思うので。。(弱音でも音がハッキリしている、強音でも耳がキンとしない)
 アンコールの「革命」は素晴らしく、ラストの音とタイミングの丁寧さに唸ってしまいました。
 あのような激しい曲を、最後冷静に落として弾ける精神力はすごいなあと思います。
 加藤大樹君、小平出身のピアニストとして頑張れ!!

 *** 

 夫とよかったねと言いながらホールを出て、すぐ近くにあるおいしい喫茶店でコーヒーを飲みました。
 
 西武新宿線小平駅前「珈琲の香」にて↓
150121coffee.jpg

 小さいランがかわいい↓
  150121hana.jpg

 喫茶店でおしゃべりした後、遊歩道を散歩しながらうどんを食べに行きました。

 ミズナラの枝と空↓
150121sora.jpg

 珍しいピンクの椿↓
150121sazanka.jpg

 おうどん食べて満足↓
  150121mino.jpg
 ちょっとお腹の調子があまりよくないのでちょうどよかったです。とろろのうどんです。

 ***

 そんな感じで過ごして帰宅すると、テレビで「イスラム国が日本人の人質の解放に2億ドルの身代金支払い要求」の報道があって驚きました。
 ショックでピアノのことがちょっと吹っ飛んでしまいました。
 この人質になった湯川遥菜さんのことは、去年話題になったときに調べて、驚いていたのですが。。
 同い年の方なんですよね。。。ちょっと思うところはあるのです。同年代として。。

 またそれについても書くときがあるかもしれませんが、とりあえず今日は、昨日、地元のよい若者のよいピアノを聴けて、おいしい珈琲を飲んで、夫と散歩しながらおうどんを食べられた、この平和な日常を味わえたことを、本当にありがたいことだなと思っていようと思います。

 
 *参考資料*
 昨日はじめて聴いたショパンの練習曲10-6が印象に残りました。まるで、その後のフランスの印象派(ドビュッシーやラヴェル、フォーレなど)の音楽にも通じる感じで、不協和音が多用されています。当時としてはかなり前衛的だったのではないか。。
 こちらはホロヴィッツの演奏です。

 しかも変ホ短調って♭が6個あるやつです! 

 
  ☆タロット占いのモニターを募集しています☆
  対面セッションで約30分1000円です。場所は新宿です。
  詳しくは こちら をご参照下さい。
  rosinu-rose@tbt.t-com.ne.jp

 
 
 

 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽