バンドトモフスキーワンマンライブ 渋谷 TSUTAYA O-WEST

 昨日は夫が休みで、ちょうど渋谷のTSUTAYA O-WEST (旧オンエアWEST)でシンガーソングライターのTOMOVSKYさんのバンドプロジェクト、バンドTOMOVSKYのライブがあったので、行ってきました。
 こちら、夫婦で好きなアーティストですが、夫婦でこの方のライブに行くのは少し久しぶりでしょうか。

 わたしにとっては久しぶりのエレクトリックなライブです(笑)。
 つまりコードを通してアンプにつながった楽器の音の世界。電気と楽器が作る音。
 これもクラシックの演奏会とはまた違った魅力があって、たまにはいいんですよね。

 ライブハウスですから入場時にドリンクも頼まなくてはいけなくて、わたしはハイネケンをいただきました。
 その缶を持ちながらトモフスキーさんの音楽を聴きますが、、、缶に音がビシビシ伝わって共鳴していて、振動が指先に伝わってすごい!
 大音量の醍醐味ですね〜。だからそれは、聴覚の体験だけではなくて、触覚的体験でもあるのですね。
 お腹に響く音。迫力ありました!

 ***

 バンドトモフスキーさんのメンバーは、ボーカルがトモフスキーさんで、ギターがはかまだ卓さん、キーボードが大塚ヤヨイさん、ドラムがクメムラヒトミさんで、ギターとキーボード、ドラムのお3人は「サードクラス」というバンドもなさっている方々です。しっかりした演奏をなさる方々かなあと思います。コーラスワークも上手にされます(素晴らしいメンバーに囲まれてるなあ!)。そしてベースはトモフスキーさんの双子のお兄さんで、Theピーズの大木温之(おおきはるゆき)さんです。トモフスキーさんは大木知之(おおきともゆき)さんで、こちらの双子のご兄弟のお名前は「温故知新」から来ているそうです(トモフスキーさんのBBSより情報をもらいました)。

 ***

 昨日はキーボードの大塚ヤヨイさんのお誕生日だったそうで、彼女のためのお祝いの歌から始まり、3時間ほどの盛りだくさんライブでありました。
 聴きながら、ボーカルのメロディにギターの音が同等な感じで絡んでいると、「うーん、これも対位法なんだよな」と思ったり、歌詞を噛み締めながら聴いたり、ベースやキーボード、ドラムの音を独立させて耳で捕らえようとしたりなどなど(サビなどですべての音の圧力(出力?)がマックスのようになると、それはいっしょくたになって分けて聴くことができなくなる、わたしの耳はその程度)、久しぶりのエレクトリックサウンドを堪能しました。
 つまり、ゆうべは「歌そのものの世界」に入っていくというよりは、サウンド全体を聴いていた、という感じでしょうか(トモフスキーさんのソロのライブだと、世界に入る感じかもしれません)。
 今まであまりこういう聴き方をしていなかったので、ちょっと新鮮でした。
 楽しかったです☆

 昨日演奏された曲から、「過去のドレイだ、生きた化石だ」を貼ります。

 こちらは、過去の記憶と今を較べてしまうわたしたちの悲しいサガの歌、ですかね。
 わたしの話をしてしまうと、、今まで、いつでも今が一番よいというか、つらいことはあっても、今の自分が一番いろんなことを知っていて、いろんなことを乗り越えてきた(自分なりに苦闘の歴史に自負がある、たいしたことないと言われればそうだけど)、と思うので、過去のほうがいいと思うことはほとんどないので(ウツのときですらそうでした)、あまりこの歌はリアルには分からないのかもしれません。
 きっとわたしは単純なんだろうなあ、と思います(笑)。
 でも、はじめて聴いたとき「おもしろいこと歌っているなあ」と思いました。
 トモフスキーさんの歌は、みな「へえ、なるほどなあ、そう考えるのもアリかあ」と思うような歌で、おもしろいです。自分では思いつかない着眼点といいますか。
 サウンドも凝っていたりするから、とても工夫される方なのだと思います。
 これは、ビートルズの「HELLO GOODBYE」の「コピー」ですが、なんと三拍子になっているのだ。


 そんなトモフスキーさんはCMのお仕事もちょこちょこされるんですね。
 モスバーガーのCM。

 やばい、モスバーガー食べたくなってきた。。(笑)

 
 ☆タロット占いのモニターを募集しています☆
   対面セッションで、場所は新宿の喫茶店です。
   通常価格30分3000円のところ期間限定で30分1000円(6月末日まで)。
   詳しくは こちら をご参照下さい。
   rosinu-rose@tbt.t-com.ne.jp


 
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 男性アーティスト - ジャンル : 音楽