今夜もユニコは見事であった。

 雨に濡れた開きかけの牡丹↓
  150423botan.jpg
 もう牡丹の季節なんですね、、早いですね。
 そばにいくと瑞々しい甘いよい香りがしました。

 昨日は久しぶりに夫がゆっくり家で休め、夕飯は散歩がてらファミレスに行くといういつもの休日のコースでした。
 とはいえ。
 やはりいろいろあるので、食事してても夫の気はそぞろと言いますか、、先週のお義姉さんとのケンカのことや、金沢でのことなど、話がやむことがありませんでした。
 神経が高ぶってピリピリしているのも伝わってくるし、、無理もない状況なのでわたしは話を合わせて、少しでも気が休まらないかなと誘導するのですが、一瞬納得しても夫はまた堂々巡り。そのうちわたしとも険悪なムードにも。
 それでもまあどうにか調整し、いろいろ話しながら帰宅して、夫は録画していたボクシングの試合を見て(その間はさすがにそちらに集中している)、それが終わるとやはり夫はスッキリしない表情で、また金沢についての会話が始まります。
 まあ、それはそれでこういう状況だから仕方ないと思うのですが、日付も変わって仕事もあるんだからおめーもう寝ろよ、と思うけれど、夫はまだなにか「足りない」という表情。 
 そこでわたしはとうとう提案しました。
 「占ってあげよう」と(笑)。
 
 夫にも、今まで本当に煮詰まったときにはわたしのユニコーンタロットで占うことをしてきました。なので夫はユニコのすごさは承知しています。
 「占う」ということにしたら、夫の表情が少し変わりました。
 そして、タロット占いでは「なにをどう質問するか」ということが大事なので、そのことについて話しました。
 検討した結果、今回訊くのは「今の状況にどういう態度で臨めばいいのか」ということ。そのヒントになるカードが欲しいということになりました。
 そしてわたしがユニコにお願いして、シャッフルして、夫が最後に手を加えて出たカードは、、思ってもみなかった、でも、それ以外に今のわたしたちにとって重要なことはないよな、と思える、すんごいカードでした(1枚引きです。1枚引きだと、ビシっと言い訳無用のカードが出ることが多いです)。
 ぐうの音も出ねえ。という感じです。
 夫は「分かった」と言って、つきものが落ちたような顔をして床につきました。午前2時。
 
 言い訳無用のカードが出ると、堂々巡りが終わります。
 これが、わたしがタロットが好きな所以です。

 もちろん、またしばらくすれば新しい状況が訪れ、新しい課題にぶつかり、また堂々巡りが始まります。
 でもまたどうしようもなくなったらカードを引けばいいのです。

 今日もユニコはお見事でした。
   


 ああ、うるさいのが寝てくれてよかった!(笑)
 まあ、わたしはこの前の日曜日に自分で引いて、一足先にスッキリしていただけなので、偉そうにできないのですが。。
 占いって、うまく使えばいいものですよー。
 

 *おまけ*
 昨日のブランチにエッグスラットを作りました↓
  150423egg.jpg
 右下のグラスに入っているものです。
 耐熱容器の中に入れたマッシュポテトの上に生卵を割り入れ、ラップしてレンジで半熟くらいになるように加熱して、その卵と下にあるマッシュポテトを混ぜて、パンに塗って食べるという、最近流行りの朝食メニューです。簡単に作れます。レシピ → こちら
 作るのは2回目で、前回基本の味付けで物足りなかったので、今回はポテトにみじん切り玉ねぎと少しだけガラムマサラ、粉チーズを入れて工夫したらおいしくできました♪ 次はこれにに少しガーリックを足してもよいかもしれない。
 休日のブランチによいメニューだなと思います。
 
 
 
 

 

 
 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 占い - ジャンル : サブカル