Apple信者ってほどではないけれど。

 古いiPhoneで撮った空↓
150611sora.jpg

 iPhone6で撮った空↓
150610sora2.jpg

 うーん、やはり新しいほうがきれいに映せるかなあという印象ですね。
 カメラたくさん使うのでこれは嬉しいかなと思います。

 さきほど、録画しておいたドキュメンタリー番組を観ました。
 NHKBSでやっていたもので、Appleコンピューターの創始者スティーヴ・ジョブズとマイクロソフトのビル・ゲイツのライバル関係に迫ったフランス制作の番組でした。

 わたしはコンピューター関連のことなどかなりうといし(苦手意識を持ったままブログをやっています)、この方々のこともほとんど知らなかったので、へえ〜〜と思うことがたくさんありました。
 ジョブズさんは直感的な人で、ゲイツさんは理論的な人、そんな感じでしょうか。
 
 わたしが買ったはじめてのパソコンは初期のiMacで、大好きなライムグリーンのおにぎりみたいな形のものでした。あの形素晴らしかったですよね。。。
 当時仕事でライターをはじめようとしてどうしてもパソコンが必要になり(ワープロは持っていたのでタイピングは最低限できていた)、なにを買おうか悩んで、当時周囲にいる人たちがみなMacユーザーだったのでMacにしたということでした。
 その頃、その操作に関して、やはりMacは直感的でウィンドウズは理論的という言い方がされていたと思いますが、生みの親の性格がそのまま製品に反映されていたのだな、おもしろいなと思いました。
 ジョブズさんは難しそうな人なのでそばにいたくはないけれど、ジョブズさんの商品を結局ずっと使っていることになります(夫のノートパソコンはWindowsです。使わせてもらったことがあるけれど操作が一手間多い気がして苦手でした。。)。

 今回のドキュメンタリーを見ていて、ゲイツさん(マイクロソフト)がAppleに技術協力をして、Appleのノウハウを盗んでOSのウィンドウズを開発したということを初めて知りました。
 そういうことがあるからなのか、ジョブズさんはゲイツさんにとても辛辣な態度を取っていたようですが、ゲイツさんはそれをいつも笑って受け流していたようです。
 ゲイツさんのほうが人間的に余裕のある大物に見えるけれど、そもそもの「パソコン」という世界に対するアイデアやひらめきはジョブズさんが大もとだったのかということで、偉大なのはジョブズさん(Apple)なのかなと思ったりもしました。
 ウィンドウズは二番煎じということなのか? 
 詳しくないのであまり言えたことではないのですが。。。

 先日iPhoneを新しくして夫も新しいガラケーにしたので、そのあたりのことを考えていたのです。

 ガラケーにはテレビもついているのだけれど、、、ユーザーにとってかゆいところに手の届く、小さな工夫がたくさんされている便利なものなのですが、、、やはり日本人らしいなあと思ったのです。
 「おもてなし」精神で、お客様は神様という感じで、こちらに奉仕してくれる。
 
 iPhoneは違いますよね。(iPhoneというより、結局はiTunesのシステムがあまりにも画期的だったのだと思いますが)
 こちらの都合など一切考えず、アイデアを提供してくる。
 「こういう使い方してみようよ、やってみたらできちゃたからさ」と、新しいビジョンを見せつけてくる。
 こちらのことを引っ張っていこうという意思を感じます。

 わたしはそういうところに魅力を感じていたのかもしれません。彼らが提案するすべての新しい技術に素直についていってはいないけれど(律儀に対応するのが面倒)、その開拓精神のようなものに触れるのは嫌いじゃないのだと思います。
 それがあるからついiPhoneにしてしまったのだなと思いました。

 ゲイツさんは今、マイクロソフトの経営からは一歩退いて、福祉のほうで活動されているとか。
 優等生的で、ちょっと日本人みたいかなと思ってしまいました。

 夫はガラケー、わたしはiPhoneで、どちらにも触れるのはよかったかなと思います。 
 日本の企業にも頑張ってもらいたいです。お金(儲け)云々の前に、人々を新しいビジョンで引っ張っていく、というようなものが現れたら素晴らしいけれど、日本てあまりそういう土壌じゃないのかな(「改良」は得意だけど「0」からの発想はしない?)。。。。
 docomoの「iモード」はすごかったんですよね(すっかりお株を奪われた?)、またそういうものが出てくるでしょうか。。


  ☆タロット占いのモニターを募集しています☆
   対面セッションで、場所は新宿の喫茶店です。
   通常価格30分3000円のところ期間限定で30分1000円(8月末日まで)。
   詳しくは こちら をご参照下さい。
   rosinu-rose@tbt.t-com.ne.jp

 

 
 
 


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記