青のブレスと好きな映画

 今夜は夫が仕事後にライブに行っていて、夕飯が別でいいので気ままです(らんらんらん♪)。
 こういう「気ままさ」も少し久しぶりな気がして、今日は国分寺でゆっくり買い物を楽しみました。
 (セールをやっていたので夫のサンダルと、自分のカットソーを買いました♪)
 カフェでお茶して読書↓
  150626coffee.jpg
 先日友人からいただいたパワーストーンブレスレットとともに。

 わたしは最近はこういうパワーストーンのアクセサリーはつけなかったのですが、30代中盤頃まではよくつけていて、ブレスレットはだいたいピンク色の石を使ったものが多かったです。
 今回友人が作ってくれたので、初めて青系の石(中心はフローライトというものです)のものをつけましたが、なんだかとってもしっくり来るんです(夫も「いいね」とほめています)。
 新鮮です。手元に青があるって。
 これ、、、新しい感じがするなあと思います。
 わたしはカラーセラピーはそんなに詳しくないけれど、青には冷静さとか知的さとか、そういう意味があると思います。チャクラは第5チャクラ対応でしたっけ。使われているフローライトにはグリーンもパープルも入っているので、第4チャクラから上に効くって感じですかね。
 いい感じだ。。。

 帰宅後一人で買ってきた服でファッションショーをし(笑・手持ちのものとけっこう合わせられるのでよかった)、今は気に入っている映画を見返しています。
 2001年のドイツ映画「マーサの幸せレシピ」というものです。
 完璧主義で気難しい女性シェフが、姪を育てることになって少しずつ心を開いていく、という、真新しくはないテーマの映画ですが、とっても心温まる作品で、ときどき観たくなるのです。
 主演の女優さんがとってもきれいで(マルティナ・ゲデックさん、この映画の後、あの「善き人のためのソナタ」の女優さんの役をされた)、うっとりとします。
 
 
 この映画を観たくなったのは、国分寺への電車の中で、シナモンやクローブなどのスパイスの香りをまとった女性がいて、この映画の中の目隠しをして味見をして、使われている食材をあてるシーンを思い出したからです。

 自分は今夜は冷蔵庫にあるもので簡単に夕飯を済ませましたが、料理が出てくる映画も好きなジャンルです。
 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ主演でハリウッドでリメイクされていますが、元のこの映画のほうがすてきです。
  


 ☆タロット占いのモニターを募集しています☆
   対面セッションで、場所は新宿の喫茶店です。
   通常価格30分3000円のところ期間限定で30分1000円(8月末日まで)。
   詳しくは こちら をご参照下さい。
   rosinu-rose@tbt.t-com.ne.jp

 

 
 
 


 
 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記