湯たんぽ復活と経済ニュース

 わりと最近のいつだったかの夜明け間際の西の空↓
150630sora.jpg
 相変わらず不規則な生活リズムです(汗)。

 昨日は鼻水がひどく、なんだか身体もだるくてずいぶん冷えているように思っていたら腹が決壊しました(汚い話ですみません)。
 喉も痛いような気がするので夏風邪ですね。
 夜でも薄着していたのでそれがマズかったようです(こういう時期って温度調整がよく分からなくなります。猛暑続きならば単純なのですが。。)。
 あまりに寒いので、なんと湯たんぽを引っ張りだしてきてしまいました。あったけえ。。。
 レッグウォーマーと毛糸のパンツ(ではないけれどそれに準ずるようなもの)も復活。
 それでも食べたものが外に出ていくよ。。薬は飲んだのですがまだ効いてこないらしい。

 体調はそんな感じですが、株価などのニュースが気になるのでネットはこまめに見てしまいます。
 明日以降も下がっていくのならけっこうマズいんですかね。。ここ数年は、ちょっと下げるとまたすぐ戻るという感じで、全体はじわじわと上がるという感じでしたよね。。
 わたし、投資もしていないのにどうしてこんなことを書いているのでしょう。
 山羊座なのでお金の話は嫌いではないのです。
 ただ、父が投資に失敗しているので怖くて手が出ないのです(「追証」という言葉の意味も知っています♪)。

 一昨年くらいに、「2015年は人類にとってターニングポイントになる年だ」ということが、この前少し紹介した「宇宙人バシャール」のチャネリングで言われているのを知りました。
 この15年あたりで、その後の方向性みたいなものが決まってしまう、という言い方だったっけかな。。それは個人としても、文明全体の話としてもそうだ、ということだったと思います。
 バシャールについての最新情報を知らないので、また違う表現に変わっているかもしれません。気になる方は調べてみてください。来年以降にも大きなポイントはある、という話ではあったと思いますが、目安として15年は大きいということだったと思います。
 自分としても、「2015年ターニングポイント説」というのは「アリかな」という気がしています。
 なので、ギリシャや中国の経済の話が表立って出てきたことで納得してしまう部分があるのです。EUも中国も、大がかりに「経済実験」をしていたのだと思いますが(結局は世界はそれを形を変え地域を複雑に絡ませながら、ずーっとしているのではないかと思う、世界にはそういう一面もあると思う)、そのほころびみたいなものが表に出始めたということですかね。

 昨日2ちゃんねるで紹介されていた、株価や経済ニュースなどが見やすいページ → こちら
 下にある「ニュース」というところをクリックすると、経済に関するニュースへのリンクがまとめられたページに行きます。それ読んでると、なんかヨーロッパ大変じゃないのかなと思ってしまう。。イタリアとフランスの平均株価も下がったようです。ドイツもそこそこか。。

 風邪気味なのであまりこういうことに夢中になるのもマズいかもしれませんね。
 実際に投資などをしていると、こういうときは生きた心地がしないだろうと思います。。

 こういう「ゲーム」から気をそらすために(わたしはそこにがっつり参加しているわけではないのだから。でも一応日本で生きている限りはまったくの無関係とも言えないと思っています)、仏教の本もちょこちょこ読んでいこうと思います(笑)。

 *おまけ*
 上記の株価のページからリンクされたものをたどって、おもしろい記事を見つけました。
 民族、宗教、言語・・・不思議の国「日本」 → こちら
 なるほど〜という感じです。
 
 
 ☆タロット占いのモニターを募集しています☆
   対面セッションで、場所は新宿の喫茶店です。
   通常価格30分3000円のところ期間限定で30分1000円(8月末日まで)。
   詳しくは こちら をご参照下さい。
   rosinu-rose@tbt.t-com.ne.jp

 

 
 

 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済