心のうねりに対処する

 ゆうべ、友人から「今テレビでUFOやってるよ!」というメールをもらい、急いでつけてみると、テレビ朝日のビートたけしさんの番組でUFOなどの不思議現象の特集がされていました。
 途中から見たのですが、、そこそこ核心をつきつつ、番組としては断言はせず、おもしろおかしくもしてまとめる、という感じですかね。
 今の公共放送では、こういう伝え方が精一杯ということかな。
 でもやらないよりはマシだろう。
 テレビ朝日は「反日放送局」とも言われますが、反権威としてこういう分野ではがんばってもらいたい!
 (宇宙人を「侵略者」に仕立て上げるのはナシにしてもらって!)

 個人的に「おお!」と思ったのは、飛行機の中から撮られたUFO映像で、わたしがジャカルタからの帰りの便で見たものとたぶん同じタイプのものが映っていたこと。
 番組のYouTube動画から↓
  150818ufo.jpg
 これこれ、これですよ。。。今まで書いてきたものが、やっとビジュアルとして伝えられる〜〜! 
 これなんだよ〜〜! 
 やはりこういう形で遭遇している人がいるんだなあ。。

 もしかすると消されてしまうけれど、番組のYouTube動画

 ビートたけしさんは「ゆんゆん」の武良ラムゥさんも番組に呼んだし、いろいろとUFO事情は知っているのでしょうか。
 次の映画はUFOネタにしてくれたらいいのに! 世界のキタノ、初のSF映画!
 北野武監督の「ソナチネ」は傑作だと思いますが、UFOネタなら、ヤクザなんてものじゃない、地球で一番凶暴な人々を描けるじゃないですか!(笑)

 ***
 
 と、ちょっとハイテンションになってしまいました。
 
 でも、ここのところ終戦と戦後70年の特集でいろいろ見聞きしたり、中国の天津での爆発事故のニュース動画などを見ていたので、ちょっと感情的に刺激され、気持ちがブルーになりかけたりもしました。
 以前ほどニュースに気持ちが引きずられなくはなったのですが、、30代の頃はひどかったんですよ。。。
 加えて、もちろん、金沢の義母のこともありますので、ときに感情的に乱されて、嵐のようになりそうになることもあります。
  
 そういうときに、すっと「般若心経」を唱えるようになりました。
 そうすると心の嵐が鎮まります。
 すごい効果です。
 (他に「ユーフィーリング」というメソッドも加わっていますが。。いろいろ試しているのです)
 
 嵐のように心をかき乱されることで、状況がよくなるのなら(たとえば義母のガンが消えるのなら)、嵐もよいでしょうが、、たぶん、、そういうことはあまりないのです。
 それとも、嵐のようにならないと「冷たい」と言われてしまうでしょうか。
 東アジアの人って、そういう発想をするような気もするけれど。
 でも、それって、違うと思うんです。。
 冷静さを欠くことのほうが、けっこう怖いような気がします。

 心の嵐に飲み込まれず(うねりを必要以上に大きくせず)、自分がそのときできることを自分なりに判断できるようにしておく、それも、この春から続いているテーマのように思います。
 
  
 *おまけ*
 今日の夜明けの空↓
  150818sora2.jpg

 



 
 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : モノの見方、考え方。 - ジャンル : 心と身体