ピロリ菌と久しぶりのカヌレ

 昨日、胃カメラの検査の結果を聞きましたが、心配するようなことはない、とのことでした。
 お騒がせしてしまい、すみません。
 以前やったときに同じように言われていたので自分もそこまで心配していなかったのですが、今回、気になる場所にポリープができていたということで、組織を病理検査に出されていたのです。
 なので自分でも気になってしまいました。
 そちらも放っておいてもよいポリープで、再びの検査でもピロリ菌はなかったそうです。

 気になりすぎるとイヤなのでネット検索もしていなかったのですが、さすがに今回、「ピロリ菌」についても調べてしまいました。
 1度検査で「ない」と言われても、採取場所によっては潜んでいることもあるから、その後に発見されることもあるそうです。
 でも2回の検査でなければ「ない」と思ってもよいようです。
 よかった!
 最近の研究だと、胃がんの主な原因はピロリ菌とされているそうで、ストレスから単純に胃がんになるということはあまりないそうですね。昔はそう思われていたのだと思いますが。。
 ピロリ菌自体、社会の衛生概念が未発達な場所で感染しやすいとのことで、日本では若い人は持っていないことが多いので、これから胃がんになる人が減っていくという予想もあるそうです。
 わたしは中学生の頃から胃カタルをやっているのですが、それが深刻な病気に発展する可能性はほぼないとのこと。
 あとは消化によいものを食べ、くよくよしすぎない日常を過ごすことが大事になってくるんですね。
 わたしの場合、この「くよくよしない」というのがなかなか難しいのですが、、もう少し図太くならねばいけないのでしょう。

 結果を聞いたあと、母の病院にも行きました。
 せっかく電車とバスを乗り着いで行くのに、用事を言いつけると「もう帰っていいわよ」と言われます(笑)。
 まあ、元気な証拠なのでしょう。

 先週撮った、母の病院の廊下からの景色↓
151209byouinn.jpg
 東村山市北部の、丘陵の麓のエリアなので、景色がよいです。どこかのホテルみたいに思えるときもある。
 朝日がきれいに見えて、霧が出るときもあって、ときどきとってもすてきなのよ、というのは母の談。

 敷地内に咲くバラ↓
151209rose.jpg
 すごく好きな色だ。

 病院近くには単線路線が走る↓
151209senro.jpg
 右手に見えるのは「八国山」という丘陵。

 帰り、西武線の所沢駅まで下って、駅中のカフェでお茶しました。
 一人でカフェとか久しぶり↓
  151209canele.jpg
 奥に見える筒型の茶色い焼き菓子は「カヌレ・ド・ボルドー」で、これもすごい久しぶりに食べました。
 若い頃、西武新宿駅の駅ビル地下に代官山のシェ・ルイの支店があって、いつもそこでカヌレを買っていました。大好きなんです、カヌレ。
 でも、この世にこのお菓子があるってこと、ずっと忘れていました。。
 こちらのカフェのもの、すごくおいしかった。。。シェ・ルイのよりもおいしいかも。。。驚きだ。。。
 焼きたてパンや、お菓子のお持ち帰りもできるイートインのある「ドミニック・ジュラン」というカフェで、「ドンク」の系列だそうです。 
 次の見舞いのときもまた行ってカヌレ買おう。。。これを買うためだけに所沢駅に通ってもいいかもしれない。。。
  

 

 
 
 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記