つれづれ日記(最近あった不思議なこと):追記で不思議じゃなかったこと

 おとといの空↓
  160205sora.jpg
 もくもく。
 
 数日前から、目がかゆくなることが増えました。
 花粉の季節が始まったのですね。。
 頭もボーッとしてきました。
 そういえばわたしは目薬を差すのが苦手なのですが、そもそも普段から少しだけ先端恐怖症みたいなものがあります。
 自分の視界に向かってくる突起物があると気になってしまうんです。集中力がなくなるので、近場の視界に入るとなるべく「ならし」ます。 
 目薬を入れるとき、視界に向かって容器の尖端から水分がぷくーっとふくれてこちらに落ちますよね。本当に毎回「ひー」となります(汗)。
 これから春が近づいて花も咲き始めますが、花粉症に関しては気が重いですね。のどもかゆいです。

 ***

 火曜日一人で入った台湾料理屋、中野味王の腸詰めと青島ビール↓
  160205choudume.jpg
 夫がいないので独り占めできた。。ひっひっひ。 
 「れんげ化粧水」を買いに、数ヶ月に一度中野に行くのですが、ついでに「味王」さんにもよく行きます。
 腸詰めと担子麺を必ず食べます。

 夫が先ほど帰宅して、仕事に行きました。
 義母は夫が金沢入りした日、誤嚥から来る肺炎を起こしてしまい、熱が出て寝ているばかりだったそうです。
 医師は落ち着くのに1〜2週間かかると言ったそうです。
 起こして問いかければ夫のことは分かるし、口からおかゆは食べられるそうですが、いろいろと進んできているのかなという感じです。
 とりあえず肺炎が治まってくれて、また少しでも食べることができればよいのですが。。

 ***

 南新宿エリア、文化学園付近のイルミネーション↓
  160205ilumi.jpg
 少しピンぼけ。

 昨日は奈良興福寺の文化講座に行っていました。
 
 こちらの講座に通って2年過ぎましたが、去年まで講座に出るたびに感想をブログに書いていたのを、ここのところやめています。
 「ブログのネタにする」という意識があると、入ってこないものもあるかなということを思うようになりました。
 (実際「ブログにする」という目的を外すと、もっとまっすぐにお話の内容が自分の中に届くようです)

 ブログのために行くのか、とか。
 通い初めの頃は、少しそういう気持ちがあったと思います。
 「よいネタを見つけた!」というような(汗)。
 でも、通い続けるうちに、「そういうのってマズいよな」と思うようになったし、それでもそれまで書いてきたから、書かないといけないのかなと思っていましたが、ちょっとなにか変わってしまったように思います。
 「自分はこれだけ分かってますよ、勉強してますよ」アピールとか、そんなこと全然したくないけど、結果としてそういう風にしかできなくなっている自分(形骸化してしまった?)を、ご法話を聴いているうちに気づかせていただきました。
 恥ずかしいです。

 ちょっと、すごい不思議なことがあったんです、このことに関して。
 
 上に書いたことが、あまりにも恥ずかしくて、自分で耐えられなくなって、今まで書いてきた「奈良興福寺文化講座」の記事を、カテゴリごといったん削除してしまったんです。
 検索して記事にたどり着く方もいらっしゃるかもしれないし、そんなこと恥ずかしいし責任も持てないのだから、消したほうがいいと思ったのです。
 でも、、後日気づいたのですが、削除したはずの記事が、なぜか、「アート・文化・学問・宗教」というカテゴリの中に移動していたんです。
 これは、一つ一つの記事をそこに移動させる手順を取らないとできないことで、わたしはそのようなことをした記憶はないのです。
 どうせなら、と、一気に一発ポンで消してしまいました。ネット上で、閲覧できないようにしたはずなのです(それもすごく失礼なことなのだと今になって思いますが、そのときはそれが「答え」だと思ったのです)。
 でも、別のカテゴリーに残っていた。。なぜか。。。
 これはもう、不思議としか言いようがなく、、興福寺の守り神でもある春日明神様の思し召しだと考えるしかなく。。。
 とても恥ずかしいのですが、今までの記事はそのまま残すことにしています。
 南無慈悲万行菩薩、南無慈悲万行菩薩、南無慈悲万行菩薩様。。お許しください、ごめんなさい。

 信仰というのは難しいです。
 どういうことがそれを表すのか、よく分かりません。
 新興宗教にハマってしまった友人の姿なども見てきて、あまり盲目的になることには抵抗があります。
 でも宗教についてのいろいろなことを、単に知識として振りかざすみたいなことも恥ずかしいことだと思います(それは他の分野に関してもそうかなと思います、盲目的になることもそうですね)。
 今回、とても反省をしたし、それでもこのような不思議なことがあったりして、、そういう中で支えられながら、よろよろと歩いていくしかないのかなという気がします。

 <追記>
 ちょっとあまりにも不思議で、いろいろ調べたところ、FC2ブログは「カテゴリ」を削除しても、記事自体は削除できないシステムになっているようで、わたしの設定だとカテゴリで削除した記事は自動的に「アート・文化・学問・宗教」というカテゴリに移動されることになっていたようです(これがなぜかはよく分からない、たぶん初期設定でなにかしてしまったのだろう)。なので、機械的なことなので全然「不思議」じゃありませんでした。
 でも自分ではこのことは不思議だったので、、「思し召し」として受け取る気持ちでいようと思います。
 
 
 

 
 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記