つれづれ日記のはずが踏み込み日記?

 地元に咲いていた蔦葉海蘭(ツタバウンラン)↓
160324tutabaunran.jpg
 小さいけれど、葉と花の色合いが好きです。かわいい。
 金沢から戻ってきたら、近所にたくさん花が咲いていました。
 ユキヤナギにレンギョウなどなど。

 ***

 またもや、ブログになにを書いていいのか分からなくなっています(笑)。
 書こうと思えば書けることは、たくさんあるのですが。
 頭がピシッとしないです。
 
 昨日は母のリハビリ通院に付き添う予定だったのですが、ちょっと体調を崩したということでキャンセルに。
 わたしもまだ疲れが残っているようなのでよかったのですが、そういうことをして日常を取り戻すことも大切なので、拍子抜けをしたり。
 火曜日のドカ寝以来、一度寝るとなかなか起きられなくなっているし(汗)。
 一度気を抜いてしまうと、これだから困りますね。
 ユニコーンのタロットに「休め」と言われていたので、いいのかなとも思うのですが、一度スイッチを切るとダラダラっとしそうなので(実際しているし)、ちょっと抵抗があったのですが、やはりダメでした。。。
 一度切ったらおしまいよ。

 ***
 
 金沢でのことは、どこまで書いていいのか分かりません。
 でも滞りなく、トラブルなく済みました。
 義父の葬儀以来の親族の方々にもお会いし、ご挨拶もできたし(お茶だし&お茶だしアーンドお茶だし! でも、葬儀場のお部屋で用意して下さっているお煎茶がすごくおいしくて、好評だったので助かりました。福岡のお茶でした)。
 それにしても、あっけなく終わってしまいました。

 太郎坊さんのことは、別の記事にして書きたいかなあ。ちょっと楽しかったのです(笑)。
 
 ああそういえば、今回初めて、やっと、北陸新幹線に乗りました!(笑)
 うちを始発で出て、東京駅発6時半くらいの「はくたか」だったので、停車駅多かったですけど、やはり速いですね。10時前に金沢について、そこから病院に行きました。

 安置されている冷たくなった義母に、般若心経をあげてもいいかと義姉に訊いたら、いいと言ってくれて。
 葬儀後に行った義父の墓参りでもあげさせてくれて。
 東京への帰りがけに、太郎坊さんに行って義父と同じ場所にお骨を埋めたいと言ったら、お願いしますと言ってもらえて。
 
 正直、この1年、義母のことも大変だったのですが、義姉と夫が考え方が合わなくて衝突することも多く、そのことへのストレスも大きかったのですね。わたしは間に挟まれる形になるので。。 
 でも、この「お経」のことに関しては、この姉弟は即座に一致して「OK」を出してくれるんです(笑)。
 これは、わたし個人にとって、大きな「救い」になることです。
 だって、人によっては、お経とか、勝手にあげたら怒るかもしれないし、辛気くさいとか思う人もいるかもしれないじゃないですか(「宗教嫌い(or目に見えないもの軽視)」の人もけっこういますよね、日本って)。
 そういうことのない人たちで、よかったと。
 それを、心の底から思うのでありました。
 義父も般若心経を唱える人でしたから、当然なのですが。。

 あら、なんだかけっこう踏み込んだことを書いてしまった(笑)。
 
 いろいろあったのですが、丸く収まっているように思います。
 ありがたいことです。
 
 
 

 
 
 
関連記事
スポンサーサイト