音楽の聴こえ方の不思議

 拾いもの写真↓
  160930saru.jpg
 なんだかすっごく人間的な感じがしてびっくりしたのですが(笑)、これって写真じゃなくてCGだったりするのかしら? あの手と脚!

 今日は薄曇りの天気ですが気温がそこまで高くなくて、秋らしい感じですね。
 もうすぐキンモクセイの香りもしなくなるだろうと思うと若干さびしいような。
 昨日は都内に出たのですが、ビル街でも少し離れたところに行くとキンモクセイの香りがするスポットはあるようです。これって、毎年、今の時期だけの贅沢ですよね。日本人が大好きな贅沢。
 春は桜で秋は金木犀。

 ***

 先日ふと、20代の中盤の前半の頃に心奪われていたある音楽を思い出して、久しぶりに聴きたくなってYouTubeを漁ったんです。
 どれくらいぶりにその曲を聴いたかな、、ここ4〜5年は確実に忘れていたと思うのだけれど。
 聴いたらまた心を奪われるのかなと思っていたのですが、、、たいしたことないって思えてしまって、拍子抜けしたんです。
 うーん、、、パソコンでYouTubeだから音質のせいなのか。。それは確かに悪いけれど、、でも、本当に好きな曲って、この環境で聴いてもやはり「くー!」ってなりますから、ちょっとやはり、どうなんだろう、と。
 ジャンルは、洋楽で、女性ボーカルのバンドで、そこそこ人気はあって、大人っぽい都会的なサウンドな感じです。
 あの頃、その女性ボーカリストさんはまるで理想の女性の完璧な権化のように思えたけれどなあ。
 至高の音楽みたいに思えたけれどなあ。
 20年前には。
 でもちょっと、今聴いてもそこまで深いところに入ってこないので、へえ、そうなんだ、と思ったのです。
 彼女より全然マイナーなジェーン・シベリーの20年前の音楽は、今聴いてもやはりグッと来るのですが(やはりジェーンたんは女神だ)。
 この違いってなんなんだろう。
 
 ですが不思議なことに、そのちょっと拍子抜けした音楽、自分の頭の中で流れていると、やはりなにやらすごみがあるように思えるんです。拍子抜けしたあとでも。
 で、「ちゃんと耳から聴こう」と再生すると、あれ、となる。。
 これはなんなんだろう。
 20年前の自分の記憶がセットになっているからなのでしょうか。
 まあ、どうでもいいっちゃあどうでもいいことなのですが、ちょっと不思議だなと思ったのでした。

 ***

 ついでなので、やはり今聴いても鳥肌が立ってしまう、ジェーン・シベリーの「Calling All Angels」のわたしが意訳した歌詞を載せます。
 2003年に訳したものを少し手直ししました。以前やっていたサイトに載せたことがあるものです。
 やはり名曲です(映画「ペイ・フォワード~可能の王国」の主題歌になってます)。
 歌詞(稚拙ですみませんが)を読んでから曲を聴いていただけたらと思います。
 今読むと、本当に20年前のわたしの心情と重なる歌詞です。でも今はもうちょっと図太くなってるかも(笑)
 中年ですから!
 あ、中年になったということが全てなのか。。。前述の音楽の聴こえ方も。。。
 不思議でもなんでもないか!
 でも、じゃあ、中年になっても図太くなってもこのジェーンの曲には鳥肌が立つのは、なんでなんだろう?
 本当の本当に、この曲と一つだったからかな。。
 あの曲とは、一つではなかったのかもしれない。。。わたしはあんなにかっこよくないもんな。。。(どの曲かは内緒です!)


 ジェーン・シベリー/CALLING ALL ANGELS

  聖マリア 聖テレーザ 聖アナ 聖スザナ
  聖セシリア 聖コペリア 聖ドメニカ メアリー・アンジェリカ
  聖徒アチャド 聖徒ピエトロ ジュリアナ ペトロニラ
  そして私の知らない たくさんの世界中の聖人よ
 
  男が階段に座る 
  赤ん坊が泣いている
  空高くから教会の鐘の音が降りはじめる
  時を同じくして 神から与えられた肉体に 
  一つの魂が宿る
  どこからか母親が歌う声がしてこない?
  そして片足 もう片足と 
  あなたは道に下りたち 踏みしめて 重力を感じる
  それでどれくらいだろう どれくらいかかったんだろう
  こんな風になるまでに

  天使よ 私の声が聞こえますか
  天使よ 私が呼ぶ声が
  ここに生きる間
  一人にしないで
  天使達よ 聞こえますか
  私達の呼ぶ声が
  私達は試みて
  そして望む
  でも どうしたらいいのか 分からない

  あなたは毎日 愛と親しみを込めて夕陽を見つめる
  するとまるで 閉ざされていたものが弾けて
  この世の意味の全てを理解できたようにも感じられる
  そして 全ての痛みと苦しみがなくなるだろうと期待する?
  ああ でもそれが可能なら 
  あなたはこの地球で生きることの美を 見失うでしょう
  そして 死の甘やかさを 取り逃す

  ほんとうはいつでも
  私達は 天使達を呼んでいる
  この生を切り抜ける間 
  見捨てないで
  天使達よ 聞こえていますか
  ずっと呼び続けているの
  やってはみたけど
  望んでもみたけど
  なんでこうなるんだろう

  天使達よ 私の声に応えて下さい
  天使よ すべての天使よ
  私がちゃんとできるように
  そばにいて

  天使達よ 天使達よ
  私達は試みては
  望んでは
  あるいは 傷つけては
  愛しては
  泣いて
  呼んでいるんだ
  だって どうしたらいいのか分からないから


 
 

 ☆タロット占いのモニターを募集しています☆
   対面セッションで、場所は新宿の喫茶店です。
   モニター価格で、30分/1000円です(12月末日まで)。
   詳しくは こちら をご参照下さい。
    kitaminori@tbt.t-com.ne.jp







 
関連記事
スポンサーサイト