今週の12星座別タロット 10/24 ~ 10/30

 少し前に撮った実家の庭のホトトギス↓
161023hototogisu.jpg
 
 先週は頭の中が占いでいっぱいでした。

 20代前半の頃、チャネリングが始まって少し経った頃、なんとなく「それじゃいけない」ような気がして、星占いから距離を取ったことがありました。その頃持っていた占いの本を捨てたんです(今は流通していない本もあるし、もったいなかった!)。
 「(チャネラーだから)占いに頼るようじゃダメ」という気持ちがあったし、「星」に振り回されているのもいけないと思ったんです。主体性がないっていうか。そんな気がしたんです。占いに頼ることは、弱さの現れだと思ったのです。強くならなくてはいけないと。
 (ちなみにチャネリングについてもその後、一時期やらずに否定していたこともあった。本当にいちいち悩んで紆余曲折してきています。遠回りばっかり!)

 でもそれからいろいろとあって、自分には「真の主体性」と言えるようなものって、実はないんじゃないかという結論にもなって、3年弱前、もう一度、占いを仕事にできないかなと思ったのでした(わたしは21歳から31歳まで、チャネリングや占いでお金をいただく活動をしていました)。
 妙なことですが、それはかえって「自分の建て直し」となったように思えます。
 占いにこだわるわたしでいいんだ、となったことで、違う意味での、「主体性」が出てきたかもしれません(笑)。
 いやこれは、主体性ではないのかもしれないけれど、、「占いに依存したらダメ」というのは、しょせん人から見て、そう思われる人間でいたらいけないと思っていたっていうことであって(わたしの場合)、自分は、やはり小学4年生のくらいの時点で星占いに魅せられていたのですから、それを「自分」と考えていいのではないかなと。
 その子供のわたしはまだ、相性がどうとか、未来がどうとかの具体的なことよりも、なにか神秘の世界に触れたような感覚に魅了されていたのですから。。
 でも、「主体性」だの「依存」だのと難しいことを考えて、その自分を否定したのでした。
 20代後半から、気持ちの上では葛藤がいろいろとありました。占いについてもチャネリングについても。
 それを30代以降、少しずつならしてきたように思います。

 今、新しく占いの勉強もしてお教室にも通っているのですが、それは占星術やタロットとはまた全然別の世界でまだまだ難しいのですが、そちらの先生や生徒さんたちはみなさん占い好きで、「占いに依存したらいけない」なんてことは全然考えていらっしゃらないようで、わたしは感動しました。本当になんでも占ってみて実践してみる、ということが推奨されているようなのです。
 すごくホッとしました。ああ、それでいいんだな、と。
 もう自分に嘘はつかなくてもいいんだ、と、この分野でも思えるようになっています。

 ***
 
 「自分語り」をすみません。でもここ、わたしのブログですから!(笑)
 
 で、今週のタロットに入りますね。
 (占星術の用語の意味は → こちら  こちらのページに、先日書いた外惑星の記事をリンクしました。そうやってこの用語ページからリンクできるページを増やしていきたいと思っています。まあ、少しずつですが。。)
 
 でまず、占星術からですが、今週も星の星座移動があります。
 天秤座にいた水星が蠍座へ、25日です。
 これで天秤座に集中していた星がだいぶばらけ、蠍座が強くなりますね。不動星座です。
 でも、この前書きましたように、蠍座は例の「冥王星」が支配星の強い星座ですから、、プロセスとしては、活動星座の天秤座で動いた部分を、冥王の世界にまで定着させたいという執念が生まれるので、、ちょっと深刻な感じはあるのかもしれません(そんな蠍座タームにアメリカの大統領選挙があるのですよね。。。今見たら、投票日の11月8日って、山羊座の火星の最後のときですよ。。)。 
 全体の配置をまとめると、今週は、太陽が蠍座、水星が蠍座に来る、金星と土星は射手座、火星は山羊座、木星は天秤座となります。火星と木星は活動星座ですから(そして外惑星の天王星と冥王星も活動星座=カーディナルクライマックス)、まだまだ気を抜けない感じが続きそうかなとわたしは思っています。

 これを個人の生活に置き換えるとどうなのかな、、大きなニュースはある時期だと思うので(選挙前だし)、そういうことで人の気分は影響されますよね。結局、そうやって星の影響は、すべての人にあるのだろうと思うのですが、、ヤバそうだと察知したらもう深入りはしない、とか、そういうことしかできないかもしれない。。。傷が浅いうちに撤退、とか。。。後ろ向きな対処法だけど、変な転がり方するよりはよいのではないか。。。

 星の角度(アスペクト)のほうは、今週もそこそこ激しいです。
 いつもは日程順で書いていますが、先週ちょっと激しかったので、激しいものから書きます。(そういえば20日の火星と冥王星が重なった日、フィリピンのドゥテルテ大統領がすごい「失言?」をしたようですね。。今火消しに躍起になっているようですが、、まさに火星と冥王星が山羊で重なった日、しかも15度、という感じです。。。)
 29日に山羊座の火星と牡羊座の天王星が凶角になります。これも突発的ななにかが起こりやすい星回りです。活動星座生まれの方(特に12日〜15日くらいが誕生日の方)、活動星座に星が多い方、気をつけていて損ということはないかもです。なにもなかったらすいません!
 その他も、わりと激しめの星回りです。26日に金星と海王星が凶角、恋人との間に勘違いが生まれるかも。28日には太陽と水星が蠍座で重なり、ひらめきがあるかも。30日は金星と土星が射手座で重なり、恋人や伴侶と将来について考えるにはよいとき。
 そんな感じです。

 タロットのほうは、わりとばらけた感じで、大アルカナは3枚でした。
 星が集中していた天秤座さんが「出たなカード」。ピンチはチャンスと考えられればよいのですが。勇気ある撤退もアリかと。獅子座さんは獅子座さんにとっては苦手な感じのカードかもしれません(汗)。でもわたしはこれは、悪いカードではないと思うんです。。心静かにできればさらにヨシって感じで。。
 乙女座さんと双子座さんはハッピー系カードです。いいなー。
 出なかったカードはなくて、ペンタクルスが一枚でした。今週はバランスのよい出方だったかなと思うので、できることをやっていく感じでよいのかなと思いました。
 
 
 スザンヌ・スターのユニコーンタロットによる
  12星座別今週の一言メッセージ

    10/24 ~ 10/30

  161023tarot.jpg
 上段左より 牡羊座・牡牛座・双子座・蟹座 / 中段左より 獅子座・乙女座・天秤座・蠍座 / 下段左より 射手座・山羊座・水瓶座・魚座 という並びです。


  ☆牡羊座(3/21-4/20)☆
    2 of Swords:見通しが立ちにくいとき。心一つで決まる部分もありそう。

  ☆牡牛座(4/21-5/21)☆
    3 of Pentacles:仕事運吉。スキルアップ、転職など。3ヶ月単位で計画してみて。

  ☆双子座(5/22-6/21)☆
    Ace of Cups:出会い運吉。楽しい機会の暗示。お誘いは受けて、誘うのも◯。

  ☆蟹座(6/22-7/23)☆
    Knight of Cups:思いやりのある男性と縁が。共感しあえる時間になりそう。 

  ☆獅子座(7/24-8/23)☆
    The Hanged Man:今は自分より人のために動くべき。主張は控え目にして◯。 

  ☆乙女座(8/24-9/23)☆
    4 of Rods:好調運、特に恋愛運吉。大切な人とより絆を深め合うチャンス。

  ☆天秤座(9/24-10/23)☆
    The Tower:揺さぶられることがあるかも。発想の転換ができるかがカギ。 

  ☆蠍座(10/24-11/22)☆
    King of Swords / R:頭は切れるけれど酷薄な男性に要注意。利用されるかも。

  ☆射手座(11/23-12/22)☆
    Judgement:周りの状況によって決まることがある暗示。厚意は受けて吉。

  ☆山羊座(12/23-1/20)☆
    King of Rods / R:せっかちでイラつきがちに。忍耐力はいつでも必要なもの。

  ☆水瓶座(1/21-2/19)☆
    Queen of Swords / R:棘のある女性に要注意。女性はそうならないよう注意して。

  ☆魚座(2/20-3/20)☆
    6 of Cups:子供が幸運のカギに。一緒に過ごすか子供時代を思い出すと◯。


 よろしかったら一週間の参考にしてくださいね♪


 ☆タロット占いのモニターを募集しています☆
   対面セッションで、場所は新宿の喫茶店です。
   モニター価格で、30分/1000円です(12月末日まで)。
   詳しくは こちら をご参照下さい。
    kitaminori@tbt.t-com.ne.jp









 


 
関連記事
スポンサーサイト