地元での休日

 昨日は夫が休みだったので、地元の人気スポットに行きました。
 小平市の「なかまちテラス」です。
 
 外観の一部↓
  161130nakamati.jpg
 小さな図書館と公民館、カフェが併設された施設です。
 個性的な建物は、建築家の妹尾和世さんの事務所が設計されました。
 妹尾さんの有名な建物である金沢の「21世紀美術館」は、帰省のたびに行っています。超近所だったのです。義姉の引越し先もすぐ近くです。
 21世紀美術館は円形を活かしたデザインだと思いますが、この小平の小さな「テラス」も、内部にところどころ円形のデザインが出てきておもしろいです。
 去年の春に開館して、一度訪ねていましたがゆっくりできなかったので、再び行ってきました。
 カフェがあるので入ってみたかったんです。

 中にあるCAZE CAFEにて↓
  161130cafe.jpg
 こちらのカフェを運営するのは、小平市の社会福祉法人で、お菓子などは障害のある方が作ったもののようです。
 お値段がお手頃で、スタバでコーヒー一杯分の値段で、飲み物とスイーツが楽しめました。
 夫が飲んだ抹茶ラテはすごく濃くてびっくりのお味。わたしはアールグレイで、お菓子も優しいお味でおいしかったです。
 地元のおばさまたちで店内は混んでいました(笑)。
 
 昨日はたまたま、このカフェと同じ法人が運営する作業所の方々が作った雑貨も展示販売されていました。
 草木染めの糸を使った、手織りの小物たちです。
 思わずマフラーを買ってしまいました↓
  161130some.jpg
 ウールの毛糸を自分たちで染めて、織り機で織ったものだそうです。
 このマフラーの赤い色と濃い紫の色は「あかね」という植物から染めていて、グレーっぽい色は「よもぎ」から染めた色だそうです。
 同じ草木でも、媒染液に入れる仲介させるものの素材によって、染まる色が変わるのだそうです。 
 鉄だと暗い色になって、ミョウバンだと明るい色になるそうな。
 その違いと、染める時間や回数の違いによって、いろいろな色が出てくるのだそうです。
 そういう話を聞いていたら欲しくなってしまって、ちょうど、今まで使っていた普段使いのマフラーが若すぎるかなと思えてきていたので買ってしまいました(笑)。
 これなら落ち着いた赤なので、50代になっても使えそう(笑)。
 天然素材で糸から染めて、一から織っている手作りの作品なんて、デパートとかで買ったら高いと思うのですが、写真のものは4000円とお手頃でした。このような福祉法人のものでなかったら、倍くらいはしそうかなと思います。。
 ここのところ、なんだか「お買い物運」がついているような気がする!
 ほかにもすてきなマフラーがたくさんありました。
 ちなみに、糸からなにかを織るのって、一番最初に織り機に縦糸をかけるのが難しいのだそうです。そこが基礎の部分で、建築と同じで基礎が大事なんですよね。
 そういうお話も聞けて楽しかったなあ。
 そちらの作業所の商品の紹介ページは こちら です。草木染めのページはまだできていないみたいですが。。
 新しいマフラー、大事に使おうと思います!
 
 この後併設された図書館に行ったら、読みたいと思っていた新刊本があったので借りてきました。
 地元での充実した休日でした!

 
 ☆タロット占いのモニターを募集しています☆
   対面セッションで、場所は新宿の喫茶店です。
   モニター価格で、30分/1000円です(12月末日まで)。
   詳しくは こちら をご参照下さい。
    kitaminori@tbt.t-com.ne.jp






 
 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記