世界とわたしの身体(←大げさ)

 元気いっぱいのユリとフリージア↓
  170121yuri.jpg
 部屋の一角が派手派手です。

 昨日はとても寒かったのですが再びの病院へ。
 心電図に問題があるとのことで、循環器内科の先生の診察を受けました。
 以前、心音に雑音があると言われたことがありますが、聴診器をあてて先生は「雑音って言えば雑音だけどー」という感じで、深刻に考える必要はないのではないか、という感じでした。
 血圧も正常だし、脈拍も正常だし、心電図に少し「異常」はあるのですが、元からそういう心電図の人かもしれないし、日常で問題がなければ大丈夫だろうとのことですが、手術のためにはちゃんと調べなくてはいけないので、来週またエコー検査を受けてきます。
 実は、母方の親族は心臓に問題がある人はいて、母も「弁膜症」の気があるとは言われているそうです。もしかすると、わたしにもその「ケ」はあるのかもしれません。
 祖父は心臓悪いと言いながら95くらいまでは生きたのですが。。叔父はペースメーカー入り。
 ついででもあるし、ちゃんと診てもらう機会としようと思います。

 うちは母方も父方も、じっとしているのが苦手なタイプが多くて(=わたしもそうです)、そういう気質は心臓にはよくないと、ネットを調べていて見つけました。
 気ぜわしいっていうのかな。。ナマケモノでもあるくせに。
 「鷹揚と構える」とか、そういう在り方を目標としてもよいかもしれない。。。(「目標」とかってチマチマと言う時点で違うのかもだけど。。。)
 
 友人が、笑うと免疫力が上がるということが科学的にも実証されているという話をしてくれました。
 わたしには特に好きなお笑い芸人さんはいません。
 でも母が落語が好きで、ときどき公演に行っているし、わたしも何度か行ったことがあります。落語ってちゃんと聞いてるとおもしろいですよね。
 母が落語のCDを少し持っているそうなので借りてみようかなと思ったりしています。
 それは、古典の名人のすごいものではないらしくて、「現代もの」らしいのですが、「どうせ聞くなら古典のほうが教養になるかも」とかって思ってしまって、ハタと、そういうことをチマチマと考えるからいろいろとダメなのかもしれないと思いました。。浅ましいんだなあ。
 今は、単純に楽しめればそれでいいのだと思います。ちょっと聞いてみよう!

 ***

 話は変わりますが、先ほどまではトランプ大統領の就任式のテレビ中継を見ていました。
 すごいですね。。。日本のこと、名指しできましたね。。。中国と日本とメキシコだって。。。
 なんだか、映画とかマンガを見ているような気分でした。でもリアルなんだよな。。。
 ワシントンでは抗議集会も行われているとか。
 やはり大変な時代になってきているのかな、と思ったりします。

 でもそういうのを見ていても、自分の健康が大事だということを思います(それが周囲の人のためにもなるから)。
 世界を憂うことで身体の抵抗力が落ちたら元も子もないので、、以前は「世界の情勢」と自分のことを分けて考えることができなかったのですが(ハードなニュースを見ると具合が悪くなったりも)、、こういう時期に自分の身体もこういうことになって、、だからやはりどこかで連動しているのかもしれませんが(汗)、、でも、、精神的な部分で引きずられないようにしたいと、強く思っています。


 ☆タロット占いのセッションをいたします☆
   対面セッションで、場所は新宿の喫茶店です。
   30分/2000円です。
   詳しくは こちら をご参照下さい。
    kitaminori@tbt.t-com.ne.jp









 
 

 
 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 心と身体 - ジャンル : 心と身体