退院してきました。

 とっておきの拾い物写真(に色調補正をいれたもの)↓
  170209tento2.jpg
 とー! たー!

 さきほど退院してきました。

 ええと、、、当初一週間弱かもしれないとも言われた今回の入院でしたが、少し長引きました。
 なぜなら、手術してみたら、リンパ節へのがん細胞の転移が見つかったためです。
 病理検査に出すということもあり、リンパ節を切除してもらっていて、その影響で入院が数日長引きました。リンパ液を管から出して、その量を見なければいけなかったのです。
 でも手術の翌日から歩いたし、ごはんも食べていました。多少は眠れてもいました。なので大丈夫です。
 
 術前の画像診断では、リンパなどへの明らかな転移はナシとされたのですが、細胞レベルのものはやはり取ってみないと分からないのですね。 
 ステージは1とのことでしたが、これだと2aになるのかな?
 しこりはそこまで大きくなかったと思うので、きれいに手術をしていただけました。キングに感謝や。。。
 まあ、元から「ペチャパイハニー」だったので、そこまで気にするのもアレなんですけど、やはり気になっていたんだな。。ペチャパイハニーがペチャチャパイハニーくらいになるかと思っていたのですが、そこまでじゃなかったってやはりすごく嬉しいようだ。。(「ペチャパイハニー」て、ダイナマイト☆ナオキさんの歌にあるんです、ペチャパイなのに説教が好きな、まるでわたしみたいな女性の歌(笑))
 取ったしこりやリンパ節の検査結果で、これからの治療方針が決まるのだと思います。放射線はセットだと思いますが、そのあとがどうなるのやら。

 がん細胞がリンパ節まであったというのは、やはり少しショックでした。
 でも夫が、病院の図書館で乳ガンの本を読んでくれて、リンパ節へのがん細胞の転移のあるなしで、再発率に大きな違いはないという記述を見つけたらしく、それを頼みとしようと思っています。

 入院生活は、、基本的にわりと楽しかったです(笑)。
 だってすべてが新しい経験なんですもの。。。とても新鮮だった。。。
 ただ、月曜日くらいかな、ちょっと気持ちが沈みそうになって「おっとっと」となりました(つまりiPhoneだから、自分で乳ガンとかリンパ節について調べてしまっていて、、というパターン。やばいので翌日からアホみたいなサイトばかり見て笑いまくっていました)。

 今日退院して帰宅しましたが、実家の母が「うちに来てしばらく過ごせ」と言ってきかないので、しばらく実家で世話になろうと思います。
 まあ、全然動けないということもないのですが、、ちょっと甘えてしまおうと思います。母も若干張り切っているように見えるし。。
 今うちでこのブログを書いていますが、うちにいるといろいろ目についてじっとしていられないというのもあります(今はあえて目をつぶる。でも帰宅後まずしたのは、ご先祖の位牌のある「お参りエリア」の掃除ですよー!)。
 夫は毎日仕事が終わってから病院に来てくれていました。わたしより夫が痩せたように思うので、、しばらく夫にも実家に来てもらって夕ご飯は一緒に食べようとか、そんな話が出ています。

 まあ、書きたいことはいろいろあるのかもしれませんが、、とにかく、この一連の検査・入院・手術・退院の中で一番思ったことを書きますと。
 時間って、本当に前に進んでいるんだなあってことです。
 当たり前なんですけどね。。
 本当に、しみじみと、前に進んで、止まらなくて、戻らなくて、「そのとき」というのは来る、ということを、すごく不思議なことのように感じていました。

 「あら、あたし本当に入院したんだわ、なんか夢の中みたい(ちょっと「離人症」みたいになってたかも)」→「あら、これからほんとに手術だってさ、マジか(→うわ、手術の準備室でかける有線の音楽を「ショパンのピアノ曲」ってリクエストしたら、よりによって「スケルツォ2番(ショパン屈指の深刻曲、笑)」でお迎えされたw、あ、麻酔ですね、はい)」→「ああリンパへの転移ありか、退院はまだ先だなあ」→「なんか気分落ちそうだ」→「このリンパ液ってとめどなく流れてわたしここから出られないなんてことないよね(汗)」→「あら、明日には退院だ」という感じでしょうか。
 そして今、うちにいて、Macに向かって文章を打ち込んでいるのです。
 なんかそれが不思議です。

 時間は本当に几帳面に前に進んだのでした。一切の例外なく。

 「そのとき」って、ほんとに来るんだな。

 こんなこと書くのは不謹慎ですが、それって、「死ぬ日」も必ず来るってことですが。。

 まあ、まだ死ぬ気はないので、、この新しいからだ(その身体のわたしだという意識)と向き合う日々を始めようと思っています。
 
 
 ☆タロット占いのセッションを、しばらくお休みとさせていただきます☆
  *乳ガン治療のため、ちょっと体調の様子見をさせていただきます*
   対面セッションで、場所は新宿の喫茶店です。
   30分/2000円です。
   詳しくは こちら をご参照下さい。
    kitaminori@tbt.t-com.ne.jp








 

 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 乳がん闘病記 - ジャンル : 心と身体