女子力とかオンナゴコロとか。

 マリちゃんとモコちゃん光合成中↓
170308marimoko.jpg
 阿寒湖のほとりで買ってきて5年ちょっとか、、まだ生きてるよ。。嬉しいよ。。
  
 先ほど引いた小さな天使のカード↓
  170308card.jpg
 このカードは、「faith」という言葉よりも、描かれた天使の絵に感じるものがある。「勇気」にも関わる絵だよな。
 
 今、家の中に茶葉蛋の匂いがしています。ゆうべから作っているのです。
 茶葉蛋(ちゃばたん)とは、台湾とか香港でおなじみのおやつです(香港行ったことないけど)。
 ゆで卵の殻にヒビを入れて、それを中国茶とお醤油と五香粉の煮液(?)でひたすら煮込む味付けゆで卵です。
 このおやつの一番の調味料は「煮込み時間」です。少なくとも一昼夜は煮込みたい。するとしっかり味が中に入る。
 わたしは30代の一時期、年に一度は台湾に行っていて、ホテルに着くと近くのコンビニに行ってまずこれと台湾ビールを買って「来たぞ」と思っていた、そういう馴染みのあるものです。
 なんておいしいんだろうと思っていたけれど、あるとき、どうやって作ればいいのかが分かったんです。ああ、お茶と醤油と五香粉か、と。コンビニのケース見ていて気づいたんです。自分で。えらいでしょ。
 そんで、日本に帰ってきて作ってみて、できたってことでした。
 自分で茶葉蛋が作れると分かってから、台湾に行かなくなったような気がする(笑、その後奈良に行って日本の伝統と歴史に目覚めたし。。)。
 でもうちで茶葉蛋作るたびにブログに書いてる気がします(笑)。なんだか嬉しくなるからです。
 そろそろ食べごろになってきたかな。。。じゅるり。

 ***

 昨日は病院に行ってきました。
 先週、脇の手術の傷跡の周りに赤みが出て痛くなり、抗生物質を出してもらっていたのですが、それのチェック。
 それが治らないと抗がん剤治療に入れないとのことでしたが、色味はまだ少し残っていますが治ったとのことで(痛みもなくなりました)、治療の日程が決まりました。
 再来週からです。
 来週でもよいそうなのですが、ちょっと猶予をいただいてしまった(笑)。
 だっていろいろ準備するものがあるのですもの。。
 ウイッグとか、帽子とか、つけ毛とか、つけまとか、アイブロウ製品とか、ネイルケア製品とか。。
 ほとんどネットで買いますが、いろいろ調べて吟味しているのもわりと楽しいのです。
 わたし、このことでちょっと「女子力」が上がりそうな気がする(笑)。今、けっこう女子女子している。。
 今までがずぼらすぎたんだけど。。
 こんなことでもないと、髪型を変えようという気にもならなかっただろうし。。
 人生初のショートボブ、慣れてきて気に入ってきています♪
 まあ、きっと一ヶ月後には「つるっぱげ」なのですが。。。

 この「女子女子している」ということで言えば、入院中、わたしは自分の手術痕をずっと見ることができなかったんです。怖くて(子供の頃から傷を作ったりすると、見たり触ったりするのがイヤだった。親とかから見られたり触られたりするのも怖くてイヤだった)。
 でもいよいよ退院が近づいて、リンパ液を抜くためのドレーンという管を抜くとき、久しぶりにシャワーに入れて、そのときとうとう見ました。ガーゼの下にあった手術痕。
 すると、胸の形はそこまで変わってなかったんですね。。(キングありがとー!)
 それが分かったとき、すごく嬉しくて嬉しくて、、ああ、わたしも女子だったんだな、って思ったんです。
 別に、自分を「サバサバ系」とか思っていないのですが、どちらかというと男っぽい部分もあると思っていたんです。理屈っぽいの嫌いじゃないしね。ホロスコープでも女性星座少ないし(水の星座にいたってはASCとMCしかない)。
 でも、 ああそうか、、こんなに嬉しくなっちゃうものなのか、と思いました。
 オンナゴコロですね。
 だからやはり、髪が抜けるのも、そこそこつらいのかなと思ったりもします。
 でもそこは、男性的な「理屈脳」を起動させて、自分の怖がりな性格と自分のガンのタイプなどを思い出し、やるしかない、やるしかなかったと結論し続けるしかないのだろうと思っています。
 し続けるんです。くり返し。
 揺らぐこともあるだろうから。

 ***

 昨日、診察を待っている間、小さな女の子を見ました。
 乳腺外科の診察室の近くに、小児科もあるんですね。今まで気持ちがいっぱいいっぱいで気づかなかったけれど。
 そこに来ている子のようでした。小学校上がる前くらいの歳かなあ。。
 横顔だけ見えたけれどとてもかわいらしい子で、不安そうな顔つきで。。
 そのうち、彼女から「ヤダヤダ」という声が聞こえはじめ、それがだんだん大きくなってきました。 
 ヤダヤダヤダー! 
 たぶん、どこかの別室に行って、検査を受けなくてはいけない状況みたいなんです。採血とか注射とかあるのかなあ。
 たまりかねて、お母さんが「でも頑張らなくちゃしょうがないでしょ」と言うと「ヤダー!」。
 涙の絶叫です。

 それを聞いていて、はじめはかわいいなと思って微笑んでいたのだけど、だんだん涙が出そうになりました。
 ヤだよね。。。
 そりゃヤだよね、、怖いよね。。。
 あんな小さくてさ。。。
 
 看護師さんも出てきて、「ほら、頑張らないと」。「ヤダー!」。
 「頑張らないとおうち帰れないよ」「ヤダ帰るー!」「ヤダヤダヤダー!」
 
 「おばちゃんもすんごーく怖いのやるんだけど、頑張るよ」と言ってあげたい気持ちになったけれど、、彼女にとってはなんの励ましにもならないですよね。
 わたしはいい大人でおばちゃんで、耐えるのが当然ですけど、あんな生まれてきて数年しか経ってない子が、そういう恐怖に耐えるのはさ、全然違いますよね。
 
 その後、わたしも採血をしなくてはならなくなってその場を離れ、いろいろ済ませたあと、抗がん剤治療の説明を看護師さんから受けるために、再び乳腺外科の受付に戻ると、先ほどの子のお母さんが同じ場所で、じっと目を閉じて身じろぎもせずに座っておられました。
 あの子行ったんだな。。
 ああいうときのお母さんのつらさは、わたしには想像もできません。
 
 ***

 抗がん剤治療は、一回目は入院をするのかと思っていたらそうではなくて、通院で受けられるそうです。
 この前の入院が思いのほか楽しかったから(語弊があるかもだけど)、ちょっと残念(笑)。
 抗がん剤をやる人のためのエリアがあって、そこで受けることになるそう。
 看護師さんからいろいろと説明をしていただいて、どういう感じかのイメージはつかめたかなと思います。
 あとはやってみないと分からないってことかと。。
 
 点滴で二時間半くらいかかるらしく、部屋の中にトイレもあってそこまでは移動できるから、スリッパがあるといいと言われました。
 2月の入院時は、100均のスリッパでいて、退院時に捨ててしまったのだけど、きっとそのときよりもつらい時間が始まるような気がするので、、100均よりはよいものを用意しようと思いました。
 で買ったのがコレ↓
  170308kutu1.jpg
 西友のウォルマートの商品で750円だけどね!(笑) 軽いバレエシューズです。
 いろんな素材と色があったけれど、春になるのでデニム系で。
 でも、これだけだとちょっとさびしいですよね。。
 なので女子力発揮↓
  170308kutu2.jpg
 麻ひもでリボン作って縫い付けました! なんかこのリボン、アニヤ・ハインドマーチのリボンみたくない?(←アホ)
 やはりバレエシューズにはリボンついてないとな!
 Sサイズだけどちょっと大きいので、100均でかわいい中敷き買おうと思います。
 気分が上がりそうです。

 
 ☆タロット占いのセッションを、しばらくお休みとさせていただきます☆
  *乳ガン治療のため、ちょっと体調の様子見をさせていただきます*
   対面セッションで、場所は新宿の喫茶店です。
   30分/2000円です。
   詳しくは こちら をご参照下さい。
    kitaminori@tbt.t-com.ne.jp





 
 
 
 
 
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 乳がん闘病記 - ジャンル : 心と身体