今週の12星座別タロット 4/3 ~ 4/9

 先ほどの空↓
170402sora.jpg
 左手下にある木、クヌギかコナラの木ですが、芽吹いてきていますね(ドングリだから花芽だと思うけれど)。嬉しいな。

 昨日はずっと、「海王星が感じられる音楽」を聴いていました。
 最近、この、星で音楽を表現するっていうか、音楽の「成分」がどの星なのかを考えることが楽しいです(笑。横山幸雄さんのコンサートのおかげやね。。。)。
 そう考えることで自分の中でしっくりする感覚がとてもたくさんあります。 
 同じ曲でも演奏する人によって「成分」は違うだろうし、本当に興味深いです。
 
 あまり海王星的なものに耽溺するのは避けたいので、そろそろ現実に戻ろうと思います。 
 占星術的に「現実」って言ったら、やはり木星と土星が効いている感覚なのかなと思います。
 「木星の成分」は大きくヒットした音楽にはたいてい含まれているものだろうと思います。なんとなく。だからすぐ見つかる。
 問題は土星で、土星的な音楽ってなにかなと考えましたが、やはりそれはバッハであろうと。
 よかった。
 海王星的感覚に溺れかけてマズいと思ったら、バッハを聴いて、現実感覚を取り戻せばいいんだ。
 そうやって、自分なりに生活(身心)をコントロールする術を考えるのは楽しいです。
 単純すぎますかね?

 わたしがバッハを聴けるようになったのは、大人になってからです。
 それはつまり、大人になるということは、人間がある程度快適に生きる上ではどうしても土星的な「制約・秩序・節制」が必要なんだ、ということを理解するということに他ならないのだろうと思います。
 なんと、「制約」は、快適さにつながるんですよ。若いとそれが分からなくて、制約なんてくそくらえって思ってしまうのですが。「自由上等」としか思わないんですね。でも違うんだな。
 わたしは人よりもそれを理解するのに時間がかかったと思います(汗&笑)。
 
 ということで、わたしにとってバッハといえば、コンスタンチン・リフシッツさん。世界でも屈指のバッハ弾きとされる方です。
 今年の春は来日されなかったと思うのですが、、去年までは毎年2月には所沢に来てくださっていました。
 わたしにバッハの音楽を教えてくださったのはリフシッツさんです。
 以下はゴルトベルグ変奏曲のアリアです。
 この曲から始まったのだなあ。。

 このリフシッツさんの演奏は、土星もあるけれどそれだけじゃなくて、金星もあって木星もあって、海王星もあるだろうし、天王星もありそうな気がする、もちろん水星も。
 聴いていると落ち着きます。

 そういえば、体調について書いていませんでした(笑)。
 手の湿疹のほうは、塗り薬が効いてきてよくなってきています(かゆみの発作はまだまだあるけれど)。
 アレルギーマーチにも今のところなっていません。
 だるさはあるけれど、最低限の家事などはできています(腰が痛くて1日1回ロキソニンは飲んでしまう)。
 なんと、味覚異常が少しよくなってきていて、お味噌汁がお味噌汁の味になってきました! わーい!

 がんばろう、、がんばろう。。。。

 あ、髪はまだ抜けはじめていません。そろそろかなとは思うのですが。。
 
 ***

 今週のタロットに入りますね。
 (占星術の用語の意味は → こちら )

 まず占星術からですが、今週、逆行している金星が逆行を続けて牡羊座を突き破って魚座に戻ります。3日です。
 先週水星が牡牛座に抜けたし、「牡羊座祭り」がここで一段落となりそうです。
 まとめると、太陽は牡羊座、金星は牡羊から魚座へ、水星と火星が牡牛座、木星が天秤座、土星が射手座です。
 不動星座である牡牛座に星が集まってきているので、ちょっと待てよ、ちょっと落ち着こうや、という空気がしてくるのではないかなと思います。
 ここのところ、けっこうニュースが激しい日々だったと思いますが(とうとうイギリスがEU離脱通告しちゃったね!)、ちょっと一段落するのではないかなという気もしますがどうでしょう。
 あまりにものごとが動き過ぎて、ちょっとこのままではマズい、この流れをいったん止めなくては、という感覚がしてくるという感じかな。牡牛座ですからね。
 それに金星が魚座に戻るので、他者への配慮や共感力も出てくるかもしれません。逆行だからちょっとあまのじゃくな働き方かもしれませんが。牡羊座的なイケイケドンドンな感じではないと思います。
 ちょっとホッとできるひとときがあればいいなと思うのですが。。。

 星の角度のほうは、週の後半に印象的なものがいくつかあります。
 7日に牡牛座火星と山羊座冥王星が吉角です。これは、、この時期に決まったものは、なかなか覆らないって感じでしょうか。すごく強い星回りです。だから逆に、軽々しく安請け合いみたいなことはしないほうがいいかもしれない。拘束力のある星回りだし、適当にごまかそうとしたら破壊的な力も出してくるかもしれない感じです。ちょっとドキドキする星回りですね。
 次は9日に、牡羊座太陽と天秤座木星が活動宮の真向かいでにらみ合い。同じ日に金星と土星が柔軟星座同士で緊張の角度。
 これも安請け合いはしないほうがいい星回りかな、、とくに金星と土星は柔軟宮で、つい雰囲気に流されやすくなりそうですが、ちょっと踏ん張ったほうがよいかなと思います。太陽と木星の角度も、つい派手にやってしまいたい感じですが、わたしは自重することを勧めたいです。
 影響力が強いだけに使い方が難しい星回りの週だなと思います。

 タロットのほうは、今週はロッドが5枚と多かったです。大アルカナは2枚です。牡羊座からは星がばらけますが、星の角度も激しい感じだし、ロッドっぽいのかもしれません。
 蟹座さん、「出たなカード」の逆位置で、要注意です。確かに今週の星回りは蟹座にはハードかもしれないですよね。。牡羊座さんは無理はしないほうがよい感じですかね。。
 星がやってきている牡牛座さんは、星の力を借りて対処できるでしょうか。
 金星がいったん戻る魚座さんも人間関係でできることがあるのかも。
 わたしの山羊座は最近には珍しく(?)、明るめカードでした。。ほんとに。。。?(先週の「塔」はめちゃくちゃ当たったと思っています。。)
 ソードが少なかったので、困ったときには基本の理論に立ち返るってあえて思っていてもよいかもです。

 
  スザンヌ・スターのユニコーンタロットによる
  12星座別今週の一言メッセージ

    4/3 ~ 4/9

  170402tarot.jpg
 上段左より 牡羊座・牡牛座・双子座・蟹座 / 中段左より 獅子座・乙女座・天秤座・蠍座 / 下段左より 射手座・山羊座・水瓶座・魚座 という並びです。


  ☆牡羊座(3/21-4/20)☆
    The Hanged Man:今の状況にへたに手出しするのはNG。引いて考えて冷静に。

  ☆牡牛座(4/21-5/21)☆
    10 of Rods / R:重荷となっていたものを手放すとき。自分の時間を持って◯。

  ☆双子座(5/22-6/21)☆
    4 of Cups:なにかへ失望の暗示。本当の可能性に気づいていないだけなのかも。

  ☆蟹座(6/22-7/23)☆
    The Wheel of Fortune / R:タイミングがよくありません。注意に注意を重ねること。 

  ☆獅子座(7/24-8/23)☆
    7 of Pentacles:まだ成果が見えなくてもやり切るべき。自分を信じて前を見て。 

  ☆乙女座(8/24-9/23)☆
    9 of Cups / R:遅れが出そう。でもゴールを焦らず一つ一つこなしていけば◯。

  ☆天秤座(9/24-10/23)☆
    4 of Rods / R:大切な人との間に対立が起こる暗示。お互いの立場を考慮して。 

  ☆蠍座(10/24-11/22)☆
    Queen of Rods / R:気性が激しい女性に要注意。八つ当たりや意地悪をされるかも。

  ☆射手座(11/23-12/22)☆
    7 of Rods:今は大変でもうまくいきそう。気持ちを明るく保つことが大事。

  ☆山羊座(12/23-1/20)☆
    2 of Rods:変化のとき。学んだことを活かして人と分かち合うことがカギ。

  ☆水瓶座(1/21-2/19)☆
    2 of Pentacles:二つの責任の間でバランスを取る必要性。偏らせずキープして。

  ☆魚座(2/20-3/20)☆
    3 of Swords / R:何かのショックからの回復の暗示。対応する気力が出てきそう。


 よろしかったら一週間の参考にしてくださいね♪


 ☆タロット占いのセッションを、しばらくお休みとさせていただきます☆
  *乳ガン治療のため、ちょっと体調の様子見をさせていただきます*
   対面セッションで、場所は新宿の喫茶店です。
   30分/2000円です。
   詳しくは こちら をご参照下さい。
    kitaminori@tbt.t-com.ne.jp






 
 
 
 

関連記事
スポンサーサイト