2度目の抗がん剤投与、無事終了

 昨日の病院への道すがら↓
  170413sakura.jpg
 桜のトンネル。
 桜の甘いいい匂いを嗅ぐと、井の頭公園の入り口にあった「ドナテローズ」の桜味のジェラートを思い出す。。何度も書いていますね、これ。だってほんとにおいしかったんだもの。。。
 写真の下のほうにわたしの指が入ってしまった(汗)。治療のため日焼けをしちゃいけなくなったので(手にアレルギー湿疹も出たし)、UVカット手袋をしてみました。
 20代の頃からずっと紫外線アレルギーもあったし(日焼け止め塗っても湿疹が出る)、これからこういう手袋手放せなくなるな。。。でも日焼け止めよりこっちのがいいのかも。

 おととい、2回目の抗がん剤投与を受けて、昨日、白血球の数値を下げないための注射をしてもらってきました。
 無事に。
 できた。

 ***

 「アレルギーアレルギーうるせーよ」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、アレルギー体質ってけっこう大変です。ただかゆいとか鼻水出るだけのものじゃないですから。最近は、アレルギーに対して「単に花粉症でしょ」なんて認識の人も減ってきているとは思いますが。
 ヘタしたら死ぬからね。アナフィラキシーショックとかでさ。
 わたしは子供の頃からアトピーがあって、大人になってからアレルギーマーチも起こったし、そういうことはずっと考えてきています。
 大人になったらりんごも食べられなくなったし。バラ科の果物とかパイナップルとかキウイとか。たぶんリンゴ一個食べたら呼吸困難になります(32分の1かけらでも喉が腫れるから)。ヘタしたら死ぬよ。
 建材に使われる化学物質のなにかもダメで(もはや特定していません、接着剤のなにかかなあ)、新しいパソコンデスク用の椅子に座ったら湿疹できたとかもありました。
 そんなわたしが抗がん剤治療で!

 先月末には、手にできた湿疹がひどくなり、どうにもならなくなって病院に逃げ込みました。先生は診察日じゃないのに、手術の合間に診てくださいました。。(キング。。)
 でもそのとき出た言葉が「このままよくならないなら治療中止」。(キング。。)
 なぜなら、これは抗がん剤に対するアレルギー反応だろうから。
 アレルギーの怖さについては分かっているつもりなので、イヤだとか言えませんよね。
 すごくショックでした。
 それから、皮膚科で出していただいた軟膏を、祈りながら塗る日々でした(かかりつけ医で出してもらっている抗アレルギー剤もちゃんと飲みつつ)。
 幸い、それ以上の悪化はなくよくなってきたので、おととい、無事に2度目の治療を受けることができました。

 昨日注射のために病院に行き、投与直後の段階でひどいアレルギー反応も出ていないと報告したら、「じゃあ次回も(やりましょう)」という感じだったので、、これからまた手に湿疹はできるかもしれませんが、やり過ごしてどうにか治療を続けられるのではないかなと。。
 今回の抗がん剤投与では、抗がん剤を混ぜる(?)ためのアルコールを他の物質に変えてくださったそうです。効果は同じでなにか他の方法があるのですって(薬剤師さんにはお手間を取らせたようですが。。)。
 アルコールでアレルギーが起こるわけではないと思いますが、それで反応がソフトになるか、経過観察という感じでしょうか。。先生もいろいろ考えてくださったんだなと思って、やはり湿疹の悪化を我慢せずに病院に行ってよかったなと思いました。。お騒がせしてしまったけれど。。
 
 調べてみると、わたしがしている治療(TC治療というものです)でアレルギーが出る人はいないわけではないようで、途中から違う治療法にしたという闘病ブログも見つけました。
 でも、、一度でもやったのに、また振り出しからなんてきついものがありますよね。副作用の種類も変わるようですし。。
 それに、こんなこと恐ろしくて言いたくないけれど、いつか(遠い遠い先であってほしい)ガンの再発とか転移とかあったときに、使える抗がん剤の選択肢が減るっていうのが一番イヤだったのですね。
 だから本当にホッとした。。継続できそうで。。。

 湿疹のあと、脱毛も始まりました。
 それは、やはりショックです。それも、やはりショックです。
 でも、「治療中止」などという恐ろしいことになるくらいなら、脱毛だって耐えようという気になります。
 そういう意味では、脱毛のショックへの緩衝剤になったかもしれません、アレルギー騒動。
 ん? 無理のある理論でしょうか?
 でも、無理矢理だろうとなんだろうと、いい風に考えたいのです。
 
 抗がん剤の点滴中、看護師さんや薬剤師さんが来てくれ、いろいろとこちらの状態について訊いてくださいます。 
 その中に、精神的なつらさはどれくらいか? という質問があります。
 わたしは、今回はアレルギーも出たし、脱毛もあったので少しつらかったですが、ひどい精神状態にはならなかったと思います。
 がんばって音楽聴いたし(笑)。
 音楽って、やはりセラピー効果はあるよね。もはや、セラピーっていうより、ブースターなんだけど(笑)。
 いや、あらゆる使い方ができますよね、音楽。逆に音楽でダウンすることも可能だと思うし。
 そういうものの力も借りたし、、アレルギーや脱毛のショックはありますが、、ショックがあるってことと、精神的に落ち込むってことは、ちょっと違いますよね?
 そのへんのことも考えています。
 ショック受けたからって、落ち込まないといけないのかって。
 そんなこたーねーだろっていう。

 なんのために今まで音楽聴いてきたの? 映画観てきたの?
 なんのために今まで占い(チャネリング)してきたの?
 なんのために今までニューエイジとか精神世界のことかじってきたの? 
 なんのために、難しい本読んだり仏教の勉強してきたの?
 こういうときのためじゃないの?

 ああ、「なんのために、今までこんなブログ書いてきたの?」もあるか(笑、始めてからもうすぐ16年だよ!)。
 
 「落ち込む」ってなんなんだろうってことを夫とも話しました。
 わたしはそれは、「もうダメだ」とか「もうイヤだ」とか思って、自分(人生)を見放そうとしてしまうことだと思います。
 わたし、今回の乳ガンのことで(ていうか、胸にしこりを見つけてから)、そういう風にはなっていません。
 むしろ、自分をもっと愛そうとしています。大事にしようとしています。
 そのきっかけになっています。
 そして、あの、10月に春日大社さんでいただいたおみくじのことを思い出すんです。

 教えてくださるなにかがある。

 だから、ショックを受けたあとは、神仏(大いなる力)へおまかせするばかりです。
 ショックを受ける事態に遭遇すること自体は、生きている限り避けられないと思いますが、そのあとは全部おまかせするんです。
 そして、自分でできることはしていく、ただそれだけです。
 音楽を聴いて、軟膏を塗るんです(笑)。

 ということで(どういうことだ)、おととい病院の帰りに寄った100円ショップでかかっていたホール&オーツの音楽を貼りますね!(笑)
 そのときかかっていたのは誰か最近の人のカバーだったし、違う曲だけど、わたしの一番好きな曲。
 Daryl Hall & John Oates - Private Eyes

 この曲もリズムしっかりしていますよね。わたしそういうの好きなんだな。。そういう意味では土星が好きってことじゃん、よかった(土星嫌ってたら大人になれないもん)。
 この曲は、ピアノの音は金星、ダリルの声は木星、ドラムは土星、ギターは火星、途中入るハンドクラップ(これもポイントだよね)は天王星、って感じでしょうか(笑)。海王星や冥王星などの深刻さ、強烈さはあまり感じなくて、華やかで明るくて大好きな曲です(このビデオはひどいけど)。
 あと、この曲も2番が終わってギターの間奏があったあと、「ブリッジ」が入って最後のサビに行きますね(ジョージ・マイケルの「ケアレス・ウィスパー」のように)。80年代前半まではそういう形式を重視した音楽が多かったのかもしれません。そういう部分も土星や木星を感じさせるのかな。心地よいです。

 ***

 あと、すごく長くなってしまっていて恐縮なのですが、昨日、「今週のタロット」の山羊座のところが当たったっていうか、当てることにしたのでそのことを少し。

 病院から帰ろうとトイレに寄って、手を洗おうとしたら、あとから出てきたおばさまに話しかけられて、初の「ガン友」と出会ってしまったかも(笑)。
 その方は大腸がんだそうですが、、義母もそうだったので、お話を聞くことはできて、自分のことも話してしまって。
 その方も抗がん剤を受けてきたあとだったそうです。
 わたしがその方よりは若いから(なのに脱毛してるから)、いたく同情してくださって、地元の有名和菓子店の菓子折りをいただいてしまった。。誰か他の人にあげるものだったんじゃないのだろうか。。あと、キャシー中島さんのブランドのタオルも「これも新しいものだから」ってくださった。。
 「素直に受け取れ」ってタロットの山羊座に書いたから、受け取ってしまいました(笑)。
 住所を教えていただいたので、お礼を贈ろうと思っています。
 その方、ご苦労もなさっているようなのですが、目がとても暖かい方だったのですね。すてきなグッチのバッグも持っていらして(40年前のものですって。でもちゃんときれいに使ってらしてすてきだった)。
 だから、ちょっと、この流れに乗ってみよう、と思ってみました。
 タロットがなかったら、適当にスルーしてたかもなあ。
 たまにはこういうのもいいですよね。

 ***
 
 さらにおまけっていうか、小自慢。
 近所用の小さなポーチを新調しました↓
  170413pouchi.jpg
 100均の中国製のポーチに、100均の手芸用具の金属ボタンをつけました。そこに加えて、2月に春日大社さんで参加した「節分万燈籠」のおしるしのストラップをファスナーの引き手につけてみました。
 なかなかかわいくないですか!
 これから手の保湿がすごく大切で、病院でいただいた軟膏とハンドクリームを二つ持ち歩かなくてはいけなくて、今までの小さな近所用ポーチじゃ入りきらなくなったので新調です! らんらんらん!

 そして文明堂の「三笠山」の春の新商品↓
  170413dora.jpg
 夏みかんの入った白あんのどらやきです。
 三笠山(御蓋山)って、奈良の春日の神様が降りた山だよ!
 抗がん剤治療、無事に二度目ができたから、お祝いでいただきました! おいしかった!
 
 どらやきと一緒にいただいたお茶は、オーガニックフード店で龍の絵が描かれていてパケ買いした、「白茶」です。
  
 わたしが買ったのは、ノンフレーバーのものでしたが、このパッケージかわいいですよね。
 白茶というのは中国茶でしょうか。以前台湾に行っていた頃、中国茶も少しかじりましたが、ハマる根性まではありませんでした。
 スッキリしていて飲みやすいお茶かなと思いました。甘酸っぱいどら焼きと合っていました。

 
 ☆タロット占いのセッションを、しばらくお休みとさせていただきます☆
  *乳ガン治療のため、ちょっと体調の様子見をさせていただきます*
   対面セッションで、場所は新宿の喫茶店です。
   30分/2000円です。
   詳しくは こちら をご参照下さい。
    kitaminori@tbt.t-com.ne.jp


 
  
 

 

  
 

 
 
 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 乳がん - ジャンル : 心と身体