ホルモン療法始まる(ぽっかり期強制終了)

 病院の入り口付近の植え込みに咲いていたミニバラ↓
  170524rose.jpg
 きれいですね。

 少し昔話をします。

 今から16年前のちょうど今頃、5月か6月の頃、バラの季節の頃、わたしは漠然とネット上に自分の考えなどを書くことをしてみたいと思っていました。
 占い関係の友人たちがホームページを持っていて、自分もやってみたいなと思ったのです。
 その頃はブログやTwitterという便利なものはありません。2001年です。
 使っていたパソコンは初期のiMac(おにぎりみたいな形のやつ、色はライムグリーン)で、アドビのページミルというホームページ作成ソフトが入っていたので、これを使えないかなと思いました。
 マニュアル本を買って使い方を調べはじめた頃でしょうか、夢を見ました。だから、それは、ちょうど今頃。初夏の頃。

 夢の中で、自分のホームページの表紙を見ているのです。
 タイトルがあって、イラストがあって、そこに書かれているサイトのコンセプトの言葉がいいなと思いました。
 
 それを、転載しますね。


  Rose Garden……この美しい言葉には、もう一つの意味があります。

  それは、「安楽な人生」という意味。

  芳しいバラの咲くような人生。
  それは「夢物語」ではなく、
  ほんとうにこの手でつくれる
  ものだと思います。

  そこに美しさを見ることができれば、

  人生はきっとRose Garden。


 サイトのタイトルは「ロシーヌのローズガーデン」でした。
 「ロシーヌ」というのは、わたしが以前使っていた占い師ネームです。自分がチャネリングするときにつながる「ハイアーセルフ」の名前だと、その当時は考えていました(今ではあまりそのことについて深く考えないようにしている)。
 
 夢から覚めて、「これだ!」と思いました。
 そのまま夢をパクってホームページを作りました( こちら 文字化けしているかもです。うちのMacではテキストエンコーディングを「日本語EUC」にすると、読めるようになります。イラストは、わたしがiMacのイラストソフトでマウスで描いたものです(笑))。
 けっこう楽しかったな。

 ライムグリーンiMacが壊れて買い替えたらページミルを使えなくなったし、以前使っていたネットの日記帳「さるさる日記」が廃止されたため、このブログに引越ししてきたし、今はもう、ブログの更新しかしていませんが(あの頃の手間を思うと、ブログってなんて便利なものだろうと思う。Twitterはあまり合わなかった、わたしは長文を書きたい人間なので)。
 この16年、上のコンセプトのままに来ているなと思います。

 英語圏では、「安楽な人生」という意味の「ローズガーデン」は、あまりよい意味では使われないようです。
 歌の歌詞なんかでは、「あなたはローズガーデンを期待しているかもしれないけど、本当の人生ってそんなもんじゃないのよ」という感じに、皮肉のように使われるとか。
 でもさ、思うんですよ。
 バラの庭って、手入れ大変ですよね。バラって、手、かかりますよね。
 人生を「安楽に」しようと思ったら、手入れしなくてはいけないんですよ。
 手間、かかりますよ。
 なめんじゃねえよ。
 
 あら、最後の一行、失礼いたしました(笑)。

 16年もの間、ネット上に日記を書いていると、やはり書く上で波があるのを感じます。
 ぽんぽこすらすら書けるときと、そうでないときとある。
 いわゆる、波が引いた感じの「ぽっかり期」が来るんですね。そうなると、なにを書いていいのか分からなくなるんです。
 ここのところ、ちょっとそういう感じです(でした?)。
 
 「ぽっかり期」のことも、今まで何度も何度も書いていますが、それはだいたい年に2回くらいあるように思います。
 経験上、それは長くて2週間、早くて4日くらいで抜けます。
 16年やってると、それくらいのデータ取れるんです(笑)。
 だから、ぽっかり期が来ても、「ああそうか、そうだよな」と思うだけで、落ち込みはしません(昔は「もう書けないのでは」と思って怖くなって自己否定が入ってきて、結果落ち込んだものでした)。
 歳を取るってすごいことだよ(笑)。

 今回、ぽっかり期になるきっかけになったのは、やはり、抗がん剤治療が中止になったことだったと思います。
 ちょうど2週間前です(笑)。
 張っていた気が、ゆるんでしまったかもしれません。
 そして、その後、ハウイー・デイの音楽を聴きまくったからだと思います(彼の音楽で広がる=拡散する=ゆるむ)。
 去年の10月の後半に胸にしこりを見つけて以来保っていたものが、ちょっと崩れたかなと思います。
 調子に乗っていたと反省もしたし。
 反省すると、文章書くのもちょっと怖くなるし。自分が、自分の文章によって調子に乗るっていうのも分かっているから(これは16年続けていることの弊害かも)。

 なにが言いたいのかと言いますと、わたしのこのブログが、今でも「ローズガーデン」のコンセプトであるのならば、ガーデンであるための手入れというのは、この「ぽっかり期」のコントロールに他ならないであろう、ということであります。
 このぽっかり期が来たときに、捨て鉢にならない、ということです。耐えるということです。来たときと抜けたときを見極めるということです。
 これは、けっこう重要な「手入れ」だと思います。
 わたし、それはしているという自負があります。
 (だからといって、「我慢」になったらいけないのです、、ヒヤヒヤ)

 ***

 めっちゃ長くなっちゃった。

 そんな感じで、ここのところちょっとぽっかりとしていたのですが、現実がそれを許してくれなくなりました。
 大変です、昨日から、乳ガン治療のためのホルモン剤服用が始まっているのです。
 そして、明日には放射線治療のための診察や検査が始まるのです!

 ぽっかりしていたのに、、、それどころじゃなくなった!
 
 ええとええと、、月曜日にね、病院に行って、乳腺の先生(わたしにとっては剣のキング)に診てもらいました。
 診察の前に採血もして、値が正常値だったので、抗がん剤の4回目を、やりたいと言えばやらせてもらえる余地はあったように思いましたが、どうしても「やりたい」とは言えませんでした。そこまで勇気ありませんでした。アレルギーがあまりに怖くて。
 あらためて抗がん剤治療中止決定ということになり、次の治療として、内分泌治療開始となりました。
 わたしの乳ガンのタイプは、ホルモン剤が効くということなので、処方していただき昨日から飲みはじめています。
 このお薬にも若干の副作用はあるらしいです。
 またそういうことは、おいおい書いていくことになるかと思いますが。。
 そして、放射線治療のための予約などをしたのが月曜日。
 
 火曜日、昨日は皮膚科の受診がありました。
 実は数日前から、手足にかゆみが復活していたので、それも診てもらいました。
 じんましんであろうとのことで、じんましんは内服薬をきちんと飲まないといけないそうです。
 わたし、湿疹(じんましん)がよくなったから、飲む薬、勝手に少し減らしてしまっていたんですね。。それがいけなかったのかもしれません。
 塗り薬と飲み薬をちゃんと服用すれば、かゆみは長引きませんし、悪化もしません。
 でもぶりかえすと思ってなかったので、、ちょっとショックだったし、これに抗がん剤4回目を足していたらどうなっていたかと思うと、やはりやらなくてよかったなと思うのでありました。
 怖い怖い(怖い=落ち込む、ではないので、そこは大丈夫です。つまり、怖くても自己否定にはなっていない)。

 そして、明日、放射線治療のいろいろなことが決まる、という、そういう流れになっています。

 ぽっかり期強制終了!

 ***

 抗がん剤治療、ちゃんと4回最後までやって、「終わりました!」と報告したかったです。
 でもちょっと、、あまりにも怖くなってしまいました。
 タロットも警告していてくれたし、これでよかったと自分では思っています。
 
 「ぽっかり期」になってしまって、ろくに書けなかったけれど、、いずれ、やはり、自分が経験した「抗がん剤治療」について、記事を書けたらいいなと思っています。
 完遂できなかったけれど、心の整理にもつながると思うので(まだ整理しきれていない感じです)。
 すごい経験だったな、と思っています。

 
 ☆タロット占いのセッションを、しばらくお休みとさせていただきます☆
  *乳ガン治療のため、ちょっと体調の様子見をさせていただきます*
   対面セッションで、場所は新宿の喫茶店です。
   30分/2000円です。
   詳しくは こちら をご参照下さい。
    kitaminori@tbt.t-com.ne.jp





 
 
 
 
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 乳がん - ジャンル : 心と身体