小林麻央さん

 昨日撮った近所のあじさい↓
170624ajisai1.jpg
 色とりどり。

 今週も無事に週5日、通院して放射線治療をすることができました。
 今週は雨の強い日もあったけど、35度超えの真夏の日々に通院がかからなくてよかったかなと思っていたり。あじさいもきれいだし。
 
 これは病院の入り口付近のあじさい↓
  170624ajisai2.jpg
 一つ一つのあじさいのガクの真ん中が、ぽちっと青くて丸いところ(つまりここが「花」らしいけれど)が、わたしがあじさいを好きだと思うゆえん。これが青じゃなかったらだいぶ違うのではないか。
 青という色は好きだ。

 これも病院のあじさい↓
  170624ajisai3.jpg

 昨日は身体に少し疲れがあるように思ったし、帰りに銀行などに寄りたかったのでバスを使おうと思ってたのだけど、治療がさくさく終わってバスの時間までけっこうあったので、病院の待ち合いスペースのところでヨーグリーナを飲みながらぼーっとしていました。
 すると夫からメッセージが入って。
 小林麻央さんが亡くなったと知りました。
 「やだっ」と声をあげて、どうしても、泣いてしまいました。

 今の時期、初発の乳ガンの初期治療を受けている方、治療を終わらせて間もない方で、この方の影響がある人はどれくらいいるんだろう。
 わたしは、まさにそれで、乳ガン患者としては、「麻央チルドレン」と言えるのではないか。
 たぶん、、「晶チルドレン」とか、古いところだと「邦子チルドレン」とか「千代子チルドレン」とか、いろいろな時期の方が、乳ガン患者全体の中でいらっしゃると思いますが(もちろんそんなこと関係なく、検診などで見つかった方のほうが多いかもしれないけれど)、もしかすると「麻央チルドレン」は、数としてはすごく多いのではないかと思ったりします。
 それくらい、インパクトのある、病気の発覚・発表、そして、その後の発信だったと思います。

 わたし、一応もうひとつブログを持っているんですね。以前、FC2ブログでトラブルがあって更新ができなくなたっときに、避難場所として作ったものです。以前やっていた「さるさる日記」と同じ会社がされている「ヤプログ」で、そちらに以前書いていた日記も移しましたが、今はもうほとんど更新していなくて、でも維持するために、数ヶ月に一度更新している感じなのですが( こちら )。
 そこでは少しだけ書いたけれど、わたしは麻央さんのブログは、9月にできたときから読んでいたんです。
 読みはじめたときは、自分にも「しこり」があるって、全然思ってなかったけれど。。。
 
 去年の6月に旦那さんである市川海老蔵さんが麻央さんの乳ガンについての会見をされて、やはり衝撃を受けました。
 わたしは衝撃を受けると、その話題についてネット上の掲示板を読んだりします。
 このご夫婦にはいろいろな話題が多かったので、やはりそういう意味でも気になるもので、掲示板を見にいって、世の中の人々がどんな意見を持っているか確認していました(わたしは以前は2ちゃんねるをよく見ていましたが、今はガールズちゃんねるを見ています。あまり書き込みはしないけれど。2ちゃんよりもガルちゃんのほうが意見にプラスマイナスがつくから、世間の意見が分かりますよね。でも2ちゃんもガルちゃんも、前よりおもしろくなくなったなと思います。組織的にも思える意見介入が感じられることも増えたからかな。。)。
 当初は手厳しい意見もたくさんあって、わたしもいろいろ思っていました。 
 自分の胸にしこりがあるとは露にも思わず。。「歌舞伎界スゲーナー」みたいな感じで。。。
 思えばその頃、義母が亡くなってまだ3ヶ月、義姉の新生活が大きなテーマでやっと引越しができた頃で、まだまだ、わたしは「渦中」にいたんです。
 なんの「渦中」かと言うと、、、冥王星がホロスコープ上のわたしの「結婚(人間関係)の部屋」の太陽に重なっていて、人間関係について一から学び直すという「渦中」ですが。。これもまた長い話になるので、これ以上は書きませんが。。。

 その後、9月から麻央さんがブログを始められました。
 それをネットのニュースで見て、自分も読みに行き、病の影に隠れたくないという言葉などに共感するものを感じていました。応援する気持ちでいました。
 それでも、、9月には金沢に行ったし、母の左膝蓋骨骨折と精神的なリハビリがまだ完了していない感じもあったし、まだまだ、わたしは「渦中」にいて、、自分のしこりには気づかず。
 そして、10月に奈良の春日大社さんに行って、おみくじで「病気 重し」と言われ蒼白になって、その少しあとに、とうとう、自分の胸にしこりを見つけるわけですが、見つけるその直前まで、麻央さんのブログを読んで、ガルちゃんの麻央さんの話題を見ていたのですね。
 なにかの話題で叩かれていたんだよな、麻央さん(ほんとに末期になるまで、叩きはなくならなかったけれど、、怖いねえ。世間)。
 でもそういう話題を見ていると、叩きだけではなくて、乳ガン経験者や医療関係者と思われる方の書き込みがあったりして、勉強になることもあるんですよね。
 そういうものがあるから、わたしは匿名掲示板を読んでしまうのだけど。侮れないなって思うことも多いから。
 たぶん、そのとき、そういう「ちゃんとした意見」の中に、乳ガンの症状に関するものがあったのかな、それで怖いなあって思って、それはもう夜中の2時くらいをまわっていて(たぶん話題が盛り上がっていて読むのを止められなかった)、もう読むのをやめようと思って、床について仰向けになって、そのとき、ふと自分の右胸を触ったら、あれっという感じで、しこりを見つけた。
 そういう顛末だったんです。
 だから、ものすごく直接的に、麻央さんが、わたしの乳ガン発見に関わっているんです。

 何度触ってもしこりはあって、蒼白になって飛び起きて、再びネットを開いて、胸のしこりについて検索して、「これはヤバい」って思って、ハタと気づいて春日大社さんでいただいたおみくじを見て「シャレにならん」て思って、もう明け方3時は過ぎていたけれど夫を叩き起こして、正座して、ごめんね、と謝って、「胸になにかある」と。
 あの夜、そういう風に、わたしの闘病が始まったんです。
 そのまま一睡もしないで、ネットでその3年前に市の乳ガン検診を受けた病院のことを調べて、朝一でその病院に行って、受付に並んで「さっき胸にしこりを見つけたんです」って受付のお姉さんに言って、「予約がないから診られない、しかも今日は乳腺の先生はいない。あとで予約センターに電話してくれ」って言われて(しかも予約したら診てもらえるのは1ヶ月後、その1ヶ月のつらかったこと!)、、フラフラして地元に戻って、団地に戻れず実家に行って、母に「胸になにかある」って言ってしこりを触らせて、、って、そんな感じです。

 でもね、その病院からの帰りね、それは10月の後半だったけれど、道ばたに「むかご」がなっているのを見つけたんです。
 細いつるの中に点在するむかご。おいしそう。朝の光を受けていて。
 それを見たら、猛烈にこの地球やこの自然が愛おしいものに思えて、もっとここにいたい、と、猛烈に思ったのでした。
 30代の頃はウツにもなって、自分の人生を「死ぬまでの生き延ばし」と思ったこともあったのだけれど。
 そんな風に思っていた自分がいけなかったのかな、とも、思ったけれど。
 その反省は、今もあるけれど。
 情けないよね、ガンにならないと、分からなかったことなのかもしれないんだから。
 それに、、治療が進んできた今、ちょっと、あの日の「猛烈にすべてが愛おしい」という感覚が薄れているかもしれないんです、、これも情けないよ。
 
 そこに、昨日の訃報が入ってきたわけですが。。。
 そして、いろいろと思い出しているのですが。。。

 麻央さんの病気の話題を6月から見ていて、やはり怖いなと思って、自分の胸を触ることはあったと思うんです。
 でも、いつも脇のほうばかり念入りに触っていて(乳ガンは外側にできやすいとネットで情報を見ているから)、わたしのしこりは右側の乳頭から見て、内側の少し上のあたりにあったんだけど、そのエリアって、座ったりして胸が重力で下に向かっているとき(貧乳だけど多少は下に向かうんだぜ)、しこりが分かりにくかったと思います。そのエリアだって、触らないことなかったと思うけど、気づかなかった。
 あの日、寝る直前まで麻央さんの話題を見ていて、布団に入って、胸が重力で水平に広がったときだったから、しこりを見つけられたのかなって思わなくもないんです。
 今診てくださっている乳腺の先生(キング)にも、見つけにくい場所だって言われたし。

 だからほんとに、、見つけられたのは麻央さんのおかげだし、、感謝しかないんです。
 
 自分の胸にしこりを見つけてから、わたしは麻央さんのブログを読めなくなりました。怖くて。
 ネットのニュースサイトで話題に上っていても、見ないようにしていました。ガルちゃんでももちろん見なかった(ひどい叩きがありすぎるんだもん)。
 でも、自分も抗がん剤をやると決めて、実際にやって、髪が抜けたあたりかな。
 そこまで来たら開き直れて、ふたたび彼女の話題を見られるようになりました。
 ですが、その頃には、麻央さんの病状はかなり進んでいたように思います。
 「困ったなあ」と思いながら、それらの話題を見ていました。
 夫とも、困ったね、という感じで話しながら。

 そして昨日、ほんとにその日が来てしまったのですが。。
 
 小林麻央さん。
 勇気ある発信をありがとうございました。
 あなたのおかげで、まあまあ早期と言えるのではないかという段階で乳ガンを発見できた患者が、ここに一人おります。
 この先、再発や転移の恐怖はつきまとうけれど、あなたのように、人生をいろどり豊かなものにするために、自分にできることをしていこうと思います。
 ほんとにありがとう。
 おつかれさまでした。
 どうぞ、お安らかに、自由に、ご家族のことを、見守ってさしあげてください。

 
 昨日の夕空↓
170624sora.jpg

  
 ☆タロット占いのセッションを、しばらくお休みとさせていただきます☆
  *乳ガン治療のため、ちょっと体調の様子見をさせていただきます*
   対面セッションで、場所は新宿の喫茶店です。
   30分/2000円です。
   詳しくは こちら をご参照下さい。
    kitaminori@tbt.t-com.ne.jp







 
 
 
 

 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 乳がん - ジャンル : 心と身体