秋らしい日記

 おとといかな? の夕空↓
171006sora.jpg

 東京都下はおとといくらいからだいぶ肌寒くなっていて、薄着でいたら風邪っぽくなってしまいました。
 今日は曇っていて先ほどから雨が降り始め、けっこう寒いです。
 フリースの膝掛け1枚じゃ足りなくてもう一枚出しました。
 それでもおしりのあたりが寒くて、電気あんかも出して膝に乗せています。。
 ゆうべは脚が冷えて、右ふくらはぎがこむら返りしました。。
 寒い季節が始まりました。
 
 少しだるいので外に出ないでダラダラしています。
 録画していたテレビドラマを消化したり。

 先週終わった「やすらぎの郷」がおもしろくて完走でき、毎日放送される15分くらいのドラマに耐性ができたので(わたしの実家は朝にはテレビを見ませんでした。FMラジオ聴いていました)、この秋からはNHKの連続テレビ小説の「わろてんか」を観はじめました。録画ですが。
 最近NHKのドラマばかりを観ています。安心して観ていられるものだなと思っています。
 でもゆうべから始まった木村多江さんの民放の深夜ドラマは観てみようと思っています。木村さんおきれいですよね。声もきれい。

 カズオ・イシグロがノーベル文学賞を受賞しました。
 「わたしを離さないで」がとても好きだったので嬉しいです。
 「日の名残り」は映画で観て好きな話だったので、背伸びして英語版で原作を読んでみようと思ったら難しくて断念したことがあります(「わたしを離さないで」は読めた。先に日本語読んでたからだけど)。
 「日の名残り」、もう一度トライしてみようかなあ、、無理かなあ。。
 自分が読んだことがあって好きだと思えた作家が、ノーベル文学賞を獲ると、誇らしい気持ちになるということを知りました(笑)。
 先見の明があるっていう気になるんでしょうね(笑)。
 イシグロさんの他の作品も読んでみたくなりました。

 そういえばずっと書いていませんでしたが、この前芥川賞を受賞された沼田真祐さんの「影裏」は、掲載された文芸春秋を買って読みました。
 うーん、、、すごくうまいけれど、、この人、これからも書き続けられるのかな、と思ってしまった。
 カポーティの「手彫りの柩」を彷彿とさせる文章だなと思いましたが、なんだかうますぎて、ここからさらに伸びるには彼自身を破壊しなくては無理なのではないか、と思えて、、ここまで「うまい人」がそこまでできるかしらって、、余計なことをだいぶ考えてしまいました。
 賞を獲るということは、大変なことなんじゃないかなと思いました。
 胆力、必要そうですよね。

 最近、胆力というものについて考えています(笑)。
 
 それはともかく、秋だし寒くなってきたので、読書なども楽しみたいなと思います。

 
 ☆タロット占いのセッションをいたします☆
   対面セッションで、場所は新宿の喫茶店です。
   30分/2000円です 
   詳しくは こちら をご参照下さい。

    kitaminori@tbt.t-com.ne.jp







 
  

 
 
 

 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記