来年の手帳と読売新聞から切り抜いた和歌

 昨日は奈良 興福寺さんの文化講座があったので、新宿に行きました(「奈良感」が続いていて嬉しい。来週はとうとう「運慶展」にも行く予定です!)。
 ついでに、来年のスケジュール帳を買いました。
 
 来年はマスタードイエロー↓
  171020techou.jpg
 今年の明るいトルコブルーはとてもよかったなあ。。去年の年末にがん告知を受けたけれど、この明るい青を見ていると深刻になりすぎないで済んだように思えるもの。。スッキリした気分になれるっていうか。。たぶん、赤系だったら、感情的になりすぎていたかもしれません(去年は赤だったけれど、ちょっと重い感じもしました)。
 いくつか色があったけれど、来年はこんな色を選んでみました。
 
 文房具屋さんでは、他にもいろいろなスケジュール帳が出ています。
 わたしは「高橋の手帳」のこのシリーズが好きなので、いつも他の会社のものは見るだけという感じです。
 でも、昨日はちょっと「これならいいかも」というものがあったんですよね。
 デザインもいいし、中のレイアウトも希望通りで(右ページはフリースペースになっていて、月曜日始まりのもの)。
 しばらく悩んだのですが、結局またもや高橋にしてしまいました。使いやすいんだもん。ペンを差しておくホルダーがしっかりしているところもポイント高いし。

 わたしは手帳に予定だけではなくて、自分でやったタロットの結果や、見た夢などを書いています(そういえば最近覚えている夢をあまり見ない。。つまらん)。
 のちのち読み返して検証するためです。けっこう納得することが多いので、過去のスケジュール帳を捨てられません。
 
 それに加えて、取っている読売新聞に掲載されている気に入った写真を切り抜いて貼ったりしています。
 それと、毎日2面に載っている和歌や俳句で、気に入ったものがあったらそれも切り抜いて貼ったり、貼りきれないものは手帳のポケットに保管しておいたりしています。
 
 今年10ヶ月使った手帳を見ていて、この和歌たちを紹介したくなりました。
 毎年、年末に、その年にわたしが切り抜いた和歌を、まとめてブログに載せるのってどうですか?
 センスが問われるだろうけれど、、、まあ、、あまり難しく考えないで切り抜いているものですが、手帳の中にしまい込むだけではもったいないように思えたんです。
 なので、年末にそういう記事も作ってみようかなと思います!

 それで、今日は、過去に保存していたものをご紹介しようかなと思いまして。。


 まず、おととしの2015年に切り抜いたものです。
 日付が分からないものもあるので、厳密な新聞の掲載順ではありません。
 ふりがながふってあるものだけ、カッコ内に読み方を書きます。
 文字色、2015年の手帳の色と同じものにしますね。

 
  飛梅やかろがろしくも神の春 守武(もりたけ)

  冬銀河飛行機は地に眠りゐる 西川青女(にしかわせいじょ)

  膝に来て鞠のごとくや春着の子 松本珍比古(まつもとうつひこ)

  地獄へはこちらと誘う一茶の忌 山陰石楠(やまかげせきなん)

  春の夜や宵あかつきのその中に 蕪村(ぶそん)

  満丸(まんまる)に出(いで)てもながき春日哉(かな) 宗鑑(そうかん)

  足元は底知れぬ海ひた泳ぐ 渡邉尚人

  飛花落花そのひとひらとなるいづれ 村上貴代子(むらかみきよこ)

  七五三されるがままの厚化粧 小六 宮地映名(みやちえいな)
  
  喜びを我慢できずに割れているいちじく三つ籠に入れたり 久山倫代(くやまみちよ)

  風鈴は宇宙の果ての淋(さび)しさよ 大関靖博(おおぜきやすひろ)

  死なで済みし兵の日遥(はる)か星月夜 山下隆治(やましたりゅうじ)

  軍国の少女のわれが施盤をまわしつつうたひゐし越後獅子あはれ 馬場あき子(ばばあきこ)

  日に焦げし雀の頭氷水 大石香代子(おおいしかよこ)

  ジャングルに葉の帆をかけて蟻渡る 室井英一
  
  泥眼は女盛りの気迫もつ 一片(ひとひら)の憤(いか)りはもちて老いたし 富小路禎子(とみのこうじよしこ)

  ふくろふの貌(かお)のくるりと悔(くい)はあるか 藺草慶子(いぐさけいこ)



 ちなみに、わたしがこの年のもので一番グッと来たのは、渡邉尚人さんの 「足元は底知れぬ海ひた泳ぐ」です。
 このとき、義母の大腸がんが発覚した少しあとでした。
 まさにこの歌の感覚だな、と思い、新聞から切り抜いたことを覚えています。
 

 ☆タロット占いのセッションをいたします☆
   対面セッションで、場所は新宿の喫茶店です。
   30分/2000円です 
   詳しくは こちら をご参照下さい。

    kitaminori@tbt.t-com.ne.jp












   
 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術