FC2ブログ

様子見のお墨付きをもらう

 拾いもの写真:その1↓
  180621kasa.jpg

 その2↓
180621niji.jpg

 今日・明日くらいは梅雨の中休みになりそうなので、ちょっとそんな感じの拾いものの写真です。

 これは関係ないけどかわいいから(笑)↓
180621doubutu.jpg
 なんていう動物だろう。。ナマケモノ? スロウロリス?

 昨日、近所の病院の整形外科に行きました。
 今年の1月にアイスバーンで転んだ直後に行った病院ですが、行ったのは4月にひどくなった右手親指の付け根の痛みのことを診てもらうためです。
 
 この前かかりつけ医に行ったとき、M先生に「一応専門の人に診てもらったほうがいいよ」と言われたので行ってきました。
 友人から教えてもらったアーユルヴェーダのニルグンディオイルなどのおかげでだいぶ痛みはよくなっているのですが、なくなったわけではありません。でも日常生活はできているのですね。なので勝手に経過観察でいいかなと思っていたのですが、M先生にも言われたし、、次にお薬もらうときに「行った」と報告しないとマズいかなと思い、受診しました。

 いわゆる腱鞘炎のバネ指です(腱鞘炎ならば、抗ホルモン剤は関係ないのかな?)。
 今はもう、右手の親指は外側に反らなくなっているので(でも着替えの際などにたまにぶつかって外側に反れることがあって、そうすると叫ぶほど痛い)、あまり関節がひっかかる感じはしないのですが、痛みが出た4月は激痛とともにがっくんがっくんしていました。
 このような「バネ指」は、年齢を重ねて、骨を動かすための腱を入れる(通す?)「さや」が狭くなることで起こるのだそうです。
 
 整形外科の先生は、痛みを取る注射を薦めてくださいました。
 それでよくなる人が多いそうです。
 でも、その注射は痛いそうだし、その先生は「人生に1回か2回かしか使いたくない注射」とおっしゃいました。
 強いステロイド剤なのだそうです。
 それを聞いて怖くなり。。。
 今は生活できているので、もう少し様子見をしてみるということになりました。先生もわたしの指の動きを診て、まだ大丈夫かなとおっしゃったので。。
 へたれですが、注射のチャンスが人生に1回か2回ならば、もうちょっと先まで取っておこうかなって思ってしまい。。。
 医師によっては、ばんばん打つ方もいらっしゃるようですが、昨日の先生はそうではないとのこと。
 注射をしてもよくならない場合は、手術をすることになるそうです。
 (蛇足ですが、アスリートたちはきっとこういう注射をばんばん打つのだろうなと思って、大変だなと思いました。一番思い出したのはロシアのフィギュアスケーター、プルシェンコ。引退直前には馬に使う痛み止め注射を打ちながらリンクに上がっていたと聞いたことがあります、、壮絶だー)

 とりあえず、インドのオイルでのマッサージが効いているようなので、またしばらく様子見です。
 でも今回は、専門医からの「様子見のお墨付き」をいただけたのでよかったです(笑)。

 わたしはニットの毛玉取りをするのが好きで、4月に痛くなる前にもけっこう冬のニットの整備をしていたのですね(嬉々として)。無心になって何時間でもやっていられるのですね。
 それがまずかったのかなあ。。。小さなハサミで切っていくため、右の親指をかなり使っていたと思います。
 同じ場所を酷使するといけないわけなので、これからは毛玉取りも少し考えてしなくてはいけないなあと思っています。。(泣)
 

 ☆占いのセッションとメール鑑定のお知らせ☆

   対面セッションはタロットと西洋占星術を使います。
    場所は新宿の喫茶店です。
    30分/2000円です 
    詳しくは こちら をご参照下さい。

   メール鑑定のメニュー
    ・西洋占星術の個人の総合鑑定(出生時間あり / 2500円)
    ・西洋占星術の相性占い(出生時間なくても可 / 1500円)
    ・タロットで観る現在の全体運(The Path / 9枚引き / 2000円)
    詳しい内容、サンプルは こちら をご参照ください。
  
    お気軽にお問い合わせくださいね

     rosinu-rose@tbt.t-com.ne.jp






 


 
 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体