FC2ブログ

奈良 興福寺さんの講座に行く

 おとといの南新宿の夜景↓
  180623bunka.jpg
 ほぼ新宿の夜景なんだけど、渋谷区代々木の文化学園の前から。月もあります。

 おとといは2013年の秋から通っている奈良 興福寺さんの文化講座に参加してきました。
 この秋、興福寺さんは再建している中金堂の落慶を迎えますが、おとといの第一講は中金堂再建のことを含む興福寺の境内の整備委員会の座長をされている鈴木嘉吉さんのお話と、瑜伽の時間と、第二講は多川俊映貫首様の観音経のお話でした。
 
 以前はこちらの文化講座に行くと必ず感想をブログに書いていたのですが、いつしか書けなくなっていきました。
 自分にとって大きなことになったから、やたらなことは書けないと思うようになったからです。
 これは、仏教の勉強や、仏教的な考え方を取り入れて生きるということが、自分にとって大きなことになったということです。
 毎朝一番に(歯磨きとおトイレ済ませたあとですが)、奈良の春日大社さんと興福寺さんを思い浮かべながら、般若心経と、唯識三十頌(興福寺さんの宗派「法相宗」の経典)を暗誦しています(般若心経は金沢の舅もあげていたお経なので、般若心経のときは金沢のことも思っている。そしてお経を唱えたあとは、個人的なお祈りをしています)。
 ショックなことがあったり、ニュースを観て落ち込んだりしていても、それだけはしています。集中できなくてもなんでも、とにかくしています。
 「わたしのようなものが大それたことをしているのでは」という気持ちはありますが、それでもそうしています。
 最低限でも心を整えるために、そうしているのだと思います。

 自分にとってのそういうものについて、どう書いていいのかよく分かりません。たくさん思っていることはありますが。
 ゆうべも、何時間も「どう書けばいいのかな」と考えたけれど、分かりませんでした。

 とにかく、毎朝のその「勤め」、勝手に自分に課したその「勤め」を続けていこうと思うしかないです。
 このような気持ちになったのは、文化講座に出会ったからだと思っています。
 これは「占い」に対するのとはまた違う気持ちです。

 そんな奈良 興福寺さんの東京での講座はもう一つあり、秋葉原で森谷英俊副貫首様がされているものです。
 昨日は、そちらにもはじめて参加させていただきました。
 秋葉原での講座もあるということは知っていたのですが、5年近く経ってようやく行くことができました。
 今教えていただけるのは「維摩経」のことです。以前、橋本方契先生の「維摩経による佛教」という本を読んでおり、難しいけれど維摩経すごいなあと思っていたので、身が引き締まるように思います。
 もっと早くに行けばよかったです。
 昨日は、気になっていた釈尊(ブッダ)の弟子アーナンダについても教えていただけて嬉しかったです(以前NHKのEテレで放送されていた「ブッダ 最後の旅」という番組シリーズを何回か観たのですが、ブッダの入滅に際してアーナンダが他の弟子たちから叱責されたという話を聞いていてかわいそうだと思っていたからです)。

 ゆうべうちの中で見つけました↓
  180623kiirotento.jpg
 キイロテントウムシ(この「顔」はなんだ!)。この種類はあまり見たことがないです(はじめてかも?)。
 黄色いてんとう虫を見るとラッキーなのだそうで、講座にも行けたしよかったなと思いました。
 

  ☆占いのセッションとメール鑑定のお知らせ☆

   対面セッションはタロットと西洋占星術を使います。
    場所は新宿の喫茶店です。
    30分/2000円です 
    詳しくは こちら をご参照下さい。

   メール鑑定のメニュー
    ・西洋占星術の個人の総合鑑定(出生時間あり / 2500円)
    ・西洋占星術の相性占い(出生時間なくても可 / 1500円)
    ・タロットで観る現在の全体運(The Path / 9枚引き / 2000円)
    詳しい内容、サンプルは こちら をご参照ください。
  
    お気軽にお問い合わせくださいね

     rosinu-rose@tbt.t-com.ne.jp













関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 仏教・佛教 - ジャンル : 学問・文化・芸術