FC2ブログ

循環させといた。たぶん。

 今日は国分寺に行きました。
 なにかむくむくと、国分寺に行きたい気持ちになったのです。
 
 こういうときには、気持ちに従ったほうがいい。
 なにかしら「収穫」があるからです。

 今日は、料理するときに便利そうなザルとトレーのセット(四角くて重ねやすくて、ふちに溝とか突起とか穴とかあって、いろいろ使い方を工夫できるもの。詳しくは→こちら)とか、ルームシューズとか、欲しかったもので気に入るものが、ちゃんとありました。
 つまり、そういうときに気持ちに従って行きたい場所に行くと、欲しいと思っていたものが、納得の値段とデザインできちんと見つかるのです。
 そういうの、絶対間違えない。この20年くらい。
 ただ、そういう発見は、だいたい「旅の終り頃」に出てくるのです。
 「あれ?、今日はもう無理か??」と思ったところで、ぽろっと出てくる。
 だから、「無理か??」と思ったところであきらめてほかのことに気持ちを向けないで、もう一度「いや、もう一度(今度はあの店に行こう)」と思うと、出てくるのです。
 あとね、欲しいものの候補はいくつかあるんです、たいてい。常に。
 だから、その日のジャストミートがどれかは、出てくるまで分からない。
 でも、ザル(バット)とルームシューズは今日の候補のかなり上位だったので、とても成績がよかったです(なにのだろう? 「引き寄せの法則」の??(笑))。

 あと今日は、わたしはいいこちゃんでした。
 
 国分寺丸井の下りエスカレーターの乗り場のところにね、70代後半くらいのおばあちゃんがいたのだけど、
 じっと足もとを見つめて、動かないでいるの。
 すごく不安そうな顔して。
 わたしも乗りたかったので近づくと、振り向いて「(邪魔して)ごめんなさい」とおっしゃるから、「どうされましたか?」と言うと、「タイミングがね、、ちょっと自信がないのよ」とおっしゃるじゃありませんか。
 だからわたし「じゃあ、一緒に乗ってみましょうか」って言うのだけど「歳取ってからこういうのちょっと。。」とおっしゃるので、エレベーターと階段のところまで、案内してさしあげたの。けっこうすぐだから。
 えらいでしょ。
 非常に感謝していただきました。
 一緒に下の階へ降りることまではしませんでした。
 さすがにそこまでやるのは気まずいから。

 なんかそのね、、、不安そうに次々と出てきて流れていく下りエスカレーターの入り口の「繰り返し」を見てるおばあさまの表情が、ほんとに心細そうでね。。。
 5?6年前頃、父がよくあんな表情してたなあと思ってね。。。 
 ついおせっかいしちゃいました。
 そういうのは、ものの1?2分で済むことです。
 たぶん今日のわたしは、あのおばあさん知らん顔して通り過ぎたら、あとで「転んだんじゃないか」とか考えそうだから、声をかけてよかったです。
 でもこういうのは、きっと少し前の日本であれば、あたりまえのことなんだろうと思うのだけど、どうなんだろうね。
 
 欲しかったいいものが見つかったので、神様へのお礼です♪
 律儀でしょ(笑)。
 わたしなりの、エネルギーの循環法です。でも今日は特別いいこちゃん。

 帰宅後夕飯作り。
 きのう作った「ラディッシュの甘酢漬け」はおいしくできたし、
 今日は、きゅうりの漬け物というか、和え物も作りました。  
 それが、台湾の食堂で、よく30元くらいでサイドディッシュとして食べられるものなのですよ。
 作りかた発見して→こちら
 分量より砂糖を少なくしたら、「あの味」にならんかった。。やっぱ分量通りに作らないとダメだな。
 リベンジしたいです。

 漬け物充実→1005kyuri.jpg

 
 
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : しあわせの素 - ジャンル : 心と身体

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)