FC2ブログ

夢のない話かもしれませんが。

 ゆうべ書いた「スピリチュアル」について、結局考え続けてしまった北美紀です。こんにちは。
 
 だってね、「スピリチュアルがあたりまえのことだから、よくわからない」とかって、むかつく表現ですよね。
 そういう言い方よくありますが、なんだか自慢してるみたいだし、偽善的だし、そういうの好きじゃないんです。
 でもゆうべの時点で、どう言っていいのかわからなかったのです、眠かったから。

 「スピリチュアル」とはどういうものか、はよくわからないですが、
 わたし自身は、効率みたいな面で、精神世界を必要としたような気がするんですね。
 もう全然夢のない話なんです。

 わたしが小学校3年か4年のとき、当時読んでた「なかよし」か「りぼん」という少女マンガ雑誌に、占いの特集ページがよく載っていて、「これってなんだろう」と思っていたのですが、あるとき付録で、占星術の12星座のグループ分けの早見表みたいなものがついていたのです。
 それで、よく目にする「ほしうらない」の牡羊座とか牡牛座とかそういうのは、風火水土というグループ分けがされていて、同じグループ同士や火と風は仲良しで、火と土はいまいちで、なんてことを知りました。
 その風火水土の説明、火と風は一緒になると勢いが増す、とか、水と土で植物が育つ、水は火を消すことができる、大地は火に焼かれることがある、などという自然の原理の意味と、星座が対応してるというのは子供心にすごく納得させられて、周囲の友だちの顔を思い浮かべ、「水の星座のあの子と仲良くなれないのはどうしてかな」とか考えはじめて、そこから占いが身近になっていったのでした。
 
 それは、子供心に、学校での人間関係の難しさを感じていて、どうにかスムースにその中で生きていくことができないか、という発想からの興味だったと思います。
 
 それから中学に入ると「マイバースデイ」という占い雑誌を読みはじめ、星占いだけでない世界を知っていったわけでした。そこには夢占いであるとか、おまじないであるとか、そういう世界がありました。 
 超わくわくしたものです。。。

 そうやってどんどんわたしは「目に見えない世界」に入っていったわけですが、
 はじめにあったのは、論理的な説明に納得して「これは使えるものだ」と思ったという、
 なんというのか、、効率重視的な部分なのです。
 
 これはスピリチュアルなんでしょうか?

 まあ、それからどんどんと目に見えない世界の情報に吸い寄せられていって、チャネリングにも行き着いたわけですが、
 結局やはりそれも、「効率」というものが、わたしの中で大きいからなんだと思います。
 チャネリングで情報を得た方が、いろんなことに納得しやすいし、納得すれば気持ちも決まって動いていけるし、
 現実の中で無闇に進むよりも、目に見えないレベルの力と連動させたほうが、自分にとって「身になるし早い」と考える方が「効率的」なので、そういう力を「開発」しようとしてきたのだと思います。

 これって、スピリチュアルなんでしょうか????

 それで、目に見えない力を開発したり、利用しようとすると、どうも、宇宙には大きな法則とか、意志のようなものがあるように思えてきて、
 それが大いなるものへの畏怖のようなものを抱くことになって、
 結果として、平和主義ではないですが、我を捨てるとか、他者のために生きる、とか、ただ自分を壊すだけの無理ならしない、とか、そういう方向に行くようになっていく、
 ということのように思うんです。
 
 これでもスピリチュアルなんだろうか???????

 今まで出会ってきた「スピリチュアル」な仕事をしている人たちも、そういう変遷を経てる人が多いように思えます。ただのいい人なんて、いなかったと思う(笑)。我が強い人ばかりだったと思う(笑)。もちろんわたしも☆
 でも、結果として、結論として、そうするしかない、ということに、納得させられていった、という人ばかりだったように思う。あるいは、その道の途上だ、という人ばかりだと思う。もちろん、わたしも。

 違うかな。

 それは、真に「効率」をよくするための方法論の一つなんではないか、と思います。
 スピリチュアルライフ。

 

 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル - ジャンル : 心と身体

コメント

昨日はありがとうございました!!

北さんのおっしゃる、スピリチュアルからの離脱。
というのは一皮むけた感があって素敵だと思います。
そういう立ち位置だからこそ、北さんはアートにしろ音楽にしろ。面白いものを見に行動されているのだな。と納得できました。コミュニティどっぷりの人たちは外に出たがらないですもんね。
昨日はお話できて楽しかったです。ありがとうございました。

こちらこそありがとうございました!!

斎藤ちさとさん!☆
こんなところまでお越しいただき(笑)、ありがとうございます! 恐縮です!

わたしはけっこう時間をロスしてしまっているので(その間悩んで足を踏み出せなかったときの反省は、これからに活かしていけるとは思うのですが、もう38です(笑))、今になって本気になっているような感じです。。
同業的なコミュニティから離れたのは、すごく大きな一歩でした。ずいぶん長くその中にいました。15年以上です。
そしてもちろん、離れるのは、気持ち的に楽なことではありませんでした。

斎藤さんはずっとアーティストとして活動されていて、安定されているように思え、うらやましく思います。

またお話できるときを楽しみにしています。

今日はまたお腹がゆるくなりました。やはりわたしには玄米は無理そうです。。ははは。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)